妻を癌で亡くしました。

レス81
(トピ主32
お気に入り263

心や体の悩み

妻が1番大好き

令和1年12月10日、朝5時13分に妻が亡くなりました。48歳でした。妻は、病気を治す気満々で居たので、亡くなった事は本人が1番辛かったと思います。

昨年の、3月に右の脇腹が痛いよ…って言うので近くの病院に行って検査したら、癌の可能性高いので、紹介状書くので大きい病院に行って検査してもらってください。と言われ、大きい病院で検査したら、大腸がんが見つかりました。CT画像も見せられて、肝臓にも転移が見られると言われ、特に余命や、ステージいくつとかの話しも無いから、治療して治るのかと考えてました。

でも、抗がん剤治療を1年9か月頑張りましたが、病気の進行と、四種類の抗がん剤治療も段々効かなくなり、最後亡くなる時には、先生から言われましたが、肝臓が全部、癌におかされていて、今の状況は、肝不全になってます。と言われ、延命治療はせず、本人の痛み、苦しみを取り除く治療をします。と言われ、直ぐに亡くなる事は、無いからと言われましたが、それから二時間後に急変して、朝方、妻も頑張りましたが、皆に看取られながら、眠る様に息を引き取りました。

火葬、お通夜葬儀告別式と終わってまだ、2日しか立ってませんが、亡くなった日から、毎日泣いてばかりです。食欲も無くなり、睡眠も浅く、気分も乗らなくて、ため息ばかりです。
このまま鬱になるのかなぁ…って考えながら、死んだ方が楽なのかな…って考えてしまいます。

13年間一緒に暮らした想い出と、いつもニコニコして喧嘩と言う喧嘩なんか1回位で毎日毎日笑い声が絶えない暮らしをしてました。いつ退院しても良いように居間にベッドをおきました。仮外泊した今月の7日は、そのベッドで横になって居たのを見てるだけに、テレビを見る度に、ベッドが視界に入るので、直ぐ泣いてしまいます。寝室のベッドは、いつも二人で寝てました。今は、そこに僕ひとりで寝てるので、知らず知らずに涙が溢れて来ます。

ユーザーID:7997503458

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数81

レスする
  • 泣いてください

    私は夫を癌で亡くしました。
    何年も泣いて過ごしました。
    本当に辛いです。この辛さは経験したものでないと
    わかりません。
    私は鬱になり、薬に頼った時期もありましたが、
    結論から言うと、薬にはできるだけ頼らないでください。
    今は辛くて悲しくて受け入れることができないと思いますが、
    日にち薬というものがあります。

    ユーザーID:6716925872

  • こんなに愛されてた奥さんは幸せでしたね

    ユーザーID:7382740447

  • レスします

    亡くなってしまった人はもう戻ってくることはありません。
    でも、亡くなったしまった奥さんと過ごした思い出は絶対に消えたりはしません。
    幸せな日々があったこと。愛された日々があったこと。それは、一生の思い出です。

    ユーザーID:4104878840

  • ありがとうございます

    今は、泣くだけ泣こうと思います。
    僕の身体が、どうなるかはわかりませんが
    妻が、帰って来る事無いのは、良くわかっているつもりです。でも、元気だった亡くなる2日前まで、話ししていただけに、余計に苦しくて、悲しくて辛くて、もっと、身体の事を気にしてあげる事出来なかったのかな…
    あぁしとけば良かった。こうしとけば良かった。妻の闘病生活を、ちゃんと看病してあげれてたかな…って、毎日毎日考えてしまいます。
    妻との思い出は、消える事無いけど、二人で撮った写真を見ると、涙が溢れて、どうしようも無いくらい、声を出して泣いてしまいます。
    僕には、身内が誰も居なくて、一人ぼっちです。この苦しい胸の内聞いてくれる人が居ないので、妻の所に行きたいって気持ちです。
    妻は、怒るかも知れないけど、一人で居るより妻の所に行って、沢山話したいって言う気持ちです。

    ユーザーID:7997503458

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 奥様が羨ましい!

    奥様は幸せです。
    素敵な方だったんでしょうね。
    私も癌ですが、夫はそれほど悲しまないでしょう。

    一方、私も大切な家族を若くして亡くし、まだ遠くないです。
    ですから主様のお気持ちは十分わかります。
    これからの余生を共に楽しみ、励まし合って行こうと思っていたので。

    「ディスティニー 鎌倉物語」を見ましたか?
    ファンタジーですが、故人があの世で楽しく暮らしている様な気になります。

    きっと徐々に受け入れるしかないでしょうね。

    ユーザーID:0399978275

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 今のままでいいと思います

    さぞ辛く、さみしく、苦しい毎日でしょう。大好きな奥様との別れ、まだ心の整理などつくはずがないと思います。思いきり泣いて当然ですよ。
    今のご自分を否定なさらないでください。後悔のない別れはないと思います。私は5月に母を亡くし、あの日から毎日なんとか過ごしていますが、心に重いなにかが入ったままです。見た目は元気なふり、本当は辛さにつぶれそうです。もちろん後悔もたくさんあります。鬱状態の日もあります。
    配偶者を亡くされた悲しみはまだ経験しておりませんので本当にお気持ちを理解しきれないと思います。ただ皆さんにかこまれ眠るように旅立たれた。苦しみから解放され、好きな食べ物も召し上がれていると思いますよ。
    私も突然涙が溢れ止まらなくなります。日にちが解決してくれるのでしょうか?辛いですよね。いつか心の中の厚く暗い雲からは少しずつ光がさし暖かいお日さまがでると願います。私も今を耐えぬかなくては。
    奥様は頑張って闘いぬかれました。トピ主様も少しずつでいい、焦らなくていい、心は日に日に変化していきます。どうか寿命を全うなさってください。奥様のところに行きたいと思うのは絆の深さ、愛ですよね。そう思うのも当然です。ただ今それを決行してしまったら大好きな奥様と生きた素敵な日々を語ることができなくなってしまう。最愛の奥様のことを一番知っているのは旦那様である貴方様です。私も時間をかけて、心から笑える日をいつか迎えたいと思います。

    ユーザーID:1754784834

  • 死んでもそばにいます

    投稿するのははじめてです。
    トピを読んで、トピ主さんの悲しみの深さに、投稿せずにはいられませんでした。

    奥様が前向きに闘病されていた姿、楽しく過ごしていた思い出、数週間前にはあったはずのことがない。朝目覚めると現実に引き戻され、この現実は悪夢であって欲しいと思いますよね。

    私は、つい2ヶ月前に、繋留流産をしました。もうすぐ安定期というところだったので、お腹も大きくなっているのに、何故?
    赤ちゃんの心拍が止まってしまっていたのですが、お腹にいてつながっているし、「もう一回心臓が動くことはないのですか?」と医師に何度も聞いてしまいました。

    予定していた未来がなくなってしまった。なぜ?と思いました。
    奥様と笑い合っているはずの未来が、なくなってしまった。なぜ?

    全ての出来事が、自分へのメッセージがあるといつも思います。辛い出来事を後から振り返ると、それは私に与えられた人生の課題でした。流産の悲しみのあと、死とは?生きるとは?と様々考える時間をもらいました。望んだ経験ではなかったけれど、必要な経験を与えてもらった、と思います。

    でもトピ主さん、今は、ただただ悲しいという、そのご自分の気持ちのままに、泣いたり、呆然としたり、心のままに過ごしてくださいね。…そういうことが必要だと思います。

    全ての人、生きているもの、自然はつながっていて、亡くなった人も、いつもそばにいて幸せになるように願っていると思います。

    トピ主さんの、心に平和が訪れます様に。

    ユーザーID:7980070056

  • 涙は心の傷を治すお薬です

    奥様のことご愁傷さまです。
    素敵な笑顔ををいっぱい残して旅立たれたのですね。
    こんなにも想われて奥様はお幸せなかたです。
    13年しか一緒ではなかったけれど濃密な幸せな時間を過ごされたはずです。

    今できるのは泣くことしかないのではないでしょうか?
    男だからといってそれを抑えることはないと思います。
    泣くことで傷はいやされていくように感じます。

    愛する人のもとへ行きたいと思っておられるご様子。
    でも奥様を供養なさらならなければなりません。
    折に触れ奥様がどんなに素敵な人だったかを周りの方にお話になってください。
    あなたが生きて奥様のことを話さないと他人の記憶からは遠い人になってしまいます。
    お辛いでしょうけど残された人間が語らなければ忘れ去られるのです。
    あなたが長生きして語ればそれだけ奥様もこの世と繋がれるのです。
    そのことを忘れないでください。

    ユーザーID:4118423070

  • 皆さん、ありがとうございます。

    個別に、お礼したいのですが、このサイト初めて使うので、やり方がいまいち分からず、
    レスして頂いた皆さんに御礼申し上げます。

    本当に、今はただただ悲しくて寂しくて苦しい毎日を過ごしながら、泣く事しか出来ません。
    亡くなる2週間前に、今年のクリスマスしようね。って病室で、いつも話してました。
    今年のクリスマスケーキ何処のにしようか?って、コンビニや、スーパーのカタログ貰って来て二人で眺めてました。
    奥さんは、余り食べれないから、小さいケーキで、食べれなかったら食べてね。って話してたました。
    年明けの、1月は、奥さんの誕生日で、
    前に食べに行った、フレンチレストラン行こうか?って話してた事も有りました。
    良くなって、退院したら、初めて僕の誕生日に予約してつれてってくれた美味しいフレンチレストランに、結婚13年目の記念に予約して行く事予定してました。

    残された、家族が辛くて苦しくて悲しい以上に、奥さん本人が1番1番悔しくて、まだまだ生きたいって思ってたと想います。

    僕の前では、弱い所を見せずに、逆に僕がいつも泣いてばかりいました。
    僕が弱虫だから、奥さんが弱い所見せたら、もっと僕が弱虫になると思ったから、弱い所見せなかったのだろうと思います。
    でも、奥さんも怖かったと思います。泣いてくれれば、二人で泣いて僕が、いっぱいいっぱい励ます事も出来たんじゃ無いかなぁと。

    急に寂しさが襲って来ます。
    その時は、声を出して泣いてしまいます。
    もう、今は寂しくて寂しくて、泣く事しか出来ません。

    皆さんの、暖かい言葉本当に感謝するとともに、泣いて良いんですよ…って言って下さったので、いっぱい泣いてます…

    皆さん。本当に暖かい言葉ありがとうございます。

    ユーザーID:7997503458

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 旅行に行ってると思って下さい

    某女優さんが若くして逝去された時、お母様が「ロケに行ってると思ってる」というようなことを仰っていたように思います。

    まだ、旅立ちを送られたばかりで全身で号泣なさるトピ主様が見えるようで。
    私も発言小町の一読者として、お辛さが伝わってまいりました。
    ですが、トピ主様が寿命を全うされた時、奥様と再会できるとお考えになり、今はまだ、この世でお暮らしいただきたいです。

    御講話が大人気の、女流作家僧侶の先生も。

    死別を悲しみすぎないでとのお話の中で「どうせみんな、死にますから」と明るくお話しなさっていました。
    そのうち会えるからと。

    これまでの結婚生活で、奥様ならこう言うだろう、こう笑うだろうということが、トピ主様にはおわかりだと思います。
    これからも、トピ主様が笑えば、奥様も心の中で一緒に笑ってくれますよ。
    トピ主様が忘れない限り、心の中に奥様がいらっしゃいます。

    ユーザーID:1955884574

  • 悲しみに浸って下さい。

    奥様の事、お辛いですね。

    私の母もちょうど1年前に癌が見つかり抗がん剤 手術と闘病生活を送ってきましたが急変し先日、残りの時間がわずかだと告げられた所です。

    毎日、母に付添い過ごしてます。
    癌が見つかった時から「いつかこんな日が来る」と覚悟はしていましたが とてもツラいです。

    70近い母でもこんなにツラいのに、まだお若い奥様をと思うと……心中お察しします。

    今はまだ、悲しみの中にいてもいいと思います。
    何かある事に、奥様を思い出して当然です。

    とても愛されていた奥様、お幸せですね。
    時が癒してくれるのを待つしかないと思います。

    奥様のご冥福をお祈りします。

    ユーザーID:7926841892

  • 昨年夫を亡くしました。

    帰り道の事故だったので一瞬でした。
    朝、普段通り玄関から出て行き、それっきり。
    明け方に警察からの電話で知らされました。

    夜「早く帰ってきて」と電話かメールをしてたら違っていたのかな?
    と今でも悩んでいます。

    寝室も1人になり、
    布団もそのまま敷いてあります。

    遺品の整理も一年経ちますが進んでいません。
    少しずつ親族や知り合いの男性にネクタイやシャツはお譲りしています。

    動物を飼って寂しさを慰めようと思っても、その動物もいずれ自分より先に逝くのを看取らないとと思うと、飼う勇気がまだありません。

    こういうのって、
    時間しか解決法がないと思うんですよね。
    でも写真を観ると思い出して泣いてしまうので、普段は奥様の写真観るのを封印するのも方法です。
    私はそうしてます。

    ユーザーID:6088543985

  • 素敵なご夫婦

    なんの励ましにもならないかもですが、投稿を見て、奥様は本当に素敵な方だったのだなと思いました。
    そしてこんなにも愛されて、幸せだっただろうなと…
    トピ主さまも、奥様のような素敵な方に愛されて、
    そしてそのような方と巡り会えて、羨ましいなとも思いました。
    私もトピ主さまのような素敵な結婚生活を送りたいなと憧れました。

    ご冥福をお祈りいたします。
    離婚する夫婦が多い中で、真実の愛ともいえるお2人のお話を聞かせていただき、ありがとうございます。

    ユーザーID:9359106375

  • 新たにレス頂いた皆さん。

    新たにレスして頂いた皆さん。
    ありがとうございます。

    家族、夫、妻、どんな形であれ、自分の前から消えてしまう事は、とても悲しくて辛くて苦しいですよね…

    暮らした年数、楽しかった想い出、生きてる時には、所どころで思い出したりしますが、亡くした事で、その想い出が、一気に思い出して悲しくなってしまいます。

    僕は、この悲しみを共有してくれる身内が誰も居ません。
    だから余計に苦しくて、悲しくて寂しく、泣く事しか出来ません。

    家族の死を、そんな簡単に受け入れる事なんか出来ませんよね。
    今も、妻から、LINEとか、電話が掛かって来るんじゃ無いかと思ってしまいます。

    妻を亡くしてから、体調が悪く、今日は心療内科を受けて来ました。

    先生からは、鬱病と診断されました。
    食欲減退、睡眠障害、動悸、心臓の痛み、と
    元気だった時とは、全く逆の身体になってしまいました。

    こんなに、妻を亡くした事で、おかしくなってしまうんですね。
    年明けからは、新しい仕事場が決まり勤務する事になってます。
    頑張れるのかなぁ…って考え込んでしまいます。

    僕と、同じ様な境遇の皆さん。
    悲しかったら泣きましょうよ。
    沢山泣いて泣いて、泣きましょうよ。

    ユーザーID:7997503458

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 私も薬飲んでます

    二度目のレスです。
    鬱状態、お辛いですね。実は私は今から19年前に母が倒れ(今年5月に亡くなった母です)、その後色々あり鬱病になりました。

    おっしゃる通り、以前の自分ではまるでない状態に絶望感しかありませんでした。何に対しても何も感じない日々。色を失ったような世界で寝ていることしかできませんでした。
    19年前母は奇跡の回復を見せ普通に生活は送れましたが、性格が別人。高次脳機能障害です。怒りを抑えられないことも多く一時は距離をおいて過ごしました。
    でも母は本当の回復ではありませんでした。重度のくも膜下出血から生還しましたが、脳幹に大きな動脈瘤が見つかり、そのデータをいくつもの病院で診ていただきました。結果は位置が難しいこと、手術するなら命の保証は…どれも厳しい言葉で、家族で話し合い母の寿命に任せて・・・母には極秘で、母にはこの事実はあまりにも厳しい、だから告知せず、その代わり必死で守ってきたつもりです。

    そして今年5月、脳幹の動脈瘤からの出血で旅立ちました。12月が最初に倒れた月で、今私は色々考え、鬱状態が再びあらわれています。薬とは長いお付き合いとなってます。
    最愛の奥様を亡くされたのですから、心が限界なんですよ。今は心の声と向き合ってくださいね。私も苦しんだ道です。時間はかかりましたが、少しはうまく鬱病と付き合えるようになったかな?お薬の力を今はかりて良く休んでくださいね。病院に行かれて診断されたとありなんだかいてもたってもいられず。

    私の長い話しまですみません。焦らないで!絶対に。頑張って立ち直ろうとなんてしなくていい。いいんだよ。

    ユーザーID:1754784834

  • ひまちゃんかぁちゃんさんへ。

    二回も来て頂いて、コメントしてくださり
    ありがとうございます。
    今は、精神的に辛いし、心が不安定な感じです。大切な人を亡くし、妻が大好き過ぎて、この間まで元気だった姿を見ていただけに、この辛さ寂しさ悲しさを、乗り越える事が出来そうに有りません。
    病室に居る時に、二人で写真だけでも撮っておけば良かった…僕は妻が亡くなる事何て、1ミリも考えて無かったので、容態が急変した連絡貰った時は、病室に残って色々話してれば良かった…って思いました。
    妻も、僕が側に居れば、もしかしたら
    もう少しだけでも生きて居る事出来たかも知れないし、妻も、僕が側に居れば安心出来たのかな…って考え込んでしまいます。元には戻す事出来ないのは解ってますが、妻が容態急変する迄の間、妻も怖かったんじゃ無いかと思うと、何で帰ってしまったんだろうかと、仕事が有るから、お義母さんに促されて帰りましたが、今夜は、僕も側に居ます。って言って妻の側に居て話をしてあげてれば良かったって、後悔ばかりしてます…妻は、お骨になって、お墓に埋葬されてしまいましたが、先日、夢の中に妻が来てくれました。それはそれは、凄くリアルな夢だったんです。いつも居た居間の座椅子に、妻がいつもの様に座っていて、◯◯◯ちゃん?(妻の名前)を呼んで、僕が、◯◯◯ちゃん生きてるの?って話したら、生きてるよ!私死んでないから。
    言ったでしょ?私は死なないから、病気も治すって言ったでしょ!って。そして僕は、妻の身体を触りました。太もも、ぽっちゃりしてる、お腹、おっぱいと、触りました。夢なんですが
    いつも触ってた時と同じように手に感触が伝わって来たので夢じゃ無くて現実なんだ!って思ったら、目の前に妻が居る事で、号泣してしまいました。それから急に目が覚めてしまいました。妻は、弱虫の僕を見て天国から降りて来て話しかけてくれたんでしょうか。毎日寂しくて泣いてばかりです

    ユーザーID:7997503458

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 同じです!

    私の母も来てくれました。私が泣いてばかり、後悔していたからでしょうか?私も、母にもっと会いに行けば良かった、もっと穏やかに接したかった…きりがないくらい考えました。

    そんなある夜、一面緑の原っぱに母が微笑んで立っていて(若返ってました!)柴犬が一匹いるので母に念を送る感じで、[この子は?]と聞くと(可愛いから飼っているの)と母。
    すると雀の雛がおぼつかない飛びかたで現れ私はまた母に[この子は?]と聞く(面倒見ているの)と母。

    背中が曲がり身体も傾いていたのに真っ直ぐ立って微笑んでいました。

    きてくれたんですね。泣かないで!見えなくてもいるよと言ってくれているのかな。
    きっとそうですよ。私は母とお別れしてから7ヶ月。トピ主様はまだ日が浅いです。泣いて泣いて、でも少しずつ前を向きましょう。
    トピ主様の夢のお話しを見て決めました。そろそろ進まなくちゃと。

    辛くても毎日は過ぎていく、時間は進んでいる。母はきっと側にいますね、奥様も絶対いらっしゃると思います。

    因みに母は柴犬と雀が大好きだったんですよ。天国で早くも一緒に過ごしているとは。
    幸せで過ごしているといいな。

    うちの母と奥様、空から[娘とご主人、なんやらやり取りしてますね]なんて話しているかな、そうだったらいいですね。
    少しずつ出来ることから始めていきます。ゆっくり進んでいきましょう。このサイトにレスをしたのは始めてでした。こうして悲しく辛い毎日を送っている方がどこで、どのくらい、泣きながらも乗り越えようとしているのでしょうか。きっと皆さんもがきながら毎日過ごされているでしょう。

    最後に信頼している目上の方からの言葉を。

    自分が不幸だと思ったら、とことんそうなってしまう。笑顔を忘れないで。

    お身体大切にお過ごしください。お話しできて良かったです。

    ユーザーID:1754784834

  • 大切な存在だったんですね。

    さぞ、辛く、悲しかったでしょう。ほんの数日前まで、話をしたりしていたのに。

    こんなときは、泣く他ありません。

    私が、こんなことを言うのは失礼かもしれませんが、私にも、似たような経験があります。

    私は、たった七ヶ月ほどの間に、四人の人を失いました。突然すぎる出来事の連続でした。

    私は、誰一人として、死に目にすら会えませんでした。

    お正月、また会うのを楽しみにしていたのに、年明けを待たずに旅立った曾祖母。退院後、自宅で亡くなったと思われる曾祖母。学校から帰ってすぐ、弟から訃報を聞きました。

    母のおじは、健康診断結果をスルーしたこともありましたが、病院に受け入れてもらえず、看護師のおばの必死の対応もむなしく、亡くなりました。横浜に住んでいた母のおばは、脳腫瘍で危険なところだったのですが、母にかかってきた電話で、訃報を知らされました。

    帰ってこないのは確かでも、そばにいるきがします。お正月が来る度に辛いし、三月、四月が来る度、喪失感があります。

    知らず知らずのうちに、涙が出たっていいんですよ。

    大切な人を失うのは、とても辛いです。でも、しっかり食べて、寝てください。トピ主さんまで体を壊してしまっては、奥さんが悲しみます。私も、そうやって乗り越えました。

    トピ主さんなら、生きていけます。大丈夫です。奥さまもその方が、喜ぶと思います。


    なんだか私も思い出して、涙が出ました。

    ユーザーID:8921032563

  • 3年前に主人を亡くしました

    >今も、妻から、LINEとか、電話が掛かって来るんじゃ無いかと思ってしまいます。


    主人が亡くなって3年になります。
    最初の1年は主人の電話に何度もメッセージを送っていました。返事は返って来ないと分かっていても、何となくメッセージが主人に届くのでは…と思って。
    勿論、電話経由じゃなくても心からのメッセージが主人に届くと分かってはいたんですけど、電話経由でもメッセージを送りたくて。

    だから、トピ主さんの気持ちがよく分かります。

    涙が止まらないと思いますが、応援しています…。

    ユーザーID:0361515325

  • 以前、癌で死を覚悟した者です

    夫と、当時、小学生の子供が二人でした。
    かなりステージもいっていたので、転移の可能性もあり、心のどこかで覚悟をしてました。

    残された家族のことを思った時、ただただ幸せになってほしい、それだけでした。

    今はまだ悲しみ苦しみでいっぱいだと思いますが、トピ主さんの愛は、奧さまに充分伝わっています。

    いつか前を向いて、トピ主さんが笑顔になることが、奧さまへの供養になります。

    ユーザーID:9929525814

  • レイナさんへ

    レスありがとうございます。

    そんな辛いことが、沢山重なったんですね…
    とても辛かったと思います。
    家族が、1人でも亡くなるだけでも辛いことなのに、次から次へと亡くなるって、
    僕には創造出来ない位の辛さ、寂しさ、苦しさ…
    だったと思います。

    誰かが亡くなるって言うだけでも辛い事ですが、家族が亡くなるって、とっても辛いですよね。
    僕は、妻と一緒になって、たったの13年間でした。来年も、再来年も、ずっとずっとずっと一緒に居られると思ってました。

    13年間、一緒に居たのに、妻の身体の異変に気付いて上げる事出来なかった事が1番悔やまれます。

    妻じゃ無くて、僕が死ねば良かったって考える毎日です…
    妻は、仕事が大好きでした。ゴルフ場で働いてました。職場の人達からも、信頼があって
    キャディさんや、事務所の人、お客さんと、
    皆が、妻の事が好きでした。

    病気を理由に退職しましたが、病気を治して
    復帰したかったと思います。

    そんな妻の病気に気付いて上げる事出来なかった…本当に本当に悔やまれます。

    ただただ、悔しい
    悲しくて、毎日、毎晩泣いてます。

    ユーザーID:7997503458

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • お辛いですよね…。

     20年以上前になりますが…私も大切な家族、夫を亡くしました…。
     まだ20代だったので、癌と言われた時は「嘘でしょ?」と本当に信じられませんでした…でも亡くなるなんて思わなかったのに…一年の闘病生活後、天国に旅立って行きました。
     付き合って二年、結婚して三年…トータルしても六年近くしか、大好きな人と過ごせませんでした…。

     自分のことより人のことを考え…仕事場では、他の人をかばって大怪我をするような…本当に尊敬できる人だったので、私が代わりになればよかったのにと思いました。

     亡くなってからは、悲しみ、後悔、怒りなどいろいろな感情が湧いてきました。
     49日までは、本当に部屋の中に夫の存在を感じました。
     夢にでてきて欲しいのに…なかなか出てこなかったんです…でも、亡くなってしばらくして、ありありと夢にでてきた夫は汗を流しながら頑張ってるんです、作業着を着て…なので「もう頑張らなくていいよ」と抱きしめました。

     こんなに人を愛せたこと…愛されたこと…そしてその愛情で残された家族は生きていける。

     しかし、その愛が深いだけに、悲しみも深い…。

     奥さまは素晴らしい女性だったのですね…。本当にお辛いと思います。
    今は辛いと思いますが…時が…少しずつ、少しずつ癒やしてくれます。
     
     そしてトピ主さまの心の中に奥さまは生き続けます。
     天国からも見守ってくれます。今は無理でしょうが、いつかトピ主さまが笑顔になってくれるように…。

     私はずっと天国の夫が見守ってくれてると感じています。
     天国の夫に恥ずかしくない生き方をしたいと思っています。

     もうすぐ、年が明けますね…お身体に気をつけて、少しずつ無理をなさらずに、温かいものを食べて、お身体ご自愛ください。

    ユーザーID:9680150962

  • 二回目です。

    回りの人たちにも、奥さまは大切な存在だったんですね。なくなったおばも、明るい性格で、葬儀に参列したとき、もう笑わない、楽しく話もしなくなったおばをみて、火葬を待つ間の会食も、ほとんど喉を通らず、骨だけになったおばをみて、どうしようもない悔しさがわいてきました。


    もうすぐ年明けです。ちょうどあの年の今月、曾祖母か亡くなったんだなと、しみじみ考えます。当時、もうすぐ100歳で、大正生まれの自慢の曾祖母でした。

    はじめの頃は夜に、布団の中で、声を殺して泣いていましたが、数少ないですが、今では懐かしい思い出になっています。

    私はたいしたアドバイスはできませんが、自分を責めないでください。辛いと思いますが、それを明日を生きる力に変えて、頑張れば、自分に何ができるかが見えてきて、立ち直れるかもしれません。それで私も、何ができるか考えて、今は医療系の仕事に就くため、遺伝子や人体について勉強中です。

    少し長くなりました。すみません。
    よいお年を。

    ユーザーID:8921032563

  • 私もがん患者です

    私も奥様と同じぐらいの年齢で余命が長くないと聞いています。
    夫と2人暮らしなので、トピ主さんのことが気になっています。

    まだお辛いと思いますが、当事者としてお伝えしたいと思ったことがあります。
    もし気持ちの余裕があったら読んでみてください。

    ・奥様が最後、あまり苦しまなくてよかったと私は感じます。
    がんの治療は時に過酷なもので、生きていることにどんな意味があるか、
    夫婦共々ギリギリの精神状態まで追いつめられることもあるので。

    それでも生きていて欲しいと思うお気持ちはわかります。
    ただ、診察や治療に関して、精一杯対応されたように感じます。
    自分でも自分のがんの状態はわからないものです。
    何かのせいにして余り自分を責めないで欲しいなと思います。

    ・これから新しい職場に変わられるとのこと。
    奥様はきっと応援して下さっているのでは。
    もっと活躍したいと思っていた奥様の気持ちの分までと言うと
    少し重いかもしれませんが。
    仕事に気を取られる時間があるのは良いことかもしれません。

    ・周囲に助けを求めるのは私も苦手なのですが。
    でも今は相談機関や互助グループなどが意外とあります。
    または自分が助けてもらうのではなく、ボランティアや
    サークルなどで誰かを助けることが自分を癒すかもしれません。

    ・蛇足ですけど、弱っている気持に付け込む人っています。
    心に留めておいて頂ければと思います。

    私も主人を1人で残すのは心配です。
    あまり悲しみ過ぎずに、夫の人生を全うして欲しいです。

    奥様は今頃、とても心配していると思います。
    温かくして過ごしてください。

    ユーザーID:8789076237

  • にわちゃんさんへ

    僕と妻は、13年間、それでも短い期間です。
    僕は、妻と、50歳60歳70歳と、この先一緒に生きて行けると思ってました。

    にわちゃんさんは、僕達夫婦、一緒に居た年月よりも短い夫婦生活だったんですね…
    この悔しい気持ちを、何処にぶつければ良いかって、凄く悩まれたと思います。
    本当に、これからって時に大切な人が天国に旅立つなんて、思って無かったと思います。

    毎日毎日、泣いてばかりの僕に、天国から降りて来て夢?の中に現れて、いつもの様に居間の座椅子に座って居たのを見て、妻の身体も触って、夢から覚めた後も、現実の様に手のひらに感触が残って居たので、その時だけは本当に現実の世界に神様が、一時的に生き帰らせてくれたのかなって。

    ご主人も、にわちゃんさんの所に来てくれたのは、やはり、寂しく泣いて居るから、
    行ってあげなきゃって、神様にお願いして降りて来てくれたんだと思います。

    僕は年齢的にも、次の女性と一緒になるって
    難しいかなぁと思います。
    妻以上の女性が現れるなんて、無いんじゃないかと考えてしまいます。

    大切な人を亡くして、悲しい時は、声出して泣きましょうよ。
    僕は、妻を亡くしたばかりだから、寂しく泣いてばかりいます。
    お互いに、天国に居るので、話しかけながら泣きましょうよ。
    お高いに、辛いし、寂しく苦しいけど
    頑張って行きましょうね。

    ユーザーID:7997503458

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • レス頂いた、sさんへ

    レスありがとうございます。

    ご自身も、僕の妻と同じ様な状況なんですね…
    病気の進行度が気になります。
    大変な時に、僕の記事を拝見してレスして頂いて有り難うございます。

    ご主人よりも、先にって思うと、とても辛く
    苦しいですよね。

    僕の妻も、僕より先に天国に行く事は考えて無かったと思います。

    レス頂いた内容拝見して、こんな僕に、暖かい
    御言葉掛けて頂いて深い感謝します。

    ご主人も、今、凄く苦しい気持ちでいっぱいかと思うと、僕も苦しいです。

    今後の事、色々考えてしまいます。
    ちゃんと仕事出来るのかな…
    天国に居る妻が見守ってくれてるとは思いますが、やっぱり1人で居ると、有らぬ事を考えてしまう事もあります。

    sさんも、今は凄く辛く苦しい毎日を過ごされてると思います。
    お互いに、辛いお別れしてしまう前に、
    ご主人と沢山沢山素敵な時間を過ごしてください。

    僕は、妻が亡くなる事なんか考えて無かったので、僕の体調悪い時に、病室に行く事を、二回程行かなかった事ありました。

    今、思えば体調悪くても妻が居る病室に行って色々話しすれば良かったって思うと、妻も、寂しく無かったんじゃ無いかと考えてしまいます。
    ラインでは、行けない事伝えた時は、大丈夫だよーって言って、逆に心配させてしまいました。旦那失格だなぁって…
    あの二回行くだけでも、もしかしたら、もう少し長く生きる気持ちが湧いて、病気に負けて無かったんじゃ無いかと思うと、自分を責めてしまいます。

    sさんも、病気に負けずに頑張ってくださいね。
    陰ながら、僕から病気に負けないパワーを送らせて頂きます。

    1日でも長く生きてくださいね。

    ユーザーID:7997503458

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • 大丈夫!

    奥様は今も生きていますよ。

    人間は体は神様からお借りしていて、心(魂)は生き通しなんです。

    体はなくなってしまったけど、体という洋服を新しく変えに行ったんです。

    また来世で会えます、今度はおじいちゃん、おばあちゃんになるまで一緒にいれると思いますよ。

    ユーザーID:6626248272

  • 自分もです

    私の妻は去年11月に白血病で亡くなりました
    まだ38歳で、1週間後に結婚2年目をむかえるはずでした
    妻は常に前向きで、必ず治ると信じ、辛い治療にも耐え、弱音も吐かなかったのですが、亡くなる前の日、酸素マスク越しに「助けて」と言いました
    あの瞬間、あの言葉、思い出す度に泣いてしまいます
    助けられてなくてゴメンと言いながら泣いてます
    今は周りの幸せそうな人達を見るのが辛いです
    1人で寂しがってるだろうから、自分も死んで側にいてあげようかとも考えましたが、死ぬ勇気もないし、妻も「死んじゃダメだ!」って言うと思います
    トピ主さんの奥様も「死んじゃダメだ!」と思ってるはず
    奥様を悲しませないよう生きていきましょう!
    私達夫婦は「生まれ変わっても結婚するからな」って、病気になる前からしょっちゅう言ってました
    それを励みにこれから先、生きて行こうと思ってます
    トピ主さんも奥さんに絶対会えると思うし、待っててくれてると思いますよ
    時が経つのを待って、少しずつ進みましょう

    ユーザーID:1088567503

  • まこさんへ

    レスありがとうございます。

    暖かい、お言葉、応援して頂いて本当にありがとうございます。

    奥さんは、側に居てくれてるっと、言ってくれもらえて、とても心が落ち着きます。100%大丈夫かというと嘘になりますが、
    魂は近くに居てくれてる。
    その言葉に救われます。

    夢に出て来てくれたのも、魂が近くに居るからでしょうか。

    来世でも、奥さんと、一緒になりたいです。

    ユーザーID:7997503458

  • トピ主のコメント(32件)全て見る
  • ピー助さんへ

    レスありがとうございます。

    奥さまも、僕の妻と同じように病気で亡くなられて、しまったんですね…
    僕の妻より10歳も、若くして天国に旅立たれてしまったのは、とても辛いですね…
    僕の妻も、病気を治す気力で頑張ってました。
    僕は、毎日病室に行って妻と何気ない会話をする事が日課でした。
    その日の体調によっては、病室に入ったら
    ずっと寝てる事が多かったので、側に居てあげる事ぐらいしか出来ない時もありました。

    天国に旅立った妻を思うと、情けないけど、毎日毎日泣いてばかりです。

    何で病気に気付いてあげられなかったんだろうと、病気が見付かった時から今も自分を責めてます。
    早く気付いてあげてれば、もっと一緒長く生きて居られたのに!って後悔ばかりしてます。

    妻の所に行きたいです。本音は。
    でも、僕が死んだら怒るかな…って
    ピー助さんが言う様に、死んじゃ駄目って
    言うんじゃ無いかなぁって…

    僕も、生まれ変わっても、妻とまた一緒になりたいです。

    お互いに、天国に居る妻に心配させない様に
    頑張って行きましょう。

    ユーザーID:7997503458

  • トピ主のコメント(32件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧