英語に翻訳されている、イギリス人にお勧めの日本文学について

レス16
お気に入り12
トピ主のみ4

むら

学ぶ

長年のペンパルである60代のイギリス人女性が、かなり前に源氏物語を読んだことがあり、もっと日本文学を読みたいと言ってきました。

川端康成の「雪国」を勧めたところ、2日で読破して、いろいろ分からなかったながらも余韻に浸っているそうです。

他に村上春樹さんを勧めたので、これから読み始めるそうですが、他にもいろいろ教えてほしいと頼まれました。

今のところ、他に良い作家、作品で英語に翻訳されたものが思いつきません。

是非小町の皆様のお知恵をお貸しくださいませ。

ユーザーID:9878480202

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数16

レスする
  • 中村文則

    中村文則 「掏摸(すり)」

    どうでしょう。
    確かアメリカの文学賞を取ったと思います。
    英訳版の題名は「The thief」

    明るい内容ではなく、むしろ人生の不条理とか世界の不可解さがテーマです。

    日本語でしか読んでませんが、私はすごく面白かったです。

    ユーザーID:7484421762

  • 太宰

    友人のイギリス人の夫(45歳くらい)が日本の空港の本屋でタイトル買いしたのが「No Longer Human(人間失格)」。
    それから太宰にハマりにハマって、日本で縁の地を巡る旅行までしたそうです。

    ユーザーID:9907325384

  • 読書の好みは人それぞれ

    私は読書が好きですが、他人から薦められた本が好みに合わなかった時は若干苦痛だったりします。日本人から日本語の本を薦められる時の話なんですが、親切な人はわざわざ貸してくれたりしますからね。

    それはさておき、
    ペンパルさんが読書好きなら、地元の図書館に行ってみるのはどうかと思いました。

    私はイギリスではありませんが海外在住でして、地元の図書館に行ってみると、今まで読んだことのなかった日本人作家の小説が地元の言語に翻訳されているのを目にします。図書館でなく、書店でもいいですけど。

    でもね、ペンパルさんは「一般論」ではなく、トピ主さん個人のお薦めを知りたいのではありませんか? これまで長くペンパルとしてやり取りしてきた相手だから、その人のお薦めを教えてもらいたい。

    ということであれば、トピ主さんのお薦めの作家や作品を教えてあげるのが正解だと思います。英訳されているかどうかは、著者名をアルファベットで検索すれば分かるのではありませんか。

    ユーザーID:6122419704

  • 温故知新。一昔前の作品でしたら

    夏目漱石の『坊ちゃん』や宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』は
    どうですか?
    トピ主さんは素敵なペンパルをお持ちなのですね。
    これからもその友情が続くことを願います。

    ユーザーID:7205241797

  • 猫の客

    日本ではあまり知られていませんが、国際的には知名度が高い作品です。
    英語タイトル the guest cat 、著者は平出隆さん。

    ユーザーID:2777943362

  • 三島由紀夫

     三島由紀夫は外国人に人気なようで翻訳本が出ています。また、翻訳本ではないですが、ラフカディオハーンの怪談はどうですか?物の怪がたくさん出てくる源氏物語に通じるものがあると思います。

    ユーザーID:5475247990

  • たくさんあります。

    文豪や有名作家と呼ばれる方はほぼ英訳本がありますよ。

    とはいえ、お薦め作家、作品を知りたいのですね。

    私はなんと言っても三島由紀夫。
    金閣寺
    潮騒
    憂国(短編。切腹の描写あり)
    などいかがでしょう。

    ユーザーID:5425766670

  • オージーに好評だったものをいくつか

    単純に自分が好きだから紹介した作品
    博士の愛した数式(小川洋子)
    「The Housekeeper and the Professor」

    容疑者Xの献身(東野圭吾)
    「The Devotion of Suspect X」

    男性受けするかな〜と勝手に想像して紹介した作品
    坂の上の雲(司馬遼太郎)
    「Clouds above the Hill」

    永遠の0(百田尚樹)
    「The Eternal Zero」

    教科書に載るような作品ならいいかと思って紹介した作品
    羅生門・蜘蛛の糸(芥川龍之介)
    「Rashomon and Seventeen Other Stories」

    山月記(中島敦)
    「The Moon over the Mountain」



    そして期待させ過ぎて怒られたやつを一つ

    怪人二十面相(江戸川乱歩)
    「The Fiend with Twenty Faces」

    どんな内容だったかしかとは覚えてなくて、日本版ルパンVSホームズ+名探偵コナンだといいかげんな紹介をした。
    ボブ君(仮名)は「ワクワクがトマリマセーン」と読み始めた。
    結果「ゼンゼンチガイマース。ウソはイケマセーン」と怒られた。
    余計な予備知識がなければ楽しかったのにとクレームになった。

    ゴメンよ。ボブ君。

    書棚にはもう少しあるけど、面倒になっちゃったのでこの辺で。

    ユーザーID:8769978823

  • 安直で申し訳ないけど

    ノーベル文学賞対象作品はいかがでしょうか?

    川端康成
    『伊豆の踊子』The Dancing Girl of Izu and Other Stories
    『雪国』Snow Country→済
    『千羽鶴』Thousand Cranes
    『古都』The Old Capital

    大江健三郎
    『個人的な体験』A Personal Matter
    『万延元年のフットボール』Silent Cry

    まあ議論はあるでしょうが、ノーベル賞という権威付けがあるので、日本を代表する文学作品の一つだと言っても差し支えないと思います。

    ユーザーID:8769978823

  • イギリス人読書家の意見

    イギリス人のパートナーが読書好きです。
    日本の作品も源氏物語、川端康成、三島由紀夫から現代のものまで色々読んでいます。(私の読んでいないものまで…!)

    最近読んで面白かったと言っていたのが、

    小川洋子 「博士の愛した数式」
    村田沙耶香「コンビニ人間」

    です。小川洋子さんの作品は他にも読んでいるらしく、面白いと言っていました。ご参考まで。

    ユーザーID:5575659208

  • トピ主です。皆様のレス、感謝しています。

    皆様のレス、古典的名作から現代の作品まで英訳された日本文学を幅広く紹介してくださり、本当にありがたいです。
    そういえばそうだった、と思いだす名作もあれば、全然知らなかった作品もあります。

    友人のペンパルに早速知らせたいと思います。
    また、作品名そのものではなく、図書館に行っては、というお知恵等も授けていただき、なるほど、と感心しました。

    ただ、友人は最近、体調が悪くてあまり出歩けないので、残念ながら難しそうです。
    私が教えた作品も、kindleで早速読んでいました。本当に便利な世の中ですよね。

    拝見しているうちに、私自身がこれらの作品を英訳で読んでみたい、という気持ちになりました。
    本当に勉強になりました。

    まだほかにも教えていただければ有難いです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    ユーザーID:9878480202

  • 少し古いミステリーですが

    桐野夏生さんのOUTはどうでしょうか?

    高村薫さんもと思ったのですが、英訳が見つけられませんでした。出ていないのでしょうか。

    ユーザーID:9707785096

  • トピ主です。out 以前読んだことがあります

    outを勧めるご助言ありがとうございます。
    以前読んで、展開の早さ、設定の奇想天外さに引き込まれました。
    外国人が読んだら、日本文学にこういう作品もあるのだと驚いて、引き込まれそうですね。

    日本文学も数多く翻訳されているのだと皆様のご意見で実感いたしました。

    ユーザーID:9878480202

  • 好みが分からないのでご自分で探して頂けますか?

    イギリス人女性で、病んでいらっしゃるという情報程度では何をお勧めしたらいいのかサッパリは分かりません。

    そこは親交の深いトピ主さんがチョイスするのが一番よろしかと。

    「英語で読む日本文学」で検索して下さい。

    800冊以上の英訳本が紹介されています。
    選び放題です。

    ユーザーID:7790560467

  • キシレン様、皆さま、良い情報をありがとうございます。

    キシレン様、そのほかのレスをくださった皆様

    英訳で読む日本文学、たくさん載っていてこれだけあれば選び放題って本当ですね。ありがとうございます。

    イギリス人の友人は、熱心なキリスト教徒で、子供は3人、息子2人、娘1人で長男は結婚していて子供が2人います。

    彼女は歴史ものの読書が好きです。実は難病にかかり、家の中で寝たり起きたりの生活なので読書を楽しんでいるようです。

    村上春樹の本、とても変わっているけど面白かったといい、次の谷崎の「細雪」が大変気に入って2日目で三分の一位読んだそうです。まさに私のための本だ、とまで言っていました。

    夏目漱石と、吉本ばななも勧めたのですが、英訳版が見つからないとのことでした。kindleでははいっていないのですかね?がっかりです。特に夏目漱石は是非読んでほしかったので。

    これからもまたいろいろ教えてくださいませ。

    ユーザーID:9878480202

  • トピ主です、友人が順調に読み進めています。

    皆様のレスがとても役立ちました。
    友人は細雪を大変楽しんで読んでから、次は小川洋子さんのThe Housekeeper and the Progessorに取り掛かり、とても楽しいと喜んでいます。
    細雪はまさに自分のための本だとまで言っていました。

    他に太宰治、芥川龍之介、中島敦、三島由紀夫をダウンロードしました。本によっては紙ベースの版しかないものもあるそうです。
    漱石がダウンロードできず残念です。

    すっかり日本文学が気に入って、はまっています。
    読書ってやはりいいですよね。

    皆様から、外国人の友人との文学などの文化交流のお話が聞けたら嬉しいです。

    ユーザーID:9878480202

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧