軽度の頭の障害で人生諦めるのがつらい

レス12
(トピ主0
お気に入り31

趣味・教育・教養

nanaa

私は軽度の頭の障害があります
私は保育士さんや医学部にいきたいという夢があり、
勉強も努力してましたがだめでした
頭の障害のせいで何にもなれない、
このしんどい気持ちをどうしたらいいのでしょうか・・・
みなさんならこんな人がいたらどう言葉をかけますか??
ただただ諦めの何にもなれない人生でつらいです(涙
学歴も高められずにただただ諦めるしかない人生。。
どうしたら???

ユーザーID:8735017438

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
  • 世の中、なれない職業は多い

    挫折を味わったとき、人はそれを能力のせいと捉えるか、それとも努力が足りなかったせいと捉えるか、その捉え方によって落ち込みが違うと思います。
    実際はどうなのか、潜在能力と顕在能力があるとすると、就ける職業というのは、顕在能力より下のランクの仕事です。
    学校に行けなかった何か挫折があるのかもしれないけれど、今はこの現在を認めて、次に進みましょう。それが長い目で見ると、栄光への早道です。

    世の中というのは大空から降る雨のように、人を恵みやさしいです。利口な人間は、上から下に落ちる水のように、深く下へ下へと流れます。利口な人間ほど、へりくだるものです。

    高みを目指すだけが、人間社会、上に行くことではないですよ。低いところにいても、同じ世の中、同じ地位の人間です。
    天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず。みんな平等です。

    現在を認めて、次に進み、周囲の信頼を勝ち得ていきましょう。学歴だけがすべてではありません。

    ユーザーID:7309638297

  • どの程度の障害か分かりませんが

    私も海外で言葉の壁ゆえに出来ないことも多いので、お気持ち分かります。
    日本では第一線で働いていましたが、今は同業種のサポートをしています。

    障害の度合いにもよると思いますが、例えば医学部じゃなくて看護士や医療事務などを目指すのはどうでしょうか?
    現場にいると、どうすればそこにたどり着けるかというのも分かってきたりしますよ。

    私は語学ですが、専門用語の現地語がわかってきたので、現地の資格試験に挑戦するつもりです。

    ユーザーID:0633355583

  • 諦め、、、

    良い意味での諦めしかないでしょうね。
    でもそれなりに生き甲斐を見つけられると思います。
    こんな言葉好きではありませんが、身の丈に合った人生です。
    私もあれになりたかったとかこれになりたかったと思いましたが、才能がない、背が低い。お金がない等であきらめの人生でした。
    諦めは敗北ではなく、ある種の勝利です、ある種のきっかけです。
    あなたにもきっと何かあると思います。応援しています。

    ユーザーID:4170718321

  • 諦めない事

    トピ主さんの脳障害がどういった物か解らないですが、健康な人でも努力をすれば必ず自分がなりたい様な人生を歩めるかと言ったら、そうとも限りません。頑張って努力しても挫折感を味わっている人は世の中に沢山いると思います。でもそんな人でも諦めない人は人生最後の最後まで岩にしがみつく様に必至に頑張ろうとします。たとえ身体が付いていかなくなっても、それが余命いくばくだとしても。それこそがその人にとっては最大の生きた証なのだと思います。そしてトピ主さんがしたい事は今はそれだけかもしれないですが、もしかするとは未だそれに出逢っていないだけで他にも未だ未だ沢山あるかもしれないです。諦めないで視野を広くすれば必ず貴女に合ったものが見つかると思います。なので諦めるのは、もう少し先にしてみませんか?貴女に合うものを見つけるには自分が出来る事から少しずつ積み上げる事です。応援してます。身体あまり無理しないで頑張ってみて下さい。

    ユーザーID:5579547883

  • 負けないで

    こんにちは。それはお辛いですね。お気持ちわかります。
    私は吃音(家族も)で小さいころは勉強も運動も絵も音楽も何でも人より出来ました。しかし吃音のせいで恋愛、バイト、成りたい職業、結婚、子供全て諦めて何とか働ける職種で働き、自殺もしないで50年生きてきました。生きる意味がわからず虚しくて後悔してます。たった一度の人生です。がむしゃらにチャレンジして倒れても立ち上がって欲しいです。そして成りたいモノになりましょう!

    ユーザーID:4014669619

  • 皆、折り合いつけて生きてる

    トピ主さんがおいくつかわかりませんが、レスします。
    ちょうど受験シーズンですが、障害を持っていなかったとしても、学力が足りなくて希望の学部に行けない人は沢山います。諦められずに仮面浪人したり、司法試験を受け続ける人もいますが、どこかで気持ちに折り合いをつけて、やりたいことと出来ることの擦り合わせをしていきますよね。障害はご自分のせいではないから、余計に諦めがつかないんじゃないかなと思いますが、いくら走る練習をしてもタイムが悪ければオリンピックには出られないのと同じです。選手にはなれなくても、マネージャーになるとか、大会運営を支えるとか、栄養管理をするとか、関わり方は色々あると思います。学歴という形でなくても、技術を身に付ける等、ご自分の特性を活かして、希望の分野に近いところで何ができるか考えてみられてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:1532605385

  • 前向きな回答ではありませんが

    前向きなアドバイスではありませんが開き直って諦めることで楽になったり新しい道が見つかることもあります。
    投げやりにならずに自分のできること、好きなことをもう一度考えてみてください。
    頭の障害がどの程度かわかりませんが結構たくさんの人が身体とか経済面とかの障害で自分の道をあきらめざるをえないのも現実です。
    トピ主さんだけが不幸なわけではありません。

    ユーザーID:9526535883

  • 障害がなくても

    私は障害はありませんが、医学部なんて行けるほど頭良くなかったです。
    医学部を受験しても合格できる人ばかりじゃないです。

    でも、保育士になって、医学部に行って、その後どういう仕事をしたかったのでしょうか?
    例えばお医者さんにはなれなくても介護施設でサポートをする仕事とか、何かしら人の健康に携わっていくことはできるはずです。

    私も就職氷河期で教員の募集がなく、あっても臨時採用や産休の代理ばかりでとても独り暮らしで食べて行くことができない仕事しかなかったので、学校ではなく他の教育機関に就職しました。
    現実を見て、その中で選択することで折り合いつけていくしかないですよ。

    元気出して何か落としどころを見つけられるといいですね。

    ユーザーID:8595124244

  • 自分の持っている環境の中で

    私がこのような事を言える立場ではないのですが
    持って産まれた変えようのない環境ってありますよね。 それを嘆くのではなく、その自分のもっている環境の中で自分が精一杯頑張るのが 大切なんだと思います。 似た言葉で 故渡辺和子さんの本で 置かれた場所で咲きなさい  という言葉もあります。 人生うまくいかない事 理不尽な事いっぱいありますよね。でも、それを認めて受け入れた時 何かがかわり、新しい道が開けるかも。
    これは、私自身に言い聞かせる言葉です。
    あなたの気持ちに添えるかわかりませんが、思わず返信したくなりました。

    ユーザーID:7996846519

  • 確かに狭きだけど・・・諦めないで。

    障害があっても出来る仕事はあると思うよ

    トピ主さんトピはパソコンでしょうか?キーボードうてる?

    なら少しパソコンの勉強をしてみて、パソコンを使う仕事についてみるのもいいのでは?

    障害があっても頑張って働いている人いますよ。
    私の地元の市役所に行くと、片手が短い人とか、足が悪い人、内面のはわからないけど、何かしら持病を持つ人もいると思う。そんな人たちがわりと働いていますよ。

    脳の障害ってことですが、どのぐらいかな?動けるには動けますか?

    そういえば私の職場(スーパー)ですが、青果に障害者1名いますよ。
    ついこの前、もう一人障害の方が入社しました。その方は手が上がらないという障害。

    このように障害でもある程度動ける、ちゃんと覚えられるならば、働けますよ。

    実の所、私も持病持ち、障害はまだ認められてないけど内部の障害と言ってもいいと思う。それでも雇ってもらって10年勤めているからね。
    正社員では難しいけどパートなら働けるみたいだよ。

    やる気があれば出来ると思う。
    医学部がダメなら勉強して資格をとり医療事務という手もある。諦めないでね。

    ユーザーID:2226950233

  • みんな何かをあきらめている

    何か自分は他の人と違って特別につらい思いをしているかのような口ぶりですが、あなたは「特別な人」じゃないんですよ。

    トップクラスの大学のトップにいるような人でも、実はたくさんのことに挫折し、たくさんのことを諦めているんです。

    東大を出て官僚になった友人が、「本当はピアニストになりたかった。でもまったく才能がなくて、歯が立たなかった」と言っていました。

    有名な作家の先生が、「研究者になりたかったけど、自分にはそういう能力がなかった」と言っていました。

    いわゆるキャリアウーマンの管理職の女性が、「本当は子供を産んで退職したかったけど、結婚に縁がなかった」と言っていました。

    みんな、何かしら大きな挫折や諦めがあるんです。その中から新たな目標や夢を紡ぎだして、何とか日々を頑張っているんです。

    トピ主に足りないのは「もっと世間を知ること」だと思いますよ。

    多くの人と交流して、いろんな人の話を聞いてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:7724051565

  • 「手の中にあるもの」を大切に

    障害があるとのこと、それは主さんのせいではないしとても悲しく苦しい思いをしていることと感じました。

    まずは、今主さんの手の中にあるものを大切にしてみませんか?

    恐らく大きな病気もないのでしょう。痛いところもないと思います。
    ですから、保育士や医学部は無理だとしてもほかに「楽しめること」「やりがいを感じられること」があると思うのです。

    あれもない、これもないという部分につい目を向けてしまうのかもしれませんが、今あるものに感謝しそれを活かしていく方向を考えるのも素敵ではないでしょうか。

    ユーザーID:8022369475

レス求!トピ一覧