• ホーム
  • 学ぶ
  • あなたが一番面白いと思う落語は何ですか?

あなたが一番面白いと思う落語は何ですか?

レス22
(トピ主8
お気に入り40

趣味・教育・教養

前座

人情話もありますので、”好きな”ではなく、面白い落語としました。

その中で、あなたが一番と思うものを教えてください。

では、私から。

それは、「船徳」です。

下げよりも、初めから終わりまで、話全体が、お腹をくすぐられているようで、笑いを抑えきれません。

若いときは、そこまでなかったのですが、中年も過ぎようかとしているいま、とても面白いと思うようになりました。

ユーザーID:5135396099

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
  • 銭湯の番台で

    「湯屋番」ですね
    若旦那の妄想が面白い

    ユーザーID:1903640781

  • やかん

    無茶苦茶な屁理屈つけて,ともかく説明してしまうあの根性!

    「千早ぶる」もおかしい.最後の「とは」の下げは分かっていても笑ってしまいます.

    どちらも,知ったかぶりの隠居さんなどが,窮地に陥っても,俺はエライ,お前は愚者だって頑張るのがアッパレ.無茶苦茶な意地っ張りぶりに笑いながらも声援送ったりして(笑)

    ユーザーID:8699639762

  • お返事ありがとうございます

    お返事ありがとうございます。

    60代様

    >若旦那の妄想が面白い

    演者の身振りが加わると、妙な言い方ですが、あきれるほど面白いですよね。

    (あきれてしまいますが、そのうち、だんだん可笑しさがこみ上げてくる感じがします。)

    ソバス様

    >最後の「とは」の下げは分かっていても笑ってしまいます.

    「とは」をスルーしなかった(見逃さなかった)八五郎を凄いと思いました。

    和歌の意味を調べてみましたが、落語とは、全く違ってました(当たり前か)。

    ユーザーID:5135396099

  • 三軒長屋

    今は亡き円生さんの2時間近くかかる大作です、テレビやラジオでははみ出しすぎて聞く機会はありませんがぜひcdなどで聞いてみてください。

    ユーザーID:7362039102

  • 下げが秀逸ですね

    yai様

    お返事ありがとうございます。

    >〜2時間近くかかる大作です、

    ネットで、あらすじを確認しました。

    下げが秀逸ですね。

    登場人物も、ひとくせもふたくせもありそうな人ばかり。

    きっと、体がむずむずするような感じで、あっという間に、2時間が過ぎそうです。

    機会があれば、聴いてみようと思います。

    ユーザーID:5135396099

  • 上方落語ですが

    私が一番面白いと感じるのは、落語の中で長いと呼ばれる「地獄八景亡者戯(じごくばっけい もうじゃのたわむれ)」です。人間国宝桂米朝師が掘り起こした古典の一つです。よく演じておられたのは、既に故人の桂枝雀師、同じく早世された米朝師のお弟子さんの桂吉朝師。他にも米朝一門の方や江戸落語の方も数名演じておられる様です。

    上方落語には「旅もの」と呼ばれるジャンルがあって、「地獄八景」はその一つです。鯖に中って死んだ男が近所のご隠居と連れだってあの世へ行く所から話は始まります。

    途中大金持ちの若旦那が芸妓や幇間を連れてあの世へやって来て、三途の川の渡し船の様子が出てきます。

    閻魔大王登場シーンや鬼も登場します。

    といっても、怪談話でもグロテスクな話でもありません。現代的なギャグも満載された話です。最後の部分は、「地獄のそうべい」という昔話にもなっています。

    1時間少し、笑いっぱなしです。生が一番面白いですが、DVDでも楽しめるかと思います。

    ユーザーID:5756980729

  • 元犬

    想像するとどうにもおかしくてクスクス笑ってしまいます。
    こどもから大人まで皆が楽しめる愉快な演目だと思います。犬に限らず被毛が真白い動物はどこか神秘的です。

    ユーザーID:5590927416

  • 演者によって変わりますが

    「代書屋」が好きです。
    中でも、京都出身で東京で落語家になった自称『静岡落語』こと、先代の2代目桂小南のものが、私にとっては一番です。
    次点は桂枝雀。
    三番目は、名前は憶えていないのですが、関西のやたらに元気な落語家のものも良かったです。
    本来の話の筋もいいですが、それぞれの話し手によるアレンジの仕方も面白いです。

    ユーザーID:4484698444

  • 皆様、お返事ありがとうございました

    〇通りすがり様

    >桂枝雀師

    だいぶ昔に、もしかしたら、前半か後半を聞いたことがあるかも知れません。

    「地獄八景亡者戯」

    そのような話もあるのですね。

    〇きらきら様

    「お元はいぬか?」を、サラッと聞き流してしまって、下げの四郎のセリフに、アッとなりました。

    可笑しさに引き込まれてしまっていたのでしょうね。

    〇北国生まれ様

    最近、早朝の番組で、「代書屋」を観ました。

    演者は覚えていませんが、淡々とした代書屋の話しぶりが、無筆の男の面白さを引き出していて、笑いがこみ上げてきました。

    皆様、お返事ありがとうございました。

    ユーザーID:5135396099

  • 初天神

    親子の会話が楽しいから。

    ユーザーID:5277776022

  • 関西なら、桂枝雀さんですね。

    元々関西人だったので、東京の落語も聞きますが
    関西のものが体に合うようです。

    その中でもやはり「爆笑王」と言えば枝雀さん。

    何を聞いても面白かったですが
    「代書屋」の「ポーン!!!」のくだりが一番爆笑できます。

    ユーザーID:2195166314

  • 演目、演者、色々な楽しみ方がありますね

    〇さっちゃん様

    >親子の会話が楽しいから。

    会話の内容は、色々あるようですね。

    共通するのは、「子供の中の大人」と「大人の中の子供」でしょうか?

    分析するのは、野暮かな?

    〇元関西人様

    >その中でもやはり「爆笑王」と言えば枝雀さん。

    ストイックな印象がありました。

    >何を聞いても面白かったですが
    >「代書屋」の「ポーン!!!」のくだりが一番爆笑できます。

    記憶に留め置いて、どこかで聴いてみたいと思います。

    お二方へ、お返事ありがとうございました。

    ユーザーID:5135396099

  • やはり米朝師匠の

    はてなの茶碗、崇徳院、植木屋娘です。何度聞いてもあきないし、最後にほーっとため息がでます。

    ユーザーID:6683244123

  • やまの あ あ あな あな です

    当時の”歌奴”さんのおはこでした。

    円歌さんになっても変わらぬ口調は、分かっていても

    楽しかったですね。

    ユーザーID:0026667458

  • ヨコですみません、参加できるように頑張ります

    2ヶ月前に落語にハマりだした者です。
    他にもいろんな趣味があるので落語はまだいくつかしか聞いたことがないです。
    たくさんの落語を聞いてここにレスできるよう頑張ります。

    ユーザーID:4491139875

  • 茶漬け閻魔

    かなあ。

    親が落語好きで、米朝一門会に連れて行かれたりしました。
    子供の頃から車で移動する時はずっと落語でした。
    大阪から信州までよく行きましたがずーっと落語。
    親は米朝さんが好きでしたが、私は枝雀さん。
    CD聞いていたら、笑いすぎて運転できなくなってサービスエリアに逃げた事もあります。
    笑いすぎで窒息死するかと思いました。危なかった。

    枝雀さんは枕が面白いので、本筋は結構忘れてしまいます。何度も聞いているのに。

    閻魔大王は話だったりアニメだったり、色々な場面で出てきますが、その度に茶漬け閻魔の「閻くん」「釈迦くん」が頭をよぎります。

    ユーザーID:8973994358

  • 心の仕事様へ

    >他にもいろんな趣味があるので落語はまだいくつかしか聞いたことがないです。

    面白いと思われた演目をレス頂けれると嬉しいです。

    私の知っているものであれば、お喋りさせて頂きたく思います。

    ユーザーID:5135396099

  • 「崇徳院」とさせて頂きます

    >はてなの茶碗

    「猫の茶碗」と関連があるのでしょうか?

    >崇徳院

    源平物が好きな私には、特に、印象が深いです。

    真野響子さんのお酒のCMで、この和歌が詠まれていましたね。

    (古いなぁ〜)

    >植木屋娘

    「町内の若い衆」は、遠すぎますね。

    三つ挙げて頂きましたので、私の方で、勝手に、一番を選ばせて頂きます。

    思い入れを込みで、「崇徳院」とさせて頂きます。

    ユーザーID:5135396099

  • 「ああ、ここが、あの新大久保かぁ。」

    >円歌さんになっても変わらぬ口調は、分かっていても

    出張で、新大久保近辺に宿を取ったとき、「ああ、ここが、あの新大久保かぁ。」と思ったものです。

    独特の雰囲気がありましたね。

    ユーザーID:5135396099

  • あくび指南

    最近真打になったばかりの柳亭小痴楽の「あくび指南」を末広亭の深夜寄席で聞いたのが落語にはまったきっかけです。

    その後細々とですが、寄席や落語会にお邪魔してます。

    同じく小痴楽の「粗忽長屋」も大好きです。
    実存とは?という壮大な哲学を笑いに昇華してるのが、何度聞いてもすごいと感じます。

    ユーザーID:8769308304

  • う〜ん、なんと申しましょうか

    〇関西人様へ

    「茶漬け閻魔」

    確かに、枝雀さんで聴いた記憶があります。

    このような話だったのですね。

    〇落語よいです様へ

    >同じく小痴楽の「粗忽長屋」も大好きです。
    >実存とは?という壮大な哲学を笑いに昇華してるのが、何度聞いてもすごいと感じます。

    知らなかったです。

    う〜ん、なんと申しましょうか。

    文字ではなく、語りになるとどうなるか、知りたくなりました。

    お二方へ、お返事ありがとうございました。

    ユーザーID:5135396099

  • くしゃみ講釈

    先日、録画しっ放しになっていた「日本の話芸」から桂吉弥師匠演にて拝聴しました。
    最近触れた落語の中ではいちばん笑った!と思います。
    なんともいえないおかしみでした。

    ユーザーID:0640026051

レス求!トピ一覧