父との付き合い方

レス3
(トピ主0
お気に入り2

家族・友人・人間関係

おせんべい

私は40代シングルマザーで未就学児がおります。
70代の私の父と3人で暮らしています。
父は退職しています。
元気でいてくれてますが、物忘れ体力の低下など年相応にあります。
最近、私のことで、家族以外に知られたくないことをペラペラと話され、そのことを注意すると、逆ギレされました。事前に他人に話さないでね、と言っていました。
それ以来、なんとなくギクシャクしていて、普通にしようと思っても、会話をすればお互いにイライラしてしまいます。
父は自分の体の老化を実感していて、イライラしやすくなっているようにも感じます。
基本的には温厚で孫をとても可愛いがってくれます。
父にはとても感謝しているし優しくしたいけど、今はそれが素直にできません。
今だけかなとも思いますが、今後は父の介護なども必要になる時が来ると思うと不安になります。
穏やかに仲良く暮らしたいのですが、、
私の努力次第かな、とは思います。

ユーザーID:9925457014

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
  • 父親に「人に言わてれ困る事」を言わない。認知症になれば更なる

    (1)父親に「人に言われて困ることは言わない」
    (2)話聞かれて困る場面を工夫。一緒にいる生活空間を見直しルールを作る。
    (3)認知症の気配がある頃以降は特に注意。人に何を言うか分からないからないし、親が人にいうことが「妄想的な」ことになる場合もある。

    例えば、ケアマネさんなどに「娘が何も食べさせてくれない」などというようなことや「家族が〜〜なひどいことを言う」とか・・・「家族がお金を取る」とか・・・

    人に言われては絶対に困るようなことは

    普段から「耳に入れない」「そういうシーンを見させない(同席させない)」工夫が必要です。

    ただの加齢でも、細かい配慮の思考ができにくくなる場合もある。

    「家庭内の情報の秘密保持」作戦〜です。

    認知症は、65歳以上〜100歳越までの全高齢者が認知症になる確率で「〇人に一人」という言い方をするが

    実際には、80代以上生きる高齢親の場合は、認知症になる確率は2分の1くらいの感じがする(体験から)。2人に一人。

    「家庭内(=子夫婦家族の秘密)の情報の秘密保持」作戦〜ですね。

    >事前に他人に話さないでね、と言っていました。

    これは効果ないかもね。(人により、その時の状態にもよる。)
    そういう思考自体を脳ができにくくなるのだから。(人にもよる。)

    認知症の場合は、勿論、上記(1)(2)を行いましょう。
    その時期は、お世話や介護する子供が、親の様子を見て考えましょう。

    一つだけ…認知症の最初は
    同居家族でも、最初数年は、気が付かないと思います。

    ですが「なんだか最近性格がちょっと変わってきたな〜」と言う感じが出てきます。(認知症がはっきりした時に過去の変化を認識する)

    「以前のその親なら怒らなかったことに怒る」
    「怒ったりイライラする【ツボ】が、それまでの親とは違う」

    こういう変化は「認知症の初期の場合もある」。

    ユーザーID:7229785216

  • 脳梗塞とか

    大丈夫ですか?

    身体に不調があったり、認知症が入るとと怒りっぽくなることがあるようですので。

    高血圧とか、それぐらいの歳だと、色々薬も飲んでる人が多いと思いますが、お父様は、生活習慣病からくるご病気には注意されてますか?

    脳梗塞や糖尿病も、病院に行ったり薬を飲んでいたら重症化せずに済むこともあると思うので。

    ユーザーID:7997498065

  • 将来の別居や入所なども想定内にしておく〜行き詰まらぬ為に柔軟

    >父にはとても感謝しているし優しくしたいけど、今はそれが素直にできません。・・・今後は父の介護なども必要になる時が来ると思うと不安に・・・
    穏やかに仲良く暮らしたいのですが
    私の努力次第かな、とは思います。

    ●この先まだ、20年もそれ以上もの長い年数、世話や介護も、十分ありうる。

    実親との同居もまた

    うまくいかず揉め、介護者が苦しいなどは普通に起こる。
    特に一つ屋根の下は、なかなか難しいもの。

    行き詰まり、精神的に追い詰められ、揉め、険悪な状況も、普通に起こりえる。

    昔なら70代なら、親は他界している年代だが、現代では、世話介護はこれから。20年かそれ以上も続くかも。

    だから、この先

    うまくいかない時は【別居】【入所】の選択肢も【普通】なんだという、気持ちを持って。

    人は無理しすぎてはいけない。

    介護はしんどいもので、密室の家の中で行き詰まりがちです。

    どうか、大変になったら、行き詰まる前に、
    「父親に言い出しにく」くても、

    「別居」「入所」を話し、決断することをお勧めする。(金銭問題はあるが)

    子として胸が痛み親と揉めるかもしれないが、介護には限界もある。

    それは親不孝なことではなく

    【誰か子一人に介護がのしかかる】という現代の介護環境状況が、異常なことが原因なのです。

    【一人の親を一人の子が在宅で世話介護するのは】本来、【できない】【無理な】状況なんだという事を念頭において下さい。

    昔は近隣に住む、血のつながった「親の兄弟姉妹」や子の兄弟姉妹」やその家族がたくさんの人数で、協力し合って【介護の手もたくさんあって】、それでやっと、一人の親を介護して看取れていたのです。

    【子一人で一人の親の介護】・・という事自体が、もともと、不可能なと言える状況だと知っておいてください。

    どうか柔軟に。

    ユーザーID:7229785216

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧