2人以上の子供にかかるお金の差、どう考えていますか?

レス16
(トピ主1
お気に入り20

妊娠・出産・育児

ねこのこ

トピを開いて下さり、ありがとうございます。
当方、中学生の娘と小学校高学年の息子を持つ働く母親です。
2人の子供にかけるお金をなるべく平等にしようと、習い事や通信教育などは計算しながらやって来ました。それぞれの名義の貯金や学資保険で、大学入学時に同じくらいの金額を貯めておきたいです。
娘は小学校時代は文化系の習い事をいくつかやっており、中学からは私立です。習い事は一つ続けています。
息子は、数年前から所属しているあるスポーツクラブで少しずつ強くなり、県外の遠征へ行くことが増えて来ました。主人が担当で、すごく熱心に取り組んでいます。
息子も自信をつけており、強くなるのは嬉しいことで応援したいのですが、その分、費用がかかるようになりました。道具や雑費は月々の生活費から出しているのですが、年に数回の遠征費などは、数万単位なので、息子の貯金から出しています。
娘も、習い事や学校でまとまったお金がかかる時は、娘名義で貯めているお金から出しています。それでも娘はそれほど大きな出費は数年に一度なので、順調に貯まっています。
息子の方がお金の出ていくのが大きく、息子の貯金は順調ではありません。息子も私立中に進ませたいと思っており、このスポーツを学生時代ずっと続けると考えると、このままお金は貯まらないのではと思います。
かと言って、家の貯金から出すのも、娘との差が出てしまうのでどうかという気持ちがあります。
主人は、子供によって違ってくるのだから、厳密に平等にせずとも出せるところから出したらと言います。
私も今は平等にしていても、大学進学で私立か公立、自宅か自宅外かでかけるお金に差がつくのだからーと思いつつ、今はできるだけ平等にしたい気持ちです。
2人以上のお子さんをお持ちの皆さん、かかる費用の差はどのように考えて、どのように準備されていますか?教えて頂けたら幸いです。

ユーザーID:1949791659

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
  • 公平と平等

    平等っていいこととは限らないですよ
    だって二人のお子さんはそれぞれ別の人間
    同じようにお金をかけても出てくる結果は違うでしょう

    公平であった方がいいと思います

    兄弟で差が出て悔やむのは基本的には極端な偏りがあった場合ですよ

    同じように私立に行く機会を与えても
    文系理系で学費も違うから平等は無理な話です

    たとえば娘さんには成人式の時に振袖を購入してあげるとか
    卒業旅行費を出してあげるなどで
    つじつま合わせられるでしょう

    どうしたって差はできます

    どちらかのほうが低所得、高所得になることもある
    近くにいたり遠くに行ってしまったりしても変わってくる

    そういう風に心がけているトピ主さんは子供から不満が出るとは思えません

    ユーザーID:2200777126

  • それを平等と呼ぶの?

    最近、よく同金額をかけるのが平等って見かけますが、それが本当に平等ですかね?

    子供の能力や資質に合わせて制限なく進路が選べるのが平等じゃないのかな?

    医者になりたい子、留学したい子、スポーツやりたい子、色々いるでしょう。
    その時にその進路を絶たせないようお金を出してあげたらいいんじゃないの?

    我が家は、子供たちには社会人になるとき一律100万しか渡さないと言ってます。

    留学しようが、大学院に行こうが高校から私立になろうが、それはその子の実力で仕方のない事だから。
    教育費は平等に用意してあるけど、それを消費するのが目的になるのはおかしいし、余ったから頂戴は無し!
    やりたいことはやらせてあげるけど、プレゼンをしっかりやって他の兄弟にも認めてもらうこと。です。

    長子は、公立高校→私大理系→大学院
    次子は、公立高校→国立大→就職
    3子は、私立大学付属高校

    長子・次子は塾に行ったことないけど、3子は塾に行きました。
    お稽古事も、それぞれ違います。

    次子は、俺の教育費を長子と3子が食い散らかしてる!と笑いながら言ってます。
    でも、その分、体育会系運動部の遠征費や道具は援助してます。

    自分のやりたいことを支援してくれたじゃダメなんでしょうかね?

    ユーザーID:2955301339

  • 考えたことなかった

    2人いますが、かかっている金額は違います。

    平等にお金をかけるって考えたことなかったです。

    ただでさえ自分は高校も大学も行かなくていいからその分のお金を頂戴なんて言ってる子がいるので、お金を平等に出すなんて怖くて言えません。

    やりたいことに協力する部分と、機会を与えることに関しては、不公平がないようにと思っています。

    ユーザーID:7687545650

  • 費用を同額にしたいなら

    子供にかかる費用を同額にしたいなら、子供たち全員に同じことをさせるしかありません。
    上の子が習いごとにいくなら、下の子も同じ習い事か同額の習い事のみ。
    上の子が文化系の部活に入るなら下の子も文化部。運動部は認めない。
    上の子が塾が要らないくらい自分で勉強できる子で塾に行かなかったら、下の子がどんだけバカでも絶対に塾は行かせない。自宅学習のみ。
    進学先も、上の子が私立なら下の子も私立。上が公立なら下も何が何でも公立。
    こうすれば、金額的には「平等」。

    ただ、この場合、基準になるのは「上の子(第一子)」なので、下の子に選択権は一切無いですね。笑

    トピ主さんは今「息子ばっかりお金がかかって…」と思ってるでしょうが、何をどう考えたって女の子の方がお金かかりますよ。
    生理用品とかブラジャーとか、息子さんには絶対にかからない費用が娘さんには日常的にかかっているのです。生活に紛れ込んでて見えてないだけ。
    「子供にかかる費用を同額に」なんて言うなら、娘さんのブラジャー代を息子さんの貯金にでもすればいいですよ。
    成人式だって女の子の振り袖のほうが遥かに高額。トピ主さんは娘さんに「息子はスーツで出るんだから、娘だってスーツで!」なんて考えてないでしょう?それとも娘さんが振り袖なら息子さんにも紋付き袴着せますか?

    費用の同額など、そもそも無理な考えなのですよ。

    ユーザーID:4927988017

  • 平等は不平等

    公平であれば良いと思います。

    ユーザーID:0548215288

  • 差が出るのは仕方ない

    差が出るのは仕方ないと思います。でも親が平等にしたいと考えてくれることは嬉しいと思います。

    私は国立大学へ自宅通いと海外留学3年間。
    弟は遠方へ下宿で国立大学、学部のみ。

    最初は弟のほうがお金かかりそうでしたが、結局、私のほうが大幅に多く使ってしまいました。親は弟が卒業した際に、差額の一部として数百万、弟に渡していました。平等にはなりませんでしたが、弟も納得してます。

    差が出てもいいけど、そのために一方に我慢させるようなことにならなければいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:3230970182

  • 余分にかかった分をもう一人の貯金に上乗せする

    資金が潤沢にあるならですが。
    スポーツで息子さんに余分にかかった分と同額を娘さんの貯金に足してあげればいいと思います。

    学費や習い事で使い切らなかったら、社会人になって自立する時に持っていけばいいのです。

    どうしても「教育費」の形で同額でありたいのなら、娘さん用の追加分は大学進学後の習い事や資格取得に充てればいいと思います。

    ユーザーID:0949789164

  • 平等って、金額だけじゃないと思う。

    家には3人の息子がいます。
    それぞれがやりたいことを、目一杯やらせています。

    金額的には、不平等かもしれません。
    けれども本人たちのやりたいこと、興味ある事を目一杯やらせる。ということが我が家での平等です。

    息子たちもそれぞれ楽しんでいるので、特に文句も出ていません。

    ちなみに、習い事も含めたそれらの費用は、全て家計から出しています。

    子供たちの貯金は、今まで本人宛にいただいたお祝い金やお年玉等を当てているので、おそらく子ども達が社会人になる頃には同額貯まっていると思われます。

    ユーザーID:3885792120

  • できるだけ平等に

    子どもが2人います。口座をそれぞれ作って学費や習い事の費用をそこから払っています。どちらか足りなくなれば同じ額を両方の口座に入れています。最終的に残った分は成人後タイミングを考えて渡します。

    ユーザーID:9100242470

  • 息が詰まりそう、、平等なんて無理では?

    子供の貯金は基本的に子供の物なので教育関連に使わない

    全て家計から出します

    進学に関しても、本人の行きたい学校に行かせてますので、学費が違うのは当然の結果

    平等にしてるのは、お年玉やクリスマスや誕生日に渡す現金ぐらいです

    上の子は高校から私立ですが
    下は公立を選択しました(今受験生)

    平等平等って、そりゃ無理では?
    極端に言えば、やりたい事やらせてあげれば不平は出ないと思いますよ?
    現にうちは、子供から不公平だ!なんて言われた事ないです

    私としては、片方が高額だったからと言って片方も同じぐらい出せるか?
    では無く、出せるだけの価値があるか?です

    なので、学校関連は子供を優先してます
    こちらから、何かストップかけたり、進学先を諦めさせたりすれば金銭の不満も当然でますよ

    上の子は私立なのに、下の子は金銭的に無理だから公立になんてなれば、そりゃ不公平
    けど、自分らで選択したならそんな事言いませんよ
    高校からの進学も同じです
    上は専門に行きます
    入学金高かった、、凄かった(笑)
    研修でアメリカとか(笑)

    下も多分専門でしょうねー
    種類は違うけど、、これもドキドキですよ
    ただ、事前に調べるとだいたいの金額が分かります
    それでも、自分が選んだ進学先ですからね

    子供にとっては、幾らお金をかけてくれたより、いかに自分を尊重してくれたか、が重要ではないでしょうか?
    金銭的にキツイ、なら子供と腹を割ってとことん話す、子供に親として誠意を尽くす、ではないでしょうかね

    ユーザーID:0056619043

  • 想定外の連続ですよ

    ウチも子供二人です。
    平等というか公平にと心がけてはいますが、なかなか想定通りには行きませんよ。

    ウチの場合、高校まではノーカウントです。

    上の子は私立の中高一貫校で、下の子は公立校でした。
    後で不公平だと言われないよう、下の子にも中学受験をするか確認しましたが、本人が中学受験はしないとの返事でしたので。

    その後、上の子には中高一貫に行くのだから費用的にも大学は国公立に行ってくれないとねと伝えていましたが、結果は私立の理系。残念。
    下の子も、別の私立の理系。

    大学の授業料はそんなに大差なかったので、一人500万を予算とし、それ以上かかった分は卒業後に生活費なり、何かの名目で回収すると話をしています。

    ウチは、最初から綿密に決めていた訳でもなく、その時々の事情によって変わってきていますが、今の時点ではと前置きをして、上記の話を子供達にしています。
    もちろんこちらの状況が変わったら、違うことを相談することもあるよと伝えてもいます。

    なので、教育費に限ることではありませんが、当初の予定通りに行かないのは当たり前だと思うんです。

    要は、勝手に突っ走るのではなく、まずは夫婦で意見を摺り合わせ、状況が変わる度に子供にもその都度伝えて納得してもらうのがいいのではないかと思います。

    息子さんに費用が想像以上にかかってきているのなら、それこそ見直したり相談する時期なのでしょう。
    間違っても、あなたの意見だけを押し通すのはやめた方がいいですよ。

    ユーザーID:6001493440

  • 子どもさんの今を応援してあげて下さい。

    我が家も三人息子です。
    特に金額的な平等は考えなかったですね。

    地方在住ですので、あまり教育の選択肢がありませんでしたから、三人同じ公立高校(自転車で通学)を卒業しました。
    そのかわり、大学はどこへでも(海外でも)進学させると約束しました。二人は、自宅から新幹線の距離、一人は飛行機の距離の希望の大学へと進学しました。本人の希望通りです。大きな教育費の違いがあります。

    主さんのお子さんと違って、同性の兄弟だったので、小さい頃の悩みは少ないと思います。
    また、高校まではほとんど変わらない成長だったので、あまり参考にはならないかもしれないです。

    ただ、実家で育ってきた間、両親から自分は大切に思われている、という実感はみんな持ってくれていると思います。
    自分が頑張る事を親は応援してくれる、という気持ちになれるように、育ててきました。
    自分が大切にされていると感じる人は、他者(兄弟も含めて)に対して攻撃的な気持ちにはならないと思います。
    また、頑張る兄弟を親は応援しているんだなと思えるなら、差額に不満はないと思います。
    自分が希望の大学に行くために、それぞれ努力しました。学校以外の学力のための費用には差額がありますが、本人の努力の姿は他の子ども達を納得させるものでした。

    主さんの息子さんに今お金がかかるのは息子さんの努力の結果ですよね。それも、少しずつ継続して成果を出しており、両親が息子さんを後押しするのは何も問題ないと思いますが。
    娘さんには、娘さんの努力の結果にお金をかければいいのではないですか?

    先の心配をされていますが、今の生活の先に大学があるのですよ。自分の好きな事のために毎日頑張っていて、そのうえ成果が出ている。親として嬉しくないですか?
    これを親子で励みにしないで、お金の心配だけするのは本当にお子さんにはいい事なのでしょうか?

    ユーザーID:1509847215

  • トピ主です。レスありがとうございます!

    emiさんのレスまで読ませて頂きました。

    皆さんのレスから、平等と公平は違うということに気付かされました。
    また、平等にしようという親の気持ちが子供は嬉しいということも、ありがたい内容でした。

    平等にするのは無理だとわかってきたのです
    が、自分の中ではまだ、答えが出ません。
    金銭面での平等ではなく、機会均等を目指して本人たちにも理解してもらうのか、はたまた、あくまでも金銭的に平等に、かからなかった方に将来上乗せして使う、渡すのか。
    この辺りをよく、主人と話してみたいと思います。

    私の学生時代の話ですが、兄と私は地元の国立大、弟は浪人後に県外の公立大で、弟には私と兄の何倍もお金を使ったようです。
    が、思い起こしてみても、進学のお金に関しては親にも弟にも何の不満も持っていなかったです。むしろ、弟が不自由しないようにしてやってほしい気持ちでした。
    ただ、その頃の母は、時々私に服やバッグを買ってくれてましたし、積み立ても私の名前でしてると言ってました。(←母の老後貯金にしてもらいましたが。)
    これまで何とも思ってなかったですが、私も子を育てて初めて、平等にしてやりたいと言う親心だったんだなあと気付きました。
    このトピのおかげで、気付けて良かったです。

    レスを頂いた皆さま、本当にありがとうございました!

    ユーザーID:1949791659

  • 日常の差はいいの?

    女の子はとにかくお金がかかります!洋服にしろ、持ち物にしろ。例えば修学旅行ひとつでも、男の子は「いつも着てるので十分」でも、女の子は「全部新しいのじゃないと嫌!」とか言います。七五三から始まり、卒業式の袴、成人式の着物…男の子ならスーツで済むのに女の子はそうもいかないことって多くないですか?

    全てを平等にしようと思ったら、食費だって違ってきませんか?たくさん食べる子と小食の子と。大人になった時、小食の子に「あなたはお兄ちゃんの3分の2しか食費かかってないからその分貯金しておいたわよ」って言うんですか???20歳までの食費…かなりの差ですが。

    お金のことより、むしろ接する時間を考えてあげた方が良いと私は思います。夫さんが息子さんに付き添って夢中になっていると、やっぱり娘さんはちょっと寂しいかもしれません。逆に、いつも夫さんばかりでトピ主さんが息子さんにあまり関わらないと、息子さんが寂しいかも。そのあたり、上手にスキンシップやコミュニケーション取れるようにするほうがずっと大事かと。

    ユーザーID:3267456731

  • 結果の平等より、機会の平等

    複数の子供がいる場合、
    それぞれのやりたいことも実力も異なるのですから、
    子供にかかるお金をすべて同額(結果の平等)に、
    というわけにはいかないでしょう。

    ただ、それぞれの子供が、自分の能力や適性に合わせて
    やりたいことを選んだとき、
    ある子の希望はかなえて、
    別の子の希望はお金を理由に却下、
    とならなければ(機会の平等)良いと思います。

    私は中学から修士課程まで私立、
    妹は高校・短大のみ私立で、
    教育費には相当の差がありましたが、
    二人とも自分の行きたい学校に行かせてもらえてよかったです。
    また、社会人になって結婚してから、
    妹は低収入だったので父にマンションを買ってもらい、
    私は自分の収入で家が買えるほどだったので
    父からの援助は一切ありませんでしたが、
    二人とも自分の望む結婚生活が送れて満足です。
    親が出してくれたお金がどちらが多いか少ないかなんて、
    まったく気にしていません。

    お子さんにかけた金額の多寡ではなく、
    それぞれのお子さんの希望をかなえてあげられれば良いのでは。

    ユーザーID:0236781686

  • 還暦過ぎたおばさんです。

    そして三姉妹の末っ子です。

     長姉とは学年6学年・次姉とは年子です。
    姉二人は成績優秀でしたが、私は不出来でした。
     
     長姉は、高校は公立のみ受験でした。
    (だったと思う。)私立の大学に進学しました。
     次姉は、国立三校受け、滑り止めが公立でした。
    (長姉と同じ高校)学校側から、私立も受験してくれ
    と言われ、受けました。(有名私立)国立全滅で
    私立合格。でも公立(ほぼトップ高)に進学しました。
    そして私立大学に進学しました。(大学はそこそこの
    位置の大学です。)

     出来の悪い私は公立だめで、公立の滑り止め位置の
    私立高校に進学し、専門学校に進学しました。
     
     習い事に関しては。一人二つまで…。ピアノは三人
    習いました。上の姉は習字。次姉と私は珠算。長姉が
    ピアノはどのぐらい続けたか覚えていませんが。
    私は小1から小5に一学期まで。珠算は三級とるまで。
    (小5ぐらいから中2ぐらいまで)次姉は、小5ぐらいで
    一級をとり珠算はやめたかと。ピアノは高校半ばぐらいまで
    続けていました。母が行きたいなら音大行ってもいいわよと
    話していたのを覚えています。次姉は、そこまでするつもりは
    ないと断っていたかと。それで、普通の・・・と言っては
    なんですが。私大に進みました。(姉二人は教員免状
    持っています。) 

     同じ親から生まれた兄弟・姉妹でも。性格や能力が違い
    ますからね。一律に平等…と言うのは難しいのでは?

     まあできるなら、与える機会は平等に…とは思いますけど。
    そこにかかる費用が完全に平等にまでは気にしなくてもよい
    のでは?そういう意味でご主人に一票入れます。

     

    ユーザーID:6325782716

レス求!トピ一覧