勉強も仕事も頑張る人生、勉強と仕事はほどほどの人生

レス34
(トピ主4
お気に入り39

家族・友人・人間関係

どんぐり子

初めての投稿のため、不都合な点などありましたらご容赦下さい。

勉強も仕事も頑張る人生、勉強と仕事はほどほどの人生、どちらが良いでしょうか。

私は前者で、学生時代は勉強を頑張り、大学卒業後は公務員となり、休みもろくにとれないほど仕事をしてきました。(今は訳あって専業主婦、その訳とはまた話が異なるので割愛します。)学生のときから睡眠時間をけずり勉強し、栄養ドリンクを飲んでいましたし、仕事をしていた時は土日出勤も当たり前、一日15時間くらい働いていました。そんな人生なので、ストレスや過労で倒れることもたびたびありました。趣味をもつ時間もなく、精神も病みました。でもそのおかげでお金には困っていません。

私の母は後者で、勉強もあまりせず、高卒で就職、結婚後は専業主婦、子どもが大きくなってから数時間のパート、常に趣味を持ち、人生楽しんだ者勝ち、という考えです。

私が20代の頃、「あなたは公務員試験に受かるまでは勉強ばっかりで、公務員になってからは仕事ばっかりで、人生何が楽しいの?」と母親に言われ(しかも、少しばかにされたような言い方だったため)、今でもその言葉がひっかかっています。

今、子育てをしていて非常に悩んでいます。こどもにも一生懸命勉強させ、前者のような人生を歩ませようとしているのです。大前提には「お金に困らない人生を」という気持ちがあるのですが、果たして自分の人生今まで楽しかったか?と思うと疑問がわいてくるのです。

私の母は楽観的で常に今を楽しむことに夢中で趣味や遊びに忙しい毎日です。でも母の老後、お金が足りなくなったら私があくせく働いた貯金で養わなくてはならないのだろうな、あるいは私に貯金がなかったら生活保護を受けて生きていくのだろうな、と思うと私の生き方をばかにしてきたくせに、と悔しくなります。



皆さんはどう思われますか?

ユーザーID:1660138792

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
  • 前者で

    思うに、ほどほどの人生を歩める人は、その人生を支えて扶養してくれる家族がいるからだと思います。
    養う側と、養われる側のどちらが幸せか。逆境に強いのは、養う側だと思いました。

    ユーザーID:6143628084

  • 本人が決める事

    どう生きるかは本人が決める事。
    一度きりの人生なんだから法律を犯したり倫理的に問題なければ自分の思い通りにすれば良いと思っています。
    だから子供にも、
    勉強したければお金を出すけど、そうでなければ無駄金を払う気は無い。
    自分の大切な人生なんだからよく考えて、思うようにすればいい。ただ母が無理にさせなかったからこうなったなんて、人のせいにするんじゃないよ。自己責任だからね。
    と言ってます。

    私はたどちらかというと、お母様のように生きてきたかな。程々に勉強してでもバブルの頃だったから、そこそこいい会社に入って、そこそこ貯めてから辞めて子育てに専念して多少お金の苦労はしても人生楽しいと思っています。
    私には貴方のような人生はおくれない。
    でも、貴方も私のような人生は送れないでしょう。
    それでいいのではないですか。
    お母様はお母様の自己責任で楽しんでもらえば良いのではありませんか?

    ユーザーID:5295221274

  • アリとキリギリスの童話に

    そっくりなトピですね。どちらの生き方がよいかはその人によると思います。ただ一言言えることは「勉強も仕事も頑張る人生」をトピ主さんは生きてきていますが、寧ろ逆にこの世は勉強にも仕事にも頑張れない人が多い気がします。
     トピ主さんは社会の分類でいえば「優秀」な人間だと思います。優秀な人が頑張つてこの世を引っ張っていくから社会が進歩できるのだと思います。社会のエリートは再生産されることが多いと聞いています。トピ主さんの子供は多分ですが優秀だと思います。優秀な人間はそれに相応しい育て方をした方がいいと思いますよ。
     トピ主さん、自分の生き方に自信をもって子育てに頑張ってください。応援しています。

    ユーザーID:4154798506

  • 人それぞれだけど

    個人的には「勉強も仕事も頑張る人生」を意識していますが、
    頑張りすぎて体調を崩したので、
    控えめに頑張っている状況ですかね。

    価値観・人生観は人それぞれだから、どちらがいいとは言えないけど、
    トピ主さんとお母様とでは時代背景も違いますからね。

    お母様世代だと、大学進学率は低く、(それほど頑張らなくても)
    それなりの収入を得られた時代なのではありませんかね?
    だから、勉強に、仕事に忙しく動かれるトピ主さんの生き方を
    理解できないのでは?と思います。

    お子さんに対しては、ひとまず高校生までは「勉強を頑張る」ことを
    意識させ、その先は本人の意思を尊重してあげればいいと思います。

    ユーザーID:3635754637

  • 自分の幸せ度

     勉強も仕事も幸せな人生を送るための手段(道具)で、良いも悪いもないと思います。あくまで基準は、自分の幸せ度。

     お子様はまだお子様?、人生を幸せに送る方法を知らないと思う。時には一時的な幸せに流される。主さん夫婦の価値観で育てるしかない。成人したら自分の人生自分で選んでもらいましょう。ただ勉強は人生を幸せに生きる有力な手段の一つとは思いますよ。

     もしお母様が老後お金が足りなくて主さんに頼るなら、それはズルイと思う。想定外の事情なら別ですが。 主さんはお子様にそんな事はしないようにしましょう。
     ただ、主さんが援助する事で自分の幸せ度が向上するなら、それもまた良いのでは。

    ユーザーID:6579734682

  • 極端にならない程度

    せっかくの一回キリの人生ですからね。時間は有限です。

    自分の時間を仕事だけに使うのも勿体無いし、趣味や楽しい時間を使うにはお金が必要です。
    うまく、時間を使うことです。

    結論から言えば「仕事もして、楽しみもある人生」でしょうか。
    身体を壊してまで働いては、お金は医療費で本末転倒です。

    医師が良い例ですね。
    人の為に尽くすというやりがいもあり収入もありますが、自分の人生は犠牲になりますよね。
    過労死しては、どんなにお金があっても幸せとは言えません。

    要は、メリハリのついた生活を送れるかということ。

    老後はお金があっても、若くも体力もなく、楽しみが限られます。

    もし、明日死んでも、「楽しい事がたくさんあった人生だったなぁ」と思える人が勝ち組だと思います。

    お母様も老後の生活を貴女にみてもらおうとまでは思ってないと思いますよ。

    ユーザーID:4697521425

  • 不器用

    いやいや、何故そこで悩むんだろう。
    前者か後者かって二極にしてますけどその中間が理想ね。
    究極でか考えたらそれらは他の方もおっしゃってましたけどアリとキリギリス状態になるケースが多いんじゃない、人生まるごとで考えたら。

    お母さんの場合は専業主婦になれたというのが大きい。
    専業主婦は家を守り子供を育てるのが仕事ですけど、あなたの言う「勉強も仕事も頑張る」の仕事とは類が違います。
    そこを一緒の世界線で考えていること自体、ちょーっと頭が固いかな。
    お母さんの生き方は稼いでくるお父さんあっての話でしょ。

    お母さんはあなたに、頑張り屋で凄いね、でも少し肩の力抜いたら?って言っただけじゃない。
    今の世の中、女性の多くが専業主婦という時代でもありませんし、男性の専業主夫も、ほぼありません。
    一生懸命勉強し仕事をし稼ぎ、不自由ない生活をする人間が報われる世の中にはなっている。基本的に。

    あなたはちょっと不器用だっただけ。
    日本人が苦手と言われていますけど、もう少し器用に仕事や勉強と余暇の過ごし方の切り替えができたら理想なんで、そういったことをお子さんたちには説いていけたらいいでしょうね。
    職場環境にもよるんで、職選びを工夫するとか。

    ユーザーID:0173004420

  • ガムシャラな時期

    寝食忘れるくらい仕事と勉強に没頭した時期がありました。お陰さまで今はゆるく生きても収入は高いままです。

    メリハリが大事だと思います。その時は頑張っているという意識がないのですよね。ゾーンに入るというか。

    トピ主さんが頑張った日々は無駄ではないです。

    ユーザーID:5406246301

  • 何事も表と裏だけではありませんよ。

    どんぐり子、様、こんにちは。

    これまで必死に勉強に努力を重ね次の世代をどう育てるか悩んでらっしゃる。

    今がちょうど難しいところだと思います。

    例えば今の小学生の最もなりたい職業はyoutuberと呼ばれ、
    貴女様が努力をして頑張ってストレスを抱えながら稼いだ分のお金くらい
    ソファーに転がってゲームしているところを動画に撮って配信するだけで
    その何倍も稼いでしまいます。

    また、高校卒業後進学と同時に起業し、莫大な資産を築きながら普通に学生をしている者もおります。

    これらが一般的とは申しません。
    もちろん他にないセンスや才能あっての事ですが
    昔は考えられなかった様な事が今起こっています。

    他にも昔は転職は甘え、高学歴、好成績を残し、
    就職活動で少しでも良い所へ入らなければ
    あとは転落するだけ。こんな考え方がありましたが

    今はどうでしょう。
    学歴なんてどうでもよいから、判を押した様な面接ではなく
    自分の意見を即興で練って伝えられる柔軟なコミュニケーション能力こそが
    必要だ、という考え方もございます。

    これまではただ勉強して、頭が良ければそれでよかった。

    しかしながら仕事において頭が良いだけではなんの役にも立たない
    この矛盾に気付いた会社はより適正に合う様に試行錯誤し
    個人は自分にしかできない事を伸ばしてアプローチをします。

    単純に遊んでいたらお金が尽きて生活保護に。
    そんなに単純な話なのでしょうか。

    貴女様はただ稼ぐ為、その為だけの人生を過ごして
    それでよいのかと疑問をお持ちの様ですが、果たして周りの方は
    皆同じように仕事だけをして生きているのでしょうか。

    そうしなかった方は皆生活保護がなければ生きられないのでしょうか。

    0か100かのあまり極端な考え方はせず
    表と裏以外にも数えきれない程の面がある事を
    お子様には教えてあげた方が良いかもしれません。

    ユーザーID:0587527097

  • 極端過ぎる

    どちらも極端過ぎます。

    私は努力のやり過ぎは無駄だと思います。
    なぜならお金だけあっても使い方(遊び方)を知らないという人もいるし、お金を使う前に体を壊す人もいるし、燃え尽きて退職後に退屈になる人もいますから。

    お母様の生き方で必要な貯金などはちゃんとしているのが理想です。

    私の場合は7割頑張る方針です。
    残り3割は遊びも含めて経験を積むためのものです。

    100点とるための勉強はせず、70点取れればいいと考えて遊びも部活動もアルバイトもしてきました。
    仕事では体力温存してました。

    会社都合や体調や結婚や出産、いつ専業主婦やフリーターになるかもわからない。

    勉強やひとつの職種だけの努力では不足です。
    必要なのはどこへ行っても何をやっても誰とでもそこそこやっていける能力です。
    体力や精神力も含めて。

    ユーザーID:8796709705

  • トピ主です

    レスをくださった方、ポチしてくださった方、ありがとうございます。

    私は第二次ベビーブーム、それも一番人数の多い昭和48年生まれで、高校、大学受験は史上最大の倍率、女で四大に進めたのは20%という時代です。四大卒業時はバブルが弾けた直後、超氷河期でした。

    私は自分の知能が高くない、ということがわかっていたので、人の2倍、3倍勉強するしかありませんでした。

    私が今専業主婦をしていられるのは、働いたお金で子ども二人の高校、大学の学費を貯金できたこと、家賃節約のため親と同居しているからです。夫も公務員ですが、夫の給料だけでは生活費だけでいっぱいいっぱいです。

    民間会社に就職した友達も、終電で帰れればラッキー、と言っていましたので、みんなこんな感じだと思っています。定時で帰るには派遣かパートになるか、どちらかです。

    私達夫婦には残してあげられるようなお金も土地もありません。就職に有利になるようなコネもありません。

    子どもは女の子二人です。3組に1組が離婚、シングルマザーの50%が(相対的ですが)貧困世帯になる時代です。女の子のほうが生きていくうえでリスクが大きいと思っています。

    一度しかない人生です。子どもには楽しい人生を送って欲しいと思う反面、好きなことだけをして生きていけるほど人生甘くないよ、とも思っています。

    引き続き、ご意見頂けると幸いです。

    ユーザーID:1660138792

  • 追記まで拝見致しました

    就職も進学も大変な時代を乗り越えてらっしゃったのですね。

    ひとまずはお疲れ様でございました。

    女の子の方が生きる上でリスクが大きいと申しますが
    これも身の振り方次第、昔のように結婚して子供を産むのが当然と思うから
    起こりうるリスクの一つです。

    さらに、離婚以上結婚未満という卒婚なる関係も
    今や浸透しつつある様で、離婚せず親権も譲らず夫婦生活を終え、
    交際関係に近い形になる事で、特に男が、女がと性別で区別する必要は
    あまりないのでは?と思います。

    もちろん未だに差別的な考え方をする企業もありますし、
    逆に女であるから優遇されて当たり前といった理不尽な方もおり一概には
    言えませんが

    なにより、間違いないのは現代の子は
    打たれ弱いということ。

    企業でも中途採用やキャリア採用に力を入れているのには

    新卒が一度注意したら訴えると言って出て行ったきり辞めた。
    自分様の高い能力に見合った仕事がないのでバイトで生活する。

    みたいな話を聞くと、ある程度揉まれて世の中の仕組みを理解した人間の方が
    余程使えるからと耳にすることもあります。

    あまり努力や成果を求めすぎていると
    すぐにうつ病だ、死にたい、引きこもる、メンタルがーなんやかんやと

    結果的に普通の現状から最も幸せから遠い場所へワープしてしまいます。
    (不思議なことにその逆はないのですが。)

    とにもかくにも本人のキャパ以上のことは出来ず
    それは昔の感覚よりもはるかに甘えた容量しか持っていないこと。

    これは心に留めておいた方が良いかもしれません。

    毒親なんて言葉もありますし
    平気で子が親に手をあげる時代です、お気をつけて。

    ユーザーID:0587527097

  • 100歳人生なので

    私は両方を楽しんでしますよ。

    私はトピ主様より一回り近く先に生まれた人間ですが、負けず嫌いで学業では学内トップでなければ嫌だったなぁ。

    人と同じ平凡な人生をも好みませんでしたので、一時期は美容業界ベンチャーで成功したほうかなぁ。
    当然のことながら、しごとに関係することはとことん勉強しました。

    で、現在は外資系企業から誘いを受け転職して15年。
    そこそこの仕事ップリです(笑

    でもこの私のそこそこは、悪いけれど頑張っている人と同程度。
    もちろん頑張れば今以上の収入が得られるのは分かっていますが、今後はプライベートを優先させたいなぁ。
    そんなですが一応管理職です。

    トピ主様のお母様のようなタイプは私もあまり好きではないかな。

    でも私は15時間とか仕事したくないわ(笑

    実働5時間くらいで勘弁してー!
    (5時間でもやだわー)

    わたしの「頑張る人生」は40歳で終了。
    40歳からはほどほどの人生で楽しんでいます。

    現在アラカン。
    こんな調子であと20年くらい仕事をほどほど楽しんで余生を迎えたいな。

    人生100歳と言われています。

    頑張る人生とほどほどの人生、両方楽しんだら丸儲けー。(さんちゃん風)

    ユーザーID:8156418357

  • 両方で

    両方追えばいいと思います。

    年数日、月数日のお休みを、思いっきり遊ぶ。
    中途半端じゃなく、思いっきりです。
    その時は、スイッチは完全にオフです。

    普段は、勉強や仕事を頑張る。
    親も子も。

    でも、子どもが苦痛に思わないように、
    様子を見ながらです。
    子どもの人生は、子どものものですから。

    ユーザーID:0793405281

  • メリハリをつけて

    頑張る時は頑張る、楽しむ時は楽しむ、休む時は休む、じゃダメですか?
    まぁどの道親が決めた通りにはなりませんが。子の邪魔にならない程度に導くならって意味ですよねきっと。

    うちは私の希望としては色んなことをやって欲しいです。部活も友達付き合いも恋愛も勉強も。仕事もきっとこれからの時代やらなきゃでしょうし、つらいことばかりじゃないよ、やりがいを感じられたら楽しいよという背中を見せたいです。

    ユーザーID:9313799972

  • どっちかではなく

    頑張るのがいいけれど、息抜きは必要だと思っています。
    私自身、中学受験のストレスで頭に10円ハゲができたこともあるし、仕事にのめり込んでストレスから婦人科系の病気を持ち手術、不妊症を経験しています。また周りでも真面目な人ほど、精神的な病気を持って潰れているのを見てきたので、やる時はやるけれど程よく手が抜けること、息抜きができること、割り切れることって大切だと思いますね。
    私も子供がいるので、人生そう甘くはないことは覚えて欲しいと思います。だからこそ、色々なことに挑戦すること、怖がらず沢山の失敗を経験するよう子供には言っています。

    ユーザーID:0898701373

  • 時代が違うよ

    あなたのお母さまの生きた時代
    あなたの過ごしてきた時代
    そしてお子さんが進むべき時代

    ちょうど、激動でわかりやすい対比になってますね
    でも、あなたの人生だけでひとくくりにできるほど、
    世の中は単純じゃありません

    今も昔も頑張っている人もほどほどにしている人もたくさんいて
    それなりに人生を送っていますよ


    お子さんたちは平成生まれでしょう
    昭和のがちがち価値観を持ったままであることを自覚しましょう

    結婚する必要もないし
    職業の幅も広いし

    勉強も仕事も頑張らないといけないことには変わりありませんが

    最近の若者は、もっと発想そのものが違いますよ

    そりゃそうですよ
    あなたの時と仕事の内容が違いますもの

    少し視野が狭いと思います

    ユーザーID:4408131950

  • 両極端ですね

    身体を壊すほど働くのか、援助がなければ暮らせないほど遊び暮らすのかの二択になってませんか?
    私は子供たちに、最低限自分のことを自分で幸せにできる程度に稼ぐように育てていこうと思っています。
    自分の幸せにどれくらいお金がかかるかは自分にしかわからないことだと思いますが、学生の内にできるだけ頑張っておけば大きな幸せが欲しくなったときに苦労が少なくてすむことも言い添えています。親としては頑張って欲しいのですが、最終的には子供が決めることですね。

    ユーザーID:6492706490

  • 私も昭和48年うまれです

    勉強も就職も大変だったですね、人数多かったし(笑)
    勉強はしてきたほうですはっきり言って。
    でも、子どもたちには子どもたちの適正と人生があると思っています。
    学生のうちは勉強するのが当たり前、上を目指して努力するのは当たり前、けれどもそれは健康という土台があってこそ成り立つ話です。
    社会人になっても一緒です。
    病むほど働いても、誰も責任とってくれませんし、ほめてもくれませんよ?
    健康であることが何よりも大切です、そしてそれを害さない程度の努力は人として当たり前です。
    子どもたちには、そう話しています。
    上の子は、正直勉強が得意なほうではないのですが(頭筋肉系)、今勉強することが将来なりたいものの選択の幅を広げることになることを話しましたよ。
    大学も行くつもりなかったようですが、そこまでは将来なりたいものの可能性を広げるため・勉強するために行かないと・・・という考えになっています。
    ただ、知識詰め込めばいいという勉強方法はもう古くなりますので、知った知識を自分のものにしてどう実践して行くかが大事です。
    机の前の勉強だけでなく、いろんな経験をさせてあげてくださいね。

    ユーザーID:2841671278

  • あのさ

    アリとキリギリスの話もあるが、
    「はたしてどちらがいいか」
    ではなくて、人それぞれ本性は変えられないから、
    比較は意味ないんじゃないのか?
    アリはキリギリスのように生きても満足できないし、
    キリギリスはアリのようには生きられない。
    トピ主はそれが高じて病気したとしても、
    手を抜くことなどできない、気が済まないはずだ。
    それはトピ主にとってあたりまえな行動、本位なはずだ。
    俺もトピ主と同じようなタイプだ。
    自分の子供にああしろこう生きろと言っても、
    子供の性格のなりようにしかならないし、
    ねじ曲げたり強制したりしたならば、
    それこそ子供にとって不幸のなにものでもないではないか。

    ユーザーID:9569054216

  • 時代によって違うと思ってます

    私は、勉強は全くせずにアルバイトばかりして遊ぶことに必死な高校生でしたが、推薦入学全盛期だったのでテストだけ頑張って推薦でそこそこの偏差値だけど就職率はずば抜けて高い大学を卒業しました。

    お金に困る人生は嫌だったので稼ぐ能力がある男性と出会うために大手企業か公務員にウケる職業に付くと高校生のときから決めていたので、そのために必要な事だけを勉強しました。

    リーマンショックで氷河期と言われた時代にも一流企業に就職し、そこそこ真面目に働きながら、同じく一流企業に勤める高学歴な主人と出会い結婚して、引き続き、そこそこ真面目に働きながら平均以上の収入を貰い、会社の制度をフル活用しながら産休育休の恩恵を受けて、そこそこ楽しく暮らしています。

    主人は必死に勉強して必死に働いて出世して...と真面目な人ですが、全てそこそこな私と会社も収入も同じ。口には出しませんが、非効率な人生だなぁと思います。

    これから女性管理職が増えるので、女性はある程度の年齢まで独身でいてそこそこ頑張っていたら出世もできると思い過ごしていたら同期で1番早く出世しました。そこそこの頑張りなので残業もそこそこで趣味を楽しんできました。早くに結婚出産して戻ってからガムシャラに家事と育児に奮闘して出世する女性たちは真面目で頑張り屋さんで、本当に尊敬します。

    他の人からみたら、私は全て手抜きでそこそこやるだけなので、そこそこな人生になると思われるような毎日ですが私は幸せです。幸せの基準は本当に人それぞれですね。

    その時代で何が優遇されるか何が必要かを自分で考行動できる人間が幸せだというのが私の持論です。

    ユーザーID:8293897660

  • 勉強あんまり、仕事たのしく

    どんぐり子さんと同じ年齢です

    勉強も学校も好きじゃなかったので遊び歩いてました
    でも、仕事は好きなのでバイトはバリバリ働いて
    就職後は終電、徹夜は当たり前レベルで働きました
    お金は何割かは貯蓄、運用に回しましたが
    ほとんど遊びに散財です

    仕事は好きですが、収入よりも仕事のやりがいを重視したため転職ばかり
    貯蓄はあまり増えませんでしたが人生経験は豊富になりました

    そんな私は息子に
    「最終的に就職できれば勉強も運動も出来なくて良い
    ただ、好きなことを仕事にした方がお勧めだよ」
    と教えています

    人生のテーマは「今、死んでも『良い人生だった』と言える」なので

    ただ、人にはそれぞれ適正というものがあるのでだれにでも当てはまるわけではありませんよね
    私の分析では我が家の息子はコツコツ勉強して、堅実な人生を歩んだ方がストレスが少ないように思います

    ですから、どんぐり子さんにもお母様にも娘さん達にもそれぞれの適正があるので、自分の人生の良し悪しは自身で決めたら良いと思いました

    お母様の言葉がひっかかるのは自分を否定されたため
    娘さん達に自分と同じ人生を歩ませようとしているのは自分を肯定したいため

    子どもには人生の先輩として教えられる事は伝えて
    後はそれぞれに任せた方が上手くいくのではないでしょうか

    生き方の正解は自分で決めるものですから

    ユーザーID:9318500407

  • 私は何も頑張れないタイプです

    元々体が弱かったので無理しては倒れることが昔から良くあり、後育った環境もあるのですが一生懸命頑張ることができない性格で勉強もやらず入れる学校に行き、入れる会社に入り…みたいなダメダメな人生です。私の場合頑張れない自分は恥ずかしいというか肯定的には思っていません。頑張れる人や努力した人を凄く尊敬しています。夫がとても頑張る人で勉強も仕事もいつも全速力、心から尊敬します。なので今は頑張る夫をサポートしたり癒しを与えることが自分の存在価値意義かと思ってます。
    これもって生まれた性格と育った環境じゃないかなって思うんですよ。
    私は自分で自分の人生を切り開ける人はかっこいいし魅力的だと思います。そのまま進んでいただく方がいいと思うのですが。だって自分を誇らしいと思いませんか?

    ユーザーID:6966968359

  • 追記です

    お子さんをどのように導くかですが、私も就職氷河期世代、トピ主より下の世代で既に高卒時点で氷河期でした。私としては何かこれ、という自分では自信を持てる特技持たせたいと思って子供には習い事を頑張らせています(やりたい本人の意思もあります)。
    これからの世代は画一的な詰め込み人間ではなく恐らく発想力が豊かだったり何か一つ秀でたものがある人が尊重されると思うので。
    詰め込みがむしゃらではなく、お子さんが何に興味があるか見極めるか聞き出すかして資格を取らせたりその道のエキスパートになったりを目指させては如何でしょうか。勿論人より何かに秀でるということはそれなりの努力は必要なのでちゃらんぽらんでケセラセラではいけません。女の子もこれからは男性に頼らず自活出来なければいけない時代だと思います。
    お母様の生き方は昭和世代までに許された生き方令和の今、もっと女性は自立が望まれていますから。

    ユーザーID:6966968359

  • 理由がお金?

    私は、勉強は決して嫌いではありませんでしたが、努力するということが苦手だったので、そこそこにしかしませんでした。仕事に至っては、いかに楽をするかを考えた結果、流れ流れていまの職場に来たという状況です。

    そんな私ですが、べつにお金には困ってません。
    おそらく、ほとんどの公務員の人より、私の給与のほうが多いだろうと思います。

    でも、努力というものができない私からしてみると、さんざん頑張った結果として求めるものがお金なんて、それはむなしい気がします。
    頑張るということができること、そしてその結果として自分の標準の力以上の成果を出せるという経験が、人生を豊かにするんだろうと思ってたからです。そこには、お金なんかじゃ買えない、何かがあるんだろうと。

    もし、トピ主さんがお子さんに、お金に困らない人生を送らせたいなら、頑張ることよりも、要領よく成果を出す方法を考えさせたほうがいいんじゃないでしょうか。
    それが楽しい人生かどうかは、わかりませんが。

    ユーザーID:6371332881

  • ガムシャラにやったから

    私も、学生時代は勉強をし、
    20代は深夜まで仕事をし、国家資格をとり、
    30代で結婚と同時に、独立開業。
    現在子育てをしながら、新しい事業を準備しているところです。
    そのために、新たにいくつかの国家資格も取得しているところです。

    私は自分が勉強体質だと思いますし、
    仕事が好きなんだと思います。

    そこそこの大学も出れて、
    私は母に感謝しています。
    勉強の仕方、集中力、
    そして環境の近い友人達を得られましたから。

    その中で余暇を過ごすことは、もちろん可能です。むしろお金をかけることもできるから、
    選択肢の幅が広がります。

    押し付けるのはどうかなと思いますが、
    案外楽しく勉強するようなら、
    機会は与えてあげた方がよいのでは、と。
    また最近はコミュ力ですね。
    ここを延ばすのを忘れない前提で、
    環境を整えてあげるとよいのかなと思いました。

    えらそうに言いますが、我が家もこれからです笑

    ユーザーID:8888237995

  • 頑張り方や目標感の問題ではないのか?

    トピ主は

    「頑張り」=「それにかけた時間・手間」

    という定義で話をしていますが、そういう問題ではないでしょう。



    世の中では、「頑張った!」という人は、「時間をかけた」ということをアピールしたがりますが、

    ▲間違ったやり方で時間をかけても、成果にはつながらない

    ということを忘れている人が多すぎます。



    >自分の知能が高くない、ということがわかっていたので、人の2倍、3倍勉強するしかありませんでした

    >仕事をしていた時は土日出勤も当たり前、一日15時間くらい働いていました。そんな人生なので、ストレスや過労で倒れることもたびたび

    そこまでして成果(最終学歴、職歴)はどうでしたか?



    大学は可能なら最高学府が良いでしょう。でも、職業は公務員だろうが何だろうが問題ではなく、

    「本人が、何を目指して、“自分が幸せだと感じること”が実現できたか」

    ではないのでしょうか?



    トピ主は何がしたかったのですか?
    頑張っているアピールだけですか?



    そういうことです。

    何の目標感もなく、
    目標を達成するための何の工夫もなく、
    長時間勉強、労働するだけでは、徒労感が漂うだけでしょう。



    ウチにもチビがいますが、

    ●将来、社会に貢献できるような人になること

    ●そのために、可能な限り多くのことを(工夫して)勉強すること

    (健康であること、他人に思いやりがあることは前提として)

    を意識するような教育をしています。



    具体的な目標もなく時間だけ頑張る人生に意味はありません。

    また、トピ主母のような、「努力したくない人」は世の中に山といますので、そんな人を意識することも意味ありません。

    ユーザーID:0117749473

  • 楽しさと投資

    私は子供がいないので想像ですが…勉強の楽しさと投資を子供に教えたいかな?と考えました。

    嫌なことでも楽しくやる視点を探し、効率的に努力して結果を出す…これが身につけば、仕事や結婚などにも応用できる人間に育つのではないかな?これからは労働を頑張ってもそれほど報われず、ピケティの言うように労働より投資のほうが資産が増えるのでは?と思ったからです。

    私自身、勉強・仕事・恋愛・結婚…努力したし、努力するのも楽しかった。結果、高収入で優しい夫と結婚。病気で仕事は辞めちゃったけど、家計を任されたので色々勉強してたら、投資でそこそこ稼ぐようになりました。

    ユーザーID:0774288642

  • なぜ二者択一なのか意味不明

    どんなに優秀な投手でもいつも全力投球で連投すれば肩が壊れますし、かといっていつもさぼっていれば、それは宝の持ち腐れでしょう。何もかも100%かそれ以外か(0点)という考え方は特に子育てにおいては危険だと思います。80点で何が悪いのでしょう。大学の単位なら60点で取れます。それのどこが悪いのか、他の科目が優なら別に良くないですか。

    「やるときにやる」「(手を)抜けるときは抜く」というメリハリが必要だと思います。白と黒しかない人生って無味乾燥ですよね。「○○しか認めない」「○○するべき」という考え方は一歩間違えるととても危険です。とくに育児においては。

    トピ主さん「普通の人々」という小説(映画にもなっています)ご存じですか。ある家族の物語なのですが、母親の考え方が0対100の考え方なのです。最後彼女は家族を捨てて家を出てゆき、残された父子が家族として再生する希望を暗示して物語が終わります。トピ主さんがこの轍を踏まないよう望みます。

    ユーザーID:5401463426

  • 自分で答えを出しましょうよ

    >人生何が楽しいの?
    それに明確に答えられないからモヤモヤしてるんでしょ?
    自分でその答えを考えてみましょうよ。
    自分の人生で何が楽しいのか?人生の目的は一体何なのか?自分と同じ人生を胸を張って子供に勧められるのか?
    脇目も振らず勉強に仕事に邁進した結果、今が本当に幸せなのか?

    赤の他人の私には全くわかりませんが、ご本人ならわかるでしょ?
    答えを知っているのはトピ主さん本人だけだと思いますよ。

    ユーザーID:8581639539

レス求!トピ一覧