うつ病について

レス1
(トピ主0
お気に入り3

心や体の悩み

あさひろ

はじめまして、私は、9年間働いていた会社を長時間労働(残業月平均:60時間〜75時間ぐらい)や上司からのパワハラ等のハラスメント行為に身体が悲鳴をあげて、7月から休職していました。
ストレス障害を患い、復職するにも社内環境は変わらずに家族と相談して年末までに退職する方向になりました。
妻や子供との時間も不足して、クリスマスもここ7年ぐらいは一緒には過ごせていませんでした…。
今は体調も落ち着いてきたので主治医は転職活動をしてもよいと許可はえてますが、まだ一歩踏み出しておりません…。

皆様は、家族や友人から励まさせられたりした言葉やエピソードはありますか?

ユーザーID:3039240480

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数1

レスする
  • 救われたこと

    残業続きだった頃、自分でも仕事が好きだと思ってた。
    それで女房は私に怒ってた。
    残業代がなくても家計は大丈夫だから、せめてもう少し仕事セーブしろと。

    でもまあ、好きってこともあって一生懸命働いてた。
    ヒラから係長くらいはすぐになれた。
    給料が上がったから喜んでもらえると信じて疑わなかったけど、意外な反応。
    そんだけ家族を顧みずに働けば出世して当たり前。
    これで出世せんかったら逆に会社がおかしいいわ。と。

    そしてやってきた業界不況。
    同僚が一人欠け、二人欠けても補充はなく、自分一人で全部カバーしてた。
    カバーしちゃうと問題のない部署として逆に欠員補充されなかったみたい。
    誰もカバーしていなくてズタボロになっていた部署はテコ入れと称してベテランが補充されたのに。

    で、ご多分に漏れず倒れた。
    自分の体調管理の悪さを悔やんだりもした。

    女房に「そらみたことか」とイヤミの三つも四つも言われると思って覚悟した。
    あんなに働き過ぎを注意していたのに、いう事を聞かないから自業自得だと冷たくあしらわれると思ってた。

    違った。
    烈火の如く怒ったのは会社に対して。
    入院していて後で聞いたんだけど、ウチの大事な亭主に何してくれてんねん!と阿修羅のごとく人事部に猛抗議の電話を入れたらしい。

    なんか嬉しかった。

    で、まあ燃え尽き症候群とでもいうのでしょうか。
    体も心も折れて退職することにした。
    女房が自分に味方してくれるという後押しもあった。

    退職手続きの時にひょっこり人事部長がやってきて、奥さんにめっちゃ怒られたと頭をかきながら謝ってくれた。
    二度と僕みたいなことがおきないように善処すると約束してくれた。
    そして奥さんにお詫びだと退職金を随分優遇してくれた。
    なんか救われた。

    うちのかーちゃん、えげつないやろ?
    せやけど何が今大事なんかよーわかってるイイ女やねん。

    ユーザーID:5849370325

レス求!トピ一覧