この先の生き方

レス1
(トピ主0
お気に入り7

生活・身近な話題

みーー

今年の4月に仕事を辞めました。
仕事は半年程しか出来ておらず9月上旬から鬱病で休職状態でした。原因は先輩からのセクハラ紛いな行為です。
休職中〜辞職後1年間、会社から傷病手当金を頂く事になってます。
つまり、来年の4月からは自分でお金を稼がなくてはいけません。
でも、自分には何もないのです。能力もなければ容姿が整っている訳でもない。それに、人と働く事に対して恐怖心があり1年たってもそれはなくならないんです。
今は精神科に通院しながら部屋に引き篭もった生活をしています。1年前の今頃は自傷行為が辞められず入院もしていました。
通院している病院でも、入院していた病院でも先生は必ず「働くのは落ち着いてから」と言うのですが、それでは私は生活出来ない。
これでは、死ぬのが遅くなっただけでは?と思うようになってきてるんです
将来の事と仕事や人に対する恐怖と周りの言葉と…………全てに押しつぶされそうです。

生きるのがつらいです
常に心臓が潰れそうになるんです
もうなにも分からないんです
毎日涙が出るんです
入院したく無いから辞めた自傷行為がまたしたくなるんです
自分の抱えているものを吐き出したくてここに書きました
汚い文章失礼しました

ユーザーID:0765041460

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数1

レスする
  • どんな経験も決して無駄ではない

    今は苦しさで暗中摸索、出口すら見えず不安だと思います。

    でもね、必ず状態は変化します。

    まず今最大の不安は、経済的な問題のようですね。
    これに関しては、是非主治医に相談してソーシャルワーカーなどを紹介してもらいましょう。
    役所に相談するのも良いと思いますが、病状的に他人に自分の話をするのは、まだ辛い状態かもしれないし、不安ですよね。

    病状にもよるのですが、手帳の交付や年金の申請など、最終策は生活保護の申請などもありえるのではないかと思います。
    働ける状態になるまでは、これらの社会保障制度に頼って、回復を目指してはどうでしょう。

    そして合わせて、ご両親に頼ることは出来ないのでしょうか。ご実家に帰って静養するのもありだと思うのです。

    心の病はすぐに回復するものではないと思います。長いスパンで考え寛解を目指してください。
    必ず新たな道は開けます。
    自分のために好きなことをやってみてください。
    体調の良いときは散歩でもしてみてください。そのうち周辺を探検出来る余裕が産まれたら1歩前進。
    まだまだ見える景色はモノクロかもしれませんが、そのうち色が鮮やかに付きはじめることを祈ります。

    人生はなんとかなるものだし、どんな辛さも後々必要な経験だったりします。

    ユーザーID:4627445762

レス求!トピ一覧