娘の作る食事が不味いです

レス235
(トピ主7
お気に入り570

家族・友人・人間関係

りえこ

レス

レス数235

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 娘さんの味付け派です

    トピ主さまのコメントを読んで、そういうご家庭もあるんだと私もびっくりしました。
    たぶん同年代です。

    家族の健康を預かっているので、出汁を中心とした味付けです。塩分も少し。
    素材の旨みだけで食べられます。
    長年濃い味なら、舌が麻痺して確かに美味しく感じられないのかもしれません。
    食べることが好きなので家族で頻繁に外食はしますが、夫は家庭の優しい薄味にホッとしてくれ家で食べたがります。

    インスタントも冷食も使いません。
    便利なものが売られているのは知っていますが、鍋も家庭にある調味料だけで美味しくできます。
    ドレッシングも毎回つくります。
    お惣菜はたまに買いますが、忙しさで続くと胃が疲れます。
    もちろんそれらを楽しんでいる方々を否定はしません。

    そんなご家庭でもお嬢様の舌は麻痺せず育つのですね。
    ご家族の体型や健康はどうですか?
    勉強になるトピ、ありがとうございました。

    ユーザーID:7183636093

  • そもそもの疑問。

    あまたある料理番組をトピ主はどういう目で見ていたのでしょうか。

    なぜ不味いのにわざわざ料理を作るのか?無駄なことじゃないか、としらけた目で見ていたのでしょうか。

    料理教室の存在も知っているはずですが、どういう目で見ていたのか、非常に気になります、、、

    ここで提案ですが、毎日忙しくて嫌になるでしょうが、お休みの日に娘さんとクッキーを作ってみてください。

    お菓子はレシピ通りにきっちり計ることが肝要ですから、トピ主でもちゃんとできます。

    そして手作りクッキーは、本当に美味しいです。

    トピ主と娘さんの今後ためにも、是非とも試していただきたいです。

    ユーザーID:4685209312

  • レス拝見して

    まだご覧になってるか分かりませんが、あなたも大変だったんですね。
    誰にでもあてはまる「正解」ってないのかな、と思いました。あなたにはあなたの、娘さんには娘さんの正解がある。これから、そういうこと娘さんといろいろ話したり、一緒に料理したりして、お互いに理解が深まっていくのかなって思いました。

    ユーザーID:8659468099

  • 母と娘の微妙な距離感。

    トピ主さん同様、私の母も料理について尋ねるとキレる人でした。
    恐らく、教え方を知らなかったのでしょう。
    が、父の胃腸が繊細だったので、出汁重視の素材にシンプルな味付けでした。

    母は亡くなり、母のレシピは教わっていませんが、出汁の味は何となく覚えています。

    娘さんの好きな食べ物は何ですか?
    油は苦手なようですね。
    もう食の自立を果たしたのですから、逆に気兼ねなく聞けるのでは?

    ユーザーID:8505850726

  • どっちがバカ舌?

    失礼なタイトルでごめんなさい。
    あまり料理が得意でないトピ主さんがまずいという娘さんの料理。
    なぞかけみたいになってしまいます。

    娘さんはなぜ料理をされているんですか?
    フルタイムで働いてるお母さんを少しでも楽にしたいとか、
    濃い味に慣れてて、この先健康が心配だから薄味に慣れてもらいたいとか
    そんな気持ちではないんですか?

    せっかく作ってくれたものなんだから、心がこもっています。
    ありがたくいただきましょう。
    娘さんだって、まだ料理の経験は浅めなんでしょう。
    薄味でもおいしくいただけるメニューまでは至ってないんだと思います。
    どうしても濃い味が欲しくなったときは、娘さんが見てないときに…
    トピ主さんも娘さんに「母の味」を教えてあげては?
    買ってきたメインのおかずじゃねえ・・・

    ユーザーID:5497027979

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 料理を学んでますか

    娘さんは、料理教室でお料理を学んでますか。
    料理学校で学ばなければ、おままごとの延長でしかない。
    お料理の先生から学ばなければ、美味しいと言ってもらえるお料理を作ることはできません。
    昔に住んでた家は調理場が狭くて母だけが料理してました。
    妹は、母が不在の時に料理を作ってくれましたが、トピ主さんのように不味いと表現せずに、俺の「口に合わない」と言ってました。もちろん、妹は不機嫌になる。そこで料理学校に行くことを提案しました。学費は長男の僕持ち。
    お料理を学んでくると、さっそく家でお料理する。家族全員が「美味しい!」と言うのです。妹は、それが嬉しくて、とても良い表情になりました。

    ユーザーID:4474998361

  • いや、薄味と寂しい味とは違うと思います。

    不味いんでしょうね〜ぇ。
    私も食べてみたいです(笑い)。

    大体、自分が作った物って美味しいんですよ、苦労してますから・・・。

    ところが、料理初心者だと作るのに時間がかかるので、味見を繰り返しているうちに舌がバカになってしまって、不味いのに気がつかなくなりやすいです。大体、薄味になり過ぎる傾向があります。

    たぶん、娘さんはこれでしょう。

    レシピを見ながら作っているのなら、全ての調味料をレシピ通りの正確な計量で作れば、間違いなく美味しくできますよ。

    水100ccにコンソメの元1個なら、普通に味が出るとは思いますが、白菜豚肉まで入れる料理なら寂しい味ですね〜。

    もしも、薄味に作りたくて作っているなら、薄味と寂しい味とは違うってことを娘さんに教える必要有り。

    薄味ってのは、塩気、辛気は少ないんだけど、その代わりにダシは多く入れます。ダシで喰わせるのが薄味です。単に入れる調味料が少ないのは、勘違いしてる人が作る『寂しい味料理』で不味いです。

    前述の白菜豚肉の料理では、白菜の根本のところを先に鍋に入れて煮込んで、目一杯白菜のダシが出たところで、白菜の上の方と豚肉を入れると良いかも?

    ユーザーID:6355976830

  • 娘さん持ち上げられすぎ

    作り方に文句は言わない、出来ばえだけを見る。
    不味いと口に出して言わない、ただ行動では「味が物足りない」と示す。

    トピ主さんの認識通り、配慮ある態度だと思います。
    それをやっていい味覚の持ち主なら。

    「市販品の濃い味に慣らされたトピ主さんに、娘さんの味つけを批判する資格はない」といった意見が大勢を占めているので、上記の行為が否定されるだけです。世間の常識に対するトピ主さんの理解そのものは、別に間違っていませんよ。

    さて、私は娘さんを手放しで肯定する意見にも首をかしげます。

    それなりの年齢に達した方が、人生の答えとしてたどり着いた薄味や粗食とは違いますからね。10代の女学生が、「玄米や麦、豆は憧れだった」なんて言いながら粗食に傾倒するとか、ファッション的というか、上っ面だけという印象がちらつくのです。献立も、いかにも過ぎますし。

    母親の料理観に対する多少の反発も入っているのでしょうけど、彼氏ができた途端に宗旨替えしたり、就職やひとり暮らしであっさり挫折する可能性も充分ありそう。しばらくは好きにやらせてあげたらいかがかと。

    ユーザーID:4525946384

  • 作られる前に自分で作る!

    もう自分で前の日か何かに、作り置きして置くとか!
    私も妹のご飯は不味いので可哀想だけど食べません(笑)

    ユーザーID:3297116159

  • まだ読んでいらっしゃいますか

    トピ主さんのレスを読んで
    思わず出てきてしまいました

    もう随分と昔になりますが
    当時父を亡くしたばかりだった10歳の私が
    働く母の為食事を作ったことがあります
    (それまでもご飯位は炊けていましたが)

    寒く暗い帰り道、慣れない仕事でクタクタだった母
    夫を亡くした悲しみや、これからの事で頭が一杯で
    帰宅してからの家事をする気力すらなかったといいます

    そんな中帰宅すると、温かいご飯とお風呂が用意され
    涙が出る程嬉しかったと母は言いました

    メニューはあまり覚えてないのですが
    塩辛く煮付けられた芋の煮っ転がしとか
    大して美味しくもない、いわゆる失敗作だったのだと思います

    でも母は美味しい美味しいと喜んで食べてくれました
    今でもあの時の事を、
    あんなに美味しい料理は他になかった本当に嬉しかったと話してくれます

    それから腕を磨き、今ではそれなりの料理上手として成長したと思います

    例え美味しくなくとも
    私なら娘が作ってくれるご飯はとても嬉しいです

    家族間なら作る人が自分の好みの味付けで良いのではないですかね
    その分楽しいですよ

    今は自分の娘に私の得意料理を教えていますが
    その内自分の味を超えてくれるのを楽しみにしています

    主さんの娘さんも料理に興味があるのなら
    きっと今より幅が広がると思いますよ
    お互い娘の成長を楽しみにしましょう

    ユーザーID:3303034652

  • 心からホッとする家庭料理

    の経験がないから、市販の味なんですね
    母の手作りで育ってきたので
    トピ主さんの言っていることが分かりませんでした

    ドラマ「きのう何食べた?」
    では、西島さんが、めんつゆなどを使いながらも毎日、手作り料理をするのですが、あの程度は普通の家庭で毎日、繰り広げられていると思います。

    私も毎日、手作りだし
    娘とお菓子を作ったり
    娘が料理を作るにしても、初めの何年かは横で一緒に作って、1人で作るのは、そのあとになると思う。

    ユーザーID:5035391994

  • 貴重ですよ。

    今どき、とてもいいお嬢さんに育っていると思います。
    将来が楽しみです。

    マヨネーズに始まり、様々なタレが出ています。
    次々に購入すると、冷蔵庫はタレだらけになります。
    基本的な調味料で素材の味を生かした料理、いいですよ。

    ユーザーID:9940766231

  • 笑ってしまい失敬。ステキだ。

    なんと微笑ましいか、
    というか爆笑してしまいました。失敬。
    めざし。。。
    あしたは豆。。。
    想像しながら涙出るほど。。。 
    トピ主さんの文才も素晴らしく
    秀逸なコントのようで。
    あなた様の食卓に参加してみたい。
    娘さんの行動力もまた素晴らしい。

    あなた様の昔のご経験が少なからず反映してる事を知り、笑い事ではなくなりましたが

    娘さんと2人であーだこーだ言いながら
    うまく落としどころつけて、美味しい料理かできますように。

    カレーをいつか認めてくれますように。

    ユーザーID:9117402734

  • 一緒に料理教室へ行ってみたらどうですか?

    基礎中の基礎から教えて貰うクラスからまずは通ってみて、出汁の味になれてみるとか。
    市販の味はそれなりに美味しいけど、特別美味しくもないという意見に賛同です。
    保存料が入っていたり味も濃いので、それに慣れるともし塩分控えないといけない病気になった時に地獄だと思います。
    手作りが美味しいと思えれば、それが一番ですよね。

    レスを読んだだけだと、娘さんはレシピ通りに作っているのに他の3人がまずいと思っているのか、それとも勝手にアレンジしてまずくしているのか・・・よく分からないのです。

    料理が下手な人って、経験が少ないのにとにかくアレンジが好きな人多いと聞きます。
    という私も勝手に調味料とかアレンジしますが(笑)、必ず一度作ってから「代わりにこれ入れても良いかも」とか「塩じゃなくて醤油の方が味がまろやかになるかなあ」とちゃんと経験を基に変更しますので、まずいと言われた事は殆どないです。

    私も、母子で一緒に料理する機会を設けてみる事をお勧めします。

    ユーザーID:7043674040

  • 味の嗜好があるもんね

    私も多分トピ主さんや息子さんと似てる嗜好だと思います。
    濃い味じゃないと食べた気がしない。
    しかも仕事で疲れてるので、食べられればカレーでもカップ麺でもありがたいです。

    でも娘さんは玄米ご飯、おひたし、めざし、煮豆…。
    精進料理のようなメニュー、どうして家族で娘さんだけこの嗜好になったのか、ホントに不思議ですね。。

    意地になってるわけではなく、本当にこういったメニューが好きなら、私やトピ主さんが好む食事はキツかったと思われます。

    トピ主さんと娘さん、ちゃんと会話も出来てるみたいですし、しばらくは別献立でいいんじゃないでしょうか。

    でもすごい余計なお世話ですが、夕飯でめざしや煮豆を喜ぶ同世代が多分いないと思います…。
    お友達とファストフード行ったり、将来結婚した時にお相手とぶつからないといいですね。。

    ユーザーID:3149208298

  • これから

    最初は市販品の濃い味付けに慣れちゃって、素材の美味しさがわからないのかなと思っていましたが、料理に興味を持てないような環境だったのですね。しかも共働きで大変だった。長年慣れ親しんだ味が落ち着くのもわかります。でも、薄味に慣れると、今までわからなかった素材の味もわかるようになると思います。
    お嬢様とは別献立で落ち着かれたようですが、折角ですから、お嬢様手作りのものも少しお裾分けしてもらったりして、擦り合わせができるといいですね。

    ユーザーID:0168752255

  • それでいいじゃない?

    各家庭のやり方があって、
    少なくともトピ主家はそれなりの話し合いがあって解決したんだから
    それでいいじゃないか?って思います

    案の定お嬢様は極端なタイプだったみたいですが
    それなりに妥協できたんだからいいじゃないか

    粗食食べたって、長生きできない人もいるんで
    そこは適度でいいと思う

    私は好き嫌いがほとんどないので
    お嬢様が作る料理から、市販の味付けジャンクフードそれなりに食べるけど

    お嬢様の作る食事が一般家庭のそれとは違うし
    まずいと言われても仕方ないと思います

    好き嫌いなくても
    毎日めざしは辛いとも思うもの

    なぜ、この親にしてこの子が育ったか謎だけど

    こんなに家庭料理を晩張り過ぎる日本の文化に疑問を持っています
    このままじゃ、外で働き始めた母親がいつか過労死しますよ

    理想の家庭であることってそこまで重要ですか?

    ユーザーID:2293246621

  • 娘さんのためにできること

    最新レスまで読みました。

    トピ主の利益の為と、娘さん自身の利益のために、料理教室に通うようすすめてみてはどうでしょう。

    今どきは買って食べる選択肢もできて便利ではありますが、自活の為に誰でも基本的な食事の支度が一応できるにこした事はありません。

    トピ主の娘さんは家庭の一員として、家事の分担をこなす意欲をお持ちの点とても立派だと思います。トピ主が自身で手助けできないにしても、応援する事はしてもよいのではないですか。
    そして、感謝のお気持ちがあるならそれも伝えた方がいいですよ。

    炊事手伝ってくれてありがとう。色々わからないところもあるでしょう。お母さんはあまり得意ではないし時間もなかなかとれないから…など水を向けてみては如何ですか。

    ユーザーID:9993210983

  • トピ主が集中砲火を浴びるのは

    明らかに健康的ではない自分の食の嗜好を
    一生懸命に肯定する言い訳ばっかりしているからだと思いますよ。
    だからみなさん、じゃ、勝手にすれば?
    になるんだと言うことです。

    勝手にすれば?

    ユーザーID:1507166261

  • でもまあコミュニケーション取れてるし…いいんじゃないかな

    トピ主さんの生い立ちを見ててちょっと泣けてきたし、こりゃまた色々な意見つくだろうなあと思いました。
    そしてさらに私も書き込んでしまいます。

    母親からけなされて育ったトピ主さんは、料理に関してはそうならざるを得ないだろうなあと思いました。

    とは言え私は、そこまで今の状況悪いとは思わないですよ。
    娘さんとも何だかんだでコミュニケーション取れてるし。

    味付けに関しては、私も娘さんのほうの好みに近いです。
    でもトピ主さんみたいな味覚の人もいるだろうなあとは思います。
    毎日外食してるような人は、そういう感じなんだろうなって。
    (私は無理。外食は二日続くともう体調悪いです。旅行の時とか大変。)

    トピ主さんも、書き込みを見る限り性格が絶望的に悪いというわけでもなさそうですし、至って普通の人で、料理面だけ難があるみたいな感じですよね。
    虐待と書かれてる方もいましたが、そこまででもないような。
    笑い話で済むレベルだと思います。
    歩み寄ろうとしてる姿も見えるし。

    まあ、家庭それぞれ色々な習慣がありますよね。

    ちなみに母親が料理を比較的ちゃんとするタイプでも、味覚や好みの違う子供が出来上がることってありますよ。
    私がそれです。
    母の作るものがあんまり合わなくて。
    自分で作る今の生活が非常に快適で、体調もいいです。
    母の料理食べてた頃は、しょっちゅう吐いたりお腹壊したりしてて。
    家族内でこんなの私だけでしたので原因は明確にわかりませんが、好みというか、食べ物の種類が私に合ってなかったんだと思います。
    例えば、親=肉が好き、に対して、私=野菜ばかりをひたすら食べたい、みたいな。
    どっちが悪いわけでもないんですよね。

    自分語りが入っちゃいましたけど、トピ主さんにエールを送ります。

    ユーザーID:1076492025

  • 誰かのご飯って、美味しい

    初めまして。
    私、高卒で就職独り暮らしし、手作りのご飯(ご飯、味噌汁、おかず)の有り難さが分かりました。母は離婚後、18時間超労働で寝る暇も無い程働き、私達兄弟姉妹を高校まで出してくれてくたくたに疲れているに関わらず、作ってくれました。

    人って本当に疲れると、味覚や嗅覚、料理に必然的な感覚失いがちです。母の味も濃い(過ぎる)味で、子供の時から、いまに至るまで下痢気味です笑

    でも自分の為に作ってくれたんだ。という感覚は人ならではですので、天然のハーブやスパイスそれから味の素や少々の醤油、岩塩であなた(娘さん)の料理は美味しいわよ!

    と、一言、誉めて頂いてはどうですか?

    本物志向のお嬢様かと思いますので、庭があれば、家庭菜園や日の当たるスペースがあれば、野菜作りさせてみては。

    ユーザーID:9845108692

  • 私は親を塩分過剰で早くになくしたので

    私の場合は、とても若々しくて元気だった父を塩分過剰の食事が原因で亡くしました。食事に気を付けていても早死にする方ももちろんいます。でもその何十倍もの人が塩分過剰で病気になっているのが客観的事実ですよ。

    トピ主さんの間違っている点は、自分が正しくて娘が間違っていると勘違いしているところです。娘さんは正しくてトピ主さんがおかしいのです。

    ユーザーID:7825497982

  • レスします。

    お嬢さんが作ってきたお料理は、糖質制限に拘ったお料理じゃないのかな?と思いました。

    糖質制限したい方は、お嬢さんのお料理に賛成だと思いますが、夕飯くらいがっつり食べたいと思う方だって沢山いらっしゃると思います。
    だから、コンビニのお弁当は売れ残ることはないですし、ファミレスも消滅することはありません。
    ファストフードだって、いつも人で溢れています。

    私は義父を亡くしてから、食べたいものを我慢して健康に気をつけても、考えもしない病を患い、あっという間に亡くなったしまった現実を見て、
    「健康って何?」と思うようになりました。

    おいしいものをおいしく食べることが、精神的な健康に繋がると思います。

    特に、治療食を勧められているわけでもないのに、一方的な糖質制限された食事は、非常に味気がなくて、食べた気持ちになれないと思います。

    ご家族が、糖質制限をのぞんでいるのなら、自然に慣れていくしかありませんが、そうではありません。

    私の子どもも料理を作ることが大好きで、白菜のミルフィーユは得意の料理です。
    子どもたちは、「めんつゆ最強」と語っていますよ。

    先日はキムチ鍋を作ってくれましたが、めちゃくちゃおいしくて「食べすぎ」と怒られました。

    身体がほしがっている味ってあると思います。

    カレーならば、市販のカレールーを使ったカレーが一般的ですし、身体も「カレールーを使ったカレー」だと認識してしまいますよね。

    私も市販のカレールーを使わないカレーを食べたことがありますが、しゃばしゃばで、味がしない・・・。何これ?と吐き出しそうになりました。
    しかも、固まった小麦粉を口にしたときの絶望感・・・。
    私は一体何を食べさせられているんだろう・・・と思いました。

    口に合わないものは合わない。それでいいと思います。

    食べたいものを食べて、幸せを感じて欲しいです。

    ユーザーID:4817968634

  • 殺伐とした家庭

    今までのトピ主さんのレスを読んでそう感じました。

    料理の味についての好みは千差万別だし、市販の味だって上手に利用するほうがいいと思いますが、何というかお嬢さんとの間に愛がないんです。
    トピ主は母親に料理をけなされて育ち、同じことを今お嬢様にしているのです。大袈裟に言うと虐待の連鎖です。

    そして、まずいまずいと言いますが、まだ未成年の子どもが美味しい料理を作るのは無理ですよ。これから色々学んで上手になっていくのです。トピ主がいかにお嬢さんに酷な要求をしているか気づいてください。

    さらに言えば、息子さんも娘さんと歳が近いのですから、息子には料理させればいいじゃないですか。なぜ娘ばかりにやらせて感謝もなく、本当にひどいです。

    味についての色々な意見がありますが、この問題は味付けではなく、家族のあり方、親子関係、男女平等の問題だと思います。

    ユーザーID:8105196532

  • 市販品はそこそこ美味しい、けれど、凄く美味しくは無い

    ドラマや芝居は誇張されている………。

    『私は普通、うちは多数派』

    と思って生きている方が大半だと思いますので、知らなければトピ主様がそう思って当然ですが、家族が主眼ではないドラマや芝居は、多数派の共感を得るように、『家族あるある』をベースにややオブラートに包んで作っていると思います。


    それはさておき、トピ主様が娘さんの挑戦

    『自分専用の食事を作る事』

    を認めたのは、とても良いことだと思います。

    料理に限らず、何かを習い、色々出来るようになると、

    『挑戦したい時期』

    が訪れるもの。

    『挑戦したい時期』に『挑戦できる』のは、とても素晴らしい事だと思います。

    トピ主様の決断は、娘さんにとって良いことだと思います。


    そしてトピ主様ご自身も、食卓で新たな挑戦を考えておられるご様子。

    いかがでしょう、この機に

    『自分好みの味』

    を探求してみると言うのは。

    市販品の多くは

    『だれもがそこそこ美味しいと思う味』

    に調整されています。

    そこそこ美味しいではなく、

    『自分はこれが好き!』

    と言うものを探し『何が好きなのか』、『何故好きなのか』を知り、『どうすればこの味ななるか』を考えると、料理に意義を見いだせるかもしれません。


    自分の好きな味を探求し、食い道楽の我が家は『卵焼き』のレシピが四種類になりました。

    父用
    砂糖小匙2杯、塩一つまみ、焼き油はバター、半熟、焦げ目ナシ

    母用
    砂糖小匙1杯、醤油一垂らし、焼き油はサラダ油、固焼き、キツネ色

    私用
    砂糖無し、醤油二垂らし、焼き油はゴマ油、半熟、焦げ目ナシ

    弟用
    砂糖大匙1杯、塩一つまみ、焼き油はサラダ油、半熟、キツネ色

    全て卵2個の同じ『卵焼き』ですが、全く違う味になります。

    自分好みの味を見つけるのは、とても面白かったです。

    ただ率直に言えば、弟用は焼くのが非常に難しいですが。

    ユーザーID:9289579062

  • 各人の好みや生活が分かって楽しい

    盛り上がっているので再投稿します。
    メザシこんにゃくが気になってレスの読み返しをしました。

    うちも晩ごはんにメザシを出したこともこんにゃくの煮〆を出したこともあります。
    でも、流石にメインは肉系の脂っぽい重いものだったなぁ、二人合わせて150歳の親子でも。

    メザシこんにゃくに文句を言って、カップ麺のくせにムードなんてと仰いますが、メザシとこんにゃく煮〆はかぶせたら高齢者でも正直喜ばないですよ。茶色い地味な見た目も塩っ辛い味も。食欲湧かせるために色も匂いも変化が大切です。

    加えてその2つとも節約料理なんですよ。金もかかってないんです。
    こんにゃくの煮〆を筑前煮位にしないと私は一緒に出せないな。夜なら食べる者がガッカリすると思う。
    トピ主さんの世帯は働き盛りだから、こんな油の抜けた料理だったら明日も頑張ろうって気にならないし、何ならカップ麺追加もあり得ると思います。

    トピ主さん、もしご覧になってたら、娘さんの料理を通じて色々お話ができると良いですね。
    料理を教えるばかりが親の務めでもありません。
    結婚したらもう食べたくても食べれない料理かもしれない。嫁ぎ先のお姑さんと、もしかしたら揉めてしまうかも。色々お母さんとして思ったことを教えてあげて下さい。

    ユーザーID:7437564091

  • いつまでも非難しなきゃいけない?

    皆さん、そんなに薄味で手を掛けた料理をされてるのでしょうか?

    私は地方的に薄味で、さらに薄味の家庭で育ちましたが(お寿司にお醤油は付けないかほんの一滴程度)、市販のものもカップラーメンも美味しいと思って食べています。お鍋のモトも使います。
    トピ主さんはを非難している方の料理を私が頂いて、濃すぎて食べられないし体に悪いと言ったら嫌ではないですか?そして私のかなり薄い味付けの料理を食べたいと思われますか?

    トピ主さんの味付けもお嬢さんの味付けも、それぞれの好みでしょう。別段お惣菜を買ってきて食べるのも麦ご飯を食べるのも、同じように非難を受ける事ではありません。
    トピ主さんがお母さんから受けた言葉は心が痛みます。そのように言われて育ったのに、お嬢さんには「作ってくれる事は感謝している」と伝えられた事は素晴らしいです。お嬢さんと話し合われてちゃんと落とし所が見つかったのですから、それでいいと思います。

    ユーザーID:4705281365

  • 私もびっくり。

    トピ主さんのお母さんは、人が作った料理をけなす人だったのですね。
    それでは、伸びる才能も伸びないかと。

    私の母も料理が苦手です。
    それでも若い頃は、頑張ってホワイトソースを手作りしてくれたり、アップルパイを一緒に作ったりしてくれました。

    祖母も「誰かが作って食べさせてくれないかなあ」と言ってたので、我が家の家族の形なのでしょう。
    しかも祖母は、小さい頃に親戚の家に預けられて、炊事をメインでやっていたようで、母の味も知らないし、もう料理するのは懲り懲りだったのかも。

    私自身は、娘さんと同じで化学調味料か苦手です。
    出産後に、化学調味料の入った食品があまり食べられなくなり、今ではなるべく使わずに料理してます。
    外食やレトルト食品は食べられますが、美味しいと感じないので、めったに食べません。
    健康にはいいけど、災害で避難する時に食べられる物がないかもしれないのが、悩みです。

    娘さんの料理は、好きにさせてあげてください。
    水泳が得意な人や音痴な人がいるのと同じです。
    水泳が得意な人たちの中に、苦手な人がいるのだと思って、あなたは薄味が好きなのねと、見守ればいいと思います。
    その点だけでも、トピ主のお母さんとは違いますよ。

    最後に、母子で一緒に料理したことがないご家庭は珍しくないですよ。
    私の知人にもいます。
    親子で他のことを一緒にすれば、いいのでは?

    ユーザーID:6228038855

  • すばらしい娘さん

    娘さんの料理が本当の料理、「ごちそう」です。味が薄いということは素材の味が味わえるということで、成人病の予防には欠かせません。
     濃い味付けの家庭の人は高血圧や成人病になりやすい。私の妻は薄味で、結婚してからそれに慣れたので、実家の味付けは濃く感じます。
     あなたからなんでそんな娘さんが育ったのかが不思議でなりません。
     娘さんはよい家庭を築くことでしょう。すばらしいです。

    ユーザーID:4391647395

  • 料理教室に通った方がいいですよ。

    年配の女性も生徒としていますから、トピ主が浮くことはありません。

    料理の基本コースがいいと思います。

    普通は家庭で母親から習うであろう料理の基本を、お金を払って習うんです。

    仕方ありません。トピ主はその機会がなかったのですから。

    過去に学校で家庭科の授業があったはずなんてすけど、忘れてしまったんですよね。

    そして料理を習ってぜひ、息子に家庭の味を教えてあげてください。

    トピ主や旦那さんはいいかもしれませんが、息子さんは将来結婚するんです。

    娘さんが味わってきた苦労をきっとお嫁さんも味わうことになります。

    そしてトピ主の食事環境が、第三者(息子の嫁や娘の婿、そしてその親たち)に詳らかにされますよ。今までは閉ざされた空間で誰にも知られていなかったことです。

    子供たちはその味覚を持って家を巣立つんです。

    親として、まともな味覚を持たせるのは当たり前ではありませんか?

    ユーザーID:4685209312

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧