第一種奨学金をの条件について

レス11
(トピ主0
お気に入り11

趣味・教育・教養

ゆたんぽ

私は今年高校受験をする中学三年生です。お金のことで将来を心配しています。
私の家庭は、父は運送業者勤務
母はパート従業員の共働きです。高校卒業後は国立大学進学を考えています。両親は頑張って働いてくれて節約もしているのですが貯金が大学を通えるほどありません。なので大学に通うためには奨学金が必要不可欠です。
私の家庭の状況で第一種奨学金や第二種奨学金を受け取ることはできるのでしょうか?また奨学金を受け取れた時はどのくらい貰えて奨学金だけで大学の費用を払うことは出来るのでしょうか?

長い文章失礼しました。
よくご存知の方や同じことで悩んでいる方回答よろしくお願いします。

ユーザーID:2128809549

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
  • まず自分で調べましょうよ

    奨学金は、第一種、二種とよくいわれるところだけでなく
    ほかにもあります。
    給付型と貸与型とあって、
    貸与型であれば返還が必要ですが、
    給付型であれば不要です。
    優秀であれば、そちらを狙うこともできるでしょう。

    今から高校でどの程度の成績がのぞめるのかなんて
    わからないですし、
    進路(大学や就職先)によるものもありますから、
    今は、ここで大雑把に聞くのではなく
    お子さんの進路に応じて
    ご自分で調べるのが先決だと思います。

    どうしても
    給付型が受けられなくて貸与型になる場合は、
    奨学金と名のついた借金であることを
    よくお子さんと話しあっておく必要があります。
    借金を背負えないとなれば
    大学に進まないという選択肢もあるわけですから。


    ちなみに、
    特に優秀でもない場合、
    合格する大学が必ずしも自宅から通える場所になるとは限らないです。
    浪人でもして、一人暮らしでもするとなったらさらに。

    ユーザーID:4216838037

  • 今は高校受験に集中しましょう

    将来は大学進学をしたくてご自分で奨学金のことを調べているのですね。中学3年生なのに感心します。

    奨学金はトピ主さんの仰る1種や2種を利用する方が多いですが、1種は確かご両親の収入によって利用できるかどうか変わります。
    1人親で収入の少ない私の甥でも1種の審査は通りませんでした。

    2種だと利息も付いて、借りる金額は必要に応じて、進学する大学や場所によっては1千万近くなる人もいます。
    国立大学を出た私の夫は、4年間で200万ほど借りていました。月に1万円ほどの返済を15年くらい続けました。

    その他にも各大学で独自に設けている受験時に成績優秀な学生への給付型奨学金や、お住まいの市役所などで聞くとわかる自治体独自の奨学金をやっているところもあります。
    私の友人はこれを利用して無利息で収入制限も無かったと言っていました。

    これから高校受験本番ですね。高校のお金の心配は無いのですよね?

    大学進学のことが気にかかるのはわかりますが、今は高校受験に専念して、高校に入学して勉強を頑張って、進路がある程度見えてからご両親と一緒に奨学金のことを調べても遅くはないと思いますよ。

    国立大学なのか私立なのか、地元か1人暮らしか、文系理系、学部でも費用は大分違います。

    きちんと勉強して、返せるかどうかの判断をするためにはどのような大学に進みたいかが重要です。

    まずは高校受験、合格を祈っています。
    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:8475403014

  • ご家族、先生と相談しましょう

    日本学生支援機構の第一種奨学金は、ざっくり言うと、
    世帯収入、学校の成績
    この2つの基準をクリアする必要があります。

    世帯収入は、家族の人数によって変わってきますので、
    日本学生支援機構のサイトでお調べし、ご家族で話し合われるといいと思います。
    (第一種と第二種を併用すれば、何とか学費は賄えると思います)

    奨学金以外にも、
    高等教育の修学支援新制度(入学金や授業料が免除または減免)、
    お住まいの市町村や都道府県による融資制度、
    防衛大学や航空保安大学等、授業料無償の大学校もあります。

    とにかくいろんな制度があるので、
    高校に入学されたら、先生と相談されたほうがいいと思いますよ。
    まずは高校受験、頑張ってください。

    ユーザーID:5937029932

  • 確かに。借金となりますから

    奨学金を借りるという事は、借金をすることになりますから、不安なのは分かります。
    日本育英会の奨学金は、第1種と第2種があります。
    この違いは、第1種は無利息ですが、4年間で250万程の借入で、恐らく国公立でもそれだけでは足りないかと思います。足りない部分は、バイト等で補うしかないですね。
    借りるなら、後の返済も融通が効くのに無利息と言う部分では1番良い「借りる奨学金」です。
    まず、これは誰でも借りられる訳でなく高校の成績が関係します。いわゆる評定ってやつです。
    その他にも、大学独自の返還不要の奨学金システムもあります。神奈川大学の給費生が有名ですよね。
    その他にも、私大なら独自の奨学金システムを持っていて、返還不要というのは珍しくありません。
    ただし、全部成績優良者となります。
    希望する大学の奨学金制度をまずよく調べてみるのも大切です。
    とりあえず、奨学金に関して無利息、給付等の有利なものを取得したければ高校時代の成績が必須。
    必死で勉強して下さい。
    ちなみに、日本育英会の第1種の奨学金の合計額が250万超えで、ビックリするかも知れませんが、いざ返済するとなると、月々1万チョイで全然楽です。
    私が実際に返金してますが、これを狙うのが1番いいかな。

    これから高校生なら、是非チャレンジしてみて下さい。
    基本的に、利息の付く奨学金を多額に借りることには覚悟が必要かと思いますが、毎月の返済はさほどでは無いと思うので、キチンとした就職をされれば問題ありません。
    公務員とかになれば、本当に問題ないので、そういうことも良く考えて借りて下さいね。

    という感じです。ご参考まで

    ユーザーID:3269513660

  • できればJASSOのHPを

    できれば、日本学生支援機構(JASSO)のホームページを少しずつ読んでみてください。

    ・本人の条件として、内申の平均が3.5以上
    ・親の条件として、世帯収入が基準以下

    というのが絶対条件です。親の収入は、他に兄弟がいるか等も加味して評価します。基準を超えると申込みができません。


    給付型は、収入条件が非常に厳しいです。
    貸与型の第一種だと、家族3人で世帯収入657万円以下なら申込みができます。

    しかし、申込み=貸与ではなく、定員があって、申し込んだ中で経済状態が厳しい順に選ばれます。
    ですから、657万円以下なら申込みはできますが、実際には世帯収入が600万円もあったら選ばれない可能性が高いです。


    お金の心配があるが、大学には行きたいという場合

    1.奨学金(借金)を利用し、バイトで補う
    2.いったん高卒で働いてから再受験する
    3.国立大学校(学費不要・給料支給)にしておく

    という方法があります。
    奨学金を貸与型で借りる場合は、すべて奨学金で補うのではなく、大学の学生寮に入って生活費を浮かし、かつバイトして補うのがお勧めです。

    ユーザーID:7620251496

  • 奨学金+学費免除+寮+バイト

    奨学金だけで学費を賄うのはお勧めしません。返済額が増えて後から大変です。

    まず、ご両親の収入が低ければ学費免除を受けられる場合があり、全額免除にならなくても半額免除されるとかなり支払いが楽です。

    また、「学生寮がある大学」で検索すると出てきますが、大学が学生寮を運営している場合、そこに入れば通常のアパートより安価に暮らせます。

    それと、バイトです。地元で一番の国立大学に進学すると、家庭教師や塾講師など割のよいバイトもできます。

    ユーザーID:2016926931

  • まず高校に受かってからね

    この時期になると受験勉強に嫌気がさした受験生と思しき方からの投稿がよく目につく気がします。
    彼、彼女らの悩みは家の事であったり家族との不協和であったり、あるいは将来への不安であったり、悩みの多くは受験勉強が苛酷になるこの時期でなくても解決できるものが多いです。

    一呼吸して肩の力を抜きましょう。
    まず高校生にならないと。
    甘いものなりマッサージなりしてリフレッシュしましょう。

    受験生でなくても大人でも良くあります。先の先が不安になって、今の問題から現実逃避しちゃうこと。

    あなたの今の心配、大学での奨学金は高校生活をちゃんとして、学力と志望校レベルがなんとなく定まってから検討するのでも十分間に合いますよ。
    ネットが無かった時代よりうんと情報入手に恵まれてる時代なんですから、三年も前から調べる必要はありません。

    ユーザーID:9464450035

  • サラリーマンの子供で第一種はちょっと難しい

    トピ主を親だと勘違いしているレスがありますが、トピ主は進学する子供ですよね。

    表題の通り、サラリーマンの指定だと第一種は難しいです。俗にとーごーさんぴん(10-5-3-1)といわれているのですが、サラリーマン(お給料をもらっている人)は収入の10割、つまり全部が税務署に把握されているのに対して、自営業者は5割、農林漁業従事者は3割、政治家は1割しか把握されていないということを表した俗語です。つまりサラリーマン以外の職業の人には税務署に把握されていない隠れた収入がそれなりにあるけれども、公には収入が少なく見えているということです。

    奨学金がもらえるかどうかは、税金をどれだけ払っているかをもとに決めます。上で述べたようにサラリーマンは税金をたくさん払っている傾向があるので、見かけ上収入があるとされてしまいます。したがって、第一種は自営業者や農林水産業従事者の子弟、シングルペアレントの家族がもらうことが多いです。二親がいる共働きサラリーマンの子弟では難しいと思います。第二種だともらえる可能性は高くなると思います。

    他の方がレスしていらっしゃいますが、奨学金は学生支援機構だけではなく、いろんな組織(会社、NGO、県や市など)が出しています。貸与(返す必要がある)ものだけではなく、給付(返さなくてよい)もあります。高校の進路指導の先生はよくご存じなので、聞いてみると良いと思います。高校在学中にいろいろ調べてみてください。

    大学自体が入学する新入生に奨学金を給付する仕組みもあります。大学を選ぶ自由はないですが、学びたいこととピンポイントで合えば、ありがたい仕組みになるでしょう。

    ユーザーID:6509649624

  • 学費無料

    防衛大学は学費が無料でお給料出るらしいです
    トヨタや日立がやってる学校も無料だったような気がします
    昔は教員になれば奨学金返済無料とかありましたよね

    看護大学なら今も奨学金返済無料になる条件もあるらしいです

    学業優秀だと奨学金もらえる大学もあるのでいまは高校受験に集中して春からまた色々ネット検索してみてください受験頑張ってくださいね

    ユーザーID:1561979062

  • 新しい無償化制度がはじまります

    返さなくてよい奨学金や大学授業料が無料になったり半額になったりする
    新しい国の制度が来年度からはじまります。
    制度の対象になる大学が決まっていることや、高校での成績の基準などもありますので、中学生の今から見ておいて、将来設計をたてていきましょう。
    文科省の特設サイトhttps://www.mext.go.jp/kyufu/
    給付奨学生の対象となるかシミュレーションできるサイト
    https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

    自分が対象となるかを正確に判断するには、
    親の年収や資産額の把握が必要になります。
    お父さんお母さんもぱっと聞かれても子供に言いにくいかもしれないので、
    ここにある資料などを見せて、一緒に入力していくといいと思います。

    国立大進学を考える学力の生徒さんであれば、
    返済必要な一般の奨学金は申請すればまず取れると思います。
    でもまずは、無償や給付のものを狙っていきましょう。
    高校にもいろいろな給付奨学金のお知らせがでると思うので、
    こまめにチェックしていきましょう。
    応援しています!

    ユーザーID:8179440876

  • まずは国立大への進学が多数の高校への進学

    こんばんは。高校3年の受験生の親です。

    先日、ようやく予約採用の奨学金の結果が来ました。

    今年は、来年度から始まる新制度の為、募集開始や回数、結果がかなり遅れる状況になりました。

    我が家は父サラリーマン、母パート、高校3年、2年の年子、祖母の家庭で、評定4.0以上あり、第1種に駄目元で申込みましたが、やはり所得要件で第2種の方になりました。

    他の方も仰ってるように、第1種は共働きではまず通らなそうです。

    また第1種だけですと、借りられる金額が国立大の自宅通学で最大月額4.5万、自宅外で5.1万です。

    我が家は国公立大の学費は用意できますが、地元国公立大がダメなら一人暮らしの仕送り費用月10万、年子二人とならば年間240万必要になります。

    たとえ国立大に進学できたとしても、自宅から通えない場所なら、近所の私立大とほとんど変わりません。

    あと上の子供は、約40%が国公立大に進学する高校に行っていますが、下の子供の高校は約4%です。

    どちらの子供も学校では成績上位で特進クラスに1年次から所属していますが、全国模試などで比較すると学力の違いは一目瞭然です。

    まずトピ主さんのすべきことは、高校受験において出来る限り国公立大への進学数が多い高校に進学し、1年次から3年2学期末までの評定を4.0以上目指してください。

    国立大では、特別入試(推薦やAO入試)の枠を3割に増やしていく流れになってきています。

    お金の面を心配して調べるよりも、大学入試の仕組み(色んな入試形態があります)や将来就きたい職業、やりたい学問を調べることが重要だと思います。

    なんのために奨学金を使って大学に行くのか、その意味、理由を探究してください。

    高校受験、あと数ヶ月ですが、頑張って下さい。応援しています。

    ユーザーID:9409616359

レス求!トピ一覧