娘の作る食事が不味いです

レス235
(トピ主7
お気に入り570

家族・友人・人間関係

りえこ

レス

レス数235

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 微笑ましい

    こんにちは。よそから見れば微笑ましい、エッセイにあるようなお話ですが、ごはんはやはり好きな味を食べたいですね。

    新婚の頃、濃い味に慣れた夫に私の味付けは薄いみたいでした。
    夫は言葉を選んで選んで、こう私に言いました。

    「ごめん、健康のことを考えてこういう味付けにしてくれてるのはわかるんだけど、残業して頭も体力も使って帰宅したら、はっきりした味付けじゃないともたないんだよね」

    疲れて帰宅する姿を見てるので納得しました。

    ただ、久々思い出して文章にすると、意外と説得力ないかも(笑)

    こうなったら、皆さんお昼に好きな味つけの料理を食べて、夜はこのまま続けてみたら結果いいこと尽くめかもしれませんよ!ウエストゆるゆるになったりとか(笑)
    どうぞ娘さんの気持ちをそぐことなく、まるくおさまりますように!

    ユーザーID:5432764207

  • これだけでは、

    普通の料理本に書いてある味って、私の感覚では結構濃い味です。
    これだけでは娘さんの料理の味が世間的にまずいのか分からないけど、
    4人のうち3人がまずい以上、食卓を分けるしかないと思います。

    娘さんが料理を作ることになった経緯は何でしょうか?
    喜ばれない料理は作る意味がないということはいずれ学ぶでしょう。男に嫌われるので・・・、でもそれまで待てませんよね。

    娘さん、料理本をアレンジしてる可能性も高いです。
    多分これまでの食事に対する反発もあるのでしょう。
    そこを紐解く必要はあるので一緒に作ってみらたどうでしょうか。
    それでもトピ主の料理のアドバイスは聞かないと思います。
    お料理上手の友達とかを呼んで率直にアドバイスしてもらったらどうでしょうか。

    ユーザーID:7227604606

  • 私も料理が苦手です

    お母様自身が料理が苦手との事
    今まで市販の料理が多かったのでしょうね
    インスタント、市販の料理は味が濃かったり、添加物などで塩分多めだったと思います
    そういう味に慣れていると手作り料理が味が薄く感じられるのだと思います
    これから、年取ると、体の為には薄味の方がよいですから、よい機会だと思って娘さんの料理をそのまま召し上がったらどうですか
    休みの日には娘さんと料理するのもよいのでないですか
    子供たちがいない私からしたらうらやましいですね

    ユーザーID:8336493799

  • 手料理に飢えてたのかな

    普通は育った家庭の味になじむものかと思いますが、
    トピ主さんのご家庭はできあいのもの中心なので、
    手料理に飢えてたのかもしれないですね。

    せっかく料理に興味がでてきたのだから、
    さらに腕を磨くために、料理教室に行ってもらうのはどうでしょう。
    習ったものを再現してもらうとか♪

    ユーザーID:9949221701

  • 言いたいこと言えば?

    娘さん、料理に興味が湧いたのに間近で調理する様子を見たことないからいろいろと間違えてるのかも‥

    どっちの味覚がまともなのか第三者にらさっぱりわからないけど、
    「好きなもの食べたいから作るなら自分の分だけ作ってね」
    でいいのでは?
    娘さんがゴネるようなら
    「他人の価値感を否定するのは良くない」
    と諭しましょう。

    ユーザーID:4569036151

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • それは味覚障害かも。

    市販の濃い味に慣れてしまうと、病気になる可能性が高くなります。今から徐々に、薄味に慣らさないと、大変危険です。

    まずは、家族の健康管理をすべき主さんが、料理の基礎を勉強しましょう。

    第一歩として、塩分計を買ってきて、味噌汁やラーメンの塩分濃度を調べてみてください。(結構面白いですよ。)

    次に、塩分の過剰摂取による弊害を調べてみてください。
    その次に、生活を圧迫する医療費や、離職による収入ダウンについても考えてみましょう。

    基本を勉強した上で、例えば「黒酢も良いけど、サラダだと匂いが気になるからレモンとかリンゴ酢にしてもいいかな?味気ないから、(血液サラサラになる)すり下ろしタマネギや、(食欲をそそる)ニンニク、(塩分を抑えられる)コショウを入れたいな。」とか、話し合って調整したら良いのでは?

    黒酢は、酢飯にする時や、中華料理に使うと良いですよね。

    そういうことを二人で研究したら、多分徐々に美味しい料理に変わっていくと思います。

    ユーザーID:1089518548

  • 食は命。

    不味いとはひどい発言ですね。
    さみしいとの言い方もどうなんだろう、なんだか表現がガサツと言うか優しくないですね。

    娘さん、美に目覚めたんですよ。
    身体を作り命を維持するのは「食」ですからそこを大事にしたいんでしょう、10代でそれに気が付くなんて若いのにとてもすばらしいと私は思いますけど。

    簡単に調理出来て、味の濃くて、化学調味料がいっぱいの料理・・・良いですよお好きなら。
    でも娘さんが言う健康にいい食事もまた正義です。

    ここは娘さんとよく話し合いましょう。
    あなたの言う「私の稼いだお金だから好きなものを食べたい」を娘さんにそのまま言えばいいですよ、だってそれが本心でしょう?

    それで娘さんがあなたを軽蔑しようと仕方ないですよ、食に対する思考は大きいです、あなたも腹を括る方がいい。

    別メニューにして娘さんには自分のものだけ作ってもらって下さい。
    後の3人はお好きなものを食べればいい、だって我慢も限界なのでしょうから。

    娘さん、家族の健康が心配なのかも知れませんね。
    なんとか家食がいい方向に向いて欲しかったんですよ、でも不味いと思われているなら彼女の思いも台無しですね。
    まぁ娘さんはまだ10代、自分の大義を他者に押し付けるのは若さゆえでしょう。

    しかしながらいい大人なのに薄味がさみしいとは少々情けない。
    食べ物にはそれぞれ素材のおいしさがあるんです、残念ですが分からななら仕方ないですけどね。

    ユーザーID:8251214473

  • 食べてもらうための料理

    子どもの保育園の先生が言っていたことがとても印象的でした。
    ある日のメニューで残す子が多かったそうで、子どもに聞いたら「だって味がしないんだもん」だったそう。
    健康を気遣って薄味にしても、一生懸命栄養を計算しても、食べてくれなかったら意味が無い、と。
    何のための料理かって、一番は美味しく食べてもらうことなんですよね。

    娘さんは家族の健康を考えているのでしょうね。
    手間をかけて作ってくれた料理ですから、有難くいただかなければいけませんよね。
    まずは感謝を込めたありがとうの言葉とともに、もう少しこうしてくれたらもっと美味しくいただけるわと伝えてみては。

    あ、食後にカップ麺はいかにも身体に悪そうです。
    せめて食事の代わりにすると良いと思います。

    ユーザーID:7988671801

  • 少しずつでも薄味に慣れたほうがいい

    今までずっと買ってきた惣菜やインスタント、冷食やカップ麺などに頼ってきたなら、料理本どおりの分量の調味料で作られたお料理は薄味に感じるのでしょう。

    実際に娘さんのお料理を食べていないのでなんともいえませんが、きちんと計って作っているのなら、それは不味いのではなく、健康的な薄味なんだと思います。

    まずは娘さんに、アレンジなしで、正確に料理本通りの分量を、しっかり計って作っているのか聞いてみてはどうですか?

    お休みの日に一度くらい、一緒に作ってみるとか。

    その上で変なアレンジが加えられていたり、分量が正確でないなら、不味いと正直に伝えて、お好きなものを召しあがればいいと思います。

    娘さんのお料理が、ちゃんと作られたものなら、もうそれはご家族の身体が既に壊れている証です。

    舌が正常に機能していないのです。

    添加物や化学調味料の摂り過ぎで味覚がおかしくなっているのです。

    一度、病院に行ってひと通り検査をし、日々の食生活を見直すことをおすすめします。

    娘さんも、ご家族の健康を祈ってのことかも知れませんよ。

    ユーザーID:5717627146

  • 仕方ないと思います

    トピ主さんがまずいというなら、まずいとしか言えません。

    でも、どうか知っておいていただけると嬉しいのですが。。。

    想像の域を出ませんが、トピ文を読む限り、一般的な日本人の味覚に近いのは、娘さんの方だと思います。

    トピ主さんが好きなカップラーメンなどは、化学調味料の塊です。とても刺激の強いパンチのある味つけになっています。

    どうしてだと思われますか?

    私は、その方が楽だからだと思います。
    本来ラーメンを作るならだしをとって、スープを作り面を打つという行程が必要ですよね。でもカップラーメンはお湯をそそぐだけです。それを実現させる為には犠牲にすべきことがたくさんあるでしょう。しかし企業は利益が目的なので、仕方ありません。(トピ主のような人がいるから企業は儲かり、そこで働く人の給料が発生するのです。)

    娘さんには「自分の舌は貧乏舌になってしまっている。悪いが娘の料理は味が薄いと感じる。私が面倒だと思っている料理を作ってくれているのに大変申し訳ないが、調味料を足すことを許してほしい」と娘さんにお願いするといいと思います。

    ユーザーID:7349227817

  • 料理禁止orお小遣いで作らせる

    家族の料理を作るって、義務や役割という側面と、特権という側面とがあると思います。
    炊事って家事の中でも大変で損な役目であるけど、作り手が自分の食べたいものを好きな味付けで作る特権にもなります。
    娘さんの場合は後者ですね。

    で、今の娘さんはその濫用状態。料理担当は家族の健康や予算を考えつつも、まずは家族が喜んで食べるものを作らないとね。
    自分の都合だけでダイエット食やベジタリアン食に家族を付き合わせているのと同じで、娘さんのは横暴・自己中・支配といった様相です。
    親なのだから、家族が迷惑してるからやめなさいと叱りつければいいのです。

    料理そのものをやめさせる。あるいは、作るならこれまでの食事と同じようなものを作るように言う。
    家族と違う食習慣のものを食べたかったら、自分のお金で作って自分一人で食べればいいんです。
    家計から出してもらって、家族が気の進まない食事に付き合わせるなんてこと、諌めないでどうしますか。

    まずお金を渡さない。
    無駄覚悟で、娘さんが夕食を作っても、トピ主も帰宅後夕食を作って、娘さん以外はトピ主の料理を食べる。娘さんの料理は、娘さん一人で消費させる。

    親が子供に物を言えないような家庭なんですか?
    だとしたら、問題は料理ではないです。

    ユーザーID:8816677950

  • 主さんの気持ちはわかるが

    娘さんの味付けのまま食べた方が身体にいいです。
    今の主さんの舌は濃い味に慣れすぎていて、このままだと塩分過多で病気になりそうと、読んだだけで思います。
    好きな味で病気になったって自分の自由じゃ!っと思うかもしれませんが、他人事ながら、高血圧からくる脳梗塞で半身不自由で手も動かせず、っなんて未来が、うっすら見えるような気がしてなりません。
    薄味も、ダシが効いてれば、慣れればそれほど苦になりませんよ。娘さんも主さんの健康を気にしているのではありませんか。

    ユーザーID:8417404905

  • 健康を考えたことない?

    凄い成人病になりそうな食事ばかり食べてるんですね。特に主さん夫婦は将来的に色々と問題が出てくるでしょうね。案外、もう数値にはでてるかも。
    皆、働いている人達は好きなの物だけ食べてると思いますか?節制している人達もかなり多いです。子供のような言い分の主さんに呆れました。

    ユーザーID:9049572213

  • 続きです

    さっき書き忘れましたが、共働きでお金の余裕はありそうとお見受けしたので、娘さんの料理に使う調味料を(醤油も酒もみりんも)ランクが上のものを使ってもらったら美味しくなるのではないかと。
    私事ですが、 昔、貰い物の日本酒「越の寒梅」を半分ほど飲んで、うっかり放置してしまい、日本酒として飲むのはう〜んだけど料理にはまだ使えそうということになって、煮物に使ったら滅茶苦茶美味しく出来ました。調味料の良し悪しがとても大事と、実感した次第です。
    以来、我が家では、料理用酒は「越の寒梅」まではいかなくても、日本酒としておいしいもの、醤油やみりんもスーパーで買える中ではいいものを使っています。
    なんとか折り合いをつけられることを祈ってます。

    ユーザーID:8417404905

  • ご自分で料理されたら?

    そこまで仰るなら従来通りに貴女が夕食を用意されたらいい。お嬢さんには作るなと仰ったら宜しいのでは。
    世の中の趨勢は減塩へと進んでいるのに、それが合わないなら好きなようにされたらいい。その代わり高血圧や糖尿病等生活習慣病の心配がある事はお忘れなく。
    多分出来合いの惣菜に慣れて、舌が濃い味でないと受け付けないのでしょう。早速お嬢さんにはもう作るなと言い渡しましょう!

    ユーザーID:0921376233

  • 可哀想 娘さんがね

    最後の一文で、娘さんここまでされて可哀想と思いました。

    口直しにカップラーメン???

    一所懸命に料理なさる娘さんに、アドバイスさえなく、批判ばかり。当てつけみたいに、カップラーメンですか。他に娘さんにしてあげることはないのですか。あっ!無駄なこと申し上げてしまいました。

    ユーザーID:0321304466

  • 互いの意見のすり合わせですね

    お嬢様は毎日夕食を作る約束でしょうか?
    あなたの希望は
    1元の買い食い生活に戻す
    2お嬢様の夕食に調味料を足す。
    の二つの選択肢ですが
    そのどちらにするにせよあなた方の食生活が悪いことを認めて差し上げないとお嬢さんは不満でしょう。

    家族会議でお嬢さんの健康夕食を食べない代わりに将来他の三人が生活習慣病にかかった場合一切迷惑お世話をお嬢さんにかけないと約束しましょう。
    バリバリ働いて好きなものを食べる人生が悪いとは思いません。その分、外注する介護費用をせっせと貯めることです。

    ユーザーID:4931227826

  • お互いに歩み寄る必要があります1

    この問題は、プロの栄養士が日苦心惨憺取り組んでいる問題です。

    トピ主様もお判りの通り、理論的には娘さんが正しい。

    ですが、理論的に正しいからと美味いと感じられないものを食べ続けるのは、難しい事です。

    家族の中での事、夫、息子を含むトピ主様側と、娘さん側、双方の歩み寄りが必要不可欠だと思います。

    まずトピ主様側

    『娘さんの料理は不味くない、チョット物足りないだけと認識する』

    人間は不味い、と思って食べれば、どんな美食も味が落ちます。
    娘さんの料理は生煮えや黒こげというわけでは無く、トピ主様が仰る様に少し味がさみしいだけです。
    娘さんの料理は不味くない、少し味が足りないだけ、と認識しましょう。

    『調味料は料理にかけない、手元の小皿に取り、付けるようにする』

    料理に調味料をかけると、舌に触らない分も沢山調味料を食べてしまいます。
    調味料は手元で付け、調味料がついた面が舌に触るよう食べると、同じ量でもより味を感じられます。

    『食後にカップ麺を食べない、酒のつまみのようなものを少量よく噛んで食べる』

    食事の後さらにカップ麺となれば、塩分のみならずカロリー的にも危険です。
    空腹では無いので、つまみのようなものをよく噛んでゆっくり食べれば、かなり満足感を得られます。

    続きます

    ユーザーID:9289579062

  • お互いに歩み寄る必要があります2

    続きです

    そして娘さん側

    『理想と目的を混同しない』

    娘さんの『理想』は、薄味の食事なのでしょう。
    しかし『目的』は減塩、減化学調味料のはずです。
    まずは目的達成の為に『薄味にしない減塩』からはじめましょう。
    理想は、目的達成の後に挑戦しましょう。

    『味にメリハリをつける』

    料理初心者の娘さん、料理全体を薄味にしているのだと思います。
    これでは食後の充足感が足りなくなります。
    味の濃い物と薄い物を組み合わせる。
    あるいは食材の表面に濃い味を付け、中には染み込ませない。
    汁物なら、汁の味はそのまま、具材を増やし食べる液体の量を減らす。
    まずはこの様な薄味にしない減塩方をしてみてはいかがでしょう。

    『出汁の量、種類を増やす』

    化学調味料を減らした物足りなさは、出汁の種類、量を増やして補うと良いでしょう。
    この時、キチンと出汁を引くより、出汁ごと具材にしてしまう位のつもりで入れてしまいましょう。
    出汁にした昆布、鰹節、干し椎茸等は具材にして噛み締めると濃い味が感じられます。

    『貴女には美味しくても、他人には美味しくない事もあると認識する』

    黒酢と醤油のドレッシング、とても美味しそうです。
    しかし黒酢は好みの分かれる食材、貴女には美味しくても、他人には美味しくない可能性もあります。
    まずは普段使っていた調味料をよく研究し、家族は何の味が好きなのか、見つけてから自家製調味料に挑戦しまいましょう。

    すぐ思いつくのはこのくらいでしょうか?

    トピ主様のご参考になれば幸いです。

    ユーザーID:9289579062

  • 味覚の違い

    娘さんは危機感を持って料理を始めたんでしょうね
    このままじゃ成人病一直線ですから。
    ずっと買ってきた惣菜や、市販のタレを使って濃い味に慣れてる人には料理のレシピ通りだと味が薄く感じるかも知れません。
    それに歳を取ると味覚が鈍感になって、味が薄く感じます。

    娘さんもまだ料理を始めたばっかりで、手本になる人も身近におらず試行錯誤かも知れませんが、そんなに不味い料理では無いのではないかと思います。
    ただ単に味に慣れてないだけです。
    美味しいものは素材の味だけで十分美味しいものですが、トピ主は今まであまり素材の良くない濃い味のお惣菜で味覚が騙されてきたのだと思います。

    私も40代後半ですが、トピ主さんとは逆に市販のタレ、惣菜、冷凍食品などは味が単一過ぎてとてもまずく感じます。
    味覚の違いでしょうね。
    まずは頑張ってる娘さんを褒めてあげて下さい。
    味については、せっかくの娘さんの料理に慣れるまでは化学調味料ではなく美味しい岩塩とかレモンとかをさっとかけて、徐々に素材の味を楽しめるように努力しましょうよ。

    ユーザーID:4982354777

  • じゃあ自分で作れば?

    自分で作りもしないで文句ですか?

    味の濃い料理がおいしくて
    素材の味がわかるものはマズイ。
    まさしくバカ舌なんですね。

    まだ未成年で家族の食事を作ってくれるなんてよくできた娘さんだと思います。
    惣菜で育ってきた中唯一まともな味覚と健康的な思考があり、
    今のままの食生活ではダメだと感じたのでしょうね

    そこに感謝もせず
    健康志向な料理なんか要らないなんていう親
    金は自分が稼いだ金なんだから味はこっちに合せろと言わんばかり

    娘さんが気の毒です。
    10代後半ということですから現在高校生か大学生でしょうか?
    娘さんには一人暮らしをお勧めします。

    そして娘さんに言いたいです
    あなたの家族は自分の体の事なんて興味ないのよ
    健康とかどうでもいいの。
    高血圧になって突然死したって構わないっていう感覚なのよ
    だからあなたも親が倒れようと面倒みなくていいのよ.って

    >市販のタレや材料を混ぜるだけで出来上がるものなど、楽でおいしいものが沢山あるのに、

    楽に出来るのに自分は買って済ませるほどの手抜きなんでしょう?
    先ずは自分で全部のおかず作ってから文句言えば?

    ユーザーID:2612885432

  • 娘さんにお伝えください

    「一気にやろうとすると失敗する。やるなら徐々に」と。

    お店のお惣菜や市販のタレは総じて味が濃いですからね。
    それに舌が慣れきってる人達に突然味の薄い物を出しても不評なのは当たり前です。

    家族の健康を思う娘さんの気持ちは尊いですけど、美味しいと感じられない食事をするのがストレスになってしまうのもわかります。
    だから、少しずつ少しずつ味を薄くしていって舌を慣れさせていくんですよ。
    もどかしいかもしれないですけど、一気にやろうとすると反って失敗します。
    焦らず頑張ってみて下さい。

    で、トピ主さん。
    人間、慣れる生き物です。
    少しずつ少しずつやっていってもらえば、いずれカップラーメンで口直しなんて暴挙はやらなくなると思いますよ。(濃い味好きはわかりますが、さすがにこれはね)

    ユーザーID:5018474534

  • 歩み寄りですよ

    娘さんも料理に目覚めて、頭でっかちになっている時期かな?
    お互いに歩み寄りが必要だなと思います

    味変するのは、ある程度はしょうがないけど
    口直し?でカップラーメンはとてもよくないです

    これでどれだけあなたの味覚がおかしくなっているか判断しました
    多分、ここを指摘する人は多いと思うので割愛します

    ジャンクフードの付き合い方だとおもっていますので
    0にするのはストレスだろうと思います


    現実的なアドバイスですが

    プロの料理人は市販のたれを使わずともおいしい料理を作れるので
    このまま料理の腕を上げるが近道だと思います

    初心者にはネットの料理サイトより、NHKの料理番組のほうが役に立ちます
    普通の家庭料理を目指しましょう

    唐揚げ、カレー、麻婆豆腐など
    お互いに歩み寄れるメニューはあるはずです

    極端な変化はストレスです
    食はダイレクトに影響しますから、家族仲が悪くなっては本末転倒ということも頭に入れましょう

    ヘルシーな料理一辺倒だと誰も幸せになれないかなと感じます
    徐々にね、40年も慣れた味からかえるんだから、多少は認めてあげるしかないです

    黒酢は私も苦手です
    せめて、違うお酢を使ってください

    というわけで、娘さんに言えるのは

    料理を辞めろじゃなくて
    あくまであなたも娘さんも歩み寄りですよ

    ユーザーID:2293246621

  • 作らないで。とは言えないですか。

    もしくは「これ作って欲しいな」と味の濃い物をリクエストしてみるとか。
    もしかしたら、娘さんは味の濃い物に飽きて、薄味を欲しているから。とか、身体に気を使って薄味にしてる。とかではないのでしょうか。
    限界なら、ご自身で前日の夜や当日の朝に作っておいて温めるだけ。にしておけばいいかと。
    なにより、作ってもらえるだけ羨ましいです。
    私もフルタイムですが、帰宅後作るか何かしらしておきます。それで、遅いだの。お腹空いただの言われたら「それなら自分で作って食べろ!」って言いますけど。。

    ユーザーID:5258788579

  • 娘さんの憧れだった

    友人のおうちに遊びに行くとよそのお母さんを知りますよね。
    健康志向の料理が上手なお母さんが世間に多いことを知り
    憧れたんじゃないでしょうか。

    働くお母さんが忙しいのも、料理嫌いの女性がいるのも当たり前なので
    あなたを責める気はありません。
    むしろ何であれ子供に毎食提供してきたのを偉いと思います。
    それさえしない親だっているんですから。

    でも娘さんがそんな大人の視点を持つにはあと十年は必要でしょう。
    今はただ「こういうのが理想だったの!本当はお母さんにこれやって欲しかったの!」
    という気持ちでいっぱいなのかもしれません。

    子供が十代後半ならご両親はまだ健在でしょうか。
    おばあちゃんに料理を教えてもらうよう提案しては?
    あなたの実母ならあなたが育った味を伝授するわけだから
    口に合うのではないでしょうか。

    あるいは料理教室に通わせる。
    薄味だからまずいのではなく、薄味でヘルシーでも美味しい調理法があるんです。
    それを学ぶことは娘さん本人にとっても一生の財産になります。

    それと老婆心ながら、トピ主さんと他の家族は食生活を改めた方がいい。
    現状のままだと、今は健康でも年とともにあちこち悪くなりますよ。

    ユーザーID:3480805376

  • 夕食の担当(内容)を分ける

    食卓を「分割」してはどうでしょうか。
    娘さんは自分一人の分だけをつくり、
    トピ主夫妻と息子さんは3人のうち誰かが担当して用意する。
    どうしても娘さんの食事が気に入らないなら、これしかないと思います。

    ただ、なんにしても下記はやめたほうがいいです。

    >食後に口直しにとカップラーメンや食べるとこれまた睨まれます。

    口直しに食べるカロリー、塩分の食品ではありません。
    忙しい昼食でたまに食べるならともかく、
    夕食後にカップラーメンなんてのは普通に体に悪いですよ。

    口直しだから3人で1個・・・・というならマシかもしれませんけれど、
    嫌味ったらしいことには変わりないと思います。
    (まぁ食卓を分割するのも何ですけれど・・・・)

    ユーザーID:3386496738

  • エール、連打!

    びっくりが多いですが、私は賛同しますね〜。

    『味の濃い、体に悪い物ばかり食べている』は確かにそうです。日本の外食やお惣菜は味が濃いですから。誰もが美味しいと思うにはちょっと味の濃いちょっとパンチの効いたものなんですよ。ずっとそれは身体に悪いと思います。

    共働きで主流で妻が料理をしない台湾では屋台で買っていたものを食べるそうなんですが、台湾の屋台料理は薄味だと思いました。毎日の事だから日本の外食は濃すぎますよね。

    でも何でも家で作るのが良いかというとどうかなぁ…と思います。『醤油とみりんと酒と御酢』だけ何でも作っちゃうという市販の調味料がないお宅でポン酢を呼ばれましたが何とも残念なお味でした。めんつゆもそうでした。

    もちろんしっかりお出汁を取った美味しい自家製めんつゆも他で頂いた事がありますが、市販のめんつゆに慣れるとぱぱっと作っためんつゆは『とにかくさみしい』。『ドレッシングなんかも黒酢としょうゆと油を自分で混ぜて』も不味そう…って思っちゃいました。

    過ぎたるは及ばざるがごとし。濃い味付けになれた人間が急に薄味になれろって方が無理なんですよ。急に全部を変えるとかは難しいです。そういって家族会議かな。

    皆で相談し合って落とし所を決めましょう。娘さんも折角作っているのに料理にソースや市販のタレ、マヨネーズ等々をかけて…では可哀想だと思いますよ。

    主様達もいつまでも若い訳ではないのだから、いい機会だとは思います。一品はそのまま食べて舌を薄味になれさせるのは良い事ですよ。そのかわりサラダのドレッシングは市販品を好きに選んでいいとかね。

    ユーザーID:5249617766

  • 成人病一直線じゃないですか

    市販のおかずって、日持ちさせる為もあって、概して味を濃く作っている
    そうです。ああいった総菜ばかりを食べていると、成人病になるリスクは
    高くなるそうですよ。

    又、濃いめの味付けになれてしまうと、体に良いとされている薄味では
    満足できない舌になってしまうそうです。
    おそらく娘さんの作る料理こそが、一般的な家庭料理の味付けなのだと
    思いますよ。

    ソースに市販のタレ、マヨネーズ、カップラーメン。
    全てハイカロリーで塩分高めです。

    まぁ貴方や御主人は病気になろうと自己責任で同情の余地もありませんが
    その味に毒されている息子さんは御気の毒だと思いますよ。

    ユーザーID:0390262008

  • 薄味で物足りないだけなら

    味が薄くて頼りないだけであれば、娘さんに「今まで出来あいのもので
    舌が慣れているから、突然薄味に振り切られると正直しんどい。
    体のことを考えてくれてるのはありがたいけど、もう少し取っつきやすいような
    メニュー構成を考えてくれないか。」と話してみてはどうでしょうか。
    巷には、持病を持っている人向けに「減塩だけど満足感のある味付け」がテーマの
    レシピ集があちこちに転がっているので、そういうのを参考にして貰って。

    ドレッシング自作については、トピ主さんが美味しく感じないのが娘さんの力不足か
    そもそものレシピがトピ主さんの舌に合わないので「変な味」となってしまうのか
    よくわからないので、言及は避けます。
    ただ、料理で体のことを気遣いだしたのは悪いことではないと思うので、余裕があれば
    料理の基礎を学べる教室に行かせてあげるなどしてもいいかもしれません。

    ユーザーID:6133913924

  • 誰が教えるの?

    お母さんが料理をしない方なら コツを教えられないでしょうね。薄味にするなら 出汁をちゃんと とれば良いこととか。塩の代わりに酢を使うとか。一緒にやったら如何ですか?自分が知らなければ教えられないです。不味いは失礼だと思います。

    ユーザーID:9954280164

  • それはたぶん美味しい

    料理を仕事にしている者です。

    お嬢さんは料理本のレシピで作っているのですよね?それ別に薄味ではないです。

    実際に健康志向で薄味にしている人が食べると随分味が濃いと思う程度のはずです。
    本などで世間に発表するレシピは一般多数の人が美味しいと感じる濃度に合わせて何度も調整して決定するので、塩分制限のある疾病対象の料理本以外は極端な薄味にはしません。

    トピ主さんの味覚が濃すぎると思われます。他のレスにもありますが味覚障害の可能性も否定できません。
    味覚障害は亜鉛不足で起こります。加工食品を食べすぎるとなりやすいと言われますので、お嬢さん以外の家族の食嗜好(カップラーメン、市販のタレ多用)を見ると心配ですね。

    >市販のタレや材料を混ぜるだけで出来上がるもの
    これって、時間がないから作って食べるけど、ちゃんと作ったほうが美味しいよねーと感じるもんなんだけどね。。。
    味覚障害は亜鉛サプリを飲めば治りますから一度検査されては?

    ユーザーID:1822532928

  • 気の毒な娘さん

    そりゃ不味くもなるでしょうよ、家庭の味を知らずに育ったのですから。
    買ってきたお惣菜ばかり並ぶ自分の家の食卓に違和感を覚え、何かおかしい、親が作ってくれないのならば自分で家庭の味を作ろう、と日々試行錯誤して頑張ってるのではないですか。

    それに出来合いのものや市販のタレに慣れてしまってるトピ主含む他の家族の味覚がおかしくなってるだけかもしれないですしね。濃い味のものばかりを食べていると味覚が麻痺します。ですので、トピを読んでる人は一概に娘さんの料理が本当に不味いのかは判断できないです。

    解決方法は、娘に嫌な顔されようと自分たちは好きなものを食べるしかないのでは?睨まれても「作ってくれてありがとう。でも疲れてると濃い味のものが食べたいのよ」と言って淡々と食べる。
    きつい言い方やもう作らないでとか、せっかく作ってる娘のやる気をそぐような言い方はしないで上げてほしいです。

    ユーザーID:7920551288

  • 急に味を薄くするのではなく、徐々に。

    味についてだけですが。

    濃い味が好きな方を薄味に変えるには、
    1年くらいかけて、少しずつ薄味にしていくといいです。

    娘さんの料理が受け入れられないのは、濃い味から急に
    薄味に変えたからだと思います。

    高血圧になってからでは遅いので、娘さんの料理は
    お薦めですが、1度味については、
    慣れない味なので、少しずつ薄味にしてくれるよう
    話し合いをされてはどうですか?

    自身、健康に目を向けるようになると、
    変われます。

    疲れた時の食事と普段の食事の味についても
    娘さんと相談しておくといいですよ。

    ユーザーID:1823087212

  • 物足りないのは分かる

    私は薄味派です。
    加えて、夫が生活習慣病まったなしのため、塩は極力使いません。
    かなり優等生な食生活を送っていますが、作っている自分でも物足りなさを自覚しています。

    先日、実家の母が遊びに来て、お吸い物の味付けをしてもらったら私では絶対に使わない量の塩を入れていました。そして夫も子供も美味しい!と。
    実家も薄味だけど、私が極端な薄味主義を貫いていたようです。

    それからは私としては思いきった量の塩を使うようにしたら味にしまりが出て野菜や肉の旨味がアップしたような気がしています。

    しばらく娘さんの「不味い」料理を食べ続け、少しだけ塩の量を増やしてもらってください。「美味しい」に変わるかもしれませんよ!
    ただし、健康を取るか、美味しさを取るか、ですね。

    ユーザーID:9458131071

  • 娘さんの言うとおりなのだが。

    すっかり濃い味に舌が慣れてるようですね。
    身体の事を考えたら娘さんの料理はいいし、作ってもらってるのだから。
    嫌なら自分のは自分で作ればいいのです。

    ユーザーID:1355848302

  • うーん。

    食は命を繋ぐもの。
    アナタは昆布と鰹節できちんと取った出汁の味がわかりますか?
    うちの夫も濃い味好きでこってりしたものを好んでいましたが結婚して少しずつ本当の出汁、素材の美味しさがわかる様になり今では私の料理を美味しいと喜んで食べています。幸い職場の社員食堂は管理栄養士さんのメニューがある様で助かります。
    思うにアナタは長年の保存料、調味料等で味覚がペラペラになっているんですね。
    せっかく娘さんが本物の料理に目覚めたのですから有り難く頂きこれからの「食」に付いて家族で話し合いましょう。
    それでないとアナタのご家族全員成人病まっしぐらですよ。

    ユーザーID:9447787602

  • 一品だけ作るか、ミールキットを使っては?

    娘さんの料理が「理屈の上では」正しいのは分かります。でも、「食べておいしいか」はまた別の問題。娘さんは頭でっかちというか、理屈だけ追い求めておいしさが置き去りになってるのでは?そもそも、いきなり黒酢のドレッシングとか好みが分かれるものを作るあたり、娘さんの料理の腕にも疑問を感じます。
    というわけで娘さんとの妥協案を提案します。
    1:娘さんには一品だけ作ってもらい、他のおかずはトピ主さんが「市販のタレや材料を混ぜるだけで出来上がるもの」を作る。
    2:食材宅配などで買えるミールキットで食事を作る。
    市販のお惣菜ばかりに慣れた人が、いきなり健康志向全開の食事に対応するのは無理でしょう。娘さんには「いきなり方向転換されてもついていけない。少しずつ変えていかないと」と話してください。

    ユーザーID:4628136426

  • たまにジャンクフード無性に食べたくなる〜

    うろ覚えですが...
    以前テレビで見た話です
    昔のオリンピックでホテルの料理長が選手に出す食事は初め不評だったそうです。
    体を使う人達にはホテルの薄味仕上げでは塩分が足りなかったのが原因。
    確かに塩分の摂りすぎはお勧め出来ませんよね。
    トピ主さんだってそこは十二分に理解されてると思います。
    昔の人の知識不足による塩分過多(何でも醤油ジャージャー)よりは少ないと推測して、私はトピ主さんの主張に賛成かな。
    お嬢さんの努力を認めつつ、どこかで折り合いがつくと良いですね。
    まあ、ジャンクフードはそこそこにね。

    ユーザーID:1335415406

  • 早死にせんように作ってくれてんだがなあ

    まあ早死にしたいならその味覚のまま突っ走ればいいけど、
    糖尿やら高血圧によるあるやらこれやらで娘さんに手間かけんなよー、通院や入退院は自分でやりなよーサインくらい貰えばいいけど。

    ユーザーID:7385916199

  • 意識改革が必要

    ずっと出来合いのお惣菜やインスタントで生きてきたのなら、
    濃すぎる味付けと、古い油でベタベタなものに
    さらに添加物を加えた味に慣れてしまっていますね。
    素材の味なんてわからなくなっていると思います。

    娘さんは家庭の味にあこがれがあったのかな。
    さらに、家族の健康も考えていると思います。

    トピ主さんの好きなものを食べ続けていたら、還暦ごろには成人病で
    病院通いの日々になるはずです。
    すでに片足突っ込んでますから、今のうちに食生活を変えたほうがいいと思います。

    60代で半身不随になられたら、だれが面倒みるんでしょうね?
    娘さん、そこらへんも考えていると思います。

    嫌なら娘さんに一人暮らししてもらったら?
    もちろん、今の段階ではトピ主の仕送りが必須だと思いますが。
    そして、介護は一切しなくていいという念書でも渡したらどうですか?

    ユーザーID:7480096125

  • これが親の意見なのかぁ…(ため息

    ようするにあなた方は外の味に慣れてしまったってことですよね?

    物足りなく感じるのがその証拠で
    娘さんは本を見ながら作っているとの事で
    決して不味いというものではないのでしょう
    なんて言い草でしょうかねぇ

    なんというか…これが親の思考なのかと
    同じ立場ながら呆れます

    どなたかもおっしゃってますが
    娘さん、そういったものに憧れもあったのでしょうし
    健康志向に目覚めてデメリットってありますかね

    試しに一か月何もかけないサラダでも食べていれば?
    自分がどんなに濃いものを食べていたのか
    よくわかりますよ

    否定する訳ではないのですが
    私はコンビニやスーパーのお惣菜など
    しょっぱすぎて食べられないんです

    日持ちの事も考えられてるでしょうし
    汗水流して働いている男性に合わせた
    お弁当などもありますが
    夏の暑い日でもない限り私はちょっと無理かな

    ご飯にふりかけを一袋かける人にも驚愕しました
    せめて半分でよいのでは?
    塩辛すぎて味覚どうなっちゃってんの!?っておもいます

    思えば義実家もラーメン大好き
    濃い味つけの家庭でした

    主さんももう良いお年だし
    せっかく作ってくれるのなら
    娘さんにまかせたら?

    塩分減らしてデメリットなんて何もないでしょ
    むしろメリットだらけだと思うけど

    アジの開きにも醤油かけるタイプですか?
    元々が塩分とりすぎなんだと思います
    あと、化学調味料の味に慣れちゃったとかね

    あなた方夫婦は自己責任で済むけど
    息子さんが将来結婚することになった際
    それでは妻となる人が気の毒ですよ

    ユーザーID:3303034652

  • エール!

    単に色々噛み合っていないだけだと思います。

    多くの方が、主さんの味覚を否定していますが、
    それはそうとして「極端に味気ない食事をとるむなしさ」にも
    結構な数の理解が得られていると思います。

    単純に、薄味のおいしい料理って作るのが難しいんですよね。
    お嬢さんは、健康志向やある種の意識高さがあるけど、
    料理に関しては初心者だから、ただ「調味料を減らした料理」しか作れない。
    それを「薄味のおいしい料理」にするには年季が必要かと。
    素材の味を引き立てる=薄味にしときゃいい、じゃないですしね。

    ただ、主さんは主さんであまり料理が得意ではないご様子。
    で、お嬢さんは働く母親の苦労がまだピンと来ず、
    惣菜で済ます母親を、少々軽く見ている所があるんじゃないかなと。
    それで自ら腕を振るってみたわけですが、家族は不満げ。
    ヘルシーな料理を理解しない家族にイライラしているのか、
    自分でも「何か違う」と思い悩んでいるのか、今のままではそれもわかりません。

    なので、例えば休日に初心者同士という風で、ちょっとダシでも取って、
    料理の本を読みながらお煮しめを作るとか、とにかく一緒にやってみては?
    その中で、色々本音もわかるんじゃないかな。

    これを機に主さんが料理に目覚めろとか手料理にシフトしろという
    意味では決してありません。
    主さんが今まで、働きながら家族の食卓をしつらえてきたことは、
    私はシンプルに尊敬します。頭が下がります。
    ただあくまで、お嬢さんに対するイベントに、母としてちょっと労力を割いてあげては?というご提案です。

    せっかくお嬢さんが料理に興味を持ったのだから
    出来ることならそれをおいしいと食べてあげたいじゃないですか。
    その手助けをちょっとだけ出来たら良いなと思いますが、
    お時間が許すようなら考えてみて下さい。

    ユーザーID:8184280679

  • 良い娘さんですよ!

    10代後半で 家族の夕飯作りなんて
    献立考えるだけでも悩みまくりです。
    子どもたちが居るときは 作るのは苦ではなかったけど 夫婦二人になったら 自分だけなら
    お茶漬けでも良いのにと思うときもあります!

    数年前から お醤油も減塩 砂糖も塩も変えました。 砂糖は大さじ一杯のところを大さじ半分で 塩も減塩 塩 慣れると美味しいですが 使い初めから違和感はありませんでした。

    出汁をしっかり取ると これらの調味料でも十分美味しいです!

    スーパーのお総菜は味付けは濃い!どじ辛い!と主人が良い始めました。
    子どもたちも結婚して 自分達が料理もしていますが 娘には味が昔と変わったからお口に会うかどうか? 息子にはお嫁さんの味付けと違うだろうけど何て お料理出してます!

    美味しいよ!と言ってくれるから 出汁をちゃんと取ったら美味しい!と 花かつお 出し昆布
    いりこ 料理によっては小袋30こ入ってる千円からの出汁で出汁をとり うどんや味噌汁に使ってます!

    主さんはお料理は苦手とのことですが 娘さんも主さんの発言でお料理苦手にならないよように 時には外食で美味しい物食べて これ!どんな味付けするんだろうか?と参考させたら?

    昔聞いたことあります 奥さんに美味しい料理を作ってもらうのに 自分だけ外食でなく 奥さんにも美味しいお店につれて行き 食べて 参考に・・・。
    昔娘とランチ言って 美味しい!と思ったら どんな風に味付けするんだろう?とタレ舐めてあれこれ話してました そんな娘は1人暮らしでもお料理作り 結婚して2人の幼い子どもにも離乳食 仕事復帰して 幼稚園 保育園のお迎えから帰り ひと休みするまもなく 夕飯作り食べさせてます!3才のむすめが「ママ!作ってくれてありがとう!」言ってくれると

    娘さんも将来 お料理できる?好きな女性になるかどうかは 主さんの対応です!

    ユーザーID:6564035834

  • 口直し…

    口直しにカップラーメンとは…

    強い味付けと添加物たっぷりの食生活で、よほど舌が麻痺しておられるのですね。

    もちろん、味の好みは自由ですけれど、
    娘の作ってくれた食事の後に口直しにカップラーメン、と堂々と書ける親としての人格・価値観に驚愕です。

    ユーザーID:7048905404

  • 作ってもらった料理には文句をつけない

    共働きで子供ありです。
    私の帰宅時間が遅いため、母に料理を作ってもらいますが、まぁ母は料理が下手です。
    カレーを作っても、妙に水っぽかったり。

    夫は飲食店家系で育ち、本人も飲食店勤務。
    味にはうるさいほうです。

    ですが、母の作ったものを食べるとき、一切文句は言いませんし、味も足しません。
    子供が何かいえば、たしなめます。

    それが、作った人への敬意だからです。
    文句があるなら、最初から自分で作るべし!
    これが我が家のルールです。

    自分が稼いだお金で食べるものではありますが、作ってくれた人へ失礼な対応、敬意を欠いた対応をするのならば、自分で作ったらいいんじゃないですか?

    ユーザーID:0416328755

  • 貴女が作って!

    まず見本として貴女が美味しい料理を
    作って教えてあげたら如何でしょう。

    お嬢さんが一生懸命作った料理に対して
    [不味い]や[さみしい味]なんて
    普通は言いません。
    まして[口直しにカップラーメン]は
    あり得ませんし、信じられません。
    お嬢さんが作ってくれた事に感謝すべきでは?

    母親がいくら忙しいからと言って出来合いの
    おかずで夕食を済まそうとしてるのに、
    お嬢さんは市販のソースを使わず一から作って
    偉いじゃないですか!

    市販のソースの味の濃さに慣れすぎて
    味覚がズレていませんか?

    作ってくれた人に感謝する事を忘れずに!

    ユーザーID:3223958357

  • トピ主です。皆様ご意見ありがとうございます。

    皆様、お忙しいところ、たくさんのご意見をありがとうございます。
    皆様のご意見を読ませて頂いて自分要求が固まってきました。

    娘には今後も食事を作ってほしいです。
    なんといっても楽だから……
    帰ったらご飯ができてるんですよ。
    それはもう有り難いです。

    ご意見の中にありましたが唐揚げやカレー、麻婆豆腐なんかいいですよね。そういう普通のものを作ってくれたらどんなに嬉しいか。市販の粉やルーを使って作ってくれればいいのにって思うのです。それに簡単なサラダに市販のドレッシングかけて食べたいです。
    それがウチの味だったので(仕事が休みの日はそういうものを作っていました)、そういうものを作ってほしいです。そのほうが手間が減って娘も楽だと思います。それにそういうものを出しているお家もそれなりにあると思います。

    娘の作った白菜と豚肉を層にしてコンソメで煮たものとか、オリーブ油で色々な野菜を煮込んだものとか、凝ってるな、とは思いますけれど、正直食べ慣れなくて、これが美味しいのかがわからないのです。少なくとも夫と息子には不評です。

    メニューの希望は出してみようと思いますが、聞き入れなかったら食卓を分けた方が良さそうですね。そして娘が就職したら一人暮らしさせようと思います。

    私の味覚については濃い味が好きなのは間違いないと思います。
    昼食に買った弁当やインスタントスープを飲んだとき心から寛げるのです。娘には悪いですが。しかし何にも代え難い時間なのです。

    ユーザーID:4958652237

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 普通は母親が手解きをするものですが

    限界なら娘さんには自分の分だけ料理してもらい、トピ主夫婦と息子の分はトピ主さんが用意するしかないでしょう?

    「あなたの体はあなたが食べたものでできている」
    トピ主夫婦は健康診断の結果はどうですか?健康寿命を伸ばすには生活習慣病の予防が大事です。
    若い娘さんが家族の健康のために頑張っているのになんて親なのですか?
    授業料を負担してあげて料理教室に行かせては?

    ユーザーID:2900343455

  • 市販のおかずはしょっぱい

    たまになら良いけどお惣菜って味が濃いんですよ。これに慣れたら家庭の料理が食べられなくなるのは当然ですよね。

    私の姪っ子があなたの娘さんの立場ですが、子供の頃から「お母さんは料理をしない」と言っていました。お弁当すらコンビニ弁当、そのため学校では辛い思いをしたそうです。

    大きくなった今は「おばあちゃんに料理を教わりたい」とせっせと通って習ってます。
    そう言えばその子が小さい頃、ただのおにぎりなのに「わー作ってくれたの?」と大喜こびで食べてたのを思い出しました。

    どんだけ料理が下手な女なんだよ、と思いましたねー(でも黙ってた)

    ユーザーID:1563452715

  • 主語を「わたし」にするか「あなた」にするか

    「あなた」にすると攻撃的になります。
    「わたし」にすると「お願い」口調になります。
    そこを踏まえて

    「あなたが夕食をつくってくれて(わたしは)嬉しい。
    健康を考えてくれてるのも知ってるよ。
    (わたしは)有難いと思ってる。

    でも濃い味に慣れててバカ舌だから調味料を足すのは見逃してくれたら(わたしは)嬉しいな」

    っていうのはいかが?

    亜鉛不足だと味覚オンチになりやすい。
    ミネラル不足を教えてくれる警報装置です。
    いきなりは無理でも段々薄味に慣れましょう。
    その方が健康的。
    でも「いきなり」は辛いですよね。

    「オリーブ油で色々な野菜を煮込んだもの」
    アヒージョかな?
    今度みんなでイタリアンに行きませんか?
    イタリアパンや他のおかず・ワインなどの取り合わせで味が随分違うと思います。

    ユーザーID:1208606451

  • とりあえず、御為ごかしは反発必須かと

    トピ主様レス拝見しました。

    〉簡単なサラダに市販のドレッシングかけて食べたいです。
    それがウチの味だったので(仕事が休みの日はそういうものを作っていました)、そういうものを作ってほしいです。

    とりあえずこちらの、『トピ主様の希望』は伝えても良いかと思います。

    しかしながら、

    〉そのほうが手間が減って娘も楽だと思います。

    これは完全に『御為ごかし』、娘さんの反発は必至かと思いますので、言わない方が良いと思います。

    そしてメニューも、『唐揚げ』『カレー』『麻婆豆腐』は娘さんの技量的に苦しいかもしれません。

    例に上がった『豚と白菜のコンソメミルフィーユ鍋』や『オリーブオイル煮』はかなり初級の失敗しない料理ですが、『唐揚げ』『カレー』『麻婆豆腐』は生焼け、生煮え、黒こげのリスクがあり、初心者には難しいところですね。

    それよりは、『コンソメミルフィーユ鍋』(鍋のスープがコンソメ味)を通常の『常夜鍋』(具材は同じで出汁のみで煮る、味付けしない)のレシピに戻し、各人か食卓で好みの『つけダレ』で食べる方が現実的かもしれません。

    娘さん、まだまだ作れる物は限られていると思いますので、高すぎる要求はなさいませぬようご注意ください。

    特に、自分か『美味しい』と感じない物を作れるようになるには、相当の技量が必要です。

    娘さんの成長を長い目で見てあげてください。

    ユーザーID:9289579062

  • 楽だから、は酷いですね。

    スーパーのおかずやインスタントは濃いめに味付けします。
    ちょっとしょっぱい位なら我慢できますが、「味がしない」では旨い不味い以前の問題ですから。
    そういう食品に慣れきった舌で薄味減塩料理食べたら不満でしょうね。

    でも、私が楽だから作って欲しい、は酷い。
    じゃあ自分で作れ、が落ちです。
    昭和なら「文句があるなら食わんでいい!」で卓袱台ひっくり返されるかも。

    二択です。
    薄味料理を黙って食べるか。
    自分で自分好みの料理を作るか。

    ユーザーID:1884573831

  • あなたが1番の理解者でないと…

    疲れて、家に帰ったら、夕食ができてるんですよね?
    こんなに嬉しい事はありませんよね?
    こんなに楽なことってありませんよね?

    まず、あなたがまずいと言うのではなく、まずいと言っている夫や息子たちに、娘の代わりに晩御飯を作らせてみてください。
    それを、だったら土日にさせたら意味ないですよ。
    平日5日間続けさしてみてください。
    夫や息子達の方が美味しければ、それはそれで娘さんも勉強になるし、
    また、息子や旦那も、ご飯を作るのがいかに大変かっていうことがわかると思います。
    そしたら文句言えなくなるんですよね。
    となると、相手が傷つかないように何か良い方を探すと思うので、まずそこから始めてはいかがでしょうか

    ユーザーID:3196167381

  • 娘と向き合って無かったツケでしょうね

    母親の好物や好みも知らない。

    我が家の味も知らない。

    そして母に聞こうともせず、料理本を見てお料理する。

    どれだけあなたが娘と関わってこなかったかが解る。

    そういう娘にしてしまったのはあなた。

    それだけでしょう。

    ユーザーID:4940084478

  • 冷たい人。

    主さんの追加レス読みました。

    トピ文の「不味い」もそうですが娘さんに食事を作って欲しい理由が「自分が楽だから」とは・・・主さんって言葉のチョイスも感覚も優しくないですね。

    思いやりがないし思考に深みがない、私が母親にそんな発言をされたら軽蔑しますね。

    挙句の果ては思い通りにならない娘は独立をさせるおつもりですか、心底冷たい母親ですね。

    大丈夫、あなたが促さなくても然るべき時が来れば娘さんはさっさと家を出ますよ、気持が交わる事はもう無さそうですもの。

    楽をしようとせず、どうぞ各自で食べたいものを作り食べられたらいかがですか?

    ユーザーID:8251214473

  • 私の母は失敗しても美味しいと全て食べてくれましたよ

    私の母もフルタイム勤務で、私は中学生くらいから自ら進んでご飯を作り始めました。

     家庭の味が無いんだから本やネットのレシピを見るしか無いでしょう。主さん、添加物中毒のようなものでは無いですか?

     私が作り始めてから、出来合いのものばかりから抜け出し、私は体重が減り、弟は肌がきれいになり、母も体調が良くなり感謝してくれました。

     娘が作ったものを不味いなんてね。本のレシピに偏りがあるのなら、料理レシピ投稿サイトはいかがですか?人気の順位が出るので、上位から作れば良いです。何人もの人が美味しいと言うものが不味くて食べられないなら、主さんがズレているのです。

    そこに合わせる必要がありますか?

    同級生が遊んでいる間にさっさと勉強を済ませ、食事の準備をするのは学生にとってハンデですよ。

    娘に負担を強いているのに、文句があるなら自分で作れよ。と思います。

    ユーザーID:7326086578

  • レスします

    いい娘さんですね。
    市販の惣菜は味が濃く塩分がすごいです。
    あなたは、調味料にどれだけ塩分があるか
    ご存知ないですね。
    何も考えておられないようにお見受けします。
    食後にラーメン???
    家族の健康とか考えてないんですね。
    行き当たりばったりで食べているのにはびっくりです。
    ご自分でも、まともなもの作ってないのに、健康を考えて
    作る娘さんの食事がまずいとか……よくいえますね。
    お母さんでしょう、もっとまともな食生活を心がけ
    娘さんの見本になってください。
    娘さんは健康を考えられて立派です。

    ユーザーID:4342371649

  • もう、お弁当の宅配を利用しては?

    トピ主さんが料理を作らない理由は「楽だから」ですか…。娘さんのメニューの選択もちょっと首を傾げるものですが、「自分が楽をしたいから」娘さんに食事の支度を任せきりで文句を言うのはいただけない。
    カレーやマーボー豆腐くらいトピ主さんが自分で作りましょうよ。市販のルゥや素を使えば簡単でしょう?
    その程度の手間もかけたくないならお弁当の宅配サービスを利用しては?家族それぞれが好きなものをレンジでチンするだけで食べられて便利ですよ。

    ユーザーID:4628136426

  • ベースの味付けだと解釈する

    多くのレスを読んで、少しトピ主さんが気の毒になりました。私は相変わらずのへそ曲がりです。

    >世間一般では娘の料理の方が好まれるかもしれません
    トピ文の最後の方にこう書かれているので、レスが厳しいものになりそうなことは予想されているのでしょう。

    外国では内食の夕ご飯が普通のところもあるとか。濃いめの味は確かに生活習慣病の原因となりますが、働く人は塩味を欲するとも言います。

    トピ主さんはざっくばらんの性格で言葉も飾らず正直なのでしょう。根っから冷たい人に料理好きの娘さんが出来るとも思えません。

    トピ主さん、娘さんの料理は食べる人が後から味付けをするタイプの料理です。
    今はトピ主さんが言うように良い調味料がいっぱい出てますから、卓上にそれを置いて自由に味付けをして食べたらよろしい。
    娘さんにはそういう食事の仕方を納得させて、薄味健康路線を歩ませてあげてください。
    トピ主さんが母親だから娘さんは若いうちからあれこれと試行錯誤をして食事を作るようになるでしょう。私の親は自分でしたい人だったから、私が料理を作り出したのはとても遅くです。娘さんは料理上手になるでしょうね。

    ユーザーID:7437564091

  • 家族の健康のためを思ってやってるのよね

    10代の子が、親がいるのに家族の料理を作るなんてエライ。
    惣菜ってほとんどかなり濃く味付けされてますよね。それは子供達には濃すぎるし、娘さんには辛かったのでは?そして家族の健康も考えて作ってあげてるんですよね。
    その優しさを踏みにじられたらそれは悲しくなりますよ。しかも、本来は「親が」美味しくなくても家族の健康を考えて薄味を心がけるべきところを「食べたいものを食べたい」と子供みたいなことを言うなんて…こんな母親でご家族かわいそうに。
    私は医療機関で健康アドバイスをする仕事をしていますが、メタボで血圧やコレステロールや血糖値が高いかたはトピ主さんと同じこと言いますね。
    「一日頑張ったから好きなものを食べたいと」
    それに対し私は
    「そんなこと言っていいのは20代までよ。
    40歳超えたら気をつけてるつもりでも病気になるんだから、せめて体に悪い食事はやめて。頑張ったご褒美は週一くらいにしましょうよ。」
    と言います。

    フルタイムだから、料理が得意じゃないから惣菜買うなんて、言い訳ですね。
    フルタイムで料理してる人のほうが多いでしょ。

    私もうちの家族も市販の素を一度使ったときは、素を半量しか使わなかったのに濃すぎて食べられなかったですよ。
    惣菜もおいしくてもこの濃い味に慣れたら舌がダメになると不安になるくらいしっかり味付けされています。これに慣れたから舌がおかしいんですよ。
    私もずっとフルタイムで夕食作りは大変ですけど、家族と自分のために意識高めて夕食作り頑張りますよ。料理得意ではないですが、病気になるよりずっとマシです。

    その年で「食べたいものを食べたい」なんて健康意識低すぎます。

    ユーザーID:4817196586

  • トピ主です。引き続きご意見ありがとうございます。

    皆様、ご意見ありがとうございます。

    楽だから…は偽らざる本心です。
    どなたでも作ってもらったら楽だと思います。
    でも美味しくないんです……

    その不味いと言うことについてですが、娘も私が仕事を終えて買ってきた物を使いながらもなんとか用意した食事に対して、十数年不味そうな顔をして食べ続けてきたのです。
    「母親の作った食事が不味いです」というトピックスがあれば、これにも「作ってくれた人に感謝しなさい」「自分で作りなさい」というご意見が寄せられるのではないかと思います。

    私の老後のことは、子どもたちにできるだけ迷惑がかからないよう、住まいのことも金銭的なことも準備をしています。

    でもきっとその前に娘の出産や孫の世話がありますよね(ないかもしれませんが)。里帰りしたときに食事のことで文句を言われたり、孫にお菓子を与えただけで叱責されることは目に見えています。

    正直、成人後の面倒までは見たくないと思い始めています。なので老後に面倒を見てもらいたいという気持ちもありません。頑張って老後資金を貯めます。

    息子も夫もカレーや味噌汁くらいは作れますし、買ってきた惣菜にキャベツやレタスを添えるくらいのことはします。鍋の準備もできます。今はいろんな種類の鍋スープがありますから、それを選んで色々食べるのが楽しみです。
    食品スーパーにあれだけの種類の鍋スープの袋が並んでいるのですから、使っている人は多いと思います。ドレッシングもそうですよね。パスタソースなどもひと昔前に比べてうんと種類が増えました。それらを使うことが特別に悪いことには思えなくて……申し訳ありません。

    ユーザーID:4958652237

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 少しの我慢ですよ

    明るいところから暗いところに入ると、最初は真っ暗でしばらくすると光が見えますよね。これは、脳が、光が強いところではまぶしすぎないようにするために、光に対して鈍感になっていて、暗くなると敏感になるのだそうです。

    音に対しても、大きな音を聞き続けていると鈍感になって、小さな音は聞こえにくくなります。

    塩味、甘味、酸味、うま味も同じで、辛いもの、味の濃いものを食べ続けていると脳は鈍感になります。すると薄味のものは味がついていないと感じ、ましてや素材の味など全く感じることができないのでとても不味いと感じる。

    光や音はすぐに敏感になりますが、味は数日かかります。でも必ず敏感になって娘さんの味付けを美味しいと感じる日が来ます。不味いものというレッテルを貼ると脳が騙されて敏感になるための回路に鍵をかけてしまいますよ。少しの我慢です。ありがとうの気持ちで頑張ってください。

    ちなみに敏感舌の人でも、外食では脳が周りに注意を払う必要があるので鈍感になるようです。

    ユーザーID:1241646269

  • 作って貰う側なら文句は言わない(笑)

    娘さん、素敵ですね。

    しかも、トピ主さんの料理で育ってると、
    好みも味覚もトピ主さん寄りになりそうなのに、ヘルシーなものを作ってくれてる。

    確かに市販の味に慣れちゃうと「体に良い」味付けは物足りなくなりますが、
    作って貰っててそれはない(笑)

    しかも、味を変えちゃうのとかも、場合に依っては失礼ですよね。
    (今回は家族間なので、まあ。それでも作ってくれている人に敬意は感じられない。)

    だったらトピ主さんがまた夜ご飯当番になりましょう。

    「楽」を取るのか「好きな味」を取るのか。

    別にランチとかで好きなもの食べられてるならいいと思いますけど。

    因みに私の身内で、
    好きなだけお酒飲んで塩分取った生活を続け、病気になり、それこそ「ほぼ味気の無い食事」しか今は取れなくなっています。

    まあ、一生分の塩分を取り尽くした結果ですね。

    そういった意味でも、長く美味しいご飯を食べ続けたいなら、夜ご飯でバランス取ると考えれば良くないですか?

    ユーザーID:7054927046

  • まず理論武装しよう

    「体にいい」とか「薄味は健康志向」とか
    イメージだけで言っていませんか。
    本当にお嬢様の料理が「健康的」で市販の料理は「不健康」でしょうか。

    市販の食べ物でも十分に栄養バランスはとれます。
    味もプロが工夫して作ったものですから素人には太刀打ちできません。
    オリーブオイルで野菜を煮込んだ料理はアヒージョだと思いますが、それに白菜のミルフィーユ。
    流行りのおしゃれ料理を作っているだけで地に足の付いた健康料理には見えません。

    まずご自分とご主人の体調を把握しましょう。極端な食事療法が必要な状態なのですか。
    でなければ、ふつうに塩分は摂ったほうがいいです。
    息子さんがいるならなおさらです。

    息子さんの存在は大いに武器にすべきです。
    薄味すぎる料理は、逆に塩分不足をまねきます。危険です。
    多すぎるナトリウムはある程度は排出されますが、足りない場合、体内では生成できません。
    ナトリウムは血液濃度だけでなく、神経反応にも必須の重要な栄養です。必要量は絶対に摂らなくてはなりません。
    昼間汗をかいて塩分を失っているなら意識的に多く摂るべきです。
    オリーブオイルは良質な植物油ですが、撮りすぎはよくないです。アヒージョはそれこそ外食で、前菜で少量食べる料理であって
    家庭のメインディッシュには向きません。腸に負担がかかります。
    白菜のミルフィーユでは野菜が1種類しかとれません。

    「おいしいまずい」ではなく「からだにいいもの」を要求しましょう。
    良質のタンパク質は必須ですから肉も堂々と要求しましょう。
    オリーブオイルと米油を混ぜたもので唐揚げを作らせましょう。

    魚を焼いて、お味噌汁を作って、野菜の煮物を作って、
    そういう、本当に「体にいい」方向に誘導できるといいですね。

    ユーザーID:1790707198

  • ランチに好きなもの食べて、夕食は我慢する。

    家族の健康を考えたら、娘さんが作る料理で正解です。しかし、味が濃いものやカップ麺などが美味しいと思う気持ちもわかります。
    だから、朝食や昼食には好きなものを食べて、夕食には「健康食を食べている」と割り切って、娘さんが作る料理を食べてはいかがですか。味が薄くてあまり食が進まなくても、良いではありませんか。健康のためには、夕食は腹六〜七分目くらいでも良いと思います。
    夕食は、「健康食を、腹7分目に食べるミッション」だと思いましょう!そうやって、薄味の料理をとにかく一日に一食は食べ続けると、慣れてくると思います。
    塩分や添加物が多い食生活だと、今後、生活習慣病になるリスクが高まってしまいます。それだとトピ主さんも辛いでしょうし、子どもにも負担をかけてしまいます。
    娘さんは、家族の健康のためにも、手間暇を惜しまず料理をしてくれているのでしょう。素敵なお嬢さんですね。

    ユーザーID:9337846999

  • 1か月続けてみる

    2ヶ月入院したことがあります。
    最初の1ヵ月はとてもまずかったです。
    でも慣れてからはとても美味しく感じました。
    市販の物やインスタント物が薬臭くて
    食べられなくなりました。
    濃い味覚に慣れていると本当においしいもの、
    本当に体に良い物がわからなくなります。
    コンビニや惣菜は売れれば良いのです。
    コンビニやスーパーは
    購入する人の寿命は心配していません。
    お嬢さんはすばらしいと思います。
    休みの日には一緒に作ったらどうかなと思います。

    ユーザーID:4248765225

  • リクエストより言わないといけないことありますよ

    料理のリクエストより、娘さんに言わないといけないことありますよね?
    日頃の料理を感謝しつつ、一人暮らしなら自分の好きな料理を作ればいいけど、自分以外の人(家族)にも食べさせるなら、ある程度は相手に美味しいと思ってもらえる料理をつくらないとダメよ。
    料理に調味料で違う味付けにしたからといって、嫌な顔をするのは味覚の押しつけだから嫌な顔するのはやめなさい。
    彼氏に料理を作った時に、調味料で味変したら嫌な顔したら嫌われるよ。料理は、まずは相手の味覚に合わせて徐々に薄味にしていかないと上手くいかない場合があることは覚えておいたほうがいいよ。
    リクエストなんだけど、もう少しだけ味を濃くしてくれるか味変はには目をつぶって欲しい。
    て言わないと作った料理にリクエストするとキレる妻になる可能性ありかと、、、、

    ユーザーID:2204935481

  • 本当にまずいのですは

    娘さんの料理は本当にまずいのではないですか。

    最近と書かれていますが実際にどれぐらいの時間なのでしょうか。まだ料理の腕が発展途上なのかもしれません。

    とはいえ、皆さん指摘しているように味覚の違いの可能性のほうが高いように思います。

    提案としては、まず娘さんに「娘の料理はまずい。口に合わない」とはっきり宣言してください。

    その後、娘さんは自分の分だけ作る、家族の分はカレーとかから揚げとか一品だけつくってもらう、トピ主さんは自分で自分の分を作る。

    そうすれば、とぴ主さんも娘さんも自分の食べたいものを食べることができる、トピ主さんも娘さんの分は食事を作る作業が減りますよ。

    しかし娘さんも一体誰のために料理をしているのでしょうね。いくら薄味で健康的であろうとも、家族の口に合わない料理を出すのは、ずいぶん薄情ですね。

    ユーザーID:2838271051

  • 人間は1日あたり3グラムの塩で生きられる生物だそうです

    >最近娘が料理をしだしたのですが、これが不味いのです。

    強い刺激に慣れてしまって、繊細な味覚が無くなってますね。

    >料理の本を見て作っているようですが、健康志向なようで、味が薄くさみしい味です。

    私は古希に届いた男性ですが、薄味に慣れているので、外食とか市販の総菜は味が濃すぎて好きになれません。

    日本高血圧学会もWHOも減塩を推奨していて、WHOの推奨は1日の摂取量を5グラム以下だそうです。

    ユーザーID:0403204966

  • サイレントキラーに気を付けて

    40代後半、更年期で50代半ばまで大事な期間で心配。
    薄味は慣れです。徐々に減塩生活を始めることを勧めます。
    私還暦過ぎですが降圧剤も不要で骨密度も動脈硬化も問題なし。加齢は避けられないですが緩やかにはできるでしょう。
    日々の努力は必要だと考えています。かといって特別何かするのではなく生活習慣病予防を意識しながら生活する程度。
    健康寿命、フレイル予防も含めて食生活に気を付けるのは特段難しいことではありません。
    トピ主宅も10年20年30年後を考えて意識改革をしては?

    ユーザーID:2849623045

  • 健康診断、大丈夫?

    娘さんは、自分の家庭の食事が健康を害すると思ったから作ってくれるようになったんでしょうね。

    きっと、娘さんは大丈夫、けど、息子さんは既に濃い味に慣れてしまっているので将来結婚してよほど上手にリセットできないと成人病まっしぐらです。

    >聞き入れなかったら食卓を分けた方が良さそうですね。そして娘が就職したら一人暮らしさせようと思います。
    作ってもらって、ありがたいと言いつつ、この考えは本当にひどい。

    どうぞ、トピさん、ご主人は塩分・油分の多い食事で。
    健康を害しても、娘さんを頼らないでね。

    トピさんは食にもお子さんたちにも興味がなかったんですね。
    うちは、子どもたちが学校給食で「〜が美味しかった」とか苦手野菜でも「〜なら食べられた」とか言うと給食だよりを見たり学校HPの「本日の給食」の写真を見て参考にしました。中学生は「家族分の食事を作る」という宿題も出ましたから献立をたて、調理の手順などを話し合いましたよ。

    唐揚げ、お惣菜の唐揚げのことを指してますよね?
    食後にラーメン…ほんとに、トピさんの健康状態が心配になります。

    ユーザーID:4392652221

  • どっちも極端

     間をとってサラダは盛り付けまでにするとか折衷案が出来ると良いですね。

     家ではそれでやっています。揚げ物でも盛り付けまでです。

     自分はこの数年でLDLコレステロールが高くなってしまって、このまま投薬は嫌なので夏場から出来る事をしています。

     サラダはオリーブオイルを大さじ1程とポン酢を大さじ1で食べてます。他の家族はマヨネーズやら市販のドレッシングなどそれぞれです。

     揚げ物も自分は何も掛けませんが家族は中濃ソースを掛けています。

     何にしても折角作ってくれる人が少しでも報われるように。で、無ければいっそそれぞれで済ますのもアリだと思いますよ。夕飯だけなんだし。

    ユーザーID:0073505832

  • 素晴らしい娘さん

    立派な娘さんですね。トピ主さんは不健康で味の濃い市販のタレやドレッシング等になれており舌がマヒしているから娘さんの手抜きでは無い料理の味を物足りなく感じるのでしょう。味覚は慣れと言う面も有ります。ずっと娘さんの料理を食べ続ければトピ主さんの味覚も正常化するでしょう。サラダにしても上等な酢とオリーブオイルを掛ければ、市販のドレッシングなぞ掛けなくても十分、素材の野菜の味が楽しめます。それにしても素敵な娘さんをお持ちですね。

    ユーザーID:0836963658

  • そこまで言うなら

    そこまで市販の味が好きなら
    「作ってくれると楽なんです」とかおかしなことを言わずに娘さんが食事の支度を始める前に帰宅してくださいよ。子どもかと思いました→「口直しにカップラーメン」「不味い」「一日の終わりに自分で稼いだお金で好きなものを食べたい」

    3人とも娘さんの作ったご飯を食べているのに「不味い」と思われれているのは本当に気の毒です。おそらく娘さんが作っているのは一般的に美味しいと思うのですよ。市販のものは味も濃くて刺激的。私も好きですよ。既出ですが自分の味覚がおかしいから足させて欲しいと伝えるしかないと思います。

    娘さんが自分で作る気があってよかったです。でもねー、私は母に頼まれて作ったスパゲティーミートソースを「まずっ」と言われてから作らなくなりましたよ。赤ワインが入っていなかったんですけど、別に不味くはないし弟が気を使って「美味しいよ?」とお代わりしてくれたのが高校の時です。

    ユーザーID:4165063264

  • 料理教室

    トピ主さんも働いてるから料理が下手なのは仕方ないですが、その濃い味指向はどうにかしないともう若い時と違ってラーメンで喜んでる年じゃありませんよ。

    市販の味以前に、栄養とか健康をトピ主は考えてるんですか?

    娘の料理をちゃんと教えなかったのは母であり父でもある。
    しかしそれは忙しいから仕方なかったのかもしれない。
    ただ、娘さんも自己流でやってて料理はおいしくないかもしれない。ただこればかりは回数重ねて慣れるしかないことですが。

    もしくは自分で適当にアレンジしてしまってるからまずいのかもしれない。

    なので、月に数回位、トピ主と娘で料理教室いったら?
    トピ主は娘にちゃんと料理を教えてあげるスキルがないのですから、二人(息子さんとかも同行でも全然いい)で料理教室にいけば、薄味でもおいしいやり方を教えてもらえるかもしれません。
    娘さん一人でもいいです。だってトピ主は教える能力ないのですから。

    それにしても。
    >そのほうが手間が減って娘も楽だと思います。
    少なくともこんなのは自分の都合のいいだけの卑怯な言い方ですね。こんな言い方しないでくださいよ。

    まあトピ主のやり方になれば、娘は夕食作らなくなるでしょう。
    トピ主と家族で、子供の就職までは頑張って仕事から帰って自分で夕食を4人分作って下さい。

    ユーザーID:0324423008

  • なんかわかる

    義実家に行くと食べ慣れないものとか同じメニューでも味付けが違ったりするとあれ、と思います

    そんな感じなのかな

    料理本見て作っても味見した時ちょっと思ったら調味料足したりしますし。若い人は本の通りに作るけど、舌には慣らしが必要で、家族のために料理を作るということがまだ考えられない娘さんを責めるのは酷

    「不味い」はないですよ。せめて「口に合わない」でどうですか。そういう主様のデリカシーのなさと娘さんの相手のことより自分のこと的なお料理は似たようなレベル。

    私だったら初めてのメニューは口に合わないことも考慮して、いつも的なものと新作並べてだして反応みて次を考えますけど料理始めたばかりの娘さんにそれは無理ですものね。

    リクエストはいいと思いますよ。あと「こうした方がもっと好みだな」とか誘導してみたらどうですか。
    慣れ親しんだものは急には変えられないですよね、たとえ化学調味料ばりばりの濃い味としても

    娘さんも主様の料理下手と市販品で味音痴になっているのでは
    あと女性の好みと男性の好みもあるでしょうし

    まあ気長にやってみて下さい
    薄味になれるの時間かかるしもうちょっとガッツリ食べられるものとあっさり食べられるものの組み合わせだと嬉しいとリクエストで

    作ってくれるなんてすごくいい娘さんだと思いますしやる気削がないように感謝はバッチリ表現してくださいね!

    ユーザーID:3455884671

  • 娘さんも我慢していた?

    トピ主様は、これまで自分の食べたいものを食べたい味付けで 作って食べてこられたんですよね。

    もし、それが娘さんの舌にあってなかったと考えられたことありますか?

    お母様の味が好きならば 教えてとくるはずです。でも、来られず、他者のレシピを参考にしながら作られるのであれば、お母様の味が好みから外れていたということ、つまり15年以上は好みでないものを食べ続けさせられていた(今の主様、ご家族様の状況)可能性があります。

    食の好みは 環境もありますが、持って生まれたものもあるかもしれません。

    どちらか一方が作ると 誰かが 美味しいと思えない料理を食べることになることを考慮して、お互い一品づつ作るとか(この際は きちんと個別のお皿に盛って残さないとかルールを決めるとよいかもしれません)、交互に作るとか されてはどうでしょうか。

    娘さんも1人の人格、好みが違うのを受け入れてあげて、また 娘さんを受け入れれば、おのずと娘さんも家族の好みも受け入れをしてくれる時期が来ると思います。

    トピ主様のご家庭の食卓が ステキなものになりますように。

    ユーザーID:0747377741

  • 鬼母

    息子に不評なら息子に作らせれば?
    息子の舌はトピ主さんと同じ好みなんでしょう?

    ごはん作ってもらって味が気に入らないからさっさと追い出すって
    本当に冷たい人ですね。

    家に帰る前にコンビニでカップラーメンすすれば?

    ユーザーID:2205278950

  • 娘さん、

    気になる男性ができたのでしょう。
    さらにその男性から食事に関していろいろと言われたのでしょうね。

    ちなみに主様宅の食事マナーは最低とも言えますね。
    まぁ、家庭内で収まっているのなら良いですが外食先で同様の行為(調味料をドバドバかける)をなさっていたら品性が欠けています。

    また、同じように”味覚麻痺”になってると思います。
    40代後半ということはファストフード世代で味の濃い、脂っこい食事で育ったのでしょう。

    今のうちに直しておかないといずれ成人病で悩むことになると思います。

    ユーザーID:5722718896

  • 塩分計で測ってみる 息子も作る

    大手ヘルスメーター会社で、健康塩分計、塩分チェッカー、売っています。
    0.5%以下なら、娘さんの味付が薄すぎる、にらまないでよ、と言って堂々と食卓で調味料をかけていいかと思います。
    社会に出る時、未来のパートナーや子のためにも、0.7−1.0%を目安にすることを言ってみる。
    そして、娘さんの味付けに共感できるところを見付けてほめて、その上で
    助言。
    それでも頑なに超薄味を貫き、掛け醤油を拒むなら、それは間違っている、今後は娘一人分だけ作って自分だけで食べなさい、と言う。

    逆にトピ主さんがホッとする塩分が1.3%以上なら、味覚異常。
    娘さん以外の三人は医者に行って治療。

    そして一番重要なのは未来ある息子さん。
    未来のパートナーや子のためにも
    娘さんと一日交代で食事を作らせること。
    塩分計で測って0.7−1.0%にするように、と。
    夫婦が濃い味で体がどうなろうといいけど、
    息子さんにはその後の人生が有りますから。

    ユーザーID:6611621524

  • 小さい時から食べてきたもので味覚を知るから

    あなたが料理が得意じゃないなら味覚が育ってないのでしょう。

    うちの娘は料理にあまり関心がなかったですが、
    お母さんの美味しい料理の記憶があるから大丈夫よと言ってました。

    美味しいもの食べたかったら作るようになるからと。

    毎日の食によって教育された蓄積がないのだと思います。

    私もフルタイムで残業もこなしてきましたが買った総菜や
    冷凍食品は使った事がありません。

    美味しくないですから。

    混じり気のない素材を生かした料理の美味しさを知らない、
    本物の味が分からない味覚音痴になってるのだと思います。

    ユーザーID:0109259959

  • 娘さんは家政婦でも部下でもない

    2度めです。前回「食卓を一人と三人で分ければ?」と書きましたが、
    トピ主さんのレスで考えが変わりました。

    ここはトピ主さんと夫が「親」として娘さんに向き合うべきです。
    話し合って、互いの妥協点を探すんです。
    どちらかの主張を押しつけ合うのではなく。
    そもそも、トピ主さんのレスが非常に幼い、ワガママな印象です。
    娘さんはまだ未成年の子供であり、部下でも家政婦でもありません。

    >なんとか用意した食事に対して、十数年不味そうな顔をして食べ続けてきたのです。

    でも食べてはいたのでしょ・・・。
    自分のために食事内容を改善したいし働いている母親の手伝いにもなる、
    だからこそ「家族のためにも自分でつくろう」と考えたのでしょう。

    やっぱり良い娘さんだと思います(息子は何もしてないでしょ?)。

    相手は10代後半とはいえまだまだ子供です。未熟なのはしかたない。
    トピ主夫妻が親として彼女の心意気や好意を認めた上で、
    双方がうまくいくよう調整してあげてください。

    でも、トピ主さんのレスや表現を見ると、
    母子間のコミュニケーションは良くないようですね。というか娘が嫌い?

    ユーザーID:3386496738

  • 白菜のミルフィーユ鍋が不味いって…娘さん不憫。

    出来合いの濃い味付けが好き、化学調味料で味覚が慣らされてて、素材の味がわからないんですよね。アミノ酸、たんぱく加水分解物を食べつけてると。

    ドレッシングなんか、オリーブ油やごま油、リンゴ酢に黒酢やレモンやオレンジ、ニンニクや生姜、おろし玉ねぎやおろしニンジン、塩胡椒に醤油、蜂蜜、辛子やワサビ、ありものを気分で適当にチャカチャカ混ぜるだけで簡単だし十分美味しいのにねえ。

    娘さんは長年、親の提供してくれるご飯を、不満そうな素振りを見せながらも食べてくれていた。我慢していたんですよ。
    あなたはそれが我が家の味だったんだと思っていても、今娘さんが炊事を担当しており、あなたも継続を希望しているんでしょ。

    今度はあなたが我慢すれば。年齢的にもヘルシー志向は好ましいですよ。
    好きなものはランチで楽しめばいいじゃないですか。

    ユーザーID:5413027737

  • やり返しちゃいけない

    「その不味いと言うことについてですが、娘も私が仕事を終えて買ってきた物を使いながらもなんとか用意した食事に対して、十数年不味そうな顔をして食べ続けてきたのです。」

    のだから自分も同じことをしていいと思っているならそれは違いますよ。親なのですから。ただ、不味そうに食べるのはやめるよう伝え続たのか。そしてトピ主さんも作ってもらう側になったなら不味そうに食べるのをやめるべしと思いますよ。

    きっと娘さんも早く家を出たいと思っているでしょうから、そんなに今後を気にしなくても良いかもしれません。娘の出産等でも頼られないだろうし、あと少しの辛抱です。大学に行くならそこまでのお金を出してあげればいいと思います。

    市販や惣菜が全て悪いとおも思いません。楽ですもんね。ただ母の知り合いはそうした食生活で家族全員からだを悪くしたと聞いています。かといって全て手作りも大変。混在させるのが良いと思いますよ。ちなみにうちは子ども(小学生)がそう言うのが苦手で作らざるを得ないのですが、食べたいものは自分で作りたいと言うようになりました。いいぞ、このまま料理ができる男子になれと願っています。娘さんも頑張って。

    ユーザーID:1434691654

  • レス2読んだけど

    子供も私の料理をまずそうな顔で食べ続けてきたのだ…って、そこでだから私もまずいものはまずいと言いたいのだって話?
    貴方は親で、相手は娘です。
    そういう観点からちゃんと育てようとか考えないですか?
    料理云々より、娘と同じレベルで争うというトピ主の大人げなさに驚愕を禁じえません。

    正直娘さんより、その食生活の息子さんのほうが私は心配になりますけど。

    高校生で最近作り始めたごはんがまずいのは当たり前なんですけど。
    別にまずいのをまずいと指摘するのはいいですよ。ただどうしてどうまずいか言わないと。
    そこを導く気もないなら、もう食卓分けるしかないでしょうね。
    毎日トピ主が頑張って総菜を買って、鍋スープの鍋を煮たらいいのでは。

    まあトピ主はそんなに子供に興味もないんでしょうね。

    ユーザーID:0324423008

  • 親がダメだから子がしっかりしなくちゃ、となるパターン

    めちゃくちゃいい娘さんじゃないですか。
    トピ主は味覚オンチだし料理の面もさながら親としてだらしがない。恥ずかしいです。

    もう若くないのに食後にカップラーメン?市販の、脂質と化学調味料どっさりの物ばかり好むんですか〜?

    そんな親を見て娘さんが「私がちゃんとやらなきゃ」ってなったんじゃないですか?

    味については食べてればその内慣れます。
    薄味に慣れて下さい。
    成人病のリスクも下がるし問題ないでしょう。

    何が「もう限界です」って。笑わせないで。
    貴方の味覚と人格が非常識なだけですから、娘さんを手本にして生きていいくらいです。
    薄味料理を食べながら、立派な娘に育った事に感謝しつつ、ついでに恥というものを知って下さい。

    小町は結構長いこと見てるけど久々に心の底から呆れるトピック主でした。

    ユーザーID:9950554494

  • 幸せな悩み

    家族の手料理が毎日食べられるなんて、とても羨ましいです。でも味が合わないのも辛いですね。
    今度お嬢さんと一緒に料理し、2人で味見をし、相談しながら作ってみたらいかがでしょう?お嬢さんも家族に美味しいって言ってもらえたら嬉しいはずです。
    でも料理はセンスって聞いた事があります。お嬢さんも味付けセンス無さそうですが、頑張っているのですから、お母さんも協力して、美味しい料理の手助けをしてあげましょう。

    ユーザーID:9398885759

  • せめて「口に合わない」と書けないのか。

    >その不味いと言うことについてですが、娘も私が仕事を終えて買ってきた物を使いながらもなんとか用意した食事に対して、十数年不味そうな顔をして食べ続けてきたのです。

    トピ主さんは、「これは不味いなあ」と「これは私の口には合わないなあ」の違いを、表情で見分けられるのですか?
    トピ主さんは超能力者ですか?

    違いますよね。

    娘さんは確かにトピ主さんの作る食事が口に合わなかったのかもしれませんが「不味い食事」呼ばわりをしていないのに、親であるトピ主さんは、娘さんが作ってくれた物を、せめて、どうして『自分の口には合わない』『自分の好みではない』と書けないのだろうと残念に思います。

    ちなみに、親が未成年の子供に食事を用意するのは義務ですが(用意しなければ虐待です、犯罪です)、大人同士は違います。

    口に合わないのは仕方ないし、もっとこうして欲しい等の希望があるのはいいですが、最低限の礼節は必要かと思いますし、偉そうにできる立場ではないと思います。

    まあ、食べたい味の物を食べたいのは、分かります。
    酢豚や油淋鶏や青椒肉絲はどうやってもコッテリ味になるでしょうし、寿司や刺身も、醤油たっぷりで食べる等は可でしょう。
    工夫したらいかがですか。

    あとは、できればですが、味蕾(舌にある、味を感じる細胞)の再生スピードは早いので、1週間くらい、『塩分大幅カット食事』を続ければ、その後は、それこを白菜ミルフィーユ等の旨味を感じられる舌になるんじゃないかと思うのですが、1週間でも、塩分大幅カット食事は耐えられないでしょうかね。

    魚の旨味、肉の旨味、野菜の旨味、ちゃんと感じられた方が、今後の人生、食の楽しみが増すと思うのですが。

    ユーザーID:3532756883

  • 文句はいかんよ、工夫して美味しくしましょうよ

    二度目です。
    作って欲しいけど不味いから私好みにして、では相手に対して大変失礼だと思います。

    手料理が「寂しい感じ」なのは旨味と脂分が足りないのかなと思うのですが、違いますか。
    食材を良い物にすると素材の旨味があるので味付けは少しで足ります。
    (少々お高くても良い店を見つけると良いです)
    適度な脂分もあるとなお良いです。
    脂身がある肉を選んだり、サラダにはハムやチーズや質の良いオイルを足すなど。

    安い食材を使うなら旨味調味料(だしの素など)を足すことと、一手間かける(漬けダレに漬けたり、餃子やフライなどにする)、が良いですよ。
    まだ難しいかも知れませんが。

    お手本にする本も、「男の料理」のようなボリュームがありそうな物を選ぶことは出来ませんか。

    作って欲しいけど料理の技術や工夫には興味なし、ならば黙って有難く食べる以外にないと思います。

    ユーザーID:7988671801

  • 濃い味で麻痺

    >食後に口直しにとカップラーメンや食べるとこれまた睨まれます。
    食後の口直しにカップラーメン?!?! 太りませんか?

    >市販のタレや材料を混ぜるだけで出来上がるものなど
    トピ主、市販のタレとか普段から濃い味のものばかり食べてて
    化学調味料が使われてないと物足りないんじゃないですか?

    私はレトルト食品とか市販のタレは使いません
    パスタソースも、鍋のタレも使いません
    ドレッシングは旦那が好きだから使うし、確かに楽だけど
    私は嫌いです

    ユーザーID:0303170797

  • レスします

    >娘の作った白菜と豚肉を層にしてコンソメで煮たものとか、オリーブ油で色々な野菜を煮込んだものとか、凝ってるな、
    え、凝ってなくない?
    白菜と豚バラのは楽チン料理として紹介される手抜き料理の代表だし。
    後者はアヒージョのこと?
    あれも煮込むだけたら何にも凝ってないし。

    まあ、それだけ文句でもいうなら料理教室に行かせれば?

    ユーザーID:4556466551

  • なら自分でつくりなよ

    自分じゃやらないくせにいちゃもんつけるのはどうかと思うけど

    てを出さないなら口も出さないが基本でしょ

    不満なら自分で料理やりなさい

    ユーザーID:7685612327

  • お嬢さんの気持ちを考えてください

    お嬢さんの料理が美味しいのかそうで無いのか、食べたことがないのでわかりませんが、家族のために料理してくれるなんて、素晴らしいお嬢さんですよ。
    そこは、絶対忘れちゃいけないところです。彼女のやる気を削がないでください。

    ミルフィーユ鍋が不味かった?
    主さんの言うところの不味いって、薄味と同意義に使っていませんか?
    例えばハンバーグなら、ハンバーグそのものはいいけれど、ソースが薄いとか、きんぴらゴボウ、きちんと切ってあって火もきちんと通っているけれど、最後の味付けが薄いとか。
    本を見ながら作っていれば、極端に薄いと言うことはないはず。もしかして、大さじと小さじを間違えて使っていることはありませんか?

    あとは、外食に連れ出してみてはいかがですか?ただ、外食は味が濃いめですからお気をつけて。

    食卓を分けるなんて事はして欲しくないです。同じ時間に食べるのに、別々なんて、家族じゃないみたいです。親から言い出すなんて。
    なんとか落とし所を見つけて欲しいです。

    ユーザーID:4912255942

  • 同情します

    寮に泊まり込みの研修にて、寮の食事が本当にマズくて、
    毎日売店で菓子パンを買って食べてました。調理パンは売ってません。

    2週間の研修でしたが、それはもう苦痛で苦痛で・・・

    食事が不味いのは本当につらいです。

    2週間であれだけの苦痛だったから、
    トピ主さんの苦行は相当なものだと思います。

    同情します。

    ユーザーID:0038509334

  • トピ主が

    今まできちんと料理をしてこなかったから、娘さんも調理のコツがよくわかってないし、味付けが下手なんです。
    味見をしてもおいしいのかどうか、どうすればより美味しくできるのか正直よくわからないんだと思います。

    出来合いやレトルトに舌が慣らされてしまってるんですね
    私は市販のドレッシングや合わせ調味料のわざとらしい甘味、不自然なとろみ、化学調味料の味が気持ち悪いです。出来合いの揚げ物は油の臭みが衣に染み込んでいてやっぱり気持ち悪くなります。夏場は特に傷みにくくするための塩分糖分が強いですね。

    不味いと表現するのはちょっと違うと思います、繊細な味が感じられないということだと思います。
    体というのは食べ物からできているんですよ、出来合いやレトルト中心の食に娘さんは疑問を持つようになったわけです、「不味い」と一刀両断して拒否するだけでなく、食について考える機会だと思って、娘さんと「味付け」について一緒に取り組んだらどうでしょう。

    ユーザーID:0011249989

  • トピ主さんが添加物の味に慣れてしまっているだけでは?

    味覚音痴なのはトピ主さんではないですか?
    添加物は塩分多いし
    お味噌汁もインスタント出汁よね?
    そういう人がダシから作る味噌汁飲むと
    薄い物足りないと思うそうです。

    そしてあなたはずっと食事を娘が不味そうに食べていたと書いてますが
    メインは買ってきたものですよね?
    >買ってきたメインのおかず、作ったみそ汁、おひたし
    いつも買ってきたお惣菜のおかずって、娘さんは辛かったでしょうね。

    ユーザーID:3985068838

  • 料理教室に行ってもらう

    このままでは本当に困るので
    料理教室に行かせたら?

    もしくはトピ主さんが行って
    一緒に作る。

    私も行きましたが
    本当に工夫されていますよ。

    ユーザーID:1587255793

  • 計量スプーン

    3本組の計量スプーンで、小さじを間違えていたりはしないでしょうか。

    多くの3本組は、2.5cc・5cc・15ccですね。
    料理に縁の無かった夫は、2.5ccを小さじだと勘違いして肉じゃがを作りました。バランスはいいけれど、味がとても薄くて食べづらいお料理になりました。

    「白菜と薄切り肉の重ね煮」のコンソメや「野菜のオイル煮」の塩を、2.5ccスプーンで計っていたら、誰にとっても食べづらい味になりそうです。

    まずないかも知れませんが、気になったので。
    もしそうなら、皆で笑っちゃえば平和だし。

    ユーザーID:5535171527

  • つまりこういうこと?

    私は娘さんに同情しながらレスを読んでいますが
    トピ主応援のご意見でわかったことは、つまりは
    トピ主は味の「ジャイアンリサイタル」にさらされているという理解なんですね。

    本当の音痴は自覚がなく、自分の歌を人に聞かせたがる。
    それと同じことがトピ主家庭で日々起こっていて、しかも食という避けられない事柄なのでなおさら深刻である、と。

    しかし以下3点が疑問なのです。

    ・音痴は客観的に計れるが味覚は主観。トピの場合はトピ主(と息子)の方が味覚音痴である可能性が高い。
    ・ジャイアンリサイタルは究極の自己満だが、トピ主自身が料理当番に娘を当てにしていることから娘さんの自己満とは決めつけられない。
    ・娘の方が生まれてから今まで母親の味のジャイアンリサイタルにさらされてきたのでは。

    トピ主さんは自分が譲歩する気はないようなので、
    解決策としては
    トピ主が一週間分の献立を考え、
    ネット通販などで好みのインスタント食品や市販ドレッシングを大量に購入ストック。
    月曜日→ ◯メーカーのカレールーを使ったカレー。
    サラダには△社のドレッシング用意。
    火曜日→ ×スーパーの惣菜コロッケ。スープは◎食品のインスタントスープ。
    ・・・と表にして「キッチンに用意してあるもののみ使用し、指定のスーパー惣菜のみ購入のこと」と申し渡す。
    これなら娘さんが料理当番でもオリジナリティが入る余地はなくなります。

    でも、本当の問題はあなたが娘さんの料理を一方的に「ジャイアンリサイタル」と見なし、迷惑としか思っていないこと
    なぜ娘さんが手料理にこだわるのか、母親の用意した食事をまずいと思うのか想像しないこと。
    それどころか娘に歩みよるくらいなら関係が希薄な方がまだましとまで考えていること。

    そこまでなるのに何があったんだろうと思いつつ、なんとも残念な家庭だなと
    やはり私はまだ十代の娘さんに同情します。

    ユーザーID:3480805376

  • 本当は健康的な薄味で料理上手なんじゃないでしょうか

    私は比較的家族のために毎日手作りしており、塩分もそれなりに工夫して出汁を多くしたりして控える食事にしております。ですので安いお店で外食すると味が濃いなと感じますし、夫も子供も家の味がホッとするし美味しいといいます。
    高級なお店では結構素材の味を活かした薄味のものも多く、口にあうものも多いのですが。

    なので私からすると、お嬢様結構舌が繊細で料理上手な素質を十分にもってらして、単純に惣菜や安い出来合いものに舌がなれてしまっている他のご家族がどちらかというと基準がおかしくなっているのでは?とお見受けします。

    貴女があげられているようなお嬢様の料理は私も作ります。
    なんというかお嬢様は早く一人暮らしして、健康的な食生活をしてもらい、ご自分で健康的な食事を提供出来るご家族を作られるのが一番幸せではないかなと思います。

    因みに私自身も料理上手で健康に気遣う母親に育てられましたので、よくその環境でお嬢様がそのように頑張ろうと思えるようになったなと感心します。

    ユーザーID:9713363561

  • レスします

    想像ですけど、皆さんが総菜の濃い味つけに慣れてしまったのではないでしょうか。娘さんの作るいわゆる薄味は、本当の味付けってことはないでしょうか。
    一年くらい食べ続けると舌も慣れて、おいしいと思えるかもしれません。

    ユーザーID:5559655115

  • レシピでリクエストしては?

    市販の惣菜が口に合うのでしたら、それに近いレシピ本などで「これ作って欲しいな」とリクエストしてみるのはどうですか?

    男性受けがいい味付けで、市販品に近い感じなら、最近人気あるリュウジさんのレシピとかよさそうです。
    Twitterでもたくさんレシピ紹介されていますよ。

    それと、もし作ってくれた料理が美味しいことがあったら、美味しい美味しいと褒めまくって喜んでみせる。

    娘さん、今は自分のこだわりで料理を作るのが楽しいんだと思いますけど、そのうち家族が喜ぶ料理を作る楽しさにもハマってくれたらいいですね。

    ユーザーID:2522661195

  • 広い目も温かい思いやりも何もないんですね

    最近料理を作り始めた高校生のお嬢さんの料理がそんなおいしいわけがないでしょう。

    そして、姑の料理とか嫁の料理とかいうならまだしも、娘の料理となれば教えるのはあなたと夫の責任ですよ。まずいなら親の教育のせいです。
    トピ主は食育って考えた事ないんですね。

    まるで他人事みたいに言ってるのは何なんだ?

    トピ主はまずいなら食事を分けるしかないわね〜とかできますよ。大人ですもの。
    でも娘さんは子供のころ、当たり前ですがそんな選択肢はなかったんです。
    それを同列にして娘だって嫌そうな顔をして食べていたとかよくそういう事が言えますね。
    そして娘はまずそうな顔をしても食べ続けたのでしょう。ならトピ主もまずくても食べ続けなさいよ。

    子供のころから、トピ主さんはこういうの食べたいとかそういう事は言われなかったのですか?
    それに応じてなんかしてあげたりとかしなかったのですか?

    レトルトの料理は口にあう人もいますし、濃すぎて合わないという人もいます。
    合わないのはどちらが悪いかは不明ですが、まずいレトルトや総菜は本当にまずいです。
    塩分がどうしても必要ならちゃんとそこを指摘しなさいよ。ただまずいってだけで調味料を足してないで、どこがどういう風におかしいかとか、どうしたらおいしいかを学べるように教室に行かせてあげるとかちゃんと導きなさいよ。

    それもいやならせめて成人するまではちゃんとトピ主や娘の料理をまずいと評する家族が料理しなさい。
    でもレトルトがつらい子供にはきつい食卓でしょうね。私も市販のレトルトは本当にきついですね。
    唐揚げやカレーなんて毎日食べられない。ラーメンなんてトピ主が食べたら脂肪になるだけです

    ユーザーID:2223718078

  • 半分羨ましい

    我が家にもそういう食事作ってくれる娘がいたらなあと思います。
    ただ、今日の昼食は1人という事もあり、
    丼に味の付いたインスタントラーメンを入れて、卵
    ポトンと落としてお湯をかけて待つ、あれにしました。
    時々食べたくなります。
    でも、我が家は高血圧夫婦なので薄味にしています。慣れですよ。
    外で買うものは味が濃いですね。私の友人が私以上にそれに敏感です。
    40代後半ともなれば、そろそろ食事のバランスを考えた方が
    いいのを娘さんがやって下さる。何て果報者!昼に少し
    無茶すればストレス発散になります。夜はデトックスと
    思って下さい。10代独身で料理に目覚める心意気を買ってあげて下さいね。

    ユーザーID:1726558122

  • 仕様が無い

    娘さんの料理が美味しくないのは、仕方ない、です。

    味覚は、食べて来たもので養われるもの、
    美味しいものを食べて育っていないから、仕様が無いです。

    正直な話、娘さんが可愛そうです。
    母親の食感覚は、一生を左右します。

    料理の反面教師を得て、
    娘さんは、料理の技を磨こうとしているのだと思います。
    それはそれで、いいことです。
    いずれ彼女の財産になりますよ。

    食事を分かればいい、だけなのでは?
    3人分の食事は、家政婦さんにまとめて作ってもらうとか。

    ユーザーID:4894485702

  • あなたの方がおかしいな

    きちんと料理した事のないあなたには、娘さんの料理をけなす資格はないですよ

    私もフルタイムで働いてるけど、私はちゃんと栄養の事を考えて作ってますよ
    毎日スーパーの惣菜ばっかり買って、手抜きしてたんでしょ?
    味つけだって濃いものばっかり食べてて、体に悪いし

    娘さんの方が料理上手ですよ

    きっと、あなたの手抜きを反面教師にしてるんでしょうね

    ユーザーID:7727800521

  • 先ず基礎が大事。と理解できる お嬢様ならいいよね。

    「普段は節約家」さんに爆笑する位、同意しました。

    >本当に不味いのではないでしょうか?
    って ところ。

    国立大医学部生の長女、健康にも関心あり料理にも関心ありです。料理も美味しいですよ〜。

    実家も我が家も共働きなので11歳辺りから基本の料理はつくっていたというのもあります(長身家系で150cm到達があって)が、私の祖母からの食育が響いているのかも。

    子供時代、夏休みに料理屋の母の実家に預けられると、基礎の基本料理から教えてもらえたのですが、この辺、手を抜いてもいいのでは? 醤油いれたら野菜も黒ずむし、焦げちゃうし〜
    10歳位だから手を抜きまくり…

    手抜き薄味を身体にいいから、と誤魔化した私に、祖母曰く
     この前 桜子ちゃんとピカソ観にいったよね(絵画好きで3回位…うち1回は祖母と)。ピカソが美術学校入学した時は写真の様な完璧な絵を描いていた。だからこそ あんなに素晴らしい絵が描けたの〜なんだら こんだら。

    まあ 基礎、基本料理ができてこその 体にいい料理ですよね。
    以前、知人の奥様(中国人)から薬膳料理を教わっていた(とても美味しい)のですが奥様、中華料理なんかもプロの味。

    長男は茶碗蒸しに凝る(何十種の茶碗蒸しレシピ)15歳で本職(祖母宅の)にも褒められ 多分 本気で医者になるか料理人になるか考えていたかも。
    末っ子はパティシエ志望→仏語習っています。

    基本なくして いきなり健康料理の薄味(?)という味が無い料理って...ベテラン主婦がつくる健康モノじゃなく 不味いだろうなあと 確かに想像できます。

    まあ お嬢様が和食洋食中華の基礎100メニュー
    (大体3か月位はメニュー重ならないで)完璧につくれるって
    いうなら トピ主が反省するべきでしょうが、
    多分 本当に不味いでしょうね。
    10代半ばの息子でもできるよ。本みてなら。 

    ユーザーID:4044650259

  • 一言

    弟にも料理を作らせてあげなさい。

    自分の食べる物位何とか出来ないと自立した時に困るのは本人です。

    で、姉と弟を食べ比べして、姉の料理に足りないものは何か「自分で理解させる」こと。

    でもおねえちゃんのやる気を削ぐような(弟をえこひいきする)事は言わないこと。

    ユーザーID:6652106157

  • むかしむかし、女性役員がいまして

    むかしむかし私がOLだったころ、女性役員がいまして
    「あの店まずい」「この店おいしくない」
    と、口うるさい。
    さすがセレブ、グルメなんだと思っていた。

    ある日彼女が珍しく、「これおいしい、すっごくおいしい」というものだから味見してみたら、塩辛いのなんの。
    グルメでなくて味音痴だった!!!!

    という思い出があります。

    きっと娘さんの料理、栄養バランスよくて、おいしいんだろうな。

    ユーザーID:9624997011

  • トピ主です。皆様ご意見ありがとうございます。

    皆様、引き続きご意見ありがとうございます。

    今日娘と話をしまして、「申し訳ないけれど、私たちが食べやすいように少し味を濃くしてくれるか、自分たちで調味料を足すときに嫌かもしれないけれど許してほしい。あと、知っているとは思うけれど、カレーとか、唐揚げとか、子どもぽいメニューが好きなので、良かったらたまに作ってくれたら嬉しい」と私が申しましたら。「不味いってことだよね?」と娘に言われ、「食事を作ってくれるのは本当に助かるし、ありがたい」と伝えました。
    娘から「口に合わない物を出してごめんなさい、分かってはいたけれど」と謝罪の言葉がありました。続けて「自分としてはかなり譲歩していたつもりだったから、カレーとかちょっと難しい。そういうのが嫌だったから作ってたんだけど」とも言われました。
    「じゃあ、これからは前みたいにお母さんが食事を用意するから」と言いましたら、「自分の分はまとめて作って冷凍しておいていい?」と聞かれましたので、駄目とも言えませんのでいいと言いました。
    「悪いのだけれど、材料費をください」と言われて幾らか渡しました。

    買い物から帰ってきた娘は、玄米と麦のごはんを炊き、一食分ずつに分けて冷凍していました。野菜も切ってジッパー付きの袋に入れて冷凍。葉物野菜を大量に茹で、小分けにして冷凍、こんにゃくを煮しめ、豆を水に浸し、出汁を取り・・・とやっていました。
    今日の娘の夕食は玄米と麦のごはん、おひたし、煮しめたこんにゃく、根菜類の味噌汁、めざし、でした。
    それを見て、今までの献立がかなりこちらに譲ってくれていたのだと良く分かりました。
    健康にいいのでしょうし、ここまで調べて作れるのは立派だと思います。保温鍋を使わせてと言っていたのでおそらく豆でしょう。明日からは豆も献立に登場するはずです。

    ユーザーID:4958652237

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • まだ始めたばかりですから・・・ってところでしょうか

    こんにちは。毎日お仕事、お疲れ様です。

    私の場合、学校栄養士しています。給食用のサラダですが、酢の物やドレッシングは基本的に手作りです。
    食材やドレッシングの他の調味料との相性を考えつつ、リンゴ酢、米酢、穀物酢、ワインビネガーを使い分けます。それでも、黒酢は殆ど使いません。あれは、使いこなすのが難しいからです。
    酢の物や、和え物も、だしを取って入れることがあります。旨味がないと食べにくいため、削り節をサラダに使うこともあります。それでも、野菜料理は残ることが多いです。

    身体によいものと、健康には悪いけれど、好きなものは別だということが多いです。それを組み合わせての料理かな、と思います。
    から揚げも麻婆豆腐も、市販の調味料を組み合わせて作ることができます。〇〇のタレは必要ないです。ただ、一般家庭だと、その調味料をいろいろと揃えると、かえって高くつくので、使わないことが多いですが。

    ところで、娘さんは作った料理をおいしいと思って食べているのでしょうか?味覚の閾値は、若い人の方が薄味でも大丈夫なことが多いです。
    娘さんは、家族の健康のことを考えて一生懸命作っているのです。口直しのカップ麺は小さいものにして(ハーフサイズのものとか)、徐々に頻度を下げるしかないです。
    ともあれ、不味いといって食べないのは、小学生以下のマナー違反だと思います。娘さんがお気の毒です。

    ユーザーID:0223498439

  • まだ10代でしょう?

    トピ文だと娘さんの味付けは「薄い」だけですけど
    実際のところ分からないですよね

    これから恋人ができたりしてく中で味も変わってくるかもしれないし…
    料理は何ひとつ教えてあげないのでしょうか?
    こうしてみたら?などアドバイスもしないんですか?

    何だか他人行儀な親子感覚で少しびっくりです

    10代のうちにお料理始めるのだから料理に興味があるんでしょう?
    これから上達されると思います
    その心意気だけでも褒めてあげるべきかと思うんです

    ユーザーID:1503258823

  • トピ主です。続きです。

    私たちの夕食は鍋でした。市販の鍋スープを使い、豚肉と野菜を沢山入れて食べました。おいしいし、野菜も沢山とれるこの食事がそれほど悪いとも思えずにいます。

    娘の作る食事は極端なように思います。お好きな方には申し訳ありませんが、世間一般的な感覚から外れているように思います。少なくとも私はあの食事を夕食に食べたいとは思いません。

    そう思うと、先日まで娘がこちらに譲歩して作っていた献立が良い落とし所だったのかもしれません。しかし、それが娘が本当に食べたいものでもなかったことを知り、なんとも言えない気持ちになっています。

    「塩分や化学調味料を気にしていたんでしょ」と私が聞くと「それは別に。コンソメとか使ってたし。」との返答で、単にこれくらいなら作れそうだし自分も食べられそうと思った洋風の料理を作っていたとのことでした。娘は「食べたことのない、興味のない献立だったから不味かったかも、でも不味いと思われてるなって思うと腹立って・・・ごめんね」とも。

    娘は「自分の分だけ作ればいいのは楽だ」と喜んでいました。玄米や麦、豆は憧れだったそうです。

    娘が譲歩して作っていた献立の本を自分で作ってみて検証する必要があると感じました。
    娘はもう食事に関しては自立してしまいました。結果としては良かったと思うことにします。

    ユーザーID:4958652237

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 今のところ、市販品を使ってはいけないと言うレスは無いはず

    市販品の利用自体は、悪い事では無いと思いますし、トピ主様に『市販品を利用するな』と言っているレスも、今のところ無いはずです。

    しかし、最近料理を始めたばかりの娘さんに

    『買った物を使いなさい、その方が楽なんだから』

    と言うのは、例えば算数で九九を覚えようとしている子供に、

    『電卓を使いなさい、その方が楽なんだから』

    と、言う様な物では無いでしょうか?

    確かに電卓を使えば楽に結果は得られますが、『九九を覚える』事は出来ないです。

    料理を始めたばかりの娘さんは、現在基礎を学習しているところだと思います。

    家族各人に併せて自分の好まない味付けに調整出来るまでには、経験と、両者の協調が必要不可欠です。

    料理を食べて、ただ『不味い』と切り捨てては、以降の変化は望めません。

    もっと具体的な方向性(もっと甘い方がいい、辛すぎる、ニンニクは好きじゃ無い等々)を示せば、次の変化、成長につながるのではないでしょうか。

    小学校の教科書に出てくる『フレンチドレッシング』、我が家では家族の好みにより配合比率が変わります。

    酸味が好きな私は
    サラダ油1対酢3の配合比率

    酸味が苦手な弟は
    サラダ油2対酢1の配合比率

    ドレッシング瓶を取り違えると、双方悲惨です。

    しかし、好みの問題なので、どちらが正しい訳でもありません。


    作って、食べて、調整して、また作って。

    トピ主様の食卓も、両者歩み寄り、時間をかける事が必要不可欠だと思います。

    ユーザーID:9289579062

  • 健康云々

    健康云々というレスがやたら多いですが、いくら健康的だとしても不味い料理を無理に食べることもストレスになって健康とは言えないです。
    何事もほどほどに、が一番ですよ。
    曜日を決めて娘さんに健康的な料理を作ってもらったら?
    うちも共働きなんですが、家族全員で曜日を決めて料理してます。大学生の娘の料理は確かに健康的。高校生の息子は市販の焼肉のタレ使いまくってますし、夫は中食買ってくることが多い。私はごくごく普通の家庭料理。
    誰も文句は言いません。

    ユーザーID:1122488080

  • お母さんひどいなー!

    料理を始めたばかりの娘さんが作ったものを不味い不味いって。
    普通にアドバイスすればいいんじゃないですか?
    適切なアドバイスができないからここでぐちゃぐちゃ言ってるんですよね。
    忙しくて料理する時間がないのは仕方がないですが買ってきた惣菜を味の基準にしているなら、それは駄目です!
    濃い味で脂っこいものが好きなんでしょうねえ、口直しにカップ麺って。
    味もそうですが量的にも脂的にも大丈夫ですか!?
    若者じゃあるまいし。
    何年か後には必ずアウト判定の数値が出ると思います。
    と言っても、ガサガサしていて言いたいことばかり言う主さんには響かないでしょうね。
    体のためにと作ってくれたものも嫌々食べていては毒にしかなりません。
    娘さんには自分の分だけ作ってもらいましょう。

    ユーザーID:7983908663

  • 作るだけ偉い

    白菜と豚肉のミルフィーユ煮ですね?あれ、美味しいですよね。
    コクを出すには、洋風なら白ワインを少し、和風出汁ならお酒を少し入れます。塩で濃い味付けは駄目ですよ。
    弟さんの方に、チラっと教えましょう。

    ユーザーID:9082635283

  • お嬢さんを応援してあげて!

    私は海外在住ですが、一年に一度、帰国します。
    帰国時には数週間滞在し、自炊したり、外食したりですが、
    最近、日本の食べ物の味付けがとても濃くなってきていると感じます。

    確かに日本のスーパーに行けば何でも揃いますが、
    表示を見て、添加物の多さにびっくり。

    添加物は私の住んでいる国でも多いと思いますが、
    でも有機や天然の食材も日本より簡単に手に入り、選択肢も多いです。

    お惣菜は甘すぎたり、辛すぎたり、油の質が悪かったりで、
    あまり食べたくありません。

    トピ主さんやご主人、息子さんは、長年食べてきたお惣菜や、
    市販のドレッシングやソースの味に慣れてしまい、
    食材そのものを味わえないのだと思います。

    また、お嬢さんの作った食事がまずいというのは、トピ主さんの食育の結果なのでは?

    いつもおいしいものを食べている人は大抵、お料理も上手です。

    トピ主さんがお料理があまり得意でないならば、
    たまには、少し高級なレストランなどに、連れて行ってあげては如何でしょう?

    それともお料理教室に行く費用を負担してあげるとか?

    お嬢さんは、自分なりに健康的な食事を作ろうと努力しているのです。

    しょっちゅうファストフードを食べて疑問に思わない同世代の若者と比べ、
    毎日家族に夕食を作ってくれるなんて、素晴らしいと思います。

    頭からお嬢さんの作った料理を否定するのではなく、
    彼女がもっとおいしい食事を作るにはどうしたらいいかと、
    前向きに取り組めるよう、応援してあげてください。

    ユーザーID:0538983029

  • 基本を習う

    下ごしらえが上手く出来ていないので、素材から水分が出たりして味がぼんやりしてしまうのかな。基本を教えてくれる料理教室に行かせてあげてはどうでしょうか。

    ユーザーID:7419371854

  • 食事の時間じゃない時に

    「最近仕事が忙しくて体力が持たないなぁ。ガツンとした物が食べたいなぁ。。」と、娘さんに聞こえるように言ってみてはどうですか?
    でも、あくまでも、さりげなく、嫌味なく、食事の時間じゃない時にです!
    「俺もここ数日…」と同調してくれる味方がいればなお良し。
    で、もしお望み通りの一品が食卓に並んだら、めちゃくちゃ褒める!!

    健康を気遣ってくれて料理をしてくれるなんて、年頃の女の子には普通あまり出来ない事だと思いますよ。とっても素敵なお嬢さんだと思うので、不満はあっても気持ちには感謝してくださいね。

    ユーザーID:2716549126

  • 舌の記憶

    料理が上手いかどうかは、レシピを忠実に再現することよりも美味しいものを食べて舌にそれを覚え込ませる、記憶が大事だと思います。
    私は単身赴任中にほとんど自炊の生活を送りましたが、サラリーマンは普段も接待や外食の機会が多く舌が肥えるもの、レシピがなくとも舌の記憶を頼りに見様見真似でそこそこのメニューをこなせるようになりました。単身赴任を終えて家庭に戻っても時には自分でそれを食べたくなり実践しますが、妻や娘からは美味しいと有難がられています。
    娘さんの問題は味覚が開拓されていないからではないですか。外食の機会はありますか。
    料理の腕を上げさせたいと思えば美味しいものを食べさせ舌の記憶を豊かにすることです。

    ユーザーID:9952463433

  • ゾッとするなあ。。。

    トピ主さんの娘さんへの心無さにゾッとします。

    娘さんの、家族への気持ちが通じない無念さに涙が出そうです。
    料理がうまい不味いという話ではないですよ。

    ユーザーID:7715036388

  • 相手はまだ子供なんです

    本見れば料理が作れるはずというのはまず基礎があってこそです。
    調味料入れるタイミングとか、本だけでわかる人はもともと多少の素養はあるでしょうが、まだ料理に取り組み始めた子には厳しそう。

    トピ主の味覚はわかりませんが。
    本当に娘の料理がまずいとして、一部の人の、それを読んで爆笑するセンスてわかりません。何が笑うところなのですか?
    経験値がなきゃなかなか上手くもなりませんよ。まずいならそれは親の怠慢に所以するわけで。

    自分で理解させろとか言うのも、まず火加減、野菜を入れるタイミング、色がどれぐらい変わったらどうするか。そういうのはまず教えてあげる、また経験を積むとかしないと無理です。

    娘が自分の都合だけで好きな料理を作るなんて横暴、支配という人もいますが、インスタントが好きじゃない人にとってもそれは同じで、子供は稼げないし学ぶ事も自分だけじゃ無理。

    献立の指定とか日替わりならともかく、日々食卓を分けるというなら、娘さん分の食費は与え、ちゃんと料理を教えてからです。
    相手はトピ主が導くべき子供なんですよ。

    レトルトが悪いというより、トピ主の方針が変。教えもせず都合いい料理を出すなんて子供に期待するなと。また子供も健康的な食事する権利は阻害しないで。
    食事の後ラーメンなんて。中年ならそれ直さないと。

    あとトピ主は自分のされる介護だけ考えてるみたいですが、夫が倒れた時も娘の手は借りないですね?

    ユーザーID:3887712995

  • 娘さんに食事を作らせない

    何故、娘さんが食事を作っているのでしょうか?
    大学生でバイトしているにせよ、学生の娘さんが自分のお金で勝手に家族全員の食事を作ると言うのは考えにくいのですが。

    親が家族の食費を渡して頼んでいる。
    または、娘さんに後から請求されて渡している、要するに形はどうであれトピ主夫婦からの依頼で娘さんが作っている状態だと思うのですけど。

    これからも娘さんに食事を作って欲しいなら、文句を言わずに黙って食えと思います。
    自分が折角作ったものに文句を言われたり、調味料ガンガンかけられたりしたら、気分が悪くなるのは理解出来ます。
    まあ、その内言っても無駄だから好きにしろって境地になるかも知れませんが。
    家族が調味料をドバドバかける人ばかりだから、予め味を薄めにしておくって人もいますし。

    >聞き入れなかったら食卓を分けた方が良さそう
    メニュー関係ないでしょう。
    どの料理を作っても薄味なんじゃないですか?
    娘の作る料理が気に食わないなら自分で作る、或いは娘に言って娘自身の分だけ作って他の家族の分は作らなくていいと言うかの二択ではないでしょうか?

    そもそも、娘さんは何で料理を作り始めたのですか?
    どうも、親が出す食事は味が濃すぎて健康を害すると思っての事ではないかと感じるのですが。
    トピ主さんの言う、楽でおいしい物は娘さんからすると、味が濃くて健康に悪いだけの物なんじゃないですか?

    >孫にお菓子を与えただけで〜
    これは娘さんの料理の味関係なく、親に黙って勝手にやっちゃいけないでしょう。
    食に無頓着っぽいトピ主さんに対して、気にする感じの娘さん。
    アレルギーがあったら大変ですし、子供の栄養やカロリー管理はキチンとしそうですからね。

    何か、こんな心配はしなくて良さそうな感じですけど、食って命に関わる事ですから、娘さんが独立するまでは娘さんには味が濃くない物も食べられるようにしてあげて下さい。

    ユーザーID:2559994496

  • 濃い味リセットのチャンスです!

    寂しい味というのは、味がうすいって事でいいですよね。
    だいたい市販の味やお総菜や外食は味濃いめです。
    市販の鍋の素も味は濃いめです。
    娘さんの味が実際まずいかもしれないですが、
    焦げたり生煮えとかないのなら、やはり味つけが薄いのかな。
    それと、だしが薄い可能性もありますね。
    せめて、だし(旨味)をもう少し濃いめにしてもらって・・

    でも、
    口直しにカップラーメンと言うのは、
    やはりトピ主さん濃い味が好きなんだと思います。
    血圧と血管年齢は気をつけたほうがいいですね。

    私も味濃いめが美味しいと思いますが、
    それはやばいかな〜と思います。

    1度舌をリセットするために、ハーバード式スープを作って食してみたらどうでしょうか?
    滋養深い素材の味がわかります。
    意外に「おいし〜」と思ったりもします。
    微妙に寂しい味なんですがね・・・。
    このスープの後なら娘さんの料理に感謝できるかもしれません。

    ユーザーID:7976160711

  • それでも作らせるんだね

    私たちの分は買うからに戻せばいいのに。
    自分たちの方に合うようにつくれって。

    しかも旦那さんも息子さんも出てくるのを待ってるだけ。
    下ごしらえを横で見ている母親は嫌味ったらしい感想。

    結果、娘さんに謝らせてるし。

    >「悪いのだけれど、材料費をください」と言われて幾らか渡しました。
    幾らかしか渡さないんだね。

    なんか家族全員でモラハラしてるみたい。

    ユーザーID:4556466551

  • 子育ての信念が無いのに今と先を不安がる

    自分は手をかけた料理をしないで育ててきて、
    味が合わない好みではない娘が作った料理を「不味い」と言う母親。
    不味いは、ないでしょう。

    でも、老後のことやなんだのの話になってきていますが、娘のこと嫌いなの?
    別に母親が色々してあげるのが愛情とは思いません。
    でも自分好みの味でないこと、娘が料理をしていることからそう言う話になる?

    子供の自立と自分の思い通りにならないことをごちゃ混ぜにしていませんか?
    里帰りや孫の世話なんて先の話だし、娘が料理に煩くなったからと言って、今その話をするか?と思います。
    だったら自分が子供に頼らないだけではなく、子供も親に頼らない様に育ててください。
    トピ主さんは孫の世話はしたいけど娘に文句を言われたくないお祖母さんですよね。

    自分の子育ての信念が無いのに今と先を不安がって文句を言うのは止めましょう。

    ユーザーID:6071118657

  • 経験不足VS味覚障害

    娘さんの料理が不味いのは、他の方も指摘されている通り、料理の基礎が無いからだと思います。
    簡単でヘルシーな料理を、美味しく作るのは、実はとても難しいです。

    >娘の作った白菜と豚肉を層にしてコンソメで煮たもの

    実家の母が、同様の鍋を、よく作ってくれましたが、すごく美味しいですよ。
    自分でも作るのですが、母のように美味しく出来ないので、作り方を聞いたところ、「肉に下味付けて無いでしょう?」と、あっさり指摘されました。
    母は調理する前に、豚バラ肉に調味料で下味を付け、鶏ガラやクズ野菜で取った自家製ブロスで炊いていました。
    ちなみに、味付けは市販の鍋の素をベースにしていますが、料理酒など他の調味料を加えて、肉に下味が付けている事を考慮して、入れる量を調整しているそうです。
    母の料理を食べて育った私も、もっぱら料理の味付けは、市販のめんつゆや顆粒ダシ、カレールウやら鍋の素を使っています。
    ただし、レシピ通りの量は入れません。それだと塩辛すぎるので。

    トピ文を読むと、トピ主さん自身も、市販の合わせ調味料「だけ」しか使わず、料理をなさっている様子。
    多分、娘さんの感じていた「母親の料理の不味さ」と、トピ主さんの感じている「娘の料理の不味さ」の根底は、一緒だと思います。

    二人とも、下ごしらえや、下味を付けるという、料理の基本を無視してませんか?

    それプラス。娘さん以外のご家族は、味覚障害を起こしてませんか?
    味覚障害は、亜鉛不足や、高血圧症などが原因で起こります。
    10代の息子さんは、これまでトピ主さんが作ってきた、料理の内容からして、多分、亜鉛不足が原因だと思います。
    早めに治療すれば、味覚障害は治る病気ですが、放っておくと味を感じる舌の細胞が機能しなくなってしまいます。
    味覚障害は、心身の健康にも大きく関わる事なので、「そんな大げさな」と思わず、一度調べてみて欲しい。

    ユーザーID:8265712486

  • 仕方が無いのかな

    長年のツケのような部分があるのは間違いないかな。
    で、そのツケの代償がこの先10年で感じることになるかもね。

    市販のものが悪いわけでもない、
    でも依存度が高いと応用が利かないとか対処が出来ないというケースだろう。

    このトピでの主張にしても『不味い』と『味の濃さ』なんだよね。
    味覚の問題でもあるが、舌が貧乏になっていることも影響があるかな?

    嗜好の差の部分は仕方がない面もあるかもしれない。
    ただ、その差を多少でも埋めようとする技量がトピ主さんには無かった。

    具体的な助言が出来たなら、もう少し娘さんとの意思疎通ができたかもね。
    うま味が足りないとかを含めた調味料に頼った味の濃さ以外の部分の話。

    例えば塩気が物足りない=塩気を足す、しか正解とは限らないからね。
    調味料ではなくてコショウを代表とする香辛料で十分なケースも多い。

    甘いもの(餡子など)の場合には甘さが足りないと感じるときに
    砂糖などを増やすのではなくて隠し塩をいれることで甘みを感じさせる…
    というようなものがある。

    料理は化学という面があるから、化学であれば実験と考察の積み重ねで
    色んな対処が出来るのと同じで、料理も経験値があれば対処法が多くなる。
    それが足りなかったのかなという感じです。

    娘さんの料理の自立というのはその先につながるからね。
    現状のままなら一人暮らしを希望する可能性が高いよね。
    だって食卓が崩壊したんだから。
    で、家を出たら自宅に帰ってくるのも少なくなるだろう。
    だって夕食を食べようと思わないんだから。
    それは結婚した後でも同じかな、日中に顔を出して帰るぐらいの関係に
    なれるとよいね。お孫さんが出来たときの里帰りもないだろうし、
    産まれた後も実家で長い時間ゆっくりすることもないかもしれない。

    そんな未来ぐらいはあり得ると思っていたほうが良さそうだ。

    ユーザーID:5998785321

  • とりあえず解決

    >娘は、玄米と麦のごはんを炊き、一食分ずつに分けて冷凍していました。
    >野菜も切ってジッパー付きの袋に入れて冷凍。葉物野菜を大量に茹で、小分けにして冷凍、こんにゃくを煮しめ、豆を水に浸し、出汁を取り・・・とやっていました。

    10代後半でここまでやるってすごいと思います。
    トピ主さんが言うように娘さんの料理が「不味い」のかどうかはわかりませんが、確かに薄味なのかな、とは思います。

    >市販のタレや材料を混ぜるだけで出来上がるものなど、楽でおいしいものが沢山あるのに、ドレッシングなんかも黒酢としょうゆと油を自分で混ぜて・・・不味いというか、とにかくさみしいです。

    私はカレーも鍋スープも使いますが、市販の「材料一品足すだけ」的商品は正直あまり美味しいとは思いません。
    ドレッシングを自分で混ぜて作るのが「さみしい」と言うのも理解できない。

    濃い味に慣れてしまうと出汁がきいた薄味は「不味い」と感じるのでしょうね。

    日常的に濃い味を食べていると、薄味だと物足りないのでしょうね。

    ユーザーID:0705007331

  • 娘さんの気持ちが分かります。

    私も実家の献立がごはん+大皿一品や揚げ物惣菜のことが多く、しかも濃い味&野菜が少ないので、その反動で実家を出てから薄味好き&野菜好きになりました。
    娘さんの年頃だと、ダイエットや美容健康を意識しだす頃だし、食べるものが身体にすごく影響する頃なので、尚更気になるのでしょうね。

    娘さんのごはんが不味いかどうかは、ご家族以外の方が食べてみないと判断できません。
    私も健康志向の料理本メニューを試したことありますが、本によっては味が薄すぎて旨味が感じられないものもありました。
    あと、他の方もおっしゃられているように、トピ主様ご自身料理が苦手で濃い味がお好きとのこと。やはり塩分を摂取しすぎて舌が麻痺してる可能性は充分あり得ると思います。
    一度体験だけでも良いので、娘さんの好みに合いそうな、和食の多い料理教室に行かせてあげるのも今後の為に良いかもしれませんね。

    ユーザーID:8301497406

  • 彼氏ができれば変わる

    こんな料理、彼も嫌だと思うから。
    多分結婚となって、料理が上手い彼やしない人に当たったら、不満が出ると思う。

    まあ、一人でそれだけきっちりするなら、お一人様がいいって性分かもね。

    ユーザーID:0228878003

  • えー信じられない。

    私は、市販のレトルトやスーパーのお惣菜が合いません。胃が気持ち悪くなります。
    2日続くのは嫌です。
    何ていうか、味の想像がすぐつくんです。胃にも舌にも負担がかかる感じがして、無理です。
    食育って分かりますよね?学校でも言われてます。
    まずは家庭でしなければいけないのに、あなたはそれをしてこなかった。
    ご近所の方も、仕事が忙しくてお惣菜ばかり買うので、飽きた、嫌だ!と娘さんに言われると言ってました。それが普通だと思うのです。
    あなたの娘さんはそれを言わずに我慢してきたのだと思います。私なら3日も我慢出来ないものを、近所の娘さんが文句を言うものを、何年も何年も。
    どなたかもおっしゃってました。
    同じ年数だけ我慢したらどうですか?

    ユーザーID:6317051574

  • 目覚めてしまった・・・

    娘さんはマクロビ食に目覚めてしまったのではないでしょうか。
    玄米や豆類を重要視してるところから、おそらくそうだと思います。

    マクロビオティックで検索してみて下さい。
    娘さんの心理が少し理解できると思います。
    コンソメやめざし?などを食べてらっしゃるので、そこまでガチガチの
    マクロビ食に拘ってる訳ではなさそうですが、多量の食品添加物などを
    あまり体内に取り入れたくないとの思いから来るものではないですか?

    とりあえず食事を分けたのは正解かなと思いました。
    トピ主さんの食への思いと娘さんのそれとはかなり距離があると
    思われますので。

    ユーザーID:0599266179

  • 近い将来が気がかり

    トピ主さん夫婦が、生活習慣病になって、そのお世話をお嬢さんがしなくてはいけなくなるなんてことがないといいのですが。

    私は野菜や肉を足すお手軽調理ソースをたまに使うことがありますが、
    箱に書いてある材料の2倍くらいの素材を使わないと味が濃いように感じます。

    トピ主さんも少し薄味にすることを試みてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:0048820187

  • なんかいいところに落ち着きそうですね

    娘さんが健康志向なのですね!

    うちも夫が玄米というので白米に混ぜて炊ける発芽玄米と雑穀混ぜて(というか混ぜないで乗っけて)炊いて夫には玄米部分を白米を他の家族で食べてます。ちょっと混ざっているくらいなら健康に良さそうですし

    おかずは娘さんの作ったものを副菜にして、あと3人用のメインを主様が買うなり作るなり。お味噌汁とおひたしは主様も作ってらしたんですよね。生野菜サラダくらいなら切って盛るだけだし切るところだけやってもらっては?それだけでも助かりますよ

    ハンバーグなんかもタネこしらえて娘さんの分だけお豆腐入れまくりで大根おろし、他は別の市販ソースとかどうでしょう?

    カレーなんかも切って煮るだけですし手間もかからないからできれば並行して作ってもらえると助かりますよね

    うちは家族が好みが違うので何種類も作って食べられるものだけ食べてる感じでした
    そういう意味では事実上食事は分かれてましたね。

    娘さんには自分の分プラスカレーとか揚げ物作ってもらえないかしら
    食費は全部だしてプラスちょっと手間賃出したりして
    もし大学生なら少し時間に余裕があると思うのですけど

    いい感じに落ち着くといいですね

    ユーザーID:3455884671

  • お嬢さんと話が出来てよかったですね

    「それぞれが好きなものを食べる」という落とし所が見つかってよかったと思います。


    トピを読んで、お嬢さんと自分の学生時代が重なりました。私は二十歳頃に玄米正食と出会い、結婚するまでそれに沿うような食べ物のみ口にしていました。だから実母の料理はそれはそれで美味しいのですが、塩分や砂糖の量が気になって意見したことがあったような無かったような・・・。
    今思えば、お出しをしっかり効かせていたから、ちょっとの塩味でも強く感じた?のかもしれません。


    両親とも80歳過ぎ、心臓や消化器官に持病を持つようになった今、実家の煮物は当時に比べずいぶん薄味になっています。


    お嬢さんの作る料理はトピ主さん達の「舌に合わない」だけであって、決して「不味い」ものではないと思います。決して「不味い」は言わないであげてください。お願いします。
    そしてお嬢さんに「出しをしっかり効かせると美味しくなるよ」とだけお伝えくださると嬉しいです。

    ユーザーID:0584762369

  • 解決して良かったです

    楽しい食事も舌が違うと苦痛なのでお互いそれで良かったかと。

    私も実家にいる頃他兄弟が男、父も男だった為母の味濃いめな男性向け料理が口に合わなくて結構辛かったです。
    で、高校生くらいからあまりにも合わないメニューの日は自分で自分の分作ってましたよ。美味しかったです。
    やっぱり同じく他の家族は微妙だと言ってましたけどね、笑。

    私も素材の味大切にしたい料理が好きなので娘さんの料理いいな〜と思う派ですがそればかりはきっと嫌で、鍋の素も好きですし味濃いものも食べたくなります。

    なので私なら解決策として娘さんの作ってくれる惣菜に自分で味濃いめの主菜一品追加(作っても買ってきても)でもバランス良く楽だったかもしれないなと思いました。

    ユーザーID:2744145118

  • んー

    料理本を見て作ってたら味が濃いと思いますけどね。
    自分でアレンジしているのかな。

    ユーザーID:8276836332

  • それでいいと思います

    個人の食の好みですからお互いに強制したりされたりするものではありません。お嬢さんが自分の好きな物を自分で用意し、トピ主さんが自分と他の家族の好みに合った食事を用意することで家庭内で折り合いがつけられたのなら、それで解決でいいと思います。

    薄味にしろとか健康に気をつけてとかレトルトは体に悪いとか大きなお世話です。トピ主さんが健康に関するアドバイスを求めているなら話は別でしょうが。

    ユーザーID:7128557938

  • 薄味が基本です

    世の中の料理は健康は無視したものがほとんどですので、味覚音痴の方が多いです。
    不味いのと薄味は違いますよ。

    ユーザーID:7249316756

  • 舌は慣れます

    私は以前は味付けが濃かったけれど、夫の血圧の問題で、家で作るときはなるべく薄くしています。最初は我ながら、物足りない・おいしくないと思っていました。でも薄味に慣れると、市販のお惣菜の味が濃すぎるように感じるようになりました。ただ、例えば忙しくて出汁入り味噌を一定期間使っていると、自分で出汁を取ったとき物足りないような気になってしまいます。
    要は、舌の慣れだと思います。
    市販のものはおいしいと感じさせるために塩分やうま味が強い。麻薬のようなもので、これに慣れてしまうと、素材の味・天然の味が物足りないと感じるようになってしまいます。でも個人的には素材の味・天然の味が分かる方がいいと思うんです。それが食育ですよね?
    お嬢さんは少し極端のようですが、きっと反動でしょう。おもしろいですね。
    あなた方ご夫妻も40代後半なら(私もそうです)そろそろ気をつけた方がいいですよ。食後にカップラーメンとか、他人事ながら心配になってしまいます。
    お嬢さんの献立をご自分で検証のために作ってみるのはいいアイディアだと思います。

    ユーザーID:8659468099

  • 息子が心配。

    これからの将来結婚するであろう息子さんが心配です。

    きちんとした味覚を覚えていなければ、配偶者が作る丁寧な食事を「まずい」と吐き捨てる可能性がありますよね。

    味覚の不一致はともすれば離婚問題にもなりかねませんし。

    ユーザーID:4685209312

  • 好み、だけの話ではないのかも…

    アレルギーって、
    発疹が出る、熱が出る、吐いてしまう、
    そんなよく聞くアレルギーだけではなく、
    胃がむかむかする、だるい、疲れやすい、
    それらもアレルギーであったりします。


    お母さんの料理を食べると何だか不調だ。
    ちょっと不満。
    お嬢さんはどこかで自分に合う料理を知ったのでしょう。
    それがどこかはわかりませんが、
    あれ?!味は薄いけど、身体が軽い。胃の調子も良い。
    これは何でだろう…。
    そう感じて、その何故の正体を見つけたのですよ。

    何にしろ、落とし所が見つかって良かった。
    不味いと思われると腹が立って、ごめんね、と言えるお嬢さん。
    いいお嬢さんです。
    そう育てたのはトピ主さんです。

    仲良く仲良くお過ごしください。

    ユーザーID:4568449898

  • プロの料理を食べてみて

    わたしは料理が好きなので、仕事が忙しくて他の家事ができなくても家族の夕食は和洋中と作ります。関西なので基本薄味ですが、夫は多分もっと濃い味が好みで(義母が料理が苦手)、娘二人は薄味を美味しいと言います。たまに娘に味付けを頼むと、かなり薄いので良かった、と思いますよ。夫と旅先でちょっといい和食屋さんにも行きますが、出汁が効いて素材の味が分かる薄味、という料理人さんばかりです。
    主さんのような家庭に娘さんが生まれるって面白いですね。
    50越えるくらいから、血液のいろんな数値に食生活や生活習慣が反映されがちです。娘さんにいろいろ教わる日も来るかもしれませんね。

    ユーザーID:7246713659

  • 酷いですね

    なんだか、見ていてとても悲しくなりました。
    まだ10代後半の娘さんが頑張って作ってくれた料理に対して不味いだなんて。
    しかもトピ主さんは料理が得意でないと書かれていますよね?
    なら、娘さんの作ってくれた料理対して不味いだなんて言う資格ないですよ。
    何かこうすればいいかもなどのアドバイスもせずにここで愚痴を言って、さらには後からカップラーメンまで食べて。
    もし私が娘さんの立場だったからとても悲しいし、私のお母さんはなんて酷い人なんだろうと思いますね。
    作ってくれてる人に対してあまりにも酷いですよ。
    薄味なのも、御家族の健康のことを考えてやってくれているのに。
    そんなに嫌ならご自分で作ったら如何ですか?
    簡単なことでしょう。

    ユーザーID:3518918714

  • 良かったですね

    娘さんだけ、食べたいものを自分で作る。
    一番良い選択だと思います。

    玄米と麦のご飯は、本人が健康のために食べたいなら良いですけど、やっぱり白米のほうが味はずっと美味しいのですよね。
    だから、玄米麦ご飯や超あっさりなメニューを毎日出されたら、私もキツイだろうなと思います。
    男性は特にキツイでしょう。

    それぞれが美味しいと思うご飯を食べるのが一番良いですから、一応解決になって良かったです。

    ユーザーID:2522661195

  • インスタント、レトルト、ジャンクが好き? ←味が濃いだけだよ

    メーカーさんやファストフード店には悪いけど、

    めっちゃ味が濃いですよね。

    インスタントやレトルト、ジャンクフードって。

    塩辛いか甘いかだけで、風味というものが皆無。

    ソースや調味料の味だけで、食材が本来持っている風味を楽しむことができないものね。


    でも、そういう濃い〜食べ物が大好きなお母さんもいるんですね。

    ちょっとびっくりしました。



    そもそも味覚というのは、幼少期にほぼ決まってしまうんです。


    ということは、

    トピ主さんのお母さんも料理をしない人だったのでしょうか?

    きちんとした家庭料理を作らずに、

    子どもの頃のトピ主さんに、出来合いのものやインスタントばかり食べさせてたとか?

    だから、風味を知らないまま大人になってしまったとか?


    残念な舌になってしまいましたね。

    娘さんが一生懸命研究して作っている良質な食事の価値もわからない。

    あろうことか感謝もしない。

    不平不満だけをたれている。


    ユーザーID:6678800558

  • 「恐怖の甘いもの一家」という話を思い出した

    ある漫画家さんの自叙伝的な話なんですが。

    どうにも食が細かったその漫画家さん、当時は給食もまずいのは当たり前の時代。
    実家でも食事がどうにもおいしくない。だけど他の家族は嬉々として食べていて、相当苦しまれたようです。
    転機になったのは修学旅行。
    朝食で出た納豆にみんな醤油だけかけている。
    「みんな納豆に砂糖入れないの?」
    ここから「納豆に砂糖はかけない」「赤飯は甘くしない」等々、それまで当たり前だった食生活=砂糖にまみれていたことに気がついたそうですよ。そこで自分だけ砂糖抜きにしたら何もかもが美味しい。食が細いわけではなく、食事が合わなかったという話です。

    トピ主さんのところはそこまで極端ではないでしょうが、娘さんは「レトルト食品」というよりは化学調味料が好きではないんでしょうね。人によっては痺れるよう感じるそうです。私がそうなんですが。
    うちも実家は共働きでしたから惣菜やレトルトが食卓に並んでましたが、それ食べるなら納豆+ご飯だけのほうがマシでした。

    どこの家庭もそういう子はいるもんです。
    うまく折り合いつけられるといいですね。

    ユーザーID:1698145496

  • 何かと良妻賢母

    私自身がトピ主さんと同年代ですが、もし私の母がトピ主さんのようなタイプだったらとても生きやすかったと思います。
    (子供や家族のための自己犠牲を強調せず、自分の好みを優先してくれる、フルタイムで働いた上、市販品を賢く利用して母として食事担当をした)

    娘さんも
    >玄米と麦のごはん、おひたし、煮しめたこんにゃく、
    >根菜類の味噌汁、めざし、
    戦前ですかね。アニメか漫画の影響かなんかでしょうかね。
    お年頃だからダイエットとかかな。
    昭和後半生まれのトピ主さんや私から見るとちょっとないですねというのと、たんぱく質が足りそうにないところが心配ですので、(もう成長期でもないならそうでもない?)、アドバイスしてあげては。
    いや、豆でがんばるのかな。

    薄味信仰もよくわからないです。
    私は関東民なので、関西に行くと「関西のうどんはおいしいでしょう」などと言われても、正直まずい(味がわからない)です。関東民だって飲食店ではよりよく売れるように買う人の好みの味で売りますし、関東民は関西民に「関東の味はおいしいでしょう」的なことはあまり言いません。関西から戻ったら駅のそば屋です。このトピックの自称薄味だけど私の料理はおいしい、という方のお料理は私にとっては「まずい」でしょう。

    健康とか言われても少子【高齢化】が問題になっている現在、どうなのかと思います。

    ちょっとは娘さんの料理に化学調味料+マヨネーズで凌ぐ終わり方を期待していましたが、本心ベースで付き合いができる令和の家族像はうらやましいものがあります。

    ユーザーID:8388715551

  • 良かった良かった

    これで味覚麻痺の独家族から娘さんは自由になれますね。

    ま40代後半、ファストフード世代で、味の濃い、柔らかい食べ物で育ったのでしょう。
    おそらく高級な和食も頂いたことがないのでしょう。
    まぁ、主様の悪食、悪舌が移らなくてよかったですね。

    でも、主様もご主人も麻痺しているのになぜ娘さんだけ”まとも”なのでしょうかね。

    ちなみに娘さんの料理は”不味い”のではなく主様家族が”味を感じられない”だけですよ。

    まぁ、いずれ一人暮らしをさせるのなら良いと思いますよ。

    ユーザーID:5722718896

  • もしかして家族全員ふくよかでいらっしゃるとか?

    もしかして、味だけの問題ではないのでは?と思いました。

    娘さんが何らかの理由で
    トピ主さん宅の食生活にある種の「危機感」を感じていたのなら
    娘さんの行動はとても理解できると思いました

    例えば、家族全員メタボ体型で
    娘さんがご自身の体型を気にし、ダイエットを始める
    その様子を見た家族が「お前は太っていないよ」と言う
    娘さんはそこで家族の言葉を鵜呑みにするのではなく
    世間と自分たち家族の「価値観のズレ」を認識し
    このままでは一家全員メタボのダメ家族じゃないかと焦る
    だから家族全員の食事作りを引き受け一家の食事改革を試みる
    しかし炭水化物過多で塩分たっぷりの食事に慣れた家族達からクレームつく
    仕方なく自分の分だけをまともな食事にする事を落とし所とした ←今ココ

    と言う感じを想像しました

    これ、実は私自身の体験談でもあります
    (私は娘さんの立場)
    私はできた人間じゃないので
    家族からクレームつく前に
    ほぼ自分の分しか作ってませんでしたけどね

    体型がメタボじゃなくても
    例えばアレルギー持ちがいるとか
    何らかの支障があれば同様な事が起こる可能性がありますよね

    あくまでも推測の一つですが
    こういう事例もあるという事で

    ユーザーID:0773002370

  • 見当違いかもしれないけれど

    海外在住ですので状況は違うかもしれませんが。
    15歳の義兄のところの姪が最近ベジタリアンになりました。
    やはり義兄夫婦は共働きで普段の食事も手軽さ優先で手抜きが多いので、姪にそんな食のこだわりができるとは思わずビックリ。

    この姪ですが見た目もろ肉食系だしハードなスポーツもずっとやってるのに突然です。
    去年、結構体調を崩してたので、それでこの健康志向?、とも思いましたが、そこまで思慮深いタイプでもなく。笑

    本人は肉類を食べたくなくなった、とか動物保護とかいっており、要はこれもあの年頃の流行の一環でもあるのかな、と思ってます。
    最近女性セレブでベジタリアンとか多く、SNSで頻繁に発信されるので、影響受けるティーンは多いようです。

    姪は本来’マメ’の正反対の結構だらしないとか適当なタイプなのですが、ベジタリアン主義だけはキチンと貫いており、自分で別メニューを作ったり、ネットで新メニューを探したりしているようです。我が家に来ても、メイン(もちろん肉です)は食べずにサイドだけで済ますとかやってます。(ビックリです!)

    ユーザーID:0999555567

  • それは

    いい方向に向かっているようでよかったと思います。お嬢さんもご自分で満足できる食事をとれますし、トピ主さんもご自分たちの食事を少し見直すことができそうです。

    食事はとても大事なことです。そのために生きているわけではありませんが、人生においてかなりの部分を占めています。家族が我慢するのではなく、それぞれの嗜好に合ったものを食べられるのが一番だと思います。

    実は、私の夫がお嬢さんと似た部分があります。いまはかなり緩和されましたが、一時期はとても奇妙に見える食事をしていました。それを食べるよう強制されたことはありませんが、見ているだけでもちょっとという感じのものでした。見ているだけでも少しストレスを感じていたので、こちらのトピは気になっていました。

    ユーザーID:1927432757

  • 目的はダイエットだ

    >玄米と麦のごはん、おひたし、煮しめたこんにゃく、根菜類の味噌汁、めざし
    よく噛むごはん(早食いは大食いの元)、野菜(ビタミン)、こんにゃく(ローカロリー・満腹感)、根菜(食物繊維)、タンパク質。
    大豆も、タンパク質です。


    トピさんとお嬢さんの体型は?
    お嬢さんは肌荒れで悩んでいませんか?

    きれいになりたいんだな、と思いました。切ない。
    お年頃だもんね。体は食べたもので出来ている。お嬢さん、頑張れ。

    ユーザーID:4392652221

  • 食育の価値観

    あなたも御嬢さんも極端です。あなたは,美味しくて腹にたまればいい。
    お嬢さんは、体に良くてが最優先。そのうえで料理がだんだん上手になっていければいい・・・でしょうね。

    一度大きなスーパーに言って、調味料や乾物などのコーナーを見て。
    本屋に行って料理の本見て。

    今の時代、あらゆるものがプロでなくても作れるし、興味もどんどん湧いてくるんですよ。
    知り合いがとても上手にお豆が煮えていれば、煮方を聞いてやってみようと思うもの。
    今、お嬢さんは特にいろんな「食」に関して興味を持ち、知識を広げているとき。
    出来れば休みの日は二人で食材を買いに行って、一緒に作ってみたらいい。

    時間を共有し、なにかをつくる。
    してみたくないですか?


    今食べているものは5年後のあなたをつくる

    そう母親から言われてきました。40代後半ともなれば、そろそろカルシウムなどをしっかりと取っていくべきですよ。

    ユーザーID:7582420580

  • 娘さんすごいな

    その年でちゃんと料理してる
    たしかにあっさりだけど 体には良さそう

    まあ自分でやることにしたのよかったと思う
    糖尿とかに気を付けて頑張ってくださいね

    ユーザーID:7685612327

  • よかったですね

    娘さんもご家族もそれぞれお好きなものを食べられるようになってよかったです。難しい年ごろだと親に謝ることのできない子も多いのに、素晴らしい娘さんですね。
    娘さんマクロビや自然派志向に傾倒しているのではなく、胃腸があまり丈夫でないのでは?
    私の兄弟がそんな感じなのです。
    子供のころから頻繁に、母の料理や市販のお惣菜を嫌がって、食卓を見ては盛大にため息をついて「イラナイ」とお茶漬けで済ませてしまう感じでした。
    家の中はなんかギスギスしまくりなので、ある時兄弟に聞いてみました。
    聞いてみたら、母の料理は油物が多く(揚げ物や炒め物も油多め)市販のお惣菜もやはり油や香辛料が強くて胸やけや胃痛・下痢をするということでした。
    母は母で、食べ盛り・育ち盛りの男の子にはがっつりしたもの!と作っていたらしいので、ウチは完全にボタンの掛け違え。コミュニケーション不足という事がありました。

    この先も一人だけ違うもの食べてってイライラされるかもしれないけど、味覚も消化器官の強さも、みな(家族でも)違いますので、娘さんにどうぞやさしくしてあげてくださいね。

    ユーザーID:7330607281

  • 薄味が必ず健康にいいわけでもない

    全体的に、トピ主さんを責めるレスが多く、娘さん擁護が多いですが、娘さんの極端な薄味&あっさり嗜好なメニュー、実は危険ですよ。

    うちの家族も、娘さんと全く同じようなメニューを好んでいました。
    薄味、化学調味料排除、あっさりメニュー、肉や油は少ない昭和初期のようなご飯を「健康のために」と長年続けていたところ、塩分不足が原因の病気になってしまい、完治していません。
    病院からは、塩分をきちんと取るように、肉などボリュームのあるおかずを食べるように指導されています。
    今は、塩分測定器を使って料理をして、薄味にならないように気を付けています。

    何事も、普通が一番、度を過ぎては体を壊します。
    極端な事をするのは怖いですよ。

    ユーザーID:2522661195

  • 将来苦戦しそう

    トピ主さんの食事に随分批判的な方が多いですね。
    私は玄米と納豆の粗食が好きなタイプですが、
    トピ主さんの食生活もそこまでやばいとは思いません。
    もちろん改善の余地はあるでしょう。おふくろの味が無いのも残念です。
    が、市販のドレッシングや、カレーとか、鍋の素とか、そこまでぼろくそに言われる事なんでしょうか。

    むしろ娘さんの志向は今後の男性づきあいで苦戦しそうで心配です。
    一時的な反動かもしれませんが。
    カレーも作らない女と結婚したい男は少ないですからね。

    トピ主としては、娘さんようの材料費を渡す代わりに、
    家族のためにカレーを作れって言ってもよかったのではないでしょうか。

    まあ結果的にはトピ主さんがお金を払って折れるという感じで、ちょっともやっとする結末でした。
    米や椀物まで分ける必要があったのでしょうか?

    ユーザーID:7227604606

  • わかります

    トピ主さんを責めるようなレスがありますが、私がトピ主さんの立場だったら、同じく娘に言うと思います。
    特に自分の作った料理に調味料を足すことに文句を言うなら、お金を出しているトピ主さんは言ってもいいと思います。
    彼女の料理が上手かは別として、気に入らない人もいるのだと判らせた方がいいです。
    自信をつけると周囲に迷惑をかける恐れがあります。
    健康志向だの質素だの言う人に限って、料理がまずい、しかも壊滅的に。全員とは言いませんが。
    私も経験があります。
    本人は美味しいのでしょうが、そこの家庭のご主人は我慢に我慢を重ねていたのでしょうね。
    離婚されましたよ。
    もうひと方いますが、そこはお子さんがスナック菓子ばかり食べると言っていました。
    あれだけ不味かったら、スナック菓子でもないとやっていけないよなと思います。
    その方、周囲にも振る舞うのがお好きで、結構集まりなんかで腕をふるっていましたが、本当美味しくなくて苦痛でした。
    料理の上手な人は、薄味でも何でも美味しく作れます。

    食って大事です。
    もしお互い合わないのであれば、お互い別に用意する今の結果が一番いいと思います。

    ユーザーID:4423744220

  • 良かったですね

    娘さんは食事の本質のわかるお子さんですね。きっと反面教師ということだったのだろうと思います。レベルの低い食事嫌だったでしょうね。トピ主さんもやっと理解できたようでよかったです。

    ユーザーID:1888807848

  • トピ主です

    皆様ご意見ありがとうございます。

    とりあえず豚肉と白菜のミルフィーユ鍋を作ってみました。娘に聞いたらネットで調べたレシピとのことで、味付けは1人前の場合、水100ccに対しコンソメキューブ1でした。「お好みで胡椒やポン酢をかけて」と書いてありました。

    何もかけないと味が薄かったです。私は黒胡椒をかけましたがちょっと物足りなく感じました。夫と息子はだし醤油を回しかけていました。娘の「何かかけてね」の一言が足りなかったのだと思いましたが、たぶん娘はこのままで充分だったのでしょう。

    有名主婦雑誌にも載っていましたが、だしとしょうゆ、塩、胡椒、その上にチーズを載せるレシピでした。コンソメだけではやはり寂しいかと思います。

    娘の料理歴はゆで玉子や目玉焼きなどごく簡単なものを含めると6年ほどになります。かぼちゃの煮付け、肉じゃがを自分で作るようになったのが3年ほど前からです。はじめは煮崩れて悲惨でしたが1年ほどで姿良く煮付けるようになっていました。これらは夏休みや冬休みに自分で食べる用に作っていました。

    先の夏休みにバイト代わりに夕食を作って貰うよう頼んだのがはじまりです。そのまま続けてもらったのがいけませんでした。

    ユーザーID:4958652237

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 自由に好きなものを食べるのが一番です

    >娘が譲歩して作っていた献立の本を自分で作ってみて検証する必要があると感じました。
    >娘はもう食事に関しては自立してしまいました。
    >結果としては良かったと思うことにします。

    それでいいんじゃないですかね。

    娘さんも、繊細な感覚を持つ自分にとってトピ主好みの味の濃すぎる食事に我慢しながら食べなくて済むし、味覚の鈍くなったトピ主は自分の好きな濃い味が楽しめる(笑)

    あとは、残り短い人生を、高血圧など血管系の病気を気にしながら生きていけばよいだけです!

    娘さんは、まだ先が長いですから、濃塩食に付き合う必要はありません!

    ユーザーID:0403204966

  • 一番よい方法かもね。

    味覚としては娘さんの方が素材の味を大事にしたいタイプで、トピ主さん達は子供舌なのかな?と思いました。

    娘さんは所謂おふくろの味がレトルトとか惣菜とか市販の素なんですね。反面教師かもしれません。

    食の好みはそれぞれとしか言い様がないので、それぞれで作るでいいと思います。濃い味でここまで生きてきたんだから、世間で言われているほど健康にそこまで影響ないような気もしますがね。薄味嗜好の人だって病気をするときはするし。うちの祖父もマヨネーズ大好きで何にでもかけていたけど、特に大きな病気もせず80歳まで生きたしね。

    ただ、将来のためにも(結婚とか)息子さんはもう少しだけ味を抑えて徐々に慣れさせてもいいのかな?と思いました。娘さんほどまではしなくてもいいので、市販の混ぜるだけとかなら1袋全部使わず、3分の2で押さえるくらいまでとか。

    ユーザーID:6322946272

  • まずいとは?

    娘さんの作るものをまずいと言うのはどうなのかな?
    貴女の口に合わないと言うことであって、まずいかどうかは分かりません。
    そういうところからか、がさつな人と言う印象を持ちました。

    一日の終わりに、自分がおいしいと思う物を食べたいと思うことは理解できます。それが、貴女にとってはスーパーなどで買ってきたりインスタント調味料を使ったおかずなのでしょう。
    でも、娘さんは違うんですよ。
    年ごろだし、思うところがあったんでしょう。
    それをまずい!と言う感覚は理解に苦しみますね。
    口直しにカップ麺?
    私がお嬢さんだったら、軽蔑に近いものを感じてしまうかも。

    お仕事されているし、お料理が苦手とのことですが、ご自分も努力なさるべきかと思います。

    お嬢さんの気持ちを思うとかわいそうで涙が出そうです。

    ユーザーID:9708372139

  • 良かった、の?そうは思わないけど

    娘さんが健康志向で自分の分だけ作るならまだしも自分達の食事を作らせるのは何故ですか?
    娘さんがやりたいと言っているからですか?
    夫や息子は??

    お金もいくらか渡しました、ってレスも
    なんか嫌々な感じが‥。
    一緒に買い物に行ったりしないんだ。

    娘さん、早く家を出て行きたいでしょうね。

    ユーザーID:6071118657

  • なにをしても

    いいんですよ。コンソメだけでは物足りなくても。
    でも「私はこう」が強くて、それをここの皆さんにずっと説明する必要もない気がして、ちょっと大変だなぁと思いました。「そのまま続けてもらったのがいけませんでした。」とか、ここだから出している言葉のチョイスなんでしょうか。

    豚肉と白菜のミルフィーユ鍋についですが、うちの場合は鶏ガラスープと水を少しですっごく薄いけどそのまま食べられなくもない状態で出し、ポン酢等で食べています。有名主婦雑誌のチーズをのせるタイプだとうちの場合は不評です。

    作る人によってそれぞれですので、トピ主さんと娘さんの好む味が違うということで良いと思います。ただ息子さんもトピ主さんと同じようだと将来のパートナーと今のような問題を抱える可能性もあります。少なくとも息子さんは自分で食べたいものを作れるようになる方が良いです。

    ユーザーID:1434691654

  • 終始偉そうだなぁって思いました

    トピ主から頼んで夕飯作ってもらう様にしたんですよね?

    それなのにマズイって?
    娘さんが作った料理を検証する必要があるって?
    何の為に?
    「本当はレシピより味を薄くしてこちらを困らせていたのでは!?」とか「レシピ通り作っていればこんな薄味じゃないはずだ」とかそう思うの?

    「お好みで」だから
    何もつけなくても食べれる人は多々いるということですよ。
    トピ主は醤油を回しかける様子を見ても何とも思わなかったんですね。

    早く出て行ってほしいとか
    なんか子供は家事要員で適した家事が出来ないなら要りませんって言ってるみたい
    なんていうかトピ主から娘さんに対する愛情が全然伝わらない

    ユーザーID:2612885432

  • 体重は?引っかかる項目は無いですか?

    レシピ通りに作ってみたら薄いと感じたのですね。健診で引っかかる項目はありませんか?高血圧、中性脂肪、コレステロール値、体重など。まだ40代なのにこれらに引っかかる、老けて見られるなどは?雑誌なとを見ると綺麗な人は食に気を遣っていますから、娘さんがご家族を反面教師とした可能性が高いのではと思いました。10代なのに文句も言わず、ご飯を作り続けていたのは家族の健康も考えていたからなのではと思います。
    別々に作るという落とし所が見つかって良かったと思いますが、娘さんがご飯を作ってくれると「楽」、味が薄くて口に合わないと言わず「まずい」、頼んだのが「いけませんでした」と言葉の端々に娘さんに対する気持ちが出ているようで気になりました。娘さんはご家族の健康を気遣っていたでしょうに。
    ところでミルフィーユ鍋ですが、私は塩とお酒(少量)で蒸し煮にしてポン酢を少しかけていただきます。

    ユーザーID:3159183043

  • お料理教室を体験させては?

    食の好みって、人と付き合う際への影響って大きいですよね。
    どんなに仲がよくても、食事の好みが違うとその楽しみが分かち合えないし、方向性が違う人とは食事の好みの一致なくして生活を共にすることは難しいですよね…。

    娘さんに健康志向の基礎があるのは良いことだと思います。それをベースにもう少し融通がきくといいのかなという印象です。もちろん薄味がいいのに、恋味を食べさせるとか、そうゆうことではなく、人付き合いとしてのさじ加減を覚えるというか。

    街のお料理教室に行かせて上げるというのは、いかがでしょうか?教室によって、いろいろなプログラムが用意されています。料理の基礎から、和食・洋食・おもてなし料理、娘さんの目指す「健康に良いメニュー」シリーズ、などなど。単発から、数カ月コースまで、色々あります。
    作った後は皆で食べますから、他の人と共に取る食事がどのようなものか、のようなことを家族から離れたところで体験すると、ちょっと落としどころも変わってくるかもしれません。

    でも、素直に謝れて、自分の意見を言えて、自分の考えを実践できる…というのは、エライなと思いました。

    ユーザーID:0293500628

  • 添加物の摂りすぎで味覚がおかしいのでは?

    私の母はシングルマザーでしたが、どれだけ仕事が忙しく帰りが遅くともお惣菜なんて食卓に出た事ありません。
    お惣菜にどれだけの添加物が入ってるかご存知ですか?
    味が濃くて簡単、美味しい安い物は添加物がたくさん入っているからです。
    添加物の中には味覚を破壊する物も多くあります。
    主さんの舌が麻痺しているのだと思いますよ。

    体は食べた物でできています。
    そのうち健康診断なので引っかかり嫌でも薄味の物を食べる時がくるんじゃないですか?
    娘さんが作ってくれたものをご自身の舌が正常になってから食べたら案外普通の味付けだったりするかもしれないですよ。

    ユーザーID:4146629660

  • 悲惨なものでしたって

    どうしてそういう言い方しかできないんだろう。
    煮崩れしてたけど最新は綺麗とかで良くない?
    わざわざ「悲惨なものでした」とか付け加える必要ないでしょ。

    >娘の「何かかけてね」の一言が足りなかったのだと思いましたが、た
    はぁ?
    それでも娘さんのせいなの?
    お好みってことは、まずはそれだけで十分なわけ。
    大体、CMでも散々流れてたようなメニューも知らずに一言足りないのは娘のせいってなにそれ。

    >コンソメだけではやはり寂しいかと思います。
    じゃあポトフはどうなるんだよ。

    >そのまま続けてもらったのがいけませんでした。
    また、娘のせいか、、、

    ユーザーID:4556466551

  • いや、これは娘にとって

    この家庭で暮らしてきた娘さんならさっさと自立してくれそうね。

    フルタイム勤務で料理嫌いの貴方の元から巣立っていく。
    良い事だと思いますよ。

    娘にのみ食事の負担を背負わせ、息子には何も仕込まない母親。
    ご主人も娘にやらせればいいでずっと放置してたんでしょ?

    良かったわね。
    結果としては娘さんは家を出ようと行動しやすくなってるもの。
    母親の貴方の心情が全く伝わってないと思う?

    面倒な事は押し付けて邪魔者扱いされる日々。
    残った息子、ご主人と仲良くしておきなさい。
    老後も施設で万端なら何も問題ないでしょ。

    フルタイムの苦労を娘にのみ押し付ける母親。
    私が娘でも今後一切関わりたくないと思うわ。

    ユーザーID:2478821601

  • つまりね

    娘さんは今までの家庭での食生活では食べたことないメニューを選んで作るわけです、料理本を見ながら作り始めた場合によくあることです。

    唐揚げや麻婆豆腐、ハンバーグ、トンカツ、ミートソース。。。
    このような昔からある家庭料理を出来合い、レトルト、合わせ調味料を使わずに作るという選択肢はないんでしょうか。娘さんにそう提案してみては?
    本でもネットでもレシピはたくさんあります

    ミルフィーユ鍋なんて今は洒落た言い方しますけど、これ私、30年以上前から知ってる料理です。当時うちの母は「ビンボー鍋」と言って作ってましたよ。
    白菜と豚バラの薄切りだけですからね。給料前の厳しい時に作る鍋でした。
    何もコンソメじゃなきゃいけないわけじゃないです、豚肉から出汁は出るし白菜からは水分も甘味も出るし、お酒と塩少々で蒸し煮にしてました
    あとは好みでショウガ醤油、ポン酢、ゴマダレをつけて食べてました。

    トピ主さん自身、料理に関して応用が利かない方なんですよね、これを機会に娘さんと一緒に料理の知識を広げたらいいのにと思います。

    ユーザーID:0011249989

  • 信じられない母親

    作ってもらってまずいとかよく言えますね。
    私もお嬢さんと同じ薄味ですが、我が家は皆ご飯を作れるので、作った人に合わせます。
    文句がある人は自分で作れです。
    トピ主さん、余計なお世話だけど濃い味は体に悪いですよ。旦那さん息子さんも味覚破壊が始まってると思います。
    私もお嬢さん反面教師だと思う。
    文句言うなら食べなきゃ良い。

    ユーザーID:7215927342

  • ん??

    トピ主さんの書き込み全部読んでみましたが、途中まではよかったのに結局それが間違いだったとなぜ否定的な意見になってしまうのですか?
    娘さんがやる事なす事なにかと否定的なのがとても気になります。嫌っていらっしゃるんでしょうか?
    自分にできない事を娘さんができているのがそんなにおかしいんですか?
    その若さで作りだめておけるくらいなら他のお子さんと比べても料理のレベルはかなり高いと思います。
    自分の事は自分でやっていて尚且つそれだけできるなら自立した人間として敬意を払うべきではないでしょうか。
    娘だからといって年月が経てば立派な社会人になります。"娘だから"といつまでもばかにしてはいけませんよ。

    ユーザーID:3813048163

  • トピ主です。皆様ご意見ありがとうございます。

    これで最後にしようかと思っております。
    最後にとても叱られそうなことを書こうと思っております。
    なのでもう一度レスするかもしれませんが、その時はご容赦ください。

    実は「作った人に対する誠意がない」というお言葉が、ピンとこなかったんです。分からないというか、「どういう気持ちなのかしら、それは」というのが正直な気持ちでした。ありがたいとは思っていたのですが。

    夫や息子にも作らせたらというご意見がありましたが、サラダやみそ汁、カレーやシチュー、材料を煮るだけの鍋は作れますので、私と同じような食事は夫も息子も出せます。
    娘のことを、誰でもできることをわざわざ面倒くさい手順を踏んで不味いものを出す娘、と捉えていました。だから困っていたんです。

    「娘さんに料理を教えないんですか」というご意見も全く分からず、考えていました。

    私の母が「料理は自分で本を見てやって」という人だったのです。「夏休みとか、あんた暇だからご飯くらい作れるでしょ!」と。

    私と私の母でテレビドラマを見ているときに、仲睦まじい母娘のシーンを見ると、私の母は決まって「あんないいお母さんいる訳ない! あれはテレビの中だからできることだよ!」と言っていました。母娘で料理しているシーンもそうでした。確かにウチではあれはあり得ないと思って納得した記憶があります。
    ずっとドラマに出てくるような仲睦まじい関係は全くのおとぎ話だと思っていました(誇張は勿論あるでしょうが)。しかし今、揺らいでいます。もしかして、そういう親子関係の方もいらっしゃるのでしょうか? いらっしゃるのでしょうね。
    娘に料理を教えるって、本を一緒に見て作るんでしょうか? そうしたら一人で作るのとあまり変わらないような気がしますが、それか独自のレシピがあるのでしょうか、すごいですね。
    (つづきます)

    ユーザーID:4958652237

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • トピ主です。続きです。

    不味いとか、悲惨とか、食べたくないなどの言葉を娘に直接言ったことはさすがにありません。

    私の母は作っている横から「なにそれ、まずそう」、「そんなの食べたくない」と言う人でした。食べたら勿論「不味い」。味付け、触感、材料の選び方、見た目、それぞれについての不味いの表現がやたらと豊富な人でした。

    本当に不味くて仕方のないときは「こんなものお父さんに出せる訳ないじゃない!」と言われ、急いでうどんやそばを茹でるよう言われたり、母親が総菜を買いに走ったりしました。

    母からは「普通に○○(市販品)使って作ればいいんだよ、誰でもおいしく作れるようにできてるんだから」と言われて、確かに○○の素や市販のルーなど使えば楽だなあ、叱られないし、結構おいしいし、何より母親に総菜を買いに走らせなくて済むと思ってやってきました。

    私は娘が料理を作っているときは静観、文句については味付けだけですし、それを口に出しては言わない、代わりの物は自分で(カップめんですが)用意するし‐‐と、娘に対して優しくしているつもりだったのですが、違ったんですね。

    違ったんですね。

    びっくりしています。

    このレスにびっくりが沢山ついているのもそのせいですよね。
    私もびっくりしていますから。

    色々とご教示いただきありがとうございました。

    娘と息子が成人する前に色々と知ることができ、良かったと思います。

    濃いめの味から始めて、少しずつ薄くしていく方法でやってみようかと思います。薄い味になったら娘も多少は食べるかもしれません。

    皆さん、ありがとうございました。

    ユーザーID:4958652237

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 一件落着ですね

    手厳しいレスが並んでいますが
    私は、双方が納得する解決策に至って
    良かったと思います。

    味覚は人によってだいぶ違います。
    好きじゃないものを沢山食べたからって
    好きになる訳じゃありません。
    お互いの味覚を相手に押し付けていたことを
    素直に謝りあって
    違うものを食べながらも
    一緒に食卓を囲める家族なんて
    なかなかいないですよ。
    素敵なご家族ですね。

    ユーザーID:2997249980

  • なるほど

    先程書き込んだものです。
    貴方にとってそれが普通だったからわからなかったという事ですね。
    ですが娘さんを否定する前に少し考えて欲しかったです、ちゃんと作る人がいるからレシピ本や料理レシピ投稿サイトが存在するのです。
    貴方にとって最初から出来ている鍋スープや惣菜は普通だったからといって、ちゃんと作っている人達がおかしい訳ではありません。
    どちらも普通です。
    普通以外はおかしいではなく普通以外の考え方もあるんだな〜くらい軽く考えてあげれば良かったんじゃないでしょうか。
    母親から否定的な事を言われたら結構長くショックを受けます。

    ユーザーID:3813048163

  • 「不味い」って、、、

    お嬢さん、ちゃんと本を見て作っているんですよね。 その料理を「不味い」と表現する、50歳に近いトピ主さんの言語能力と思い遣りの無さに驚きです。

    市販品の化学調味料に慣れたトピ主さんの舌には、お嬢さんの作った料理の味は合わなかったかもしれません。 でもその時でも、「私はもう少し濃い味が好き」等の表現をするのが、母と言うものだと思っていました。

    社会で働いているトピ主さん「食育」と言う言葉を見聞きしたことがありますか?
    トピ主さんの様に、食卓が貧弱な家庭に育った子供が、魚の切り身が海に浮かんでいるとか、ハンバーグは袋から出す物だと間違った学習をしないために、魚を捌いたり、出汁から味噌汁を作ることを学習する機会です。

    忙しい今の人全員が、ミンチ肉を捏ねるところからハンバーグを作るとは思わないし、簡単に作れるドレッシングだって、市販品から選ぶ選択肢もあって良いと思います。

    だけど、トピ主さん、イチから家族の為に食事を作っているお嬢さんのこと、すっごく馬鹿にしているでしょ。 これだけは許せません!

    ちなみに、親子で並んで料理をするのは、ドラマの中だけの話でなく、かなり多くの家庭で行われていた事です、特に専業主婦が多かったトピ主さんの世代では。 子供の頃の私の家では、餃子を作ろのも、皮を伸ばす係、餡を捏ねる係、包む係と分担作業でした。 こんな家庭多かったと思います。

    とりあえず、人間の体を作っている、食に目覚めたお嬢さんを馬鹿にしたり、非難する発言だけはやめてください。

    ユーザーID:2188723774

  • 娘さんの悪口を言いたいだけ

    つまり娘さんの悪口を言いたかっただけでしょう。そして今度はお母様の悪口で、自分を正当化していますよね。

    私もそうでしたが、親と味覚が違う人もいます。トピ主さんが市販の鍋スープやドレッシングが美味しいと感じるように、逆の味覚の人もいます。化学調味料や人工甘味料が苦手な人にとっては、市販の鍋スープやドレッシングよりも、手作りの方が美味しく感じるのです。

    私の母は濃い味付けが好きで、私の薄味で野菜が多い料理を不味いと親戚や近所中に言いふらしていました。他の方からご飯作ってくれるだけありがたいでしょうとかお嬢さんの料理の方が美味しいと言われると更にむきになって下手さ、不味さを強調していました。顔の見えないネットとはいえ、トピ主さんのやっていることは同じです。

    口に合わない夕食が辛いのは娘さんも同じです。いつまでも娘さんが譲ってくれたら楽できるのにと愚痴を垂れ流すのは見苦しいですよ。

    ユーザーID:6146480338

  • 料理は五感を育て、食べることは人生を豊かにする

    料理は、食材を触ります。匂いもかぎます。目で見ます。味見もします。
    音も聞きます。
    そして、盛り付けに目を使います。
    お味噌汁の大根ひとつにもいろんな切り方をします。
    お吸い物だって、かまぼこの切り方や、ゆずを浮かべたり・・・。
    お皿もどれにしようか・・・・なんてことひとつでも、お嬢さんとワイワイできますよ。

    箸置きに凝ったり、取り皿を変えてみたり・・・・目で楽しむことも食卓を豊かにする魔法です。

    ユーザーID:7582420580

  • 頑張って下さい

    私も同世代だと思いますが、遅くに産んだ子なのでまだ娘が料理を作ることはありません。最初は、こんな母親だったら最悪だな。私はこの人よりはマシかなと思って読んでいましたが、あなたのお母さんがそもそも負の連鎖の原因だったんですね。ある意味、あなただけの問題でもなかったんだと思いました。これから、頑張って下さい。

    ユーザーID:9770317357

  • なるほどね・・・

    主さんのレスを読んでいて、すごく不思議に思っていたのですが、13日 18:36のレスを読んでなんだか納得してしまいました。
    お嬢さんこそ、主さんや夫、息子さんとは食の好みが違うのに、お母さんがちっとも気づいてくれなかったんですから、それはけっこう辛かったんじゃないですか。やっと自分の好みのお料理が作れるようになって、よかったですよ。

    なんというか、私の知っている家庭では(我が家も含め)、お母さんが台所で料理を作る、それを子供が見たり手伝ったり、わからないことを聞いたりして覚えていくことも多いです。ちょっとしたコツとかね。
    うちの子は男子ですが、初めて一人で料理をしたいと言ったときには、分量、手順はレシピ通りにやってごらん、わからないところは教えるから、といってやらせてみました。
    できあがって、どうしてお母さんと同じにならないんだろうと不思議そうだったので、私はいろいろ試行錯誤して今の味になったからレシピとは違うんだ、と話したら納得していました。経験してみないとわからないからやらせてみて、その都度アドバイスをしたり、息子が作っておいしかったときは私がそのレシピを参考にさせてもらったり。
    もちろん失敗はありますよ。私も息子も。
    でもそのときは、もう少し味が濃いほうがいいかもとか、逆に薄味にしてとか、いろいろお互いに言って、家族の味を作っていくわけです。
    それは夫もそうです。夫はオムレツ大好きで、何度も失敗しながらも作り続けて、今では我が家で一番おいしいオムレツを作ってくれます。

    そういう親子のやりとりが全然感じられなかったんですもの。不思議でたまりませんでした。

    ユーザーID:8724634738

  • 気づきは、大切

    ドラマの中だけの話じゃないですよ。

    ある意味、トピさんはお母さんの背中を見て、倣ってきた。

    私の母はね、仕事していて、小学生の頃、帰宅すると「交換日記」に「おかえり。おやつは戸棚の中。お米を3合研いでおいて下さい」とか書かれていて、母が帰宅すると、一斉にみんなが台所にいました。

    自分が親になって、全部、自分がやった方が100倍早くて確実なのに、それをやらせてくれていた母に本当に感謝しました。高校は弁当で、母は朝食を、私は弁当を並んで作っていました。(両親も弁当があればよかったので、3人分作ってました)
    おかげで、高卒で上京して3食自炊でも困らなかった。


    なんとかの素も使いますよ。アレルギーがあって子どもたちが食べられない食材もあります。だけど、その食材に変わる同じような栄養素のものを使うことはできます。

    それと、これは私自身の経験ですが、疲れていると濃い味のものを美味しいと感じます。なので、疲れているときに作ると濃くなってしまいます。少し休んで味見すると自分でも「あれ?」と思ったの。
    トピさんは、ご自身の健康について考えて下さい。

    小学校の給食と中学校の給食は塩分量が違います。
    それは、体の大きさが違って、必要な量が違うから。小学校のカレーは、ルーから手作りで野菜や果物の甘さが感じられます。中学校は味がはっきりします。お酢を使っても、酸っぱさが感じられるように、逆に小学校ではお酢は使っていてもマイルドに仕上がっています。
    お子さんたちは、学校給食で薄味を知っているのです。

    気づきは、素直になれます。

    ユーザーID:4392652221

  • ここ(小町)で広く一般論を聞けて、

    良かったのではありませんか?
    ある意味主様も被害者ですからね。
    ただ、ちょっと気が付くのが遅く、母子の一番楽しいひと時を無にしてしまいましたね。

    それでも、娘さんは母を母と慕い、失礼ながら主様を反面教師として育ちましたね。
    きっと良いお相手も見つかるでしょう。
    良い家庭を作るでしょう。

    その時は暖かく見守ってあげてくださいね。

    ただ、心配なのは息子さんですが…(苦笑

    ユーザーID:5722718896

  • なんだかな。

    母親としても女性としても残念な気の毒な方ですね。

    ここでの皆さんの言葉にビックリしているとのこと。
    本当にビックリです。
    何を言われても理解できない様子。
    貴女はそれでいいでしょう。いいですよ、もう。
    貴女の舌は、貧乏舌なんだと思うから。

    ただ、それが当たり前、普通だとは決して思わないことです。

    家庭にはそれぞれその家庭の味と言う物があるのですよ。
    レシピがあるんです。
    それは、特別に教えたりしなくてもキッチンを覗いたり、一緒に食卓を囲むことで伝わって行くものなんです。
    そういう感覚が備わっていないのは、ご自身にもご家族にとっても本当に気の毒です。

    将来お子さん達が結婚することがあったなら、お相手にはこの考えを強要しないことですね。

    ユーザーID:9708372139

  • 私も娘さんの料理は食べたくありません。

    だって本当に不味そうだし、心まで貧しくなりそう。めざしだの煮たこんにゃくだの、朝食ならまだ我慢しますが、夕食として食べたくはないです(テンション下がる。食事にはムードもとても大事。)。挙句自分の料理下手を棚に上げて、人が調味料かけたり口直しのカップラーメンを食べたら睨みつけるとか、何様?と思います。ご家族も不平不満を抱えつつここまでよく我慢されたと思いますよ。立派です。

    これ以上つけあがる前に食卓を分離して正解です。私はトピ主さんや娘さんよりは料理はちゃんとできると思いますが手抜きもしますよ。だから鍋の素も大好きです。ごま豆乳鍋とか広島レモン鍋とかよく買います。

    ユーザーID:9508969585

  • 市販物に慣れすぎてしまったのかも。

    出来合いのお惣菜や〇〇するだけのレトルト系って味とても濃いですよね。
    それぞれの家庭の味ってあると思うのですが、薄味で育った人は味が濃い料理を出されるととてもじゃないけどしょっぱくて食べられない。
    味濃いで育った人は薄味を出されると物足りないし味しないと感じてしまう。

    ちなみに私は濃い味で育ちましたが、それでもお惣菜系は味が濃すぎるから毎日食べるのは飽きると感じます。
    お惣菜などは万人受けを狙った物ですからね、それなりに濃い味になってしまうのはしょうがないんですけどね。

    環境で好みの味って決まってしまうので娘さんの料理が料理本通りのものなのだとしたらそれは料理下手ではなく好みの問題なのだと思います。

    健康を考えたら薄味に慣れた方がいいんですけどね。
    塩分とかの問題もそうですが、何より将来もし病院や老人ホームなどにお世話になったらきっと娘さんの料理以上に食べられたもんじゃないと感じると思うので。

    娘さんが薄味にしてるのはあえてということはないですか?
    主さんたちご両親の健康を考えて。

    どちらにせよまずいと感じてしまうのはしょうがないこととは言え娘さんがせっかく作ってくれた料理に更に調味料を目の前で足すのは作った人ならあまりいい気分はしないもの。
    食後にカップラーメンもそうです。

    それをするくらいならちゃんと濃い味が好きだから次は濃い目で作ってもらえないかと言ってみては。
    どうしても味が濃いものが好きだと訴える。
    その時に娘さんの料理がまずいとか寂しい味とか言っちゃだめですよ。
    あとは例えばオムライスなどケチャップを自分である程度調整してつけられる料理などをリクエストしてみるとか。
    もしかしたらオムライスに顔書いてくれたりして後から足せないパターンもありえますが…笑
    後は濃い目の味付けそうな料理本をプレゼントしてみる。

    ユーザーID:5155145043

  • 味覚はリセットはできますよ

    私の母はトピ主さんタイプだったので料理といえば『なんとかの素』を使って作るものだと思ってました。
    そうやって育ったので私もはっきりした味でこってり濃い味や塩の効いた味が好みです。
    大人になって私は料理学校へ行ったので『素』は使わずに調味料で作るようになりましたがそれでも味付けは濃いめでした。結果高血圧症になってしまいました。

    病院で指摘されてから薄味にして塩分量を気にするように。
    最初の頃、私は極端に塩を抜きました。抜いてた期間は1週間だけですが、なんとそれだけで味覚が戻りましたよ。塩味に敏感になってほんの少しの塩だけでしっかり感じるようになりました。今まで普通に食べてたものを食べるとあまりの濃さにびっくりするくらい。

    ただ、徐々に味覚は元に戻るので段々濃いものを求めてしまうんだけどたまに塩抜きを数日すると戻ります。濃い味が好きな私でも野菜を茹でただけで何もつけずに食べても野菜そのものの味や香りが美味しいと感じた時の驚きをトピ主さんにも味わってもらいたいなあ。徐々に薄味にしてた時はただただ水臭かったけど、塩抜き期間置いた後は嘘みたいに味に敏感になったので。塩分も大切なのであまり長期間は塩抜きは危険だと思うのでそこは気をつけてください。

    ユーザーID:3954010223

  • 言うのも優しさ

    あまりに美味しくないなら「不味い」と言うと喧嘩を売っている状態になりますので

    「ちょっと○○が足りないね、ここをこうすると美味しくなるのかもね。」と言ってあげるといいですよ。

    煮物にしても、まずは出汁です。これが効いてない状態は美味しくない。
    醤油やみりんなどはちょっと足す程度。
    出汁がしっかりしていれば、煮物はおいしくなりますよ。

    不味いのはこれが足りないだけだと思うけどね。

    減塩で作りたいなら、だしをしっかり出すことからですから。サラダは酢、レモンなどうまく使うと言われてますが、そんなに減塩でしなくていいなら
    ドレッシングをうまく使えばいいだけです。

    やってくれてうれしいが、こうしてほしいという要望も言うのもいいと思いますよ。

    ユーザーID:5066310258

  • 最後のレス見て泣けてきた

    トピ主さんがお母様に言われた言葉が酷すぎて、子供だったトピ主さんが可哀想で泣けきました。多分トピ主さんが作ってたのは娘さんが作った料理と同じ様な健康的な食事だったのではないでしょうか? お母様の言葉って呪いの言葉でトピ主さんの味覚を変えたのかなあ。
    味覚は人それぞれですし年齢で変わってきますので、一番大事なのは楽しく食事をする事だと思います。私も娘さんと同じ様な食事してますが、たまーにジャンクフードが欲しくなる時があって、それはそれで身体が欲してるんですよね。健康に問題がなければトピ主さんの食事も問題ないと思います。

    ユーザーID:3582419589

  • なるほど

    トピ主さんはもともとそんなに食に興味のない人なんですよ、
    食べられたらなんでもいいし、どちらかというと子ども舌なのでしょう。
    それなら娘さんの作る、粗食ともいえるメニューは無理だと思います。
    申し訳ないけど、私もそのメニューの夕飯は嫌です。
    作ってくれた人に感謝しろ、文句を言わずに食べろっていうのは
    ある程度の価値観の一致があって初めて成り立つものだと思います。
    私もミルフィーユ鍋はレシピ通りだと味が薄くてあまりおいしく感じません。

    ただ、10代の頃ってヘルシーとか自然食とかに憧れるのも理解します。
    娘さんは山の中のなんでも手作りする自然派の暮らしとか理想なんじゃないかな。
    そこまで他の家族と嗜好が違うなら娘さんだけ別にされて正解だと思いますよ。
    娘さんも自分と他の家族との味覚の違いを自覚されているようですしそれでいいんじゃないかな。

    ユーザーID:2886242069

  • ひどいです

    めざしがメインの純日本食は娘さんが自分のためだけに作った食事なんでしょう。
    家族に食べさせようと思って作ったわけじゃない。
    家族のために作った食事は白菜と豚肉のミルフィーユ煮込みみたいに家族の好みも考慮したちゃんと今どきのメニューですよ。
    自分の好みは二の次にしてね。

    娘さんの好みを一切考えず自分の好みオンリーで夕食を作り続けたトピ主さんよりずっと思いやりがあると思うけど、まずそうだの料理下手だの大人が言うセリフですか。
    水100ccに対しコンソメキューブ1なら食べられないほどの薄味じゃないのに。むしろ濃いめですよ。

    挙句の果てに娘の出産時も面倒見たくないとか、自分の老後も見てもらうつもりはないとか。
    一体どこまで態度が大きい母親なのかと思います。
    私は公私ともに高齢者と関わる生活をしていますが、「世話になるつもりはない」と大口たたく人に限って世話になるはめになったりするんですよ。

    トピ主さんは謙虚さを学んだ方がいいと思います。
    痛い目に合わないと学べないものですけどね。

    ユーザーID:4242921485

  • お嬢さんの気持ち

    もうご覧になられていないかもしれませんが
    子供は巣立ち、還暦を過ぎた夫婦の暮らしに
    なりました。

    塩分、気をつけていかないと
    高血圧等々、気になる年齢です。

    日頃の味は大事だと思いますが
    やはり健康面を考えると
    薄味に慣れている方が、身体にも
    優しいのではないかと思います。

    お嬢さんも、いつか巣立つ時が
    くるかもしれません。

    家にいて共に生活していく中で
    お嬢さんにとって、親の健康面も
    含めて作っている料理の味付けは
    親孝行の一つかもしれません。

    ちなみに私もたまに外食をします。
    楽しみなことの一つです。

    家で薄味なこともあり
    濃い目の味だと思う時も
    ありますが、家と外食のバランスも
    取れているのかと思います。

    ご自身の健康とご家族の健康を
    少し考慮して薄味に慣れていくことも
    悪いことではないと思います。

    お嬢さんの、料理に向ける熱意も
    育っていくといいのではないかと思いました。

    もし、お嬢さんに料理を習おうという気持ちが
    ありましたら、料理教室へ通ってみることも
    いいのではありませんか。

    先生から教えて頂くことで
    上達すること、学ぶことも多くあります。

    ユーザーID:1324899934

  • 違和感

    きっと実の娘にあれこれ言いたがるお母様に育てられて、見事に自分もその性質を受け継いだというだけの話だと思いますよ。
    どういう性質かというと、「自分が正しい!自分が絶対!ゆずれない!」と自信を持っているということです。
    娘さんもその性質を引き継いでいますね。
    「お母さんの料理はまずくて食べられない」「娘の料理はまずくて食べられない」と否定しあってなんだか切ないご家庭ですね…。

    傍から見ると「作ってもらったものへの感謝や、労苦への気遣い・思いやりよりも自分の気持がそんなにガマンできないほど強く出るんだ…?」と違和感を感じますが、今更どうこうできることでもないでしょうね。

    ユーザーID:8181916096

  • 私はトピ主さんそんなに悪い人に見えないけれどな

    私は私の母がかなり強烈な人のせいかトピ主さんがそんなに悪い人には見えないんだけれどな。
    結局娘さんは娘さんの好みの料理を作り、それ以外の家族は家族の好みに合った料理を作って食べることになったのだからそれで良いと思うのですが。
    この問題って実は色々複雑な問題が絡んでいるんだろうなと思います。私の母はすごく手の込んだ料理を作る人でしたし決して不味くはなかったんですけれど娘の私の味覚視覚には全然合わないものでした。母親の作ったものが娘も好むとは限らないんですよね、それを母親に言ったらヒステリーを起こすから言っていません。だからトピ主さんは娘さんの好みの味を理解しようとしているだけで素晴らしいことだと思いました。
    ちなみに中年になった私は面倒でトピ主さん式の市販の味付けを使った夕飯を作ることが多くなりました。おせちとかも一切作りません(母は完璧に一から作って散々手伝わされましたけれど逆に反発!)きっと母が知ったら激怒し批判しまくると思います。一応3年ほど料理教室は、かよったんですけれどね(笑)こういうことに何が正解とかはきっとないんだと思う。それぞれ好みに合わせて作るでよいのではないかな?(ただし食べる人は文句言うべからず)

    ユーザーID:7546330651

  • うーん。

    >水100ccに対しコンソメキューブ1

    普通は水300ccに対してコンソメキューブ1個ですが、
    白菜から大量の水分が出ることを想定して100ccなんでしょうね。
    ですから、味付けは十分です。
    本当に「何もかけないと味が薄かった」のであれば、
    やはり味覚がおかしくなっていると思いますよ。

    ユーザーID:3386496738

  • カップラーメンにムードはないね

    家族そろってるのにカップラーメンを食べてどこにムードがあるんだろうか。

    めざしとこんにゃくで心が貧しくなるとか意味不明。
    カップラーメンだと豊かになるのかな。
    どう考えても食育に問題ある家庭だけどムードがあれば許されるのかな。

    私も食べたくないって、
    トピ主の娘さんは見知らぬ他人に作らないし。
    トピ主擁護したいからって語彙力が貧しいわねぇ。
    十代のお嬢さんの料理にケチつけるなんて。

    ユーザーID:4556466551

  • そのうち慣れますよ

    ダイエットのために糖質をカットしたところ、ソースもケチャップもドレッシングもやめる羽目になり、基本的にだしや少量の塩、オリーブオイル、ハーブ類の薄々な味付けになりました。

    最初は何の味もせずつらかったのですが、二カ月を過ぎると野菜の甘味などを感じるようになり、おいしくなりました。

    今は市販の総菜はしょっぱくて食べれませんし、コンビニサラダのドレッシングは3分の1も使いません。

    慣れますので、とりあえず召し上がってみてはどうでしょうか。

    ユーザーID:9226843632

  • 好みが違うだけ

    私も和食はあんまり好きではありません。
    どんなにちゃんと出汁がとれていても、立派な料亭のものでも、
    数日続くと飽きます。
    イタリアンやフレンチの方が数日続いても楽しめる。
    なので、そういう嗜好なんだと思います。
    お嬢さんとはたまたま嗜好が異なるだけ。
    どちらかの味覚がどうとか、そこまで非難する話でもない。
    それぞれで作られることになったのでしたら、それぞれで楽しめるといいですね。
    同じ物を食べていなければ家族としての一体感が失われるというものでもないですしね。
    要は楽しく会話して食べられればいいこと。
    毎日の食事、楽しんでくださいね。

    ユーザーID:9755109212

  • トピ主さんの育てられ方に涙が出ました

    これが普通だと思ってたんですね…
    と言う事は娘さんに対してもそうなのですね…
    なんていう負の連鎖…
    やはりそういうことなんですね…
    虐待された後は、虐待をする…と言うのと同じことでしょうか?
    自分が経験した事しかわからないですもんね…
    こんな悲しい家族もいらっしゃるんですね。

    ユーザーID:3196167381

  • 料理が上達する為には。

    りえこ様、こんにちは。

    料理人です。

    お嬢様の料理へのこだわり、私にはよく分かります。
    おそらく自覚は無いのだと思いますが拘る事が正義だと勘違いをなさっている。

    私も必死に本を読み解きながら毎日試作試食を繰り返し
    家族に感想を求めたものです。

    さて、料理に王道はありません。
    地道にやっていけばある程度のスキルは身につけることができます。
    しかしながら「味覚」だけは曲者で
    外からの刺激がなければ絶対に鍛えられない要素なのです。

    貴女様の味は既製品や市販の味が多くお嬢様のお好みではないご様子。

    ではプロの味がどうなのか味わってみれば良いと思います。
    お嬢様の味覚を2、3段駆け上がるくらいには大きな衝撃となるでしょう。

    高級店のコース料理を楽しむのも良いですし、カジュアルなレストランも良い
    大切なのは良いお店かどうか。

    前菜から始まりコーヒーやデザートへと繋ぐ味覚の移ろいが
    きっとお嬢様にはわかるはずです。

    そして貴女様もきっと気づくところがあるはずです。

    せっかく興味を持ち、自分でもうまくいかない所
    どうしたらいいのかわからない所が沢山あるなかで、家族に否定され
    意固地になっているのでしょう。


    料理は楽しい

    どちらにせよこれだけは忘れてはいけません。

    是非お嬢様に「料理コツの科学」という本をプレゼントしてみてください。
    プロの卵を育成する学校が出版している書籍で
    料理中のなぜ?に理屈から迫る有名な1冊。

    味は薄ければ良いわけではないですし、
    濃ゆければ一概に身体に悪いと言うものでもありません。

    ここをしっかりと踏まえた上で是非お嬢様の料理と向き合ってください。

    私は健康に気遣った拘りの一皿。
    是非食べてみたいと感じました。

    お嬢様の料理が美味しくないのは美味しいものを教えなかった
    貴女様の責任です。

    もっとコミュニケーションをとって。

    ユーザーID:7332752799

  • 料理教室に通った方がいいですよ。

    年配の女性も生徒としていますから、トピ主が浮くことはありません。

    料理の基本コースがいいと思います。

    普通は家庭で母親から習うであろう料理の基本を、お金を払って習うんです。

    仕方ありません。トピ主はその機会がなかったのですから。

    過去に学校で家庭科の授業があったはずなんてすけど、忘れてしまったんですよね。

    そして料理を習ってぜひ、息子に家庭の味を教えてあげてください。

    トピ主や旦那さんはいいかもしれませんが、息子さんは将来結婚するんです。

    娘さんが味わってきた苦労をきっとお嫁さんも味わうことになります。

    そしてトピ主の食事環境が、第三者(息子の嫁や娘の婿、そしてその親たち)に詳らかにされますよ。今までは閉ざされた空間で誰にも知られていなかったことです。

    子供たちはその味覚を持って家を巣立つんです。

    親として、まともな味覚を持たせるのは当たり前ではありませんか?

    ユーザーID:4685209312

  • すばらしい娘さん

    娘さんの料理が本当の料理、「ごちそう」です。味が薄いということは素材の味が味わえるということで、成人病の予防には欠かせません。
     濃い味付けの家庭の人は高血圧や成人病になりやすい。私の妻は薄味で、結婚してからそれに慣れたので、実家の味付けは濃く感じます。
     あなたからなんでそんな娘さんが育ったのかが不思議でなりません。
     娘さんはよい家庭を築くことでしょう。すばらしいです。

    ユーザーID:4391647395

  • 私もびっくり。

    トピ主さんのお母さんは、人が作った料理をけなす人だったのですね。
    それでは、伸びる才能も伸びないかと。

    私の母も料理が苦手です。
    それでも若い頃は、頑張ってホワイトソースを手作りしてくれたり、アップルパイを一緒に作ったりしてくれました。

    祖母も「誰かが作って食べさせてくれないかなあ」と言ってたので、我が家の家族の形なのでしょう。
    しかも祖母は、小さい頃に親戚の家に預けられて、炊事をメインでやっていたようで、母の味も知らないし、もう料理するのは懲り懲りだったのかも。

    私自身は、娘さんと同じで化学調味料か苦手です。
    出産後に、化学調味料の入った食品があまり食べられなくなり、今ではなるべく使わずに料理してます。
    外食やレトルト食品は食べられますが、美味しいと感じないので、めったに食べません。
    健康にはいいけど、災害で避難する時に食べられる物がないかもしれないのが、悩みです。

    娘さんの料理は、好きにさせてあげてください。
    水泳が得意な人や音痴な人がいるのと同じです。
    水泳が得意な人たちの中に、苦手な人がいるのだと思って、あなたは薄味が好きなのねと、見守ればいいと思います。
    その点だけでも、トピ主のお母さんとは違いますよ。

    最後に、母子で一緒に料理したことがないご家庭は珍しくないですよ。
    私の知人にもいます。
    親子で他のことを一緒にすれば、いいのでは?

    ユーザーID:6228038855

  • いつまでも非難しなきゃいけない?

    皆さん、そんなに薄味で手を掛けた料理をされてるのでしょうか?

    私は地方的に薄味で、さらに薄味の家庭で育ちましたが(お寿司にお醤油は付けないかほんの一滴程度)、市販のものもカップラーメンも美味しいと思って食べています。お鍋のモトも使います。
    トピ主さんはを非難している方の料理を私が頂いて、濃すぎて食べられないし体に悪いと言ったら嫌ではないですか?そして私のかなり薄い味付けの料理を食べたいと思われますか?

    トピ主さんの味付けもお嬢さんの味付けも、それぞれの好みでしょう。別段お惣菜を買ってきて食べるのも麦ご飯を食べるのも、同じように非難を受ける事ではありません。
    トピ主さんがお母さんから受けた言葉は心が痛みます。そのように言われて育ったのに、お嬢さんには「作ってくれる事は感謝している」と伝えられた事は素晴らしいです。お嬢さんと話し合われてちゃんと落とし所が見つかったのですから、それでいいと思います。

    ユーザーID:4705281365

  • 各人の好みや生活が分かって楽しい

    盛り上がっているので再投稿します。
    メザシこんにゃくが気になってレスの読み返しをしました。

    うちも晩ごはんにメザシを出したこともこんにゃくの煮〆を出したこともあります。
    でも、流石にメインは肉系の脂っぽい重いものだったなぁ、二人合わせて150歳の親子でも。

    メザシこんにゃくに文句を言って、カップ麺のくせにムードなんてと仰いますが、メザシとこんにゃく煮〆はかぶせたら高齢者でも正直喜ばないですよ。茶色い地味な見た目も塩っ辛い味も。食欲湧かせるために色も匂いも変化が大切です。

    加えてその2つとも節約料理なんですよ。金もかかってないんです。
    こんにゃくの煮〆を筑前煮位にしないと私は一緒に出せないな。夜なら食べる者がガッカリすると思う。
    トピ主さんの世帯は働き盛りだから、こんな油の抜けた料理だったら明日も頑張ろうって気にならないし、何ならカップ麺追加もあり得ると思います。

    トピ主さん、もしご覧になってたら、娘さんの料理を通じて色々お話ができると良いですね。
    料理を教えるばかりが親の務めでもありません。
    結婚したらもう食べたくても食べれない料理かもしれない。嫁ぎ先のお姑さんと、もしかしたら揉めてしまうかも。色々お母さんとして思ったことを教えてあげて下さい。

    ユーザーID:7437564091

  • 市販品はそこそこ美味しい、けれど、凄く美味しくは無い

    ドラマや芝居は誇張されている………。

    『私は普通、うちは多数派』

    と思って生きている方が大半だと思いますので、知らなければトピ主様がそう思って当然ですが、家族が主眼ではないドラマや芝居は、多数派の共感を得るように、『家族あるある』をベースにややオブラートに包んで作っていると思います。


    それはさておき、トピ主様が娘さんの挑戦

    『自分専用の食事を作る事』

    を認めたのは、とても良いことだと思います。

    料理に限らず、何かを習い、色々出来るようになると、

    『挑戦したい時期』

    が訪れるもの。

    『挑戦したい時期』に『挑戦できる』のは、とても素晴らしい事だと思います。

    トピ主様の決断は、娘さんにとって良いことだと思います。


    そしてトピ主様ご自身も、食卓で新たな挑戦を考えておられるご様子。

    いかがでしょう、この機に

    『自分好みの味』

    を探求してみると言うのは。

    市販品の多くは

    『だれもがそこそこ美味しいと思う味』

    に調整されています。

    そこそこ美味しいではなく、

    『自分はこれが好き!』

    と言うものを探し『何が好きなのか』、『何故好きなのか』を知り、『どうすればこの味ななるか』を考えると、料理に意義を見いだせるかもしれません。


    自分の好きな味を探求し、食い道楽の我が家は『卵焼き』のレシピが四種類になりました。

    父用
    砂糖小匙2杯、塩一つまみ、焼き油はバター、半熟、焦げ目ナシ

    母用
    砂糖小匙1杯、醤油一垂らし、焼き油はサラダ油、固焼き、キツネ色

    私用
    砂糖無し、醤油二垂らし、焼き油はゴマ油、半熟、焦げ目ナシ

    弟用
    砂糖大匙1杯、塩一つまみ、焼き油はサラダ油、半熟、キツネ色

    全て卵2個の同じ『卵焼き』ですが、全く違う味になります。

    自分好みの味を見つけるのは、とても面白かったです。

    ただ率直に言えば、弟用は焼くのが非常に難しいですが。

    ユーザーID:9289579062

  • 殺伐とした家庭

    今までのトピ主さんのレスを読んでそう感じました。

    料理の味についての好みは千差万別だし、市販の味だって上手に利用するほうがいいと思いますが、何というかお嬢さんとの間に愛がないんです。
    トピ主は母親に料理をけなされて育ち、同じことを今お嬢様にしているのです。大袈裟に言うと虐待の連鎖です。

    そして、まずいまずいと言いますが、まだ未成年の子どもが美味しい料理を作るのは無理ですよ。これから色々学んで上手になっていくのです。トピ主がいかにお嬢さんに酷な要求をしているか気づいてください。

    さらに言えば、息子さんも娘さんと歳が近いのですから、息子には料理させればいいじゃないですか。なぜ娘ばかりにやらせて感謝もなく、本当にひどいです。

    味についての色々な意見がありますが、この問題は味付けではなく、家族のあり方、親子関係、男女平等の問題だと思います。

    ユーザーID:8105196532

  • レスします。

    お嬢さんが作ってきたお料理は、糖質制限に拘ったお料理じゃないのかな?と思いました。

    糖質制限したい方は、お嬢さんのお料理に賛成だと思いますが、夕飯くらいがっつり食べたいと思う方だって沢山いらっしゃると思います。
    だから、コンビニのお弁当は売れ残ることはないですし、ファミレスも消滅することはありません。
    ファストフードだって、いつも人で溢れています。

    私は義父を亡くしてから、食べたいものを我慢して健康に気をつけても、考えもしない病を患い、あっという間に亡くなったしまった現実を見て、
    「健康って何?」と思うようになりました。

    おいしいものをおいしく食べることが、精神的な健康に繋がると思います。

    特に、治療食を勧められているわけでもないのに、一方的な糖質制限された食事は、非常に味気がなくて、食べた気持ちになれないと思います。

    ご家族が、糖質制限をのぞんでいるのなら、自然に慣れていくしかありませんが、そうではありません。

    私の子どもも料理を作ることが大好きで、白菜のミルフィーユは得意の料理です。
    子どもたちは、「めんつゆ最強」と語っていますよ。

    先日はキムチ鍋を作ってくれましたが、めちゃくちゃおいしくて「食べすぎ」と怒られました。

    身体がほしがっている味ってあると思います。

    カレーならば、市販のカレールーを使ったカレーが一般的ですし、身体も「カレールーを使ったカレー」だと認識してしまいますよね。

    私も市販のカレールーを使わないカレーを食べたことがありますが、しゃばしゃばで、味がしない・・・。何これ?と吐き出しそうになりました。
    しかも、固まった小麦粉を口にしたときの絶望感・・・。
    私は一体何を食べさせられているんだろう・・・と思いました。

    口に合わないものは合わない。それでいいと思います。

    食べたいものを食べて、幸せを感じて欲しいです。

    ユーザーID:4817968634

  • 私は親を塩分過剰で早くになくしたので

    私の場合は、とても若々しくて元気だった父を塩分過剰の食事が原因で亡くしました。食事に気を付けていても早死にする方ももちろんいます。でもその何十倍もの人が塩分過剰で病気になっているのが客観的事実ですよ。

    トピ主さんの間違っている点は、自分が正しくて娘が間違っていると勘違いしているところです。娘さんは正しくてトピ主さんがおかしいのです。

    ユーザーID:7825497982

  • 誰かのご飯って、美味しい

    初めまして。
    私、高卒で就職独り暮らしし、手作りのご飯(ご飯、味噌汁、おかず)の有り難さが分かりました。母は離婚後、18時間超労働で寝る暇も無い程働き、私達兄弟姉妹を高校まで出してくれてくたくたに疲れているに関わらず、作ってくれました。

    人って本当に疲れると、味覚や嗅覚、料理に必然的な感覚失いがちです。母の味も濃い(過ぎる)味で、子供の時から、いまに至るまで下痢気味です笑

    でも自分の為に作ってくれたんだ。という感覚は人ならではですので、天然のハーブやスパイスそれから味の素や少々の醤油、岩塩であなた(娘さん)の料理は美味しいわよ!

    と、一言、誉めて頂いてはどうですか?

    本物志向のお嬢様かと思いますので、庭があれば、家庭菜園や日の当たるスペースがあれば、野菜作りさせてみては。

    ユーザーID:9845108692

  • でもまあコミュニケーション取れてるし…いいんじゃないかな

    トピ主さんの生い立ちを見ててちょっと泣けてきたし、こりゃまた色々な意見つくだろうなあと思いました。
    そしてさらに私も書き込んでしまいます。

    母親からけなされて育ったトピ主さんは、料理に関してはそうならざるを得ないだろうなあと思いました。

    とは言え私は、そこまで今の状況悪いとは思わないですよ。
    娘さんとも何だかんだでコミュニケーション取れてるし。

    味付けに関しては、私も娘さんのほうの好みに近いです。
    でもトピ主さんみたいな味覚の人もいるだろうなあとは思います。
    毎日外食してるような人は、そういう感じなんだろうなって。
    (私は無理。外食は二日続くともう体調悪いです。旅行の時とか大変。)

    トピ主さんも、書き込みを見る限り性格が絶望的に悪いというわけでもなさそうですし、至って普通の人で、料理面だけ難があるみたいな感じですよね。
    虐待と書かれてる方もいましたが、そこまででもないような。
    笑い話で済むレベルだと思います。
    歩み寄ろうとしてる姿も見えるし。

    まあ、家庭それぞれ色々な習慣がありますよね。

    ちなみに母親が料理を比較的ちゃんとするタイプでも、味覚や好みの違う子供が出来上がることってありますよ。
    私がそれです。
    母の作るものがあんまり合わなくて。
    自分で作る今の生活が非常に快適で、体調もいいです。
    母の料理食べてた頃は、しょっちゅう吐いたりお腹壊したりしてて。
    家族内でこんなの私だけでしたので原因は明確にわかりませんが、好みというか、食べ物の種類が私に合ってなかったんだと思います。
    例えば、親=肉が好き、に対して、私=野菜ばかりをひたすら食べたい、みたいな。
    どっちが悪いわけでもないんですよね。

    自分語りが入っちゃいましたけど、トピ主さんにエールを送ります。

    ユーザーID:1076492025

  • トピ主が集中砲火を浴びるのは

    明らかに健康的ではない自分の食の嗜好を
    一生懸命に肯定する言い訳ばっかりしているからだと思いますよ。
    だからみなさん、じゃ、勝手にすれば?
    になるんだと言うことです。

    勝手にすれば?

    ユーザーID:1507166261

  • 娘さんのためにできること

    最新レスまで読みました。

    トピ主の利益の為と、娘さん自身の利益のために、料理教室に通うようすすめてみてはどうでしょう。

    今どきは買って食べる選択肢もできて便利ではありますが、自活の為に誰でも基本的な食事の支度が一応できるにこした事はありません。

    トピ主の娘さんは家庭の一員として、家事の分担をこなす意欲をお持ちの点とても立派だと思います。トピ主が自身で手助けできないにしても、応援する事はしてもよいのではないですか。
    そして、感謝のお気持ちがあるならそれも伝えた方がいいですよ。

    炊事手伝ってくれてありがとう。色々わからないところもあるでしょう。お母さんはあまり得意ではないし時間もなかなかとれないから…など水を向けてみては如何ですか。

    ユーザーID:9993210983

  • それでいいじゃない?

    各家庭のやり方があって、
    少なくともトピ主家はそれなりの話し合いがあって解決したんだから
    それでいいじゃないか?って思います

    案の定お嬢様は極端なタイプだったみたいですが
    それなりに妥協できたんだからいいじゃないか

    粗食食べたって、長生きできない人もいるんで
    そこは適度でいいと思う

    私は好き嫌いがほとんどないので
    お嬢様が作る料理から、市販の味付けジャンクフードそれなりに食べるけど

    お嬢様の作る食事が一般家庭のそれとは違うし
    まずいと言われても仕方ないと思います

    好き嫌いなくても
    毎日めざしは辛いとも思うもの

    なぜ、この親にしてこの子が育ったか謎だけど

    こんなに家庭料理を晩張り過ぎる日本の文化に疑問を持っています
    このままじゃ、外で働き始めた母親がいつか過労死しますよ

    理想の家庭であることってそこまで重要ですか?

    ユーザーID:2293246621

  • これから

    最初は市販品の濃い味付けに慣れちゃって、素材の美味しさがわからないのかなと思っていましたが、料理に興味を持てないような環境だったのですね。しかも共働きで大変だった。長年慣れ親しんだ味が落ち着くのもわかります。でも、薄味に慣れると、今までわからなかった素材の味もわかるようになると思います。
    お嬢様とは別献立で落ち着かれたようですが、折角ですから、お嬢様手作りのものも少しお裾分けしてもらったりして、擦り合わせができるといいですね。

    ユーザーID:0168752255

  • 味の嗜好があるもんね

    私も多分トピ主さんや息子さんと似てる嗜好だと思います。
    濃い味じゃないと食べた気がしない。
    しかも仕事で疲れてるので、食べられればカレーでもカップ麺でもありがたいです。

    でも娘さんは玄米ご飯、おひたし、めざし、煮豆…。
    精進料理のようなメニュー、どうして家族で娘さんだけこの嗜好になったのか、ホントに不思議ですね。。

    意地になってるわけではなく、本当にこういったメニューが好きなら、私やトピ主さんが好む食事はキツかったと思われます。

    トピ主さんと娘さん、ちゃんと会話も出来てるみたいですし、しばらくは別献立でいいんじゃないでしょうか。

    でもすごい余計なお世話ですが、夕飯でめざしや煮豆を喜ぶ同世代が多分いないと思います…。
    お友達とファストフード行ったり、将来結婚した時にお相手とぶつからないといいですね。。

    ユーザーID:3149208298

  • 一緒に料理教室へ行ってみたらどうですか?

    基礎中の基礎から教えて貰うクラスからまずは通ってみて、出汁の味になれてみるとか。
    市販の味はそれなりに美味しいけど、特別美味しくもないという意見に賛同です。
    保存料が入っていたり味も濃いので、それに慣れるともし塩分控えないといけない病気になった時に地獄だと思います。
    手作りが美味しいと思えれば、それが一番ですよね。

    レスを読んだだけだと、娘さんはレシピ通りに作っているのに他の3人がまずいと思っているのか、それとも勝手にアレンジしてまずくしているのか・・・よく分からないのです。

    料理が下手な人って、経験が少ないのにとにかくアレンジが好きな人多いと聞きます。
    という私も勝手に調味料とかアレンジしますが(笑)、必ず一度作ってから「代わりにこれ入れても良いかも」とか「塩じゃなくて醤油の方が味がまろやかになるかなあ」とちゃんと経験を基に変更しますので、まずいと言われた事は殆どないです。

    私も、母子で一緒に料理する機会を設けてみる事をお勧めします。

    ユーザーID:7043674040

  • 笑ってしまい失敬。ステキだ。

    なんと微笑ましいか、
    というか爆笑してしまいました。失敬。
    めざし。。。
    あしたは豆。。。
    想像しながら涙出るほど。。。 
    トピ主さんの文才も素晴らしく
    秀逸なコントのようで。
    あなた様の食卓に参加してみたい。
    娘さんの行動力もまた素晴らしい。

    あなた様の昔のご経験が少なからず反映してる事を知り、笑い事ではなくなりましたが

    娘さんと2人であーだこーだ言いながら
    うまく落としどころつけて、美味しい料理かできますように。

    カレーをいつか認めてくれますように。

    ユーザーID:9117402734

  • 貴重ですよ。

    今どき、とてもいいお嬢さんに育っていると思います。
    将来が楽しみです。

    マヨネーズに始まり、様々なタレが出ています。
    次々に購入すると、冷蔵庫はタレだらけになります。
    基本的な調味料で素材の味を生かした料理、いいですよ。

    ユーザーID:9940766231

  • 心からホッとする家庭料理

    の経験がないから、市販の味なんですね
    母の手作りで育ってきたので
    トピ主さんの言っていることが分かりませんでした

    ドラマ「きのう何食べた?」
    では、西島さんが、めんつゆなどを使いながらも毎日、手作り料理をするのですが、あの程度は普通の家庭で毎日、繰り広げられていると思います。

    私も毎日、手作りだし
    娘とお菓子を作ったり
    娘が料理を作るにしても、初めの何年かは横で一緒に作って、1人で作るのは、そのあとになると思う。

    ユーザーID:5035391994

  • まだ読んでいらっしゃいますか

    トピ主さんのレスを読んで
    思わず出てきてしまいました

    もう随分と昔になりますが
    当時父を亡くしたばかりだった10歳の私が
    働く母の為食事を作ったことがあります
    (それまでもご飯位は炊けていましたが)

    寒く暗い帰り道、慣れない仕事でクタクタだった母
    夫を亡くした悲しみや、これからの事で頭が一杯で
    帰宅してからの家事をする気力すらなかったといいます

    そんな中帰宅すると、温かいご飯とお風呂が用意され
    涙が出る程嬉しかったと母は言いました

    メニューはあまり覚えてないのですが
    塩辛く煮付けられた芋の煮っ転がしとか
    大して美味しくもない、いわゆる失敗作だったのだと思います

    でも母は美味しい美味しいと喜んで食べてくれました
    今でもあの時の事を、
    あんなに美味しい料理は他になかった本当に嬉しかったと話してくれます

    それから腕を磨き、今ではそれなりの料理上手として成長したと思います

    例え美味しくなくとも
    私なら娘が作ってくれるご飯はとても嬉しいです

    家族間なら作る人が自分の好みの味付けで良いのではないですかね
    その分楽しいですよ

    今は自分の娘に私の得意料理を教えていますが
    その内自分の味を超えてくれるのを楽しみにしています

    主さんの娘さんも料理に興味があるのなら
    きっと今より幅が広がると思いますよ
    お互い娘の成長を楽しみにしましょう

    ユーザーID:3303034652

  • 作られる前に自分で作る!

    もう自分で前の日か何かに、作り置きして置くとか!
    私も妹のご飯は不味いので可哀想だけど食べません(笑)

    ユーザーID:3297116159

  • 娘さん持ち上げられすぎ

    作り方に文句は言わない、出来ばえだけを見る。
    不味いと口に出して言わない、ただ行動では「味が物足りない」と示す。

    トピ主さんの認識通り、配慮ある態度だと思います。
    それをやっていい味覚の持ち主なら。

    「市販品の濃い味に慣らされたトピ主さんに、娘さんの味つけを批判する資格はない」といった意見が大勢を占めているので、上記の行為が否定されるだけです。世間の常識に対するトピ主さんの理解そのものは、別に間違っていませんよ。

    さて、私は娘さんを手放しで肯定する意見にも首をかしげます。

    それなりの年齢に達した方が、人生の答えとしてたどり着いた薄味や粗食とは違いますからね。10代の女学生が、「玄米や麦、豆は憧れだった」なんて言いながら粗食に傾倒するとか、ファッション的というか、上っ面だけという印象がちらつくのです。献立も、いかにも過ぎますし。

    母親の料理観に対する多少の反発も入っているのでしょうけど、彼氏ができた途端に宗旨替えしたり、就職やひとり暮らしであっさり挫折する可能性も充分ありそう。しばらくは好きにやらせてあげたらいかがかと。

    ユーザーID:4525946384

  • いや、薄味と寂しい味とは違うと思います。

    不味いんでしょうね〜ぇ。
    私も食べてみたいです(笑い)。

    大体、自分が作った物って美味しいんですよ、苦労してますから・・・。

    ところが、料理初心者だと作るのに時間がかかるので、味見を繰り返しているうちに舌がバカになってしまって、不味いのに気がつかなくなりやすいです。大体、薄味になり過ぎる傾向があります。

    たぶん、娘さんはこれでしょう。

    レシピを見ながら作っているのなら、全ての調味料をレシピ通りの正確な計量で作れば、間違いなく美味しくできますよ。

    水100ccにコンソメの元1個なら、普通に味が出るとは思いますが、白菜豚肉まで入れる料理なら寂しい味ですね〜。

    もしも、薄味に作りたくて作っているなら、薄味と寂しい味とは違うってことを娘さんに教える必要有り。

    薄味ってのは、塩気、辛気は少ないんだけど、その代わりにダシは多く入れます。ダシで喰わせるのが薄味です。単に入れる調味料が少ないのは、勘違いしてる人が作る『寂しい味料理』で不味いです。

    前述の白菜豚肉の料理では、白菜の根本のところを先に鍋に入れて煮込んで、目一杯白菜のダシが出たところで、白菜の上の方と豚肉を入れると良いかも?

    ユーザーID:6355976830

  • 料理を学んでますか

    娘さんは、料理教室でお料理を学んでますか。
    料理学校で学ばなければ、おままごとの延長でしかない。
    お料理の先生から学ばなければ、美味しいと言ってもらえるお料理を作ることはできません。
    昔に住んでた家は調理場が狭くて母だけが料理してました。
    妹は、母が不在の時に料理を作ってくれましたが、トピ主さんのように不味いと表現せずに、俺の「口に合わない」と言ってました。もちろん、妹は不機嫌になる。そこで料理学校に行くことを提案しました。学費は長男の僕持ち。
    お料理を学んでくると、さっそく家でお料理する。家族全員が「美味しい!」と言うのです。妹は、それが嬉しくて、とても良い表情になりました。

    ユーザーID:4474998361

  • どっちがバカ舌?

    失礼なタイトルでごめんなさい。
    あまり料理が得意でないトピ主さんがまずいという娘さんの料理。
    なぞかけみたいになってしまいます。

    娘さんはなぜ料理をされているんですか?
    フルタイムで働いてるお母さんを少しでも楽にしたいとか、
    濃い味に慣れてて、この先健康が心配だから薄味に慣れてもらいたいとか
    そんな気持ちではないんですか?

    せっかく作ってくれたものなんだから、心がこもっています。
    ありがたくいただきましょう。
    娘さんだって、まだ料理の経験は浅めなんでしょう。
    薄味でもおいしくいただけるメニューまでは至ってないんだと思います。
    どうしても濃い味が欲しくなったときは、娘さんが見てないときに…
    トピ主さんも娘さんに「母の味」を教えてあげては?
    買ってきたメインのおかずじゃねえ・・・

    ユーザーID:5497027979

  • 母と娘の微妙な距離感。

    トピ主さん同様、私の母も料理について尋ねるとキレる人でした。
    恐らく、教え方を知らなかったのでしょう。
    が、父の胃腸が繊細だったので、出汁重視の素材にシンプルな味付けでした。

    母は亡くなり、母のレシピは教わっていませんが、出汁の味は何となく覚えています。

    娘さんの好きな食べ物は何ですか?
    油は苦手なようですね。
    もう食の自立を果たしたのですから、逆に気兼ねなく聞けるのでは?

    ユーザーID:8505850726

  • レス拝見して

    まだご覧になってるか分かりませんが、あなたも大変だったんですね。
    誰にでもあてはまる「正解」ってないのかな、と思いました。あなたにはあなたの、娘さんには娘さんの正解がある。これから、そういうこと娘さんといろいろ話したり、一緒に料理したりして、お互いに理解が深まっていくのかなって思いました。

    ユーザーID:8659468099

  • そもそもの疑問。

    あまたある料理番組をトピ主はどういう目で見ていたのでしょうか。

    なぜ不味いのにわざわざ料理を作るのか?無駄なことじゃないか、としらけた目で見ていたのでしょうか。

    料理教室の存在も知っているはずですが、どういう目で見ていたのか、非常に気になります、、、

    ここで提案ですが、毎日忙しくて嫌になるでしょうが、お休みの日に娘さんとクッキーを作ってみてください。

    お菓子はレシピ通りにきっちり計ることが肝要ですから、トピ主でもちゃんとできます。

    そして手作りクッキーは、本当に美味しいです。

    トピ主と娘さんの今後ためにも、是非とも試していただきたいです。

    ユーザーID:4685209312

  • 娘さんの味付け派です

    トピ主さまのコメントを読んで、そういうご家庭もあるんだと私もびっくりしました。
    たぶん同年代です。

    家族の健康を預かっているので、出汁を中心とした味付けです。塩分も少し。
    素材の旨みだけで食べられます。
    長年濃い味なら、舌が麻痺して確かに美味しく感じられないのかもしれません。
    食べることが好きなので家族で頻繁に外食はしますが、夫は家庭の優しい薄味にホッとしてくれ家で食べたがります。

    インスタントも冷食も使いません。
    便利なものが売られているのは知っていますが、鍋も家庭にある調味料だけで美味しくできます。
    ドレッシングも毎回つくります。
    お惣菜はたまに買いますが、忙しさで続くと胃が疲れます。
    もちろんそれらを楽しんでいる方々を否定はしません。

    そんなご家庭でもお嬢様の舌は麻痺せず育つのですね。
    ご家族の体型や健康はどうですか?
    勉強になるトピ、ありがとうございました。

    ユーザーID:7183636093

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧