離婚後の生活(財産分与、養育費)

レス53
(トピ主2
お気に入り148

恋愛・結婚・離婚

ゆんゆん

結婚生活5年目でこの度夫と離婚することになりました。5歳と3歳の子供がおり、親権は私になります。財産分与で貯金約1100万、養育費月12万で合意し、公正証書に残して離婚することに決まりそうです。
今までは専業主婦で、関東に暮らしていましたが今は実家(四国のかなり田舎)に親と同居しております。離婚成立後もしばらく実家に住むつもりです。私には資格があり、すぐに働ける環境にありますが、なにせ結婚後は専業主婦をしていたもので今後の生活が心配です。
また、夫がお金の管理をしていたこともあり、どのようにやりくりしていけばいいかわからず不安です。
田舎で親と同居ですから、都会ほどあまりお金を使うことはないかなと思いますがこれから子供が小学校に上がったりと教育費がかさむので、心配です。
貯金1100万、養育費12万であれば、国の手当て等も含めて、専業主婦でも十分生活していけるでしょうか?どのくらい生活に余裕をもって生活できるでしょうか?無知でお恥ずかしいですが、同じような境遇の方、もしくはお金に詳しい方からアドバイスいただきたいです。

ユーザーID:1188936469

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数53

レスする
  • いやいや

    >財産分与で貯金約1100万、養育費月12万で合意し

    それだけあれば、実家で家賃がいらないだけでも、生活するには十分だと思います。
    地方は公立優位ですから、学費も心配ないでしょう。

    子供は田舎でのびのび育てばいいとして、まだ若いであろう主さんが、財産分与と養育費と実家の助けで暮らしていこうというのは、虫が良すぎませんか?
    簡単な仕事でいいから自分で稼ぐということをしないと、何かの時にすぐ破綻してしまうと思いますよ。
    「専業主婦」はいいわけだと思います。

    ユーザーID:7007665443

  • 養育費とは

    養育費は「子供」を養育するためのお金です。

    決してトピ主の生活のためではありません。
    また、養育費は夫側の分担ですから、それで不足する部分はトピ主が負担する必要があります。

    1100万円で一生の生活が出来るかどうかは考えればすぐわかるでしょう。

    つまり、
    養育費は子供のためだけに使う、自分の生活費は自分で稼ぐ。
    です。

    ユーザーID:9726629578

  • え、働かないの?

    >私には資格があり、すぐに働ける環境にありますが

    なのに

    >貯金1100万、養育費12万であれば、国の手当て等も含めて、専業主婦でも十分生活していけるでしょうか?

    専業主婦でいようと思うのはナゼ?
    もしトピ主さんがこれかも専業主婦を続けるとした場合、貯金は増えません。
    貯金1100万円で子供2人の学費は賄えますか?
    子供が将来、四国の農村部?から都会の大学に進学を希望した場合、その貯金額では1人分くらいにしかならないのでは?
    学費の他に生活費下宿費帰省費用などなどかかりますよ。
    経済的なことで子供の進学先が制限されてしまうのはかなり切ないですね。

    それにいつまでも実家に暮らしていないでなるべく自立した方がいいですね。
    となると月々12万円で暮らせないことはないですが、かなり厳しそうです。
    トピ主さんはなるべく早く正社員として働いた方がいいと思います。
    大変かもしれないですが頑張ってくださいね。

    ユーザーID:9471705930

  • なぜ専業主婦?

    幼い子を連れて、わずか5年で
    離婚するのだから、よほどの
    事情と覚悟があると思います。

    まずは働いて立派に子どもを育てる
    ことが一番ではないですか?
    幸いご実家に住み、ご両親の協力も
    得られ、すぐ働ける資格もあるとの
    こと。

    専業主婦でいられるか?
    いられません。
    離婚したら主婦じゃないんだし。
    頑張って下さい。

    ユーザーID:1813447892

  • 役所の子育て支援課を訪ねてみては

    シングルマザーになって最初に色々教わるならば、行政窓口です。
    今は、女性相談窓口、子育て支援窓口、
    シングルマザーの自立支援窓口など、何となく、それらしい名前の窓口がありますから、庁舎内に足を踏み入れたら辿り着けると思います。

    役所の外郭団体にも就労支援窓口とか
    ジョブステーションなどの名称で職業訓練を実施している機関があります。
    広報誌に、細々とお役立ち情報が掲載されているのに、殆どの人は読まずに捨ててしまっているのか、窓口は開店休業状態のところもあるみたいです。

    横道に逸れましたが、第一線から長年離れていて、いきなり就労するのは心細いという場合は、その旨も相談窓口で伝えてください。

    必要な場所で職業訓練を経て、ある程度社会に順応出来る状態にまで仕上げてもらえる場合もあります。ただし、条件をクリアしたらですけど。

    分与財産は、手をつけず、児童扶養手当や、修学援助金も受け取れるように手続きを進めましょう。

    昨年度の収入がゼロだという市民税の申告書を提出するのが何より1番大事です。専業主婦だったから収入ゼロです、という申告をするんです。忘れないでください。そして、親御さんと同居していても、世帯分離をしてください。独立した家庭がひとつ屋根の下に2つある(住んでいる)状態にすることも、とても大事な事です。
    あなたは、あなたの家族を持つ世帯主、
    親御さんは親御さん。

    年内に役所に行って手続きしてくださいね。はんこも忘れないように。

    ユーザーID:4871134268

  • ざっくりですが

    ざっくりですが、財産分与と養育費の半分は使わずにお子さんの進学資金にしてはいかがでしょうか(2000万円くらい、ひとり1000万円)。四国の田舎とのことなので、自宅を出て大学進学の可能性が高いと思います。都内の私立は無理でも国立大で一人暮らしできるくらいは貯金しておくといいと思います。

    もっと言えば、2000万円貯まるまでは養育費も全額貯金くらいの気持ちの方がいいかも。向こうが再婚したりすると合法的に減額されたりってこともあります。

    もちろん、仕事が決まるまでとか、しばらくはパートしか出来ないなら、その時はちゃんと使ったほうがいいと思います。

    やりくりの目安は、例えば婦人之友とか生協とかが家計簿の集計をして公開しています。食費だけでなく、光熱水費とかも出ているし参考になると思います。

    ユーザーID:4244549695

  • 養育費はどのようにして決めたのですか?

    弁護士さんや、よく調べている人は、養育費の金額を養育費算定表にあてはめて、それを基に話し合いを進めます。

    年齢別に0から14歳、15歳以上と分けていつからいつまでの間はいくら、と20歳になるまで考えて公正証書に記載します。

    養育費支払いは、子どもが最低限の生活ができるための扶養義務ではなく、
    それ以上の内容を含む「生活保持義務」といわれています。

    (自分の生活を保持するのと同じ程度の生活を、扶養を受ける者にも保持させる義務のこと)

    つまり両親が離婚しなかった場合に受け続けられたであろう生活水準を保てるように支払っていくべきものであるということです。

    そして、非監護親が「生活が苦しいから払えない」という理由で支払義務を免れるものではなく、生活水準を落としてでも払う必要があるお金となります

    それらを踏まえて考えると、

    塾代にたくさんお金がかかる年頃になって月12万では、ちょっと厳しそうですね。その頃には増額を交渉出来るようにしておくと良いかもです。
    (元夫さんと話し合える状態にない場合はごめんなさい)

    知人は、2人の子どもさんの塾代に月10万かかったけど、パート代と養育費プラス児童扶養手当で、なんとかギリギリ支払えたそうです。
    何より大学や専門学校の授業料が無償化されたおかげで、進路を諦めずに済んだと言っていました。
    国の少子化対策のおかげですね。

    高校・大学(公立、私立でも)授業料が親の年収いくら以下なら無料になるとかシミュレーターがあります。ネットで簡単に計算できます。世帯収入で計算されるため、実家のご両親の年金収入が合算されぬよう住民票の窓口に行って、世帯分離をする・税や健康保険は親の扶養に入らないなど何もかもごちゃ混ぜにされないように御留意ください。

    ユーザーID:4871134268

  • 計算してみよう

    では計算してみましょう。

    主さんが働かずに12万円で3人の暮らしをまかなっていくということでしょうか。

    今は親御さんが健在のようですが、正直申し上げてやはり親御さんが先に旅立たれると思います。

    そうなったら、実家の固定資産税、光熱費などはすべてその12万円から出していくことになります。今は国民年金と国民健康保険でしょうか。そのお金も払っていくことになります。

    小中学校のうちは学費はかかりませんが高校は学費がかかります。授業料が無償となったとしても、学年費や修学旅行代は個人負担です。

    3人で月々14万で暮らせるんでしょうか。いくら田舎と言っても。
    親御さんに固定資産税と毎月の光熱費くらいは聞いた方がいいですよ。

    1100万も貯金があるのに?とお考えでしょうが、お子さんが私立大学へ行きたいと言い出したら、その1100万はお子さんの大学の授業料で消えますから、使ってはいけないお金です。

    どうでしょうか。生活していけそうですか?私は無理だと思います。

    ユーザーID:5731508629

  • 働きましょう

    幼子2人連れて離婚して「働かなくても食べていける」と言う思考回路に
    びっくりしています。
    教育費はあくまでもお子さんの為にあるもので、あなたの生活費では
    ない事は理解していますよね?

    夫婦揃っていても子供2人一人前にするには、大変努力が必要なのに
    シングルになって家でゴロゴロしようなんて危機感なさ過ぎですよ。

    まだお若いのでしょう?
    元気なうちに稼げるだけ稼がないと、お子さん達にかかる費用は年々
    膨らんでいきますよ。
    ご両親だっていつまでも元気でいられる訳じゃないんですよ。
    離婚すると決めたなら、それなりの覚悟を責任を持って下さいね。

    ユーザーID:0195029948

  • ひえー。稼げる旦那さんだったんだね

    財産分与って分割対象となるのは婚姻期間の預貯金だけだよね?
    てことは旦那さんは五年で倍の2200万も貯金出来てたんだ!
    奥さんと子供二人いて、凄い稼ぐ旦那さんだったんですね。
    いえ、稼ぐ人が必ずしも人格者とは限りませんよ。現にトピ主さんは離婚するんだし。
    ただ養育費も相手が稼げなくなったり再婚で新しく子供を持てば(連れ子の養子縁組だってある)今後減る可能性大です。
    田舎の実家ならお金はかからないといっても、それだけ稼ぐ旦那さんのところで生活してたとなると生活水準が上がってそう。。。
    暫くは無職でもいいかもしれないけど、
    田舎でもそれなりに美味しいもの、いいものはあるし、資格のカンは早めに取り戻す方がいいかも。
    お子さんまだ小さいし、フルタイムでなくてもパートとかで見つかるといいですね。

    ユーザーID:0933027602

  • 何言ってんの?

    養育費は子供の為だけに使う学費や食費の類だよ?別れた女の飲み食い代や遊興費や服代の為に払うんじゃないんだから。アナタがこの先働かずにどうやって生活すんの?
    子供1人を大学卒業させるまでに約3000万かかると言われてるんだけどアナタの考え方だと予定の養育費と今手持ちの現金じゃやっと1人分ってところだよ?その間ずっと何年間もアナタともう1人の子供が飲まず食わずって訳にもいかないでしょうに。

    両親ありきで甘えて怠け癖がついたらもう抜け出せなくなるよ?バツイチだって周りにもバレるしその上母親が働いてないなんて近所や学校の親達の間ですぐ広まって良い印象は持たれないと思うんだけどね。
    子供も成長したら「怠け者の母親」を持ったばかりに辛い目に遭いそう。

    それとね、公正証書を交わしても払わない人はごまんと居るよ。最初は払ってたけどそのうち払わなくなったとか音信不通になったとかね。別れた男が再婚なんかしたら減額だって認められるんだけどわかってる?子供なんか産まれたら更に減額されるよ?

    悪い事は言わないから地道に子供達の為に働きなよ。自分自身の為にもね。

    ユーザーID:6926385634

  • 主婦って結婚してる女性だと思うけど。。

    専業主婦
    というのは
    稼ぐ人がいるから家事だけすれば生活できる人を指す言葉であっって
    働かない独身の人はさしませんけど。。

    ユーザーID:9840672021

  • 国の手当?

    児童扶養手当のことでしょうか。
    ちゃんと働かないと打ち切られますよ。

    ユーザーID:2520941427

  • 専業主婦ではなく無職です

    離婚したのですから。
    無職の母親で将来子供にたかる生活よりも、今から働いてキャリアをつけましょう。その方が確実に良い人生になります。

    子供たちの養育費はあくまでも養育費であなたの生活費ではありません。
    そのお金を全て進学のために取っておく。子供たちはいつかあなたの元を離れていくのだから。養育費のあてが無くなるときに働き始めてもキャリアが追いつかないです。

    覚悟を持って離婚したんですよね。
    それなら自立する覚悟をしましょう。養育費と国の手当なんてあてにしない。
    あくまでも自分が子供たちを守っていく覚悟で。

    応援してます。

    ユーザーID:8512031809

  • 離婚した後も

    専業主婦で暮らす?つまり働かずに暮らそうと思っているの?その考えにビックリです。結婚五年で財産分与が1100万円とありかなり多いなと疑問に感じていましたが離婚は成程と思いました。
     まず養育費の件ですが元夫が再婚し新しい家族が増えると減額される可能性もあります。12万円がそのまま続く保証はありません。養育費はトピ主の生活費用ではありませんよ。
     子供の教育費もこの先必要になります。トピ主の老後の年金の問題もあります。正社員として厚生年金に加入し働かなくてはこの先暮らしてはいけないと思いますよ。
     トピ主さん、甘いですよ。考え方が。何はさておいてまず正社員として働くことを考えたほうがいいのではありませんか。そう思いますよ。

    ユーザーID:9211053639

  • 専業主婦?

    すぐに働ける環境にありながら働かないって何故ですか?
    こちらは低所得だけど必死で働いて、少し収入が増えただけで手当てが年々減額です。
    働きもしない人に満額持ってかれるなんて納得できません。
    健康なら働いてください。
    そもそも1100万円なんて子ども2人学費で消えます。高卒で働くなら別ですが。
    月たった12万円で生活なんて到底無理な話です。
    元夫が失業、病気をしたらそれすら払ってもらえなくなりますよ。
    随分お気楽に感じます。

    このような色んな人が見ている掲示板で、働かないで手当てだけあてにするなんて、公言しないでください。

    ユーザーID:7063417674

  • 私の姉のケースですが

    婚姻期間中は、外と内の両側面で家庭を運営し、2人で資産を形成したと考えられるという弁護士さんのアドバイスにより、
    旦那さんが離婚日に退職したとして支給される退職金のうち、婚姻期間相当分の半分の800万円を将来本当に旦那さんが退職した際に受け取れるようにしていました。

    養育費は、大学院まで進学することも想定して決められていました。
    2人とも父の不倫や両親の離婚に子どもたちを巻き込んで申し訳ないという気持ちが強かったので、

    子どもたちが22歳になるまでは養育費という名目で、更に26歳になるまでは父から子どもたちへの慰謝料という名目で、

    年間ひとり当たり150万を振り込む形で合意していました。
    当初、子どもたちそれぞれ名義の口座に月々ひとり12万ずつ振り込む話にしていましたが、旦那さんが振込手数料が無駄だからという経緯でそうなりました。

    年間300万は子どもたちが多感な年齢(16歳と18歳)だったからというのもあるし、子育て中のいろんな大変な時期を本職を辞めてワンオペでこなした姉への配慮でもあったのかなと思います。

    離婚時、姉は47歳。あと10年早く言ってくれたら正社員の求人もあったのに、本職を辞めたときは全部俺に預けてくれ、って言ったくせに、あと10年若ければ婚活の枠も残っていただろうにって泣いていました。

    姉は資格を取得するために、ハローワークが主宰の職業訓練給付金付き養成所で学び、webデザイナーエキスパートの資格を取得しましたが、48歳になっていた姉の仕事は派遣しかありませんでした。

    派遣収入年間200万と養育費で、年収500万世帯としてならやって行けると言っていました。

    あと、姉夫婦は、年金分割も手続き済みです。権利は有難く使わせてもらって、将来子どもたちに迷惑や負担をかけないようにという意識で正式離婚までにきちんと決め事をして関係解消していました。

    ユーザーID:4871134268

  • 国の手当てとは

    一人親世帯の補助のようなものでしょうか。
    くわしくはないですが、それだけの養育費をもらっていたら
    出ないと思います。(出ても少額でしょう)

    養育費が毎月必ず期間満了まで払ってもらえるとも限りません。

    例えばご実家がとても裕福で、働かなくてもいい状況なら別ですが。
    養育費を絶対のものとして生活を考えるのは危険な気がします。

    お子さん二人と、これからのしあわせのために
    どうぞ覚悟を持って進んでほしいと思います。

    ユーザーID:5112545357

  • いやいや

    何故に専業主婦?
    養育費は子供さん達に遣ったとして貴女自身の生活費は貴女がしっかり稼がないといずれ破綻しますよ。
    実家依存も永遠ではありませんよね。
    地に足付けて働かないと子供達にもしわ寄せが来ますよ。
    まずは仕事を見つける事です。
    しっかりしなさい。

    ユーザーID:7052627961

  • 今は生活できますが将来の為に

    お子さんが小さいから働けないという事でしょうか?

    だとしたらいずれは働くという事ならわかるのですが

    ずっと専業主婦(結婚していないのにこの言葉はおかしいと思いますが)で働かなくてやっていけるかという事でしょうか?

    まず、手当や養育費は当然ですがお子さんが一定の年齢になればなくなるものです。
    また、今は親が現役でそれなりの収入があるのかもしれませんが、親もこれから歳をとって年金生活になります。
    今は老後の為に資産を貯めなければいけない時期です。
    離婚して戻ってきた娘と孫がいるために老後破産になるというのも珍しい話ではありません。

    で、丁度なくなる頃にお子さんの教育費がピークになります。

    地方にいれば教育費が安いというイメージがあるかもしれませんが、最近は地方でも中学受験など当たり前になってきています。また、自宅から通える国公立大ならいいですが、地方から都会へ出るなら例えば理数系の私立なら生活費も含めたら一人1000万ぐらかかるのも珍しくは無いんですよ。

    養育費も財産分与も将来のお子さんの為になるべく減らさない事が大事だと思いますよ。

    ユーザーID:1755616143

  • 専業主婦希望なら

    離婚しなければいいのに。
    もしくは直ぐに再婚しましょう。

    独身の段階で既に専業主婦ではないんですよ。親の脛をかじる脛齧り、もしくは依存です。

    ユーザーID:2810090634

  • ただの無職では?

    専業主婦というのは、家庭で主に家事、育児を担う既婚者の事なので、離婚したトピ主さんは、単なる無職になるのでは?

    元夫から、養育費も財産分与もあるから、これまで通りと、お考えのようですが、養育費はお子さんのものであり、貴女の生活費に使うのはダメですよ?今は、そこまで掛からなくても、将来、お子さんが大学進学を希望したらかなりの金額が掛かります。その時に元夫に養育費のおかわりを求めますか?元夫さんだって、再婚してお子さんが産まれたりすれば、養育費が減額されることもあります。

    養育費はお子さんの将来のため、必要最低限だけ使って、なるべく貯蓄するべきです。

    離婚すれば、貴女の年金も健康保険も全て自分で支払わなければなりません。資格があるなら積極的に活用しましょう。

    ユーザーID:1946117108

  • 何か勘違いしているようですが

    既に既出のように、養育費とは「子供を養育するために必要なお金」の内、収入比で折半したご主人の負担分であり、トピ主も負担する必要があります。なぜ無職でいる気でいるのか理解できません。

    5歳と3歳の子供がいながら働きもせず、自分と子供の生活費で貯金を食いつぶすつもりなのでしょうか。

    また、これもいつもの「私には資格があり、すぐに働ける」ですが、こういう事を言っている時点で社会性も社会常識もないことがバレバレなんですよ。どんなに超難関資格であっても、ブランクが長かったり実務経験が短ければ、すぐに再就職など出来ません。そこを理解できない時点でトピ主の社会性の欠落ぶりが露呈しています。

    ましてや、かなり田舎に住んでいて就職口があるのですか。都合よく募集しているのですか。子供も5歳と3歳で父親もいないなら、採用する側からすれば、はっきり言って悪条件です。子供絡みで急な欠勤が多いことは目に見えていて、正直あまり採用したくない条件でしょう。

    なお、今後元ご主人が再婚すれば養育費を減らされる可能性はあるし、トピ主が経済的に困窮しても元ご主人には何の関係もありません。その際はお金をもらうえるのではなく、親権の譲渡を求められる可能性があることを理解しましょう。トピ主が働かずに養育費と貯金を日々の生活でなくし、学費等がなくなれば、親権者失格と判断されるかもしれません。
    また、元ご主人には養育費の使いみちの明細を要求する権利があります。養育費をトピ主の生活費に使っていた場合、その分返金請求されることもあります。離婚して他人となったトピ主の生活費など、元ご主人には負担する筋合いなどありません。

    ユーザーID:6681715426

  • トピ主です。

    みなさん色々なご意見ありがとうございます。結婚5年目で財産分与1100万なのは、夫が浮気していたため、慰謝料350万が含まれているためです。
    歯科衛生士の資格を持っていますが、田舎のため時給もあまり良くなく、良い条件で働けるかはわかりません。だから子育てとの両立ができるか不安です。もちろん養育費と分与財産は手をつけず生活していこうとは思っていますが、私は離婚したくなかったので、なぜこんなことになってしまったんだろうと中々覚悟できずにいます。

    ユーザーID:1188936469

  • 子育てに自信ない、、、と言ってみる

    「父親不在の子育てに自信が持てません、自分ひとりで生きていくならなんとかなるかも知れないけど、3人暮らしで良い教育を受けさせてあげられない場合は、あなたと彼女(不倫相手)が、お父さんお母さんになってくれますか?」

    と、ほんとに生活費に心細い思いをしている事をせつせつと訴えてみて下さい。

    早く離婚したい旦那さんは、脳内お花畑で子どもの親である事なんか、きっとどっかに行ってしまってます。

    だから、自分が子どもを引き取る事なんて想像だにしてないから必ず焦ると思うんです。

    要するに、養育費の増額をしてもらうための話です。

    旦那さんは、稼ぎが良く貯蓄もあり、この世に誕生させた責任なんかスコーンと飛んで色欲まみれだから余計にケチケチしてるんじゃないでしょうかね。

    子どもを育てるには覚悟が必要なんです。

    彼女との甘い生活しか眼中にない旦那さんの心の中に、子どもたちの幸せを願う感情を呼び覚ましましょう。

    きっと彼女が嫌がるからお金で解決しようとしてきますよ。

    ユーザーID:4871134268

  • 児童扶養手当は無職にも支払われます

    正しいことを書いて下さい。

    非課税世帯には満額支給されます。
    非課税世帯であれば、無職でも年間所得125万以下でも全額支給です。

    働かないから打ち切られなんて、思い込みも甚だしい!事実を曲げないでください。別の事情で減額されるだけです。

    その別の事情というのが大事な話な訳ですよ。

    ユーザーID:4871134268

  • 離婚しない

    トピ主さんのレスを読みました。

    >私は離婚したくなかったので、なぜこんなことになってしまったんだろうと中々覚悟できずにいます。

    結婚が1人ではできないのと同じく、離婚も1人ではできません。
    妻の立場は強いです。
    離婚したくないのでしたら、離婚しない方向で頑張る方がトピ主さんはいいかもしれないですね。

    ユーザーID:9471705930

  • 将来は不確実。

    元旦那が病気などで就労不能になれば、養育費は止まります。
    また、気が変わって出し渋る可能性もあります。
    再婚したら減額の申し入れだってあるでしょう。
    12万の養育費が最後まで「確実に」払われる保証は無いのです。

    そうしたら1100万のおカネもあっという間に霧消します。

    確実なのは、自力で稼ぐ安定かつ定期的な収入のみです。

    また、老後の為の蓄えは?
    その頃にはご両親はいないし、子供は独立している。

    働かないという選択肢はあり得ないと思いますが。

    ユーザーID:2966341870

  • 専業主婦とはなんぞや?

    専業主婦とは、主に家事に従事する「結婚している」女性のことですよ?

    離婚してしまえば専業主婦はありえないです。
    実家で仕事をせず暮らすなら、ニートか家事手伝いという肩書しか名乗れないです。

    養育費は子供のための費用ですから、貴女の生活費はどうするおつもりでしょうか?

    ユーザーID:6818477063

  • 夫の金と結婚したから

    これだけのレスを全く読みもせずに
    離婚したくなかった
    って、スレと話が違ってますよね

    応援トピがつかないこと
    旦那さんがほかの女性に目を向けたこと
    は同じ理由だと思います

    ユーザーID:9840672021

レス求!トピ一覧