現代社会のテストで西暦を省略

レス73
(トピ主1
お気に入り141

生活・身近な話題

だいとん

レス

レス数73

レスする
  • アポストロフィ

    西暦を省略するときはアポストロフィをつけると思うんですけど。
    「'46」とか。
    それはついてたのかついてなかったのか?

    それでも2000年にはいってからは
    19の省略なのか20の省略なのかがわかりませんから、
    あまり使わなくなってきたのかもしれませんね?

    どっちにしろただの46とか47じゃ、西暦の意味をなしてないと思いますし
    テストの解答で省略するのはよくないように思いますね。

    ユーザーID:1653530769

  • いや、ダメだと思いますよ

    漢字のテストで、後→后、間 歳→才と書くようなものですよ。
    なぜテストで省略していいと思ったのかが謎です
    1800年代じゃないってしっかり分かってるってどうやったらそこから読み取れるんでしょう?
    まぁいい経験になったと思います。
    ちゃんとした書類は略さずにきちんと書きましょうというのは大人になっても当然の常識ですので

    ユーザーID:4268972205

  • いつの46年?

    今は2020年だから、1900年代のことってわかるでしょー?ってことでしょうか?

    1846年って間違えて覚えてて46年で正解にしてしまったら?同じ46年でも違いますよね?それに大学入試で同じように46だけで返答してはいけないから、ちゃんと書けるように、普段から書いておくべきですね。

    ちなみに平成は31年4月迄でしたが、昭和は64年迄ありましたので、昭和46年?ってなりますから。先生の言う通り不正解ですね。

    ユーザーID:6091404848

  • ダメです

    その省略のしかたでは「西暦」「昭和」の区別がつかない。

    知識からすれば「西暦」とわかるものの省略する場合の記載方法がありますが、私はそれをキーボードで示す方法がわからないので、ここではお伝えできないです。

    しかし、試験の解答で「省略する」いうことじたいがよくない。

    わざわざ省略して誤解を招くよりも 正式に「西暦」で書く手間を惜しんではなりません。また試験の解答方法に「冒険的記載」はよろしくない。素直に西暦4桁で書けばいい。

    これは社会にでて国家試験、仕事で書類を作成したり、お客様に説明資料を作ったり・・・とにかく他人に見ていただくものの記載には、

    「このぐらい 省略しても わかるだろう」

    と言う考え方は 大禁物 です。最悪、仕事を失いかねません。それを学生時代から身に着けていただきたいのです。

    どんな立派な広告でも、漢字変換間違いがあったら 一瞬にして交渉・契約は消失するどころか会社存続の危機になることもありますから。

    私(63・男)は在職中、無線局申請書の周波数の記載で [kHz]と書くべきところを、うっかり[KHz]と書いてしまい、約3万枚もの申請書を全部書き直した苦い経験がありました。

    ユーザーID:7933740634

  • ダメだよ

    そりゃダメだよ、
    昭和46年やら何やら分からんじゃん。

    ユーザーID:3398308598

  • 省略ではない

    46年と書いたのだから、西暦46年ですよ。
    1900年以上前です。
    間違っているから×になりました。

    省略することはよくありますね?
    テストでそれを適用するとは驚きです。
    テストでは正確に書きましょう。
    書いてあることがすべてです。

    今はテストで済んでいるからいいですが、就職したら気をつけましょう。
    場合によっては減給されたり左遷されたり首にされたりしますから。
    泣きながら社長に「省略しただけなのにいい!」と叫んでも、椅子はもうありません。
    それ以前に入社できませんけどね。

    ユーザーID:7258947452

  • 受験本番で間違えなくて良かったですね

    二桁数字では、1800年代か、1900年代か、はたまた明治か、大正か、昭和か、平成か、特定出来ません。
    46年なら昭和46年の可能性だってありますよ。

    例えば日清戦争なら94年で丸が貰えると思いますか? これも近代史の範疇ですよね?

    このような記述は不完全なですので、不正解が妥当です。
    試験では省略はあり得ません。いい勉強になりましたね。ここで学ばず、大学受験本番ではやらかしたら、問答無用でバツです。

    また、余談ですが、「こないだ」は話し言葉であるため、試験など、特に国語や論文、面接では減点対象となる可能性が高いので、注意することをお勧めします。

    ユーザーID:9081770419

  • ダメだと思うけど

    2019年1月1日をフォルダやファイル名で190101とか19/1/1と使いますけど19年1月1日とは書きません。

    19年1月1日と二桁で書くなら平成19年、昭和19年ですね。
    1946年かもしれないし1846年かもしれない。1746年と思って書いているかもしれないですよ。西暦で46年はたくさんありますから。二桁で描く場合は元号を使うものだと思います。

    ユーザーID:8957204632

  • 面白いトピですね

    色々と突っ込みたくなるトピですねえ〜。

    >1946年を46年って省略することってよくあると思うのですが、テストでは駄目なんでしょうか?

    省略することって普通ないです(笑)。46年だったら1946年だか1546年だか何でもありです。私的には昭和46年だと思いました。

    ユーザーID:0083370480

  • 他の方からも既にレス済でしょうが

    昭和46年の存在は ご存知ですよね?

    西暦で答えよ……と問題に書かれてましたか?

    ユーザーID:7342734212

  • 西暦か和暦かわかりません

    トピ主さんは平成生まれだから、46年や47年=1946年や1947年と結びつくのでしょうね。

    昭和生まれの私には46年や47年と言われれば昭和のことかな?と思います。

    たった2文字を省略しただけじゃないかと思うかもしれませんが、日付を聞かれているテストではちゃんと記載する必要ありますよ。
    横着はいけませんね。

    ユーザーID:5261998419

  • レスします

    >1946年を46年って省略することってよくあると思うのですが、
    >テストでは駄目なんでしょうか?

    私が中学生だった1970年代、年賀状に西暦を省略して表記するのが流行りました。
    以下は作例です。

     HAPPY NEW YEAR ′78
     今年もよろしくお願いします

    ′78は1978年を意味します。「′」が、あるか無いかは非常に大きな意味を持ちます。日本では元号と西暦の両方を使っていたので区別する意味があったと理解しています。

    >「46年11月3日って書いた人いたけど、これ、バッテンですよ」

    この年代表記だと、昭和か西暦か厳密には分かりませんね。テストなら不正解が妥当です。仮に「′46年11月3日」なら△だったかもしれません(笑)

    ユーザーID:3830289064

  • それだけだと

    1946年のつもりで書いたか昭和46年のつもりだったか
    判断つきませんよね?
    テストの解答は厳密性を求められるものですから。

    ユーザーID:6551175736

  • 想像力も予測力も足りないね

    46年だけでは、正解の可能性も不正解の可能性もあるのだが
    それは理解出来ますか?
    「これは1746年でも1846年でも無く、
     1946年と書きたかったに違いない」と
    採点者がいちいち気を回してあげなければいけないとでもお考え??
    1946年と正確に書くところを、46年と略して書いて
    どんなメリットがあるのでしょうか?
    時間?
    どれだけの時間が節約になると言うのだろう?
    正確に書くことの、どこにデメリットがあるのだろう?

    ユーザーID:7963324190

  • 何故あえて省略?

    普通に1946年と書けばいいのにと思いました。
    19と書くくらい全然たいしたことじゃないのに。
    46年はダメだと思います。
    ′46年はまだありかもしれないけど。

    ユーザーID:5226179977

  • テストならダメでしょ

    普通の会話なら46年で十分通じるけど,テストなら×でも文句言えないのじゃないかなぁ.おまけで◯になることもあるかもしれませんけど.

    1846年でもなければ昭和46年でもなくて1946年だと「私は知っている」と採点者に伝えなきゃ.

    テストの解答というのは,自分はきちんと分かっているということを採点者に伝えるものです.「そこんとこ,察してください」は解答としてはだめです.

    ユーザーID:9146142895

  • よくあるの?

    48年だけじゃ×ですよ。

    当たり前じゃないですか。

    テストはもちろん
    入試でも
    社会人になっての書類関係でも1900年を省くなんてあり得ません。

    (内々のメモならば別ですけど)

    ユーザーID:8117656834

  • 区別がつかないからダメ

    テストの回答には、万人が正しく認識できる正確性が求められます。

    今回の場合、『46年』だけでは『1946年』なのか、『昭和46年』なのか、はたまた『1846年』なのか、答案を見ただけでは区別が付きません。

    テストの回答は、回答を見ただけで間違いなく正解だとわからない曖昧な表現の場合、不正解になります。

    自分が知っていることを他者に正確に伝える事も技術です。

    今のうちに練習しておきましょう。

    ユーザーID:5796397070

  • 設問が不適切。

    そのような回答を求めるのなら、「公布された『年月日』と施行された『年月日』を、それぞれ『西暦』で答えよ」と出題すべきだったと考えます。

    ところであなたに質問です。
    昭和46年及び昭和47年と、どうやって区別しますか?

    ユーザーID:2790028410

  • あのさ

    2020年までに46年と省略できる年が何回あると思ってるの?
    勝手に1946年と想像して正解にしろと言うの?

    ユーザーID:0340690647

  • 慣例的に使われるものが正答とは限りません

    なぜ1900を省略して正解になると思うのかのほうが疑問だ。

    例えるなら、そのテスト用紙に本名を書かずに、
    あだ名やHNの“だいとん”って書いて点数が貰えるかってレベルの話だ。

    世間話のようなものを含めてお互いが話を通じる程度のものなら
    略されることも許されるが、それはテストで許されるものじゃない。

    まあ解答用紙などで不適切と思われるようなものなら同情するけどね。
    今回の例だと
    回答欄が
    [____年__月__日]ぐらいのスペースがないといけないが、
    [__年__月__日]のように全てが2桁しか書き込めない空白しかないとか
    そういった話であれば出題者にも問題があるといえるだろうが…

    ユーザーID:3128764032

  • 46年 ではいつなのか特定できない

    1、西暦と和暦の問題
    46年と書くと、
    西暦の1946年なのか?、
    例えば昭和46年なのか?、
    不明ですよね。

    2、西暦でも、いつの46年なのか分からない
    1746年なのか、
    1846年なのか、
    1964年なのか特定できないですね。

    1746年とかあり得ないって?。
    いえいえ、書いてないのですから、
    特定できないとはそういう事です。

    歴史問題で、年号の省略はあり得ないんじゃないかな。
    何故なら上記のような問題を引き起こすので。

    ユーザーID:4972051179

  • 西暦の略し方

    西暦を略す場合には、決め事が有ります。

    例:西暦 1946年11月3日
    略:’46年11月3日
    ’46年 とアポストロフィを前に付けないと、略した事になりません。

    因みに、海外に住んでいますが、
    ’46年11月3日は、11/03/’46と言う書き方をします。

    ユーザーID:5438312200

  • 当たり前

    テストの答えは、確実に正確に解答するものです。

    46年としか書かれていなければ、それは西暦46年の事。
    今から1900年近く昔の事であり、まだ文明らしい文明が生まれる前の頃を指します。

    また、読み手によっては昭和46年と勘違いする人が居るかもしれません。
    テストに限らず、省略して良いのは、それで誤解が生まれない限られた場合のみです。

    貴女にはピンと来ないかもしれませんが、誰かが貴女に
    「2年の3月に〜〜」
    と言った場合、何時の事を思い浮かべますか?
    平成2年なのか、令和2年なのか、或は2002年なのか、判別できます?

    つまり、そういう事です。

    ユーザーID:5567682974

  • 省略しませんね

    英語でならアポストロフィを使って、19の部分を省略しますけど。

    日本では元号があるので省略したらわけわからなくなるでしょう。

    ユーザーID:1460756546

  • 少し考えれば、わかること。

    昭和は何年までありましたっけ?64年までですよね(すぐ終わってしまいましたが…)。この前の東京オリンピックは?昭和39年、西暦だと1964年。
    「この前の東京オリンピックはいつ?」と問題が出て「64年10月10日」と答えたら、おそらく×。
    日本は西暦と元号の二本立てだからややこしいのです。

    生活では省略することが容認されているといっても、試験では省略はできないのです。ちゃんと1946年か昭和21年と書きましょう。
    これが、「元号で書け」という指示がなく、1946年11月3日と書いて×なら問題ですけど。

    ユーザーID:7955768681

  • えっ?

    テストで、略するなんてないでしょう。
    1900年代か1800年代かあるいはもっと前か、どうしてわかるのでしょう。

    ユーザーID:2069580391

  • ダメなものはダメ

    採点者がダメだと言ってるんだから、ダメなんです。特に理不尽な部分も見当たらない。
    それに、46年47年って和暦に当てはまる年だから、せめて63年までは西暦にしても和暦にしてもテストでなくても全部書く方が親切だと聞いた事があります。

    それにしても、採点した現代社会の先生
    「バッテンですよ」なんて、なんかかわいいですね 笑

    ユーザーID:9235447370

  • 勿論バツ。

    46年って
    1946年か
    昭和46年か。
    はっきり書いていない以上バツです。
    昭和って63年まであったのよ。
    知らないんだ。

    ユーザーID:1442690811

  • 年代ではありませんが

    かつて、中学生の娘が受けたテスト「○○はどこの国の人ですか?」という問題で、

    娘は「アメリカ人」と書いてバツでした。正しくは「アメリカ」だそうで、「人」をつけたのがいけないとか。

    なんとぐだらない教育をしているのか、呆れました。

    あまりのバカバカしさに、問い合わせもクレームもしませんでしたけど。

    子どもが理解したかどうかより、答案を書くテクニックを学ばせる愚かさ、ワタシも学校教育には不信感を持っています。

    ユーザーID:0124389223

  • アポストロフィーの活用。

    下二桁の数字の前にアポストロフィーを付すことにより、年号の省略を明示する手法があります。

    ユーザーID:2790028410

  • 自分の頭で考えてみようよ

    主様は中学生ですか?

    まずね、担当の先生の発言に疑問があったなら、先生にその場で直接質問した方が良いですよ。
    そうすれば、主様の疑問はすぐに解決され、他の生徒にも良い学びになるでしょう。先生とのコミュニケーションを取る練習にもなりますしね。

    46年11月3日という表記なら西暦46年11月3日と解釈されても文句は言えませんね。
    西暦の下二桁表記の時には通常「’」をつけますし、日本には和暦があるから昭和46年と思って書いてるかもしれないし。
    と、様々な可能性が考えられるので、ペーパーテストではそのような記述をしてはダメですね(日常的な文書でも46年の表記が許されるかどうかは微妙なところですが。誤解を生じる可能性があるので。)。

    ペーパーテストでは解答欄に書いたことでしか自己表現できません。
    採点者に誤解されないように解答するのが鉄則です。

    だから、解答を欄外に書いたり解答欄を一問ずつずらして答えたりしたら当然×になるし、判別しにくい数字を書いたり、読みにくい文字で解答しても失点の原因になりますね。
    小学生や中学生のレベルなら、教科書に書いてある通りに表記することを求められることも多いものです。教科書に46年11月3日と書いてありましたか?1946年と書いてあるはずです。

    答案を作る時には、出題者の意図を考えたり、採点者の視点を持つと良いと思います。

    採点者によっては答案の粗を探して減点しようとすることもあります。意地悪と思うかもしれませんが、それは受験者にはコントロールできません。
    だから、1点を争う受験のような場では、減点されないような答案を作ることもペーパーテストの大切な技術なのです。

    ユーザーID:7556824926

  • 1946を46と書くのは一般的ではないかな。

    昭和って63年まであったんですよ。
    ですので、和暦と西暦が分かり易い様に西暦の場合は必ず19〜から書きます。
    和暦の場合はS.H.R.と書きますね。

    ユーザーID:0377080327

  • 日本には元号がありますから。

    46年だと西暦か元号かわかりません。
    昭和の可能性があります。
    特に社会科目では西暦と元号の使い分けはシビアでしょう。
    1946年を46年って省略することって良くあることじゃないです。
    元号も令和2年を2年って省略することがあります。
    特に、今トピ主たちの試験を作り採点する立場の世代では西暦なら4桁がスタンダード。
    ライバルに水をあけられたくなければ、テストでは省略しない方がいいですね。

    知人に聞いた話ですが、生年月日を書く欄で、最近の学生さん特有の間違いがあるそうです。
    書類の生年月日を書く欄が、マスが3個あって「年」、マスが2個あって「月」、マスが2個あって「日」ってなってるんです。
    この年の欄に、大人は「H○○」って書くんですが、一部の若い人は「995」とか書くんです。
    995年生まれ?藤原道長世代?ってざわついたそうです。
    もちろん、脚注はあっても皆読まないそうですが、それにしても…と。
    3マスなら元号を略して書くという知恵が働かないことにびっくり。
    平成生まれ以降のことらしいです。
    ジェネレーションギャップですね。

    テストではダメだし、将来、職場でもこういうことを卒無くこなす人が有望視されます。
    4点で良い勉強になりましたね。

    ユーザーID:2283830052

  • 今後に活かしましょう

    テストでは、正確な回答を求められます。
    曖昧な回答や、他にも可能性がある回答は、正解とはみなされません。



    先生が伝えたかったことは
    「入学試験や社会では、正確に書かなければ正解にはならない。今のうちから正確に書く習慣をつけましょう。」
    ということです。

    いい経験になりましたね。
    今後に活かしましょう。

    ユーザーID:9195500745

  • 「昭和46年」の可能性

    これに尽きると思いますが。

    平成と違って、昭和は64年(64年は数日ですが)までありますからね。
    「46年」という表記の仕方では「昭和46年」という解釈も可能な訳です。
    「昭和46年」という間違った答えを記述した生徒がいる可能性も考えれば、この答えに丸は付けられないと思いますよ。

    そもそも、省略するならアポストロフィを付けた方がいいのでは?

    ユーザーID:9337110335

  • 答案は誤解の無いように書く。

    マークシートでなく記述式なら、必須のスキルです。

    英語ならhとnはきっちり書き分ける。
    鳥と烏は似て非なる字。
    等々。

    トピの例で言えば、2046年と解釈されても、1846年と解釈されても、昭和46年と解釈されても文句言えません。

    12年と書いたら1912年ですか?2012年ですか?平成12年ですか?昭和12年ですか?
    ちなみに大正12年は関東大震災の年なので、歴史にも出てきます。

    なので「1946年」または「昭和21年」と書きましょう。
    これなら誤解の余地はありません。

    校内の試験は返却後に教師に確認できますが、入学試験ではそんなことはできません。
    普段からそのつもりで。

    ユーザーID:2813386389

  • やだなぁダメに決まってる

    そもそもその略し方(?)、一般的ではありませんよ。定期考査ならば、最も正しいであろう記述の仕方でなくては。良かったじゃないですか。これが、大学入試本番じゃなくて。良い先生ですね。これで万一、マルをもらえていたら、大本番で大きなミスを犯すところでしたよ。先生に感謝ですね。

    ユーザーID:9883276109

  • 問題が悪いに一票

    学校(たぶん高校)の定期テストですよね?
    テストって、そのクラスの学力レベルから出てくる解答を予想して問題形式を考えるものです。
    私も、その書き方はバツされても仕方ないと思いますが、クラスに数人もそういう解答が出るようなレベルだと分かっているなら、そういう解答が出ないように工夫しておくものだと思いますよ。
    知識として間違っているわけではないのですから。

    先生側としてならテスト作製技術の問題、解答する生徒側ならテストの答え方の未熟さを反省できれば、それでいいかなと思います。

    ユーザーID:9345558132

  • よくない

    >テストでは駄目なんでしょうか?
    このレベルをどっちにするかは、先生(採点者)の裁量の範囲です。
    点数云々は以上です。

    でも、私なら「19」を入れるよ、追加労力もないし、目的には「点を取る」があるんだから下手な突っ込みされないように。
    あの先生なら、こうするとかってあるでしょ。

    >1946年を46年って省略することってよくあると思うのですが
    これは、間違いです、アレな記者、校正者等が間違えてそのままの記事があるようですね。
    「1946年」の省略形は「'46年」です、省略なんだから当たり前でしょ。

    これも、1946年なのか1046年なのか・・・文脈で自明であることが前提です

    ユーザーID:8553588874

  • 11/03/’46 びっくり!

    ヨーロッパでdd/mm/yy、アメリカでmm/dd/yyというのは経験しましたが、
    /’46は初めて見ました。
    どちらの国でしょうか。

    で、2000年になったので、以降は西暦は4桁表示が原則らしいです。
    アポストロフィを使えるのは、前段階に当然1900年代だよね、とわかる説明がある場合。

    ユーザーID:5659564204

  • あれま

    >1946年を46年って省略することってよくあると思うのですが

    ないです。使ったこともないし、見たこともありません。

    46年って昭和46年と思います。

    たかが19を書くのに何秒もかかりません。

    試験で誤解をうけることがわかって良かったじゃないですか。
    テストじゃなくても 19を書くか元号を入れるかしましょうよ。
    一般社会では通用しません。試験で×でももらわないと気をつけないでしょう?


    2020年なら20と書くの?

    ユーザーID:7101679093

  • 今は歴史の問題も西暦なのですね

    私が学齢の頃は和暦でしたがね。

    まぁ、1946年を46年と略すのは、前後の流れで
    19〇〇年であることは間違いないという認識の元
    そういった表記になるのだと思いますが、昭和46年
    や1846年を46年と答える人がいないとは限らないのですから、
    テストの答えならば、当然、1946年だと思いますよ。

    だって、クラスの殆どの人はキチンと答えられている訳でしょう?
    46年と答えた人の方が大多数であるならば、トピ主さんの
    主張の理解は出来ますが・・・

    ユーザーID:7409538883

  • 間違いなくバツ

    だってそれなら
    1946年か1846年か1746年かわからない。
    もっと言えば昭和46年と言う可能性もある。

    あなたの頃にありがちなんだけど
    まだ視野が狭いから
    自分の常識外のことまでなかなか想像が
    つかないもの。

    テストの解答なんだから
    誰が見ても答えは一つ、じゃないと
    ダメなのよ。
    色々解釈出来ちゃダメな訳。
    だからこの場合は
    1946年でないと不正解だ。

    ユーザーID:8688157156

  • テストだけで無く、一般社会でも通用しないと思います。

    現時点では、『70年代』とか、『80年代』なら、1970年代、1980年代と理解してもらえる可能性が大きいと思います。

    しかし、『50年代』や『60年代』の場合、昭和50年代や昭和60年代との区別が付きません。

    また、『10年代』の場合、昭和10年代、1910年代、2010年代との区別が付かなくなります。


    『日本国憲法の公布された日、施行された日は1946年なのが常識だから、正解のはずでは?』の言い分は通用しません。

    ユーザーID:4974428415

  • 答案は書いてあることだけが全てです

    46と書いてあれば46、それ以上でも以下でもありません。
    46としか書いていないものを46以外にどう読めと?
    1946に決まってるじゃん、と言いたいのでしょうけれど、
    1946と46はべつの数字です。
    日本国憲法の公布日と施行日、弥生時代を答えるのはナシでしょ。
    わかんないかなぁ。

    ユーザーID:6198466907

  • なに言ってるのか?

    〉テストでは駄目なんでしょうか?

    テストでなくてもダメです。
    教科書には、1946年,1947年と載っているはずです。
    ( )書きで、昭和●年となっているはずです。
    西暦46年も、昭和46年も間違いです。

    〉この問題は各2点で、両方できてたら4点なのでなおさら疑問ですね。

    点数は、正解に関係ありません。
    「なおさら」って、4点もあるのに正確に書かない貴方が疑問ですよ。

    ユーザーID:2355160289

  • ない

    1946年を46年と省略することはあまりないです。

    ユーザーID:0148002567

  • 残念ですが

    社会人になってからでは、このような曖昧な記載は重大なミスに繋がることがあります(私もやらかしたことがあります)。
    厳しいかもしれませんが、正確に物事を伝えることを意識するための、良い機会になればと思います。

    ユーザーID:9483269220

  • アポストロフィつけてもだめですよ

    「アポストロフィつけてないからだめ」というレスがたくさんありますが,トピ主さんが誤解するといけないので,2回目ですが,敢えて異をとなえておきます.

    「'46年」でも×ですよ.

    この場合のアポストロフィは省略記号ですから,1900年代の話をしているという前提がない限り,「1946年」とは特定されません.つまり「46年」と書いた場合とほぼ同じ曖昧さがあり,回答としては不適です.

    なお,1900年代の話ということが明確な(お互いにそうと分かっていることが明らかな)場合は「46年」でも「'46年」でも通用します.たとえば,「1946年に発布され,翌47年に施行された」という一続きの文は問題ないと思います.

    ただし,テストの回答では,「お互いに分かっている」という前提はなるべく少なくした方がいい.「日本国憲法発布の年なんてお互いよく分かっているよね」じゃ,テストにならないでしょ(笑)

    ユーザーID:9146142895

  • テストでなくっても

    生年月日を記入する書類とか申込書などありますね。
    略して末尾2桁しか書かなかったら正式な年号を書くことを求められますって。

    いかなる場合でもきちんと書くことを習慣つけましょう。

    いい勉強になったのではないでしょうか。入試本番ではしないようにされるでしょうから。クセになる前に止めましょう。社会では通用しないです。

    ユーザーID:0287689616

  • えっ

    正直な感想ですが「1946年を46年、1947年を47年と省略することがよくある」ことと思うことに驚きを禁じ得ません。確かに私的文書等で省略する場合がありますが確か正式文書では省略はなかったような気がします。政府報告書等の。私的文書では見受けられますが。でもその場合は右上に印をつけますよね。省略である印を。
     もっと言えば年代は何も西暦だけではありませんよね。イスラム歴もあります。あと数十年経つと中国で定めた年号が世界の標準年になる可能性もあります。例えば中国最初の統一国家である秦の始皇帝の即位を元年として数える等。まぁ日本のご年配の方だと46年と言えば昭和のことだと思うでしょうね。
     テストだと正確に書く必要があると思いますよ。更に言えば46年11月3日が西暦だとはだれも思わないと思います。トピ主さんたち以外は。

    ユーザーID:1740025476

  • 1946年?昭和46年?

    テストでは「言わなくてもわかるでしょ」は通用しません。誤解が生まれないように回答すべきだと思います。

    トピ主さん世代にとっては「46年といったら1946年ってわかるでしょ、2046年なんてまだ来てないんだし。言いがかり」という感覚なのかもしれませんが、「昭和46年」という可能性もあるわけで、先生としては「1946年とちゃんと理解しているのか、昭和46年と勘違いしているのか」判断できないのでバツにせざるを得ないのではないでしょうか。

    ユーザーID:7886850522

  • 西暦だか元号だか分からない

    他の方のレスは見てませんが。
    それで書くと、西暦だか元号だか分からないじゃ無いですか。
    昭和は64年まであるんですから、ちゃんと書かないと分からないんですよ。
    西暦でも、1900年代なのか1800年代なのか、これだけじゃ全く分かりません。
    ペケになっても仕方ないと思います。

    ユーザーID:7803486868

  • えーと

    >46年11月3日

    1846年?
    1946年?
    昭和46年?

    いつの出来事でしょうか?

    ユーザーID:2522754281

  • ダメでしょうね

    無茶を言いますね。

    もし回答ではなく問題の西暦が省略されていたらどう思いますか?
    問題が不適切、人によっては示されている年が分からないとなりますよね?
    問題自体に誤りがあったため全員その問題に対して点をあげるとされるでしょう。

    つまり問題としてダメとされるなら回答もダメとなります。
    そもそも回答は採点者の裁量や解釈に委ねるものではあってはいけないのです。
    誰が採点しても同じように採点するということが求められるので。
    明示的に省略を許していない限り省略したら不正解です。

    ユーザーID:8716775200

  • ダメでしょ

    46だけでは、西暦か和暦かわかりません。
    こんなどっちともとれる曖昧な回答が正解になるほうがおかしい。

    ちなみに「西暦で解答せよ」のところを和暦で書いても×ですね。
    求める解答ではないので。

    社会に出る前に知れてよかったですね。

    ユーザーID:7674133850

  • 大学入試願書は

    ・・・生年月日は西暦で記入し、月日が1桁の場合は、前に0を記入してください・・・でしょう?

    2003年生まれだと 3年なんて書いて(アポストロフィをつけていても)大丈夫かな〜

    省略するのが「よくあること」なんて言ってられないんじゃない?ちゃんと書かないと。

    ユーザーID:3812780220

  • 昭和人間・私

    私が生まれた頃に施行されたんかーい!
    って突っ込むわ。
    高校生、中学生いるけど、そんな略し方が普通って考えてないなぁ。
    高校生の方は住んでるところではそこそこの進学校に行ってて、
    中学生の方は社会の先生が舌を巻くレベルに知識のある子だけど。
    私は先生に賛成する。
    自分で書くときや、口頭で答えるときに
    西暦を下二桁で略すことは無い。
    仕事先の書類でます目の関係で二桁しか無いものには指示が出てるから書くけどね。
    テストでは無いわ〜
    昭和も平成もテスト受けた人間だけどね。

    ユーザーID:4603913940

  • 私は見たことがない

    >>1946年を46年って省略することってよくあると思うのですが、テストでは駄目なんでしょうか?

    私はそれを見たことがありません。
    そういう形の省略をみた記憶は、
    '92や'98 と言った1990年代で、しかもリアルタイム時で
    さらに公的な物以外(バラエティーショップでも買えるようなものや、ディフォルメ化された雑誌表紙など)でした。

    公的なもの(契約書、試験、役所に出すようなもの)では、
    西暦はきちんと書く、または年号(Hなどの省略ではなく平成、令和など)で書くことが必須です。

    1946年を46年とよく見る、とのことですが、どこでですか?
    学校ではないようですし、塾なのでしょうか?

    不思議です。
    気をつけたほうがいいですよ。

    ユーザーID:3899541598

  • そりゃバツでしょう。

    1946年なのか1846年なのか、はたまた昭和46年なのかわからないですから。
    正解を確実に知っている人からすれば1946年に決まってると思うかもしれないけど、採点側にはその人が本当に1900年代と理解しているのか1800年代と思っているのか、昭和を書き忘れたのかわからないですからね。


    >1946年を46年って省略することってよくあると思うのですが、

    46年はそんなによくあることじゃないと思います。
    1970年代〜2009年代くらいは「’」を付けて省略してたのはよく見たけど、それ以前やそれ以降はほとんど使ってないと思うのですが。特に2000年問題があってからあまり省略してないような・・・。

    どっちにしてもテストなのですから明確に書かなければならないのではないでしょうか。昭和21年って書いてバツならそれは正解でいいじゃない?って思うけど。

    ユーザーID:7004524529

  • 46年って省略することはよくある(条件付きで)

    テストで「46年」って答えるのはダメですけど,「46年っていう略記法なんて普通じゃない」なんていうのも,逆向きの極論です.こういう表記,歴史書などではよくありますよ.ですから,トピ主さんが

    > 1946年を46年って省略することってよくある

    とおっしゃるのは間違いではない(本をよく読まれる方なのでしょう).ただ,テストの解答としては不適切だということです.

    たまたま手近にあった本(中里『パル判事』,岩波書店, 2011)から実例を引用しておきます(原文は縦書き).

    東京裁判は「一九四六年から四八年にかけて開かれた」(p. 1)
    「氏は惜しくも二〇〇九年一一月に亡くなったが,著者は幸い,〇八年九月から〇九年九月にかけて」(p.12)

    いずれも,直前の記述から,「何が省略されているかが明白である」という条件が満たされている場合ですね.テストはその条件がないから×になるわけです.

    なお,固有名詞化しているからちょっと違いますけど,「60年安保」なんて言い方もあります.

    ユーザーID:9146142895

  • こないだ?

    >こないだ

    出だしから間違い。
    「こないだ」なんて、国語でバッテンですよ。

    >この問題は各2点で、両方できてたら4点なのでなおさら疑問ですね。

    なおさら何が疑問?
    先生はバッテンの説明をしてるでしょう。
    理解できないのかな?
    やっぱり国語はバッテンです。

    ユーザーID:9746893063

  • テストじゃなくてもダメ。

    1946年は1946年です。46年ではありません。
    「19」を書かなければならない理由はありません。「1946」だから「1946」
    と書くのです。しつこいですか?このぐらい言わないとわからないでしょ?
    1946年を46年って省略することってよくあると思うのですが???

    いや。ないです。
    あーそれから「アメリカ」が正解で「アメリカ人」と書いたら×だったって話ですけど。これもあきれるような話じゃないですよ。
    「○○はどこの国の人ですか?」という問題では、問われているのは国名ですから。「アメリカ人」ではこの問題に答えたことにはなりません。
    問われていることは何かを正しく判断することはとても大切です。
    「アメリカ人でいいじゃない!?」というのは論理的思考力に欠ける人の言いぐさです。
    この問題に「アメリカ人」と答えたお嬢さんとその親御さんは気をつけた方がいいですよ。

    ユーザーID:0526040462

  • 昭和46年生まれなんですけど・・・

    現代社会のテストなら、省略はダメと思うよ。
    私の生まれ年に、日本国憲法が公布されたとは思ってないけど、何かの会話で46年と言われたら、「昭和なら私が生まれた年だけど・・・」と思います(笑)

    クラスメートの回答も、公布日は1946年11月3日、施行日は47年5月3日と、後者だけ省略したなら、未だ有りだと思いますが(2047年はまだ来てないから)。
    それでも、テスト採点としては、後者は△かもね。

    ユーザーID:3720387440

  • 当たり前にダメ過ぎて笑いました

    トピ主さんの文を読んで、「いや、46年っていつの!?」と思わず突っ込んでしまいました。

    当たり前に×です(笑)

    「46年」ってかいたらそれは「1946年」ではなく純粋に「46年」つまり二桁の年数です。
    不正解です。

    省略がまだ許されるのは、文章などで事前に明確に1900年代とかその年代が分かる場合です。

    ユーザーID:9097614071

  • 順番違えば米国ではok

    11/3/46 もしくは 5/3/47
    という表記ならアメリカで正式な書き方ですが、はじめに西暦を置くなら西暦46年だと解釈されるでしょう。

    ユーザーID:1323062728

  • よくあるんじゃなくて

    よく聞くもしくは言うではないですか?
    会話では確かによく省略すると思います。

    それで勘違いをしたのでは。若者には会話と文章がイコールで大丈夫って思ってる人いますし。
    省略した書籍はないのでは。
    例えば
    1900年から25年
    みたいに最初に19が入っているなら別ですが。


    あと、どなたかアメリカ人と答えてバツだったと投稿されてる方いましたが当然では。

    どこの国の人という質問なら
    アメリカの人  とは言っても
    アメリカ人の人 という言い方は正しくないですから。

    たまに、頭痛が痛い 等の言い回しを聞きますがこういう方が使うのかと思いました。

    ユーザーID:7138467458

  • ダメに決まってる

    46年じゃ1946年なのか1846年なのか
    はたまた昭和46年なのか等々…
    一体いつの46年のつもりで答えているのか判断できませんからね

    ユーザーID:0583134631

  • もちろんダメですよ。

    日本国憲法の公布された日だから当然1900年代だよね。というのは一般常識だから、普段の会話や文章で省略しても構わないでしょうけども、答案では×です。

    年月日を聞いているんです。46年だけでは1946年なのか1846年なのかはたまた昭和46年なのか

    公布の年月日の答えは一つです。
    複数回答が設定できるものは答案の答えとしては×なんですよ。

    常識で考えてわかるでしょうというのは通用しないという事です。

    ユーザーID:5558196131

  • 46年だけだと…

    1846年なのか、1946年なのか、昭和46年なのかわかりませんよ。
    曖昧な回答だから、政界ではないのは当然です。
    ’46と書いたなら、抗議の余地もあるかもしれませんが。

    学校の試験の4点は、今は大きいでしょうが人生で考えたら大した話じゃありません。

    受験なら問答無用でしょうし、仕事なら会社第に多大な損害を与える可能性もあります。
    (実社会で曖昧な年号で困る事なんてまずありませんが、取引先との金額に曖昧な書き方をしたら、重大なミスに繋がる可能性があります)

    学校の試験のミス何て、社会に出てからの重大ミスを防ぐための練習に過ぎません。

    きっとあなたもあなたの友人も同じミスは起こさないでしょう。
    答案の答えに限らず、人に物を伝えるなら、複数の解釈をされないように注意する必要があります。
    (文章をわざと曖昧に書いて相手の想像力に委ねる表現方法でない限り)
    その訓練をしたと思えばよいのです。

    今後の人生においては大きい経験だったと思います。

    ユーザーID:9966333546

  • 1846年1946年と区別できないよね

    >1946年を46年って省略することってよくあると思うのですが、テストでは駄目なんでしょうか?

    ダメ以外の判断はありません。

    46年があるのは昭和だけじゃなく、1700年台やそれ以前にもあります。

    ユーザーID:0212201386

  • トピ主より

    たくさんの回答をありがとうございます。
    やはり省略はだめなのですね。わかりました。

    ユーザーID:1707984538

レス求!トピ一覧