35年海外に住んでから帰国

レス62
(トピ主18
お気に入り183

キャリア・職場

さくら

学生の頃にアメリカ西海岸に来てから35年、あっという間でした。
独身女性です。気がついたらこの年ですが単身ということで
嫌な思いをしたことはありません。
仕事は大変でした。でも西海岸の自然豊かな環境が自分に合っていたらしく
趣味を通じて良い女友達もいて
永久帰国したいと一度も思ったことがありませんでした。

最近になって東京近郊に住む両親が高齢で日常生活が不自由になってきています。もともと親との仲は良くなかったので、過去に有給を取って帰国したのは数年に一度きりで実家が狭いのでビジネスホテルに泊まっていました。
でも、親孝行できるうちにすぐに駆けつけられる距離にいられるよう永久帰国を考え始めました。相当悩んだのですが、後悔がより小さい方を選びたいと思いました。

日本で仕事に就けるのか不安ですが、外資系の人材紹介に登録し、まだ採用には至ってないものの、数社ほどSkype で面接を受けました。
理想は西海岸に将来戻ってこられる住居があることですが
物価高の故、それは叶いませんでした。
費用面のこともあり帰国後にアメリカへ再引越しは無理になります。

日本で社会人一年生として日々の慣習に馴染む努力をし(年齢は高いので
会社から求められることは一年生ではないのですが)、
アメリカへの想いは胸に封じて(これが私にとって一番大変かもしれません)
残りの人生を少しでも充実させられたらと願っています。

若い頃に情熱の塊のみで知り合いもいない海外に出てきた時と比べ
50代の今は気力体力が10分の1しかないかんじなのですが、
時間がかかっても新天地での生活を軌道に乗せられるように
うまく自分の心持ちを保てたらと思っています。

海外小町の皆さんの日本への郷愁の思いや、帰国後の体験談のお話に目を通させていただきました。
似た状況での経験談やご意見をいただけましたら嬉しいです。

ユーザーID:1062408786

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数62

レスする
  • お気持ちは分かりますが・・・

    ご両親の介護をしたいというお気持ちは分かりますが、それでも永久帰国はやめた方が良いと思います。

    現在トピ主さんには安定した職業で、収入があり住居があるのですよね?
    CAで得ているだけの収入を、日本で得られる可能性はありますか?

    トピ主さん、恐らく若くても40代後半、恐らく50代なのではないでしょうか?日本での職務経験のない50代近い独身女性をフルタイムで採用するのは、今の日本では厳しいように感じます。
    もし帰国を本気で考えるのならまずは 必ず仕事が決まってから。移住はそれからでも遅くないでしょう。仕事がないのに止めて日本に帰国するのだけはやめた方が良いです。

    介護の度合いにもよりますが、行政を利用したり、ホームやヘルパーの導入でトピ主さんが帰国しなくてもなんとかなることもあるでしょう。

    CAで生活しているトピ主さんが辞めてまで帰国する事はご両親が望んでいる貴方の人生でしょうか?
    介護は数か月になるか、または1、2年になるか、10年になるか この先は分からないでしょう。仲が良くなかった両親のために帰国して一緒に過ごし介護したとしても また険悪になったりする可能性だってあります。
    介護期間がある一定の期間だとして、その期間のためだけにトピ主さんの人生を変える事が本当に良い事なのか考えた方が良いです。

    アメリカの企業でしたら、職種にもよりますが、介護が特に必要な期間だけ日本に帰国し、日本から仕事をする事だって可能でしょうし、一定の休職も可能だと思います。まずは上司に相談する事も良いと思います。何らかの配慮をしてくれる可能性もあるでしょう。

    ユーザーID:9623876923

  • FMLA

    永久帰国はまだ保留にした方がいいと思います。
    せっかく仕事もあり、生活の基盤を築いてきたアメリカでの生活にピリオドを打つのはまだ早いかと。 

    私もアメリカ在住、50代です。両親も来年には80歳になるので、できるうちに親孝行をしたい、もし両親に何かあったらできる限り援助をしたい、というお気持ちはよくわかります。

    とりあえず、会社のFMLAを利用しての一時帰国としてはどうでしょうか? この間は無休になりますが、日本に一時帰国してご両親のお世話のめどがついたらまたアメリカに戻ってきて職場復帰できます。私の職場のイギリス出身の同僚は、お父様の病気の看病をするためにFMLAを取ってしばらくの間イギリスに帰っていました。  

    今から日本で仕事を見つけるのは不可能ではないと思いますが、長年アメリカで働いてきた後では、習慣や仕事に関する考え方の違いなどで日本の社会に馴染むまでに苦労すると思います。 収入においても、日本で新人扱いとなると、今のアメリカでの仕事よりも下がると思います。 

    私なら、日本でやり直すよりも、アメリカで仕事を続け、両親が必要な公的支援を受けられるよう金銭的援助に力を入れます。 もちろん、休暇を取って日本へはできるかぎり帰るようにします。 自分の生活のためにも仕事はリタイヤまでこちらで続け、リタイヤしたら永久帰国を考えて居ます。 

    一時帰国をして様子を見て、それから永久帰国するかどうか考えてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:6334800467

  • 国際結婚組様

    真摯なお返事ありがとうございます。
    50代前半ですので、年齢制限がない外資系での仕事を探そうと思っております。先日、若いイギリス人女性のリクルーターの方から「あなたは35歳以上だから難しい」と言われて落ち込んでいたところでした。

    両親との思い出がほとんどありません。でも育ててくれたのは確かですし、
    自分に子供がいないこともあり、親孝行できる間に、唯一の自分の家族のために尽くせる時間を持ちたいと思っています。

    仰ってくださったように、何年になるか分かりませんので
    帰国する時には完全帰国しかないと考えていました。
    残念ながら今の仕事は、長期間離れる場合は辞職するしかない状況です。
    日本で仕事を見つけることが今の課題です。

    事情は違っても、似たような状況で
    長い海外生活の後に日本で働いた経験のある方、海外生活が性に合っていた方からのご意見もいただけたら嬉しいです。

    ユーザーID:1062408786

  • 在米30年で永住帰国しました。

    さくらさんは、まだお若いので最期のことなど考えていらっしゃらないと
    思いますが、私の経験を少し紹介したいと思います。

    字数の制限があるので、ポイントだけになりますが、、、

    私の夫(日本人)が、ある夏、腹痛で医者に行きましたが、
    その原因を調べる為に、超音波やCT、MRI,バイオプシーなど
    色々な検査を受けて、最終的にすい臓がんと診断された時は
    もう冬になっていて、手術も出来ない状態になっていました。

    保険は、HMOで、入院の自己負担は一回400ドルのところ、
    保険会社の指示で、3日ごとに転院させられました。

    私も去年の夏に乳がんの疑いでクリニックに行きましたが、
    個人のクリニックなのに、エコーもマモも骨密度などその場で
    出来るし、ひと月後には、入院して手術も受けました。

    帰国してすぐ国民健康保険に入られるし、治療費も自己負担には
    収入に応じて限度があります。

    とにかく、医療制度に関しては、天国と地獄の差があります。

    人間の死亡率は、100%!
    自分の最期も見据えて決断されてください。

    ユーザーID:5227657621

  • 最近帰国しました。

    同じ様な状況で、最近帰国しました。
    やはり50代です。

    仕事は、給料が下がることを覚悟さえしていれば、実績があり英語ができれば案外仕事はあります。私は仕事を探し始めたら、すぐに仕事がきまり、その後もオファーがありました。年収は前ほどではないですけど、独り暮しで普通に貯金できるくらいです。

    もし本気で帰国を考えているなら、今が一番若いときなので、行動に移したほうがいいですよ。

    ユーザーID:6374318904

  • ちょっとずつずれてる

    日本に永久帰国しての介護・就業を選択肢の一つとしていて、それについての情報が必要なのですよね。

    でしたらここで聞く質問としては、実際に日本で介護に関わっている人からの日本の介護の実態や制度、利用できる機関の事だし、就業にしても、海外生活経験者の就職活動と合わせて、日本で人材採用に関わっている人、会社内でその様な人材と一緒に働いている人の生の意見では無いですか?

    「35歳以上だから難しい」の言葉に今更落ち込むなんて、、、生の声を聞いていたら、いの一番に言われる事です。 その現状には怒りを感じますが。

    そして、日本にある外資系企業に勤めると言う事は、日本やアジア圏を重要な
    拠点として考えている企業で、その中で日本のオフィスに求められる事は、日本の商習慣や慣習、思考回路を説明し、日本でのビジネスを円滑に行っていくためのアドバイスです。 日本での就業経験が無いトピ主さんにできますか。 それとも言語が関係無い専門職なのでしょうか。

    今、日本では「介護離職」が問題になっています。 トピ主さんの様に、親の介護の為に仕事を辞めた50代以降の人が、介護、あるいは介護がなくなっても、仕事が見つからず貧困に陥っていく問題です。

    トピ文を読んでいて、本当に帰国の理由は親の介護なのでしょうか?  両親との思い出もほとんど無く、そして今は介護が必要な状況では無い。 その状況で職を無くしても帰国をしますか?

    ユーザーID:0984870452

  • お試し帰国おすすめ

    海外生活20年、私も似たようなことを考えて、日本で二カ月ほどアルバイトをしました。転職覚悟の休職でしたが、転職も容易な職種で、無職でもしばらく暮らせるほどの貯金もあり、クビになったら欧州への未練もなくなって日本で暮らせると思って、欧州のアパートを契約したまま帰国しました。

    ですが、日本での就労経験もそれなりにある私でも、欧米との差に戸惑いました。
    個性が受け入れられる欧米とは違います。日本は良くも悪くも保守的なので「独身」「50代」「アメリカ帰り」が受け入れられるかどうか。海外で年齢や既婚、バックグラウンドなどを意識することはほとんどないと思いますが、日本では毎日のように年齢を聞かれ、毎日「普通の」日本人とは違うということを思い知らされます。

    もちろん日本人なので、日本の方がしっくりくることもありますが、私は欧州の方が気楽だと思いました。日本の医療制度は素晴らしいですが、年齢を気にせず働けて年金も保証されている欧州の方が老後としても魅力的でした。

    インターネットでやり取りするだけの両親は優しく、昔と変わったとも思いましたが、やはり一緒に暮らすと、こういう所が嫌で家を出たんだったと思い出すこともあり、永住帰国案は完全になくなりました。

    もちろん個人差はあるので、トピ主さんが私と同じ思いをするとは限りませんが、ダメだった時のために戻る道は用意しておいた方がいいと思います。
    短期のアルバイト、おすすめです。バイトならすぐ見つかりますし、同じ職種じゃなくても日本の職場の雰囲気や同級生の生活や考え方などがよく分かります。

    介護も見据えての帰国だと思いますが、日本は介護離職も問題になるほどです。介護で職を失って家族で路頭に迷うより、欧米できっちり稼いで介護代を仕送りする方が親孝行になることもあると思います。

    ユーザーID:5125713319

  • 同じく西海岸

    望まれている回答ではありませんが、少しだけ。

    西海岸在住、年齢もだいたい同じぐらいの者です。
    気持ちはわかるけど、「仲が悪い親のために」というところが引っかかります。人生を大きく変える決断を、折り合いの悪かった人たちのためにする、そのことがトピ主さんの精神状態にどれぐらい影響するのか、今の時点では何とも言えませんよね。とりあえず1週間でも有休をとって、今度はホテル滞在ではなく実家に住み、親とちゃんと向き合って関係を再確認してみてはいかがでしょうか。覚悟だけでは解決できないこともあるとおもうし、「永久帰国」と自分で退路を断ってしまってから、「やっぱりそりが合わない」という結果になったら、相手が親だけに、気持ちの逃げ場がなくなると懸念します。

    あと、ここまで西海岸の自由なスタイルに慣れ切ってから、この年になって、今さら日本の習慣や感覚に自分をはめ込まないといけないというのは、想像するより厳しいと思います。

    今の住まいは持ち家ですか、賃貸ですか?持ち家なら売らないでとりあえず貸すとか?私の住むところは、西海岸ですが不動産は目の玉が飛び出るような価格ではありません。Affordableだと思います。かといって田舎でもありません。いろいろな選択肢を残しておいたほうがいいと思います。この年になって自ら退路を断って自分を追い込むのは、自分を苦しめることになるだけではないかと心配します。もはや助けの手を差し伸べてくれる人より、あなたに助けを求めてくる人の方が多い年齢なのですから。後悔のない決断、も大事だけど、自分を守るための決断も大事ですよ。

    ユーザーID:1894261936

  • ご両親は「帰ってきてほしい」と言ってるのですか?

    特に経済的に。

    貴方に残すものは無くても、自宅を処分すれば自分たち二人施設に入るくらいの資産があれば経済的には問題ないはずです。

    それならもっと訪問の頻度を上げれば良いだけでは?

    経済的にサポート必要、つまりあなたが扶養する必要があるならもっと問題です。
    それだけの賃金を得なければなりませんし働ける期間は短い、例えばご両親の家に住むにせよお二人を見送った後にはあなたの老後があります。

    文化云々はその後ではないかと思います。

    ユーザーID:5820213162

  • おせっかい様 キャベツ様

    おせっかい様

    ご主人様とのお辛い過去を書いてくださってありがとうございます。
    おせっかい様の心労を思うと言葉がありません。

    命に関わることではありませんでしたが、数年前に突然病院通いになった時に初めてアメリカの医療費の恐ろしさを身をもって知りました。
    日本人のお知り合いの方がリタイア後にご帰国された時はアメリカの医療制度のことが大きそうでした。私も、自分のことだけの理由で帰国を決めるとしたら、その懸念が大きくなった時なのかなと感じていました。

    キャベツ様

    アドバイスありがとうございます。
    仰ってくださったように、生活基盤が全てこちらにあり
    また一から新しい生活基盤を作る大変さへの不安があります。
    今の職場は米系のとても小さな会社で、人事担当の方も他の業務を兼任してるような小さな会社になります。会社がFMLAの対象外なのと、小さすぎて、誰か一人辞めるとすぐに誰か代わりを補充する必要があって、長期間離れるときには退職しかない状況です。私は経理を担当しております。
    アメリカで仕事と住居(持ち家があったとして)が待っててくれて
    一時帰国後にここに戻ってこれるのが理想でした。
    現実的には、ここを離れる際には仕事を辞めて賃貸契約も終わらせるしかなく、
    日本の環境に適応することをどうにか頑張るしかないと思っております。職場でもプライベートでも、アメリカ人や日本人以外の外国人の方と接することが多かったです。西海岸は友人関係や緑豊かなことも含めて自分に合っていると思います。帰国したら日本の職場環境に馴染む努力をするつもりではおりますが、実際やっていけるのか不安です。

    引き続き、アドバイスや経験談をいただけましたら嬉しいです。

    ユーザーID:1062408786

  • どうなのでしょうね

    Can’t We Talk About Something More Pleasant?(Roz Chast著)という本を一読されることをお勧めしたいです。
    ひとりっ子の著者が折り合いの良くない両親をいよいよ介護せざるを得なくなった体験談。義務感とそれを嫌だと思う心や、更にそれを自己嫌悪するなどの様々な心の葛藤と現実的なお金の問題や終りの見えない看取りについて周りの医療関係者からの驚きのアドバイスなどが描かれています。嫌な事は出来るだけ外注しまくっても良いのだと介護する側を応援する感じでもあります。

    後悔が少ない方は永久帰国だと一応の決心はされたようですが、もう一呼吸置いて考えてみるのも良いのではないでしょうか。お金を稼ぐ、というのは重要な事ですから。

    ユーザーID:5674706813

  • 帰国だけがすべてじゃない

    叔父はずっと40年ほど海外在住。
    祖父が入院手術闘病中も祖母が一人暮らしが難しくなった時も日本へ本帰国、自分の国へ呼ぼうか色々と迷ったようですが、結局は帰国する事なく祖父母共に電話越しで最後のお別れでした。
    憶測ですが帰国しない決断は、4人兄弟で自分がいなくても他の人が見てくれるだろうという逃げ道があったのも大きいと思います。

    同じ子供の立場の母は一生懸命時間とお金もかけて精一杯の親孝行でお世話をしても祖母と口喧嘩が絶えず、叔父は時間的な負担が全くなくたまーに帰国して会いに行くだけ(世話はしない)でわざわざ遠くからありがとうと言われてるのを見れば面白くなかったと思います。
    お葬式の時は叔父に親不孝者という人も少なからずいました。

    でも私は孫の立場から見て思ったのは、日常生活の介助や介護が必要で第三者を頼れるなら頼った方が親子関係が壊れずに済むんじゃないかと。
    同じ事をする・してもらうでも娘だと色んな所でイラっと来て強くアタリがち、ヘルパーさんや第三者だとありがとうって素直に受け取れる事も。
    手助けのための費用を負担して、今までよりも帰国の頻度を上げるだけでもいいんじゃないかな。

    ユーザーID:6907376639

  • ぽんず様 楓様 レスありがとうございます

    ぽんず様
    親の近くにいられるのも、過去35年と異なる環境に適応する努力を始めるのも、一年でも早く始めた方がいいのではと考えていました。最近体が不自由になってきている親の年齢のこともあり、いつ何が起こってもおかしくない、その時に太平洋の向こう側にいたら後悔するのでは、という思いが日増しに大きくなっています。職種は違うかもしれませんが、日本で一人暮らしができる仕事を見つけられたぽんず様に心強く感じます。

    楓様
    親が体調を崩し始めてから、介護制度や役所関係のことをネットで勉強し始めておりました。まだまだ学ばなければいけないことがたくさんあります。
    若い頃から自立して国外におりましたし、両親とはもともと仲が良くなかったということもあり、楽しい思い出がほとんどありません。最期に後悔しないように少しでも尽くしたいという思いがあります。あたたかい家庭像に人一倍憧れながらも自分自身が家庭を持たなかったのは、実体験として親子の愛情表現を経験してないからかもと思ったこともありました。
    日本で仕事を見つけないと自分を支えることができませんし、ましてや親を支えることもできないので、まずそれが優先事項だと思っております。同時に、35年間もの間、西海岸で生活してきておりますので、慣習や人々の思考やコミュニケーションの取り方等が違う環境に溶け込むには相当の努力を要するのではと感じています。同じ経験をされた方や、同じことを考えたことがある方からのご意見やアドバイスをいただけたら、思考の幅が広がったり、方向性を変えたり、または背中を押していただいたりとできるのではと思い、投稿させていただきました。

    ユーザーID:1062408786

  • 欧州こまち様 flower様 レスありがとうございます

    欧州こまち様
    経験談を教えてくださり、ありがとうございました。現地でアパートを契約したままでの日本でのアルバイト、私も考えてみたいと思います。私の場合は今の会社のネックは有給を取るのがやっとで、それ以上は退職せざるを得ないので、アメリカに戻って次の仕事が見つかるまでは無職になってしまうことです。親のそばにいたいという気持ちさえなければ、私も今いる国の方がとても住みやすく、帰国する前から、あれやこれやと考えては、私はやっていけるのか?という不安があります。
    実際に親の近くに住むようになったら、自分が全て包み込んで尽くしたいと今は思ってはいるものの、嫌な思いをしたり子供の頃の感情が戻ってくる可能性もありますね。それは盲点でしたが、そうなった時に、もし日本の社会にも居場所をつくれていなかったら八方塞がりになるので、退路を断たない方向で考えていくことがやはり大切なんだと気づかされました。

    flower様
    親身なご返信ありがとうございます。
    親とは向き合って真剣な話をしたことがなく、将来の話をしようとしても、「私は私」「あなたはあなた」のような距離感で、結局は自分がどうするかは自分で考えて決めるしかない気がしております。ただ、去年あたりから体調が悪い、体が不自由になってきているというメールを受け取るようになってきて、毎日心配で案じている自分がいます。
    私の住むところは不動産が高騰していて、今までずっと賃貸でした。
    もし何らかの事情で日本でうまくいかなくて、やっぱり今いるところに戻りたいと思った場合、引っ越しや車や最低限の家具を用意するのにも費用がかかりますし、アメリカに戻って次の仕事を見つける間は無収入になりますし、それらを考えると、現実的には再度アメリカに戻ってくるという選択肢はないのだろうと思っていました。
    自分を守るための決断との優しいお言葉に、心で涙いたしました。

    ユーザーID:1062408786

  • 黒猫様 洗濯中様 レスありがとうございます

    黒猫様
    両親は、おそらくですが、急病で倒れることがないかぎり、数年以内に今住んでいる小さい自宅を処分してそのお金で施設に入るのではと思います。そのようなことを子供と話したがりませんので、推測でしかならないのですが…。
    何かあった時に自分が海外にいてすぐ駆けつけられなかったら、後悔してもしきれない後悔を抱えることになるのでは…と思っております。国内にいても仕事で忙しいとすぐに駆けつけられないのは同じかと思いますが、せめて定期的に顔を見に行くことができますし、メールの文章だけではない状況が把握できるので、必要なサポートができるのではと思っていました。
    自分の老後のことは完全に後回しでした。

    洗濯中様
    本を教えていただいて、ありがとうございます。
    早速近くの図書館で予約しました。


    今回、発言小町に初めて投稿させていただいて、
    皆様からのレスがとても為になります。
    アメリカにはいろんな家族のバックグラウンドの方がいますが、
    親が年老いたから近くに引っ越しや転職や離職というのはあまり一般的に理解されるお話ではなくて、私個人の実情をご理解していただける皆様からのレスにとても感謝しています。
    引き続き、ご意見や経験談、アドバイス等をいただけたら嬉しいです。

    ユーザーID:1062408786

  • 先走り過ぎでは

    さくらさん こんにちは

    私は海外に住んでいた事はないのですが
    高齢の親がいるので、お節介かもしれませんが、一言
    日本では、介護離職はするな、と言われています。私もそれに賛成です。

    海外ほどではなくても、日本国内でも、親に対応するためには
    仕事や生活の兼ね合いが難しく
    たとえ近くに住んでいても、高齢の親のために自分の生活が
    かなり損なわれます。それが果たして良いことか。
    子は親の面倒を見るために育ったわけではない、と思います。

    さくらさんが、必ず後悔するだろうと思われるほど親孝行を意識するのは
    何故なのか、その辺も悩まれましたか?
    親と毎日のように日々接すると、想像で考えていた以上に実際は
    厳しいと思います。
    親孝行などという、美しい言葉には収まりきれない現実の積み重ねは
    頭で考えて出した答えなど、あっという間に蹴り飛ばす勢いだと思います。

    私も親ですが、たとえ子供と遠く離れてさみしく不便でも
    子供がいきいきと生活できる場で幸せに生きてくれていたら
    自分のために呼び寄せるより、その方がうれしいです。
    もちろん、離職や転居をさせてまで呼ぶ気はありません。

    西海岸と東京郊外、往復にはどれくらい費用がかかりますか。
    まず、何回かでも試しに会いに帰り、その後、帰国の決断をしても
    遅くないと思います。
    転職を決める前に、まず、最も必要なのは
    親と近居で自分が耐えられるかどうかの見極めではないですか。

    親と軋轢があるなら特に、高齢になったからといって
    急に仲良くはできません。多分大変です。そこで揉めるくらいなら
    遠くから見守るという曖昧だけれど決定的な亀裂が生まれない立場
    でいるという、親孝行の仕方を選んでも良いのではないかと思います。

    私なら、親孝行で自分の全てを手放し永久帰国する方が
    よほど後悔すると思います。
    親の人生は親が自分で閉めて良いと思います。

    ユーザーID:9944088913

  • 理解が難しい

    また私は、何かあった時は、その時はその時
    駆けつけられなくてもしょうがないし、それは運命だと思っています。
    私の親に、何かあって会えなくても後悔はしないと思います。
    どうしても、親の元に駆けつけていなくては親不孝との思いがないからです。

    何故、そんな決まった事のようにそう思うのか不思議です。
    近くに住み、サポートし、親孝行し、親も自分も満足し
    いざという時がきたら、枕元で見守り送る。
    というイメージは、確かに素晴らしいかもしれませんが
    さくらさんにとって、今のところ中身の無いきれいごとのように思います。

    義務感なのか、何でしょう、その別れに際しての
    後悔するだろうという決めつけの理由は。
    実際は、本当に様々な死があり、別れがあり、人それぞれです。
    同居していたって、たまたま1人の時に死んでいく人もいます。
    心が繋がっていれば、形にこだわる事はないとも思います。

    親に尽くすとおっしゃいますが
    それが、どこからきた思いか、エネルギー源は何か
    今まで会う気が無かった親と、どう向き合うのか
    よくお考えになってのことと思いますが、私のお友達なら
    反対するでしょう。
    弱った親なら頼ってくるから、うまく行くのでは無いかという想定なら
    賭けですね。

    ユーザーID:9944088913

  • ひとこと・・・

    トピ主さんがそういう目的でないことは重々承知ですが、長く国外にいて帰国すると、医療費補助目当てで帰ってきた…と思われることがあります。
    周りから良く思われませんので、(長年保険料払ってなかったくせに…とか)医療費の話はしないほうがいいですよ。おいしいとこ取り、と思われています。

    外国語が堪能であれば、何かしらの仕事はあると思います。

    ユーザーID:6478291769

  • 介護は

    海外に住んでいるわけではありませんが、介護はしました。
    どんなに不仲な親でも、亡くなれば大なり小なり後悔は必ずします。
    近くにいること、それが必ずしも双方にとって後悔が少なく幸せな選択とはなりません。
    ご両親と仲がよかったわけでないのなら、
    50を過ぎて大きく生活環境が変わり、孤独もあるでしょうし、高齢の両親に対して寛容な心で介護ができるかどうか、もしかしたらご自身が介護鬱などになるかもしれませんし、日本で新たに仕事をしながらご両親と近い距離で携わっていくことは、精神面でかなり難しいのではないでしょうか。

    施設に入所されるなら、西海岸からできる限り施設に通う、それだけで十分なように思います。近くに親族がいないならいないなりに、介護は何とかなっていきます。近くに面倒を見る人がいるということになると、介護負担は天井知らずで重くなっていくかもしれません。

    親は子供が幸せなことが一番の望みではないでしょうか。
    後悔が少ない選択ではなく、ご自身が幸せに生きていくための選択をしてください。
    主さんと同世代で娘がいますが、私は娘に幸せになってほしいと思います。幸せで活き活きと暮らしてくれたら、すぐに会えない距離でも十分に親孝行ですよ。

    ユーザーID:9374518221

  • 介護離職

    こんにちは、私は50代真ん中で、シングル。(バツも子どももありません。隣の市に結婚した妹がおります)
    父は3年前に他界し、母は老健に入っています。
    私も介護離職に反対です。特に帰国してどれだけのお給料がいただけるのでしょうか?また定年まで何年?
    私の感想ですが、介護に係ることは、ほぼお金が解決します。
    母の施設には妹と交代で行っておりどちらかが必ず週に1度は訪問していますが、他の入居者様はもっと面会が少ないようです。
    母は多床の部屋で済んでおりますので、毎月の費用は15万程度に抑えられております。父は認知症のグループホームに入所しており、そちらが20万弱。もし二人が生きていたら毎月35万程度の金額が出ていきます。
    ご両親の年金がいくらもらえて、さくらさんの持ち出しがいくらなのか?その稼ぎを何年間続けられるのか?よく考えて決めたほうが良いですよ。

    ユーザーID:8140874528

  • リモートワークという手は?

    私も大学以来アメリカ在住で、おそらく十年後にはトピ主様と全く同じ悩みを持つのではないかと思っている者です。トピ内容、皆様のレスを真剣に読みました。(この経験の厚み、小町ってすごいですね。)

    休職は無理というお話ですが、トピ主様の現在のお仕事が経理とのこと、門外漢で的外れかもしれませんが、現在のお仕事をリモートワークで日本から続けるという可能性はないのでしょうか?私の職場ではWFHが自由、業務内容によっては数週間、又は何か月でも世界の反対側から仕事をしていても全く問題ない、という状態です。(私自身の業務では支障がありますが。)また、ほかの職場では、ニューヨークでの仕事を退職して、タイに引っ越し、タイからのリモートワークでフリーランスとして元の職場に雇われている人もいました。西海岸なら特にそのような働き方に理解があるのではとおもいますが、どうでしょう。

    現在のお住まいにいらっしゃるうちに自宅勤務する時間をだんだん伸ばしていって問題ないか確認し、双方納得してから日本に長期滞在しつつ勤務続行できれば、退路を断たずにお試し帰国ができるのではないでしょうか。アパートは家具付きでサブレット、日本ではマンスリーなどを利用して。

    ユーザーID:5194943464

  • 後悔しました

    私も、トピ主さんより少し短い期間欧米に住んでいて(既婚)
    余り関係が良くなかった母が、同じ様に日常生活が不自由だと言って来て
    私を必要としてくれてると思って、自分の家族を置いて一時帰国しました。

    スキルが余りなかったのと、もう還暦近い年齢だったから尚更
    仕事が見付からず、母とは益々関係が悪化して、
    スープの冷めない距離に引っ越そうと思っても金銭的に難しく
    怒鳴りあいの喧嘩をしたりの修羅場を体験しました。

    私がいない方が良いと実感して、自分の家族の元に戻りました。

    トピ主さんは、スープの冷めない距離に住めるなら
    まだ良いかも知れませんが

    よく発言小町でも語られる、「甘い蜜にほだされてドツボにハマった」
    私の様にならないように気を付けて下さい。

    私は、まだ帰る所があったのが幸いでした。

    ユーザーID:4962808573

  • さくらさんみたいな人と会ったことがあります

    5年以上前の飛行機で隣に座った女性がサクラさんみたいな人でした。
    彼女(以下、Aさん)とは日本からアメリカ東海岸に向かう飛行機で出会いました。
    彼女は大学からアメリカに行き、アメリカで就職、結婚。
    出産はされなかったと記憶しています。
    でも妹さん夫婦(フルタイム共働き)には複数のお子さんがいて
    うち一人は障害があるそう。
    Aさんと妹さんの親御さんも同居されていたような。
    妹さん夫婦では障害のあるお子さんと親御さんの面倒を見るのが難しいとのことで
    Aさんは妹さん家族の手伝いをするために永久帰国を決めたそうです。
    暫くはAさんは妹家族のお宅に住むそうで、お互いがそれを受け入れられるのか
    見極めるためにAさんが妹さん宅に住んで手伝いをする期間を徐々に設けて
    その期間を少しずつ長くしている途中の帰国の便で私と会うことに。

    Aさんは自ら妹さん家族の力になることを強くお望みで、その覚悟もおあり。
    妹さん家族(特にお子さん)との距離感の取り方が最初は大変だったけど
    だいぶお互いに心を開けるようになったと仰っていました。

    アメリカで結婚したアメリカ人のご主人もAさんの決断を尊重し、
    Aさんご夫婦はアメリカの戸建てを手離すことにしてその手続き中とか。
    ご主人の仕事が何だったか覚えていません。

    私は国内ですが、親と飛行機移動の距離で離れて暮らしていますが、
    親のために今の生活を捨てることは考えません。
    中途半端な決断だと後々後悔するからです。
    親の人生より自分の人生の方が20年以上長いはず。
    20年以上後悔しながら行きたくないので。

    仲の良くない親のために今の生活、将来の生活を捨てる本当の覚悟が
    さくらさんにはありますか。

    ユーザーID:2657407467

  • くくる様 蘇芳様 レスありがとうございます

    くくる様
    おそらく私はくくる様のお母様に心情が近いのかと思います。周りから親孝行か親不孝かと思われることは全く気にならないのですが(アメリカ生活が長すぎて周りの方にどう思われるか気にしなさすぎかもしれないです)、近くにいて助けないで親と電話越しでお別れすることになったら、一生後悔するのではと思ってしまっています。でも、くくる様が仰られたように、私の場合は両親から嫌われてるんじゃないかと思い子供の頃を過ごしてきたので、近くにいたら八つ当たりされたり、どれだけ尽くしても親に幸せを感じてもらえないかもしれないと皆様からのレスを読んで考え始めております。

    蘇芳様
    現実になると頭で出した答えはあっという間に蹴り飛ばす勢いというお言葉と、遠くから見守るという曖昧だけれど…というお言葉が深く心に残りました。親御さんからの立場としてのご意見もありがとうございました。
    往復するには安い航空券で1000ドル(10万円)くらいです。有給を頻繁に取れる会社ではなくて、多くても年に二回、一度に4−5日程度の滞在になるかと思います。
    去年あたりから体の不調や不自由さを書いたメールがよく来るようになりまして、今まではドライな関係でしたので、それではよっぽど辛い思いをしてるんだと、自分のことのように心配でたまらない日々が続いております。私自身は独り者ですので、いつか自分が死ぬ時には家族はいません。でも、家族がいる人は、最後の時を家族と時間を過ごして、見守られて過ごすのが幸せなのでは…と思ってしまっております。

    ユーザーID:1062408786

  • おせっかいオバ様 さのす様 たんご様 ありがとうございます

    おせっかいオバ様
    助言ありがとうございます。気をつけるようにいたします。
    私自身は西海岸が自分に合っていると思い、去年までは帰国を考えたことはありませんでした。日本の慣習やビジネスマナーは身につけていかなければいけないのですが、仕事は英語のみの職場が多かったです。年齢で難しい部分があるかもしれませんが、可能性があるということは嬉しいです。

    さのす様
    くくる様と同じく、子供がいきいきと幸せでいてくれることというお言葉に、なぜだか泣けてきました。私の親もそう思ってくれているのでしょうか…
    自分の幸せを考えた場合、他人でも周りに困っている人がいたら自分の痛みのように感じてしまう性格なので、親がしんどい思いをしていたら、少しでもしんどさを和らげられるよう自分が何とかしなくてはいけないと思ってしまいます。もしそれができなかったら、自分自身が不幸になるのではと思ってしまいます。育ててくれた恩返しをするために、今は自分が全て包み込んで何とかしなくてはと思ってしまいます。
    ただ、長年住み慣れている場所から日本へ帰り、仰ってくださったように環境が大きく変わりますので、生活基盤を一からつくって社会に馴染むまでの精神的ストレスは頭で考えてるだけでもそれ相応のもので、いったいどうしたらなるべくスムーズに適応できるのだろうと悩んでおりました。

    たんご様
    具体的な金額を教えていただいて、ありがとうございます。
    年金の額は知らないのですが、私自身の家賃と電気水道代等を引いた残りで毎月そんなに出すことができません…。
    定年といいますか、働ける間は一年でも長く働かなければいけないと思っています。

    皆様からのご意見、本当にありがとうございます。
    自分の感情が、近くにいて支えたいの一本槍なのですが
    皆様からのご意見を読んでいて気づかされることが多いです。
    引き続きレスをお願いできたらと思います。

    ユーザーID:1062408786

  • 帰国したら絶対に後悔はする

    アラフィフ独身。80代の両親の介護をしています。(父は要介護3で老人ホーム入居中)
    私は海外で暮らした事はありませんが、父親とは不仲で、何十年もまともな会話をした事がありませんでした。
    母親とは仲は良く、一緒に旅行に行ったりもしてましたが、21の時に家を出てから、四半世紀離れて暮らしてました。
    父の施設入居を機に、独り暮らしになった母と、再び同居する事になりましたが、同居3ヶ月目。引越しの片付けも終わり、生活のリズムが出来上がってきた時点で、大ゲンカになりました。
    母にとっては、私は「自分が世話を焼いてあげなければならない子供」のイメージで、私にとって母は「頼りになるお母さん」でしたが、足腰が弱り、ごく初期ですが認知症の症状も出てきていた母は、娘や当の母自身が想像している以上に「老いて」いました。
    そして、成人してから離れていた数十年の月日は、親子を「世代も生活習慣も全く違う他人」にしてしまっていました。
    母の老いを受け入れ、生活習慣の違いをすり合わせ、父の入退院や通院の手続きと世話。施設とのやりとり…。
    職場が介護に理解のある所なので、どうにか乗り切れていますが、トピ主さんが想像している20倍は大変だと覚悟して下さい。
    また、親の面倒を看る事で、感謝されるとか、分かり合えるとかも、期待してはダメ。
    「自分がやりたいからやる。始めた以上は最後までやり切る」という気持ちで。
    「報われたい」とか「評価されたい」とか思う気持ちが、少しでもあるなら、帰国せずに永住しましょう。

    まず間違いなく、帰国したらその事を後悔します。
    帰国せずに後悔するのと、帰国して後悔するのと、前者の方が自分にとってはマイナスになると思うから、帰国を選ばれるのですよね?

    ユーザーID:1725549536

  • 後悔のわけ

    もしかしたら、最後に親と良い関係を築きたい
    それをしないと後悔するということでしょうか

    最後の最後に、今まで悪かったと親が感謝するかもしれない
    和解できたら、できるかも、私が頑張れたら…
    そこに至るまでは何としても尽くす覚悟
    ということなのか
    または、そんな結果が出なくても良い覚悟ですか

    さくらさんが、自分の幸せを捨てても
    親と関係を修復した方が自分のためであると思うなら
    それもありかもしれません
    ただし、さくらさんが犠牲を払いどんなにしても
    親は変わらず、関係は悪いままかもしれません
    期待が裏切られても大丈夫ですか

    ご両親がどんな方達で、何故今まで良い関係では無かったのかわからないので何とも言えませんが
    親と縁の薄い人生だったな、という結果でも
    構わないんじゃないか
    それを受け止めるのも一つの人生じゃないか
    自分を大事にしてくれなかった人のために
    せっかく培ってきた今までの自分の努力を無にするのは
    自分に悪いのでは無いかと思います。

    邪推だったらごめんなさい。

    ユーザーID:9944088913

  • 表現は悪いがリスクも有ります

    今年60になる一人っ子長女で、今90過ぎの両親とスープの冷めない距離で近居しています。

    ちなみに親が弱って来たので近居にしたのは
    私が55、両親が80代の時です
    その時は母が痴呆症で介護1、85の父は要支援1でした

    近居までは二人分のヘルパーを駆使していたので
    通院の付き添いと、生協以外の買い物、ヘルパーの来ない日曜の様子見だけで
    遠距離でした。

    近況にしてからも、入退院の準備や手術の付き添いが90までに両親で3回でしたね

    同居家族がいるとヘルパーさんの利用制限が有るので、近居にしたのだけは正解でした

    今は母が介護3で車椅子の老健施設
    父は介護2で入居も視野に入れていますが
    自宅が売るに売れず(所有者が認知症だと面倒)です

    持病が少ない親はともかく、私が過労とストレスで今通院しています
    同居はしてなくても結構辛いです
    専業主婦で夫が随分助けてくれててこれです

    親には元気で長生きして欲しいですが
    今で90でも顔色良い、食欲旺盛な痴呆気味の両親を見ていると
    色々思うところがあります
    ケアマネさんには、独居老人でも何とか回るので
    くれぐれも無理しないようにとアドバイス貰ったのですがね
    仕事は必ず確保して、出来るだけ介護保険支援を使うことをススメします

    ユーザーID:3295531711

  • 東海岸様 ドツボ様 灰色の瞳様 レスありがとうございます

    東海岸様
    私は恥ずかしながら10年前は具体的にこのような状況を想像しておりませんでした。親との関係はとてもドライで、私が観光ガイドをするので遊びにくる?というお誘いも興味がなかったようです。自分が今の心情になって初めて、会社選びも含めていろいろな事態に備えて計画しておけばよかったという後悔があります。現在の職場はWork from homeが週に1度ほどできる人もいるのですが私の業務や経理と関わる人たちの業務は全て電子化されておらず、残念ながら長期的に離れるとなると退職しかない状況になります。東海岸様は長い目で考えていらして本当に偉いと思います。遠く西海岸より、応援しております。

    ドツボ様
    経験談をありがとうございます。似たような状況を経験された方からのご意見がとても参考になります。自分が全て包み込むと思ってはいても、私も同じように親との仲がこじれることはあり得ると思いました。実家には私が寝れる場所はないので同居にはならないのですが、帰国する時にはアメリカの賃貸契約を終わらせてからとなりますので、本当に覚悟を決めてからと思っておりました。皆様のレスを拝読させていただいて、頭で考えていることと日常の毎日は違うものになるかもしれないと思い始めております。

    灰色の瞳様
    Aさんのお話をありがとうございました。私もお試し期間で短期滞在ができればよいのですが、今の仕事は有給を取るのが精一杯で、一年間の間に1週間の滞在を2度ほどしかできなく、西海岸での人生は終わらせて新しい国(生まれ育った国ではありますが社会人としては新人です)で仕事をしながら親のサポートができればと考えておりました。

    ユーザーID:1062408786

  • 一人娘様 蘇芳様 レスありがとうございます

    一人娘様
    独身で同じ年代で親の面倒をみてらっしゃる一人娘様からの、20倍は大変というお言葉を何度も読み返しました。報われたいという気持ちは全くなく、不自由していると聞くと心配で、年が年なのでいつ何があるか分からないとも案じ、自分が力になって少しでも助けたいという気持ちがあります。私も父とはまともな会話をした記憶が全くありません。母とはメールをしますが、昔から母は私に対しては遠い知人というかんじの接し方です。親子関係が良い友人家族をみては寂しい思いをしていました。それでも生まれてから義務教育の間は育ててくれたのは親で、親の代わりはおりませんので、恩返しの意味もあり、自分にできることは何でもしたいという気持ちから帰国を真剣に考え始めました。

    蘇芳様
    関係を修復したいという気持ちはなく、年老いてきて不自由さもあり、近くでサポートしないと後悔するのではという気持ちがあります。そうすることによって親から自分がどう思われるか考えたことがありませんでしたが、年老いて不調が増え不自由にもなる生活は、家族に見守られて過ごす方が心安らぐのではないかと思っておりました。
    せっかく培ってきた今までの自分の努力を…の箇所に心が揺れております。言葉をマスターすることから始めて一人で海外でやってこられた方は皆さん同じ苦労をされたと思うのですが、まるで私のことを全て知っている友人から言葉をかけていただいたような、なんだか泣きたくなる気持ちになりました。

    ユーザーID:1062408786

レス求!トピ一覧