銀行で生命保険の見直し?

レス7
(トピ主1
お気に入り13

生活・身近な話題

迷う

銀行の金融商品を窓口で解約に行った際、生命保険の見直しの話をされました。事前に電話をした際、解約書類を郵送できないかと尋ねましたが、窓口でしか解約が出来ない話だったので半休を取って行きました。

また別の金融商品を勧められるのが嫌で、何気なく生命保険が多くて不要なのではないかと話をしたら、しっかりと勧められました。

証券を持ってくれば私に合うプランを教えてくれるというのですが、銀行で生命保険の見直しって今の常識なのでしょうか。それとも私が騙されているのでしょうか。教えた見返りに金融商品を勧められないのでしょうか。

2月頃に銀行から生命保険の見直しの件で電話が掛かってくるのですが、素直に引き受けした方が良いのか迷っています。わかる方教えてください。

ユーザーID:4868789009

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
  • 専門家ではありませんが…

    少し前、銀行で株式投資を取り扱うようになったとき、
    銀行だから安心だろう
    と、投資の意味もよくわからないままに株式投資に資金投入して原資を減らした方が沢山いらっしゃいます。

    銀行は本来、今すぐ使わないお金を預り必要な人に貸し付けて、貸したお金の利子で銀行の儲けと預けた人への利子を賄うことで成り立ちます。
    銀行も低金利で以前と同じ仕事では食べていけないので、投資や保険と、色々模索中のように見えます。

    保険については、職場で団体保険の取り扱いがあれば、同じ保険内容で料金が安い(団体割引)ので、もし見直しをお考えでしたら、そちらを先に検討した方がよいですよ。

    ユーザーID:7219364700

  • 銀行では何でも売っています

    銀行では国債や投資信託や生命保険やあらゆる金融商品が売られています。
    私は国債と投資信託と保険に入りました。自分の考えで、説明を受けたうえで選びました。
    売る方も成績になるらしくよく勉強して説明してくれましたが、買った物はすべて自己責任です。保険は母からの相続対策の為に一つだけ入りました。有名な保険会社の名前がすべて挙げられて好きな保険会社が選べました。母の死亡後に受けられる無税の範囲でとある会社の保険に入りました。母の名義で受取人は私です。
    さて貴女が気が進まないのなら説明は受けなくてもいいと思います。例えば貴女が今保険の見直しが必要とは思わないのなら「今は見直しを考えていません」でいいのです。銀行は解約したお金がよそへ流れるのを何とか阻止したいのであれこれ勧めてきます。その話にのらなければいいだけの事だと思います。
    財産は自分のモノですからあくまでも自分主体に守るものです。お断りしてもいいのです。

    ユーザーID:6239864712

  • 商売ですから

    自動車販売店A社に行って相談したら、A社の車を勧められますよね?
    世界中の車の中でA社の車があなたに最適です。って言われますよね?

    それと同じことです。
    銀行と保険だと見た目は違う会社の商品を勧められるかもしれませんが、裏では繋がっています。

    自動車販売店でスマホも売っているのと同じことです。

    客観的で公平なアドバイスが欲しいなら、有料の相談を受けるしかありません。
    無料である以上商品を買わせないと商売が成り立ちません。

    ユーザーID:4277828708

  • 規制が変わったかなんかで

    銀行でも保険を扱うようになったらしいです
    投資とかと同じ感じで、
    見直ししてあげますとか、よく言ってきます
    でもね、なんせ銀行ですから
    カネにならないことを言うわけないと思った方がいいですよ
    保険だって、たぶん掛け替えを勧めてくると思います
    掛け替えでも新規扱いになるから銀行側にはポイントになるんですよ
    見直しをしたいと思ってるなら見てもらえばいいけど、
    利用されないようにね

    ユーザーID:7674088564

  • 生命保険は遺族のためだよ

    >2月頃に銀行から生命保険の見直しの件で電話が掛かってくるのですが、素直に引き受けした方が良いのか迷っています。

    素直に引き受ければ、銀行が儲かりますよ(笑)。

    そもそも、何故、生命保険を掛けるのですか?
    そこんとこをシッカリ考えていないとダメですよ。

    私は現役時代7千万の生命保険をかけていました。私が不慮の死を遂げても妻子が経済的に困らないようにです。
    今は引退していますので、生命保険はゼロです。妻の老後資金はすでにたまっているし、子供たちは独立していて援助の必要がありませんから。
    医療保険もかけていません。医療費は健保-75歳以後国保とつないで、自己負担ぶんは自分で払います(資金は十分ある)。

    ユーザーID:3123201672

  • 保険ですから

    要するに保険の勧誘ですよそれ
    かけかえさせたり、他の金融商品も隙あらば勧める、それが営業です。
    電話かけてきたり、葉書がきたりとか、相当しつこいですよ。保険ですから。

    銀行は今非常に厳しい状態です。
    店舗は閉鎖し、ATMはコンビニにとられ、キャッスレスも進み、振り込みは某メッセージアプリでも出来るようになりました。だから営業も必死です。

    ユーザーID:9856884506

  • 断ります

    インコし様まで読みました。銀行も利益獲得に必死だろうし、素直に応じて行けばカモネギにされそうですね。
    20歳の頃に母から生命保険は勧められたので、何も考えないで長年入っています。
    周りの人達も生命保険に入っていたので、それが当たり前だと思っていましたし、疑いもなかったです。

    電話が掛かっても、その時に出れない時は、折り返し連絡しません。
    耳栓が必要な職場にいるので、着信音が聞こえないことがありますので、聞こえない可能性があります。
    もし着信音が聞こえて出てしまったら「今忙しくていつ休めるかわかりません」と断ります。

    相談して良かったです。言われるまま銀行に行っていたら、生命保険を加入していたでしょうね。これも金融商品の一つだと知りませんでした。
    みなさん的確なアドバイスありがとうございました。

    ユーザーID:4868789009

レス求!トピ一覧