学校に行きたいのに行けない息子

レス7
(トピ主3
お気に入り13

心や体の悩み

おだけ

高校三年生の息子の事です。
もともと神経質で気の小さい所があります。
中1の学校行事で校外に出た際に体調を崩す事が2度続き、以降の校外活動参加時の体調不良が目立つ様になりました。参加出来ても万全の体調とはいかないようです。

また中3くらいから登校前の腹痛・下痢が度々あり、高校生になってからは頻度が増した為、消化器内科を受診しました。
過敏性腸症候群と診断され薬を飲んでいます。腹痛以外で吐き気を訴える時もあります。
調子が悪い時は週2のペースで遅刻してしまい、数日続く時もあります。家を出て駅に向かう途中でなる事が多いです。

学校での様子は笑顔もあり楽しそうにしていると。
本人は学校が嫌だとか行きたくないとは思わないそうで、何故そうなるのか分からないと言います。
スクールカウンセラーや保健の先生にも相談しており、遅刻しながらも学校に行っているのだから大丈夫。上手に休む事も大事、とアドバイスを頂いています。

無理して行きなさいとは言わないけど頑張って行けるのなら行った方が良いと伝え、最終的に行く行かないは本人の判断に任せています。
調子の悪い時が続くと、本人も不安になって更なる不調を招いている事も否定出来ません。
見守る私も本当に登校出来なくなってしまったらどうしよう?という心配もあります。

高校側はもうすぐ卒業だからそれまで何とか乗り越えたら・・という感じですが、それで終わりではありません。新たな環境の中で同じ様な事が続いたら?という心配もあるのが正直なところです。

「長い人生そういう時もある」と大きな気持ちで構えてあげていれば良いでしょうか?
あまり頻度が高くなる様なら、不安な気持ちを抑える様なお薬を飲む事も考えた方が良いのでしょうか?

ユーザーID:7388285877

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
  • 高二の母です

    ウチのケースが参考になれば、と思いレスします。

    ウチの娘は中学生の時、学校が合わず、不登校気味になりました。

    結果からいうと、病院の「思春期外来」に通院し、精神安定剤のお世話になりました。今は環境も変わり、お薬は使っていません。学校も普通に通学しています。

    人生の一時期、乗り越えるために一時的にお薬を利用するのアリだと思います。(でも、心配ですよね〜、依存したらとか考えちゃいますよね)。

    ユーザーID:5724884708

  • トピ主です

    思春期外来というものがあるんですね。
    頻度の高い状況が続くようならそういう所の受診を検討してみたいと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:7388285877

  • 不安ですよね

    うちの息子と同じです。

    うちの子は2浪して今は大学1年なのですが、浪人中も同じような感じでした。息子の場合は消化器系のトラブルではなくて、片頭痛が理由でした。酷い頭痛のため、嘔吐することもありました。

    高校から予備校時代にかけての5年間、恐らく週に3日くらいしかまともに通えませんでした。

    大学からは家から離れ、一人暮らしをすることになりました。単位が取れるのか、自分の体調管理はできるのかとても心配しましたが、どうしても行きたいという大学だったので送り出しました。

    その結果、大学は1日も休んでいないそうです。もちろん単位もとれています。家にいるころは気持ちに甘えがあったのかな?と思っていますが、それを今の息子さんに伝えても恐らくどうにもならないです…。

    うちのように、好転することもありますということだけお伝えに来ました。もちろん同じようになるかはわかりませんが、こういう例もあるんだという参考程度にとらえていただけたらと思います。

    ユーザーID:9872664713

  • トピ主です

    多感な時期にある子供には色々なことがあるのですね。
    長い人生のほんのわずかな時間、休息の時があっても大丈夫なんだな〜と思いました。
    卒業後、進学して新たな環境になることで状況が悪化したら?という心配をしていましたが、逆に改善することもあると安心しました。

    ユーザーID:7388285877

  • 病弱虚弱体質なのは、仕方ないと受け入れた方が

    本人のためだと思います。

    まず自分の性格、体質を知るところじゃないですかね。

    原因があるから、結果がると考えがちですが、
    日々の体調はそれだけではなくて、
    季節もあるし、精神的なことや、アレルギーとか、
    様々な要因があります。

    それを自分が分析管理して、コントロールするしかありません。

    基本的に規則正しい生活を心がける。
    腹八分目。早寝早起き。
    軽いストレッチでもいいので、体を適度に動かす。
    身体を冷やさないように、お風呂は長めに(20分程)浸かる。
    腹巻もいいですよ。

    まずは自分が健康であることをしている。
    と、自らに自信をつけさせることです。

    学校に問題がないのなら、それは除外。
    体調不良の原因を、深く考えないこと。

    自分には体調が良い日、悪い日があると認識すること。
    悪い日は、無理せず心置きなく休むこと。

    健康な人と比べて、自分は出来ない。ダメだと思わないこと。
    良い日も、あまり無理しないこと。
    日々の体調に一喜一憂しないこと。

    もちろん薬を上手に使うことも、大事になります。

    今のうちから、自身の体調コントロールを意識させてください。

    俺は健康なのに、おかしいんだ。では、ありません。
    今はまだ成長途中だから、
    健康な人よりも無理が効かないだけです。

    彼のせいではありませんし、
    ましてやあなたのせいでもありません。

    自分の体を知り、自らコントロール出来るようになれば、
    将来も怖いものはなくなると思います。

    今は、自身を大事にしてあげてください。

    一番大事なのは、日々、家族内で笑い合えることです。

    ユーザーID:5276721980

  • トピ主です

    そうですね。
    自分の身体の声を聞く。
    健康な心と身体のために出来る事から改善する。
    そして上手に休む。
    今の息子に必要な事ですね。

    ユーザーID:7388285877

  • 過敏性腸症候群とのことですが…

    >家を出て駅に向かう途中でなる事が多いです。
    ここにひっかかりました。

    私、ある日を境に、牛乳が飲めなくなりました。このことに気が付くまで、実に長い年月がかかった。
    なぜなら、子供の頃は給食でも家でもがぶがぶ飲んでいたから。

    しばらく、牛乳を飲まない時期があり、ある時、旅先で牛乳を飲んだらお腹下しました。けど、それはたまたまだったのだろうと、また飲む。
    例えば、朝6時に起きて、コーヒーに牛乳を入れて飲む。9時の子どもの幼稚園バスの時間までに5〜6回、トイレに行ってました。
    ある夏、帰省して、牛乳を飲まなかったら、下さない、ということに気づく。牛乳か!と思うまで数年かかりました。加熱し、料理に使う分には何ともありません。残念なことにソフトクリームを食べられない…

    思い込みは怖くて、以前は飲んでいて何ともなかったし、体にいいはず、と原因を探るときに候補から除外しているのです。

    大人になってから、アレルギー症状が出るようになった食べ物もあります。
    これも、気が付きにくい。以前食べて何ともないから。

    症状が出る時と出ない時の食事内容を比べて、アレルギー検査をしてみるのはどうですか?

    ユーザーID:4992903317

レス求!トピ一覧