死産した方乗り越えれましたか?

レス1
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

ちい。

多嚢胞性卵巣症候群って告げられ、一年頑張って治療した後に流産しました、その時は元カレです。流産きっかけに別れることなりました。
2回目妊娠、旦那
約2年前に8ヶ月で死産しました。
夜には、胎動があり、朝いつも反応あるのに反応無くて2時間経っても無いので不安になって病院に行ったら、死産と告げられ現実受け入れられなかったです。その日の夕方から入院して数日かけ陣痛起こして出産しました。
辛過ぎて、出産後で頭真っ白になって子どもの顔見る事が出来なかった、薄情な母親と思われるかもしれないあの時は、子どもに顔合わせれない申し訳ない気持ちなりました。」
退院して暫くだって一ヶ月経たないのに旦那の親すぐ子ども作りなさい!作らなかったら離婚しなさい、すぐ作らないなら一緒いる意味ない。後散々色々言われました。
旦那にも、いつまでお前は悲しんでる子どもが供養できない、泣くな悲しむな色々言われ過ぎて涙が出てこなくなりました。
そっからずっと一年半、義母に子ども子どもと言われます。いまつくったら、いつ生まれるから今作りなさいとか言われ。旦那にも限界と伝えて、何回か親に言わないようにしてもらいました、暫く言わなくなったかと思ったら、資格取ったんだから次は子どもだね、子ども早く作らないとね。って、また暫く経って動物いると子ども出来るから動物飼いなさいそしたらすぐ出来ると言う。
沢山、書けないくらい傷付く言葉「義母、旦那」言われました。
死産した方も、色んな事あったと思います、どうやって乗り越えれますか?

ユーザーID:2788068358

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数1

レスする
  • 私の場合

    流産は一度だけだったけど、そりゃもう悲しかったですよ。

    夫や義母だけでなく、母からの言葉も傷口に塩を塗られるように辛かった。
    その言葉が辛いと騒げば静かになる。
    静かになれば誰も慰めてくれないとまた騒ぐ。
    じゃあ余計なことをは言わずに一緒に悲しむ夫を見て、一番悲しいのは自分だとまたまた大騒ぎ。
    要は錯乱状態だったのでしょうね。

    悲しみと言うのは一番辛い感情で、消えることはありません。
    消えないけど薄めることはできる。
    悲しみは、別の感情で一時逃避できる。
    そ逃避を繰り返すことで悲しみを薄めていってたんだな〜と思っています。

    その逃避方法が「怒り」です。
    悲しみの次に強い感情。
    怒ることで悲しみから一時避難をしていたのでしょう。
    何にでもかみついて、とにかく怒りを爆発させていました。
    夫も母も義母もさぞや迷惑だったことでしょう。
    考えてみれば、どれも私の悲しみを察しての言葉。

    そりゃあさっさと妊娠して子供を産めって一見すごく酷いことばだけどさ。
    本当の意味で流産の悲しみが癒えたのは子供を産んだ時。
    流産の悲しみは消えないけど、それを遥かに凌駕する喜び。
    つまり、早く次を産めというのは、長年生きてきていろんな人を見て、出産が一番立ち直るのに早道だと知っているから。
    前を向けというのも一緒。
    まだまだ長い人生があるのだから、どこかで立ち直る必要があるのもの事実。

    酷い言葉だと思っていたことも、冷静になってみればごく当たり前の事を言っているに過ぎなかったりする。

    今は怒ればいい。
    怒りが悲しみから逃避させてくれるから。
    いつか言葉の意味が必ずわかる。
    怒り狂ってもいいけど、短気だけはおこさないことです。
    義母はともかく夫はあなたが憎くて言っていないことだけは確かでしょ?

    ユーザーID:0224884758

レス求!トピ一覧