可愛がられる人間

レス19
(トピ主4
お気に入り35

生活・身近な話題

ペリー

ウン十年生きてきて、人って結局感情で動くから、
正しい、正しくない、とか
有能かどうかではなく、
可愛げがあるかどうかかなって思えてきました。
一緒にいて、心地良いとか、そういう部分。
昔は、そういう、感覚で人を判断するのって
よくないことだと思ってましたが
感情を超える理屈はないのかなって。

皆さんはどう思いますか?

ユーザーID:5117421188

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
  • それもひとつ、すべてではない

    「可愛げ」は、他人からの評価の重要な一項目だと思います。

    ないよりは、絶対にあったほうがよい。
    だけど、あるからといって、
    すべてをひっくり返すほどの効力もない。
    ひっくり返せるかは、欠点の重大さ次第だと思います。

    私の知る限り、他人から見て、許しがたいほどの欠点を有する人は、
    いくら可愛げがあっても、陰で言われていたりします。
    「愛嬌さえあれば、なんでも許されると思うなよ!」と。

    ユーザーID:7134500216

  • 同感です

    社会とか組織といっても、それを動かしているのは人間。

    上手く人間関係が築ける人が、社会や組織の中で大事にされ、役に立ち、実際に重要なポストを任される。

    単に仕事ができるでは、便利な働き手であっても、重要なポストに就いたりはない。

    良い所に気が付きましたね。同感です。

    ユーザーID:7684489339

  • 女性だと

    更に可愛かったり綺麗だったりすると、もっと可愛がられるというか、何かと良い思いをする気がする。

    まあ若くて可愛いとか美人は可愛げがなくても、それでも全て許されるけど。

    でも、それは若ければの話で、年取ってくると、それだけでは無理だと思う。
    年取っても多少劣化しても美人だったり可愛い人もいるかもしれないけど、やはりそれだけではね。
    年取ったら尚更、愛想というか、可愛げがないと目も当てられないと思います。

    愛想が良くてやっと普通というか。

    愛想はないよりある方が可愛がられるから、結果得すると思う。

    ユーザーID:1803481861

  • 解ります。

    一緒に仕事をするなら、素直で愛想良くて、できれば容姿も良い人の方が良いです。
    そして、上記の様な人は多少おっちょこちょいでミスしても許せてしまいます。フォローしてあげなきゃ!と思えます。

    ミスを指摘すると言い訳したり無愛想だったりする人は、やりにくいなと感じます。

    容姿で態度を変えるのは良くない事だと頭では解っていますが、やはり容姿の良い方が素直で愛想良いとミスを許せる自分がいます。

    ユーザーID:0740012603

  • 私の場合

    理屈じゃなく感情で好き嫌いを判断する、
    というのは、
    人に説明しようとしてうまく伝わらないことはあっても、
    結局のところ、理詰めで説明することはできるけど。

    ユーザーID:3648974472

  • プライベートではそれが一番大事

    可愛げがある人は男女問わず最強です。

    ただし、仕事では人柄が良く愛嬌があって場の雰囲気を明るくできる人であっても、職務に必要な能力がないと判断されたら容赦なく切り捨てられるのを間近でみてきました。

    外資系だからかもしれませんが、可愛げだけでは結局はダメなのです。

    ユーザーID:0261472571

  • 微妙

    >ウン十年生きてきて、人って結局感情で動くから、
    >正しい、正しくない、とか
    >有能かどうかではなく、
    >可愛げがあるかどうかかなって思えてきました。
    >一緒にいて、心地良いとか、そういう部分。
    >昔は、そういう、感覚で人を判断するのって
    >よくないことだと思ってましたが
    >感情を超える理屈はないのかなって。

    「一緒にいて、心地良いとか、そういう部分」は大事ですし、よくないこととは思いませんが、客観的基準を全て不問としていいということはないと思います。
    一緒にいて心地良いから正しくなくても良いとか、一緒にいて心地良くないから正しい(職場においては有能だ)けど評価しないとか、明らかによくないでしょう。

    ユーザーID:3453418285

  • 私は可愛げのない人間です

    私のほうが正しいのに、合理的なのに、仕事が早いのに、
    勉強できるのに、何であの人のほうが、ってよく思ってました。
    対教師だと可愛げのある生徒を重用する先生は
    駄目な大人だと思ってました。
    でも、今ならわかります。
    あの頃、わかってたらもっとうまく振る舞えたのにな。

    今は職場でもうまくやれてます。
    愛想よく、感じよく、振る舞うことが
    中身を充実させることほどではないにしろ、
    そこそこ大事なことだなんて小学生くらいから教えたほうが良くないですか?
    私は中身があれば、評価されるもんだと思ってましたよ。

    せっかく能力が高くても、人当たりが悪かったら評価半減。
    今の自分は、培ってきた能力プラス、処世術があるので、
    最強だと思ってます。
    でも、もっと早く気づきたかった。

    ユーザーID:5117421188

  • みのさんの意見、頷かされます

    中身が伴ってこそ、ですね。

    ユーザーID:5117421188

  • 媚びる、とかぶってる、とか

    まぁ普通はよくない文脈で使われるじゃないですか。
    でも結局みんな、自分に愛想のいい人間が好きですよね?
    そこに中身も伴ってれば万々歳でしょ。
    なくても、まぁ可愛げがあれば、で許されますね。
    可愛げがある、と媚びている、の境目は何処でしょうね。

    学校、特に小学校では世渡り上手、よりは
    きちんと中身があることを求められて来たと思います。
    先生も、贔屓はしませんって建前だけでもいいますしね。
    でも大学生になると、うまくやれるやつのほうが
    重用される率が高いと思います。
    あからさまに贔屓をする教授だっています。
    転換点はどこなんでしょう?
    そして、みんないつくらいにそういうことに気づき始めるのですか?
    私は恥ずかしながら社会に出てからでした。

    ユーザーID:5117421188

  • 人間関係力って大事ですよね

    結局仕事って人とするんですものね。

    便利な働き手でしかない、という言葉。
    重たいです。。。

    自分の子供には、中身を培うこととともに、
    人には感情がある、ということも教えていきたいです。

    ユーザーID:5117421188

  • それも技術

    >可愛げがあるかどうかかなって思えてきました。一緒にいて、心地良いとか、そういう部分。

    これ、生まれ持ったものも多少はあるのですご、社会で生きていくための技術なんですよね。他人から自分がどう見えるのか、自分も相手も居心地がよくなるにはどうしたらいいか…といったことは、後天的な技術で補うものです。管理職で有能な人はこれに長けていると思うのですが…

     仕事だけできるって人はいつまでも平社員ですね。

    ユーザーID:7062543864

  • 難しいことはよくわかりませんが

    可愛がられる人間というのは愛想の良い人間というわけではないと思います

    そりゃ、仏頂面よりは笑顔のほうが好まれるでしょうが、常に笑顔で美辞麗句を軽々と吐き出す人は信用されません
    あれですよ、持ち上げすぎってやつ
    放つ言葉に重みがない人です
    反対に、あまり褒めない不愛想な人が褒めると、がんと響くときもありますし

    私個人は可愛げのない実力主義な感じのほうですが、可愛がられる人とは距離を置きます
    良いように利用されることが多いので

    要領が良い、愛想が良い、愛嬌がある、可愛げがある、という人達は得な面もありますが、時々、おそらくですが自分が好きではない人に好かれて困っている気もします
    顔に出さないだけで、うんざりしていると感じる時があります
    見ていて、あれはあれで大変だろうな、とも

    どれも程度問題じゃないのでしょうか
    本当に仕事の処理能力がなくても困るし、愛想が良すぎて嫌な人に懐かれても困るし、他人を褒めちぎっても好かれるとは限らない

    人間関係が難しい、というのは同意します
    単なる相性というものもあるので、バランスのいい人間が一番ではないでしょうか

    ユーザーID:9597931086

  • 現在中1の私の息子ですが…

    とても可愛げのすることを言う子です。
    小学校の時、2年連続で同じ先生が担任になりました。男の先生で、熱血タイプの方でした。
    思春期に入ってきた女子が、嫌だーと騒いだそうです。
    その時、うちの子が大きな声で、
    「僕は嬉しかったよ!2年連続で持ってもらえるなんて思ってなかったから、すごく嬉しかったよ!」
    と言ったそうです。文句言ってた子たち、みんな黙ったそうです。
    先生、よっぽど嬉しかったのか、何の用事もないのに、わざわざ家まで電話してきて教えてくれました。
    わざとというわけではなく、いつもそんな感じで、先生だろうが友だちだろうがその場で一番言って欲しいことを言うらしく、可愛がられてます。

    ですが、それ以外に能力的に秀でたものは何一つありません。
    可愛げのあることを言って好かれる。
    唯一の取り柄がそれでしょうか…
    それでうまく世の中渡っていってくれたらいいなーと思っているのですが…。
    そこに何か取り柄があったら無敵なんですが(笑)

    ユーザーID:1847677381

  • 求められるものを的確に差し出せる

    家庭、学校、職場・・・どういう場においての話か不明ですが、
    私の場合、学校や職場つまり成果が求められる場においてです。
    トピ主が何度もレスされる「感情」という言葉、
    そもそもこれが何に起因するかわかりますか?

    ニコニコしているなど表情やしぐさではありませんし、優秀な頭脳はあるにこしたことありませんが、まして心地よさや愛想のよさなど関係ありません。

    こうした場では、求められる事項に対して臨機応変でより気の利く行動、成果のあがる的確な行動がとれるかが、ジャッジする人の感情に影響します。
    学校ならたしかに指導教官の性格も出ましょう。だけど求められた論文も的確に書けずにニコニコしていたって士号は貰えないし、自分の役に立たない学生は切り捨てられます。

    そうです。取り立ててもらえる要素の1つに会社の役に立つのか、上司の役に立つのかというジャッジも感情に大きく影響します。「この役立たず!」って罵声ありますよね?

    だからたとえ嫌いな相手にだって自分の感情克服して、よい感情与えるように対応します。また個人的に相性は合わなくたって、的確に成果の出せる人間は大事にします。

    ビネガーさんのレスの通り、必要な行動と成果が伴わなければ、愛想があろうが頭脳が優秀であろうが関係ありません。
    「求められるものを的確に差し出せる」
    それが相手方によい感情をおこさせる全てだと思います。

    トピ主が愛想やかわいげで評価される、厳しい成果が求められない世界にいるだけです。申し訳ないけど職場の花の世界観だと思います。

    ユーザーID:5045733696

  • 同感です。

    トピ主さんと全く同感です。
    私も大人になり気づきました。
    いや、子供の時から感じていましたよ。
    周りの反応をみて。

    可愛げあるかどうか、重要なポイントです。
    そして自分の好みかどうか。
    ビジュアルもあります。見た目が好きか嫌いかにもよります。
    共通の趣味があり、気があうかどうかとも重要なポイントです。

    好きな人を人は庇う傾向があります。
    間違っていても。正当化しようとします。
    嫌いな人が正しいことを言っても、間違っていると処理しようとします。

    そんなのが大嫌いなんです。
    私にも好き嫌いは有ります。
    でも、物事を判断、評価した際に、好きな人嫌いな人関係なく、正しいことは正しい、間違って医ることは間違っていると人に伝えると結果、自分が弾き出されたり、孤立してしまいます。

    それが一般的。
    感情の生き物ですから。笑

    ユーザーID:7711571589

  • コミュニケーション能力

    「自分はまちがっていない正しい」これ妹がよく言うセリフです。では相手がまちがっているのでしょうか?
    家族関係では、押しの強い方が話を通しやすく妹は頑なにふてくされてしまいます。これを性格的な問題にされるのは心外です。
    相手の言い分をよく聞く姿勢は必要です。こちらも妥協点を用意しています。そもそも視点の位置によって正しさは変わります。お互い妥協し納得する必要があるのです。譲らない姿勢では話になりません。

    会社などで違法に出会ったとします。弱者である雇用者側の立場で正しいと主張し証明すれば厳しい制裁を受ける場合もあります。自分に不利益こうむりたくなければ、長いものに巻かれろという考え方もあります。無用に事を荒立てない、そうした臨機黄変な人間関係をも必要なら受け入れます。言い張っても頑なになっても解決しません。

    今、活動的な女性環境活動家がよく登場します。愛想どころかとても強面です。彼女の主張は確かに筋が通っていると思いますが、かといって彼女の意見に沿わない行動がまちがっているとばかりは言えません。有能な彼女はきっと議論のテーブルに着き、交渉を重ねていくと思います。

    必要なのは関わる人々とコミュニケーションと議論をつくし、合意に至ることではないですか?それが全体としての正しさだと思います。

    「自分はまちがっていない正しい」はスタート地点です。認めてもらえない、思い通りに事が運ばない原因を、要領よさや愛想などに転嫁すべきではない。
    異議を覚えたら、その先はコミュニケーションや議論あるいは逃げ、全体の人間関係の円滑さが必要になる時もあるのです。コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力がより求められる社会になったのだと思います。

    >感情を超える理屈はないのかなって。

    人とよく話し考えを聞き意見を述べ、妥協点を見つけ円滑な人間関係を築こうとする姿勢だと思います。

    ユーザーID:1058175224

  • 真に正しくて、有能な人は

    要らぬ衝突はしないのではないでしょうか?

    媚びなくても、おもねらなくても、衝突しない方法で正しくて能力を生かしている、ような気がします。

    ユーザーID:7107677988

  • 感情かな?

    トピ文を読んで、松下幸之助氏の語りを思い出しました。と言っても、たいして覚えているわけではないのですが。「出世する人間は可愛げがある」というような言葉。

    感情ではなく、受け入れるということ。

    どんな意見にも、正しい部分と正しくない部分があって、言葉ではなかなか言い尽くせない。

    まずは、笑顔で。相手の言い分を受け入れるというこちらの態度表明です。で、笑顔でいると、相手の言う言葉も、とてもよく受け入れられる。

    どのような場合でも、まずは笑顔で。それが、人間関係の基本だと思います。

    ユーザーID:5368315610

レス求!トピ一覧