母親のシャドウワークと学費資金計画

レス22
(トピ主2
お気に入り46

生活・身近な話題

ぎんねこ

十年ぐらい前、わが娘の私立高校への進学に際して、母親の私がパートに出るようになりました。毎月、四万円ほど、学費がかかるようになったためで、ゼロ歳児から大手生保の学資保険を月一万円かけていたため、そのたまったお祝い金を母親の私の口座にプールして、そこに私のアルバイトのお金をどんどん貯めて行ったのでした。最初はスーパーで働いていましたが、毎月七万から八万ほど、学費の残りは私のお小遣いにしていました。
そこは二年ほどで転職して、次の会社では、月収が六万ほど、大学の資金があるので、ほとんどを貯金していました。
だんだん首都圏の時給も上がり、七万から八万に月収も上がりましたが、学費口座に、月に五万を積み立てていき、娘も現役で四年制の私大に進学したので、最後にたまった学資保険も全部プールしつつ、大学三年の十二月で、四年間の学費がすべて貯め終わりました。後は余裕で、老後の資金のために働いています。
思うに、奨学金という借金は、出来の悪い娘には返せないだろうと思って、始めた母親のシャドウワーク。七百万余りの私立高私立大学の学費が賄えて、満足です。
また娘も親孝行にまじめに勉強してくれたと思います。

とにかく、奨学金が借金になって残らなくてよかった。母親の安堵があります。

私のように子供の学費で、頑張っているお母さんたち、どうやって資金計画をこなしましたか。
私は時間とお金を味方につけて、仕事を辞めないという方法で、頑張りました。様々な経験談をお聞きしたいです。

ユーザーID:6899846710

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 母親が頑張ったことが伝わるといいですね

    娘さんにトピ主が一生懸命、貯金したことが伝わるといいですね。
    中には親が教育費を払うのが当たり前と思う子もいて、そういった子はアルバイトもせず傲慢になりがちですから。
    私も学資保険の他、子供の為というのが1番の理由で働いています。やっぱり教育費は気になりますよね。

    奨学金についてですが、親が亡くなったり病気で仕方なく申請している人もいます。トピ主の心の中や掲示板で借金というのは勝手ですが、世間に大っぴらに発言するのは、ちょっと違うかなと思います。

    また、先人が私財をなげうって子供達のためと設立してくれた奨学金です。先人にも失礼になるかと思いますよ。

    ユーザーID:2261126058

  • 我が家も中学から私立ですが

    シングルマザーですのでフルタイム本業と
    在宅で立ち上げた副業とで、
    とにもかくにも働いています。
    (現在進行中・泣)

    副業は自営ですので融通は利きますが、
    それ故に昼夜、週末関係なしです。

    あと2年で卒業のはずでしたが、
    馴染めずに別の大学に入学という誤算があり、
    1年延びてしまいました、、

    とは言えもうゴールは見えて来ましたので、
    あと少し、頑張ります。
    晴れて卒業後は私のお小遣いもいくらか
    捻出出来そうです。

    ユーザーID:4885746401

  • 進学は想定内ですものね

    うまくいってよかったですね。その達成感、満足感、わかるような気がします。
    予想もしていなかった事に対してはお金を備えていないのは仕方ないと思いますが、
    高校、大学と私立になるかも、という事は十分想定内。
    なので、大きい声で言うと反感を買うかもしれないので思うだけにしていますが、そこまでの15年間で全額とまではいかなくともある程度まで蓄える事はさほど難しくないようにわたしも思います。

    ただ、お子さんの人数にもよるのでしょうし、
    合間にお金のかかる習い事に夢中になるかもしれないし。
    子どもがある程度大きくなり、パートでガッチリ稼ぐはずのタイミングに介護が来るかもしれないし夫の仕事も順調に回らないかもしれない。
    いろいろあると難しいこともあるだろうなと想像できるくらいには大人になりました。

    うちは子ども2人とも中学受験をして私立の中高一貫に通っていますが、
    長男のところはとにかく面倒見が悪い超進学校のため、中3から単科ですが塾にも通いました。
    そして、いま高3の彼は、そもそもそういう学校なので一応想定はしていましたが、やはり最難関の国立1本しか受けないそうです。
    そうなると浪人になるという可能性もあるのですが、その二つは想定はしていても、内心困るところです。
    できれば6年間の私立の学費だけで大学に受かって欲しかったですが、学費を想定内におさめる事が目的ではないので、その分、わたしが頑張って稼いでくるか、他から回すかするつもり。

    まあ結局、親ができる限り頑張って、それで足らないなら諦めさせるのか、子どもにも返済を負わせるのかは、子どもの目指す道次第かもしれないし、家庭の考え方かもしれませんね。

    ユーザーID:9035703189

  • 子ども2人、現在進行形の我が家の場合

    大学受験に係る費用と大学の学費として

    1. 生まれた時から子ども1人あたり毎月2万円。
    2. それに加えて、出産祝、七五三祝、入学祝、お年玉、両実家からの誕生日祝やちょっとしたお小遣い、児童手当など現金で受け取ったもの全額。
    3. 図書券や商品券の場合は、それらと同額を預金。

    (実質、親が負担してきたのは 1. のみ。総額の半分ほどで、900万程度です。)

    2人とも公立高校に進学してくれたおかげで、今のところ1人あたりの金額はトピ主さんよりも貯まりましたが、私立理系ならカツカツかも‥‥。

    尚、高校卒業までの学費と塾代は上記貯蓄に含まず、日々の生活費から支出してします。

    ユーザーID:3280404993

  • 立派だけど

    普通のことなので、そんなに、私はすごいって感じで書かなくても。

    時間とお金を味方につけて〜、とか、大袈裟かな。

    長々書いてるけど、学資とお子さんが高校から始めたパート代金を教育費にしました、ってことですよね。

    ネットだからいいけど、リアルだとオーバー過ぎかなと思いました。

    お子さん一人ですか?だから、間に合ったんですよね。

    しかしながら、お疲れ様でした。

    ユーザーID:6500128396

  • 意味が?

    「シャドウワーク」とは、賃金が発生しない労働の事を指しませんか?
     例えば、家事や育児など。いくらやっても、お金にならない仕事です。

    ユーザーID:5432939860

  • 皆さん肯定的ですね

    なんのこっちゃかよくわかりませんでした。
    要は学費のためにパート代を貯金しただけ?

    そんなこと、みんなやってると思う…というか、学費がかかるから仕事やめられない!と言ってみんな頑張ってるんじゃないの?

    もちろん、様々な事情から日々食べていくのに精一杯で、とても学費にまでまわらない、という人もいるとは思いますが。

    ユーザーID:9172428439

  • へー、すごいですねぇ!

    うちは、きょうだい三人。
    親は、自営の失敗とかもあり、大変でした。

    高校は全員公立。
    大学は、三人中二人行き、どちらも国立。
    (国立なら行っていいよ、と。)
    私立大は、滑り止めすらも受けさせてもらえず。
    奨学金と授業料免除。
    あとはアルバイト。(兄は医学部で忙しく、アルバイトはあまりできなかった。)
    自宅生じゃなかったから、親も家賃だけ仕送りしてくれて、大変だったろうなぁ。

    トピ主さんのとこは、素晴らしい親で、私立に行けて良かったですね!

    ユーザーID:6256863891

  • 羨ましいです

    小学校入学までに住宅ローンを返済し、以降はローン額プラスを学費として積み立てる計画でしたが、
    入学したとたん親の介護2人分がのし掛かり…

    まあ、その前から通いでしていたのですが、レベルが桁違いで、ひどいときは夜討ち朝駆けで、交通費や自分の外食代、帰宅が間に合わない場合等の家族の食事(買い食か外食)代など、持ち出しはあるのに収入はない!
    それこそシャドーワークしてました。

    仕事も介護もしています!という方々もいらっしゃいますが、本当に凄いなぁと尊敬しています。

    子どもには、ごめんね、お金ないから。
    一定レベル以下なら塾代は大人になったら返金してね。
    私立だったら、学費は奨学金とバイト代も使ってね。
    スマホ代だけはどのみち自分で稼いでね。
    家から通えないとこなんか、ウチはむりだからね。
    行きたいなら、どうしたら通えるか、先に自分で考えて親を説得してね。
    と、言ってあります。

    ユーザーID:5574607655

  • たまたまお嬢さんが

    たまたまお嬢さんが主婦のパート代で賄える進路を選んだ、というだけの話だと思います。

    お嬢さんが医歯薬獣を進路先に選んでいたら、とても無理な話です。

    お嬢さんに感謝ですね。

    トピさん、安堵は解りますが、このトピで傷付いている人も少なからずいると思います。

    世の中には、奨学金を有難いと思って一生懸命勉強をしている学生や、子の夢の実現の為に…と親も一生懸命働いている人達が大勢いる事くらい、頑張って働いてきたトピさんなら解るでしょうに…

    ユーザーID:7188653861

  • よくわかんないんだけど。。

    子供の学費を出したから親として満足
    っていうだけの話?

    ユーザーID:9742688212

  • やってます

    すでにご指摘のレスがありますけど、シャドウワークって報酬がない家事労働とか介護、子育てを指すのでは?

    子供の学費の足しにってパートをするのはまあ、私の周りではほぼみんなやってますね。
    私もPTA本部役員を引き受けてしまっていたので扶養内ぎりぎりの週3日事務パートをやっていました。でも腰を悪くしてしまい、今は在宅でほそぼそと。

    夫と子供は仕事や塾で夜11時頃に帰るので、私が仕事をしているところを見ることはあまりないです。なのでその意味では確かにシャドウワークかも。

    ユーザーID:2810619139

  • 正社員であり続けたこと

    私立大学生の娘2人を持つ母親です。

    生後まもなくから大学進学を想定して18歳満期の学資保険に加入してました。
    共働きで世帯年収があったので、奨学金は考えてもいませんでした。

    次女の大学入学時にはシングルマザーとなりましたが、学費はほぼ用意済ですので、トピ主さん同様、あとは老後の資金を貯めるのみです。

    私が頑張ったと思えることは、正社員として勤め続けたことですね。
    自身の給与を時給に換算すると、結構高いなあと思います。

    日常の育児だけでなく、経済的にも子供を育て上げたのは自分だ、という自負はあります。
    来年春、長女が私の扶養から外れて自立することが、嬉しくてなりません。

    ユーザーID:4183437889

  • 残念ですね

    >奨学金という借金は、出来の悪い娘には返せないだろうと思って
    >とにかく、奨学金が借金になって残らなくてよかった。

    「奨学金は借金」大事な事だから2回言ったのですか?

    トピ主さんの頑張りが図らずも奨学金をもらっている家庭へのただの嫌味に受け取られそうで残念ですね。

    ユーザーID:6486358839

  • 頑張ったのはご主人では??

    私1人が頑張ったみたいな考え方、間違いだと思いますよ。

    トピ主さんがパートしたから学費が用意できたみたいに書いていますが、まず、学資保険はご主人の収入からですよね?

    そして月に6〜8万円のパート代。
    お嬢さんどころか、ご自身の衣食住にだって足りない金額です。

    お金に名前は書いてあります(通帳の名義)が、使い道は書かれていません。
    たまたま、トピ主さん名義の通帳にあったお金で学費を支払ったからと言って、

    全て私が〜

    みたいな考え方は間違いだと思います。

    もちろん、家庭内での役割分担は大事ですし、ご主人が働き、トピ主さんが家事や育児をメインでするのは問題ないと思いますよ。

    でも、外で働き続けるのがパートでさえ大変だったのなら、ずっとフルで働き続けているご主人はもっと大変だったはず。

    私は子供が3人いるので、ずっと正社員で働いています。
    学費を用意しないといけないので。

    でも子供達にはいつも、お父さんが働いてくれるからご飯を食べられる、遊びにもいける、学校にも通えると教えています。

    家でご飯を作ったり、洗濯したり、シャドウワークと言っても、子供達は家事をしてくれているお母さんの方が大変で、ありがたいと感謝しがちですからね。

    一応、目標とする学費は貯まりましたが、人生何があるかわからず、例えば明日、主人が体調を崩して働けなくなったら、その貯金に手をつけることになるでしょう。

    子供はまだ小、中、高校生ですから、我が家の先は長いです。
    子供達が無事に大学を卒業するまでは安心出来ません。

    そう言う意味では、無事に子育てのゴールにたどり着けたトピ主さんが羨ましいです。
    夫婦で協力して頑張ってきたからでしょう。
    お疲れさまでした。

    ユーザーID:1241037571

  • シャドウワークって何ですか?

    特別な書き方をしてますが、単にパート勤めで学費の足しになりましたって話でしょう。高校の進学前に開始ですか。それも4万。もっと早く扶養内一杯で働けば貯まるのに。
    お祝い金を自分の口座に入れるとか、子供の口座ならわかるけれど好感持てません。

    ユーザーID:0061530523

  • こんな私でもできたわという達成感

    確かにご主人が生活費を安定して稼いでいたから、何の不自由なくパートぐらいで、学費を出すことができたというご意見は至極然りですが、こんな私でもできたわという達成感が、人生のうちですごくありました。
    私の学生時代は、奨学金が今ほど主流でなく、奨学金を借りて四年制大学に行けばいいと父親に言うと、俺の金で大学に行けないというのか、激怒されたものでした。結局、返済しないで済む奨学金もあるけれど、ほとんどの場合は、就職すると奨学金の返済に追われるわけで、子供さんにとって大きな人生の足かせになっていく現実が、世の中で取りざたされています。
    それなら最初から、学資保険、あるいはそれに類する積立預金を組みながら、母親が家で遊んでいないで、影で働き、がっちり子供の学費を出す。
    ものすごく建設的な生き方だと思うのです。
    私の場合は、家事や買い物主婦の仕事をこなしながら、家の近くで働き、しっかり学費の落ちる口座に積み立てました。
    皆さんのお話や経験談を伺うと、私の父親風なのか、子供のでき次第で、比較的学費の安い国立大へという方もいるし、シングルであっても子供には絶対に不足は感じさせないという素晴らしい方もいるし、様々ですが、一貫して子供の教育費への計画性は感じました。
    私住んでいる県では、八十パーセントを超える子供たちが、高校の上の進学を果たします。そうすると必然ですが、母親たちは猫も杓子もパートやアルバイトに出て、私もその中の一人ですが、周囲もそういう四十代五十代の主婦が多いです。
    本音の部分はどうなのかなと思って、トピを立てさせていただきました。

    ユーザーID:6899846710

  • 本音ですが

    学費はとっくに貯まってます。汗水流したパート代からなんて考えたくもないです。
    奨学金は借りる必要はないと思いますが、実はお得だと思ってます。
    私と夫は修士で2年間借りていて無利子で返済してますが無利子の借金なんて他でないじゃないですか。
    子供が自分のために借りたいというなら反対しません。学費や必要経費は出しますが、サークル費や旅行、パソコンなど学生にも何かとお金がかかります。

    ユーザーID:1063625340

  • あまり良く分からないけど

    子供が高校の時から学費のために焦って働き始めたけど奨学金を借りずに済みました(間に合いました)、って言いたいのか、私が働いたおかげで学費が出せましたと言いたいのか、どちらなのでしょうか?

    前者なら、働きもしていないのに子供に安易に奨学金を考えている人にとって希望となりますね。
    後者なら、何故子供が高校生になるまで働かなかったのか、正社員になれば良かったのに、と思います。

    私は夫婦で正社員共働きなので、稼いだお金はみんな家のお金です。
    誰が働いた分が子供の学費になったとか、考えたこともありません。
    トピ主さんも、旦那様が基本的な生活費を稼いでくれるからその程度の働きで良かったんです。
    自分が学費を稼いだというのは、少しおこがましいんじゃないかな。

    ユーザーID:3067199491

  • 当たり前の話

    だとしたら、フルタイム正社員で働いて、夫と同じ年収を稼ぐ母親はものすごーくスバラシイ人になっちゃいますね
    親が学費をだすのは当たり前ですよ
    でも、奨学金という選択枝も、ひとつの方法ですよ、そして、ほとんどの人は働いて自分で完済しています。
    トピ主さん、少し視野が狭いです。

    ユーザーID:7476161634

  • 言ってることは判ります

    私もおそらくトピ主さんと同じアラフィフ世代ですからおっしゃることはわかります。おそらく同世代の多くが同じような軌跡をたどったと思います。どちらかといえばトピ主さんは一人娘ということで学費の面では恵まれていたし、出だしも遅かったほうじゃないかと思いす。

    我が家のきっかけは子供が小学生の頃に芸術系のクラブで賞をとり、その方面に進みたいと言いだし、大学費用などを調べたことでした。夫婦とも国立大学だったので大学にお金がかかるという認識があまりなかったのですが、私立の学費は高いうえに学費全体が自分たちの頃の倍くらいになっていたので驚いた記憶があります。
    幸い娘たちが大学に行くまでにはまだ10年あったので、そこから計画的に教育資金を貯めることができました。進学先は小学生の頃の希望とは全く違う分野でしたが理系で6年ということで学費は当初の予想以上でした。

    あの当時同じクラブのママ友さんたちが皆働きだしたのですが、おそらく同じことを考えていたのだろうと思います。我が家もそうですがその後扶養を外れて働く人も多かったです。

    ただ、この話は別の世代だと状況が異なるので共感は得にくいと思います。トピ主さんも娘さんがいるからわかるでしょうが、娘世代は私たちとは異なる人生を歩むことになるでしょう。

    私たちの世代は子供が産まれたら仕事を辞めるのが一般的だったけど、ある程度子供が育ったら不景気で女性も働きださないと生活が苦しかったよねって思い出話程度にしておきましょう。

    ユーザーID:9405711337

  • なかなか共感しにくいトピですけれど

    家は夫婦で正社員です、あなたのようなパートと違います、と主張される方や、親が学費を出すのは当たり前だ、なんでこんなことをトピにしたのか、というご意見も出ていますが、すべての親が学費を賄えるわけではないですし、私自身の学生時代でも、周囲は国立大でなければ、学費が二年で終わる短大にするとか、一流大学でなければ、短大に進学するようにとかいう親御さんが多かったです。
    親世代は、出来が良ければ四年制進学、そうでなければ、学費が少なくて済むように短期大学という考えの人が多かったです。
    資金計画という考えが全くなかったため、進学できなかった女性も多かった現実が周囲に多々ありました。
    しかし、現在の私の周囲は、子供の学費のために、切磋琢磨して、働く主婦が大勢あふれています。
    大体、子供が中高になったころから働きだした人たちが多いです。別に遅いとは思わなかったのですが、街でちょっとしたお仕事を見つけてきて、家のことも子供のこともこなしながら、働く奥さんたち。
    その家その家の事情もあるので、フルタイムばかりがいいとは言えないと思います。

    なかなか世代によって学費の考え方も違うし、ライフスタイルも違うと思います。
    共感の持てないトピですみませんでした。ここでこのトピはレスを締めさせていただきます。

    ユーザーID:6899846710

レス求!トピ一覧