• ホーム
  • 口コミ
  • グラントハイツという居留地があったのをご存じですか。

グラントハイツという居留地があったのをご存じですか。

レス23
(トピ主5
お気に入り42

旅行・国内外の地域情報

ぎんねこ

練馬区の現在光が丘という地域が、昭和四十年代まで、グラントハイツ(日本人の地元の人たちはグランドハイツと呼んでいました)というアメリカ軍の居留地があったのをご存じですか。
私は一歳半のころこの居留地の脇に立つ社宅の戸建てに住んでいました。
芝生の地平線の果てに白いホワイトハウスが見え、白人の子供が遊んでいるのが見えました。七月四日の独立記念日には花火が上がり近所の日本人の子供たちが中にはいれて、開放されたものでした。草地の地平の先の空にはオレンジ色の太陽が昇り、それはまるで異国でした。あの光景は今でも心に焼き付いています。

子供ながら、フェンスの向こうは異国だということを理解していましたが、あのグラントハイツ覚えていらっしゃる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。
半世紀以上前の東京の居留地グラントハイツに関して語るトピです。

ユーザーID:3798186710

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
  • ワシントンハイツなら知っています

    横のレスでごめんなさい。

    現在の代々木公園、代々木体育館、NHK放送センター一帯にあった、米国軍の駐留施設です。
    グラントハイツは知りませんでしたが、多分同様のものだと思います。

    1964年の前回東京オリンピックの前に返還され、体育館が建設され、今の代々木公園の部分はオリンピックの選手村になった記憶です。
    当時小学生低学年だった私は、返還前の金網に囲まれた広大な敷地をぼんやりと記憶してます。

    居住していた米軍関係者の子供が、多分親御さんの教育方針だったのでしょうが、アメリカンスクールが休みの土曜日だけ地元の小学校に通うことがありました。
    やはり小学生だった私の兄のクラスにそういう生徒がいて、誕生会か何かの折に兄を含むクラスメートの何人かがワシントンハイツ内の自宅に招かれたことがありました。
    すごい!と大興奮で帰って来たことは覚えているのですが、何がすごかったのか50年以上前の話で記憶から飛んでいます。

    ちなみに、当時の原宿、代々木は今と違って静かでのんびりしたところでしたが、当時からどこか異国風のおしゃれな雰囲気があり、ワシントンハイツの影響かなと思っています。

    ユーザーID:2196787904

  • 横ですが。

    グランドハイツは知っています。
     光が丘に代わってから居住しましたから。時折、
    当時の風景写真を目にする機会もあります。
    私の場合は・・・・ということで。

    ユーザーID:3504471875

  • 知っています

    練馬区で生まれ育った者です(50代)。

    友だちのお母さんがグランドハイツで働いていて、アメリカ製の小物(文房具?)をもっていて、うらやましかったのを覚えています。

    ユーザーID:2964326895

  • 昭和四十年ごろの記憶

    成増飛行場の後にできた居留地だったようですが、現在の都立光が丘高校のあたりから草芝生が広がり、視力の果てになる場所ぐらいに白い白人の将校の家が見えました。二歳だった私はフェンスの向こう側から毎日眺めていました。どうも中には、教会や学校やプール、映画館など街がそっくりあるようでした。フェンスの脇まで白人の将校の子供は遊んでいることはなかったですが、遠くで家から出てきて遊んでいるのが見えましたね。
    居留地の境界は有刺鉄線になっているところもあり、子供心に向こうは異国だ、入ってはいけないということはわかりました。
    当時アメリカ軍の地元への還元なのか、アルミの小麦粉のストレイナーが長い間家にありました。1cupとメモリがついています。これで、母親がマドレーヌを焼いていたのを覚えています。
    中はМPという官警がいて見回っていて、地元の子供が紛れ込むと追い返されたそうです。
    その後引っ越してしまったのですが、幼馴染によると昭和46年ぐらいに日本に返還されたように聞きます。その後、50年代に都立高校ができて、日本の街ができました。幼馴染が、その高校に通っていました。
    今でも光が丘公園には、何十年前の樹木が残っていて、50年以上前の居留地と日本を偲ばせます。

    ユーザーID:3798186710

  • グラントハイツ生まれ

    私はグラントハイツ生まれです、兄もそうです。
    アメリカに接収されていた為か戸籍の出生地には無番地とありました。
    父が不動産会社に勤めていた関係で居住していました。
    飛行場があり、白人黒人混ざってよくフットボールをやっていたそうです。
    兵隊さんにも抱いてもらったりして交流もあり、風呂は電気で沸かす方式だったので母は怖かったそうです。

    極めつけは肥溜めに落ちた白人米兵の子供を母が助けた武勇伝?かな。

    ユーザーID:8192897299

  • 知り合いが住んでいたそうです

    知り合いの日系アメリカ人は小3から5年間(1963〜8)グラントハイツに住んでいたそうです。

    1950年代後半にグラントハイツに住んでいた人の、60年ぶりの光が丘訪問記をネットで読みましたが、4つのダイヤモンドがある野球場が当時のままで懐かしかったと書かれていました。居留地から豊島園にもちょくちょく遊びに行ったとか。

    横須賀のアメリカ海軍基地に住んでいる友人を何度か訪ねましたが、今でも米軍基地は全てが揃った一つの町で、外国に来たかのようの雰囲気です。

    ユーザーID:1962059760

  • 覚えているどころか

    グランドハイツの事をここで初めて聞きました。

    3年ですが石神井公園に住んでいのでたまに光が丘にも遊びにきていました。
    現在のあの広大な光が丘団地の前身がアメリカ軍家族の居留地だったとは思いもしませんでした。

    米軍基地の横須賀や福生には十代半ば頃から惹きつけられていました。ベース内ではいつもFENが流れ、ドルが使われていてここでは16歳から車の免許がとれる。いわゆるこの中だけは治外法権という場所。洋物かぶれでしたのでとても憧れていました。当時読んでいたティーン雑誌にそういう所に住む女の子が
    モデルとして出ていて、それを読んで知りました。

    その数年後、ある秋の開放日に横須賀基地に遊びに行ったことがあります。30年前の話です。その頃は海外にもぼちぼち個人で遊びに行き始めていたのでそれ程感激もしなかったのですが良い経験でした。

    ユーザーID:6508131070

  • 少し知っています

    祖母宅がすぐ近くでした。
    私が遊びに行ったのは昭和50年代でしたので、正式には終わってる時代かもしれませんが、「グランドハイツに遊びに行ってくる」といとこ達とトンボとりに行ったりしていました。
    草ボウボウの広大な土地というイメージです。
    フェンスもあったな。穴が開いていて、入れる場所があったんです。

    年代が少し後なので、花火はどっちかっていうととしまえんのイメージです。

    ユーザーID:5855394802

  • 76歳の男性

    50年以上の事ですがグランドハイツ、ワシントンハイツに良く行ってました。

    その頃の日本は未だ終戦後の時代であり生活基準が低く米国進駐軍家族の生活が非常に高く見えた事は確かです。

    しかしながら軍属の家族のために創られた住宅と教育施設は今からみると米国の一般生活基準よりかなり低かったと思います。学校は勿論公立校(グランドハイツ内ナリマスハイスクール)であり学費は免除でした。

    軍属ではない米国企業からの日本駐在員や外交官の生活は非常に高く高教育を受けた人が多くその子女は目黒のアメリカンスクールに入学させていました。

    又、その時代の進駐軍関係者に日系米人が多くハワイとカリフォルニア州の出身の二世、三世が多かったのも謙虚でした。

    時代が変わると物事が違って見えるのが興味深いですね。

    ユーザーID:9261645630

  • 知りませんでした。

    学生時代に成増に住んでいました。

    光が丘にもよく行ったものですが、そんな歴史があったとは知りませんでした。周辺と街並みの雰囲気が違うので、団地を作るために作った新しい街かと思っていました。

    グランドハイツについて何も知りませんが、懐かしい地名を聞いてつい出てきてしまいました。

    ユーザーID:5210795587

  • 子供の想像力

    グラントハイツの中がどうなっているのかという、当時の事情を知る方からのレス、結構ためになります。

    二歳の私は、家の中でサンダーバードやコンバット、月影兵庫などのテレビ番組を見ながら、時々外に出ては、フェンスの向こうの異国を眺めていました。おそらく、中に街がそっくりあるという話は、大人たちから聞いたのだと思います。しかし遠方に見える白いアメリカンハウスは、周囲に塀はなく、映画で見るような白い木造の家。玄関のポーチのあるあたりで、白人の子供が、遊んでいる姿が見えました。
    彼らが軍属のファミリーだということは、やはり両親の話から聞いていたのだと思います。
    冬の空が青く広かった記憶があります。当時の日本は、ごはんや味噌汁などの和食の食事から、パンやケーキクッキーなど、欧米食に切り替えようと、お母さんたちが奮闘していた時代でした。幼馴染のお母さんは、パンを習い、一等の場所に台所を構え、私たちに、パンやケーキなど振舞ってくれたものでした。私の母親も主婦同士で教えてもらって幼児食のマドレーヌを無水なべて焼いていた思い出があります。
    アメリカに追いつけ、追い越せの高度成長期の日本、それとともに懸命に成長していったわたしたちでした。
    高校時代には、ジャパンアズナンバーワンという書籍がベストセラーになり、欧米人が、日本人をどう思っているのかというライシャワーの「ジャパニーズ」を英語で読んだものでした。
    サンダーバードが、格好よく思えた二歳児、あの思いは富裕を超えてずっとわが胸にあります。

    ユーザーID:3798186710

  • グランドハイツ知ってます

    よく知っています!
    父親の地元でした、50代の父や80代の祖母からよく話を聞きました。
    小学校の社会科で調べたこともあります。

    今の光が丘からは想像もつかないですよね

    ユーザーID:4179706201

  • 古い地図にはたしかにある

    東武東上線の、東武練馬駅から分かれていた専用の支線が乗り入れていた。

    ただし、私は東京在住ではなかったし、その方面にまだ訪れたことがなかったので全く縁がなかった。

    いまでは、近代的なニュータウンになっている。どちらかといえば大きくそびえたっている清掃工場がランドマークのような感じだが。

    ちなみに、西武池袋線が高架になってから遠くの光景として見られるようになった。なお、最寄は都営地下鉄大江戸線の光が丘駅である。

    ユーザーID:5855870939

  • 凧上げした!

    アラフィフです
    覚えている風景はただの草っぱらなので、50年代なのでしょうか?
    建物があった記憶はないです。
    いまの梅林公園辺りにフェンスの穴があって、忍び込んで凧上げした覚えがあります。
    IMAの前の道路は飛行場跡ときいたような。

    ユーザーID:2823590836

  • 動画サイトに

    このトピを見て検索しましたら、動画サイトにグランドハイツで撮影された動画がありました、
    当時の米軍関係者かその家族の方が撮られた映像のようです。

    ユーザーID:6089620571

  • 二歳児の地図の記憶

    二歳児の歩き回れる範囲は、せいぜい同じ町内の自分の家の周辺だけでしたが、家の少し歩いて行った先に、有刺鉄線の部分があり、その先に、グラントハイツの門扉というのか、入り口があったような記憶があります。
    その入り口から、直線で突き当りを歩いて行った先ぐらいのところに、地元の市場があり、母親が時々食材を買いに、徒歩で通っていました。
    私も時々、おままごとセットの買い物かごをもって、マーガレットの花の付いたカチューシャをして、一緒についていった思い出があります。
    あんまり環境の良くないような市場でした。非常におぼろげな記憶ですが。

    キムラヤのクリームパンと温めた牛乳で、母親と朝食をとっていました。私にとって、パンは好物で、当時十五円のキムラヤのクリームサンドが大好きでした。カバヤのサンダーバード二号のおもちゃ付きラムネ菓子とともに、胸に刻まれたアイテムでした。キムラヤのマークを覚えていて、袋からはさみで切り取っていた思い出もあります。なぜ私が企業名を覚えているかというと、二歳ごろからカタカナが読めたからでした。

    ユーザーID:3798186710

  • 会社の施設が隣接していました

    昭和43年に某建設会社に入社しました。会社の資機材置き場と広場がGハイツに隣接していました。
    休日は広場での草野球の練習に通っていました。
    フェンス越しに米軍家族が芝生でのんびりと休養しているのが見られました。

    今は資機材倉庫と広場は移転し、ホテルと高層オフィスビルが建っています。
    私は10年ほど前までそのビルで働いていました。

    ユーザーID:8477393433

  • 英語を話してみたくて

    都内の高校生だった時
    英語を話してみたくて、開放日に行きました

    グランドハイツ内の 同い年くらいの女の子達と
    お話するチャンスがありましたが、
    彼女達がものすごく大人っぽくて、驚いたことを
    今でもよく覚えています

    あれから、半世紀
    私の英語力は、嗚呼…

    ユーザーID:3992620055

  • 遠くなった戦後の昭和

    グラントハイツの存在を知らない世代も出てきた令和のこの時代。
    戦後の爪痕を覚えている人も少なくなったと思います。
    光が丘高校ができたとき、高校のラグビーのグランドが、かつての幼馴染の家のあたりから見え、新しい時代を予感させたものでした。
    今は、野球の練習場が近いのか、網でおおわれているようです。
    五十年前の父親が乗り降りしていたバス停は、成増から迂回するバスコースにまだあります。五十年近くたってかつて住んでいた界隈を散策し、その時の近所のおばさんと話したところ、五十年前のバス停なんかで乗らないで、光が丘のバス停から乗って帰りなさいよ、と言われました。
    新しい街の広がる光が丘。かつてのグランドハイツは進化を遂げて、新しい日本の街に変わっていました。

    路一本を超えれば、埼玉県というこの土地に、幼児期を過ごした私に父の送り迎えをした菜の花の道はまだ残っていました。
    ただあの外国人の姿の見えたグラントハイツだけは美しく消失したのでした。

    ユーザーID:3798186710

  • 中はアメリカ

    小学生の頃、ガールスカウトの行事でハイツ内の女の子の家に泊まりに行きました。ステイ先のお母さんが運転する車で入ったハイツの中はアメリカの平屋が続く町並みでした。
    映画館に連れて行ってもらい、吹き替えも字幕もないディズニー映画を見ました。
    イースターエッグを作ったのですが、それが何なのかもわからず…。
    泊まった家の女の子の部屋のクローゼットにかかっている洋服も日本の小学生とは違うことに驚きました。
    懐かしい昭和の思い出です。

    ユーザーID:4521039255

  • グラン「ド」ハイツ

    アラカンです。板橋区内の東上線沿線沿いの町で生まれ育ったので知っています。グラント将軍にちなんだ「グラントハイツ」という名称だったのに、近隣の住民はみな「グラン"ド"ハイツ」と呼んでいました。というわけで、私もここではグランドハイツと呼ばせていただきます。

    毎週、グランドハイツのすぐそばを通って、ピアノのレッスンに通いましたが、祖父を戦争で亡くしたがゆえに戦後辛酸をなめた母の家族を見ている私にとって、そこは関わってはいけない別世界でした。1973年に返還されると、近所の男の子たちは誘い合ってグランドハイツへ行き、思い切り野球をしたものでした。何しろ、広大な敷地がありますからね。

    グランドハイツ時代の面影を残す最後のものとして、かつて米軍関係者用のスーベニアショップだった「FUJI」の看板のある茶色い木造建物が、2008年ごろまで残っていました。その「FUJI」のタイプフェイスは、1950年代、60年代を彷彿とさせるものでした。

    Grant Heightsでネットで検索すればといろいろと当時の写真が出てきます。グランドハイツ内にあったNarimasu Highschoolは同窓会があるようで、そのホームページもあります。

    ユーザーID:9495336039

  • 文字通りのグランドハイツでしたね

    わたしもかつての近隣住民でしたので、地面を表すグランドと日本人の住民が呼んでいたのでよくわかります。二歳児でも地面を表すグランドハイツだと理解していました。
    最近になって、あれはグラント将軍のグラントハイツだと、インターネットで知ったのでした。
    七月四日に、近隣の子供たち、中学生から二歳児まで、みんなグランドハイツにはいれて、アメリカ独立記念日の花火が上がっていたのを覚えています。また幼馴染の話では、アイスクリームが売られていて、買って食べたと話していました。
    いまだにその当時の幼馴染と、行き来があるのですが、あのグランドハイツが日常でしたので、よく思い出話にいろいろ出ます。
    治安はどうだったのかと思いますが、私たちが越してくる前に、女性が襲われる事件が一度あったらしいとは聞きましたが、米軍の将校の家庭が多かったせいか、あまり事件らしいことは聞かなかったです。
    二歳児がフェンスのあたりをうろうろしても何も起こらなかったですね。
    あまり居住地区の近くまで、アメリカの人たちは来なかったです。視界の果てぐらいに白い家があって、その家の子供が遊んでいました。その遠い記憶しかないです。
    サンダーバードのリアル感ある英語のカウントダウン、テレビで記憶がはっきりあり、英語で数字の数え方をその番組のオープニングで覚えました。
    そして、四時からのコンバットという番組ですが、ヘルメットに外国人のいでたちは、どの人もどの人も子供の私には同じに見えました。あまりプロットは覚えていないドラマでした。こういう番組が放送されていた六十年代の日本、戦後の爪痕といえばそうだったのかもしれません。

    ユーザーID:3798186710

  • 光が丘しか知りませんが

    若い頃東武東上線の沿線でした。光が丘はちょくちょく横切っていました。
    公園と団地?広大な土地。昔軍の・・だけ聞いた事がありました。
    よくショッピングモールのサイゼリヤに行ってました。

    子どもが幼稚園に入って、公園内のグラウンドを走っていました。
    行きながらドングリを拾う。
    その頃は杉並区の外れに住んでました。
    何故かその2つを思い出しました。

    ユーザーID:2539359688

レス求!トピ一覧