• ホーム
  • 学ぶ
  • くらしの中の数字のイメージ (ちょいと知的な駄?)

くらしの中の数字のイメージ (ちょいと知的な駄?)

レス9
(トピ主1
お気に入り6

趣味・教育・教養

さっちゃん

日本では 一般的に3とか7の数字がおめでたく 漢数字の八は末広がりで縁起いいと感じ 逆に4とか9にはマイナスイメージを持ちますよね。
贈り物の数とか部屋の番号など 半ば無意識的にそうした感覚があちこちに生かされています。

日本以外の国では どうなのだろう?
そのようなイメージや思考ってあるのかなって ふと思いまして。

外国にも語呂合わせとか縁起とか故事にちなんで 数字の●がプラスのイメージで その逆のマイナスイメージは数字の▼ みたいな感覚ってありますか?

例えば

「この国では●の数字が縁起が良いとされ ○○のお祝いに●個のお菓子を贈る」とか
「▼の数字は忌み嫌われて ▼の付く日には○○をしない」
のような例があったら 知りたいです。

 お詳しい方 海外での留学・生活経験のある方 各国の留学生の方 教えてください。

ユーザーID:8558424982

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
  • 13

    映画で「13日の金曜日」が作られたくらい、13は好まれない様子です。

    中国では9が縁起の良い数のようですよ。日本とは真逆ですね。

    ユーザーID:3400381895

  • 忌み数というそうです

    そういった、避けられる数字を「忌み数」というそうで、やはりお国柄があるみたいです。

    有名なのは欧米で避けられる「13」でしょうか。キリスト教において、イエスキリストを裏切ったユダが13番目の弟子だから、などという由来があるようです。

    ぜひ「忌み数」で調べてみてください。

    ユーザーID:3790306032

  • モロッコでは、5が良い数字でした。
    ハムサ、と読みます。
    ファティマの五本の指をかたどったドアノブや額につけるアクセサリーなど、生活の中にたくさんありました。ファティマの手、で検索されると画像がたくさん見られます。
    ファティマというのは、イスラムの預言者の娘の名前だったと思います。
    イスラムの五行の教えにも通じるので、5は良い数字らしいです。ですから、多分イスラム圏では通じる考えだと思います。
    国旗にも五角形の星があります。

    ユーザーID:4644201440

  • 13は嫌われる

    よく聞く話ですが、キリスト教圏では13が不吉な数字として嫌われています。私が米国に出張した時に泊まっていたホテルには13階がなく、12階の上が14階になっていました。

    ユーザーID:9657504435

  • 13は嫌われる(追伸)

    私の前のレスにあるホテルでは、各階の部屋番号にも13がなく、○○13号室は欠番になっていました。徹底していますね。迷信を気にするお客に配慮していたのでしょう。

    ユーザーID:9657504435

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 英語圏ラッキーセブン

    日本は本来、そんなに七は特別視しないと思うんですが。
    偶数は割れるから縁起がよくないと、奇数でのやりとりを好む、というのはあって(結婚の祝いに二万円とか2個セットの物とか使えないアレですね)、そういう意味で七は奇数で使いやすいというのはありましょうが。

    ラッキーセブンは英語圏での特別な7好みが元のようですね。まあ今は大体どこでも777は好かれるようですが。

    ユーザーID:5561720920

  • 八がよい数字というのは

     ギリシャでは3が聖なる数字だったそうですし、3を聖なる数字と考える民族は、古代世界ではあちこちにいたとか。それは、昔は数字に対する認識が今ほど発達していなくて、1、2、それ以上は沢山という感じだったからという説を読んだ記憶があります。

     日本において漢字の形が末広がりで縁起がいいというのは後付けの理由で、漢字が入ってくる前から8はよい数字とされていたそうです。それは2という数字がよい数字で、その2を3回掛けてできた8もよい数字ということだとか。
     2がよい数字というのは、物が2つ揃うと物事のバランスが取れるといった考えだったとか。

    ユーザーID:2460081952

  • レス ありがとうございます

    早速のレス ありがとうございます。

    国や文化圏 宗教でいろいろありますね。

    キリスト教圏の13嫌いは 徹底してますね。

    中国では9も良い意味があるとか アラブ圏では5が好まれるなども
    勉強になりました。

    7という数字について 日本古来から 
    七五三 七福神 春の七草 秋の七草 77歳のお祝い(喜寿) というのがありますが、英語のラッキーセブンとの関連は どうなのだろう?
    調べてみたくなりました。

    とても勉強になります。

    ユーザーID:8558424982

  • 13日の金曜日

    昔のことですが、出張のため、東京からヨーロッパ系の航空機を利用しました。13日の金曜日です。

    座席は、ビジネスクラスの最前列で13A。
    それより前はファーストクラスで、たしか8列目まで。つまり9列目から12列目までは欠番でした。

    どうせなら13列目まで欠番にしないのか、と思った記憶があります。

    今ここで投書していることは、何事も起きませんでした。

    別の文化圏で、20番台で欠番(フロアが無い)のビルに行ったことがあります。
    高層ビルでは、上水道ポンプや分電盤を置くために、テクニカルフロアといってエレベーターが停まらなかったり、欠番になってる建物もあります。
    でも、そこは正真正銘1階分とばされていました。

    ユーザーID:2937298443

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧