体調管理も仕事のうち?

レス42
(トピ主0
お気に入り55

キャリア・職場

クルトン

子供の頃から喘息持ちで、季節の変わり目や疲労、風邪をひいた時などかなり体調が悪くなります。先日風邪をひいてしまい喘息も悪化。職場の方々には申し訳なかったのですがお休みをとらせていただいたのですが、その時に上司から体調管理も仕事のうち、風邪も持病も自己管理をしっかりして下さいと言われました。普段からマスクをして喘息予防の吸引やお薬の摂取、うがい手洗いの徹底、風邪の予防に効果的というR1などの各ヨーグルト、ビタミンC、マヌカハニー、プロポリス、緑茶などの摂取を毎日心がけていた上での結果でした。体調管理も仕事のうちと言われるとすごく悲しくなり落ち込みます。仕事を休むと周りの方々に迷惑がかかるので本当に申し訳ないと思っているところにわざわざこの言葉で釘を刺すのって必要ですか?体調管理を気をつけていても体調を崩すひとっていると思うのですが...皆さんはどう思われますか?

ユーザーID:7868885847

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数42

レスする
  • 悲しくても仕方ない部分がある

    うん、喘息ですとか体質もあるんで体調を崩すこと=本人の怠慢だと決めつけるのは違うとは思います。
    ただその「管理も仕事のうち」というのは確かにそうで、それが追いつかないのであれば虚弱体質ということで、良い評価にはならないのは仕方ないと思う。
    その辺の厳しさは職場によりますけどね。

    できる限りのことをするしかありません。
    それでダメなら「申し訳ない!」で対応するしかない。
    身体が強い人に弱い人の気持ちはわからないもんですから。

    ユーザーID:6952661603

  • 仕方ない

    だから嫌味を言われる程度で済んでるんじゃないですか。
    他の人が体調を崩したり、やむを得ない事情で休んだ時は頑張ってサポートしてあげてください。

    ユーザーID:3131986791

  • 何度も続くならどうにかしてよ、と思います

    あれ飲んでから飲んでじゃなくて、
    身体そのものもを強くしてください。

    ユーザーID:1783389120

  • 確認したいんだけど、

    >喘息予防の吸引やお薬の摂取、うがい手洗いの徹底、風邪の予防に効果的というR1などの各ヨーグルト、ビタミンC、マヌカハニー、プロポリス、緑茶などの摂取を毎日心がけていた上での結果でした。

    上記を上司は知っていてのセリフでしたか?

    それなら、もう少し言い方が、、と思えます

    けど、知らない・喘息なのは知ってると言うなら、言われるでしょうね

    だって、本人は分からないんだから
    身内に喘息の方が居たら言わないでしょうしね

    本人にしか、分からない
    本人しか、自覚出来ない

    様な事をいちいち気にしても仕方なくないですか?
    あなたは、あなたなりに努力した
    けど体調を崩した、それだけです

    私は言われても、気を付けてたんですけどねーすみません!で終わらせます

    体調管理も仕事のうち

    この定型文は、昔から言われてるので気になりませんよ

    ユーザーID:1572705119

  • 目に余ったのかも

    体調管理も仕事のうちって、当たり前だと思います。
    もちろん、それでも体調を崩すことはあると思いますが、
    頻度の問題ではないでしょうか。

    もしかして、季節の変わり目ごとに体調不良で休んでいますか?

    私、病弱だから、と言われて、急な休みに対応しなければならないのを
    季節ごとに繰り返しているのなら、同じ職場の人がどう思っているか
    想像できませんか?

    トピ主さんは、少し無理がたたっても体調を崩すことがなくてその結果、
    体調を崩す人のフォローばかりさせられている人の気持ちなんて
    わからないですよね。

    上司としては、一応言っておかないと、フォローしている人達に
    示しがつかないから、という部分もあるでしょう。

    体調が悪くて急に休むんだったらいっそ辞めてくれたほうが、
    元気な人を雇い直してもらえるのに、と
    思っている人もいるかもしれません。

    申し訳なく思われても、フォローしている方からすれば
    迷惑をかけられていることに変わりはありません。

    体調不良の人に対してあからさまに批判なんてできません。
    仕方がないこともわかっているし、体調管理に気をつけていることも
    知っている。

    だけど、忙しい時に体調不良で休まれて、それが季節ごとに何年も続いていたら。
    いい加減、嫌になると思います。

    ユーザーID:6122667630

  • 仕事のうちでしょう

    介護現場で働いているので、体調管理も仕事のうちだという意識がずっとあります。
    1人休むとその穴はものすごく大きいですし、人間相手の仕事なのでその日の仕事を翌日に回すこともできませんから。

    喘息の管理がうまくいっていないようでしたら、病院を変えてみてはいかがですか?
    私の夫は喘息持ちです。
    いくら注意を払っても冬になると悪化しますので、呼吸器内科を転々とし、ついにいいドクターと出会ってからは発作を起こすことはなくなりました。

    持病のない人と比べて大変だとは思いますが、上司がそう言ったということは、職場ではもう「ああ、またか(溜息)」と思われているということでしょう。
    あれもしてこれもしてこれだけしてても発病するものは仕方ない、病気になりたくてなってるわけじゃない、と開き直りたくなる気持ちはわかりますが、その結果職場の方々に迷惑をかけている事実は変わりません。
    そもそもの原因である疾患をどうにかコントロールする。
    それでもダメなら「申し訳ありません」と頭を下げ続けるしかありません。
    あなただって病気になりたくてなったわけではないでしょうけれど、あなたが同僚でなければ被る迷惑もなかったわけです。
    辛口だけど、あなたの心情がどうであれ、迷惑をかけているという事実に変わりないということです。
    くれぐれも開き直ったような態度を出してしまわないように。あなたが悪いわけじゃないにしても。
    お気の毒だとは思いますが。

    ユーザーID:8759060555

  • 上司の言葉は間違っている?

    「体調管理も仕事のうち、風邪も持病も自己管理をしっかりして下さい」
    この言葉に何の間違いも無いと思うのですが。

    「自己管理がしっかりしないから休むことになったんです、どれだけ迷惑を掛けているか自覚していますか?」と言われたなら不適切だし怒るのもわかるけど。

    言われたことは「これからさらに気を付けてください」という上司として当然の言葉ではと思います。

    ただ、身体の強さには個人差がある、不摂生しまくっていても元気いっぱいの人もいれば、トピ主さんのように人百倍、細心の注意を払って気を付けていても体調を崩してしまう人もいる。

    心の中で「十二分に気を付けているんですが、体質でこうなってしまうんです。これからも今以上に気を付けるつもりではいますが。あなたみたいに丈夫な人が羨ましい」と思っておけばよい話では。

    その上司も、ただの知り合いの関係なら「クルトンさんは体が弱くて大変よねえ。人一倍気を付けているのに体調を崩してしまって本当に気の毒。よく頑張っていると思うわよ。」「休んで周りに迷惑を掛けてしまって申し訳ないって?でもそんなの仕方ないわよ。貴女も迷惑を掛けたくて掛けているわけじゃないもの。こういうのはお互い様なんだし気にしなくていいのよ。それより体気を付けてね。」などと言ってくれるかもしれない。

    でも上司の立場なら、そんな風には言えない、そんなこと言えば職場の責任者として無責任、やはり、実際に言ったように発言するのが適切だと思います。

    貴女が悔しく悲しい気持ちはわかるけど、少なくとも職場の人には「上司の発言酷いよねえ」という話はしない方が無難。こぼすなら職場外の人に。

    ユーザーID:0905673035

  • 有給の範囲内かどうか

     これだけで判断出来ないですね。それと日頃から仕事の進捗を解るようにしてるかどうか、貴女にしか解ら無い受け持ちで期日間際とかの有無も。

     それ等でも感じ方が変わります。

    ユーザーID:9493132941

  • 体調管理も仕事のうちです

    はい、その通りです。

    労働力を提供することが従業員の義務ですよ。

    新卒・中途にかかわらず採用試験では健康診断を実施します。
    これは、継続的に勤務可能かどうかを判断するためで、労働法的にも認められています。
    採用時に提示された勤務日数を前提に、会社は人員や業務量を決めているのです。

    ユーザーID:7910586142

  • 適切な体調管理

    先ほど、厳しいレスをしてしまい申し訳ありませんでした。
    そのお詫びに、体調管理について少々。

    喘息を軽く考えていませんか?
    ガンや心臓疾患をもって勤務されている方と変わらないのですよ。
    どの様な病気であろうと休んで仕事に穴をあけることは同じですから。

    喘息は免疫疾患ですから、体力と免疫力の維持が基本です。

    ・体を冷やさない、部屋を暖める
     重ね着で周囲の温度にすぐに対応できるように

    ・湿度維持(特に喉と鼻)、部屋は常に湿度40%以上。

    ・マスクは適切に装着していますか? 隙間があれば無意味ですよ
     近所でも家を出るときは必ずマスク装着していますか?
     職場でもマスク装着していますか?

    ・サプリ関係はほどほどに、ほとんど気休めです
     効果があるのはビタミンC位、ビタミンB群も同時に、
     BCは水溶性ですから、いくら飲んでも不要分は排泄されます
     薬用効果を求める場合は1日VC2g、三食に分けてと言われています
     他のビタミン同様に本来は食事で賄うものですがね

    ・三食きちんと頂いて、体力を維持しましょう。

    ・定期的に医者に通っていますか?生活指導は受けていますか?


    私も以前喘息もちでした。仕事で抗アレルギー薬開発にも携わりました。
    その結論が上の事項です。

    ユーザーID:7910586142

  • よく分からない健康食品はともかく

    腸内環境を改善すると免疫力もあがるのは学術的にも証明されてますが、それ以外って医学的根拠はあるのでしょうか?

    そのような健康食品の摂取より、適切な睡眠時間や適度な運動、人混みを避けた生活の有無が気になります。

    あと、ある程度、業務量に余裕がある時期に休んだのか、繁忙期だったのか、の情報もないですよね。

    例えば、ですが、旅行へ行った直後に風邪をひいて繁忙期に休んだなら、本来は適切ではないとしても、ボヤきたくなる上司の気持ちはわかります。

    私も体が弱いので、気持ちは分かりますけどね。
    子が大学受験のときは、スーパーは開店直後の人が少ない時間に短時間で済ませる。人混みには行かない。公衆トイレ(店舗のトイレ含む)も利用しない。との生活をしていました。

    受験が終わり、数ヶ月ぶりにイオンに行ったときにはテンション上がりまくりでした。
    本気で感染症をさけるなら、上記くらいはするものだと思います。

    ユーザーID:9602133958

  • 上司が嫌な役を引き受けた

    私も咳喘息持ちですし、体調を崩しやすいのでトピ主さんの気持ちは理解できます。

    ですが仕事は結果が全てです。本人がどんなに体調維持に努めても急な欠勤をして周りに迷惑をかける事実は動きません。
    体力があり健康に自信がある方は、体が弱い人は努力不足と決めつける人がいます。トピ主に同情してくれる人もいるとは思いますが職場は色んな人がいます。それを取り纏めて上司は苦言を呈したのではないですか?

    色んな努力をしても季節の変わり目は風邪を引いてしまう、喘息がうまくコントロール出来ないのなら転職も視野に入れましょう。現在の職種が分かりませんが、可能ならフリーランスとか自分で全ての責任を負う仕事が良いかも。

    ユーザーID:5698654795

  • 会社の面接時、体調を万全に整えて受けませんか?

    会社は万全のあなたを見て採用したわけですよね。
    「実はそれは普段の私ではなく、普段は風邪引きまくるのが本当です」
    となったら、それは詐欺ではないでしょうか?

    面接時の万全の健康の状態で毎日の仕事に臨むのが誠実さではないですか?

    それから、トピ主さんは

    >普段からマスクをして喘息予防の吸引やお薬の摂取、うがい手洗いの徹底、風邪の予防に効果的というR1などの各ヨーグルト、ビタミンC、マヌカハニー、プロポリス、緑茶などの摂取を毎日心がけていた上での結果でした。

    などと言っていますが、そういうのはあくまで補助的な健康のためのものですよ。

    本当の健康は
    ・規則正しい生活時間
    ・しっかりと取る睡眠
    ・バランスのとれた手作りの食事
    ・適度な運動
    この四つができてないとなりません。

    抵抗力をつけるためにはしっかりと体温をあげること。
    体温が低いと風邪にかかりやすい身体になります。

    トピ主さんが書いたような補助食品だけでそんな身体を手に入れようなんて都合のいい話です。

    朝昼晩のご飯は手作りしていますか?
    根菜類もしっかりとっていますか?

    健康な身体を作りましょう。

    ユーザーID:1406401121

  • いや詐欺は言い過ぎだけど…

    体調管理も仕事のうちってごく当たり前のことですよ。
    それぐらいで悲しいだの落ち込むだの言われるんじゃ、
    今どきの会社の上司ってのも大変なんだなぁーってのが
    トピ読んだ感想ですかね。

    ユーザーID:0820141650

  • 結果がすべて

    普段からどんなにサプリ飲んでてケアしてても、風邪ひいて会社休んだらそりゃ言われるでしょう。

    上司にあれこれ言われたくなければ風邪ひかないように体鍛えて疲れ溜めないように体調管理すべきですよ。

    >普段からマスクをして喘息予防の吸引やお薬の摂取、うがい手洗いの徹底、風邪の予防に効果的というR1などの各ヨーグルト、ビタミンC、マヌカハニー、プロポリス、緑茶などの摂取を毎日心がけていた

    ↑これって結局無意味だったってことですよね?
    結果風邪ひいてるんだから。

    要は結果がすべて。

    落ち込んでるヒマがあったら運動して体力つけたらどうですか?

    ユーザーID:7204316914

  • 私生活の自由には、結果責任が伴います。

     体調を崩したことには同情いたします。

     でも、それはあなたの事情です。仕事という契約を正常に遂行出来なかったのはあなたの責任ですよ。他者にはあなたの体調がなぜ崩れたかは分かりません。二日酔い? 遊びすぎ? 疲労管理のミス?? 仮にそうでも、会社や仲間にとっては、その理由は実質的に関係がありません。

     例え、前日に遅くまでデートをしても、変な物を食べても、ファション重視で身体が冷える服装が好きでも、人混みでマスクをしなくても・・、ちゃんと正常に仕事をしてくれれば、会社は口を出しません。会社にとって大切なのは仕事であり、社員のプライベートではありませんから「どんな私生活をしていても」「正常な仕事を提供」すれば、その様なことは言われないのです。

     言い代えると、「どんな生活をしていても」「正常な仕事を提供できない」場合は、その前提になる私生活を見直せと言われることになりますよ。

     あなたが何を食べようが、どんな運動をしようが、どんな休日やアフター5をすごそうが・・自由です。その自由があるから、結果責任を求められます。

     社員は会社に「労働力」、会社は社員に「報酬」を払うのが労働契約です。約束したものを提供できなければ、問題です。
     立場を代えて、会社が給料を「遅延」したり「未払い」になっても構いませんか? 景気が悪くなった・・他社の倒産のあおりをうけた・・ 殆どの会社には悪意はなく、外的要因があるはずです。わざとではないと言われたら、あなたは一言も文句を言わないのでしょうか。普通は責任を指摘しますよ。
     
     会社でも約束したもの(給料)を正常に提供できなかったら、基礎体力(組織体力)の不足や健康管理(経営管理)の責任を指摘されますよ。 

     素直に受け止めて、会社や仲間に迷惑をかけたことを認識して下さい。
     その上でベストを尽くして下さい。 

    ユーザーID:7240094387

  • 甘えないように

    当たり前のことです。
    きちんと体調管理してください。

    むしろ、何も言わない上司の場合、トピ主をフォローしている人たちから「なぜ注意しない」と言われますよ。


    ちなみに私はフォローする側になることが多いです。こっちの予定だってあるのに予定変更は必要だし、そのせいで私の周りの人の都合も変更になる。正直、勘弁してくれと思っていますよ。

    ユーザーID:2499763311

  • 努力は分かりましたが・・・

    トピ文だと今回風邪を引いての上司の発言ですが、トピ主さんが体調不良で会社を休むのはこの一回ではなく、これまでもよく休んでいたのでしょうか?
    だとしたらそこはちゃんとトピ文に書いておくべきです。
    一回休んだだけで上司から言われたのなら、風邪くらい誰だって引くでしょうよ、って厳しさも感じますが、これまでも休む事がチョコチョコあったのなら言われても仕方ないと思います。

    もちろん人間だから体調管理しているつもりでも100%は無理です。
    そこはお互い様で、自分も休む事があるから、誰かが休んだらカバーするものです。
    でも、トピ主さんだけが他の方と比べて明らかに欠勤が多いのなら、上司から言われるでしょうね。
    もしかしたら欠勤の間に同僚の誰かが上司に不公平だと訴えた可能性もありますし。

    トピ主さんがあれこれ飲んだりしている努力は分かりますよ。
    ただ、それが上司や同僚に理解されている所までは至っていないのでしょうね。
    喘息持ちなのはトピ主さんの事情であって、他の同僚とっては欠勤は欠勤に変わりない。

    どうしても納得いかないなら、面談をしてもらって、自身の体質と日頃これだけの事をしているというのは伝えておいては?
    だからといって欠勤を快く受け入れてもらえるかは別の話ですが。

    やはり自身や身近な人間がその病気にかかっていないと理解しにくいものなんですよ。
    喘息持ちは辛いんだから察してよ、では察してもらえませんよ。

    ユーザーID:8175707860

  • そうですね

    すでにレスされている方と同じ答えになりますがやはり、体調管理も仕事のうちでしょう。
    私は虚弱体質でしょっちゅう体調を崩します。食事や睡眠には気を使い、暴飲暴食、夜更かしはしません。疲れてきていると感じたらすぐに体を休めます。それでも、崩す時は崩します。でも、私は体調管理も仕事のうちとは言われません。
    体調管理していることを職場の誰もが知っていますし、伝えています。そして、万一休んでも大丈夫なように常に根回ししています。多少の体調不良なら休まず出勤します。その結果、虚弱だけど、頑張っていると一定の評価をもらっていると思います。
    私の場合、子供の頃から虚弱なので、人に迷惑をかけない、集団からハブられないためにはこうするのが一番だと学んでいます。

    ユーザーID:9378959466

  • 休む頻度による

    ふたつの意味として取れます。

    1.休む頻度が多い
    「日頃からもっときちんと管理してください」と言う意味。

    トピ主の対策は日常的に行われているようですが全て外的な部分に頼ってますよね
    生活習慣の見直しはされましたか?
    運動不足や睡眠不足な部分はありませんか?

    2.ダラダラと休みが続くことが多い
    体調不良で休んでも病院に行くことなく
    市販の風邪薬で様子見ようってする人いますよね。そう言った場合、次の日も休む可能性も高い。
    「体調管理も仕事の内なんだから病院できちんと見てもらって最善の処置をとってください」ってことでは?


    私の上司なんかは2番の考え方です。
    会社を体調不良で休むのならきちんと診察してもらってどこが悪いのかきちんと把握しなさいっていう感じ。
    だから休むことを伝えると必ず病院に行くように言われます。
    自分自身多少の無理しても出勤するタイプなので休むときは結構ヤバい時
    (自力で行って「これは救急でくるべき」と言われること)が多いですけどね


    でもいくら私はこれだけ対策をしてる!
    って言ってもそれを上司が見えてなきゃ知るわけもないし
    何だか摂取する事ばかりだけど
    運動不足解消とかの生活習慣の見直しとかはされているんでしょうか?

    ユーザーID:0582916775

  • 上司は自分の仕事をしているだけ

    釘を刺すのは必要です。

    理由1
    いつでも酷い症状ではないはず。
    休む必要があるか無いかの判断に悩む症状もあるはずです。
    そこで頑張って出勤するか休むかを決める時、釘を刺す上司がいれば頑張ろうとも思えるし、ゆるい職場なら休めばいいじゃんとなります。
    気持ちを引き締めるストッパーとして時には釘を刺すことも必要なのです。

    理由2
    他社員の手前。
    クルトンさんが何度も休んでいると「この職場は簡単に休める」と他社員たちが誤解しかねません。
    全員がクルトンさんにならって休み始めると会社は困るのです。
    「クルトンさんも簡単に休んでいるわけではないよ、注意しているよ」と他社員に言えるようにしておく必要が上司にはあるのです。

    ユーザーID:8512504479

  • 頑張ってください

    自己管理、体調管理は管理職が言ってはいけない言葉です。
    機械仕掛けのロボットじゃあるまいし、人間どんなに気を付けていても風邪を引くときは引きますよね。
    誰しも好きで病気になるわけではないのにそんなことを言われると本当に腹が立ちますし、働く気が無くなります。

    うちのとある社員さんが、先の冬にインフルエンザで週末を含めて5日間休んでおられたのですが、管理職の人から嫌味を言われたらしく、今年の夏のボーナス前に辞めてしまいました。
    退職理由は一身上の都合だったとのことで、止める手立てもなく。
    長いこと勤めていた方だったので頼りにされていた人だったのですが、その人がいなくなると仕事が滞るようになり、嫌味を言った管理職の人は人員が補充されるまで3ヶ月間毎日サービス残業していました。
    他の社員さんたちは、子供たちや主人が帰ってくるので〜生活があるので〜と定時帰り(笑)。
    結局、人の弱みにつけ込んで嫌味を言う人は、思慮が浅く、後で自分がしんどい目に遭うということがわからないのですよ。
    自己管理、体調管理をしっかりせよと言ったところで、人に嫌な思いをさせるだけであって、部下を管理する人がそのような人だと、救いようがないのです。

    トピ主さんもそのような上司でさぞかしお辛いでしょうが、今は耐えて頑張ってください。
    いつかその上司が病欠したら、言ってやったらいいですよ。
    体調管理はどうしたんですかあ?って。

    ユーザーID:1377119043

  • 出来ることはやってるのに、いわれ続けるのはパワハラだと思う

    体調不良、誰でもありますよね。


    インフルエンザの予防接種って皆さん全員受けてますか?
    それでインフルエンザになったら、「体調管理」してませんよね?
    それを毎年、繰り返してますよね?

    今のどの職場もその程度です。
    夫の職場でやっとインフルエンザ予防接種が無償化しました。

    そんな状況で、治癒もない、完璧にはできないであろう「喘息」の体調管理をしつこく良い続けるのは、管理職として、パワハラ行為です。

    もっと「喘息」を理解するべきです。

    それでどうしても「喘息」患者が、仕事にならないなら上に掛け合って異動を申請するべく、本人と相談するのが、管理職としての仕事の本筋です。

    どうして「喘息」患者だけ、嫌みを言われなければならないのですか?

    ほんと、この国の倫理観はおかしいです。

    ユーザーID:3779170406

  • 環境もあると思います

    ある時から毎月熱を出していました。
    疲れてるなと思ったら早く寝るし、ご飯もちゃんと食べていたし、
    マスクは家を出てからずっと付けていたし
    手洗いうがいもしていたし・・・
    それでも毎月体調が悪くなり、微熱が続いたり、高熱だったり
    本当に大変でした。

    今はその職場ではないので年に1度くらいしか熱を出さなくなりましたので
    環境要因もあると思います。
    だから、それだけやってるんだということはアピールすべきだと思います。

    ユーザーID:6008503518

  • 「仕事」ですから

    雇用関係は、労働力を提供し、対価として報酬を得る、というもの。
    そういう契約を結んだ以上、約束した労働力の提供を求められるのは当たり前。
    上司は監督する立場にありますから、欠勤する部下に一言言うのも仕事のうちです。
    家族か友人関係なら冷たい言い方に聞こえる話でも、仕事ですもの。
    体調管理は求められて当然です。

    ユーザーID:4124483111

  • ふだんの仕事ぶりと、体調不良の頻度

    うちも夫婦で喘息持ちなので、カゼをひきそうな時の漢方薬、ひいた時の西洋薬、喘息悪化した時のあれこれなど、早目早目に対処してはいます。最大の予防は、冬季は特に人ごみを避けることでしょうか。通勤は自家用車、イベントなどもほとんど行けません。

    それはともかく

    > 申し訳ないと思っているところにわざわざこの言葉で釘を刺すのって必要ですか

    トピ主さんのふだんの仕事ぶりと、体調不良の頻度、申し訳ないという時の態度によっては、注意するのも上司業務の範疇だと思います。
    ふだんから仕事ができる方でなく、ミスに対して言い訳が多い場合などは、体調管理も同じ調子で適当にしていると思われそうです。

    > 風邪の予防に効果的というR1などの各ヨーグルト、ビタミンC、マヌカハニー、プロポリス、緑茶など

    個人的には、何かポイントがずれている気がします。上司も何かを感じ取って注意したのかもしれませんね。

    ユーザーID:0089031534

  • まあ正しいかな

    厳しい言葉を言われるのはまあ〜仕方がないところだ。

    本気で向き合っているのは重々承知なんだけどね。
    でも、いきつくところまで行ってしまう部分が何とかならないのか。

    ここが重要なんだよね。
    トピ主さんはさ、トピ文を読む限りは『予防』に意識が偏っている。
    でもね、悪化させないため部分って大事なんだ。

    体力とか代謝という人間が本来持つ力を高めることはしてきたのか。
    所謂自己免疫機能をいかに高く維持できるかって大きいんだ。

    いや、ご本人でないとわからないし、喘息があると大変なのは分かる。
    (自分は小児喘息程度だったから高校の頃には体質が変わったが)

    それと小学校の頃までは月1回は熱出して学校を休んで病院に行っていた。
    当然、体力などがついたこととか色んな理由が自分にはある。
    それでも小さい頃の経験から超初期症状を自分で察知できるようになった。

    だから、悪化せずに回復することも大人になって多くなったし、
    悪化を遅らせて週末に高熱でダウン→丸一日寝続けて回復
    なんてことも多くなったんだ。

    体力づくりと代謝を良くする部分に目を向けませんか?
    運動(ホットヨガとかも含め)することで体力と代謝を向上させる。
    身体の内部体温を高める。(葛根湯とか生姜とか)

    何となくね、ウィルスとか菌を防ぐ行動ばかりなんだよね。
    そうじゃなくてウィルスとか菌に対抗できる身体を作る…
    そういった方向の努力がイマイチ抜けている気がするんです。

    ユーザーID:4152805917

  • 他人には、本当に病気か、さぼりか、わからない…

    主さんは
    職場の他の人たちがどれくらい健康だとか
    どれくらいお金あるのか
    あるいは手間暇のかかる家族がいるのか
    全部、把握していますか?
    よく知らないでしょ?



    他人には
    主さんが本気で本当に病気なのか?
    病気を口実にさぼる癖のある人なのか?
    わからないんですよ
    まして、どれくらい気をつけているのかなんて
    興味もないし、知りようもないし


    他人にわかるのは
    とにかく、始終休まれて、他の人に迷惑だってことだけ…

    そういう点で、主さんは職場の人に「わかってほしい。わかってもらえてるはず」と期待しすぎだと思います
    期待値下げた方が気分が楽じゃないですが?




    それから、「健康のために努力している」というのは「健康のためだから、普通は嫌なことだけど、続けている」場合しか他人は評価してくれませんよ

    例えば、「体力ないから、日常的に運動したり、タクシー乗りたいのに歩いたり」「それで最近は体力ついてきた」というなら評価の対象ですが

    逆に自分の好みに合ってることを「健康のため」と言ってるだけのようにも聞こえる場合もあるわけで
    特に「XXやっているのに、全然良くならない」という場合は、人は「都合の良い時だけ、健康のためっていうのよね〜」と冷められてしまい、逆効果だと思います

    ユーザーID:5041905024

  • ちなみに

    体温が1度上がると免疫力が30%上がるそうですが
    そちらは努力されていますか?
    42度のお湯に10分浸かるとか、岩盤浴とか。

    ユーザーID:9074398535

  • プロポリスとかは喘息の人は摂取しない方がいいのでは。

    私は喘息もちで、プロポリスとかはちみつとかは絶対摂取しませんよ。
    危険なはずでは?
    ちなみにローヤルゼリーで喘息発作を起こしました。
    喘息になるのは気持ちからくる場合もあるので、私はストレスを減らす努力をしています。趣味を楽しんだり、好きな食べ物を食べたり(食べ過ぎないようにはしています)。
    また、毎年今の時期は背中をあたためるようにしています。
    最近、光で季節の変化の影響を軽くするというライトを買いました。続けていこうと思っています。
    体調管理を考えすぎると逆に気持ちが疲れるので、体調管理をきちんとしなきゃとは意識しないで軽い気持ちでいる方がいいと思います。

    ユーザーID:0755019782

レス求!トピ一覧