金離れの良い老人になりたい(駄)

レス6
お気に入り12
トピ主のみ0

ぽったー

ひと

池波正太郎氏の小説に出て来る「悠揚迫らぬ金離れの良い隠居」みたいな人になりたいです。

海外小町なので、若い頃よりもチップをはずむくらいしかしていませんが、裕福そうにしているとサービスが良くなるので、この習慣は今後も続けようと思います。

皆さまの「金離れの良さ」もぜひ教えてください。

ユーザーID:7596255669

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数6

レスする
  • 欲求が表に出ている時点で悠揚迫らぬ態度とは言えないのでは?

    裕福そうに見せたいとか、、
    他より良いサービスを受けたいとか、
    そういった欲が行動規範で金離れが良くてもカッコイイかな〜

    保護犬譲渡のボランティアをしています。
    そこにカッコイイ老人が。
    譲渡が決まると3万円の寄付をお願いしています。
    次の子達のために、注射代やエサ代を賄うために。

    当初はボランティアじゃないのかってちょっと不機嫌な感じに。
    ところが丁寧に運営費についてご説明し、寄付が集まれば救える命が増えることを訴えました。

    そういしたら「なるほど」と一言仰って、今は手持ちが少ないけどと前置きされて、3万どころか財布の中身のほぼ全てである約10万円をご寄付いただいた上に、後日20万円をご寄付して下さいました。
    なんとこちらの指定の10倍です。

    理を知れば、義をもって金離れの良くなる老人。
    理も無く、義も無ければビタ一文出さない老人。

    金離れの良さとは、己の為ではなく、正しい理屈さえ通っていれば義理人情で惜しみなくお金が出せる事。
    私はそのご老人から学びました。
    そのご老人のお宅にワンちゃんをお届けした時、清潔で快適ながらも質素な暮らしぶり。
    でも、感謝状の束が額縁にも入れず無造作に置いてありました。
    きっとご自分の暮らしは「起きて半畳寝て一畳」なのでしょう。
    それでも、これはと思う団体などには惜しみなく寄付をする。
    それが感謝状の束になっても誇る事すらない。

    池波正太郎氏の小説にどのように描かれているのかは知りません。
    しかし、悠揚迫らぬ物腰とか態度というのは、欲とかそういったものの対極にあるのではないでしょうか?
    江戸時代の姉さんが、「ようござんす。アタシがそのお代、払って差し上げましょう」って気風の良い態度で貧乏人を助けるみたいな、颯爽として風景を思い浮かべます。

    ユーザーID:7642618543

  • その様になる為

    働いて来ました。

    が!今の処その恩恵はかみさんを始めとする家族しか無いのが

    実情です…お恥ずかしい。

    でも、震災やご不幸には世間並みの事はしています。

    海外でのチャリテイーは、古くはサンフランシスコ大地震で

    被害に逢われた方たちに、市を通じていくばくかの事をし、

    台湾では台風被害に対して行いました。

    それでも、個人でする事には限りが有りますので、心残りでは

    有りましたね。

    宵越しの金を持たぬとか太っ腹は、私にとっては小さな事だと

    思っています。

    皆必ずしも独り身では無いのですから。

    ユーザーID:8277858907

  • 同感です

    全く同感なのですが、当方先立つモノに乏しく、ままなりません。

    身の丈に合う程度のことしか出来ませんけど、気持はそう有りたいと思いますね。

    長くて後10年かそこら、当面お金が必要な予定もない。

    酒もタバコもやらず、遊興にもほぼ縁がない。とすれば、若い者に少しは振る舞ってやりたいですね。

    ユーザーID:2968624517

  • 義援金

    災害が多い現在はともかく義援金を贈ります。
    本来ならボランティアとして泥をかき出したいのですが、なんせ体力に欠けるので、私にできることはお金を出すことだけ。

    ともかく災害義援金です。

    トピ主さんも義援金が送れるといいですね。

    ユーザーID:9631590209

  • 人生の最後に

    私は国内お一人様で、トピ主さんとは対極の生き方をしています。
    何の参考にもならないとお思いかもしれませんが、一言言わせてください。

    自分が他に迷惑をかけぬように、老後資金をケチケチこつこつ貯めて、安全圏にいます。恐らく余程のことがあっても大丈夫でしょう。
    一人なので遺産が残っても行き来のない甥姪に相続させるつもりはありません。
    関係が薄いのに貰っても迷惑でしょうから、年金不足で困っている国に引き取ってもらいます。死んだらあの世に持って行けません。少しでも沢山残して役立てて貰えるように無駄を省いて生きていくつもりです。

    ユーザーID:7833350794

  • 字ヅラだけ見ると確かに憧れるけど

    どうしたら「悠揚迫らぬ金離れの良さ」になるのかサッパリ想像がつかない。

    若者と居酒屋で酒を酌み交わし、いつの間にか会計をすませておいて、いざお開きって時に恐縮されちゃうとか?
    いやいやこんな老人につきあってくれた若者に、居酒屋の代金くらいで恐縮されても困っちまう。
    払って当たり前だよね?
    払えないなら行かないよね?

    自分の行動パタンからご紹介できる事例がないことが極めて悔しい。
    やはり私ごときでは池波氏の境地に達するのは難しいのであろう。
    まだまだ人生の修行は道半ばのようである。
    修行が済むまでに寿命がきそうだ。

    ユーザーID:5555675255

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧