1970年代火球を見たことがある人

レス1
(トピ主0
お気に入り3

生活・身近な話題

すでに化石と化す

私は当時横浜市に住んでいました。
当時小学?年生だった私は、
ある日のまだ日の明るいときに、
空を飛んでいる火球を目撃しました。
すごく大きくて、
大きな火の玉が飛んでいるようでした。
翌日ニュースに取り上げられていました。
ニュースでは、すでに冷え切った
火球もうつされていて、
成人男性の腰の少し下までの
大きさの石でした。
形は丸かった記憶があります。
その火球は今もその場にあると推測しますが、
ネットが普及した今
1970年代に関東地方、火球と検索しても
ヒットしません。
どなたか、1970年代後半〜
1980年代前半で、横浜川崎東京23区で
昼間、火球を見た、という方いませんか?

駄トピですが、昔を懐かしんだので
トピック立てました。

ユーザーID:8717515662

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数1

レスする
  • 隕石はミステリー

    目撃したわけでもないのに、レスを付けてすみません。

    隕石の存在をニュースで御覧になったとあるので、隕石を調べるとわかるのではと思ったのですけれど、出てこないですね。

    火球自体はかなり頻繁に目撃される現象のようで、私も数年前に隕石が地面にぶつかるかと思った程の火球を、流星群の時期に見た事があります。

    私の時は夜で、かなり明るく大きさも相当大きい火球でしたが、パッと消えました。

    それはともかく、御存知かと思いますけれど、その時期の東日本での有名な火球は

    小国火球・1977年5月10日21時36分
    千葉県銚子の北沖で発光し、日立と水戸の間を通過、猪苗代湖や喜多方近くを通り、山形県小国で消滅。

    アジアで大きな隕石が多数落ちたのは、中国の吉林隕石雨
    1976年3月8日15時1分

    翌日のニュースで大きな隕石が映っていたのは、中国の隕石雨の隕石の内の1つだったのでしょうか?

    吉林省上空で突入後分裂した巨大流星物質とは別に、同じ日に別の小さな流星物質が日本の上空に落下し、火球となって消滅したのであれば、辻褄が合うのですけれど…

    流星群でもそうですけれど、単体ではなく、幾つかあってもおかしくはないですよね。
    とはいえ空想の域に過ぎないですね。

    御覧になった腰の下まである丸い隕石が、国内の記録に無いのはミステリーですけれど、同じ火球を見た方が現れますように。

    ユーザーID:5813134882

レス求!トピ一覧