病院の差額ベッド代を拒否したら病院は入院拒否できる?

レス38
(トピ主0
お気に入り207

生活・身近な話題

くろねこ

詳しい方にお尋ねしたく、トピを立ち上げました。

数年前、母が軽い脳梗塞を起こした際、総合病院で診察をしてもらい、入院治療することになりました。
そのとき、「個室しか空いていないから差額ベッド代がかかる。嫌なら別の病院に行ってください」と言われたそうです。

症状としては手のしびれ等、緊急重篤な状態ではありませんでした。
そのときは支払ったのですが、先日、病院都合(大部屋が開いていない)なら支払わなくてよいと知りました。
しかし、数年前のように、だったら別の病院に行ってくださいと言われるのも困ります。
というのも、今年に入ってから父が入退院を繰り返していて、またいつ差額ベッド代を請求されるかという状況だからです。

緊急重篤な状態でない場合だから、入院治療を勧めた病院側から受け入れ拒否できたのでしょうか?
それとも、普段からそこの総合病院に通院していて、入院治療が必要と医者が判断した場合でも、大部屋満室時に請求された差額ベッド代を拒否したら、病院は入院拒否可能なのでしょうか?

インターネットで調べても、差額ベッド代拒否による病院側からの入院拒否に関する記事が出てこないので、こちらでお尋ねさせていただきました。
詳しい方、どうぞよろしくお願い致します。

ユーザーID:8819217979

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数38

レスする
  • 緊急重篤でないなら

    今すぐ入院治療しないと命に係わる、もしくは重大な後遺症が残るといった緊急性を要する場合なら、病院は入院を拒否できない、個室を差額代無しで提供せざるを得ないかもと思います。

    だけど今すぐどうしてもその病院に入院しないといけない、医療の倫理に関わるといった状態じゃないなら、他の希望に合った入院先を探す時間的余裕があるなら「他をお探しください」と言うのも有りなのかもと。

    トピ主さんのようなケースでは「言われた通りの差額を払うか、よその病院に行くか」という二択ではなく、正規料金を少し割り引いた料金でというケースもあるように聞きます。
    「お宅の事情もわかるが、病院の経営事情もあり全額ゼロには出来ないのでこの程度は払って欲しい、それだけ特別な設備のある高級部屋なのだから」
    「その代わり、ご希望の差額無しの部屋が空き次第、そちらに移ってもらっていいから」という感じらしい。

    「高額な正規料金を払って個室に入るのが嫌なら、別の病院に行ってください」と言われた際に、「いや、是非この病院で治療していただきたいので、大部屋が満室なら空きが出るまで待ちます。空いたら入れてください」と食い下がったら、「じゃあ待ってください、空きが出たら連絡します」とか前述のように「少し割り引きますから」という話になった可能性もあるのではと。

    普通、病床満室なら今すぐ入院したくても空くまで待機ということになり、「最高級個室なら空いてるでしょう?そこに今すぐ差額代無しで入れてよ」「了解!」というわけにも行かないと思います。

    地域によっても事情は違うでしょうから、まずはお住いの自治体の担当課にでも尋ねてみればと思います。

    ユーザーID:0390636882

  • え?

    >症状としては手のしびれ等、緊急重篤な状態ではありませんでした。

    脳梗塞と診断されたら、緊急重篤です。
    治療を始めるまでの時間が経てば経つほど麻痺が残り、もっと重篤になりますよ。それもほんの数時間で。

    特に入院してからの数日…投薬の効果が出て、梗塞が消えたのを確認するまで、ナースステーションに近い、差額ベッド代が出る部屋への入院は必須です。

    大部屋に移れるのは急性期が終わり、リハビリが始まってからです。

    差額ベッド代を払ってでも、すぐに入院治療を始めるべきではないのでしょうか。

    症状が軽いうちに入院治療を始められた運の良さに、感謝するところだと思いますが。


    「別の病院に行け」とまで言われたとは、病院からの説明にお母様がどんな反応をされたのか、そこがわからないとね。

    お父様の入院については、これからご一緒に説明を聞かれることです。

    ネットで検索しても問題化されていないのは、あなたのお母様と違い、患者が納得しているからです。

    ユーザーID:0383196740

  • その前に、入院必須の病状かどうか

    自宅で様子を見られないこともないが、家族の手間などを考えて入院させてもらえる方がありがたい、という状態ですね。

    絶対に入院が必要な病状とは言えないため、病院側が断ることができます。

    医師に応召義務はありますが、例えば緊急性のない状態の患者が時間外に診察してくれと言っても断ることができますし、入院が絶対に必要と言えない患者が入院を要求した場合も断ることはできます。

    トピ主さんが調べたのは、入院が必要な状態だが、大部屋管理でいいのに個室しか空いていない場合ですね。

    >入院治療が必要と医者が判断した場合

    入退院を繰り返すような人は、「入院治療してもいいけど自宅でも看られなくはない」という状態もあります。入院治療でないとダメと判断される状態でないといけません。

    ユーザーID:3057344517

  • 入院規約は?

    詳しくないですが、病院によるかもしれませんね。
    義親が救急搬送された市民病院では、大部屋満床の為に個室で過ごしました。
    余談ですが、特別室でしたので1泊数万円の支払いでした(苦笑)
    命には代えられないので差額拒否はしませんでした。

    5年前、国公立大学病院で入院中の実親がせん妄、同部屋の方に迷惑をかけ、病院の判断で1週間ほど個室で過ごしました。
    (面会に行くと個室になっていた)
    費用の心配をしていたのですが、師長さんが「病院都合で個室」という事で差額の請求はありませんでした。

    ユーザーID:2222435491

  • うちの病院はですが

    総合病院で入院会計しています。

    もし病院都合で差額代を取るとなった場合
    入院が決まってから先生に生活が厳しくて
    差額ベッド代の支払いが難しいです。と
    相談してみて下さい。そこで免除されなければ
    先生でも看護師さんでもなく、
    入院の会計担当へ満床でも部屋代を取るのか?と聞いてください。

    そして家族に相談してくるので今日は書けないとか言って
    一旦部屋代の同意書は書かないでください。

    ここまでの段階で部屋代で揉めた場合は
    「厚生局へ聞いてみます」と問い合わせしてみてください。

    ここまでして入院拒否されるなら
    そんな病院には世話にならない方が良いです。

    ユーザーID:9836869569

  • 何言ってるんですか?

    普通の入院でも、空きベッドを待つんですよ。
    どこが違うのでしょうか?

    代金を払わないなら、病院が拒否するのは、当たり前です。
    差額を払うかどうかは貴女が決める話です。
    払わないなら、待つしか無いでしょ。

    緊急なら入れてくれるかも知れませんが、
    普通の病室が空いたら、移動です。

    ユーザーID:8958619749

  • 病院都合でも

    そのはずなんですけどねぇ<病院都合なら差額ベッド代かからない
    なぜかしれっと請求されますよね
    困りますよね

    ご質問の件ですが、入院拒否はされないと思うけど
    差額ベッド代も請求されると思いますよ。。

    ユーザーID:8256035994

  • それは

    入院が絶対に必要ではなかったという可能性はないのでしょうか。それなら、選択を迫られるのもわかります。在宅でも命に別状ない状態だった場合に、病室が空くまで待ってくださいという意味なら、ありえるのかもしれません。

    でも、ふつうは病院都合で差額ベッド代のかかる部屋に入った場合でも、差額ベッド代は請求されないものだと思います。私の息子が入院中に感染症にかかったとき、個室に移されましたが、差額ベッド代の請求はありませんでした。隔離に必要な措置だったためです。

    もう少し詳しく事情をたずねてみてはいかがですか。

    ユーザーID:8533147397

  • 病院の不当請求の可能性はありますね

    個室しか空いていないという場合は、病院は差額ベッド代を請求することはできません。お母様のケースは病院側の不当請求になる可能性がありますね。

    以前、祖母が感染症による肺炎を引き起こしまして、隔離が必要と病院が判断し特別室に入りました。その特別室にかかる差額ベッド代は全額請求されましたが、たった2週間ほどの入院で30万円かかりました。治療費も含めれば50万円以上でした。
    祖父母は私に心配させないよう事後報告。すでに祖母が退院して支払いも済ませた後でした。本来ならこのケースでは病院側が差額ベッド代を請求できないことを知っていたので、厚生局に相談した上で、病院側に抗議の連絡をしました。最初はノラリクラリとかわそうとしていた病院側も、すでに厚生局に確認済みであることを伝えるとすんなり全額返金に応じました。謝罪とともに。

    厚生労働省によると、以下の場合は病院は差額ベッド代を請求できないことになっています。
    ・同意書による同意の確認を行っていない場合
    ・患者本人の「治療の必要」により特別療養環境室へ入院させる場合
    ・病棟管理の必要性から特別療養環境室に入院させた場合で、実質的に患者の選択によらない場合

    お母様のケースは3つ目に該当します。
    差額ベッド代や特別室の料金は、あくまでも患者が希望した場合にのみ病院側は請求できます。

    注意点としては、同意書にはサインしないようにして下さい。付き添った祖父は病院に言われるがままにサインしてしまいました。これに関して病院側が「同意書にサインしましたよね」と開き直る可能性ありです。実際私もそう言われました(ただし特別室に関する説明が一切無かったことを病院側が認めたため、同意書は無効に)

    本来なら病院が治療を拒否するなんてありえないと思うのですが、一応近くの厚生局に問い合わせてみたらいかがですか?

    ユーザーID:6975322040

  • 続きです

    もちろん緊急重篤な状態でなければ、差額ベッド代を請求されても仕方がないかも知れません。しかし、お母様のケースは脳梗塞なんですよね。軽い脳梗塞であっても相当の緊急事態ですよ。速やかに治療が必要ですので、やはりそこの病院の対応が特殊な気がします。

    ユーザーID:6975322040

  • 今度同じことがあったら

    管轄の保健所に相談してみてください
    トピ主さんのおっしゃるとおり、病院都合時の差額ベッド代は
    支払わなくてもいいはずです
    病状によって個室しか無理な場合も同様です
    払う必要はありません
    差額ベッド代が必須なのは大部屋でも問題ないのに当人が個室を希望した場合のみです
    ですが、病院側は患者が知らないと思って請求したりするんですよね・・・
    高齢の人なんか文句言って追い出されたら困ると我慢してる人が多いみたいです

    差額ベッド代に関しては健康保険外のことなのであくまでも
    病院と患者の間の契約なので法律違反にはならないのですが
    保健所に相談すれば病院側に忠告はしてくれるかもしれません
    もしまた「嫌なら他の病院行け」と言われたら相談してみてください

    ユーザーID:0205323467

  • みぃちゃんさんの説明通りでした

    治療上の必要から,主治医が個室を準備してくれましたが,特に個室の追加費用は請求されませんでした(病院のパンフで,個室を希望した場合の費用は調べました).2つの病院(いずれも公立病院)で,3回ほどそんなことがありました.なお,緊急重篤ではなく,治療を始めたのちに個室隔離が必要になる状況でした.

    みぃちゃんさんがご説明下さった2つ目,

    > ・患者本人の「治療の必要」により特別療養環境室へ入院させる場合

    に該当したのだろうと思います.ご参考までに.

    ユーザーID:2906077222

  • 数年前になりますが

    私自身が髄膜炎になったとき、5日ほど入院が必要、と言われました。
    でも、その時個室しか空いていなく、「差額の発生する個室しか空いていないがよいか」と言う風に聞かれたと思います。

    差額×5日はかなり高額に感じたのと、その時私は髄膜炎と言われ高熱、ものすごい頭痛ではあったものの、そうまでして入院するほどの状態でもないような気がして、大部屋に入れないなら、と断って帰宅しました。

    病院も、必要と言ったわりには止める風もなく、ああそうですか、で終わりでした。

    やはり病院も商売なので、差額ベッド代は基本欲しいだろうし、それをチャラにするなら、それなりに検査や手術など実入りのある患者を入れたいだろうと思います。

    私も頭の片隅に、本来差額ベッド代は希望してなければ必要ないはず、という認識はありましたので、それも含めて、帰っても差し支えない状態なんだなと判断したというのもあります。

    お母様の時のことと、今回のお父様のことと、病状等違えば対応も変わってくるのかなと思います。

    ユーザーID:4918663696

  • 病室は3種類

    1.重症患者用の部屋(重症個室、ナースステーションに近い大部屋、がん治療用の大部屋)
    2. 軽症患者用の部屋
    3. 有料室

    トピ主さんのお母様のような重症でない方は、1が空いていても入れません。じきに本当に重症な人が来て入院します。

    お父様の病気は存じませんが、家族が1人在宅して、時々様子を見てあげればいいような状態でしたら、2に該当し、それでも入院を希望したら差額ベッド代を要求される可能性があります。
    トピ主さんの問いに答える形だと、入院不要な病状と医師が判断したら、入院は断ることができますよ。

    うちの祖母も、救急搬送され処置を受けた日は、心配だからと入院させてもらいますが、差額ベッドなことが多いですね。

    ユーザーID:3057344517

  • 入院がなくなります。

    医師の判断にもレベルがあり、
    「入院の必要が絶対あるもの」から、
    「身体的には入院の必要が無いが、独居や家族からの老人虐待、その他色々と社会的に不都合があったり、あとは本人の不安が非常に強く、精神的な問題(精神科にかかるレベル)で入院をすすめる」
    など、総合的に判断することがあります。

    手術前など、空きベッドがないことで直前の入院にせざるを得なかったり(本来なら事前に入院して内服の調整などをするが、厳密には入院でなくても通院でも可能なわけで)、そういったベッド管理による入院期間の違いなどは良くあることです。

    差額ベッドを払わないといけないベッドしか空いてなく、入院の必要性が危機迫ってない場合、「病院は入院を拒否できる?」ではなく、医師が「ベッド満床のため。入院の必要なし」と判断します。

    ちなみにですが、救急車ですら、ベッドが満床の場合は拒否します。

    救急隊から入電あって、「ベッド満床のため受け入れ不可」です。

    拒否ではなく、「不可」です。

    ユーザーID:6779350505

  • 不当請求ではありませんよ

    >病棟管理の必要性から特別療養環境室に入院させた場合で、実質的に患者の選択によらない場合

    これは、入院が絶対に必要な場合、医師が「入院させた(帰宅に反対した)」場合です。

    トピ主さんのお母様は「入院するかどうかの選択」を提示されています(断って他院再受診もできました)から、入院自体が患者本人の選択ということになります。

    脳梗塞なら絶対入院と書かれている方もいますが、発症から一定以上の時間が経っているとか、軽症だとかで、入院を必要としない方もいます。
    入院必須でないのに、患者側が入院を希望した時点で、冒頭の条件には該当しなくなります。
    「家でも看れますよ」とか「入院しますか」と言われた場合は、差額ベッドを提案される可能性があります。

    ユーザーID:3057344517

  • 病院側は、入院拒否はしていないのでは?

    実際にどのようなやり取りがあり、どの様な基準で
    >緊急重篤な状態ではありません
    と判断したのか等が分かりませんが…
    >個室しか空いていないから差額ベッド代がかかる
    >【嫌なら別の病院】に行ってください
    なら「入院拒否」はしていないと思います。
    差額代が嫌なら、空きベッドのある別の病院で入院加療をお願いすれば良いだけ、希望を伝えたら担当者が系列や近隣病院等に連絡を取り、お母様を診た医師は紹介状を書くと思います。
    主様達がどうしたいか?次第です。

    横ですが
    >脳梗塞と診断されたら、緊急重篤
    >治療を始めるまでの時間が経てば経つほど麻痺が残り、もっと重篤になりますよ。それもほんの数時間で
    …とは限らないですよ。
    脳梗塞に対し積極的治療等も有りますが、適応条件が厳しく高齢者が適応になる事は稀です。
    脳出血か何かと、混同していませんか?

    一般的に
    >脳梗塞
    なら直ぐに画像に現れる事は少なく、検査結果として出るまで多少の時間を要します。
    >症状としては手のしびれ等
    で受診し、その時の検査結果で脳梗塞だと判明したなら、梗塞巣は既にある程度の時間が経過している可能性が非常に高いです。

    検査結果の正常値は、若い健康成人を基準にしている為、高齢者の方を検査したら、大抵、多少の異常は見つかります。

    >今年に入ってから父が入退院を繰り返し
    >いつ差額ベッド代を請求されるかという状況
    も、ケースバイケースだと思います。
    お父様の状況によって、差額代無で個室に緊急入院になる可能性も有れば、お母様と同じように選択を迫られる事もあると思います。

    また基本的に医療機関は治療する所なので、何処まで積極的に治療するか?等も聞かれる可能性が高く、QOL(生活の質)を重視し治療を希望しないなら入院無の場合も有ります。
    可能であれば…お父様に、治療に対するお考えを聞いておくことをお勧めします。

    お大事に。

    ユーザーID:3751589086

  • うちも払いました!

    3年前に夫が、緊急手術が必要ではあるけれど命に係わる事態ではない、というときに、通常の個室が満床のため差額ベッド代のかかる病室しかないと言われて、しぶしぶ払ったことがあるので、すごく興味深いです!

    その日は土曜日でなかなか診てくれる病院がなくて、今考えれば救急車を呼べば良かったんでしょうけど、命に別状のあるような症状じゃなかったし、でも夫は激痛で歩くのも辛いような状態だったので、近所のお医者さんに探してもらって受診した先で、他に空きベッドはなく、差額ベッド代がかかりますと言われて、こんなに痛がっている夫に、週明けに改めて他の病院を受診しようよとも言えず、しぶしぶ同意書にサインしましたよ。

    でもそこは個室でなく普通の4人部屋に、冷蔵庫とブルーレイデッキが使い放題、くらいの特典しかなかったのに1日5400円も差額ベッド代とられて、保健所に連絡したろかい、と内心思いましたね。ブルーレイデッキは使い放題でもTVモニターは別料金だったしね(←がめつい…)。

    まあ…病院も土日に手術体制がとれるようにするのも大変なんだろうな…と思ってしぶしぶ自分を納得させたけど。

    あんこうさまの説明によると、病院側から引き止められない限り、差額は払わないけど治療はして下さい、は無理なのかな…。
    やはりあの時の差額ベッド代を支払って治療した私の判断は正しかったんだな…。まあもう2度と行かないけどね(笑)。

    ユーザーID:3648709834

  • 世の中の流れです。

     10数年前は差額ベッドが少なかったですが、今は徐々に多くなり、半分程度となっています。患者側のニーズもあります。また、病院の経営や環境整備の結果とも言えます。東京のある病院では全てが差額ベッドと聞いています。治療は拒否できませんので行いますが、入院拒否はあり得ると思います。

    ユーザーID:6954537633

  • 病院都合の個室入院の場合は支払う義務なし

    医療事務やってます。

    病院の都合によって個室しかない場合は,患者側は差額ベッド代を支払わなくて良い決まりになっています。

    ユーザーID:3919399375

  • 話の途中が抜けていたのかも?

    病院とはトピ主さんが直接話をされたわけではない、母からの伝え聞きなのですよね?

    病院の意図は「現在、差額無しの病床は空いておらず、今すぐの入院を望むなら有料の個室しか無い。差額無しの病床を望むなら空きが出るまでしばらく待ってもらわないといけない。それが嫌なら今すぐ差額無しで入院できる別の病院に行ってください」ということだったのでは?

    今すぐ入院が必要な状態では無かったのではと思います。
    空きが出るまで待つことも出来たが、母自身が「差額を払って今すぐ入院すること」を選択したという位置づけになるのではと思います。

    手術だって入院だって検査だって、出来るだけ早い方がよいにはよいけど空きが無くて長期待たされるということはよくあることだから。

    本来なら「今は空きが無いので待ってもらうことになります」の一択のところ、「でも有料の個室でよいなら今すぐ入ることも出来ますが」だったのでは。

    感染症などで個室に移され差額代を払わずに済んだというケースが紹介されていますが、お母さんの場合はそういうのには該当しないケースだったのではと思います。

    ユーザーID:0390636882

  • 差額ベッド代を取らない病院

    差額ベッド代を取らない病院グループもあります。
    たとえば民医連系の病院でしたら、差額ベッド代は取りません。

    私が肺炎で入院したときは、最初2日は個室(というか2人部屋を1人で利用)、残りは4人部屋でしたが、もちろん差額ベッド代はありませんでした。

    いわゆる「困っている人たちに優しい」病院ですが、医療設備やドクター・スタッフのクオリティに全く問題はありません。世話になった当地の病院は心臓外科で全国的に定評があります。

    お近くにそういった病院があれば、そちらの評判をお調べのうえお父様の通院先を変えてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:9272863298

  • 市役所へ連絡しました

    海外小町です。10年以上前の話なので、お役に立つかどうか分かりませんが、私の経験談を。

    母が脳出血で倒れ民間病院の個室に入院になりました。その時は弟夫婦が対応しましたが、その後一時帰国した私がずっと付き添ったのですが、請求書に部屋代差額代がありました。

    事情が良く分からないので(海外在住の為)居住市の市役所へ電話で問い合わせをしたところ、ちゃんと「部屋代差額課(?)」という係があり、状況を説明したところ、満床で選択肢がなく個室になった事、また入院時に部屋代差額の説明が一切なかった事から、支払う義務がないと言われました。

    その旨、病院の会計に伝えたところ、誰に相談するでもなく事務員さんが、あっという間に部屋代差額を帳消しにした請求書を再発行して渡され「結構いい加減なんだなぁ」と思いました。

    トピ主さんとケースとはちょっと違うかもしれませんが、市町村の役所へ問い合わせしてみてはどうでしょうか?部屋代差額も長期入院だと高額になりますからね。

    ユーザーID:0756426744

  • 病院が有り得ません

    たとえ緊急でなくても、医師が「入院加療が必要」と判断したのなら、「差額ベッド代を払えないなら入院を拒否する」なんて有り得ないです。たとえばベッドが全く空いていないとかなら、空く日まで待てる状況なら待ってもらう、早く入院した方が良いならほかの病院を紹介する、などは有り得ます。でも、紹介もせずに「嫌なら他に行ってください」は有り得ない。
    何も知らない人に差額ベッド代を払わせるために、そういう脅しのような言葉を使う場合がありますが、負けないでください。
    「ベッドが空いていない」や「治療上個室が必要」という理由での個室入院については、差額ベッド代を払う必要はありません。差額ベッド代の書類にサインしてしまうと撤回が厳しくなりますから、書類にサインはしないことです。
    ただ、「病院は入院を拒否できないはず」「病院都合の個室入院の場合、差額ベッド代は徴収できないはず」と言い立てると、角が立ってやりにくくなりますから、「お金がないから払えない」で押し通すのが無難です。
    私の義父が入院したとき、私は夫に「絶対書類にサインするな、お金が無いで押し通せ」と言って、差額ベッド代を払いませんでした。

    ユーザーID:7550589051

  • 病院に支払うべき代金とは治療費のみ

    どなたか、「代金を払わないなら入院を拒否できる」とおっしゃってましたが、病院が正当に請求できる代金は、治療費のみです。差額ベッド代については、正当に請求できる代金ではありません。(治療上必要がないのに本人が希望した場合を除く)
    病院も経営が厳しいところが多いので、よく知らない人からは分捕ろうというせこい病院もあります。

    けれど、正当に請求できるものではないことを病院はちゃんと知っているので、サインをせず「払えない」と言ったら、それ以上請求はされません。

    トピ主さんの事例は、入院が必要であると医師が判断していると思われます。それも、待てる状況ではないという判断です。
    そもそも待てる病状なら、「今、病室が空いていないので、○○日まで待ってください」と説明があります。
    待てる状況ではなく、でも病院が(個室も含めて)満室であるのなら、ほかの病院にきちんと紹介します。

    「嫌なら他に行ってください」と、紹介もせずに放り出すのは、その言葉を厚生局に訴えても良いくらい酷い対応です。

    また、どなたか、医師は、緊急性がないと判断したら診療拒否できるとおっしゃってましたが、出来ません。何故なら、緊急性があるかないかは、診療しないと分からないからです。

    私の勤務先の病院では、夜間救急があるのですが、救急のパート医師が診療拒否した事例でトラブルになったことがあります。(もちろん、病院側に全面的に非があります。)

    代金を払わないなら入院を拒否・・・も、実は病院はできないんですね。入院が必要な状況と判断したら、とりあえず受け入れないといけない。そして代金は「後払い」です。

    ユーザーID:7550589051

  • >と言われたそうです。

    >「個室しか空いていないから差額ベッド代がかかる。嫌なら別の病院に行ってください」と言われたそうです。

    お母様が希望しないのに、医師が「入院が必要な状態だ」と言い、上記のセリフを間違いなく言ったなら問題です。
    しかし、医師が帰宅できる旨を話したのにお母様が不安で入院したいと言った場合は、上記のセリフでも問題ありません。

    四季さんのレスにあるように、身体的には必要ないが総合的に入院適応と判断する場合は、「入院加療が必要」ではなく「入院加療でもよい(自宅療養でもよい)」程度で、条件が合わない患者の入院を断っても問題はありません。

    そもそも、医師が「嫌なら他院に行け」と言ったのか、お母様が要約してそうなったのかすらわかりません。
    お父様の時は必ず受診に付き添われることをお勧めします。

    ユーザーID:4981221241

  • お父様の病状次第です

    昔は、お母様くらいの「軽い脳梗塞」でも、一晩入院して様子を見ましょうと言われましたが、最近は入院の必要がなければ帰されます。

    お母様が、昔の感覚で、入院しなくてよいのか(入院させてくれないのか、できれば入院したい)と言ったら、差額ベッドの話になってもおかしくありません。

    そういう、医療の必要度の低い方をどんどん入院させると、重症の方が入院できなくなりますので、差額ベッドで敷居を高くする意味もあると思います。

    病院で診療していると、病状は入院の必要がないのに、家庭や施設で看られないから、独居で心配だから入院させてという方も多いです。それって、本当は「入院は不要」だから「拒否できる」ものです。

    本当に入院の必要があれば、他の病棟のベッドを借りてでも何とかしますが。

    ユーザーID:4981221241

  • 私の経験

    去年一時急遽入院となり(その時かなりの高熱で私は意識朦朧)、処置の為に3人部屋に通されました。
    意識がはっきりした時そこにいることに気付きまして、その後の説明でとりあえずそこしかなかったとの事でしたのでしばらくおりました。
    後日本来の大部屋(六人)に移りました。希望したのです(料金不安の為)

    結局最終的には、はじめの3人部屋は病院の判断という事でしたので請求されませんでしたよ、一週間程おりましたが。

    話し合いや病院の規約、判断によるのだと思います。

    ユーザーID:4150126115

  • 今どきは精神科病院でも差額ベッド代支払いますよ

     医師の指示で入院の場合と、外来レベル(帰宅可能)だが介護上の理由で患者が入院希望した場合と違うのでは?
     医師の指示で入院と言われた場合には差額ベッド代のない部屋がないからといって入院させないはずがありません。
     他に行ってといわれたのはおそらく介護上の理由で入院希望したのではありませんか。 
     また駅前の病院や市中の病院は精神病院でも一日2000円とか取りますよ。ましてや内科外科系の病院なら個室使用料は当たり前。4人部屋でも規定の広さと設備を整えていれば差額ベッド代は患者に対して請求することができますよ。
     どこに問い合わせても病院と個人の間の話ですから、国がとるな、という権利はありませんし、入院治療が必要な患者を差額ベッド代金が払えないからといって断ることはないでしょう。
     他へ行けと言われたのは入院が必要な状態でなかったのでしょう。
    発症から4時間以内の濃厚治療が必要ではなかったからではないでしょうかね。
     お金がかかりますよ。これからもっと。
    通院している患者でも入院必要な状態でなければ入院拒否されますよ。

    ユーザーID:1246586465

  • 病院と言えども、営利目的の企業ですから、押し売りはできない

    色々と混乱があるようですが、差額ベッド代を払わなくても良い場合は、非常に限られた状況です。つまり、そこで入院治療を受けたいなら、99%の場合は払わざるを得ません。


    では、例外の1%はどういう場合か?というと

    1、医師の判断で入院治療の必要が100%あって
    2、大部屋が空いていない場合

    この2つが同時に発生した場合のみ、患者に差額ベッド代を支払い拒否されても、病院側は入院拒否できないわけです。

    例えば、即刻、手術をしないと命に関わる場合などです



    主さんのトピの場合には、医師の判断では「入院治療をした方が良いけれども、患者の希望によっては、帰宅可能」と言う状況だった訳で
    つまり、「同じ治療を安く提供できる医療機関を探す」という患者の希望がある場合には、「患者さんの希望を尊重する」というのが病院の姿勢な訳です

    それを言い換えると「サービス代金(差額ベッド代)を払うのが嫌なら、うちのサービスを買う必要はないので、他所を探してください」となる訳で、全然、違法でもないし、冷たくもありません。




    病院、医師と言えども、一部の公的機関を除けば、「営利企業」なわけですから、自分のところを必要以上に売り込むことはできないのです
    それをしたら、押し売りですから


    「うちの提供できるサービスとその料金に不満なら、他所に行ってください」というのは、
    患者さん=お客様の「医療機関と治療(サービス)を選ぶ権利」
    を尊重している言い方だと思います。

    ユーザーID:0211320467

レス求!トピ一覧