お金があっても使えない

レス24
お気に入り44
トピ主のみ7

ぶぶるくん

話題

私は50歳、既婚、子供はいません。夫婦共働きで貯蓄もまあまあです。
若い頃はバブル景気で、それなりにお金を使っていたのですが、世の中の情勢やこれからの事でお金を使う気になれないのか、仕事がしんどくて、その仕事の対価として得たお金がもったいなくて使えないのか、若い頃の様に欲しいものがあっても意外に我慢してしまいます。
でもお金は死んだらあの世に持って行けません。こういう方おられますか?

ユーザーID:3233588788

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数24

レスする
  • 今の若い人は

    どなたもレスされていないのでレスします。

    正直、バブルを経験していない将来退職金や年金がまともにもらえるかもわからないあなたより下の世代の方は、年をとるまでもなく若いうちからそんな感じだと思いますよ。
    将来不安でお金使えません。

    ユーザーID:1082124684

  • そうですね。

    たいやきさん、お返事有難うございました。世の中の雰囲気とはすごいもので、バブル時代学生なのに浮かれまくってました。バイト代は、おもに旅行につぎ込み、周りの大人達がガンガン働き、ガンガンお金を使う様子をみて、このような未来が来るんだなあと将来に希望がありました。でも最近、周りはみなせっせと貯金をして使わない人が増えてきたので私自身も財布のひもが固くなりました。一緒に働いている若い子達にご馳走したり、若い子が経営しているお店ではできるだけオーダーしたりと本当に小さい小さい応援はしていきたいと思います。

    ユーザーID:3233588788

  • 私は我慢しない程度に使います

    同年代ですが
    普段はとても慎ましやかに暮らしていますが
    本当に欲しいものがあった時は使います

    私の尊敬する人から
    言葉のお守りを頂いてから
    使うようにしました

    普段頑張っている人なら
    我慢ばかりしないでお金を使わなきゃダメよって
    世間的にはお金を節約、貯金と言っている時だったので
    逆に目から鱗でした

    買ったらきちんと使う
    使ったものは大切にメンテナンスする
    モノだけの価値ではなく
    その時の気持ちや雰囲気も大切にする

    お金をきちんと使えないと
    辛くなります
    年間で予算を決めて使えるようにするのもいいかも

    若い人にお金を使うのはいいですね
    わたしもきちんとした団体に毎月少額ですが
    寄付するようにしました
    世界の未来に投資です
    日本ってなんだかんだ言って恵まれています

    自分が苦労したお金だからこそ
    意味がある使い方だと思いました

    ユーザーID:3303149974

  • 私もおっかなびっくりです

    トピ主さんより年上独身です。私自身はお金を稼ぐことが上手くなくて、社会貢献と世の中とのつながりを持つために働いているようなものです。祖父母や両親が残してくれた資産で生活しています。

    私には20代半ばの姪がいますが、もちろんバブルなどはまったく知らない世代で、彼女を見ていると、ほんとうにお金を使っていないなぁ〜と思います。兄弟が言うには、今の若い人たちはお金がないとのことでした。

    私は日本の国力が最高の頃に20代を過ごし、その後世の中はバブルに突入しました。今の若い方たちとは根本的に世界観が違うかもしれません。現在の職場には若い方が多いので、彼らに嫌がられない程度に観察してみようと思います。

    それから、私もお金は以前ほど思い切って使えません。次第に年齢を重ねて、老後が不安になったこともありますが、先祖が犠牲を払って築いてきた資産を守っていかなければとの思いもあります。

    ユーザーID:5655074328

  • 言い方を変えると

    年を重ねてくると何にお金を使うべきかが解ってくるからかなと。
    若い頃に比べてモノの価値観とか真髄もイヤでも知ってしまうから
    物欲みたいなもの無くなってくるんだなと思ってます。

    ただ、いつも心にあるのは「金は天下の回り物」という言葉。
    お金を使うと自分にお金が戻るというより、
    お金を使うと幸せが返ってくるような気がします。
    特に人のために使った時などは、
    お金は減ったはずなのに心は豊かになるから不思議です。

    若くてお金が無かったころ色んな人に助けられてた気がするので、
    今はその分を恩返しするような気持でお金を使っています。

    ユーザーID:5909774372

  • お金とは・・・・

    わんこさん、普段のがん張っている人は我慢せずお金を使ったらいいなんて粋なお言葉ですね。私の親もお金は楽しく使うものとよく言ってました。でも現在の私は、本当に欲しいものがなくなってきました。ちょっと気になるものは、どちらでもいいので我慢してしまいますし。私も海外の子供と文通しながらの寄付を20年以上続けていますが、今回の台風の災害で高年齢の方でもボランティアをがんばっている人をテレビでみると頭が下がります。そういう事をできる気概はありません。が、できることをしていこうと思ってます。

    アップルティーさん、私もご兄弟さんに同感です。最近の若い子はスマホくらいで本当につましいですよ。外食先でカップルも割り勘みたいだし、喫茶店でも店先に一人につき飲み物のオーダーを一つお願いします。みたいな張り紙があり、店主に聞くと外国人と日本の若い子対策ということでした。倹約という名の非常識が横行している日本に憂慮してます。それといい環境でお過ごしだなあとおもいました。

    ユーザーID:3233588788

  • ごはんさん、失礼しました。

    お金はごはんさんの言うような使い方をしたいものです。
    よく世間を騒がしている脱税やお金がらみの汚職・・・
    お金は人を変えてしまいます。なので上手におつきあいして
    自分や他人に対して有意義に使いたいものです。それにしても20代の物欲はどこへ行ってしまったのか・・・という感じです。

    ユーザーID:3233588788

  • 難しいね

    40代後半主婦です。お金に余裕はある方です。でもそんなに使ってはいないかな?

    使ったな〜、って思うのは…昨年まだ築12年の家をリフォームしました。新築時から気になっていたことが改善され凄く快適になり良いお金の使い方できたなと思います。まだ設備等壊れてた訳ではないので一般的に言えばもったいないのかもしれませんが、まあ満足してます。

    あとは、2年前から美容皮膚科に通いレーザー治療を受けてます。一回25000円位するのですが、かなり顔のくすみがとれてシミも薄くなりました。3ヶ月に一回位メンテナンスするので恐らく普通の主婦からしたら贅沢してるのかもしれません。ただ、基礎化粧品はコンビニで売ってる数百円のやつです…周りの友人に聞くと、意外と皆さん高い化粧品を使われてます。なのでそれほど贅沢でもないのかな?

    使ってると言えばそれくらいで、服やバッグやアクセサリーなんかはほぼ買ってないです。外食の回数は普通の家より多いかもです。

    私の実家はサラリーマン家庭で慎ましく生活してましたが、主人の実家は商売をやっていて派手な暮らしでびっくりしました。義母は服やアクセサリーが大好きでいつも高価な物を身に付けていたし、義実家の食卓はいつも高級食材がうなっていました。外食にいくとまあ家族の人数が多いこともあるんですが軽く10万は越えてました。

    お金はあの世には持っていけない、最近私もよく考えます。ある程度お金に余裕あるんだから、上手に使いたいなとは思うのですが難しいですね。この歳になると一通りの物は持ってるし、物欲ってなくなりますね。食事や旅行などの楽しみに使ったほうが良いのかしら。何か良い使い方があったら教えていただきたいです。

    ユーザーID:3885672291

  • 若い人そんなにつかいませんか?

    私には3人の娘がいますが、長女は夏のボーナスで8万円のアニエスbのバッグを買っていました。
    独身で貯蓄は400万円くらいです。車持ってます。田舎に住んでいるので。
    次女は結婚して子持ちですが、育休から復帰する時に、フルラの7万円くらいのバッグを買いたいと言ってます。地元に店舗がないので、新幹線に乗って買いに行きます。貯蓄は450万円くらいで、旦那さんと合わせると1000万超えます。
    三女は結婚が早いので貯蓄はあまりないのですが、2人目の子どもが産まれるからコンパクトミニバンを買いたいと言ってます。旦那さん(同い年)がローンを組むと思います。三女は軽自動車持ってるので。

    購買意欲が高いのは、地方に住んでいて、住宅費が安いからかな。車は1人1台の土地ですね。

    ユーザーID:2490917802

  • 使い途はそれぞれですね

    フロリナさん、賢明ではないですか。お家は壊れてなくても10年に一回くらいのメンテをすると長持ちで快適な状態が続くそうですよ。それと美容は自己満足なのでくすみやシミがとれて、鏡に向うとき、気分が良ければお金を使った甲斐があるというものです。

    >何か良い使い方があったら教えていただきたいです。
    とのことですが、それなら10年後もお家のメンテをされたら・・と思います〜(費用はかかりますけど)

    はーこさん、いいですね〜日本の若い子がみんな、はーこさんの娘さん達のように楽しくお金を使えたらいいのに・・・と切に思います。若い頃にお金をつかう時の大きな喜びは、歳を重ねると経験できなくなりますから。私はブランドものは買いませんでしたがバイト代でヨーロッパやアフリカに行きました。(運賃はとても高かったです〜)

    ユーザーID:3233588788

  • 考え方

    私は高校生と大学生の子供がいますが、小さいころからお金には厳しくしてしまったせいか(おもちゃは誕生日かクリスマスだけとか)、すごくお金に執着する子になってしまいました。
    私自身は実家が裕福で、何不自由なく育ちましたが、物欲は全然ありませんでした。
    とは言っても洋服はデパートの外商から母が選んで購入、ふだんの食卓にも松茸やフグが普通に出てくる家庭でしたが。
    サラリーマンと結婚してからは、特に贅沢もせず共働きで暮らしています。
    でも私には不労所得や遺産があり、子供たちにも暦年贈与があり教育費にも困らない上、口座にはけっこうな金額がたまっています。
    それを将来に役立てればいいのですが、ぐうたらで遊び放題、楽することしか考えていない子供たちには資産が毒になりそうです。
    そういう子になってしまって(育て方が悪かったのでしょうが)、資産をなるべく減らそうと今、色々お金を使おうとしています。
    でも物欲もないので、せいぜい無理して値の張る洋服やバッグなどを買ったり贅沢なランチをするくらい。
    何とか死ぬまでに子供に残さず資産を使いきりたいです。
    何に使ったらいいのか・・・。
    お金は毒にもなるので、子供たちをダメにしたくないです。

    ユーザーID:7395560816

  • しっかりとしたお嫁さんがくるはず

    サングリアさん、お金があるのも一苦労ですね。お子様達はお金に執着があるとのことですが、それは育て方というより遺伝子だと思います。執着があっても悪いことではないですから。

    >ぐうたらで遊び放題、楽することしか考えていない子供たちには資産が毒になりそうです。

    とのことですが、大丈夫!!そんな彼らを世間のしっかりとした女の子が見逃す訳がありません。必ずや金庫番のようなお嫁さんがきてきちんと財産管理をしてくれますって。

    ユーザーID:3233588788

  • 遺伝子?

    お金に執着するのは遺伝子なんですか?
    それならそれで、何でこうなってしまったんだろうという感じなんですが。

    あと、子供は2人とも娘なんですよ。
    本当に将来が心配です。

    ユーザーID:7395560816

  • 倹約家ばかりだと経済は回らない。

    在米で主人62才、私55才で、昨年リタイアした日本人夫婦です。
    昨年暮れ、81才の母が突然亡くなり、姉と実家の資金状況を調べたところ、約7000万円くらいの預金等がありました。
    ひとり残された父も年金は充分あり、その預金で持ち家実家を取り壊し、新しく立て直した家で姉家族と父が同居する事になりました。
    母はそれだけの預金がありながら、死ぬ直前まで老後の心配をしていました。
    生前、何度もアメリカに会いに来てくれた時も、長距離路線をエコノミーで来ていましたし、旅行が趣味でしたが、普段の生活は質素に暮らしていたと思います、

    何が言いたいかと言いますと、いくら節約してお金を残しても、お墓にまでは持っていけないと言う事。
    そして、アメリカ人を見ていると、本当に購買意欲が凄くて、だからこそ経済がこれだけ回っているんだなと言う事。

    日本人の節約思考は凄いと思いますし、見習うべきところは多々あるとは思いますが、皆んなが皆、節約ばかりしていてお金を使わないと、日本はどんどん景気悪化の道を辿って行く事になり、負のスパイラルからいつまでたっても抜け出せなくなると思います。

    ユーザーID:1335839577

  • とりあえず老後にとっておいて

    寄付なり遺言書を残しておいてはどうでしょう。
    生きてる間は自分自身に使ってもいいんじゃないかな?

    私は親が借金持ちだったので、元々自由になるお金がなく、物欲がありません。それでも社会人になってから旅行や資格取得など自分への投資に使って、やりたいことを網羅し、年を取ってさらに物欲がなくなりました。旅行も飽きました。
    今は子供がいるので、子供に使うのみです。
    時々、募金とかしてます。数百円ですが、社会への感謝のつもりで。そんなに裕福な訳でもないけど、余裕があるってことは幸せだなって。
    普段は質素な生活で、時々家族旅行などでバーンと使ってます。子供も友人もうちは貧乏だと思ってます。実際収入は少ないんですけど、支出が少ないので増える一方です。

    ユーザーID:7806260985

  • 人生100年時代ですからね〜

    人生100年時代ですからね〜、全世代を通して、
    安心してお金を使える人なんて、
    あまりいないのじゃないでしょうか。

    だからといって、バブル再来みたいなのを
    願っているわけでもない。
    あの頃よりもパソコン、スマホ、インターネット
    などにお金が出て行っている面もあるので、
    今の方が地味かというと、そうでもないですよね。

    ユーザーID:6164342969

  • しんどさの癒しに使いましょう

    主さんより数歳上です。
    青春時代は、バブル真っ盛りだったようですが
    物欲はあまり無いので、バイト代は日本国内を汚い服で周り、
    貧乏旅行に使っていました。
    結婚当初はボロい社宅住まいに
    子供の将来の教育費を貯めようと思い、節約生活でした。

    現在は子供が社会人と大学生になり、かなり余裕ができましたが
    自分の身に着ける物は相変わらず必要最低限で満足していまいます。

    でも使って満足する物を挙げてみます
    ・家を快適にするリフォーム(床暖房、新しいトイレ、風呂洗面台)
    ・全自動録画の大画面テレビ購入(録画予約無しで思いつきでいろいろ見られて便利)
    ・リフレクソロジーとボディマッサージ(80分ゆっくり癒してもらう)
    ・美容院(お気に入りの美容師さん指名・カラーリングして、高めのヘッドスパ、高めのトリートメント)
    これらは、私にとってもったいなくないです。

    主さんは、しんどい仕事をされているのですから
    物よりも「癒し」に使ってみたら満足されるのでは?
    旦那様やお友達との旅行などで
    ワンランクアップのサービスを受けるコースにして癒しを得て
    思い出作りに使ってはいかがでしょうか?

    ユーザーID:2369041977

  • これからもっと使わなくなる

     私は主さんより一廻り以上の年寄りです。
     今お金を使えない(使わない)なら、これからもっと使わなくなりますよ(笑)。 それも我が人生、それで良いのでは。

     なんとか夫婦他界までの貯金もできている。おそらく全ては使わないが、人生の安心代で必要資金。それを超える多少のお金はどうしたものか?。

     子供の頃は家にお金が無くて苦労した(貧乏自慢?)。若い時はお金は価値ある物で大切に使い貯金もした。 この年になると、行きたいところも無い、欲しい物も無い、特に食べたい物も無い、夫婦自宅でのんびりが一番。
     
     私の中でのお金の価値が下がった気がする。お金では私の幸せが買えなくなってきているような・・・。これが円熟?あるいは老化?。

    ユーザーID:9045254747

  • 老後資金

    これから何歳まで生きるか分かりません。
    人生何が起きるかも分かりません。
    もし自分に頼りになる子供がいれば、お小遣いとして有り金全部使っても、親の尻拭きをしてくれる孝行息子(娘)が何とかしてくれるでしょう。

    私は独身者で、孤独死が心配です。
    病院や施設の身元保証人も心配です。
    トピ主さんもご主人がいらっしゃるけれど、いつかはどちらかの介護看取りの末おひとり様です。その後のことはお考えですか?
    結局最期は誰かのお世話にならねば逝けません。頼りになるのは金です。

    そういう不安があるから、お金は使えません。当然です。
    考えずにお金を使いたい放題の人を見ると呑気だなぁと思います。

    ユーザーID:3716519826

  • 心打たれる感性が要るのかも

    昭和生まれでお金を罪悪感や抵抗無しにガンガン使える人はほっとんどいないでしょうね。時代がそうだったのでこれはもう仕方のないことです。

    リタイヤ世代さんのおっしゃるとおり、社会的にも人間的にもお金の価値は下がってきているので溜め込んで使わないのはもったいないです。

    イチゴさんのおっしゃるような体のケアなんかは手っ取り早いかもしれません。
    「貨幣価値」と「自分の幸福」を上手に交換するのはなにかしらの自分だけの心打たれる感性が必要かもしれません。

    バブリーな頃はそれこそ「万人が理解できるブランドものを持つこと」=「人からわかってもらえる価値」が幸せなとこありましたが、今の時代は自己満足こそが真の幸せだと皆がわかってきてますね。

    自分だけの心打たれる感性を探してみると、モノでもコトでも躊躇なくお金を払える何かが見つかると思います。もしかしたらお金使わなくても幸せなこと見つかったら、余った分は寄付でも何でも世の中に流せるので無理して使うこともありません。

    ユーザーID:9003627141

  • ありがとうございます。

    ありがとうございます。

    ユーザーID:3233588788

  • お返事です

    サングリアさん、どう育てようが、貧しくても豊でもお金に執着する子はするし、しない子はしな思います。でも悪い事ではないと思います。娘さんでしたか、なら余計サン大丈夫な気がします。

    りゅうくんさん、アメリカ人のように借金してクリスマスプレゼントを買うような国民性と日本人のタンス預金の中間くらいがいいですよね。

    マネーさん、時間ができたら旅行に行きたいです。でもあの20代の衝撃が走るような感動はもうこないような気がします。寄付は今現在まあまあの額をしているので自分につかいたいです。

    襟巻きさん、確かに通信費は昔はそうありませんでしたが、普段の
    お金のつかいようは若い子をはじめとてもみんな倹約してるような。
    でも東京は別みたいですね。

    イチゴさん、素敵な使い方ですね!私も海外ですが貧乏旅行してまわりました。この前、マッサージとヘッドスパをしに行ったんですよ。
    ものすごく下手くそで気分は↓でした。もう一度気を取り直して
    違うところへ行ってみます。

    リタイア世代さん、年下の私が言うのもおこがましいのですが、老化というより色々な経験をしすぎて、何に対しても感動が薄れるのでは・・・と思っております。でもご夫婦でのんびりが一番なんて素敵です。

    ととんとさん、今や生涯未婚率が男性は四人に一人、女性は七人に一人という時代。最後のお世話の代行みたいなのがどんどんできていくはずです。孤独死は自然なことなので後の処理だけお願いしておけば
    問題なし〜と思っております。

    ゆるこさん、確かに幸せは主観的なものですよね。言われてみると
    お金を使えなくても、いまは幸せです。(今後はどうなるか分からないですが)無理に使おうとせず、何かいい感じの使い方を模索します。

    ユーザーID:3233588788

  • 他人に迷惑をかけなければそれでよし

    主さんはすごく恵まれていると思います。欲しいものって、我慢できないくらい手に入れたい時ってありませんか? 我慢できるなら必要ないものなんですよ。年を取るとその執着の頻度が少なくなるのは、私も実感しています。

    数か月前主人が定年退職しました。最初は定年後は働かないと言っていましたが、しっかり仕事を見つけてきて、小遣い稼ぎに頑張っています。お金を稼ぐっていうのが人生の目的になってもいいと感じています。多少の貯えは安心感につながりますから。

    若い頃は正社員で激務で何度か身体を壊したりしましたが、働けばそれだけ見返りがあり楽しかったです。今の若い子は本当に質素で、かわいそうなくらいですよね。
    私も自分のお小遣い稼ぎ程度にはパートしています。同じ年代でも生活が懸かって働いている人よりは恵まれていると思います。

    驕る事無く、自分で出来る事を淡々としながら、生活していこうと思います。
    時には分不相応なものが欲しかったりしますが、他人様に迷惑をかけず、自分で働いたお金で賄えるなら、遠慮する事はないと考えます。
    年取ると、アドレナリンが噴き出すような物事に出会える事って少ないですからね。
    そういう時は若返るチャンスだと思って、散財しちゃいます。

    自分の両親が吝嗇家で小金をため込んでましたが、子供に教育も受けさせず、何処へも旅行も行かず、外食もせず、友人もいなく…2年前に父を見送りましたが一体何が楽しみで生きていたんだかと思います。母は認知症で施設にいますが、お金の事ばかり言っています。何だか空しいです。
    他人の目を気にしても仕方ないですよ、感性や趣味は人それぞれですから。

    子供には充分教育を受けさせました。残せる財産はないと伝えてあります。延命措置も希望せず、葬儀も簡単にして大好きな海に散骨。今日もいつお迎えが来てもよいように断捨離してます。

    ユーザーID:9759167722

  • メリハリをつけた暮らしはどうでしょう

    トピ主様は堅実な人生を送っていらっしゃると思います。まだお若いので これから日常の中での ちょっと贅沢を楽しまれては如何ですか?
    ご自宅で 少し奮発して 美味しいワインや日本酒なら大吟醸の銘品をご夫婦で楽しい会話と一緒に召し上がるとか(お酒をお嫌いならごめんなさい)寝具を高級なものに買い替える、など我が家はその辺から始めました。私達夫婦はEU在住の老夫婦ですが 60歳過ぎてからはビジネスクラスで旅行。日本国内旅行をする時は一泊の目安が10万円になりました。ただ
    歳を重ねると 億劫になって結局は家でのんびりが一番になりがちです。
    今年の主人の誕生日は 生きている内にと思い 我が家で 友人達20人ほど招待しディナーパーティーをします。懇意にしているレストランに依頼して 全て出張料理(御給仕の人も)ワインの買い出しにブルゴーニュまで行ってきましたが
    やはり 楽しい計画があると 日常の生活に張りがあります。
    私自身はかなり質素倹約で美容院は年に2度 化粧品も最低限しか使わないんですが これは変わらないかと。

    ユーザーID:7356097898

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧