不妊治療とパートの両立

レス3
(トピ主0
お気に入り2

妊娠・出産・育児

ななみ

レス

レス数3

レスする
  • 通りすがりですが

    私は体外受精で子供を授かりました。
    不妊治療はまさに出口の見えないトンネルで、辛いですよね。

    私は当時フルタイムの派遣社員でしたが、仕事を辞めませんでした。仕事を辞めたら、不妊治療一色の生活になるし、それで妊娠できなかったら逃げ場がなくなるからです。

    ただし私の場合、仕事が終わった後に病院に行ける環境でした。

    ななみ様はご自分が一番ストレスにならない生活スタイルにされるといいと思います。半日パートにするのも、ひとつの選択肢かなと。

    それよりも私が気になるのは、タイミング療法の段階で何度も病院に行くのは、かなり違和感があります。基礎体温&念のために一回卵の大きさの検査をすれば十分なはず。一回検査すれば、おおよその排卵日はわかるはず。余計なことを言ってしまって、不快に思われたらごめんなさい。

    通りすがりなので、レス不要です。あまり思いつめずに・・・

    ユーザーID:2021855863

  • 私は

    派遣の仕事をしていました。
    排卵のチェックしてタイミング取る
    くらいなら仕事のあとに通院して
    いました。

    ちょうど派遣契約が切れたタイミングで治療もステップアップしたくて、
    不妊治療専門のクリニックと同じ
    地下鉄沿線で仕事を見つけました。
    仕事のあとクリニックに行けて、
    通勤交通費で通院もできて、更に
    高度治療にうつる頃には有給休暇も
    使えてラッキーでした。

    治療はいつ終わるか見えない長い
    トンネルみたいなものなので、
    簡単に仕事をやめない方が良いと
    思います。

    ユーザーID:0223444338

  • 仕事内容による

    フルタイムで働きながら採卵して胚凍結までいった者です。
    仕事が休める環境かそうでないかによります。
    あと病院が仕事に理解があり何時まで診療しているかによります。

    人工授精まででしたら、病院の診療時間によっては仕事を続けながら出来るのではないでしょうか?ただし私の場合、人工授精当日は排卵の関係で一度中止になり、せっかく取った有休をダメにして数日後にまた別の有休をとらなきゃいけないことになりました。急なお休みが取れるかどうかにもよります。

    体外受精は1病院側が仕事に理解があること2職場が休める環境か で変わってきます。

    例えば私達夫婦の場合、主人の海外出張が多く帰国後に合わせることが大変でした。幸い病院が仕事に理解があり少し調節してくれました。あと採卵後はOHSSが心配されたので、採卵後数日は休むよう言われました。3日間程度の休暇がとれる職場かどうかによります。立ち仕事だと控えてくださいと言われると思います。あとは採卵数日前にホルモン検査、超音波検査等で半日のお休み有することが数回あります。それを乗り越えればなんとかなります。

    ただ経験から言いますが、フルタイム正規で働きながら採卵は結構根気がいりますよ。精神的にやられます。私の場合、採卵周期に限ってなぜか仕事が忙しくなり(忙しくない時期を選んだはずなのに...)採卵前日も急遽出張が入り、汚い話で申し訳ありませんが出張先で指定時間に座薬を投入、指定時間に電車の中ということがないよう調節して自己注射、採卵後はOHSSにより点滴をしている状況で職場の同僚から緊急メールが入るという結構限界な状況でした。そのせいか凍結はできましたが受精率が悪かったです。甲状腺ホルモンも数値が一気に悪くなり一か月ぐらい鬱病?に近い症状が出ました。

    精神面を考えると午前のみの仕事でも良いのではないでしょうか?あとはご判断にお任せします。

    ユーザーID:4511327947

レス求!トピ一覧