• ホーム
  • 学ぶ
  • 子供がそろばんを6ヶ月通ってますが未だに級が取れません。

子供がそろばんを6ヶ月通ってますが未だに級が取れません。

レス15
(トピ主1
お気に入り19

趣味・教育・教養

しまちゃん

質問なんですが、子供が6ヶ月算盤に通ってます。週2回1時間です。
私も算盤の経験があるのですが、子供が6ヶ月も経ってるのに検定の話が1回もでてきません。
ですので、未だに10級も取れずです。
何を算盤塾でやっているのか見たくても、ノートや用紙など塾でやったものは家には持ち込ませないルールがあるらしく、親は何をしているのか成長しているのか全く分からない状態です。
子供に聞くと 今は掛け算をノートで1〜2ページ計算してるみたいなんですが、算盤を使ってかと思いきや使わずにただ計算をしてるみたいです。
そんなのもう学校でやってるよ!!と私は思ってしまうし算盤塾でそろばん触らせてないってどういうこと?!と思いました。
その掛け算ノートをやってからは算盤を使って見取り算をやるみたいです。子供がどのくらい出来るのか家でそろばんをやらせてみると10級取れるような感じではありませんでした。
未だに1桁(5を繰り上げる時)の計算がままならない感じでした。
2桁計算(50ー39)をやらせたら随分悩んでました。
親としてはちょっと残念な気分になりました。
6ヶ月ってまだこんなもんですかね?
だから検定を受けさせてもらえないのかとも思えました。
子供の成長の無さは無視して普通塾だと10級はどれくらいで試験させてもらえるものなん
でしょうか?
参考までにお願いします。
子供は今小2です。

ユーザーID:7716054807

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
  • 半年ならそうかも。

    私も小1からしてましたが、半年では受けてなかったと思います。2年になる頃八級から受験して6年で辞めてしまいましたが、準一級までいきました。
    子どもの理解力にもよるので先生と話してもいいかと思います。学校の授業は確か3年くらいにありますよね。
    うちの先生は珠算10段で、逆からもそろばん見えるしどんな凄い桁の見とりも暗算してました。間違えておいた数も途中戻してくれたり凄い先生でした。

    ユーザーID:5987466609

  • 塾の方針とはいえ不思議ですね

    我が子も小学2年生から週2で1時間、そろばん教室に通っています。
    トピ主さんのお子さんと全く同じです。

    最初は1桁数口のたし算からスタートしてすぐに2桁になり、1ヶ月たたないうちに10級のテキストを始めました。

    小学校で九九を習う前だったので、同時に家で九九の暗記をするのが宿題になりました。
    できれば自宅でもそろばんの復習もしてほしいと言われ、テキストを何度もやり直しました。

    塾の方針とはいえ、塾でやったテキストや用紙を家に持ち込まないルールがあるとは不思議ですね。
    逆に自宅学習により伸びが違うと思うのですが。

    しかも通って半年で2桁計算にとまどっている状況なのに、そろばん教室でそろばんを使わない授業を進めているのも理解に苦しみます。
    トピ主さんがおかしいのでは?と思う気持ち、よく分かります。

    もしかしたら小学校で九九を習う直前にかけ算を暗記することに重点を置いているのかもしれませんが、まずはそろばんを使って計算ができ、いずれは頭の中でそろばんを弾くイメージをつけるのが大切です。

    正直、そろばん教室の方針に疑問を持ちます。
    お子さんも週2回の貴重な時間を使っているのに、かわいそうに思います。

    ユーザーID:7497681978

  • 不思議

    月曜から土曜まで毎日通う時代の子だったので、今ってそんなもの?と思います。にしても週に2時間だけ、家で復習しなければ身に付かないのでは?

    一応半年で2級まで行きましたが、家に帰ってもひたすら練習してました。

    ユーザーID:3202297351

  • 昔と今と、、、?

    私(60後半)が小2の時にしばらくそろばん塾に通ったことがありましたが
    確かに「級」が上がる、に注力している感じはありました。
    昇級したら、名前の張り出しがあったりと。

    でも今だと昇級よりも、数字の扱い、とか、勉強につながる方向なのかな?と
    思ったのですが。
    もしかしたら、小2だから、掛け算なのかと?
    いまは、「小2」で九九を習うという事も変わってきているのでしょうか?

    学校の算数の修得とリンクさせていらっしゃる塾なのかな、と
    思えたりもしたのですが。

    ユーザーID:8947032846

  • 九九ができないのにソロバン?

    大昔ですが、小4からソロバン塾に通ってました。
    私のときは、九九は小3で覚えました。
    覚えるのに大変苦労しました。
    ですので、ソロバンの掛け算、割算で苦労した記憶はありません。

    私が小2からソロバンしていたら落ちこぼれになっていた可能性大です。
    小3での九九は本当に苦戦してました。
    小2の頃は、紙の足し算、引き算で、指も使って計算してた記憶が有ります。
    この程度の脳みそなので、小6でやっとこさ3級を取ってやめました。

    ところがですね、同級生がいまして、その子は、小5で入ってきて小6に1級を取りました。
    その子は学級委員に選ばれるような子で頭のいい子でした、
    そのとき、子供心に「頭のいい奴にはかなわない。」と思いました。

    ということで、ソロバンエリートを育てるわけてないならもう少し上の学年でもいいのではないかと思いますが?

    他の方も書いてましが、私のときも毎日通ってた記憶が有ります。

    ユーザーID:5325321006

  • きちんと教えてもらっているのでしょうか?

    私の経験なのですが、二年生の時に近所のそろばん塾に行かされました。
    でも先生が怖くて、しかもイマイチ教えて貰えず全然出来ずに嫌になってとうとうサボりだし親にこっ酷く怒られました。
    三年生になって友人が行っていた別のそろばん塾に通ったらスンナリ出来る様になりました。
    結局、基本のコツ?を教えてもらっていないから出来なかったのです。

    お子さんはどうですか?きちんと教えてもらっていますか?
    そろばんて頭で考えるものではないですからね。

    小2でも出来る子は出来ると思いますが‥。
    きちんと教えてもらってるのかなぁ。。

    ユーザーID:8756420571

  • そろばん塾講師です

    トピ主さん、はじめまして。
    そろばん塾で指導をはじめ6年目です。

    半年で10級受験出来ないのは、進度が遅いと思います。はじめのうちはとても簡単なので、10級9級同時受験する生徒も多いです。

    昭和のそろばん塾は週何回もでしたよね、今は他の習い事をしている子が多いので、週1、2のお稽古が主流です。なので、昔と比べると全体的に昇級ペースはかなり遅いです。

    お子さん、九九は完璧ですか?前から、後ろから、どこからでも一瞬で言えるようになってから、かけ算割り算にはいいります。
    九九が微妙だから、時間もかかるしミスも多い、そんな生徒もいます。
    あとは、お稽古の日だけでなく、毎日そろばんに触れて練習することが、昇級の最も近道です。週2回2時間より、毎日15分コツコツですよ。

    今はそろばん以外にも魅力的な習い事がたくさんあります。期間を決めて、一気に昇級してくださいね。ちなみに、うちの塾では3年間で1級合格が目標です。自宅で練習し、きちんと毎回の授業を復習してくれる子は進度が早いです。目安としては、九九を理解する小2でならい始めてから小5で1級合格し辞めるパターンが多いです。

    進度について気になることがあれば、お稽古先の先生にご相談してみるといいですよ。
    そろばん塾はいくらでもあるので、お子さんにあった塾を見つけてくださいね。
    応援しています!

    ユーザーID:9913978956

  • 検定にはお金がかかるので

    昭和の時代ですが、塾の方針がタイトルの理由で検定は6級からの受験でした。

    それまでは、9・10級(一冊)のテキストが終われば8級、それが終われば7級というかんじでしたよ。

    実際、10級受ける意味があるのか、私にはわかりません。

    ちなみに、3年生の1年間で4級まで取りました。

    ユーザーID:5718133131

  • トピ主です。

    沢山の返信ありがとうございました。
    今は2年生で九九は覚えるので算盤塾で貴重な時間を九九やらせなくても。。とは思いました。
    確かにみなさんがい言うように家での練習が必須な感じですね。
    私も習ってた時は楽しくて家で算盤触ってました。子供にも少しずつ家での算盤練習させていこうと思います。

    ユーザーID:7716054807

  • 塾に疑問

    私も小2でそろばんに通いましたよ。

    約半年で4級まで取得してます。

    担任には成績が上がりすぎと驚かれましたが意味がわかりませんでした。

    週に二回、家での練習も適当にはじいただけ。

    その塾の教えかたは??

    私の塾は1日に沢山はじかせて、出来たテキストを先生に見せ、バツになった所をやり直させたりしただけ。とにかくはじかせてましたし、みんなの雰囲気もそろばん一点に集中でしたよ。

    何で上達しないのか全くわかりません。

    余計なお喋りタイムがあるの?としか思えない。

    塾全体がやる気のないダラダラ?

    ユーザーID:2365017931

  • 変わった教室

    同じく小2でそろばん習わせてます。
    教室でやっている問題を見る機会もないということですが、授業の様子を見ることもできないのでしょうか?
    なぜ検定の話が1回も出ないのか教室に問い合わせてみたことはないのでしょうか?
    うちは一年生でそろばんを始めて最初の1年は近所の教室に通ったのですが、習い始めて10か月目ぐらいでようやく検定を受け、1年かけて9級までしか進みませんでした。
    そこの教室では子供達が立ち歩いたり、おしゃべりしたり、はたまた教室の周りで鬼ごっこしたり、歌を歌っていたりめちゃくちゃでした。
    授業と言うよりは、遊びに来て合間にちょっとそろばんしてるようなものでした。
    先生に「1年かけて9級は遅いのではないか?平均はどれぐらいのなのか?」と聞いた時も「子供によって違うし、もっと遅い子もいますよ」とごまかされました。
    あまりに不信感が募り、徒歩で行ける教室はそこだけだったのですがやめて、送迎しないといけない遠くの教室に変わりました。
    新しい教室に変わって8か月ですが、入って3か月目ぐらいから毎月検定を受けるようになり、今月6級を受けました。
    前の教室と違って、合格者の名前は通知に出るので、他の子がどれぐらいの進度で進んでいるのか知ることができます。
    ちなみにうちも週2回の1時間で、家では練習していません。
    通う教室でこんなにも違うもんなんだなって思っています。

    ユーザーID:3429649745

  • 向いていない?

    算盤って頭の良い悪い関係ないと思います。
    向いているかいないかだけ。

    私は小3で始めて一年で2級迄取ってやめました。習ったのは一年間だけ。
    勉強は(算数含め)苦手だし嫌いでした。
    ただ算盤は向いていたのだと思います。

    以降ずっと開いて、高校が商業でしたので算盤して商業の検定は1級取りました。
    アラフィフの現在も計算は頭で算盤浮かべて計算します。

    私の時代の算盤塾ってひたすら算盤と暗算だったと思います。
    今って何か紙で計算させたりとか余計な事が多いですよね。

    あと幼稚園とかからさせて一年経っても級取れない話しとか聞くと、月謝の無駄だなーと思います。
    小学生で九九覚えてから習えばパパッと覚えて2級位なら直ぐに取れるのに。

    小学生でも中々進まない子は向いていないのだと思います。
    友達で勉強は凄く出来るのに算盤は苦手と言う子がいました。

    算盤なんて出来なくても特別支障ないのですから、向いていないようでしたら無理に習わなくても良くないですか?

    私からすると、自分では算盤を頭の中に置いているから計算出来るけど、算盤出来ないのに暗算してしまう人の方が凄いな!と尊敬してしまいます。
    算盤やっていたから得したなんて事もありませんし。
    算盤出来なくても計算得意な人は腐るほどいると思いますしね。
    私なら月謝の無駄なので、別の習い事に変えますね。

    ユーザーID:5596936375

  • 小学4年生・8級

    私(62・男)は小学4年生からそろばん塾へ通い、当時は 8級から受験開始でした。

    当時の私は、

    1+2 はわかる
    5+2 もわかる そろばん珠を追加していけばいいだけだからわかります。

    ところが・・・

    5+6 のとき、どうしてあのようなソロバン珠の動かし方をするのか意味がわからなかった。今は 答えが 11とわかっているからできるものの、それじゃソロバンを使う意味がない。

    現在でも 5+6 4+8 など 特殊な指の動かし方をする理由がわからない。

    たぶん 4+8 は 8の10に対する補数である「2」を4から差し引いて桁上げする ということだと理解しているものの、小学生で「補数」の意味を理解できるだろうか。

    それよりも「補数」を考えていたらソロバンの便利さがなくなってしまうのではないか。

    わからないものの、そのように操作するものだと 教え込まれ、小学6年生で 2級 まで進んだものの、その理由を理解するのには数学の「整数論」の世界じゃなかろうか。

    「習うより 慣れろ」
    「理論より 実践」

    就職してから実務では、後から理論追究してもいいじゃないか とにかく必要な免許・資格をまずとってくれ これは国家の命令なんだ・・・

    とよく助言されたものでしたが、いまだに ソロバンの 5+6 はなぜあのような操作をするのかわからない。

    ユーザーID:0116683621

  • 還暦過ぎたおばさんです。

     三姉妹の末っ子です。

     親から、習い事は二つまでと言うことで。
    姉二人がピアノを習っており。小1の時に
    姉二人が親にねだり、ピアノが我が家に
    やってきました。それで、私もと言って。
    ピアノを習い始めました。長姉は習字。
    次姉が珠算を習っていました。で、小5の
    頃に、珠算がプラスされました。

     小学校で2回の転校があり。都合三か所の
    珠算塾に通いました。記憶に残っているのが
    二か所目。お楽しみ会のようなものをやり。
    勝ち抜き戦で、賞品頂いた記憶があります。

     小5から習い始めましたから。遅かりし
    なのですが、一年ほどで3級には行って
    いたかと。(塾内の進級試験だったと
    思います。)日商と全珠連が公の資格
    になるかと思いますが。全珠連の試験を
    受けていまして。(塾として)

     私の場合は、級取得もありましたが、
    学校以外の居場所的な位置でもありました。

     中3進学時に転居もあり。やめました。
    (全珠連の三級は取っていた。二級チャレンジ
    中たっだ。)高校進学時に、珠算クラブがあって。
    入部し、日商の三級とりました。(個人で受験する
    気はなかった。)

     もう50年ほど前の記憶ですが。最初は10級から
    だったかと思いますが。各級の問題集があったと
    思います。その問題集をそろばん使って・・・
    だったかと。

     違和感ありますよね。その塾。
    私なら・・・・。教室変えるかな?
    ただ昨今。珠算塾自体が少なくなって
    いる感があるから、転塾も難しいです
    かね。
     

    ユーザーID:1700012795

  • 小1の4月から小学校卒業まで

    私の場合は小学校の入学とともに親の方針でお習字と算盤へ。九九は当然覚えてなかったので2桁の足算引算ができるようになった時点で九九下敷きを渡され。教室の隅っこでひたすら暗記していた時期もありました。最終的には二段まで合格して辞めました。
    学校の九九の授業は当然のように余裕でした。

    うちの算盤塾は10級と9級は飛ばして練習は8級から。検定を受けるのは3級から。そこまでは塾長の考査しかありませんでしたから、部外者からみたらいつまでも級をとれない!って見られてたのかもしれませんね。それでも検定合格率や競技会は地域でトップクラスでしたから、10級取ることにこだわらなくても良いのではないかと思います。

    ヨコですが
    >ソロバンの 5+6 はなぜあのような操作をするのか
    0に6を足すときは5の玉と1の玉を1つづつ動かすじゃないですか。同様に5があらかじめある場合、1の玉は通常通り足して、あらかじめ5があるところに5を足すので1繰り上げるかわりに5玉はリセットって習ったような。
    とりあえず寺子屋よろしく、論語はとにかく覚えろ!算盤はとにかく練習しろ!後から真理は理解できる!…ってノリなんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:6685030802

レス求!トピ一覧