てんかんで入部拒否

レス176
(トピ主0
お気に入り721

妊娠・出産・育児

ゆいぼう

4年生の息子のことです。2年生の時にてんかんと診断されました。そこから薬を飲みだし1度だけ飲み忘れたため発作がおきました。医師からはプールの授業は気をつけるように言われているだけでそれ以外は普通に生活しています。今月お友達に誘われてバスケ部の体験に行きました。本人はものすごく楽しんでいて入部したいとやる気になり私は嬉しく思いました。週5日練習があり土日はほとんどが遠征らしいてます。その部は保護者達が運営していて部の決まりごとなどは全て保護者が話し合って決めているそうです。てんかんのことは話しておかなきゃと思い話しました。発作が起きたら困るので全ての練習、遠征には最初から最後まで付き添ってほしいとのこと。仕事もしていて6ヶ月の息子と2年生の娘がいてさすがに難しいなと正直思いました。できるだけ付き添う努力をしようと思いましたが全ての日は厳しいので付き添う時間を練習の途中からでもいいようにしてほしいとお願いしたところ「私達は責任をおいたくない面倒な事は避けたいその条件が無理なら入部は無理です」と言われそこで少し揉めてしまい、後日保護者代表のかたから連絡がきて「この間の話し合いの経緯から保護者同士協力ができないと判断したため今回はご縁がなかったことにしてください」とのことでした。他の保護者の方は何と言っているのか聞くと「てんかん?あー無理無理無理」だそうです。責任をおいたくないという気持ちわかります。仕方ないのですがそれを聞いた時あまりにも冷たくてんかんの息子を邪魔者みたいに言われたような気がして悲しくなるとともに怒りがこみあげてきてしまいました。他の子と同じように生活しているのに、薬でコントロールできているのに何で息子だけ。健康な子に生んであげられなかった自分のせいでこらからも息子がこんな思いをすると考えると辛いです。息子に何て伝えていいかわかりません。

ユーザーID:5529494597

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数176

レスする
  • そこでなくてはダメですか?

    かなりハードなクラブのようですね。
    お子さんの病気のことがなくても、参加は難しいように感じました。

    練習、遠征の付き添い参加は、すべてに最初から最後までではなくとも、相当の時間と回数求められるのではありませんか?
    そのほか運営に関する会議参加など、保護者に求められる負担は少なくなさそうです。
    仕事を持ち、その息子さんのほかに乳児を含む小さな2児を抱えるトピ主さんご自身、息子さんの病気がなくとも保護者としてクラブの要求に応えるのは難しいのではないでしょうか。

    そしてそういうクラブを運営するほかの保護者には、スポーツエリート的な意識も強く、みんなで仲良く助け合うというよりは、ついてこられないものは躊躇なく切り捨るという雰囲気なのではないかと想像されます。
    できるだけほかの子と平等にというお気持ちはわかりますが、1回でも薬を飲み忘れれば発作の危険のあるお子さんを、そういうクラブが喜んで受け入れるでしょうか。

    息子さんがスポーツを楽しめる場所はもっとほかにあるはずです。
    そこに固執したところで、息子さんがバスケを心から楽しめるとは思えないのですが。

    ユーザーID:1022702036

  • 他の場所を探してあげましょう。

    付き添う時間を途中からというのはマズかったですね。
    何かあったら責任問題です。
    保護者主体の団体には荷が重いですよ。
    その意味では、安直にオーケーして何かあったときに責任逃れされるよりはマシかも知れませんね。

    さらに下に2人もいるんですね。
    トピ主が無理でもトピ主夫やトピ主両親、義両親は動けないのでしょうか?
    自分が解決すべき問題を他人に押し付けてはいけません。

    言っておきますが、話さなければ良かったとは思わないでください。
    事故や子供の命に関わることは、親が根回ししなければなりません。
    その結果、安全と引き替えに不利益を被るのは仕方ないことですよ。

    トピ主の責任でもないし、誰の責任でもありません。
    並外れて運動音痴がスポーツ選手を羨むのと同じようなものです。
    誰でも、何でも出来るわけじゃないですよね。

    バスケットに関しては、他でも出来ると思います。
    トピ主たちが付き添える範囲で参加できる団体を探しても良いと思います。
    他のスポーツを体験しても良いと思います。

    今回の件は、よく調べたら親の付き添いが必要だけど、パパもママも時間が無くてごめんねって話せば良いのでは?
    中学でバスケ部がある学校に行っても良いと思います。
    出来ることと、出来ないことがあると知るのも、子供にとっては良い経験だと思います。

    あまり落ち込まないでくださいね。

    ユーザーID:5836932015

  • 他の親御さんが責任を負いたくないのもわかる

    私は他の親御さんが責任を負いたくないのもわかります。

    もしなにかあったとき対応ができない、責任がとれない、と考えると、
    ご遠慮くださいとなるのは不自然な事ではないと思うのです。

    ユーザーID:2743253085

  • じゃまにはしていない

    練習ならともかく(部活で近所の小学校内での練習だと想像してます)遠征は息子さんに付き添いができないなら、辞退しかないと思うんです。

    てんかんである。薬を服用している。
    何か遠征先であったらその場でどうしたらいいか、ですよ。

    クラブチームでスポーツドクターが同伴があるなら咄嗟の判断ができますが、学校の部活クラスですと、付き添いの先生、父母、たまたまその場にいた対戦相手の父母が対応する事になります。

    仕事を持ち、下のお子さん二人もいらっしゃる中、時間は取りづらいのは理解できますが、自分たち素人が責任を取れるか、になったので代表さんが今回は遠慮して欲しいと申し出をされたんでしょう。
    私自身は看護師資格を持っていますが咄嗟の判断はその知識がないと難しくないですか。
    こういうと

    >>冷たくてんかんの息子を邪魔者みたいに言われたような気がして悲しくなるとともに怒りがこみあげてきてしまいました。他の子と同じように生活しているのに、薬でコントロールできているのに何で息子だけ。健康な子に生んであげられなかった

    と言われるケースが多いですよね。でも引率の先生や父母の知識はどうなのでしょうか?

    これこれでこういう症状がでる場合がある、その時はこうして欲しいと先生や父母は勿論、部員の前で「説明」できますか。
    動揺するのは一番は部員であるお子さんたちです。
    遠征と言うことは主に試合でしょう。
    プレーに影響は出ないのか心配されて他の保護者たちとの会合で今回の決定になったと思われます。

    子供がやりたいと言うならば練習の途中でなく早退してでも付き添う。
    父親、祖父母、叔父叔母などに協力者はいませんか。

    みんなが皆、やりたい事を全て叶えている訳ではない。お金の問題もあるし親が協力出来ないからとか自分の子供にきちんと説明しているんですよ。

    ユーザーID:7968203617

  • 相手にもノー!と言える権利があるのです

    トピ主さん側が子供を入れてほしいという権利があるのと同様、相手にもそれは無理だからお断りします、という権利があるのです。

    今回はご縁がなかったと諦めましょう。
    子供さんのことで悲しくなるのは理解できますしご同情いたします。

    他のクラブを探しましょう。そこだけではないですから。

    ユーザーID:8135129186

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 病気じゃない子供の

    スポ少でも同じ事です。
    親が運営しているのに、
    自分は出ないで子供だけやらせてくれは通用しません。
    今回は病気が原因ですが、
    親が付き添えばOKだと言ってくれていましたよね?
    付き添えないというのはあなたの都合です。

    他の保護者は責任を負いたくないのではなく、
    責任を負いようがないんですよ。
    医者じゃないから対応できる訳でもなく、
    発作で命に関わる大事になる可能性だってありますよね。
    ましてや子供しかいない時に発作が起きたら?
    薬で100%発作が起きず、
    100%薬を飲み忘れる事は無いとは言い切れませんよね?
    息子を邪魔者みたいにとは被害妄想が酷すぎます。

    その条件が無理なら入部は出来ない、
    そう言われてなぜ揉めたのですか?
    そうだよねとは思わなかった?
    他に子供が2人もいるんだし、
    それぐらいいいじゃない!って感じだったのかな?
    1度揉めてしまったら、もう今から
    あなたや誰かが付き添うと言っても続けるのは厳しいでしょう。

    お子さんには素直に「ずっと付き添うのは無理だから、
    部活は続けられない」と説明したらいいのでは?
    諦めて他のゆるいチームを探すとか、
    他の習い事を探してみては?

    ユーザーID:0751351435

  • まぁ仕方ないですよね

    健常ではない他人の子供の責任なんて誰も負いたくはありませんし、負わなければいけない義務もありません。

    息子さんにはありのまま伝えるのが本筋ではないでしょうか。そもそもてんかんになったのは起こってしまった事実ですが誰の責任でもありません。

    ご自身たち家族で折り合いをつけて付き合っていくしかないのではと思います。

    ユーザーID:3651369654

  • 他の保護者さんの気持ちもわかる

    私はてんかん持ちの子たちとも関わることがある職ですが、バスケをいきなり親の見守りが不十分な中やらせたいと相談されたら正直困ります
    肉体的疲労はもちろん、チームプレイ故の人間関係などのストレス、試合の際の緊張感や高揚感など…
    助長因子だらけのスポーツだからです
    通常生活が問題ないのとスポーツができるはイコールでは無いです
    数年親が付きっきりで見守っている実績があり、その間発作もなく過ごせて初めて受け入れてもらえる話だと思いますよ
    親御さんとしては真っ向から跳ね除けられて悔しい気持ちもわかりますが、そもそも子供のスポーツ団って送り迎えなども含めて親のサポートありきです
    特に週5でがっつり練習して土日は遠征なんてかなり気合入ってますし、お子様に問題がなくても親の都合で無理って家庭も多そうなところですしね
    きっとトピ主宅だけではなく、今の共働き当たり前世代だと入れない家庭は多そうな印象です
    お子様には普通にそこまでついていってあげられないと言い聞かせればいいのでは?
    もっと緩やかで無理なく活動できるところが見つかることを祈っています

    ユーザーID:2662844449

  • チームを間違えてる

     それだけ練習するなら、「勝ち」にこだわる強豪チームですよね?
     平日の練習だって、かなりハードだと思います。そして、ゆっくり休みたい週末は、早起きして遠征。問題ないんですか?
     
     このチームに入部するなら、親子共々、それなりの覚悟が必要です。

     それなのに、あなたは、仕事もしていて6ヶ月の息子と2年生の娘がいるんですよ。
     普通に考えて、無理でしょ?
     
     お子さんには、てんかんが理由で断られたと告げる必要はありません。

     「あのチームは、週5日の練習で、土日もほぼ遠征なんだって。お母さん働いてるし下の子達もいるから、バスケばかりに付き合ってあげられないの。違うチームを探しましょう。」と伝えましょう。
     
     スポーツクラブでも、バスケありませんか?または、テニスや卓球、空手などはどうですか?
     きちんとコーチが居ますから、保護者は送迎だけすればいいようなクラブです。

    ユーザーID:3624769876

  • お気の毒ですが

    これは仕方がないです。責任取れませんもん。うちにも健康に問題を抱えている子がいて、行動に制限があります。兄弟には全く関係ないですが、その生活に付き合ってもらってる状態です。健康に生まれるって本当に奇跡だと思います。怒ってどうにかなるものでもないです。ちゃんと病気を受け入れて、対処していかないと行けません。普通に生活できてても、健康な子と違うことをちゃんと受け止めなくては。
    スポ少ではなく、地元のスポーツクラブなどに通ってはいかがでしょうか。

    ユーザーID:4062657460

  • 薬を飲めば大丈夫じゃなく薬がないとダメの認識

    ゆいぼうさんは息子さんがてんかんになる前、てんかんの医療知識を知る前はよくわからないけどてんかんって怖い病気だなって思いませんでしたか?

    仕事柄てんかんの方とお話する機会がありますが、薬でコントロールできるタイプのてんかんの方やご家族は薬を飲んでるから大丈夫と割と軽く考えている方が多い印象。
    医療知識のない多くの人の受け取り方は、もし発作が起きても対処法がわからないし痙攣を起こしてる姿は恐怖を感じるし、薬を飲んでるから大丈夫ではなく薬がないとダメな病気という印象。

    これから先、バスケの習い事だけでなく色々な事でてんかんだからダメ・難しいという場面が沢山出てくると思います。
    『薬飲んでるから大丈夫、どうしてダメなの?』ではなくて、相手方と信頼関係を作って息子さんのてんかんの病状や対処方を理解してもらった上で、『それならできる範囲で協力します』と言ってもらえるような話をしないと中々受け入れてもらいにくいと思います。

    保護者協力の元で運営してる競技はただでさえ保護者負担が多いので、スポーツクラブなどの営利クラブの方が入りやすいかもしれません。

    ユーザーID:4843256776

  • 対応策を話しておく

    私もてんかんに対しては全く知識がないので、そういったお子さんをお預かりするのは不安かもしれません。

    ですが、主さんのご意見だと「他の子と同じように生活しているのに、薬でコントロールできている」んですよね。

    また主治医の先生には相談してみましたか?週5日練習で土日は遠征だ、と。

    もしもお医者さんが「薬さえしっかり飲めていれば問題ない」とおっしゃるのであれば、そのことをきちんと伝える、そして万が一発作が起こった場合はどういう対応を行えば良いのかを伝えるのはいかがですか。

    ただ、「保護者達が運営していて部の決まりごとなどは全て保護者が話し合って決めている」のですよね。そうだとすると、その保護者の話し合いで「無理だ」となった場合、無理強いは厳しいでしょう。

    もし無理だった場合、嘘も方便ですから「ママがずっとついていけない子は入部できないみたいなの、ママは仕事もあるし、下の子もいるからちょっと難しそうだなあ、ごめんね」と言えば良いと思います。

    次からは、参加できるかどうかきちんと調べてから体験させてあげてくださいね。楽しいものを見せられて、でも入れない、一番つらいのはお子さんです。

    ユーザーID:9238226018

  • 当たり前だと思います

    私自身が、てんかん患者でした。

    服薬を始めてから、薬を飲み忘れても発作を起こしたことはありません。
    もともと、意識を失うような発作を起こすタイプではなかったこともありますが。
    時々、手が不随意運動(痙攣)をするタイプです。

    「薬でコントロールできている」とはいえ、「飲み忘れたら、(おそらく、意識を失う)発作を起こす」レベルなのですよね?

    受け入れる姿勢を示した相手に対し、拒否したのはトピ主の方だと思います。

    「付き添い必須なら、毎日、参加できないかもしれない。途中からの練習参加になるかもしれない。それでも、入部しても大丈夫ですか?」と言えていれば、違う結果になったかもしれませんね。

    学校主催ならまだしも、保護者運営のクラブに、求め過ぎだと思います。

    あと、入部拒否されたのは「てんかんだから」ではなく、トピ主が「付き添いを拒否したから」です。
    先方は、条件付きながら入部を認めてます。

    持病があるなら、健康な子より条件が厳しくなるのは当たり前です。
    今回の件は、てんかんへの偏見ではないと思います。

    ユーザーID:5557548216

  • 分かるけど

    皆んなと同じようにできると思いますが、保護者の付き添いのない時間帯に、万が一発作が起きたら、誰が対処するのか、それが問題です。

    責任を負いたくないというよりも、責任とれないからですよ。本当にそうなって、一番困るのは息子さんです。学校なら担任が最初に対応して、保健の先生に連絡がいくとか、先生が救急車呼ぶとか、責任と対処の所在が明確ですけど、そこは学校ではないし、皆んな自分の子供の為に活動している親ばかりです。他の保護者や指導者にそこまで対応してくれとは言えません。

    常に保護者が付き添う条件なら、入部できたのに、トピ主さんサイドがそれを拒否したのだから、クラブのせいではなく、ずっと付き添えないのは小さい兄弟姉妹がいるから我慢するしかないね、ってことでしょう。

    ユーザーID:7634020492

  • レスします

    親御さんのいない所でお子さんに発作が起きたらどうしようってみんな思いますし、責任持てないです。入部させてあげたいならあなたかご主人が付き添うしかないでしょう。学校行事ではなくあくまでも任意のクラブ活動ですよね?仕方ない事だと思います。

    ユーザーID:2693612817

  • 拗れる前に

    トピ主さんが他の保護者に、癲癇を伝える必要があると判断したのは何故ですか?
    万が一を考えてではないですか?
    それ聞かされた保護者だって万が一を考えますよ、そりゃ。
    責任負いきれません。
    保護者側の意見は尤もだと思います。
    でも別に邪魔者にしているのではなく、遠征に親の付き添いを求めただけ。
    邪魔者扱いのような物言いをされたなら、揉め事を起こしたトピ主さんのせいだと思いますね。
    揉める前に、トピ主さんかご主人などが付き添える時だけ遠征参加は可能か、祖父母の協力は得られるかなど、他の保護者に癲癇の子を預けることを考える前に一旦引き下がって可能性を探ってみても良かったかもしれませんね。
    息子さんには、「遠征に親の付き添いが必要だが(自分達は)出来ない」と言うしか無いのでは?
    下の子が大きくなるまで、ごねんねって。
    遠征のないバスケ部ってないんでしょうかね?

    ユーザーID:7411101084

  • 言ってる事が支離滅裂だから。

    発作が起きたら困るから、てんかんの事を話したんですよね?

    なのに、断られた途端・・
    >他の子と同じように生活しているのに、薬でコントロールできているのに何で息子だけ。

    と、まるで健常者と変わらないと言いたげ。だったら、てんかんの話はしなければ良かったと思います。

    もしもの時に息子さんの面倒を診て欲しいなら、初めはトピ主さんと親しい人にのみ、頼めばよかったのではないでしょうか。初対面の人に、息子さんの事をいきなり頼むのは、頼まれた側は荷が重いと思います。
    信頼関係がなければ無理な話です。

    今回は、トピ主さんの説明が下手だった。自分で責任を取ると誠意を見せるできでした。初めから息子をお願いしますでは、誰でも嫌がりますよ。

    ユーザーID:7974128508

  • 『週5日練習があり土日はほとんどが遠征らしいてます。』

    1月20日 18:57『河豚』様のご意見に賛同致します。


    少年野球の強豪チームと同様、スポーツを楽しむのでは無く、明らかに勝利至上主義のチームです。

    このようなチームでは、過酷な練習について行けないメンバーは脱落するか、情け容赦なく退部勧告を受けます。

    すなわち、ご子息の持病に対する配慮など、一切ありません。

    また、このようなチームの場合、保護者にも様々な役割分担が義務付けられ、単なる『付き添い』や『送迎』程度では済まないはずです。

    トピ主様の場合、全ての練習、遠征には最初から最後まで付き添う事が不可能ですので、役割分担の義務を果たす事ができず、他の保護者との間でトラブルの懸念もあります。


    従いまして『河豚』様のアドバイスが、最も適切だと思います。

    ユーザーID:5985349017

  • まだ小さいから仕方ない

    夫がてんかんの薬を飲んでいます。1日でも飲み忘れると、皮疹が出ることがあり、少ない量から再開するのだとか。

    薬を飲んでいれば抑えられるといっても、逆に薬を飲み忘れたら大変なことになり、その結果、誰もフォローできないのですよね。

    お子さん自身が自分で薬を管理できるようになるまで仕方ないと思います。食物アレルギーがひどい子、ケアが難しい子も同様です。

    ユーザーID:3958812717

  • バスケは中学からにしませんか?

    持病があるのに、保護者の付き添いが出来ない時間があるのは、どうかと思います。

    お子さんのことばかり気にかけておられますが、お子さんの持病が発症してしまった際のチームの子たちや監督さん、他の保護者さんに多大な迷惑がかかるということは想定されないのですか?

    そりゃね、お子さんは可哀想でしょう。

    でも、お母さんには分かるでしょう?
    お友達に誘われても、「今はちょっと無理だから」と言って断ることも出来たはずです。
    お子さんが可哀想な目にあったとするなら、それはあなたの責任ですよ。十分に回避できたことなんだから。

    私はてんかんという病気が、どういうものか分かりません。
    この先、良くなるのですか?
    バスケをやらせたかったとのことですから、多少の運動は大丈夫なのかな?

    だとしたら、今はトピ主さんが付き添えるような習い事をやらせて体を丈夫にさせて、中学になったらバスケ部に入部すれば良いと思います。

    中学の部活は大体が強制参加なので、バスケ部は入れると思いますよ。

    子どもが可哀想だなんだ言う前に、色々あるでしょうと思いました。

    ユーザーID:4820167541

  • 邪魔にはされてないですよね。

    付き添いができればオッケーなんですよね?

    遠征もある部活で、付き添いができなければ無理だと思うのですが、なぜまるで差別のように言うのですか??

    自分が付き添えないということは、他の保護者があなたのお子さんを見るということです。

    「私は忙しいんだからちょっとくらいうちの子も見てくれてもいいじゃない!」という保護者を仲間に入れることは、私も到底できません。

    ただそれだけのことだと思います。

    ユーザーID:8420879114

  • 付き添うしかないのでは?

    私も上の子を妊娠してから(大人になってから)ですが、てんかん持ちです。

    私ばかり、息子ばかり、そのお気持ちは理解できますが、今薬でコントロール出来ていても、いつ悪化するか分かりませんよね。
    なので、他の保護者の方たちも親(トピ主さん)が付き添ってくれるなら、と譲歩しているのではありませんか?

    私もスイミング好きでしたが、行くの止めました。いつ発作が起きるかわからないので。
    私の場合はですが、普段は薬でコントロール出来てますが、薬の飲み忘れはしてないのに、子供と一緒にいる時、街中で発作を起こして何度か救急車で運ばれた経験があります。起きたら、頭にたんこぶが出来ててショックとビックリで涙しました。でも車道側に倒れなくて良かったと思うようにしました。

    発作持ちの私でもいつ発作が起きるか不安なのに、友達とは言え、赤の他人なら尚更怖いと思います。

    ユーザーID:7054859920

  • ガチなチームは無理でしょう

    >>発作が起きたら困るので全ての練習、遠征には最初から最後まで付き添ってほしいとのこと。仕事もしていて6ヶ月の息子と2年生の娘がいてさすがに難しいなと正直思いました。

    同じチームの子供、指導者、保護者が安心するまで要望を受けて付き添いをすれば、皆さんの理解が得られたのではないでしょうか?

    薬を飲めば大丈夫と言われても、
    経験してないものには不安が残ります。
    それと土日がほぼ遠征ということは、
    保護者の配車やお茶などの当番もあります。
    自分のお子さんだけでも付き添いが100パーセントできないのなら、お当番も難しいのではないでしょうか?

    スポ少でもガチなチームは、本当に厳しいです。
    保護者間のトラブルも多いですよ。
    最上級生の保護者の指示には逆らえません。
    自分の希望なんて言えない雰囲気があります。

    残念ながら、そういうところなのです。

    ちなみに、中学もそんな感じです。
    子供がやりたいスポーツでも
    保護者会で顧問の先生から
    配車ができない家庭はお断りとはっきり言われる場合もあります。

    逆に部員がギリギリで存続が怪しいチームだと
    入部するだけで喜ばれてフォローしてくれる場合もあります。

    事前リサーチは必須です。

    ユーザーID:2985939573

  • 発作時の対応ってどうしたらいいのでしょう?

    てんかんと聞いても私は発作で倒れるかもしれないって知識くらいしかないです。
    そんな激しい運動をしても薬さえ飲んでいれば絶対に大丈夫なのかやもし発作を起こした時どんな対応が必要なのかなど知識がありません。
    親の付き添いなしでも本当に大丈夫な状態なのか、主治医からも保証されてるかなど詳しい説明をトピ主さんがどこまでされたのかなと気になりました。
    周りに理解を求めるのはトピ主さんの責任だと思いますので、付き添いできないって話だけではなく詳しい説明が必要だったのでは?妥協案としてトピ主さんが付き添える時だけ練習に参加させるところからスタートして徐々に周りにも理解を深めてもらうなどの交渉はされたのでしょうか。私ならいろんな案を自分から出してみると思います。

    それに、そんなハードなクラブだと持病があると本当にやっていけるのかトピ主さん側も心配もあるのでは?私だったらむしろ1年間くらいは付き添って様子をみたいです。1年やって何もなければその結果をもとにもう一度周りへの説得もやりやすくなるでしょうし、親同士の人間関係もその間に密にしておくこともできるので。

    それらが出来ないなら素人の親が運営してるような無料のクラブではなく、有料のスポーツクラブなどでもしもの時も対応してもらえるところを選ぶべきだと思います。お子さんのためにもその方が安心だと思います。有料のところの良いところはちゃんとしたコーチが基礎を教えてくれること。持病がなくてもそれが目的で最初はそっちで週2回くらい練習して途中で変わる人もいますよ。素人だけで毎日練習するよりそっちの方が上達が早いって聞きます。中学まではそっちの方がいいかも。

    ユーザーID:2544938591

  • 薬でコントロール出来なかった場合はどうしますか?

    小学生の頃にてんかんもちのクラスメイトがいましたが薬を飲んでいてもタイミング悪く学校で三回ほどてんかんの発作が出ましたよ。しかも、担任がいない時に、クラスはパニックて走って職員室に行った記憶があります。ちょうど四年生の時です。

    持病て生まれもってきたことだから、普通にしようとしないで持病と上手く付き合えるように自分をコントロールすることを学ばないとダメだと思いますよ。

    喘息、てんかんて発作起きたら、日々の体調管理しても発作起きるときは起きる持病ですから、きちんと持病を理解して自分でコントロールする力をつけないと息子さんのためになりませんよ。
    主治医に相談しても、週5練習、土日遠征のバスケなんて許可してもらえないですよ。主治医に相談して主治医から許可が降りなかったと息子さんに話したら?
    普通に産んであげられなくて、ごめんねじゃなくて持
    病は運命共同体だから持病があってもバスケができる所を探そうね!て前向きに話さないと息子さんは卑屈になりますよ。

    それにスポ少て、他に兄弟がいると兄弟の土日が犠牲なりますから、スポ少じゃなくてスポーツクラブ運営とかのプロが教えるクラブチームに入れた方がいいと思いますよ。持病を伝えて、体力作りに楽しくスポーツさせたいと伝えれば、対象してもらえらると思いますよ。遠征は最初から最後まで親がついて来られる時のみとか主治医の許可がでるまで遠征はさせられないとかプロ目線でしっかり息子さんの体力を見ながらしてくれると思います。

    ユーザーID:6192059694

  • 良かったじゃないですか!

    小学生の頃からそれだけの活動は体にも精神的にも逆効果です。バスケとのことですが、そこから優秀な選手は全く出てこないでしょう。断言します。むしろバスケ嫌いが何人も出てくるだろうね。
    そういう勘違いクラブ、逆効果でしかありません。
    そんな所に入らなくてよかったじゃないですか。救われたと思いますよ。

    ユーザーID:1654012570

  • スポ少と親の関わり方

    よく問題になります。
    そのクラブはトピ主宅の状況では持病がなくても難しいです。
    子供には病気で拒否ではなく、共働き家庭だと親のサポートができないからで良いのでは?
    最近は送迎やお茶当番無し、応援も強制しないクラブもあります。
    子供にも親にも負担が軽いスポーツを探す努力を。

    ユーザーID:4844332112

  • 病気のことだけじゃないと思いますよ

    保護者が運営しているクラブ
    ですから、やはり練習や遠征に
    付き添えないと難しいのでは?

    詳しく書いていないけど、土日の
    遠征って、やはり場所によっては
    車を出す人もいるかもしれないし
    飲み物を準備する当番とか
    あるのではないですか?

    お子さんが健康上、何も問題なく
    ても赤ちゃんがいたり、仕事が
    あって、他の保護者にお世話になる
    機会が多いと、あなたも何かと
    気を遣い、居づらい立場になるの
    ではないでしょうか?
    今回のお断りはそういう意味も
    あると思いますよ。

    子どもがそういうクラブ活動を
    やりたいと言っても、土日の
    引率や保護者の当番が無理で
    入部しない家庭はいっぱいあると
    思いますから、てんかんのせい
    だと決めつけず、お子さんと
    話をして付き添いの要らない
    スポーツクラブや習い事を
    させてあげてください。

    ユーザーID:9244028113

  • 一方的ですね

    受け入れ態勢がないクラブに一方的に「病気だけど大丈夫だから」と一方的な情報だけで入部を申し込まれても難色を示されるのは当然の事では?
    トピ主だって実生活で薬でコントロールきて普通の生活ができるという今までの実績を踏まえてるから全部付き添わなくても大丈夫と主張されるんですよね?クラブの人達はお子さんの生活を見てる訳でもなく本当に大丈夫かどうか分かりようがないんですよ。
    それを「大丈夫なのに!冷たい!邪魔者にされた!」と被害者意識が強すぎます。他所の子供の命に関する事、慎重に慎重を重ねて当たり前じゃないですか?本当に大丈夫かどうかも分からないのに簡単に預かれるわけないでしょう。

    入部を断られたのは病気が原因ではないでしょ?付き添いができないからです。そこを捻じ曲げて人の所為にしちゃいけません。
    息子に何て言っていいかって、「弟や妹もいて付き添いが無理だから」ですよね?息子さん可哀想でしょうか?そういう家の都合で習い事の内容と合わず入部しない子なんてたくさんいますよ。親が「病気の所為で断られた」と思ってる事が一番可哀想です。息子さんが一番傷つくと思います。
    付き添いさえできれば入部できたけど、それが無理なんだから他にもっと条件の合うクラブを探せばいいじゃないですか。
    周りの所為、病気の所為、丈夫に産んであげなかった所為、などと言ってもどうにもならない事をグチグチ嘆いてるとお子さんがどんどん惨めな気持ちになりますよ。

    ユーザーID:2815321097

  • 違うクラブを見つけてあげて

    お子さんがてんかんであるという以前に…。
    保護者がボランティアで運営しているクラブでは、「仕事しているから」「下の子が小さいから」は言い訳として通用しません。
    親はみんな無償で、休日返上しているんです。
    私も下の子が幼い間は、上の子に我慢させる場面が多々ありましたし、逆に幼い下の子に無理させる場面もありました。
    誰もが何かしらを我慢したり犠牲にしながら、クラブに参加していると思いますよ。
    てんかんのお子さんを親なしで参加させたいなら、月謝の発生する営利クラブで相談なさったら良いと思います。
    お子さんには「お母さんのお仕事があるし、下の子ちゃんもまだ幼いから、そのクラブ活動に付き添ってあげられないの。その変わりに違うクラブを見つけてあげるから、そこで頑張ってみよう!」と話してあげて欲しいです。
    私も完全ボランティアで、とある子供の活動に参加しています。
    活動中は「お子さん達に怪我させてはいけない」「無事に親元に帰さなくては」と四六時中気が抜けません。親に報告する程ではないにせよ、細かいハプニングは常に発生しています。
    てんかんのお子さんの参加を打診されたら、私も「親が完全に付き添えるなら。」という条件をお願いしたいです。ボランティアでそこまでの責任は負えません。
    我が子にも先天的な障害がありますが、「これ以上の参加は、運営や安全面で難しい」と言われたら、潔く退団するつもりです。

    ユーザーID:9820599395

  • ご縁がなかったと割り切りましょう

    お気持ちわかります。
    もう少し子供に優しい世の中であればと思うことありますよね。

    ただ、よそのご家庭にもそれぞれ事情があるということも理解しましょう。
    よそのご家庭にもまだ小さなお子さんがいたり、ほかの兄弟姉妹の世話や送迎もあるでしょう。
    仕事をなさってる保護者ももちろんいます。
    みなさん余裕がないんですよね。
    だから「遠慮して」って言われるのだと思うのですが。

    保護者が運営していて、他の保護者の協力と理解が得られなかったら諦めるしかないです。
    何かあったときに責任が取れないというのは理解できなくもないです。

    うちも共働きで、近所のあるスポーツクラブに入部させようと思ったのですが、持ち回りで親の出番も多く、それができない家庭は公平性を保つためにも遠慮してほしいと遠回しに言われました。

    ほかにお子さんに合った習い事を探すのが先決ではないでしょうか?

    ユーザーID:1503493417

  • 全てを自分の思い通りにしようとするのは無理です

    小さな子供もいる
    妹さんもいる
    仕事もしている
    だから難しい
    あなたが言っている事情は
    あなたの家庭の事情ですから
    それを汲めというのは傲慢です

    薬を飲んだから発作が出ないと思ってるのなら、それは大きな間違いです。
    お子さんにもあなたにも罪はないけど
    その病気は出てきます。
    薬に絶対はないんです。

    甘えたい気持ちが怒りを産んだ

    あなたが参加を希望するチームは
    あなたが思うよりハードで
    勝ちを目的にしているチームですよね
    4年生からホワッと参加出来るチームではない
    てんかんの発作がなくても、なかなか厳しい
    大量の汗をかいて頑張る覚悟で参加すべきです

    あなたの文章から
    軽く考え、甘えがあった事が伝わります
    拒否は病気のせいだけではないのでは?

    保護者だけで運営との事ですが
    なぜ遠征が頻繁にあるのか考えてますか?
    我が子が参加するなら
    仕事が、他の子供がなんて言い訳は通りません
    あなたも運営に参加することになります
    真剣に取り組む保護者と子供達に
    甘えから参加を考えるから拒否された
    それだけの事です。

    息子と真剣に話をし
    自分が手助け出来ないことを伝えるか
    必ず身内が付き添い、運営に参加し
    頑張る覚悟を持って再度お願いする

    息子の気持ちをどう守るかは
    あなた次第ですよね
    言い訳はやめましょう

    ユーザーID:4636279821

  • もっと気楽にできるチームを

    探されたらどうでしょうね。トピ文読む限りそこのチームは無理な気がします。保護者運営でしょう?かなりハードなチームのような気がしますよ。
     お子さん病気をお持ちだそうですが保護者運営のチームなら万が一を当然心配すると思います。
     トピ主さんがそこのチームに加入させたい気持ちは理解できますが、そこのチームだって誰を加入させるかどうかの決定権あるのですよ。
     自分の息子さんの世話は親であるトピ主さんに課せられています。その世話の一端を任意のバスケ運営メンバーに負わせるというのはどうかと思いますよ。学校の部活や市の運営するバスケチームではありませんので。お気の毒だとは思いますが仕方ない気がします。何だか冷たいレスになりましたね。

    ユーザーID:6432989836

  • てんかんで無くても無理

    トピ主さんは、てんかんを理由に断られた、と思っているようですが違います。
    「付添い」があれば「入部可能」と言われていますよね。付添い出来ないのは、トピ主さんの都合です。
    >週5日練習があり土日はほとんどが遠征
    >保護者達が運営していて部の決まりごとなどは全て保護者が話し合って決めている
    なら、保護者の負担は大きいです。
    練習場所の確保、練習前後のゴール出入、練習後の掃除、対戦相手との折衝、試合場所の確保、用具の運搬、子供の移動手配、救急箱の管理、テーピング、補給飲料の用意、夏なら大量の氷準備…
    これら全てを保護者が運営しています。
    その上に「付添いのいない病児の健康管理」迄は出来ません。命に責任は負えません。

    また、スポ少は「部員の親は全員が」平日は週1,2回、土日はどちらかの担当として役目分担が有る筈です。遠征内容によっては土日両日です。

    平日仕事で、乳児を抱えて、出来ますか?

    「付き添う努力」ではなくて「役割分担」です。引率担当なら途中参加はあり得ないでしょう?
    持病によって、その「分担」が一寸増えるだけです。

    そもそも、働いていて、乳児がいて参加できる部活では無かったのです。
    お子さんには「お母さんが係が出来ないから」と話せば良いだけです。

    私も働いていて、子供が3人いました。
    だから保護者負担の大きいものは最初から避けてきました。
    働いているから、小さな弟妹がいるから、は理由になりません。それを理解していたから、体験入部の前に情報収集して、興味を別の方向に誘導しました。
    トピ主さんのお子さんは持病も有るのだから、余計に母親として、事前の情報収集に努める責任が有ったのに、それを怠った。
    「働いていている、弟妹がいる」はトピ主さん個人の事情で、保護者の役割を逃れる免罪符にはなりません。今回を教訓にしましょう。

    ユーザーID:6010028822

  • 貴女が条件をのめば入部できた

    ほぼ毎日練習と遠征があるならば親の出番は多い。
    保護者の方は入部の条件を出しましたが、貴女はノー。
    なら入部できないのは、貴女が条件が無理と判断したから。

    てんかんや病気の知識は一般的ではないので相手に求めすぎ。
    邪魔者ではなく対処に困るから貴女の付き添いを求めているのです。

    これからも貴女が不満に感じる事があるかと思います。
    でも相手を責めるより、出来る事と出来ない事を考えて病気と付き合って。
    今回は試合に力を入れているバスケ部でしたが、他の部を考えてみましょう。
    お子さんには、病気が理由ではなくお母さんの付き添い無理だからと伝えてね。

    ユーザーID:2102788338

  • 他人に責任転嫁しているトピ主さん

    「親の自分が付き添えないなら、付き添えない間に子供に何があっても他の保護者の責任を問わない」、これがトピ主さんが他の保護者に言わなきゃいけない事でしょう。周りに堂々と、しかも命に関わる負担を強いようとした自分が間違っていたって分かりませんか?

    ユーザーID:4067682264

  • 色んな思いをごっちゃにしない。

    >全ての日は厳しいので付き添う時間を練習の途中からでもいいようにしてほしいとお願いした
    これをですね、
    「付き添い出来ない日があるので、
    全ての日に練習参加できなくても入部可でしょうか。」
    がいいんじゃないかな。
    トピ主さんが付き添える日だけ参加じゃだめ?

    それからね、
    >あー無理無理無理
    って言葉に息子さんを否定された気になったんだろうけど、
    息子さんを否定しているのではなくて、
    責任を負うのは無理だからね。
    ごっちゃにしないのよ。

    そしてこれ大切な事。
    私は心臓疾患やらを抱えて生まれて来た。
    当然運動の制限はある。でも性格は明るいので、
    しんどい運動をさぼっているって誤解されて、
    いじめっぽい事に遭ったことがある。
    その時にね、
    「なんで健康な身体に産んでくれなかったの!」
    と親を責めたことがあって、返って来た言葉が、
    「健康に産んであげたかったんだよ。」
    って言われてさ、悪い事言っちゃったな〜ってすごく後悔した。
    だから、
    自分のせいでーーーー!
    ってなるのやめて。病気があっても愛している。守るから大丈夫。
    ってお母さんでいて欲しい。

    病気のせいでこの先も色々あるよ。
    息子さんが泣いたり悔しく思ったりする事もあるはず。
    そんな時に、
    邪魔者にされた、自分のせいでー、ってなったら、
    支えを失うから。

    息子さんの出来る方向で考える。
    もっと強くなる。
    踏ん張らないと。

    ユーザーID:5911591568

  • 貴方の息子さんだけじゃないですよ

    持病や障害を持つと制限されることはあるよ、これ仕方ない。
    貴方の息子さんだけじゃない、私も障害のある息子がいますから、トピ主様の気持ちはわかります。

    このまま部活に問題なく入部して、何かあったらトピ主様がすごく後悔するよ。
    部活の保護者が仰ってることは正論、トピ主様親子のタメなんだよ。

    てんかんの発作の状態が、全身に及ぶものなら、まず諦めた方が良いと思う。
    それにね、発作の状態をほかの児童が見ることになったらショックだと思うし、その後の息子さんの学校生活や友人関係が難しくなるかも。

    まずは医師に相談してみて。
    中学になれば、医師の許可が出れば部活が出来るかも知れないよ。
    それまで、トピ主様が同伴できるクラブチームに入ることをお勧めします。
    バスケは自主トレ自主レンもお勧めです。

    どちらかと言うと個人種目の方が良いかもよ。スポーツはたくさんあるよ、お子さんと他のスポーツも探してみて。

    悲観するより、次の目標を探したり目指すことが親の務め。

    ここはお子さんのために踏ん張り時ね、頑張れ。

    ユーザーID:5083264012

  • 断ったのはあなた

    部は息子さんにてんかんがあっても条件付きの入部を認めたんです。
    でもそれを拒否したのはトピ主ご自身です。

    条件がのめないなら入部を拒否されるのは当然のこと。
    あなたが自分と息子を天秤にかけて自分を選択した結果です。

    部はちゃんと息子さんを入部させる前提で話し合いをされています。
    つまり好意的に話し合いをされたんです。
    だからこそ条件を付けた。

    条件が厳しいと思うなら入部出来ないのは仕方ないのでは?
    トピ主さんやご主人が条件のめないなら仕方ありませんもの。

    息子さんには正直に話すしかないと思います。
    「お父さんとお母さんにはお仕事もあるし小さい下の子もいるでしょう?だからあなたに付き添えないから入部はできないのよ」って。

    決して息子さんにてんかんがあるから入部を拒否されたのではありません。
    入部条件をのめないと言われたから拒否されたんです。

    他の保護者だって我が子を見守っています。
    それに加えて別の子とてんかんにまで気を配るのは無理ですよ。

    正直、息子さんにてんかんがなくてもトピ主さん宅の事情では入部は難しかったと思いますよ?
    保護者運営の部は最低でも自分の子は自分で責任と面倒を見る必要があります。
    でもトピ主さんは仕事もしてるしまだ小さいお子さんもいらっしゃる。

    どちらにしろ入部は厳しかったし、入部できてもトピ主さんが部の仕事より自分の仕事や下の子の面倒をみているようではいずれ退部を促されます。

    こう言う部は所謂お稽古とは違います。
    保護者が我が子の専属マネージャー的な要素を持っているんです。
    どちらにしろ無理な話だったんですよ。

    ユーザーID:7123208576

  • あなたが折れれば結果は変わった

    付き添いの話が出たときに、「付き添いが出来ない時は練習・遠征休ませようと思っている」という考えは無かったのですか?
    下の子がいるとか、それはどこの家庭も同じですよね。
    「保護者同士の協力」ってあなたも保護者の一人ですよ。
    あなたの為の保護者の協力と思っていませんか?
    お子さまの持病、本当に大変だと思いますが、だからこそ考え方や伝え方をもっと丁寧にしないといけないと思います。

    ユーザーID:7111999890

  • てんかんはハードル高いです

    わが子がてんかん持ちです。まずてんかんについて、そして医療行為と
    いうものについて勉強しましょう。

    てんかんは発作の症状によっては命に関わりますし、その場合は
    医療行為を施さないと重度の障害が残ったり最悪の場合もあるのです。

    けいれん重積発作という言葉、ご存知なかったらぜひ検索して
    勉強してください。決して頻度は高くないですが、もしそうなったら
    こんな呑気なトピ書いてられないと思います。
    うちの子はこの重積発作を経験しました。

    それから、1度の薬の飲み忘れで発作が起きるということは、
    お子さんのてんかんはあまり油断できないものだと思いますよ。
    もっと真剣に考えた方がいいと思います。飲んでいても起きる
    ことはありますから、飲み忘れは論外です。

    脳波検査も行っていると思いますが、脳波が安定していても
    発作が起きる時は起きます。

    とにかく、自分は忙しいから全部は付き添えない、他の方に
    ちょっと甘えたいというようなお考えでは、命を守るという
    レベルでお子さんがお気の毒だと思います。

    入部拒否されてかわいそう以前の問題です。
    それよりも、もっときちんとてんかんの勉強をしてほしいです。
    それがいま一番お子さんのために必要なことだと思いますよ。

    うちの子も医師からの診断書には、普通に生活可能と書いて
    もらっていますが、それは万全の態勢を取った上での話です。

    ユーザーID:3445154285

  • 難しいでしょうね。

    でも、ほかの方が書かれているように”受け入れてくれるクラブを探す”というのはどうなのでしょうか

    手前味噌で申し訳ありませんが、
    私の兄は障害者で歩行は”一応一人で歩ける”ということでした。
    その兄が小中は特別支援学校だったのですが、高校からは普通高校を目指したそうです。
    それで、両親は”受け入れてくれる学校”を探して都内中の高校を回ったそうです。
    幸い都内に受け入れてくれた学校を見つけたそうですが、それに至るまではとんでもない対応を受けたそうです。
    ちなみにその高校は兄のために施設の一部を改装までしてくださったそうです。

    ですので、主様、凹む暇があるのなら行動です。

    ちなみに兄の高校の話は今から40年近く前で今のように障がいがある人に対して暖かい目が少ない時代で差別的なことは多々ありました。

    ですので、今の時代、障がい=ハンデではありません。

    ユーザーID:4233975960

  • 他のチームを探してあげては?

    トピ主さん親子に合う他のチームを探してみては?
    他の方もおっしゃる通り、小学生の部活動にしては
    週5練習で週末は遠征ってかなりハードですよね。
    そのチームは結構な強豪なのではないでしょうか。
    いきなりそんな本気度の高いところより、まずは
    バスケを楽しくやろう!くらいのチームの方が
    良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:2706361999

  • 遠征の無いクラブもあるでしょ

    毎週遠征って、おそらく超強豪です。
    保護者もかなり力を入れていますよ。

    てんかんじゃなくても体力的にも精神的にもかなりキツイと思いますし、
    トピ主が他の保護者と同じ温度感でクラブに関われないなら、そこでは無理だと思います。


    >薬でコントロールできているのに何で息子だけ。
    遠征中に何らかの事情で薬を飲めず大事になった場合、
    誰が責任を取るのですか?

    ユーザーID:7602790104

  • 退職して夫も付き添う

    先ずは主さんが退職。そして、夫にも仕事の都合つけて 二人で交代で付き添う。下の子 同伴でもいいけど 迷惑かけない。勿論、本人に何かあったらすぐ対応する。
    大体、てんかん持ちなら遠征は無理と思います。練習だけにしませんか?彼が行きたいなら見学か お世話に轍するとか?

    先ずは夫に相談しましょうよ!!
    主さんが退職すれば、保育園も退園ですね。下の子の同伴が 駄目なら行政か 身近な人に相談です。収入は減り、支出は増えます。どうですか?

    ユーザーID:1285767519

  • 勝手すぎる

    病気であろうとなかろうと親の付き添いが必要なクラブや習い事はいくらでもあります。
    親が付き添えないのに、ほかの保護者にみてもらうのは筋が違うと思います。
    遠征なら、親が付き添える時だけ参加とかにすればよかったのではないですか?
    私がほかの保護者さんの立場なら同じ選択をしたと思います。
    よその子供の健康問題に責任取れません。

    その辺の考えを変えて、別のところを探してみてはどうですか。

    ユーザーID:3480157339

  • 子供の問題以前に

    トピ主が働いていて、弟と妹がいる状況で、週5の練習で、遠征も多い習い事は難しいです。

    ハードなクラブチームは、親の協力は不可欠です。
    親同士のコミュニケーションも重要になってくる中で、できるだけ行けるよう努力するので、うちの子の面倒よろしくお願いしますって、無理ですよ。

    下の子の体調が悪くなった場合、看病を頼める方はいますか?

    万一、トピ主がお当番の日ですら、完璧にこなせないなら、そもそも、そのクラブへの入部はやめた方がいい。

    熱心な親の場合、普段から子供の練習に付き添いますし、親同士の温度差も出ます。

    楽しくやりたいという方向性なら、他の習い事を考えた方がよろしいかと思います。

    それに、お医者さまは、そんなハードなクラブチームに入ることを了承しているのでしょうか?

    息子さんには、ご家庭の事情を伝えて、他の習い事にしてみようと話したらいかがですか?

    ユーザーID:2989724617

  • 断ったのはトピ主では?

    >>発作が起きたら困るので全ての練習、遠征には最初から最後まで付き添ってほしいとのこと。

    これをトピ主が受け入れれば、息子さんは入部できた可能性が高いんですよね?
    それを、仕事をしている、しかも弟妹もいるからとトピ主が断った。
    だから入部はなくなった。

    トピ主も、部活動の保護者も悪くなく、仕方がないことだと思います。

    あなたの状況を考えればそんな綿密な部活動のすべてに付き添うことはできないし、
    他の保護者にしても、薬の管理が厳しいてんかんのお子さんを預かる形になるのは怖いと思うのは当然だと思います。

    お子さんに持病がなくても、濃厚な部活動に保護者がついていけずに退部になる場合はどこにでもあります。

    それにトピ主さんは、受け入れ側の条件について揉めてしまった。
    これはかなりマイナスです。
    お子さん可愛さからだと思いますが、
    持病を持つお子さんを預かってもらう(付き添えないということはそういうこと)親が、
    その条件は不服だと揉めたら、もうダメですよ。

    持病だけでも怖いのに、そんな親では受け入れてからも怖いですから。

    今回は、お子さんのこれからの成長の道のりをよく考える機会になったと思います。

    何もかも言われたとおりに、ではなく
    諦めて違う道を探すということです。

    息子さんには、そのまま病気の関係で入ることはできなかったと言うしかないと思います。

    ユーザーID:5047619568

  • 申し訳ないけど…

    私もチームの人側の意見です。
    我が子のチームにも幼稚園の時にてんかんと診断された子が居ましたが、そのお母さんはずっと付き添ってくれました。
    最初話した時は「え?」みたいな感じでしたが、子供同士が仲が良い(わが子が誘った)からこそ何かあったときにわだかまりを残したくないことを伝えたところ「じゃあ毎回車出してもいい?」と言ってくれて(車だしでないと公共機関で追いかけることになるので)いつも一緒に居るうちにある程度動き回っても大丈夫なこと、発作が起きるのは夜だけだったこと、起きたときの状況なども話しているうちに問題なさそうという考えが浸透して、今では付き添ったりそうでなかったりもしています。良く来てますが。

    親御さんに後で聞いたところ、やはり心配だったので付き添って居られて安心したことや当時はやはりトピ主さんのように感じたことを言っていました。ただ経験者だったので次にあげることを理解してくれていました。
    バスケは体力勝負なので、急激に体に負担がかかります。
    疲れで蕁麻疹を起こす子もいますし(これは我が家)、膝の不調や呼吸器に負担がかかる場合もあります。もちろん元からアレルギーなどを持っている場合ですが。負荷を少しずつ増やしていかないと筋力も体力もつかないし、怪我の原因にもなりかねません。

    もしやりたいのであれば、全部の練習に出るのではなくて、トピ主さんが付き添える日や時間のみにするというのはどうでしょうか?

    息子さんには申し訳ありませんが、でも逆の立場でしたらどうでしょうか?
    全く自分の身近にはいない症状のお子さんを預かれるものでしょうか?
    保護者が運営してる団体は何かあったら、活動そのものがなくされてしまう可能性もあります。今頑張っているチームの子全て行き場をなくさないのが運営側の最重要事項なんです。素人が責任を負う側になり断らないといけない辛さも考えてあげてください。

    ユーザーID:3268081743

  • 考えが甘い

    成人するまでに治癒する小児てんかん患者でした。
    私は小5〜小6はミニバスをやり、中高はバトミントン部でした。

    私の場合、発症は幼稚園時で、発作は小2時が最後。以降発作なし。断薬は中2で、それ以降成人まで年一の脳波検査で様子見。
    成人以降は検査の必要もなしと言われ、アラフォー現在まで何もありません。

    私の小学生時はミニバスは学校の部活としてあり、運営は学校が行い保護者が関わることはありませんでした。そして遠征はありませんでした。

    運営者が学校であればまだしも保護者であるなら、常に付き添いを求められるのは仕方のないこと…むしろ当然のことと思います。

    薬を飲めば100%発作が起きないという保証はない、ということは主さんも承知でしょう?
    てんかん発作時、てんかん知識のない他の保護者が発作に対応することは無理です。
    「もしもの時に対応できない、責任取れない。だからお断り」というのはもっともな言い分です。
    小児てんかんであった私がその運営者であったとしても同じことを言います。

    そもそも「てんかんである」ということで拒まれてはいませんよね。付き添いができれば受け入れOKなのですからむしろ善処されていると思います。
    小さい子がいて仕事もあって…「だから大目に見てよ」っていうのはあなたの甘えでしかありません。

    ユーザーID:4397180465

  • それならば、

    真っ向から拒否ではなくて、保護者が付き添えばOKなのですよね。
    普通の対応だと思います。
    例えば、仕事もしていて下の子もいるので、〇曜日は練習に途中参加でも良いですか?
    お医者さんからOK出るまでは週末の遠征にも参加できないのですが、それでも入部可能ですか?
    と、きちんと付き添う事前提でお話すれば良かったのに。

    発作がちゃんと抑えられているのであれば、そのうちにOKが出た「かも」しれないのに。
    保護者運営のチームでは責任を負いきれない、というのは当然だろうと思います。
    トピ主さんのお子さんの安全や生命を安請け合いは出来ないです。
    ましてやチームの保護者全員が引き受けられるかというと…

    また、トピ主さんも仕事をしていて幼い子供がいるのなら、てんかんでなくてもそのチームで歓迎されるのは難しいのではないでしょうか?
    トピ主さんのお子さんと状況は違っても、ほぼ毎日練習&週末は遠征で試合というのは無理だというご家庭は多いと思います。

    少々レッスン料が高くても、クラブチームの方が親の負担は少ないので、そちらを考えてみては?それともやはり友達と一緒がいいのかな?
    そうであれば夫や祖父母との協力の分担ですよね。

    ユーザーID:0586635395

  • その対応は残念ながら妥当

    児童に持病があって、親の付き添いが必要な場合は、
    親の付き添いは避けられないと思います。

    お子さんがてんかんの持病があって断られたのではなく、
    付き添いができるか否かの判断なので
    残念ながら妥当です。
    つまり、付き添いができないワーママもダメということ。

    習い事としてお金を払えば入れるところはあると思います。

    持病がある子が差別された、と思うとちょっと違うので
    他を探そう、という発想の方がすこやかに暮らせますよ。

    ユーザーID:0636845398

  • 親が負わない責任をタダで押し付けるのはちょっと・・・

    >できるだけ付き添う努力をしようと思いましたが全ての日は厳しいので付き添う時間を練習の途中からでもいいようにしてほしいとお願いした

    もしその間に何かあったらその責任は誰が?

    >他の子と同じように生活しているのに、薬でコントロールできているのに何で息子だけ。

    >1度だけ飲み忘れたため発作がおきました。

    また飲み忘れることがあったら?

    >健康な子に生んであげられなかった自分のせいでこらからも息子がこんな思いをすると考えると辛いです。息子に何て伝えていいかわかりません。

    誰でも(誰でも、です)、望めば何もかも叶うなんてことはあり得ません。
    それぞれ自分に課せられたものと折り合いをつけながらできることをやり、できないことは諦める。子供のうちから少しずつ学ぶべきことです。
    トピ主さんは、何か勘違いされてませんか?

    部のことについていえば、トピ主さんが仕事を辞めて毎回付き添いできるようにするか、毎回付き添わなくてもよいと言ってくれるところを探しましょう。
    トピ主さんのお子さんが「楽しむ」ために誰かが何かを犠牲にする必要があるのなら、他人に押し付けるだけのはやめにしないと、今後本当に助けが必要な時に助けてもらえなくなりますよ。

    ユーザーID:2313814221

  • 入部拒否ではないですよね?

    あなたが四六時中付いているのなら、入部可能で、あなたはそれができないと断った。

    だから、単に入部条件に満たなかっただけです。
    他にも、遠征行けない、練習の半分しか行けない、などと条件に満たず、入部を断念している家庭はあるはずです。

    それを、持病のために入部を拒否された、と表現するのは、相手側をより悪く見せよう、という意思が見え隠れします。

    また、私もとあるスポーツ団体に所属していた時、とある持病の子が急に倒れて。
    大会前の大事な練習は一時中断、救急車沙汰で大騒ぎ。
    メンバーも動揺して、一気に士気が下がりました。
    そういったリスクが危惧されたのかもしれませんね。
    誰も命の責任は取れませんから。

    ユーザーID:2129914223

  • 段階を踏んだほうがよかった

    「うちの子、発作が起きて場合によっては命に係わるけど、私仕事だから、子守よろしくっ!」

    って、ほとんど知らない人から言われたらどう思います?

    仕事中の教師でも医療関係者でもなく、プライベートな時間にボランティアで子どもの趣味の団体を手伝っている立場としてです。

    段階を踏んだほうがよかったと思いますよ。

    まずは、あなたやご主人でも祖父母でも付き添える時間だけ練習や遠征に参加すればよかったんです。周囲があなたがやお子さんと何度も一緒に過ごして、「あ、別に親が張り付いてなくても大丈夫かな?」「いざというとき、どういう風にしたらいいんだろう」って信頼関係を築ければ、すぐに遠征は無理でも通常の練習は持ち回りの当番の時だけでいいよってなったかもしれない。

    冷たい?差別?とかそういうところに話を持って行って、自分の都合のいいように他人を動かしたいみたいだけど、それは無理なんじゃない?

    お子さんになんて言うか?

    少なくとも、あなたみたいな被害者意識は植え付けないようにした方がいいよ。病気だから障害だから仕方ないから相手はするけどってことでなく、お子さんには周囲と人と人として助けあえる関係を築いてほしいとは思いませんか?

    気に入らないことがあるからってそういう臭わせする人は、義務として対応してくれる人にしか相手にされなくなりますよ。永遠にあなたが付き添えるわけではないんですから、お子さんが将来ずっと気持ちよく過ごせるように考えたほうがいいです。

    あなたが他の保護者ともめて入部できなくしたんですから、人のせいとかお子さんのてんかんのせいに話をすり替えないようにした方がいいと思います。

    ユーザーID:8944902753

  • 付き添い無でも、親の出番が多いと続けるのは大変だと思います。

    他の方もご指摘の通り
    >週5日練習があり土日はほとんどが遠征らしい
    >保護者達が運営
    >全て保護者が話し合って決めている
    部活なら本気の部活、親の出番は多いと思いますので
    >全ての練習、遠征には最初から最後まで付き添ってほしい
    がなくても
    >仕事もしていて6ヶ月の息子と2年生の娘が
    いたら続けるのは大変だろうと思います。

    付き添いがなくても
    保護者の話し合いに参加
    練習や遠征の送迎
    等はあると思いますが…主様、旦那様は協力出来ますか?

    てんかんではありませんが、私も幼少期から持病有。
    体調が良い時は
    >薬でコントロールできて
    いましたが…修学旅行等は、念の為、医師に紹介状を書いてもらい持参、緊急時に受診できる医療機関等も調べておきました。準備を整えて出発しても、疲れたのか、緊張からか途中で具合が悪くなってしまった事があります。
    頓服薬を使用し、同行の保健の先生がいる所で暫く休ませて貰い回復しましたが受診→入院等になったら、皆の予定を狂わせ、親も駆けつける事になったのかな…と思います。

    入退院や諦める事の多い子供時代でしたが、私は親に
    >健康な子に生んであげられなかった
    と思って欲しくないと考えています。
    病気のお陰で精神的に随分強くなれましたし、医療・教育機関の方など自分の事を一生懸命に考えてくれる親以外の大人にも出会う切欠を与えて貰い、別の病気で闘病している子を見て…学ぶことは沢山ありました。
    今は、闘病する親子を支える仕事をしています。自分に闘病経験がある事が、お相手の理解に役に立っている部分も多少あると思います。

    >息子に何て伝えていいかわかりません
    体験した所は親の出番が多く、我が家の場合は継続が難しそうだから、他のクラブ(習い事の様に出来る所)を探そうと、下手に隠し事をせず【前向き】に伝える事をお勧めします。

    主様も、御子息もお体ご自愛ください。

    ユーザーID:0281087076

  • てんかんの息子さんが邪魔者なのではありません

    てんかんの息子を他の保護者に押し付けようとするトピ主が邪魔者なのです。
    息子さんは悪くありません。

    他の保護者だって、仕事や他の子供の面倒を見ながら練習に付き添っているんですよ。
    トピ主だけが免除されると思うのはなぜ?
    一度の飲み忘れで発作を起こすレベルのてんかんの子供を入部させようというのに、なぜ他の保護者に押し付けようとするの?
    自分の子供が心配じゃないんですか?

    責任を負いたくない他の保護者の気持ちが理解できるなら、怒りがこみあげるわけがない。
    トピ主が付き添えないから、自分で入部を断っただけでしょ。
    息子さんの持病のせいにして、他の保護者を逆恨みするのは止めて下さい。

    日常生活が薬でコントロールできることと、ハードな部活動を一緒にしないで下さい。
    他の子と同じように日常生活を送れるのは服薬のおかげ。
    つまり、薬がないと日常生活も他の子と同じようにはいかない病気だということ。

    平日は毎日練習で土日もほぼ遠征なら、楽しいのは体験入部だったからです。
    入部したら練習はめちゃくちゃハードでミスしたら怒られるし、体力的に相当きついと思いますよ。
    薬を飲んでいても、部活がハードで運動中に発作を起こしたら?
    その時トピ主が付き添っていなかったら?
    どこかで「てんかんなんて薬さえ飲めば大した事ない」と甘く考えていませんか?
    もしトピ主の見ていないところで発作を起こして後遺症が残っても、その場にいた他人を逆恨みしないと断言できますか?

    入部を自分で断ったくせに怒りがこみ上げるトピ主なら、その場にいた他人のせいにするんじゃないですか?

    ユーザーID:7991589994

  • もう少し大きくなってからでも

    私はむかし、子供の同級生がうちに遊びに来てるときにてんかんの発作が起きました。
    正直パニックですよ。
    親に連絡して、救急車も呼びましたよ。
    吐瀉物が詰まったら死にますからね。

    遠征とかで急になったらと思うと仕方のないことだと思いますよ。

    でもその子は中学生になったら普通に部活に入っていたし、そこまで悲観しなくても…

    ユーザーID:6126147782

  • てんかんのせいじゃありません

    トピ主さんが仕事だ、「娘や赤ちゃんがいるから付き添えない」って言ったせいでしょ?

    てんかんでも入部は可。
    そのかわり、すべて親が付き添う。

    それができないのだから、入部できないのはてんかんのせいではありません。
    親のせいです。

    ユーザーID:2264612674

  • 仕方がないこと

    >発作が起きたら困るので全ての練習、遠征には最初から最後まで付き添ってほしいとのこと。

    当然だと思います。
    てんかんで倒れた時打ちどころが悪かったら?
    救急搬送されたら 誰が付き添うの?


    >仕事もしていて6ヶ月の息子と2年生の娘がいてさすがに難しいなと正直思いました。


    それは仕事をしている自分が悪い(というか部活優先になれないわけだし)
    んであって 息子さんが悪いわけじゃないです。
    付き添いが難しいならあきらめる一択では?


    私も体が悪くて 林間学校・修学旅行に行けませんでした。
    保護者の付き添いがNGだったからです。
    低学年の遠足には 母が同行しました。

    子供ながら自分が病気であることは 親からの説明で理解していたので
    想定内でした。
    これからの人生でも 多くの友人と一緒に何かをするのが普通・・とは
    なりません。
    子供のうちから病気を理解させる努力をしたほうがいいです。

    てんかんについては 私の生徒が授業中倒れて 救急搬送に付き添いました。
    ご両親は仕事とかですぐ 病院に来てくださいとお願いしたのに
    親が来たのは連絡が来てから3時間後でした(都内で倒れ都内の両親に連絡した)

    親御さんは慣れている様子でしたが 私がパニックですよ。
    授業に穴をあけましたし、ほかの生徒もいるし、いつ親が来るのかすらわからず・・・一人置いていくことは病院からやめてくれと言われましたし
    ずっと付き添ってました。

    こちらからやめてくれとは 言いませんでしたが
    親御さんが娘さんをやめさせました。
    倒れた娘さんも投薬は続けていたそうです。

    自分の子供は自分で極力守ってもらいたい。
    部活については親が子に 病気のことを説明して出来ないと
    話すしかありません。

    ほかの保護者のせいではありません。

    ユーザーID:3990437141

  • 何事にも適度が重要で

    息子さんがバスケをするのは良いことだと思います。

    ただ、適度な頻度というのが重要なのに、週5練習で土日遠征って、練習についていけますか?

    うちも子供が3人いまして、習い事が、週7の子、週6の子、週5の子がいます。

    仕事もしていて家事もしないといけないのでそれはもう大変で大変で。毎日必死に生きています。

    トピ主さんは、練習中にてんかん発作が起きたらどうしようと心配にならないのですか?他の人にももちろん責任を負わせられませんし。

    例えば、週1・2のレッスンだったら行けそうですのでクラブを探してみてはいかがでしょうか?

    てんかんが問題ではなく、習い事なんて親がどれだけ責任を持つことができるかじゃないでしょうか?

    ユーザーID:9803686682

  • そう、てんかんのせいじゃありません

    トピ主様が、がっつり付き合えないから、です。
    そこを誤解してはいけないと思います。

    私は母子家庭なので、子供には「ママが付き添えないから
    クラブは無理。」とハッキリ言いました。

    平日の練習は当然無理。
    土日に付き合えても免許がないので送迎当番が無理。

    これだけで親ががっつり介入るクラブチームは無理と判断して、
    普通に月謝で面倒みてくれる習い事にしました。


    私の友人は、保護者運営のスポーツチームに入れました。
    もう朝錬から、放課後練までがっつりです。
    朝は仕事の前に練習に一緒に行って、一旦帰って学校に送り出し
    自分も仕事。
    午後は練習に付き合えないから、朝錬に行くことでカバー。
    土日はどちらもがっつり練習で、朝から晩まで。
    下の子供も連れて行くため、両親総出です。
    試合のため遠征もしょっちゅう。
    合宿もあります。
    下の子供を置いて行く事もできず、家族4人で参加。
    (下の子は飽きないように両親のどちらかが面倒をみてる状態)
    下手な旅行よりも高額です。
    そのクラブチームに入るときに、「親の付き添い、当番は必ず必要。
    また遠征費用や合宿費用がかかるため、頑張って稼いでください。」
    と言われたそうです。
    冗談の笑い話かと思ったら真剣な話でした。

    確かにそのチームは強かった。
    よくメダルをした写真を見せてもらいました。

    そんなチームに親の付き添いがないのは論外。
    健常児だろうと入れません。
    トピ主様もそういったチームに入ろうとされていたのだと思われます。

    入部希望のクラブを間違えただけです。
    ただ、それだけ。
    てんかんのせいじゃありません。

    ユーザーID:7338305201

  • 医師に相談はしましたか?

    プールの授業は気をつけるように。って言われていますね。
    週5の放課後、土日の遠征がある部活への入部について医師に相談はしましたか?

    持病がなくても、入部すれば保護者同士輪番などで助け合って運営している部活で、6ヶ月の子がいて2年生の子もいて、仕事していて、輪番はこなせますか?

    >できるだけ付き添う努力をしようと思いましたが全ての日は厳しいので付き添う時間を練習の途中からでもいいようにしてほしいとお願いしたところ
    ⇒できるだけ付き添う努力、が、あなたが付き添うのが練習の途中から、ではなく、あなたが付き添える日に練習に参加する、なら、違ったかも知れませんね。
    万が一、発作が起きたら、救急車を呼び、練習は中断、遠征先なら大ごとです。対応を間違って、お子さんに何かあったら、とほかの保護者が考えるのはやむを得ない。だから、付き添える日だけ参加する、なら、話は違ったと思います。

    てんかんだから入部拒否、じゃない。
    あなたが付き添えないから、です。

    ちなみに、私は子どもがスポ少に興味持ったけど、輪番や、遠征の車だしできないから、やらせてません。

    ユーザーID:4435485615

  • 言い方が冷たかったってこと?

    それはしょうがないよ。
    変にかばったり優しい言い方をしたら勘違いするでしょ?

    断るときはストレートに言った方がちゃんと相手に伝わるし諦めつくじゃないですか。

    てんかんは大人になれば治るというものではないし、一生背負ってかないといけない病気ですよ。
    今回のような局面はこれからいくらでも出てきます。
    親が付きっきりで見る覚悟を持つべき。

    私の職場にも娘さん(30代)がてんかん持ちで、目が離せず面倒を見るためにパートを転々とされてる方がいらっしゃいましたよ。

    ご主人ともよく相談して本人にきちんと話をすべきと思いますよ。
    変に可哀想がるのも本人のためにならないですし。

    ユーザーID:8957107147

  • 親が付き添わないから断られてますよね

    息子さんの都合だけではなく、親の都合でも断られているのにその責任を息子さんと部活動にだけ負わせようとするのはどうかと思います。あなたの責任でもあるのですよ。
    私もバスケ部にいたのでわかりますが、スポーツ関連の部活動は送迎する親の責任も重大です。試合に付き添えない生徒は別の親が面倒を見ることになりますが、親しい間柄でもなければ代わりをやりたくないのが実情です。
    私自身もそうだったのですが、両親ともに免許を持っていないため、幼馴染(同じバスケ部)のご両親がかってでてくれて一緒に送迎してもらったので本当に持つべきものは友達なのだと実感したことがあります。
    そういう親しい友人はいませんか? 本当に貴方自身の都合がつけられませんか?

    ユーザーID:4225411378

  • 先に体験にいかせたのは失敗だった

    あと下調べたりないですね
    何かあってからでは遅いし、あなたが全部付き添えない以上向こうから断られてもしかたないです。

    いくら薬でコントロールできているとはいえ、他のお子さんとは違うのだからあなたがもっと下調べするべきだった
    他のチームを探すなら体験前にあなたが見学、事情を話して許可された所にお子さんをつれていけばいいのでは?

    お子さんには病気で不可はふせて、
    全ての練習同伴できないから入部は無理だった。
    とあくまであなたが悪かったからだと伝えればいい

    ユーザーID:5527953996

  • 親が全て付き添ってくれました。

    私も小学校時代は、てんかんの薬を飲んでいました。
    飲み忘れると症状が出てしまうので、親は心配していたと思います。

    だから。と言う事もあるのでしょう。
    私が希望して小学校から中学校まで続けていた某スポーツ団では、平日は母が付き添い、休日は父が付き添ってくれました。
    両親は一度も付き添いを欠かした事はなく、全てを優先してくれました。
    うちの親は最終的にコーチから頼まれて、私が辞めるまで、保護者のまとめ役兼会計役員まで務めていました。

    私も親になった今、それがどれだけ大変だったか。そして同時に、私の身体が心配だったんだろうなぁと、分かりますし、感謝しています。

    トピ主さんは、今は小さい子がいて付き添えない時もある。との事。
    遠征中等、自分がいない時、お子さんが心配じゃないですか?

    また、付き添いだけでなく、保護者は運営のお手伝いをする事もありますが、それを頼まれた時に手伝えますか?
    保護者のボランティアで運営されている団でしたら、親の付き添いや手伝いが不確かな状況で、てんかん持ちの子は断られても仕方ないと思います。
    だって、責任持てませんもの。

    全て付き添う。という条件が飲めない事を、棚に上げてはいけません。

    てんかん持ちだった当事者としても、そう思います。

    ユーザーID:8176691615

  • 条件が合わなかった。その事で苦情を言った。

    今回は、先方が提示した条件をトピ主さんがのめなかった。
    さらに、その条件のことでトピ主さんが苦情を言って、トラブルになった

    それだけの事です。

    てんかんだから入部させないのではなくて、てんかんがあるから全付き添いをお願いします。と言われて、それは無理だ!となり、さらに入る前からトラブルを起こすような親御さんがいらしたら、入部を断られても仕方がないと思います。


    そもそも乳児さんがいて仕事もしていたら、てんかんがなくても、親が運営を担っていて、遠征まである部活への入部は厳しいのでは?
    他の保護者に依存する部分が大きいと、いい顔をされませんよ。

    保護者同士協力しあっている部において、てんかんの有無に関係なく、協力の意思が弱い保護者の子は、敬遠されます。

    そもそも、トピ主さんのお子さんがてんかんがなかったとしても、保護者としての係の仕事等は回って来ますが、それを全うできる状況ではないのでは?

    私は仕事をしているから。とか、うちには小さな子がいるから。等で、保護者の係も不十分になりそうなトピ主家の状況では、そもそも保護者運営のスポーツ団は、難しいと思います

    ユーザーID:8176691615

  • てんかんが原因というより

    皆さんがいうように、トピ主の付き添いが全てできないことが問題だとおもいます。

    私の子供達には、全ての送迎等無理だから諦めて、と話していますし、息子の部活遠征も車を出せない時は参加しない、と決めました。

    「お互い様ができない」以上相手にお任せなんてむりです。

    趣味で集まって、月に数回やるようなところ、または自宅で一生懸命練習するのも悪くないですよ。

    しかも、バスケは結構ぶつかって転びます。
    それも考えると、はっきり断ってもらってよかったような。何かあって「話しておいたのに、対応してもらえなかった!」なんて頭によぎるような事態にならなかったので。

    お子さんみなさん小さくて大変だとおもいます。トピ主頑張っていらっしゃるので、少し力を抜いて、違うとこ探そ!ってやってみてください。

    ユーザーID:6034770710

  • 健常者と変わらないなら話さなければよかったのに

    わざわざ癲癇であることを言ったのは、何かあった時にと思ったからですよね。

    その何かあったらというのは具体的になにをイメージしたのでしょうか?発作がおきたら個別に対応してもらえる?薬を飲み忘れそうになったら注意してもらえるとか。

    なにかあっても癲癇だと聞いていなければ他の保護者には責任は無いかもしれませんが、癲癇の発作が起こるかもしれないと知っていて保護者なしに受け入れたら、当然責任が発生しますよね。

    保護者主体のクラブです。
    我が子の責任は親が全面的に追うんです。

    クラブは最初からあなたのお子さんを拒否していませんよね。
    親が必ず付き添う、つまり全面的に責任を負うという覚悟があなたに見受けられないから断られたんですよ。

    お子さんにはね、ちゃんとお母さんは働いていて付き添いが出来ないから、このクラブは無理なの。
    他を探そうね。と説明するべきじゃありませんか?

    周りの親のせいでもお子さんのせいでもありません。
    母親であるあなたの対応できる範疇ではないと説明するんです。

    私自身働いていて娘が入りたいと言ったクラブを保護者としての活動に対応できなくて断らせた事があります。
    ちゃんと私が無理だからと説明して納得してくれましたよ。

    ユーザーID:2928813509

  • てんかんがなくても、親なら躊躇するレベルの部活動

    育児お疲れ様です。
    厳しい意見が並んでいますが、これが世間一般の第三者の意見です。
    「てんかん」のせいと言うより「付き添えない」から断られたのだと思います。

    トピ主さんの文を読んだ率直な感想としては
    「よく持病にてんかんがあるのに、そんな本気のチームに入れさせようとするな〜。自分が親なら、てんかん持ちじゃなくても、別のゆるい部活動にしたら?と子どもに勧めるわ〜」です。

    小学生から週5練習、土日もほとんど遠征、親が運営しているって、それめちゃくちゃハードですし、親も本気ですし、もうその競技で今後の進路考えている人もいるレベルという気がするのですが・・・。

    てんかんがあろうがなかろうが、子どもがどうしてもそのチームに入りたいのであれば、全力でサポートをせざるを得ないと思います。
    しかも、てんかん持ちなら尚更です。

    我が子がてんかん持ちだとして、我が子がそのチームに入るのであれば、心配で心配で絶対に付き添います。いや、それだけハードということです。

    楽しさメインというより勝負にこだわって活動している部活動だと思いますよ。

    息子さんが本気でそのチームに入りたいのであれば、それは付き添ってあげてください。付き添いが難しいのであれば正直にそのことを息子さんにお伝えしたらいかがでしょうか。
    「入部にはパパやママが付き添わないといけないのだけど、下に二人弟妹が
    いて付き添うことは難しいの。」
    全く嘘を言っておりませんし、現実的にしょうがないです。

    それか、体験入部というか仮入部で1か月くらい頑張って付き添ってみるかですかね。現実的に難しいのは分かります。けど、それでも付き添わないといけないレベルの部活動ですから。1か月くらいでお子さんが逆に音を上げるかもしれません。お子さんがそのまま続けるのなら、それは親が頑張るしかありません。

    ユーザーID:2042468228

  • 多分、病気がなくても無理

    多分、トピ主のお子さんが病気がなくても、そこで活動していくのは難しかった。

    ハードスケジュールで、保護者同士で持ち回りで色々こなさなければならないのに、病気を除いても他力本願的なあなたにはやっていけないと思います。

    そのクラブに入らなくて結果的によかったですよ。甘く考えすぎです。
    もう少しゆるい活動に参加した方がすべて丸く収まると思います。

    ユーザーID:5898572600

  • 老婆心ながら・・・・・

    皆様からのレスを熟読して、入部を断られた本当の理由を理解すべきですよ?

    他のお子様たちの保護者が公平に分担している義務を、トピ主様は免除してもらおうとしたのが、最大の理由なのです。

    ご子息の持病とは区別して、状況を冷静に判断なさるべきではありませんか?

    ユーザーID:5985349017

  • 私も無理です

    小学生の子どもがいる専業主婦ですが、そのクラブの入部は絶対に無理です。

    下の子が赤ちゃんの時に夫がフットサルの役員をしたことがあります。

    ゆるゆるの即席チームで、大会前だけ土曜日に数回練習、月に一、二回の連絡会でも夫も留守番の私も負担でした。

    皆さんが無理だというのは子ども会やPTAやスポ少を経験したからのアドバイスですよ。

    ユーザーID:6472865129

  • 病気が原因で断られてはいません

    「全ての練習と遠征に最初から最後まで付き添えるなら入部できる」と言われたのに、その条件を満たせなかっただけですよね?

    仕事を持ち、3人の育児があれば、一人での対応は大変かも知れませんが、土日のうち1日はご主人にお願いするとか、シッターを雇うとか、方法はあったのではありませんか?交渉時に揉めてしまう時点で、立ち回りが下手過ぎ。お子さんに掛ける言葉は「不甲斐ない親で申し訳ない」です。

    てんかんが原因ではありませんし、トピ主は被害者ではありません。

    ユーザーID:5170697000

  • てんかんじゃなくても

    いずれ問題がでたかも。
    そんなにハードなスケジュールのクラブ。
    親が手伝わなきゃいけない状況で
    あなたの立場での入会はもともと無理。

    暇な親とかやる気のある父母がやれば
    いいとか呑気に思ってたなら、
    いずれいづらくなって、やめるしかない。
    その上、なにか発作が出た日には
    他人はどうしようもありませんよ。
    私だって、そんな場面に出くわしたら、
    対処無理ですね。

    薬でコントロールできていても
    万が一ってことはあるでしょう。
    学校は担当医がいたりしますから、
    なんとか対応してくれても、
    一クラブ。そこまで面倒みきれないですよ。

    仕方ないです。みんながみんな平等では
    ありません。
    なにかあっても、他の方を責めない。
    と、誓約しても、訴えられる世の中ですからね。

    残念ですが、あなたがきちんと何かあった
    時にそのお子さん優先で動ける状況になったら
    その時、なにかなさればいいと思います。

    後は、親が付き添わなくてもいい
    なにか他の運動する組織が運営するクラブを
    さがしてみては。

    ユーザーID:5196028987

  • お気の毒ですが

    息子さんにはありのままをお話しすべきだと思います。
     ・正式なクラブでは無く民間経営であること
     ・練習の内容がとても厳しいこと
     ・保護者に負担がかかり、自分では協力出来ない
    これを話して我慢して貰うしか無いかと。

    おそらく今後同じようなことはあると思います。
    息子さんにもそれを理解して貰い、必ず薬を携行して服用を忘れないよう、言い聞かせてください。

    ユーザーID:3847288779

  • 分かりにくい症状

    てんかんの症状ってドラマや映画で見るような大きな発作だけでは無いですよね。ほとんど周りに気付かれないような発作もあります。けれどやっぱり意識は無くなる、危険なのは同じです。

    これは毎日お子さんに接している親御さんでなければ分かりにくい。競技に熱中している仲間では到底無理でしょう。倒れて始めてわかるんじゃないでしょうか?

    今回「大丈夫です、親がいなくても私達がサポートします」と入部を許可する方が無責任だと思いますよ。親ごさんが付いていれば良いとありますから差別をしている訳じゃ無いですよね。ベストな方法を提示して下さってますよ。

    息子さんは薬も合って、症状も落ち着いているんですよね。あまりナーバスにならず、より良い方法を探した方が良いのではありませんか?

    ユーザーID:1169117859

  • 難しい

    うちの息子もバスケが大好きで、保護者主体のチームに参加しようと思いましたが、私自身が学生をやっていてクラブチームのお手伝いができないので、ダメとは言われませんでしたが、空気を読んで辞退し、本人にはうちの家族のスタイルにあった場所で改めてやってもらうことにしました。

    言いたいことは、てんかんがなくてもあっても、いつでも自分が思う通りにはいかないということです。主さんには小さなお子さんもいますし、仮に息子さんのてんかんがなくても、辞退することになったかもしれません。

    てんかんがあるせいだと思うと不平等だと思うかもしれませんが、てんかんがなくても思うようにいかないことはたくさんあるのです。

    私のケースも同じですが、親がサポートできなければ誰かしらに負担がかかるのです。それをサポートしてくれないと怒るのは筋違いだと思います。他にご縁があって息子さんが楽しめる方法を考えるのが私たちの役目なのではないでしょうか。なんでも他人に求めたり、期待するのは良くないことで、それは持病があろうがなかろうが同じだと私は思いますが。

    息子さんに適した環境でバスケ出来るといいですね!

    ユーザーID:3411525062

  • 辛いですね

    わが子も乳幼児期に熱性けいれんをに二度おこし、専門医に水泳はやらせないか(当時幼稚園年長で水泳教室に入っており、選手コースを進められていました)親がそばで付き添うようにと言われました。もし水泳時にてんかんの発作が起き、すぐに救助されない場合は死亡する可能性があるから、と説明を受けました。
    大好きな水泳スクールはプール脇に保護者は付き添えないので辞めさせましたが、小学校入学後は、学年の先生方に許可をもらい、プールの授業時は常に私がプールサイドで見学させてもらいました。
    幸い高学年時に、長年の検査の結果、けいれんは高熱によるもので、てんかんには移行しないというお墨付きをもらいましたので、5年にわたるつきそいは終わりました。
    アレルギーにも言える事ですが、やはり何らかの健康的な心配事や注意事項を持つ子供の無事は、最終的には親が責任を持ち、人任せにしないという姿勢は重要だと思います。

    ユーザーID:5578403005

  • いや、無理だもの。

    てんかんでも、入部はできたよね?保護者が付き添えないってあなたが断ったのよね。

    てんかんなくてもさ、下の子小さくて当番できないからと子供の保護者が主体の習い事諦めている人っておおいよ???
    仕事あるから、役員や当番できないって子供の習いたいものでも習わすことできない人だっていっぱいいるよ???

    6ヶ月の息子と2年生の娘がいて仕事もしているのよね??
    付き添う努力したって、ほぼ毎回付き添えないと判断するけど??そもそも、6ヶ月の子供下にいると、最低限の当番や役員とかもきちんとこなすのが難しいくらいの勢いだけどさ。
    貴方の代わりに下の子みてくれる祖父母とかいたらギリギリセーフかなぁ

    ご縁がなかったで仕方ないよ。

    ユーザーID:4647833541

  • てんかんが理由じゃ無いのでは?

    てんかんでも、親の付き添いが有ればOKだったのでしたら、「親が付き添いが出来ないから」ダメだったのかな?って思います。
    お子さんには、「親が付き添が出来ないから、ダメだった」と、伝えるのが良いかと。
    「てんかんじゃなかったら」と、言うのはもうどうしょうもない事実なので、上手く病気と付き合っていくしか無いと思います。
    そして、トラブルになってしまった以上、もう付き添い有りでも入るのは難しいかと…
    「何かあったらトラブルになる親」と言うレッテル付けられると思います。
    付き添っていても、「ケガでもしたらトラブルになる親」と懸念されかと…

    ユーザーID:0569496071

  • トピ主がいないときに

    トピ主がいない時に発作を起こさしたら
    と考えると不安ではありませんか?

    遠征先の試合の途中で、発作が起こったら、
    試合は中断、救急車を呼ぶ羽目になり
    まったく知らない病院へ、そこにいたというだけで
    付き添いを任されてしまった保護者

    これって結構不安なことだと思いますけど。。

    ユーザーID:1532700849

  • 仕方ないです

    あなたが全てに付き添えないならそう言われても仕方ないのでは?
    現に一度発作を起こしているわけですから。
    てんかん発作はやはり子供達がみたらかなりのショックを与えてしまうと思います。
    他に理解のあるところを探してみたらいかがですか?

    ユーザーID:1150358581

  • お子さんのこと心配じゃないの?

    私ならてんかんの持病のある子供を週5練習、土日は遠征なんていうハードなクラブには絶対いれません。
    そんなところにいれたいと思うあなたが信じられないです。心配じゃないんですか?

    ユーザーID:1150358581

  • 車だしかな

    遠征(練習試合?)ばかりなら、相当車出しも必要なんじゃないでしょうか。毎週末ならば大変だから皆さんで分担してるんだと思います。
    毎回マイクロバスを借りるとかなり高額ですし、学校ってだいたいが住宅地のような駅から離れた不便な場所にあるので、毎回公共交通機関での移動は小学生だと厳しいのでしょう。
    あえて遠くの強豪を求めたり、同じ地区のブロックのチームは避けて練習したりとかもあるかもしれません。

    そして車を出したとして、行き先が遠かったりすると行って帰ってをするのは却って効率悪いので、結局行きに送ったら子供たちが活動時間中はその場に残り、帰りも乗せて帰るということになるんですよ。だから途中参加は難しい。
    場合によってはダンナさんが代わりに出るようなこともあり得ると思いますが、その辺りの協力体制なども要確認です。

    誰か先輩メンバーのご家族に実際の保護者の活動状況を聞けたらいいんですけど悩ましいですね。

    ユーザーID:3805651286

  • てんかんのせいではない

    これが、トピ主さんが「練習や遠征には毎回付き添います。だから参加させてください」と言ったのに、相手が「てんかんの子はダメ」と言ったのなら、てんかんを理由に断られたってなりますが、今回はそうじゃないですよね。

    相手はてんかんがあっても受け入れられるよう「親が付き添う」という条件をつけたんですよ。相手は条件つきでも受け入れようとしたのに、それを受け入れらなかったのはトピ主さんです。
    今回は、お互いの妥協点が合わなかった、それだけです。
    てんかんのせいでもなんでもないですよ。

    他の子と同じように生活してるといっても、薬でコントロールしている以上「同じ」ではないんです。そこは仕方のないことですよね。
    この先、息子さんが生活を送る上で制限を受けたり、今回のような経験をすることも多いと思います。
    その時に、「元気に産んであげれなくてごめんね」と言う親より、「できる方法を考えよう」と言ってあげられる親であってあげてください。

    ユーザーID:8468568615

  • バスケできないなんて息子くんがかわいそう

    >発作が起きたら困るので全ての練習、遠征には最初から最後まで付き添ってほしい
    >その条件が無理なら入部は無理です

    条件付きでも、バスケをやりたい息子くんの為に譲歩してに入部を受け入れてくれるところだったのにね。

    >全ての日は厳しいので付き添う時間を練習の途中からでもいいようにしてほしいとお願い
    >この間の話し合いの経緯から保護者同士協力ができないと判断
    >それを聞いた時あまりにも冷たくてんかんの息子を邪魔者みたいに言われたような気がして
    >怒りがこみあげてきてしまいました。
    >他の子と同じように生活しているのに、
    >薬でコントロールできているのに何で息子だけ

    全ての日が厳しいのなら、付き添いが出来る日だけ練習に参加する事にしていたら、息子くんはバスケをやれていたかもしれないのに。
    条件付きでも、差し伸べられた手を振り払ったのはトピ主さんの方ですよ。
    息子さんの保護者はトピ主さんです。
    薬でコントロールされてるかなんて、てんかんの知識がない他人は知りません。
    そんな、無知な他人に任せようなんて保護責任者としての役割の放棄です。
    息子くんにたいして、無責任すぎやしませんか。
    我が子の命に関わる事ですよ。

    母親が無責任だから、無知な他人はもっと責任を負わされる事は避けたいと思うのが当たり前。

    ユーザーID:6619641539

  • 我が子も持病ありです

    今回は残念でしたね。でも、学校とは違うので、同行が無理なら難しいのは仕方ないと思います。

    うちは日々静脈注射で、子供本人も他の大人にも投薬は頼めないので、学校から電話かかって来ます。症状コントロールできてますが、突発的に投薬が必要になった時は、いつでも行けるように、母親の私は在宅でできる収入の下がる仕事に。カツカツですが、頼れる親族が近くにいないし、夫は出張が多いので仕方がありません。

    1年間くらいクラブの出した条件を飲んで頑張ったら、親の頑張りと子供さんの才能や体調(本当に大丈夫)次第では、もう少し協力してもらえたかも知れませよね。だから今回は、お母さんの仕事や小さなお子さんの事情で付き添えないから難しいんだと言ってあげてください。病気を理由にしたら、お子さんのメンタルに良い影響を及ぼさないと思うので。

    その上で、代わりにできることを見つけてあげて。うちも本人が希望した習い事はできなかったことがありますが、特性を見極めながら、別のことを体験させたら、今は喜んで通ってます。

    ユーザーID:6992101785

  • 過去に保護者同士で揉めた事があると思う

    拒否されたのは息子さんだけでないと思います。保護者ありきで成り立っている所ですし、過去にも合わなくて辞めた方がいると思います。

    会社でもありませんか?時短勤務だったり、途中早退してやはりワリを食うのは正社員という構図。仕事ならお金で割りきれますが、やはり思うことがあります。

    そのクラブでは皆時間を割いて出てます。その方々からみると都合良く出るトピ主さんはズルをしてると思われます。しかも途中参加でしっかり仲良し基盤が出来てる中です。フルで出て且つ、車出す、お茶だすなどプラスアルファが無いと馴染めないと思います。

    今回の対応をみるとトピ主さんみたいに全て協力出来る人とそうでない人とで揉めた結果、始めから条件が合わない人は入部させない方針に成ってると思います。

    ユーザーID:7467737529

  • 付き添えないから

    >息子に何て伝えていいかわかりません。

    親が付き添わないとダメだけど、小さい子がいて、ずっとは付き添えないから
    無理なんだ。

    で良いんじゃないの?
    そりゃ誰だって、どうやって対処したらいいか分からないんだし万が一の事を
    考えたら『無理』だって判断するんじゃないの?

    私の従弟も大した病気じゃないけど、万が一…とかで就学旅行も行事も一々
    親の同意書を取られてましたよ。
    姪も、てんかんじゃないけど、親同伴は必須でしたよ。
    トピ主さんは今回が初めてかもしれないけれど、結構、こういうことはある
    事だと思ったほうがいいよ。今後もあると思うよ。こういうことは。

    ユーザーID:8055588524

  • 一言

    トピ主の言っている事は

    「赤の他人に自分のコドモの生死の責任を負わせようとしている」

    世の中、「出来る事と出来ない事」がある。出来ない、と周りに判断されたからと、逆ギレして周りを批判するのはお門違いだ。

    ユーザーID:7551903879

  • 逆の立場なら?

    あなたが運営するクラブに、てんかんの子が入部希望したとしたら、どうします?

    その子の親は、付き添いは「小さい子供がいるしできるだけ付き添いは
    したくない」「遠征にも行きたくない」
    と言っている。

    子供だけでこさせて、何かあったら、付き添いにも来ないその親から
    監督責任を問われる可能性がある。

    さて、あなたなら、そんな子をどうぞどうぞと入部させるのでしょうか?

    そして翻ってあなたは「私のいない練習中や遠征先で重大事故があって
    子供が大変なことになっても仕方ないと諦めます」のような誓約書を
    書けますか?

    あなたが言ってることは、そういうことです。

    ユーザーID:6278096573

  • てんかん持ちの子がいます

    てんかんって、疲労がたまると発作が
    出やすくなるの知ってますか?
    薬飲んでたら絶対大丈夫ってわけじゃ
    ないんですよ。

    週5で土日遠征って、ハード過ぎると
    思う。しかも自分は全部には付き添えない?

    それって、疲れがたまったお子さんが
    あなたのいない時にいつ発作が起きるか
    わからないのに行けない時はお任せ
    したいってことですか?
    不安とか心配とかないんですか?
    怒ってる場合じゃないと思いますけど。

    それとも薬は万能だと簡単に思ってた?
    もう少しいろいろ知りましょうよ。

    ユーザーID:1055481164

  • 気持ちはわかりますよ

    てんかんの発作が起きたとき対処できないのはそうなのですが、あなたが全ての付き添いが無理だから断られただけですよ。
    差別とかではないです。

    うちも幼児が二人います。
    習い事は水泳をやっています。
    私はパートをしてますし、下はまだ年少。着替えの付き添いが必要です。

    だから習い事も色々な種類を調べた結果、水泳が可能だったので、平日の幼稚園が終わった後にしています。まず前提として親が送迎や付き添いができないのは最初からやらせません。

    友達に誘われたからと言って何も調べず行ったのが間違いでしたね。
    子供にぬか喜びさせたくないので私は見学行く前に調べました。
    それに薬を飲み忘れたら発作が起こるんですよね?
    それだと他の子と同じにと望んでも、どう対処したらいいかわからないし、
    あなたがいないときに発作が起きてしまったら、心配では無いのですか?

    余談ですが、上の子が小学校入学予定なのですが、支援級を選びました。
    普通級でも支援級でもどちらでも良いと学校から言われるレベルですし、
    本当に迷いましたが支援学級に決めました。
    知的に遅れはなく、ただ苦手なことに対し集中力が少し続かず気が散る、また支度などが少し遅く(同じ歳の子が5分かかるとしたらうちの子は8分)、訓練を受けてだいぶ成長してきているのですが、それでも勉強に遅れたら本人が困るだろうと辛い決断でした。

    本当は周りの子と同じように通わせてあげたかった。でも幼稚園と違って学校はお勉強になるから、子供が困らないように決めたんです。

    私も周りの子と同じに産んであげたかった。だからトピ主さんの気持ちは理解できますよ。
    でも一番大事なのはお子さんの安全でしょう。
    トピ主さんの付き添える範囲でできる習い事をさせたらどうですか?
    お子さんには、ママが付き添えないスケジュールだったからごめんね。
    他を探してみよう、って言ってあげて下さい。

    ユーザーID:6637893353

  • 参加させる条件を提示すれば?

    あなたには仕事と下の子どもさん達がいる状況。
    チームに入る為には、あなたの替わりに付き添う人間を雇うしかないと思います。
    バスケチームの保護者は、誰かの親です。
    皆、我が子の為に車を出して、丸一日の練習に付き合う素人です。病を持つ他人の子の責任を負うのは酷だと思います。その時間に付き添えないならば、有料で息子さんの為の付添いを確保するしかありません。
    誰かの目が必要なお子さんなのです。活動に付き添い、咄嗟の時に対処できる人が必要です。薬さえ飲んでいれば大丈夫だと言いきれますか?今までとは違うハードな運動を連日行うことは未知のことなら、何があるか誰にも分かりません。
    入団をお断りされたことに怒りを持つことは、驚きしかありません。我が子を守るのは親の務めです。安易に他人を頼ることは、何かあった時に後悔しきれないと思います。

    ユーザーID:8732152285

  • 他の保護者に怒るべきではない

    結局、「練習中に子供を見れない時は、どなたか他の方、お願いだからうちの子供見て下さい」ってことですね?

    残酷かもしれませんが、そのような状態のお子さんは他の保護者からしたら何かあったら責任問題になるので、容易にイエスとは言えないのですよ。
    薬を飲めば大丈夫、と言われても、100%大丈夫という保証はないし、その意見をよその人に押し付けることも出来ません。

    お子さんは何も悪くないし、あなた自身も何も悪くない、でも他の保護者の方を責めるのは筋違いですし。

    結局は、その子自身の両親が考えて用意するしかないのです。

    ユーザーID:2008101701

  • 体育館の床に頭を強打するリスク考えました?

    こんにちは
    子供がミニバスやってました
    夫はてんかん持ちです

    バスケは格闘技になりがちです
    普通の子でも頭を体育館の床に
    強打する可能性があります
    一瞬で事故は起こります
    リスクある子なら当然保護者にいて欲しいでしょう
    万一の時、他の大人に責任を求めることになるでしょう?
    やらせるなら親が全責任を持つ、です
    一切迷惑おかけしませんからどうか参加させて下さい、です
    周りに病気の理解が無いと恨むのは、筋違いです
    残念ながら、どのスポーツでも同じかと

    症状がいずれ落ち着く可能性もありますし、
    中学高校でバスケを始めたって良いのでは?

    お子さんには
    安全のために今は時期じゃないと話した方が良いと思います

    私の夫は20歳頃発症したそうです
    35歳頃、薬で抑えることが徐々に難しくなり
    ある日職場で大発作をおこし
    リストラされました
    以降、非正規労働者です

    そんな夫と子供2人を抱え
    大黒柱となるしかなかった私は
    トピ主さんの悲しさはものすごくわかります
    だからこそ、厳しく言います

    親の覚悟が足りない
    周囲に理解が無い事がむしろ一般的です
    残念だけどね
    今回みたいなこと、沢山出てきます

    だから、どうか明るいママでいて下さい
    悲しむ姿はかえって子を傷つけると思います
    子供が悲しんだら親が受け止めなきゃでしょう?

    ユーザーID:4782828714

  • てんかんで入部拒否ではなくて

    保護者が、きっちり付き添えないから入部できないのではないですか?

    ユーザーID:3896026062

  • 断られたことにフォーカスしすぎ

    子供の気持ちを考えずに断られた、
    自分だって忙しいのだから少しは考慮してくれたっていいのに、
    子供には罪のない持病のせいで拒否された、
    どれをとってもショックですよね。

    でもね、お子さんのことを考えたら、断られて良かったかもしれませんよ?

    確かてんかんの大敵は睡眠不足、過度の疲労と過度の空腹が重なることではなかったですか?1週間休みなしのバスケ部に入部したら、疲労と空腹が重なる機会が増えますよね。

    息子さんも4年生なら、持病のせいで諦めなければいけない現実を受け入れていかなければいけません。持病がある子はごまんといる。息子さんだけが特別なわけではない。バスケができる場は他にもある。そのバスケ部だけではありません。
    一度飲み忘れただけで発作が出るほど重い持病なのですから、託される側としては慎重にならざるを得ませんよ。
    反対に「てんかんくらい大丈夫大丈夫!私たちに任せて!」などと能天気に言うような集団だとしたら、そちらの方が怖いです。

    息子さんになんと伝えるか。
    正直に、でも揉めたという表現は使わず、持病がある子の入部は難しいんだって、他に出来ることを探そう!と言えばいいのでは。

    私にも持病があります。それまで真剣にやってたスポーツを諦めた経験もあります。トピ主さんの母親としての気持ちもよくわかります。
    健康体に生まれても、後天的理由でてんかんになる子もいるし、私も中学入学まで健康体だったのに、ある日突然運動のできない体になりました。
    今回のような対応をいつまでも気に病んでいてはいけません。悲しみや怒りを抱えていてはなんの問題解決にもなりません。何より子供への良い影響にはなりません。
    悔しさを悲しみや怒りにしてはいけません。悔しいという思いは他のことで昇華させる方向に向けるのが親の役目ではないでしょうか。

    ユーザーID:9488629089

  • 医師に相談しましたか?

    冷静になりましょう。
    「週5日練習があり土日はほとんどが遠征」という状況を含め、バスケをすることを医師に相談しましたか?
    てんかんって、大きな声をその子の近くで出さないというのがありますよね。てんかんを誘発してはいけないから。バスケでこれが不可能だって分かります?(バスケ経験がなければ分からないかな)
    毎週末ほとんど遠征、どれだけ身体に負担がかかるのでしょうか。
    下手すると命に関わるわけですから、子供がやりたいと言ったから・・・じゃ済まされないのですよ。
    私が親なら、絶対にやらせません。(私はバスケ経験者です)

    ネットで調べるだけでも、てんかん児の生活指導表がでてきます。
    てんかん発作の頻度が一定レベル以下であり、なおかつ主治医の許可が得られれば安全に配慮して、保護者が監視できる状態から参加可能という判断とありますよ。
    この「保護者の監視ができる状態」が確保できないから、「NG」となるわけです。

    あと「親」には父親も入ります。ご主人は付き添えなかったのでしょうかね。
    父親も母親も完璧に付き添えない、その分をスポ少の保護者に負担してほしいというのは、違うと思いますよ。学校行事じゃないのですから。
    付き添って1年もして、安定していると分かれば、チームの保護者の方の態度も変わったでしょうしね。

    子供への伝え方は、病気をきちんと説明することでは無いでしょうか。
    まずは医師にきちんと確認することからスタートすべきでしたね。
    「医師からはプールの授業は気をつけるように」はあくまで学校生活の注意事項。学校生活外でバスケのチームに入って良いということではないですよ。
    バスケ以外も同様です。
    スポーツへの参加は保護者や本人が判断せず、必ず医療機関で相談を受けてから参加してください。

    ユーザーID:3558057910

  • 心する

    薬の飲んで症状を抑えているし薬を飲み忘れた1回だけしか症状が出ていないから普通の人と変わらないと思っていませんか?
    なのにうちの息子だけバスケやらしてもらえなくて可哀想だと思ってますよね。

    でもてんかんって特別なんです。同級生でいましたけど運動中に突然発作が起こり急に表情が変わってしまうので周りでもどうしていいかわからないし何度見ても怖い思いがしました。大会などで大勢の人の前で発作が起こったりしたら注目を浴びてしまうし薬を飲み忘れた時以外にも頭にボールが当たったりすると発作が起こってました。
    運動をするということは発作が起こる機会が増える可能性もあるってことです。
    それを加味しても息子さんに他の子供みたいにバスケをさせたいのでしたら自分が完全に対応できるように付き添うしかありません。同級生のお母さんはいつも付き添い修学旅行にも付き添ってました。

    それができないのに仕事や他の子供がいるからと理由付けて他の保護者を頼ろうとしてるのは無理なんです。
    むすこさんが今はみんなとバスケできなくて可哀想ですがお母さんが息子さんに付き添いできるようになったらお母さんの保護のもとで
    バスケ楽しめるといいですね

    ユーザーID:4681108266

  • 高校の時

    部活でてんかんを隠していた同級生が
    たまたま朝薬を飲み忘れたのですが
    部活を休みたい、と言った彼にキャプテンだった私は「理由もなく休むのは許さない。」と言い練習に参加させました。
    案の定練習中に発作が出て、
    たまたま一番近くにいた私がウレタン製のキャップを口に入れて舌を噛むのを防ぎましたが手が抜けなくなってしまい、てんかん発作の猛烈な力で歯が私の指の骨まで達するまでになりました。幸い大事には至らなかったものの、そもそも私が休ませてあげればそんなことにならなかったですし、もし初期初動が遅れたら…と思うと今でもゾッとします。
    実質、私が彼を殺した事になりますから。
    高校生でさえこれだけのリスクがあるのです。
    お子さんがもう少し大きくなって
    親がうるさく言わなくてもキチンと薬を飲み忘れないようになってから色々なことに挑戦して下さい。

    ユーザーID:8819201637

  • 医師に相談してください

    お医者さんが特段の配慮の必要なしと言っているのは、普通の生活の中のことですよね?
    週に5日、土日も試合のある生活のことじゃないと思います。

    まず医師に相談して、本当に大丈夫なら言う必要なし、または診断書を添えてとなったのでは。

    また、今落ち着いていても、環境が変わったら発作が起きるかも知れません。

    親御さんは慣れているかも知れませんが、初めて発作を見た者は本当に怖くて動転します。救急車には誰かが付き添わなくてはならない。
    周囲は自分の子どもを連れた保護者のみ。
    周囲の子供達、場合によっては試合の相手校にも迷惑がかかるかも知れません。
    そこまで見通しての判断だと思います。

    これから進学時にも、持病の話はついて回ると思います。
    悲しい、やるせない気持ちは分かりますが、きちんと考えておくべきだと思います。

    ユーザーID:7670265208

  • てんかんのせいで拒否されていない

     とても誠実なクラブだと思います。なぜなら付き添いすればどうぞ、入ってください、と言われているから。
     私は少年野球団の保護者会長も行った立場の母親です。保護者の立場からするとアレルギーや持病の管理は親でなければ本当のことはわからないもの。
    親がいれば対応の判断(病院受診やその他)がすぐにできるのでそれは必須。
    あなたの場合は下の子の世話のせいで断られたものと思います。おんぶできる子なら連れてくることができるし、すぐに連絡がつくようにグラウンド目前にいなくても駐車場や近くの公園にいてもok。要は●●くんがこうなんだけど、と電話した時にすぐに駆け付けて指示がもらえればよい話。それに1年以上発作が起きていないのだったら練習が始まってどのような刺激があるかわからないけど体育館の近くにいてすぐに駆け付けられればよいのですから、コート端で見ていてね、ということじゃなないですよ。
     でも2か月の子がいたら第一子の活動につきっきりとなるのは時期が早いのではありませんか。
     私も付き添いの必要なスイミングや送り迎えの必要な柔道をこどもに習わせたかったのですが下に二人の子がいたため、断念してバスのあるスイミングスクール、平日ではなく夫の休みに活動がある野球団にしました。
     家庭の状況でやりたいことをあきらめることはどの家庭にでも起こりうること。あなたがてんかんのせいで、と卑屈になっていては息子さんがかわいそうですよ。
     明確に断られた理由は下の子がいて練習に来れないと言っている、からです。
     1年以上春夏秋冬を通り越して意識消失が起こらなかったらその時は他のママさんも来なくていいよ、当番だけでいいよ、とか言ってくれると思いますよ。
     子供が思春期に入るのに親が卑屈な態度ではいけないと思います。いろいろやらせたいのはわかりますが、ほかの親を頼らないこと、責任は父母にあることを理解してください。

    ユーザーID:1277125319

  • てんかんのせいで拒否されていない

    平日練習のあるクラブは強豪。親も真剣ですよ。きっとコートで見ていたり練習相手になったりサポートしているはず。
     その中で1歳未満児がいては大変ではないですか。おんぶにも限度がありますよね。
     放課後活動は預け先ではないのですから、親の責任において行うこと。義務教育ではありませんよ。
     てんかんのせいで、受け入れ拒否ではありません。〇〇がいてあなたの練習に毎日連れて行ってあげれないからごめんね、でいいと思います。
     

    ユーザーID:1277125319

  • 仕方ないよ

    週5日練習があって土日は遠征って事はかなり練習はきついと思います。
    今迄とは環境が変わりますから今後発作が出ないとは限らないです。

    もし、トピ主さんが付き添っていない時間帯に発作がでたらどうします?
    他の保護者さんは対応できないでしょうし
    小4なら息子さんも自分で対処できないかもしれません。
    ちゃんとした指導者がいてみていてくれるならともかく保護者運営のクラブで
    何かあった時後悔しませんか?
    「何かあった時クラブに責任は問いません」等の誓約書が必要な条件だと思います。
    邪魔者にしているわけでなく責任の問題ではないでしょうか。
    変に安請け合いする人たちよりよほど誠実な対応だと考えます。

    日常の発作はどんな感じなんでしょうか。
    薬さえちゃんと飲めば大丈夫なら、自分で投薬管理ができるようになるまで
    我慢させるしかないと思います。

    ユーザーID:7727750553

  • お子さんには

    病気のせいでなく
    母に付き添える余裕がないからと伝えましょう

    主さんが出られないから無理 ではなく
    出られる時のみ参加させてあげる
    では難しいですかね

    どちらにせよ仕事もあり
    小さなお子さんもいるのだから
    あまり協力はできなかったと思いますよ

    週5の練習に加え土日も遠征とは…
    いれてあげたい と思うだけでもご立派です
    私なら無理って思っちゃいますから

    ユーザーID:7596393739

  • 言い方がよくないよね

    親が付き添うのならOK、と言っているのですから全面拒否ではないと思います。
    ただ「責任を負いたくない」「無理無理」とか、言い方に品がないですよね。
    疾患をお持ちの方にもうちょっと寄り添う気持ちがあってもいいと思います。
    ただ運営側の結論として「保護者が付き添うのであればOK」という結論は致し方ないかと思います。
    どうしてもバスケ部に入らせてあげたいのでしたら、付き添いするしかないです。
    トピ主さんが付き添えない日は、ご主人や実家のご両親でも誰か保護者がいればよいと思うので協力してもらうのもアリだと思います。
    運動系の部活は別に疾患を持っていない子でも親は大変です。
    ユニフォームの洗濯、お水の用意、荷物運びの車を出す、等。
    フルタイムで仕事をしている親御さんや家に乳幼児がいる親御さんは、お子さんがやりたいと言っても
    「運動部はゴメン、お母さんサポートができないから別の部活にしてね」
    と言っているご家庭は多いと思います。

    ユーザーID:8929096651

  • もう少し緩いチームで

    うちの子もミニバスチームに所属してます。他チームの情報も入ってきますが、「週5日練習があり土日はほとんどが遠征」って、かなりきついチームだと思います。
    他を探せばもっと緩い、というか、バスケの入門を主にしているようなチームもたくさんあります。お子さんは初心者のようなので、そういうチームで十分では?
    うちのチームはバスケの楽しさを知ることが第一、強さを求めるならそういうチームを紹介しますというスタンス。実際、もっと上手になりたいと強豪チームに移る子もいますし、逆に練習のきつい強豪チームについていけず、うちのチームに移籍する子もいます。
    考え方はそれぞれかもしれませんが、トピ主さんの状況ならもう少し緩やかなチームの方がいいと思います。
    ただ、その際もお子さんの持病のことは必ず話し、きちんと理解を得た上で、トピ主さんもできるだけ寄り添う体制は取ってください。
    他の方も書かれていますが、チームの保護者は何かあっても責任を負えないんです。個々の子供に対する持病の配慮は保護者間で責任が負える範囲を超えていると思います。
    また、練習が多少緩いチームでも親の出番は結構ありますので、そこも覚悟はあった方がいいです。お茶当番や試合の車出し、付き添いなど、週2練習のうちのチームでさえ、なんだかんだと親が出向きます。

    ユーザーID:2424785434

  • かわいそうで悔しいよね

    息子さん・主さんの悔しい気持ち良く分かります。
    誰のせいでもないのにね。

    でも、私もそうなのですが、きっと多くの人が「てんかんの発作」がどのようなもので、それがてんかんか否か判断し、正しい処置を即時にできるかと言われると「できない」としか答えられないと思います。

    主さんがいない時に発作をおこし、処置が遅れて最悪の事態になってしまったら・・・?
    「管理責任」を問われますよね。

    ただ、「受け入られない」という部活側の判断は正しいと思いますが「無理無理」といった邪険な言い方はひどいなと思いました。
    もっと息子さん・主さんに寄り添った言い方があったのでは、と思います。

    ユーザーID:8430631373

  • 断られた原因はトピ主ですよ…

    >できるだけ付き添う努力をしようと思いましたが全ての日は厳しいので付き添う時間を練習の途中からでもいいようにしてほしいとお願いしたところ「私達は責任をおいたくない面倒な事は避けたいその条件が無理なら入部は無理です」と言われそこで少し揉めてしまい
    相手は「トピ主が付き添うなら入部OK」と譲歩したのに、トピ主が我が儘を通そうとしたので揉めた。
    入部前から揉め事を起こす母親なんて、モンペやクレーマー扱いされて当然でしょ。

    >他の子と同じように生活しているのに、薬でコントロールできているのに
    この持論を元に「だから私が全て付き添わなくても大丈夫」と言ったの?
    しかし相手は「薬を飲まないと日常生活も危うい病気なので、激しいスポーツはリスクが高いから付き添うように」と言ってます。
    息子さんの体のことを考えた上での
    >「てんかん?あー無理無理無理」
    なんです。
    「薬を飲めば問題ない」と甘く考えるトピ主よりも、チームの保護者の方がよっぽど息子さんのことを心配していますよ。

    そもそもトピ主はチームの当番をやる気がないですよね。
    病児の練習付き添いすら「できる範囲にオマケしてよ!薬を飲めば問題ないのに!」だもの。
    当番どころか最低限の付き添いすらヤル気なし、譲歩案に難癖を付けて我を通そうと揉め事を起こす母親。
    子供がてんかんじゃなくても入部はお断りでしょ。

    >「この間の話し合いの経緯から保護者同士協力ができないと判断したため今回はご縁がなかったことにしてください」
    どこが「てんかんで入部拒否」なの?
    保護者同士協力できない、つまりトピ主がダメだから入部拒否と言われてますよ?
    運営に協力する気がないどころか、最低限必要な病児の付き添いすら他人に押し付けようとした。
    だから断られたんですよ。
    息子さんのせいにしないで下さい。

    ユーザーID:5684419207

  • では、誓約書を書いてください。

    うちのチームでも、ありましたよ・・・。
    下のお子さん、いつも連れてきてました。
    てんかん、ではないのですが、持病アリ。
    付き添いは、お父さんかお母さんのどちらかが必ず。
    下の子が病気の時には、練習は休み。

    私たちには責任は持てないので、誓約書を書いてもらいました。
    両親そろっての署名。
    何が起きても親の責任です、損害賠償等は求めません、と。
    一度だけ、試合の見学中に救急車を呼びました。

    みんな自分の子供を見なくてはいけませんので、何かあっても
    ほぼ何もしてあげられません。
    体調についても、いつも見ているわけではないので
    気付いてあげられません。

    遠征が多いなら尚更。知らない土地で、病院が探せますか?
    救急車が来るまでの処置は?

    とても難しい問題だと思います。

    ユーザーID:3747481741

  • しょうがないと思います

    娘がてんかんです。娘と言っても20代ですが。てんかんと言っても発作は本当に人それぞれのタイプがあります。娘は小学生の時にてんかんになったのですが、薬が聞いてるから大丈夫なんてして油断していたら発作が起きてしまいます(頻度は2〜3年ですけど)、発作は娘の場合は体調が悪い等おきそうな時は前兆があります。主治医からは寝不足と疲れ、ストレスが大敵と言われています。
    息子さんは、バスケはほぼほぼ毎日と言う事なので医師にも聞いた方が良いと思います。
    多分ですけど娘の発作は別に驚きませんけど他の方の違うタイプの発作だと焦ってしまうかも知れません。それに発作時の対応に舌を噛まないようにと手や硬いものを入れるなど間違った認識の方もいます。娘もスポーツをしていましたが、たまたま私がやっていたスポーツでしたのでボランティアコーチしてました。少なくとも周りの方に負担かけたくなかったし、本人も発作を起こして意識が戻った時に親がいた方がいいと思ったからです。
    幸い、クラブは親の付き添いがあれば良いとおっしゃっているので決して邪魔扱いはされてないと思います。息子さんには「まだ下の子も小さくて毎日は無理なんだよね。」とだけでもいいし、今後も色々な問題が出てくる可能性もあるので、息子さんと体の事を話し合った方が良いと思います。確か娘にも4年生位で話したと思いましたが、一生懸命理解しようとしてました。

    ユーザーID:9297577628

  • てんかんとは一生付き合う

    てんかんとは一生つきあわないといけないですよね?
    これは仕方ないことだと思います。
    高校生くらいになって薬の飲み忘れの判断を自らできるようになるまではある程度我慢は必要じゃないですか?
    悔しいとかかわいそうとかちょっと違うと思うんですけど。
    心臓が悪い人足が悪い人いろいろな人がいます。
    みなある程度我慢しながら出来ることを楽しんでいるのでは?
    トピ主さんのてんかん発作を甘く見過ぎていることが心配です。お子さんのこと心配じゃないんですか?

    ユーザーID:1150358581

  • 付き添いすればいいだけ

    他人のお子さんの生死に、責任持てません。

    うちの子はアレルギーでした。
    普段は多少アレルゲン入りでも食べられますが、合宿系の行事は完全除去です。みんなと同じメニューはむり、おやつのアイスも抜き。

    でも仕方がないのです。
    万が一の時にそばにいるのは他人だから。

    親であるあなたが無理なら、親族や外注で人を雇うしかないのです。

    例えばあなたの家でパーティを開いてある程度の配慮はしていたのにも関わらず、1人お子さんがアナフィラキシーで亡くなったら?
    亡くなったお子さんの親から「覚悟はしていたので、気にしないでください」って言われても、後味悪くありませんか。

    「うちの子かわいそう、周りが悪い」発想は、やめたほうがいいですよ。今回はお母さんが付き添えないからごめんね…で説得するしかないのです。

    ユーザーID:5320738608

  • 何て伝えるか

    入部前の話し合いでトラブルを起こした。部の方針に従わず、活動に対して協力する気もない保護者がいる子には入部してほしくないから、お断りされた。
    息子さんのご病気は話し合いのきっかけであって、拒否された理由ではないです。
    息子さんには病気のためではない自分のせいだと、きちんと説明してあげてください。

    ユーザーID:4980809003

  • 病気を理由に差別扱いされたと思う

    保護者達が運営されているといいますが、保護者は毎年入れ替わるので、
    主催している運営主体は学校であるはずです。

    また施設も学校という公共の場を優先的に使用して、部活動を行っているわけですから、保護者達が施設利用料を支払って私的に運営しているのでなければ、運営者とはいいません。
    削除依頼
    入部規約に全保護者が全ての練習、遠征には最初から最後まで付き添うことが規定されているなら問題ありませんが、ご子息の場合のみ付き添いが規定されるのであれば、明らかに特別扱いであり、このことを世間では差別というのです。
    仕方ないで済まない問題という認識が必要です。

    ですから、これは病気を理由に差別扱いされたと思います。
    運営主体の公立学校が言うと、公共施設(税金)を使った活動なので、
    社会問題になるので、代わりに保護者達に言わせていると感じます。

    ユーザーID:5141552275

  • 横ですが

    誤解されている方がいますが、
    てんかんは、必ずしも一生付き合っていかなきゃいけないものではありません。
    小児てんかんには成人までに治癒するものもあります。
    トピ主さんお子さんがどうかは分かりませんが。

    ユーザーID:4397180465

  • ご主人が土日は付き添えば良いじゃん

    ご主人の事に全く触れられてませんが、シングルマザーなの?
    6か月のお子さんがいるみたいだけど。

    普通に考えて、そんな赤ちゃん抱えて土日の部活サポートは、ママさんんいは難しいと思うから、パパの出番だと思うんだけど。

    ご主人は、赤ちゃんの面倒見るから、妻に部活のサポートに行ってと言うの?
    それとも、ごちらかの親御さんと同居???

    ご主人が土日休みじゃないなら、お子さんには「パパが付いていけないから、違うバスケ部を探そう」で良いじゃん。

    ユーザーID:0847913191

  • 他者に求め過ぎてはいけません

    公的機関でもない、保護者が運営するクラブですもの、何かあっても責任取れない、付き添えないなら断られるのは普通のことかと。
    ただ他の方がおっしゃったという心無い言葉をトピ主さんに聞かせる必要はありませんでした。
    そういう意識のかたがいるクラブには入らなくてかえって良かった。と、気持ちを切り替え、気持ちよく活動できる場所との出会いを気長に待ちましょう。

    ユーザーID:6235853207

  • ちなみに

    >そこで少し揉めてしまい
    これは、入部条件に対しトピ主が(トピ主側事情で)ムリだと言い、それを
    相手が「条件を飲めなければ入部は許可できない」と返答してきた。
    揉めたっていうのは、保護者達の「入部不可」に対しトピ主が不満を言い
    それに対し相手方も言い返してちょっとゴタゴタしたって事なんだろうか。
    詳細が書かれてないので何とも言えないけど、内容によってはトピ主が
    完全に初動を誤った感は出ちゃうかも。
    できればもう少し分かればいいんだけど。

    何故入部が許可されなかったのかは他の方々が書いてるので置いといて。
    トピ主は自分の不満や怒りを抑えてやらなければいけない事がある。
    息子に「病気だから入部できなかった」と思い込ませない事。
    部の保護者達が「あの子(トピ主息子)は病気だから入部させない」と
    言って彼を個人攻撃しているのではない事を理解させないと。
    そこをちゃんとフォローしないと、息子の心が傷ついてしまうよ。

    現実には結構ハードな活動してるみたいなんで、病気以前に入部しても
    ついていけない可能性は高いんだけどね。
    けど、元々入部する子の親は求められる働きをしなければいけない。
    トピ主家庭は、残念だけどそれができそうにない。
    だからその部には入る事ができないと。

    トピ主息子には妹とまだ小さな弟もいる。
    トピ主は家事や育児をしながら、仕事もしなければいけない。
    息子の部活だけの為に、トピ主家族の生活を犠牲にはできない。
    バスケは(体に影響がないレベルで)やってもいいけど、希望のクラブで
    やってくのは厳しいので別のクラブを探し入部して欲しい。

    ちゃんと話せばわかる年齢だよね。
    病気を理由にせず、家庭の事情(本当だし)を言わないと。
    じゃないと、息子自身が思い悩んでしまうよ。
    それを取り除くのが、母であるトピ主の責任だと思うんだけど。

    ユーザーID:7749537525

  • 「あー無理無理無理」は著しく、配慮に欠ける発言です。

    配慮に欠ける発言に対して、悲しいお気持ちや、怒りの感情は理解できます。

    しかし、その表現に配慮が欠けていても、トピ主様の要望が『できない相談』だったのは事実であり、断られるのは不可避でした。

    『そもそも、できる相談だったのか?』、『できない相談だったのか?』を冷静に判断なさるべきだと思います。


    ご子息のハンデに対して、周囲の理解と協力が必要不可欠なのは申し上げるまでもありません。

    しかし、本来は保護者が果たさなければならない責任や義務を、肩代わりしてもらえる理由にはなりません。


    学校は義務教育なので、保護者が不在であっても学校側には、配慮や責任を果たす義務があります。

    一方、保護者が運営する任意参加のクラブに、保護者が不在の時にまで、他の保護者たちに責任を伴う配慮を求めるのは無理があり、参加を断られるのも仕方がないと思います。

    ユーザーID:5985349017

  • 万が一の時、立ち会えなくてもいいの?

    万が一急に倒れて、その時立ち会えなくてもいいですか?

    誰か他の保護者がてんかんの詳しい知識がなくて救護できなくてもいいですか?

    親としては目は離せないと思いますが、トピ主さんは違うんですかね。

    ユーザーID:9851983977

  • ちょっと、酷くないですか?

    「責任を負いたくない」「無理無理」は、「付き添う時間を練習の途中からにして」とのトピ主の要望(ワガママ)を受けてのものですよ。

    むしろ、「無理無理」との保護者がいるなか、責任者の方は、条件付きで入部を認めてくれてたのに、と思います。

    わたしは、共働きなので、子が希望しても付き添いが必要なスポ少系は、子に説明して諦めさせてますよ。

    付き添いができないのにゴリ押ししようとしたトピ主が悪いとしか、思えません。

    ゴリ押ししたのだから、相手の応対の言葉もきつくなるのは当たり前。

    物事の経緯を飛ばして、言葉尻だけ問題視するのは、いかがなものかと思います。

    ちなみに、私は元てんかん患者です。

    ユーザーID:9902208861

  • 下の子重視ですね

    上が全て我慢するって事

    2歳から入れる4年保育が出来る幼稚園を探し延長保育が出来るまでの辛抱

    下の子と行く 平等に扱いたいならね。

    ユーザーID:3780181716

  • 気付かなくてごめんなさい

    最初のレスで、ほぼ皆さんと同じようなレスを書きましたが、言い方というご意見を読んで、トピを読み返してみて、気づきました。

    トピ主さんが言いたかったのは、てんかん?無理無理。という言い方が、息子さんを邪魔者扱いされた気分にした、それが悲しかったということですね。てんかんのせいで、入部できない結果になったのは仕方ないけど、そんな言い方はないですよね。

    保護者間のざっくばらんな話の中では、本当にそんな言い方があったにせよ、本人を目の前にして、それをそのまま伝えるとは、配慮に欠けると思います。

    そんな人が責任者や代表を勤める団体には、ご縁が無くてよかったと思いませんか?こっちからお断りよ!の気持ちで頑張って下さい。

    息子さんが楽しく過ごせるクラブが見つかりますように。

    ユーザーID:7634020492

  • 他のチームを

    今回のチームはかなりハードに練習されているようですね。
    てんかんを持っていてもうまくコントロールできて発作なくスポーツしている子供たちはたくさんいます。
    ただ休養がとても大事だし、疲れや寝不足がたまると大発作にもつながりかねない、そんな中お子さんを一人で参加させられますか?

    病気がなかったとしても、仕事して小さいお子さん2人連れてかなり厳しいと思います。
    事実私も平日仕事で付き添えないのを理由に、子供たちには色々諦めさせてしまいました。
    今は日曜日だけの少年団に入っています。
    子どもにはちゃんと説明して、他にできそうな事をゆっくり探してはどうでしょう?

    ユーザーID:2396968242

  • てんかんがなくても、保護者の出番は多いのでは?

    週5日練習で、土日はほぼ遠征ですか。小学生のスポーツ団体にしてはかなり活動量が多いですね。しかも保護者が運営しているなら、練習も遠征も、面倒を見る保護者がいなければ成り立ちませんよね。ほぼ毎日、保護者がだれかしら付き添いしているという事ですよ。
    そして入部する以上は、トピ主さんもそれをする事になります。毎日、最初から最後までではないにせよ、かなりの時間は必要かと思います。少なくとも、毎回毎回、練習の途中からと言うわけにはいかないでしょう。
    そのような活動量が多いスポーツ団体に子どもを入れられるのは、
    1、時間や体力に余裕がある親→保護者主体の地域のチーム
    2、経済力がある親→お金はかかるが全てお任せできるクラブチームやスポーツ教室
    このいずれかです。
    下に小さい兄弟がいて、トピ主さんは仕事もしているなら、保護者運営の活動量が多いスポーツチームは、そもそも無理があったと思います。お子さんにてんかんがなくても、敬遠されていたのでは?
    我が家も、私や夫が練習や遠征などに毎回は付き添えないので、地域のチームに入るのは諦めました。小学校のあいだは、週に1回だけプロが教える教室に通わせました(お金はそこそこかかりました)。中学になってから、学校の部活で本格的にスタートしました。
    各家庭ごとに、身の丈にあったスポーツとの関わりをするしかないと思います。

    ユーザーID:9957346334

  • 大事なことを見失わないでください

    てんかん持ちの子の親として、今回のことは差別とは違うと思います。
    相手の物言いが感じ悪いからと言って本質を見失ってはならないと
    思います。

    てんかんは疲労が蓄積すると発作が起きやすくなります。
    そもそもそのバスケ部はお子さんには負担が大きいと思います。
    甥っ子がそのての団体でバスケしていますが、すこぶる健康な彼が
    先日疲労で高熱出したそうです。
    てんかんには高熱もよくないのはもちろんご存知ですよね?

    一度くすりを飲み忘れただけで発作が出る。ということは、発作時に
    使用する可能性のある座薬はいつもお持ちですか?座薬挿入が必要な
    場合はそれは医療行為にあたり、医療行為ができる人はどういう資格を
    持った人なのか調べてみることをお勧めします。

    医療行為を行ってはいけない人に無理に行わせるのはトラブルのもと。
    場合によっては深刻な問題を引き起こします。いいよいいよそのくらい
    やってあげる、と安請け合いする人はかえって危ないと思います。

    また、発作を起こすたびに脳がダメージを受けるので、頻回の発作は
    もちろん脳にとってよろしくない。できれば成人までは可能な限り
    発作を抑え込み、医師がもう薬は不要と判断するまでは油断は禁物
    です。

    若い頃、てんかん持ちの友人がいました。学生時代、文化系サークルの
    合宿で彼女は発作を起こしました。合宿ではつい夜は友達同士話し込んで
    睡眠時間が短くなりますから、1週間弱の合宿でしたが疲労がたまって
    しまったようです。繰り返しますが、文化系のサークルです。
    てんかん発作と疲労の関係についても再度確認してください。

    ユーザーID:9403007171

  • 配慮に欠けても

    そこまで言わないと引き下がらないからでしょ。
    てんかんの発作の対応含め、他の保護者に面倒を押し付けようとして揉め事を起こし、代表者が改めて「ご縁がなかったことに」とお断りしてきたのに、そこでも引き下がらずに「他の保護者はなんと言っているのか」と聞くからですよ。
    優しく伝えたら、そこにつけ込んでごり押してくると判断されたのではないですか?
    だって「てんかんの発作が起きたら対応は難しいと言ってます」って言われたら「コントロール出来てるので大丈夫」って反論されて堂々巡りじゃないの。お断りが来る前に散々そうやって揉めたの、代表者は報告受けているんだろうから。
    トピ主さんは「水泳以外は注意不要」と受け取ってるけど、水泳が発作を誘発するという意味ではなく、単純に「水泳中に発作が起きたら命に関わるから注意」なのであって、言い換えれば普段から「発作を起こす可能性は消えていない」ということです。たとえ良性のてんかんであろうとも、発作が消えて2年弱(でしょうか?)で「薬飲んでれば絶対大丈夫」とは判断出来ないのですから。
    トピ主さんは問題ないと自己判断しているから、子供の面倒を押し付けている気は無かっただろうけど、保護者側は発作を絶対起こさないとは思わず、自分達素人では対応不可能と判断したという激しい温度差があったのではないかと思います。出発点が違うからお互いに同じ議案を話しあってるのに全く分かり合えず、トピ主さんも相手を「差別する人」認定で、相手方の不安を解こうともしない。
    一方的に根拠のない理解と負担を求めても得られないのは当たり前だと思いましたけど。

    ユーザーID:7411101084

  • しかたがない

    何かあったときに責任とれないよ。
    もちろん,何かあったとき,あなたは文句いわないよね。

    ユーザーID:1201098186

  • てんかんじゃなくても無理でしょ?

    >全ての日は厳しいので付き添う時間を練習の途中からでもいいようにしてほしいと
    >保護者同士協力ができないと判断した
    >ご縁がなかったことにしてください

    両親が揃っていても、付き添いができないと言う事は、てんかんじゃなくても、保護者同士協力ができないと判断されても仕方ない。

    最初から付き添いができないとか言って協力的ではない両親の子は、「あー無理無理無理」って事ですよ。

    ユーザーID:6619641539

  • てんかんで拒否、ではない

    てんかんの子供に親が最初から最後まで付き添えないから拒否、です。親が最初から最後まで付き添えば入部できたんですよね?問題をすり替えて被害者意識を前面に出すのは現実逃避ですよ?

    お子さんの状態から言って、責任を持てるのは親ごさんしかいませんね?他人ではどうしようもない事です。ご自分で責任が持てる範囲で、お子さんの活動の場所を探す方が建設的ではないですか?

    逆の立場になって考えてみて下さい。その他大勢の子供の安全を確保しながら、あなたの知らない症状を持ったよその子供の生命に責任を持てますか?その子の親が仕事で都合がつかないとかもう一人子供がいるとか、それは別の大人が代わって責任を持つ事ですか?

    ユーザーID:9733378242

  • てんかんが問題じゃないですよね?

    発作が起きるような持病があるなら、親が付き添うのが当然だと思います。
    付き添えないなら参加できないに決まってます。

    うちの子供の友人で同じようなお子さんがいるところが2件あり、先日修学旅行がありましたが、片方の家は親御さんが全旅程同行(といっても同じ地にいるだけで一緒に行動するわけではない。親は勝手に同じ新幹線でその地へ行って、勝手に泊まり、同じ新幹線で勝手に帰ることになります)できるため修学旅行に参加。

    もう一人は、親が初日の午前中がどうしても無理ということで、初日の夜に親が伴って途中参加でした。

    うちも発達障害(軽度)があり(発作があるようなものではありません)、心配だったので行事ごとにつきそう(そばにいるわけではなく別場所に待機)ことは多々ありました。場合によっては付き添えないなら出席させないことも考えました。

    自分の子供の持病、先生に押し付けるのは違いますよね。
    当たり前の行動だと思います。

    今回の件は先生どころか、他人ですよね。面倒みてもらうことになるのは同級生の親。友人ですらありません。子供の友人の同級生の親、でしょ?
    少しでも面倒みてもらうことになるのはあり得ないと思います。

    今回はてんかんが問題ではありませんよね?
    子供に何か心配事があるのに、親以外の人に迷惑がかかるという部分が問題なわけです。

    子供のてんかんのせいにしてはいけませんよ。

    なんでもそうやって子供の病気のせいにしてはいけません。

    ほかならぬトピ主さんが一番「子供の病気のせい」にしてしまっているんですよ。

    ユーザーID:8778196929

  • ご子息の今後のためにも、皆様からのレスを熟読して下さい。

    トピ主様が『配慮を求めている』つもりでも、周囲からは『特別扱いを要求している』と認識されているのです。


    ハンデの有無にかかわらず、保護者には守るべき責任と義務があります。

    保護者であるトピ主様ができない事を、他の保護者の方々に求めるのは、配慮を求めているのではありません。

    ユーザーID:5985349017

  • レスします。

    子どもの違学年のお友だちが、学校でてんかん発作を起こしてドクターヘリで運ばれた話を1ヶ月以上たってから、ママ友から聞きました。
    ほぼ毎週遊びに来ている子なので、驚いて、まず本人に確認しました。
    次に保護者に確認しました。

    小学校にあがってからは初めてだった
    大したことはなかった
    何も問題ないです

    と言われました。
    少しは食い下がったのですが…

    友人にたまたま、てんかんのお子さんがいらっしゃったので、電話で相談しました。
    緊急時の対応をまとめて送ってくれました。
    よく遊びに来ていた頃は、電話の下にクリアファイルに入れて置いていました。それだけで、少しは安心できますから。そのときは動画も撮る心づもりもして迎えていました。
    また、後日、おすすめ本も紹介していただき、借り読みもしました。


    また、親付添で子ども自主練に何度も行きましたが、急に具合が悪くなったとき怪我したとき
    連絡がとれないとか、
    迎えにこられないとか、
    付添者を悪く言うとか
    対応に困ってしまう方がいらっしゃいます。

    人数が少くて付添が一人の時は、付添者は基本離れられないので、本当に困ってしまいます。
    目の前で怪我をしたときは、たまたま動画を撮っていて写りこんでいたので、動画を保護者に送り、お詫びし、本来送迎担当の方に自宅まで送ってもらい…
    軽い怪我の時はラインで事情を伝えて皆と一緒に帰ったり

    未就学児が2人もいて働いていらして、誰よりも本人が保護者の中では一番大変なのでは?という方が、夫に下の2人を任せて、行き帰り送迎から付添、飲み物の手配まで一人でされている姿などみていると、もっと協力しようよ、とか思ってしまいます。

    トピ主さんの息子さんにとっては自分の命に直結する問題です。少しずつ本人に病気のことを伝えて、理解してもらってくださいね。

    ユーザーID:7598346878

  • てんかん関係なく入部条件を満たしていないのかも

    小学4年生で

    週5日練習があり土日はほとんどが遠征


    そんなハードな部でなおかつ保護者達が運営しているのなら、保護者の負担も相当あるだろうと普通に予測できますよね。

    トピ主は「仕事もしていて6ヶ月の息子と2年生の娘がいて」とのことなので、保護者に求められることを最初から満たせないのでは?

    てんかんと関係なく、入部条件に合わないと思うのですが。


    いろいろ嫌なことを考えるより、他のバスケチームを探しましょうよ。

    ユーザーID:1917615387

  • てんかんが問題じゃないですよね 2

    先程書き忘れました。

    トピ主さんと同じような感じで修学旅行に臨んだ子供の同級生はどちらも発作があるような持病ではありません。
    お1人はアレルギーのようなものであり、正直親がいようがいまいが起こるときはおこるものだということです。また生まれてこのかた一度も「万が一」の状況には12年間なったことないということでした。

    それでも「万が一」何かあった時に「対応するのが親」であるためだけに、親は行きますし、親が行けないなら「いけない間は先生がお願い」は通らないのです。
    たった一泊二日のことでもです。


    「てんかんの息子を邪魔みたいに」というのは自分の責任を軽く考えすぎていませんか?

    2年生はともかく6ヶ月の赤ちゃんがいるなら、病気一つしたことのないお子さんでもスポ小はじめ「保護者の運営が前提」の習い事はできない(させない)のが普通だと思います。
    うちも一番上が4年生の時に下2人が幼稚園と未就園児。どれだけ子供がしたいと言っても、親のお茶くみや送迎が前提のスポ小は諦めてもらうしかないとハナから思っていましたよ。

    健康とか持病持ちとか関係ありませんよ。

    ユーザーID:8778196929

  • 揉めた時点で難有り

    揉めた内容がその場に居なかったので、推測でしか判断出来ませんが。トピ主さんからしたら普段は健康通りで学校も普通に通う事が出来るから大丈夫と主張されたと思います。が、習い事は学校ではありません。
    スポ小でお客様扱いを求める利用者がいますが(試合に出させろ、あの子を出すなやら要望が多いくせに来ない)方針に合わないということで辞めました。
    スポ小では、手がかかる子供や非協力的な保護者は嫌がられます。
    揉めた相手に優しくしますかね。そもそも、交渉が決裂してる相手ですよ。保護者の総意なら他の保護者の意見を聞いて何を共感して欲しかったのでしょうか。ご縁がなかった。それだけです

    ユーザーID:7467737529

  • 主さんの性格が、息子さんの行動範囲を狭めてしまっている

    うちの子もてんかんもちです
    「なんで息子だけ」
    と書いていますがその言葉の後は
    「なんで息子だけバスケに入れないの」
    ですよね

    今現在、バスケに加入しているお子さんは健康上の問題がない
    他の保護者はてんかん発作時の対応を知らない
    そのチームは有料の習い事ではなくいわゆるスポ少

    どの条件をとっても、残念ながらスポ少加入には100%親の付き添いが必要になりますよ
    そこをわきまえられずに
    「なんでうちの子だけ!!」
    という思想の主さんにとでは
    「協力体制は取れない」
    と判断されて当たり前ですよ

    息子さんが問題というよりは
    主さんのその性格が、バスケの保護者さんに
    受け入れは無理
    と判断された要因だと思います

    ユーザーID:6202525380

  • 無理でしょう

    薬で抑えている状態の児童を、親の目が届かない状況で、ハードなスポーツをさせるなんて無理です。

    冷静に考えれば誰でもわかる話だと思いますが。

    あなたの周囲に姉妹とか母親とか親友等々、大人がいませんか。
    そういう人に実際に聞いてみればいいと思います。

    ユーザーID:2508095246

  • 多分

    多分入部してもお子さんが練習についてけないんじゃないですか? 結構ハードそうですよね。うちの子は健康体で運動神経も抜群で体力もありますが週6回のトレーニングや大会はかなりキツそうです。始めていろんな意味で惨めな思いするならやめてたほうがいいかも。
    見学だけなら誰でも楽しく感じるものです。

    ユーザーID:3686788207

  • 当然の回答です

    「ご縁が無かった」当然の回答です。
    安請け合いしないのは子供達のこと、全ての子供の命を真剣に考えているチームであることの証です。
    病気であっても親が付き添えば入部可能と回答があったのですよね。
    だとすれば、入部出来ないのは家庭の都合ですよね。
    チームの保護者にあたるのは間違っていると思いますよ。
    今後もこういうことは多かれ少なかれあることだと思います。
    お友達と一緒は難しいかもしれません。
    それでもバスケがやりたいなら、可能なチームを探して差し上げたら良いのではありませんか。
    我が家も子供は持病がありますが、休みながらマイペースに習い事に参加していますよ。
    他の子と同じようにを求めることがまず違うのかなと感じました。

    ユーザーID:8038359506

  • 病気のせいではない事をきちんと伝える

    入部を断られた理由は皆さんが書いておられるように『病気だから』ではなく、『付き添いが出来ないから』です。

    私も保護者が運営する野外活動クラブの役員をしましたが、その経験からもトピ主さんの場合は無理であるとお断りします。
    病気が原因でなく、その家庭状況と、最初から『できるだけ努力』では、いずれ『仕方ないから〜』となるのが目に見えるからです。

    >息子に何て伝えていいかわかりません。
    何と伝えるも何も、下の兄弟や仕事があってお母さんは付き添えないから無理だというより仕方ないと思います。事実そうなのですから。

    トピ主さんはお子さんに持病があることで、他の保護者の言葉に傷つかれたのでしょうが、それと入部を断られたことと混同してはいけません。

    私は子供の頃持病があり、体育その他出来ない事がたくさんありました。
    母は私を体が弱いせいでと不憫がりましたが、それを聴くうちに自分でも、自分は可哀そう、あれもこれも体が弱いせいと思うようになり、何か嫌な事があると体が弱いことを盾に逃げるようになってしまいました。

    大人になって、それではいけないと気づくまで随分かかりました。
    母の気持ちは分かりますが、私にとっては余り有難かったとは思えません。

    お子さんに対して、健康に生んであげなくて済まない、可哀想だと思う気持ちはよく分かります。分かりますがお子さんに言う事ではありません。
    病気は病気として本人が気をつけなくてはいけない事のみ、淡々とったえればいいのです。
    親が子供に可哀想とは言ってはいけません。

    ユーザーID:1417844256

  • みんなが安心するまでは付き添う

    私は小学生はありませんが、強豪チームのバスケ指導経験があります。
    もし私のチームでプレー中に発作を起こしたら・・・と考えてみました。

    まず一人の時に倒れても頭をぶつけたのか、叩かれたのか、てんかんの
    発作か、違う急病かわかりませんので、とりあえず救急車を呼び、
    監督として付き添いしないといけないので、コーチやほかの保護者が
    いても、責任者の私がいないので、その日の練習は終わりにします。

    他の子は、子供なりに試合や大会の為に普段努力しているので、
    練習中断したらがっかりして文句を言います。
    他の保護者さんからもクレームがあるし、少なくとも練習が早く終わると
    連絡する必要があります。

    会場はどこかの体育館を借りている事が多いので、救急車を
    呼んだ事を会場の持ち主に説明しないいけません。

    そのあとも病院に付き添いして、親御さんが来るまで待ち、来たら
    様子を説明して、遅くなるので子供や家族にも連絡しなくては・・。

    万が一そう考えると、やはり親の付き添いは欲しいです。少なくとも
    親が病院に行けるので、練習中断しないので他の親子も納得する。

    そこで、うちは大丈夫です、そんな事はありませんと言われても
    可能性があるのに備え無しは無理です。

    もし本当に発作が起きない自信があるなら、しばらく付き添いして
    ある程度時間がたてば、みんなも安心するのでは?
    みんなの信用を得るまでは付き添いし、減らしたいなら信用を得て
    から段々と減らしたらいいと思います。

    特にそのチームは保護者のチームなので、立場はみんな同じ。あなたの
    お子さんに何かあったら、自分の子供を置いて病院に行かないと
    行けなくなるんです。要求ばかりでなく、歩み寄る気持ちは必要ですよ。

    ユーザーID:6704954868

  • そうね、てんかんは理由じゃないね

    >後日保護者代表のかたから連絡がきて「この間の話し合いの経緯から保護者同士協力ができないと判断したため今回はご縁がなかったことにしてください」とのことでした。

    トピタイトルを見ててんかんが理由だとばかり思ってましたが、てんかんとは全く関係ない理由でお断りされていましたね。

    ごねる人に協力したいと思う人は少ないので、仕方ありません。

    ユーザーID:0826447434

  • 別のもうちょっとゆるいスポーツ探したら?

    >週5日練習があり土日はほとんどが遠征らしいてます。

    ほぼ毎日あるってことですね。
    これは病気がどうより普通の人でも大変ですよ。

    ふと思ったんだけど
    こういうの車出せとか言われませんか?
    主さん、こういう世話できるんですか?
    6か月のお子さんもいて?
    保護者全員で必死にまわしているんじゃないですか?
    主さんはお子さんのてんかんが気になるんでしょうけど
    主さんがこのスポ少の世話が無理だと思う。

    ユーザーID:2971345041

  • それは無理でしょう

    お子さんが持病があるならなおさら付き添いをしないといけないのではないでしょうか。もし、当番制であっても自主的に参加してある程度信用を得てかでないと途中参加とかは無理ではないですか?もし、お子さんが発作を起こして転倒して頭を強打したらどうします?綺麗事ではなくて、誰も他人の子どもの怪我に責任は負いたくないし、話し合いの段階で揉めたのであれば特に警戒されたのではないでしょうか?
    今回のことは残念ですが、お子さんが邪魔にされたのではなくトピ主さんの姿勢が他の保護者から受け入れられなかったのではないかと思います。

    一部のトピに学校云々という誤解ありますが、学校の部活でない限り学校は責任を負う必要はありませんよね。たまたま学校の体育館を使っているかも知れませんが、あくまでも地域の団体が学校の体育館を利用しているだけの話であって学校教育云々ではないので、団体の運営にまで学校が口を差し挟む余地はありません。なんでも学校に面倒事を持ち込もうとするから、必要以上に先生が疲弊するのであってその辺は整理しておいた方がいいかと思います。

    ユーザーID:0408594972

  • 私自身

    てんかん持ちで同じように水泳に関しては言われてました。
    (現在は薬も飲んでない状態です。)

    保護者運営のって事はやはりプロでも何でもないただの保護者ですよね。
    うちも子どもは3人です。
    上の子が似たような運営の部活に入っていて土日祝全部潰して夫婦でフルで動き回ってます。
    大人2子ども2なら別行動出来るでしょうが3人共に習い事や保護者の活動です。

    そこが気に入ってるのなら(子どもが)しのごの言わずサポートに徹するか別のチームへ誘導ですよね。

    ユーザーID:1493145145

  • 仕方ないですね

    既出のとおり、入部を拒否されたのは「親が付き添えないから」です。
    病気のせいではありません。

    その部は保護者たちが運営するスポーツクラブで、しかもかなりガチのやつ。平日の練習や土日の遠征にも保護者が付き添い、練習場所の手配や車出し、その他もろもろは全て自分たちで行い、それができる親子だけが在籍できる。
    お金を出して習い事として行く、専任のコーチやスタッフさんがいて、すべてやってくれるスポーツクラブとは、全く性質が違うのです。

    確かに毎回最初から最後まで親が付き添うっていうのは大変だし、恐らく他の子どもはそこまで親の付き添いは求められていないでしょう。
    でも、トピ主さんのお子さんの持病を考えれば、そしてバスケという激しいスポーツであることを考えれば、万一に備えて親の付き添いを毎回求めるのは、他の保護者の方々としては当然のことでしょう。
    万一のことがあったとき、だれも責任なんて取れないですから。

    あと、差別的な扱いだから学校に責任がとか、学校に報告すれば、とかのレスがありますが、このスポーツクラブは学校のクラブや部活動ではないですよ。学校施設を放課後や休日の授業で使用しないときに、活動場所として貸してもらっているだけ。学校はスポーツクラブの活動や運営には全く関係ないです。

    学校に苦情なんて入れたら、要注意団体として次から貸してもらいにくくなるかもしれませんし、苦情を入れた側だって学校に個人的なもめ事を持ち込む要注意人物としてマークされるんじゃないかなあ。

    ユーザーID:3823191782

  • 私にもてんかん持ちの子がいます

    何かあったときに責任を負いたくない保護者の気持ちはわかるし、もちろん「薬飲んでて大丈夫なのに」と思う気持ちも痛いほどわかります。
    でも、責任を負いたくないと思ってる人のところに入れる必要はないと思いますよ。「こんなところに入らなくて良かった!」と思って他を探した方が賢明かと思います。
    私の子どもは、抗てんかん剤を飲んでいても、発熱時に軽度の痙攣を起こしました。すぐに意識回復したのでそれは薬のおかげかと思いますが、軽度でも痙攣を起こしてしまったので、私なら協力体制がとれない環境はこちらから願い下げです。

    ユーザーID:6739438474

  • 元てんかん患者です。

    いまは双極性障害を患っています。
    精神疾患への偏見は根強いです。
    身内にそういう患者がいない人にとっては厄介ごと以外の何物でもありません。

    >発作が起きたら困るので全ての練習、遠征には最初から最後まで付き添ってほしいとのこと。

    条件を提示されて、それを飲めなかったのだから当然の結果です。

    さらに揉めたとなると、面倒な親だと思われている可能性もあります。
    お子さんのことを考えると、あまりいい対応じゃなかったと思いませんか?

    ウチの子は発作がコントロールできていて・・・というのは親の側の理屈。
    他人から見たら、それでもてんかん患者であることには変わりありません。

    お子さんのことを思う気持ちが、逆にマイナスに作用しています。

    ユーザーID:4124597749

  • 仕方ないという人に問いたい

    私的な運営団体が、私有地で活動を行う場合は、その運営団体のルールに従うしかありません。
    しかし、小学校のような公共の教育の場で行う活動について、運営団体のルールでも排他的な規則は、その規則が無効とされるのが時代の趨勢だと思います。個人の特性で、例えば日本語ができない国籍が違う子供は入部できないというルールがあれば、私的団体の活動であれば認められても、小学校という義務教育の場でそのようなルールを設定することは不適切なのは、皆さん理解させると思います。

    そのように公的な場所を借りて継続的に行うクラブ活動は、直接ではなくとも税金の恩恵を受けて行える活動ですので、完全なる私的活動とは言えません。
    また教育の場で行う私的活動は、あくまで目的が学校教育の主旨に沿ったものでなくてなりません。商業・宗教・政治活動が規制されるのはそのためです。
    勝利至上主義のような行き過ぎたクラブ活動の方が、むしろ常軌を逸脱しているのです。
    従って持病を理由に排除の論理が正当化することは、健常者の覇権主義です。これから高度な民主主義社会の時代にそぐわない論理であることを、理解すべきだと思います。

    ユーザーID:5141552275

  • 学校や指導者の責任にしなければいい

    教育活動の一環であれば、
    「何かあったら責任とれないから入部させない」のではなく、
    「何かあったらすべて自己責任で入部ください」
    というのも開かれた教育活動で取るべき態度なんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:5141552275

  • 持病を理由に排除の論理が正当化されているわけではない

    あくまで、生命にかかわる持病を持つ子供の健康に無関心な仕事優先の、付き添いをしようとしない保護者が排除されているのです。

    未成年ですので、保護者が責任を持たないと表明するなら、受け入れは難しいでしょう。

    ユーザーID:0179897461

  • それでもやっぱり仕方ないと思います。

    公共の施設を利用するからにはと言うご意見がありますが、この場合は保護者運営のスポ少なのでやはり無理だと思います。

    学校であれば、合理的配慮として権利(この場合入部)を強く訴えられるかもですが。

    勝利至上主義とおっしゃっておられますが、体罰や暴言などがなければ普通、勝つことを目標にしませんか?

    それを否定したら、オリンピックパラリンピックいらないですよね。

    完全自己責任論も疑問を感じます。
    親は納得かもですが、本人(この場合トピ主様息子さん)はどう思うのか?

    最悪事故があった場合でも、その結果を受け入れなければならないのです。

    多様性と言う名の自己満足、もっとはっきり言わせて頂けるなら無責任な行為だと思います。

    ユーザーID:0545243810

  • 全部親の付き添いが必要なんだって。だから別のお教室を探そう

    「全部親の付き添いが必要なんだって。
     お母さん仕事があって全部は付き添えないな。
     だから別のもっと面白いお教室を探そう」

    と言えばいいだけですよ。

    親の出番が多い部活は
    親が働いていたら出来ないのことが多いのです。

    うちの姉は息子(私にとっては甥)の部活のために
    仕事をパートに替えて
    土日は全部も息子の遠征についていっていました。

    結婚式など外せない用事と重なったらジジババが招集され
    姉宅に前泊して早朝から送迎・付き添いをします。

    本当にハードなのです。親にとっても。

    トピ主さんがもしご両親の力が借りられるなら
    替わりに付き添ってもらうのも良いでしょう。

    それが難しいなら
    地域のスポーツサークルとかスポーツクラブで
    投薬後に通えて、投薬前に帰ってこれる
    そういう場所を探すのが
    トピ主さん親子にとって一番いいと思います。

    ユーザーID:9351817533

  • 我が子の安全を守るために

    再度レスしますのはスポ少と関わってるから、のと自身も子供の事でスポ小で問題や人間関係に悩んだ経験があるからです。
    スポ小の運営は保護者の協力があってこそ成り立ってます。そこは、ご理解頂きたい。スポーツはどうしても怪我がつきまといます。その為にスポーツ保険に入りますが、実際に現場で怪我をした場合、出来ることは絆創膏を貼るや氷で冷やす程度です。余り無いですが病院に搬送される事も有ります。その時、ご両親が仕事中で連絡が出来ず大変困りました。保護者はプロではありませんし、当番制なので人は少なく、全てを監視出来るわけではありません。学校の敷地内で行ってますが、常に先生がいるわけでないですし、基本はクラブ内で問題を処理します。学校は場所を提供するのみですね。(それだけでも、費用が抑えられて助かってます) 普段の運動量で発作が薬で抑えられてます。もし、激しい練習などで疲労が溜まったり、バスケは接触が多く転倒する場合があります。発作を誘発しませんか?トピ主様もまだ手がかかる子供のお世話をしながら仕事では手一杯ではないでしょうか。とりあえず、週一回位の所で通える所が良いと思います。トピ主さんが無理無く関われる範囲で出来る所です。来年から小学5年生です。家庭の事が理解出来る年です。中学生からは部活をするようになるので、どう関われるのかを息子さんと一度相談してみてはどうですか。

    ユーザーID:7467737529

  • 運営は大変だよ!

    最初から相手は条件を明確にしていました。
    受け入れるつもりだからこそでしょう。
    でも、その条件を飲めなかったのはあなたのはず。
    悪いのは誰でもないしこの場合は仕方なかったかな。
    変わりの保護者を付けるとか、
    トピ主さんが行けないときはチームには加わらないとか、
    相手の心配する事柄に沿った建設的な提案も出来たと思いますが、甘えてしまったんですね。
    そしてその甘えがチームに合わなかったのだと思います。

    皆さんそれぞれの家庭の事情はありつつも
    チームにその事情を持ち込まない、いや、押し付けない。
    だから保護者だけで運営していくことが出来るのです。

    保護者だけで対戦相手や移動の手配ややりとり、
    運営費のやりくりと次回予算案、その為の会議や
    連絡、荷物の運搬、水分補給に関すること、
    パッと思い浮かぶだけでもこれは最低限。
    出来れば運動部で運営に少し携わった経験があるとわかると思いますが、今回のこのチームは保護者が運営とありますから、「子供の部活」ではなく「保護者の部活」でもあるのです。
    勝手にボールが届くでしょうか?誰かが購入しているのです。
    必要数と予算を考えながら。
    私も昔8面体から12面体になったときは悩みました。
    一度には買えないので。

    休憩し水分補給出来るよう見守ったり練習を組むとか、
    予算や対戦相手とやりとり、おそらくそこの保護者方々は子供と違ってボールに触る時間だけが活動時間とはいかなかったろうと思います。
    チームに関わるので後回しに出来ないことだらけですからね。
    それを皆で負担し合うので、
    個々の事情に負担を求め理解を得るのは難しかったかと。

    今回はお互いにご縁がなくて良かったんです。
    ご自身の都合がどうにもならないなら習い事はそこに合うものの中から選んだほうが家族皆幸せです。

    ユーザーID:7665148219

  • 何を問いたいのでしょうか

    >持病を理由に排除の論理が正当化することは、健常者の覇権主義です。
    今回の件は全く違います。
    この部活動は学校ではなく保護者の合議で運営されており、参加は義務ではなく任意。
    持病を理由に問答無用で排除はされておらず、むしろ運営サイドからは打開策が提示されています。
    「持病を理由とする排除」を是としているのなら「病気だから」で話は終わり、打開策は提示されないでしょう。
    拒否の理由はトピ主の責任転嫁であり、例えば「都合によりたまにしか部活には協力できないので、その時は他の親御さん達でウチの子もよろしく」と最初から言っている健常者の親であっても拒絶されるでしょう。
    この部活動が勝利至上主義かどうかはどこにも書かれていないので分かりかねますが、勝利を否定するならあらゆる大会が不要になりますし、プロスポーツベースラインとして不向きなものとなってしまいます。
    「仕方ないという人に問いたい」という表題ですが、文中には問いかけがない原則論的な持論ですが、「持病を理由とする排除」がダメなことなんて誰もが理解しています。
    原則が通用しない現実問題としてトピ主のお子さんがトピ主不在の遠征中に発作を起こしたら、誰がどの様に責任を負うのでしょうか?

    ユーザーID:0529791929

  • 持病が理由ではありません。

    一部の保護者はそのような発言をしたようですが。

    そもそもは、トピ主が付き添わずに息子を活動させたいと申し出たことが原因です。
    トピ主が付き添えるときだけ参加したいという話なら結果も違ったでしょう。
    でも、トピ主は夫や親、他のママ友に協力を頼むこともなく、自分は付き添えないけど息子を活動させようとしたのです。
    息子さんの病気は予備的な理由にすぎません。

    健常者の覇権主義というより、非健常者の横暴という方が正しいのではありませんか?
    トピ主はそこを理解したから黙していると思います。
    持病を理由に排除された訳ではなく、未来永劫、民主主義社会の時代の論理として正論です。

    50代半ばさんの理論は、オリンピックとパラリンピックを一緒に開催せよというような暴論です。

    ユーザーID:0625971199

  • 折り合いは付けなきゃいけない

    親は子の、子は自分の身体を守り、折り合いをつけなければなりません。
    誰でも多少の違いこそあれ、出来ない事があります。
    わたし自身も、息子にもあります。
    私は『ソレ』の為に実は一番得で好きな事を仕事にする事が出来ませんでした。
    喘息持ちの次男は中学生までは行動制限がありました。
    身体の事は甘くみてはいけないんです。

    息子さんにどう話したらいいか?
    正直に全てを話すだけです。
    『練習・遠征には保護者の付き添いが必要だと言われたが、全てに付いて行ってあげられないので、入部を断られた』と。
    お子さんは自分がそういう身体であることに付き合ってきたんでしょう?大丈夫です。ただ話すだけ。可哀想でも何でもないです。『インフルエンザに掛かったので出席停止で登校してはいけない』のと、何ら変わりはないです。
    邪魔者みたいに言われたような気がするのは、トピ主さんにとってお子さんの付き添いが自分の仕事にとって『邪魔』だからなんですよ。気持ちは常に自分の思考の裏返しです。

    百歩譲って、付き添う事が出来ない時間を他の保護者が責任を持つと言ってくださったとしましょう。
    もしも発作が起きた時に、他のお子さんにトラブルが無ければ、前もって決めておいた通りの対処をしてくださるでしょう。でも、もし二人、3人と同時に別のトラブルが起きた時・・・
    全くの他人の保護者さんが親と同じに対応できると思いますか?そういう事態を想定しませんか?
    安易にハイわかりましたと引き受けてくれる部よりも、入部を断る方がずっと責任感のある対応です。

    ユーザーID:2370241553

  • 大変、厳しく失礼なことを申し上げますが・・・・・

    1月27日 21:20『るみ』様のご意見に賛同致します。

    > あくまで、生命にかかわる持病を持つ子供の健康に無関心な仕事優> 先の、付き添いをしようとしない保護者が排除されているのです。

    > 未成年ですので、保護者が責任を持たないと表明するなら、受け
    > 入れは難しいでしょう。


    万が一の時は、適切な対応をしないと、ご子息の生命が損なわれるかもしれないのです。

    それなのに、肝心の保護者であるトピ主様が不在の時は、対処の知識を持っていない、他の保護者たちに処置させるのは無責任だと思います。

    クラブ側は、是々非々の対応をしていると思います。

    ユーザーID:5985349017

  • 運動部なら医師の許可が必要

    私の友人の子供もてんかんです。

    あるスポーツを幼少から習っており、中学高校と続けていましたが、
    高校生のときにてんかんを発症。

    部活を続けたい意向を学校側と監督に伝えたところ「医師の許可証明」が
    必要と言われたそうです。
    医師からこのスポーツを続けても問題ないかどうか、医師から許可が
    おりなければ入部継続はできない、とのことでした。

    これこそ仕方ないと思います。
    医師から許可が出なければ、続けられません。
    排除とかの問題ではないですね。
    命の問題ですから。


    今回の例は、持病の為に入部拒否じゃないんですよ。
    親ありきのクラブに親の付き添いができないので断られているのです。

    ユーザーID:7338305201

  • 被害妄想がすぎるのでは?

    あなたは「責任を負いたくないからだ」と断言して
    自分と我が子が悲劇の主人公のように思っていますが、
    いったい誰が他人様の大事なお子さんに、
    何の責任を負えることができますか?

    これは持病のあるなしではない。
    すべての人に対してですよ。

    何か過失があったら、それに対して責任を取る。
    それが罰金、慰謝料、禁固刑、
    それが法です。

    あなたはご自分の大事なお子さんの命を簡単に
    「責任取ってくれますよね?」と預けようとしているのです。
    困惑しているのは、チーム側ではないですか?

    あなたがお仕事や下のお子さんがいて、大変なのはわかります。
    しかし参加する他の方皆、それぞれ大変な事をやりくりして、
    付き添いしているはずです。
    夫婦で分担したり、下の子をシッターや親戚にみてもらう。
    時間もお金も労力も皆使って工夫して、
    それで自分の子の事は自分で責任を持ち、
    他の人に負担にならないようにしているのです。

    「てんかんの息子を邪魔者」
    違いますよ。
    我が子の付き添いをしないで、人に頼もうとする保護者ならば、
    方針に合わないから入部拒否する。
    そう言う事です。
    てんかんであろうがなかろうが、関係ないです。

    そういうあなたは、仮に入部して
    あなたがいるときに、他のお子さんに何か大事件起こった時、
    ちゃんと責任を取るのですね?
    それで仕事を失ったり、家族や家を失う事だってあります。

    「自分のせいでこれから息子がこんな思いをすると考えると辛い」
    そうでしょう。
    健康な子に産んであげられなかったという事ではなく、
    人任せにしようとする考え方のせい。
    なんでもてんかんのせい、人のせいにする親の考え方のせいで、
    やりたいことをやれない息子さんが可哀想ですね。

    ユーザーID:3098842039

  • 遅刻対応

    もう他の習い事に目を向けておられる
    かもしれませんが、タイトルとおりに
    親の全付添い、って条件は受け入れて
    付添えない時はお休みするか、付添い
    時間に合わせて遅刻早退、ではダメだ
    ったんでしょうかね。考えてみました?
    持病があるならOKが出そうな気がしますが。
    もちろん他の子より練習時間が削減され
    上達に差が出てしまうと思いますが、
    スポーツする喜びや条件が悪くても頑張る
    気持ちを体験させてあげたいですね。
    そこのチームはハードそうなので合わなか
    ったかもですが、他でも全付添いが必須
    だったら、上記のとおりで聞いてみたら
    いかがでしょうか。

    ちなみにウチは遠征などの付添いが出来な
    かったので、テニス教室に入れました。
    やはりチームが求めるものを提供できない
    家庭は、誰かしらのボランティアでなりた
    っているスポ少には不似合いと判断しました。
    週2回の習い事でちょうど良かったです。

    ユーザーID:5134926844

  • 薬飲んでいるから、

    安心じゃあない、薬は症状を抑えているだけ、
    それにバスケって、体力を使うから疲れる、てんかんは疲れも良くないですけど、
    睡眠時間を今まで以上に取らないと、薬を服用していても発作を起こす事もあるので、要注意ですよ。

    ユーザーID:2855528276

  • お子さんには何と伝えたのでしょうか?

    2度目ですが、それが一番気になります。

    まさかとは思いますが、「病気だから無理無理って断られた。酷い。可哀想な○○ちゃん」なんて言ってはいないですよね。

    これ、私が小さい頃よく言われたのです。「病気だからできない、病気のせいで…まめちゃんは悪くないのに、可哀想に」、そして母の目にはうるんでいて。
    今思えば本当にかわいそうだったのは、母からこんな言葉をかけ続けられたことです。(優しく良い母で、愛情故はよくわかってますけど)
    可哀想と泣かれるよりも、少ない選択肢でも出来ることをさせてほしかった。
    そう思いながら成長したので、自分の子供にも持病があるとわかった時、病気の事はその年齢と必要に応じて教えてきました。
    出来ない事と出来る事、気をつけないといけない事と対処法。他の子よりちょっと考えたり辛抱することがあっても、その分、他の事をしたり出来る方法を考える。
    4年生にもなればちゃんと理解できます。

    病気と付き合ってゆくのはトピ主さんではなくお子さんです。お子さんに誤った認識を持たせないためにも、親が病気とその他の諸々を混同させないようにしなくてはなりません。

    今回の事はあくまでトピ主さんが付き添いをできないからにすぎません。
    どうしてもバスケをしたいなら他の続けられるクラブを探しましょう。
    このトピでもいろいろな選択肢を書いてくださっています。
    そのクラブに拘るより、お子さんが楽しくスポーツをできることが一番大事な事だと思います。

    ユーザーID:1417844256

  • 成人した息子がてんかんです。

    こんにちは。
    私の息子もてんかんがあります。発症したのは、思春期頃です。

    てんかんが薬で治まっているとのこと、よかったですね。日常的に支障がないってとても有り難いと思います。でも、こらから症状がどうなるかわかりません。職業選択の時に考慮することも予想できます。
    今はしっかりと勉強と運動を両立させる時だと思います。そして、息子さんが就職のとき、社会に出るとき、困ることのないように導いてあげてください。


    中学になると急に勉強が難しくもなります。てんかんという理由がなくても、そのようなクラブは思いとどまったほうが良いと思います。

    許せない発言があったかもしれませんが、逆にラッキーですよ。受け入れてもらってたら、勉強してる時間なくなります。

    頑張ってくださいね

    ユーザーID:1042328203

  • まさにうちの子も今

    まさに今うちの子も同じ状況です!
    主様の気持ちも痛いほどわかります!家の場合は完全に付きっきりで、当番の時は旦那と2人体制で、旦那が当番。私が子供を見るようにと言われています。家の場合は練習は出てくれていいけど、試合は他のチームに迷惑をかけるから出せないかも…と他のチームに迷惑って…うちの子がいるだけで迷惑なのかと辛くなります。試合なんか、持病がない子でも試合中体調崩すことだってあるだろうに。それとはなぜ違うのかな?心配してくれる気持ちはありがたいけど家の子だけなんで?と思ってしまいます。
    本人は、自分がてんかん持ちと自覚があるので「試合出れなくてもいいからやりたい」とやる気があるだけに余計可哀想で。
    辛いですよね。

    ユーザーID:9910837194

  • お気持ち分かります。

    うちの娘もてんかん持ちです。
    小5で発症し今は中学生です。
    なのでトピ主さんのお子さんを思うお気持ちは良く分かります。
    お子さんが悪い訳ではないし、好きな事も沢山やらせてあげたいですよね。

    ただ、初めて発作が起きた時どう思いました?

    うちは主人なんてパニックでしたし、私は幼馴染がてんかん持ちで学校で何回か発作を見た事がありましたが、やはり焦りましたし、死んじゃうの?って思いましたよ。
    今は発作にも慣れ…てはいなくとも、ある程度冷静に対処出来ます。

    でも、この発作を見た事のない方には無理だと思うんです。
    親でも死がよぎるのに、他人だったら恐怖しかないと思います。

    あと、てんかんにもかなり種類?がありますよね。
    うちは顔だけ痙攣が起きるタイプなので、倒れたり意識を失うこともないのですが、この病気を知らない方は、全身に痙攣が起きて倒れたり意識を失うというイメージが強い方もいると思うので、発作が起きた時の対処が分からない方がほとんどだと思います。

    これはてんかんだけでなく、どの病気でも、理解のない方に面倒見てもらうのは難しいと私は思うんです。

    娘も6年生の時バスケやりたいと言い出しました。
    私は人様に預けるのは無理と思って、娘に出来ないかもしれないという話を先に言いましたよ。
    結局体験に行ったらハードでやる気をなくしたので良かったですが。

    修学旅行や塾の宿泊もかなり心配しました。
    でも、てんかんのお子さんを対処した事のある保健の先生や塾の先生から、大丈夫ですよ。と心強いお言葉を頂いたので安心してお任せしました。

    逆に何の知識もない人に、お子さんを任せるの心配ではないですか?

    どうしてもバスケがやりたいなら、中学で顧問の先生に相談してはどうでしょう。

    理解のある方のお言葉は本当に有難いですし、親も子も安心出来るので、そちらに目を向けては如何でしょうか。

    ユーザーID:8933232409

  • 何と身勝手な

    > あまりにも冷たくてんかんの息子を邪魔者みたいに言われたような気がして悲しくなるとともに怒りがこみあげてきてしまいました。

    誰一人そんなことを言っていません。貴方が勝手に思っているだけのことです。邪推とでも言おうか。

    癲癇の子については私も役員をしている保育園で対応に苦慮しているケースを見聞きしているのでわかるが、周囲は本当に気を遣います。

    一瞬ボーっとするだけの子なんです、という母親もいますが、スポーツやハードな運動、遊びの最中にはそれで大怪我に繋がることもある。

    スポーツをしている途中、一瞬気が遠くなって停止したとき、他の子がぶつかってきて受け身を取ることができなかったら、頭部を強打するようなこともあるかもしれない。後遺症が残るような怪我をする可能性もあるし、最悪死亡事故に繋がるケースすら想定されます。

    そういう子に対して他人は責任を負えません。親が「そうなっても文句を言いません」と一筆書いてあっても、裁判になれば責任問題からは逃れられません。

    ですので、トピ主が常に付いていられないのなら面倒見きれない、責任取りきれない、という他の保護者の言い分は至極真っ当で、トピ主としては他人に責任を押し付けるようなことはすべきではないし、相手の言い分は理にかなっているのだから納得し受け入れるべきです。

    ましてや「あまりにも冷たくてんかんの息子を邪魔者みたいに言われたような気がして悲しくなるとともに怒りがこみあげてきて」なんてのは筋違いも甚だしい。誰もそんなことは言っていないじゃないですか。

    > 他の子と同じように生活しているのに、薬でコントロールできているのに何で息子だけ。

    とあるが、同じじゃないですよ。薬を飲んでいるじゃないですか。
    それも、意識を失わないために必須の薬で、飲み忘れれば事故に繋がりかねないほどのものです。

    少し身勝手な言い分と感じました。

    ユーザーID:8743044697

  • 仕方ないとしたくないなら付き添えばいいだけ。

    >発作が起きたら困るので全ての練習、遠征には最初から最後まで付き添ってほしいとのこと。
    という条件付きで受け入れてもらえることを拒否したのはトピ主です。

    >仕方ないのですがそれを聞いた時あまりにも冷たくてんかんの息子を邪魔者みたいに言われたような気がして悲しくなるとともに怒りがこみあげてきてしまいました。
    違うでしょ。
    責任転嫁ですよ。

    てんかんの発作を見たことがあります。
    大人数名で対応してました。
    あれを他人のお子さんにやってあげる心と技術の準備をしてあげることは出来ません。
    怖いからです。
    トピ主が主体で対応して、手足を押さえてあげる救急車を呼ぶくらいなら出来ますが、トピ主不在時に対応なんて無理です。
    やりもしないでもなく、無理です。

    普通の子が体調を崩す恐れがある、というのとも違いますよ。

    トピ主が最初から最後まで付き添える日だけ参加する、
    遠征には参加しない、
    旦那さん他の身内が付き添う、
    参加の仕方を検討してみてはどうですか?

    先方は付き添っていれば参加できるとしているのですからトピ主がいるときに発作が起きたらアシストくらいはしてくれるでしょう。

    ユーザーID:3337512184

  • だったら

    「何が起きても責任を問いません」
    と誓約書でも提出したら?

    >あー無理無理無理
    この言い方は冷たいかもしれないけど、
    理解はできますよ
    逆の立場で考えてみたら?

    ユーザーID:7471872387

  • 仕事を辞めて、子育てに専念する。

    トピ主さんがお仕事を辞めて、子育てに専念すれば良いのでは?
    スポ少で下の子がいる人はたくさんいますが、預けられないのなら一緒に連れてきて一緒に見学していますよ。

    スポ少や習い事の教室等は、その集団集団で、目標とするものやカラーが全然違います。
    >週5日練習があり土日はほとんどが遠征
    というスポ少なら、かなり本気で上を目指して真剣にやっている部類だと思います。
    そういうチームは、子供だけでなく親も熱心に真摯に取り組んでいるご家族も多いです。
    なので、「無理」というのは当たり前とういか…
    持病がわかっている他所の子の持病の心配や対応までやっているような余裕は無いと思いますよ。
    実の母親であるトピ主さんでさえ、いろいろ理由を並べて「ずっと付き添うなんて無理!」と言って余所の親に押し付けようとしているのに、他人である余所の親が息子さんの面倒なんて見れる訳が無いでしょう…責任が取れませんもの。

    うちにもとある持病持ちの子がいて、いろいろ普通の親とは違う事をしています。
    (通院もですが、学校側との話し合いや相談やら、その他いろいろ)
    >健康な子に生んであげられなかった自分のせいで
    という気持ちが私にもあるので、仕事もせずに、子供中心の人生を選んでいます。
    トピ主さん、周りにさせようとする前に、自分でできるように努力しなくちゃ。
    「私は自分の生活変えたくないので、できる範囲でしかしません。後は他の保護者さんヨロシクね」というのは、違うのでは。
    お仕事しているのも、歳の離れた小さい子供を作ったのも、トピ主さん夫婦の都合ですよね。

    息子さんがどうしてもバスケをしたいなら、もっとゆる〜い部(練習日が少ない、欠席や遅刻早退もOK)を探して入部されたら良いと思いますよ。
    「我が家に合った形態のスポ少を探す」くらい、面倒ではないでしょう。

    ユーザーID:7901164416

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧