「家庭用編み機」は今いずこ?(駄)

レス13
(トピ主1
お気に入り31

生活・身近な話題

刀自古郎女

私が幼かった昭和40年代、
「編み機」のある家庭は珍しくなかったと記憶しています。
その頃住んでいた古い家にもありました。

アイロンみたいな形のものをザッザッと左右に滑らせ
機械から垂れ下がるニットを編み棒でチクチク編んでいく…
そのような工程を繰り返す母の姿を、
隣でじーっと眺めていました。

三角形の小さな道具に
ハンドルで毛糸を巻き付けていく作業は
4〜5歳だった私の役目でした。

余談ですが、当時私は
「かあさんの唄」の冒頭部、
「かあさんが『夜なべをして』手袋編んでくれた」を
『夜鍋押して』だと思い込んでいました。
「夜鍋」とは編み機の種類で、それを押して手袋を編んだのだろう…と。
(今思えば突っ込みどころ満載ですが)

それほど?日常に溶け込んでいた編み機ですが、近年は全く見かけません。
今も使っている方はいらっしゃるのでしょうか。
ぜひ、教えていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:8617777195

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
  • 今はさすがに編み機はないでしょう。

    私はアラ還です。子供の頃は私の家にも編み機がありましたが、最後に母が編んだのは、私が20歳頃のことで、細かい模様の紺とブラウンのセーターでした。
    そのセーターはまだ持っていますが、娘にいらないかと聞いてもいらないと言うんです。悔しい。
    でもまだ捨てずに持っているつもりです。
    編み機はその後10年くらいして、処分しました。

    ユーザーID:8603047072

  • 懐かしい!

    編み機…懐かしいですね
    姉(昭和37年生まれ)の
    嫁入り道具のひとつでした
    新婚当時は教室にも通っていたんじゃないかな
    でも作品を見たことがない
    数年置いてから捨てたと聞いています
    今は教えるところも使う人もいないんじゃないでしょうか
    どなたか使ってる人がいたら
    私も知りたいです

    ユーザーID:3075108838

  • すでに処分されているか…

    すでにごみになっているか
    押し入れの奥に押し込まれていそうですね


    海外在住で、チャリティー系のセカンドハンドショップを回るのが趣味なのですが
    先月編み機がうられているのを見て
    懐かしいなぁ、と思いました


    最近は、リリアン編の大きくしたような、ルームが
    があの編み機の代わりをしているのかなと思いました

    ユーザーID:9306861431

  • 懐かしいです

    50年前に 姉が編み物教室に通ってました。
    家でも編み物していて 取っ手を持って動かすたびに 独特の音と張ってる糸が動き 少しずつ編み出されてくるのを まるで魔法みたいで側で見てました!

    姉は将来は我が子にと クリーム色のカーデガンと帽子の幼児服を編んで 後に結婚して男の子の甥っ子に着せてました。
    私は6才?のお誕生日に買って貰った 45cmくらいの高さの当時デパートに並んだ人気のお人形の服を赤い糸で編んでくれて 50年以上経って今尚手元にあるお人形が着ています。

    今も姉が編み機で編んでくれたふくを着たお人形を見ると 今は亡き姉を思っています。

    そして今住んでる家に10年前に越して なんと5分もかからないバス通りに 編み物教室の看板を掲げた家があり 玄関脇の窓辺には 編み機で編んだ服が飾ってます。
    初めて見たときは まだ編み物教室があったんだと 当時の姉を思い出しました。

    ユーザーID:2424101924

  • 懐かしく レスします

    小さい時に家にあったと思います。

    母が編み機を持っていて、私もやりたい!と思ってました。
    しかし、母が見てないと使わせてくれず。結局完成せず終った状態だったと思いました。

    母も仕事が忙しく、いつの間にか編み機がなくなってましたね。

    確かに今見掛けないですよね。

    今は使われないのでしょうね。

    ユーザーID:5440763812

  • まだ母は2台持っています。

    昭和30年代、40年代は、いまのように既製品が豊富ではなく、気に入ったものがあっても手軽に買える値段ではなかったので、自分の衣類や家族のものをなにかしら編んだり縫ったりしていた時代でした。

    母は、若いころに趣味で機械編みを習っていたので、60年ほど前に編んだ凝った模様のセーターをいまでもたまに着ています。
    私が子供の頃は機械編みのセーターなどを着せられていたし、編んでいる様子を見るのも楽しかった。

    >機械から垂れ下がるニットを編み棒でチクチク編んでいく…

    編み機でメリヤス編みをすると、前面が裏編みになるのです。
    リブ編みにするときには、一目落として縦に編み目をほどき、タッピという編み機の針の先と同じ物がついた道具で下から表編みで編みあがり、編み機の針に目を戻します。
    これ、見ていると自分でもやってみたくて、ウズウズしましたね。

    編んだ編み地がクルンと丸まってしまうので、櫛歯がついた錘を編み地に引っ掛けておいたり。(錘で編み地にテンションをかけておかないと、キャリジを動かしたときに編み地を噛んでしまったり、針から目が外れたりする)

    先日、家具の搬入のために親に呼ばれて、家具を据える場所に置いてあった編み機を2台移動させてきました。

    母はもう一度編みたいとおもいながら手元に置いていたのですが、編みあがるまで編み機を据えたままにしなければならないので住宅事情が許さず、そのままになっていたのです。
    いまの母では編み機を作業台にあげて据えるどころか、置いてある編み機を移動させることもできません。
    もう編むのは無理でしょう・・・
    本職が洋裁だったのですが、ロックミシンすら持ち上げられないので「もう使わない、要らないからあげる」といっていましたもの。
    私だって、どちらも要りませんが。

    とはいえ、いまでも編み機は新品が販売されていますから、過去の遺物ではありませんよ。

    ユーザーID:0459797581

  • まだあります

    子供の頃は母がワンピースなどをよく編んでくれました。台の上に金属の重い編み機を乗せてセットし、ジャッジャッという軽い編み音を聞きながら糸が踊りながら編まれていくのを見るのは楽しみでした。模様編みの手の早さは魔法のようで不思議でした。時には残り糸を少し編んでは糸をほどいて糸巻き機でまいてを繰り返して遊び、あの頃毛糸は今より身近にあった気がします。
    結婚してからおもちゃのようにコンパクトになった編み機を見つけて衝動買いしてしまいました。母のように子供に編んでやりたかったからでしたが、手編みのほうが手軽で、あまり使わないまま20年ほど前からは押し入れの奥にしまったままです。
    機会があったら使ってみたいと思いますが、基本操作も覚えていません。。
    せっかくの技術、このまま忘れてしまうのも残念です。
    リサイクル業者からの電話で編み機はないかと問い合わせもありますから、まだ使われている方もそれなりにいらっしゃるんだと思います。

    ユーザーID:2475703251

  • 毛糸の卸会社で働いてます

    今も編み機はメーカーさんから発売されていて、編み機に使う針抜き棒とかも販売してます。

    結構購入されている編み物の先生いらっしゃって、私の亡き祖母も編み機の先生のお免状を持っていたので、お客様である編み物の先生とお話が合ったり。

    数年前には新しい機種の編み機が販売されたりしてます。

    私も子供の頃、祖母が編んでる姿を横でよく見てました。
    懐かしいですね、色々思い出します。

    ユーザーID:2800485227

  • 使ってる方、いますよー

    私は使ってませんが、編み物仲間の先輩方は使ってますよ。
    急ぎのニットや、面積の大きい物は編み機を使ってると聞きました。
    ただ昔ほど編みむ人も減ったので、手放す人が多いのでしょうね。
    ネットオークションで随分見かけます。

    最近はカセ糸も減ったので、「玉巻き機」「かせ繰り機」もあまり見かけません(売ってるところには売ってますが)

    完全になくなったと思われるのは、毛糸を再利用するときに使う「湯のし機」でしょうか。

    ユーザーID:3117648446

  • 懐かしい!

    実家にありました〜。
    母は手編みは苦手だけど機械編みが好きで時々編んでいましたね。
    一段をジャッ!と一気に編むのが見ていて面白かった。

    かなり大きな物だったし、もう処分してしまったでしょうねぇ。

    ユーザーID:3395154909

  • レスします

    編み機、ありましたね。多分今も実家にあります。でも実際には母がそれを使っているのは見たことがありません。私が幼い頃は専らミシンを遣っていました。

    でも私たち子供の赤ちゃんから幼少の頃の写真を見ると、編み機で作ったであろう服をいろいろと着させられていました。今でも覚えているのですがサーモンピンクのレース編みのチュニックワンピース。(裏地も同色)切り替えの胸の所に花のモティーフが並んでいました。私は11歳くらいだったか。友達のお母さんに「それ手編み?素敵ね」と褒められたので嬉しかった。

    手編みでも編み物する人って減ってしまいましたよね。安価で衣類が買えるのもあるでしょうし、フリース等の素材の進出によって冬にセーターを着る人が減ったのもあるのでしょう。

    ユーザーID:0424828836

  • アラフィフです

    子供の頃、「編み物教室」と言う、子供用の編み機を持っていました。子供用にしては、結構本格的だった気がします。音のうるささよりも、しょっちゅうおもりを付け替えないと浮いてしまって面倒だったと思った記憶があります。マフラーを編んだのですが、くるんと丸まってしまって、結局外表に閉じたような? 機織り機も持っていました。今で言うランチョンマットを織りました。思い出すと懐かしいですね。

    ユーザーID:2860105552

  • トピ主です

    お返事をくださった皆さま、
    本当にありがとうございます。

    お母様、お姉様、おばあ様などご家族との思い出や
    心のこもったニット製品への思いなど、
    ひとつひとつじっくり読ませていただきました。

    また、当時の私はただぼーっと隣で見ていただけだったので
    機械の部品や道具の名前、
    具体的な作業の過程の意味など全く知らなかったのですが
    今回それらについて書き込んでくださった方々のレスを拝見し
    「そうだったのか!」と、とても勉強になりました。

    そして編み機、まだ販売されているのですね!
    「ザッザッザッ……チクチクチクチク」の作業をまた見てみたいです。
    (私自身は大変に不器用なので、自分でやるのは難しそうですが)

    ちなみにトピ立て後、実家の母に編み機の行方を尋ねてみたところ
    「去年処分しちゃった」とのこと。
    もう半世紀近く見ていなかったので
    私自身はむしろ、去年まであったことにびっくりしましたが。
    「懐かしいね。〇〇(私)はいつも隣でお絵かきしてたっけね」など
    母も久しぶりに昔を思い出して嬉しそうにしていました。

    あらためて、貴重な思い出や
    最新編み機情報などをお寄せいただいた皆さまに、
    心より感謝を申し上げます。

    ユーザーID:8617777195

レス求!トピ一覧