• ホーム
  • 学ぶ
  • ガトーショコラのチョコレート・板チョコから製菓用にしたら不評

ガトーショコラのチョコレート・板チョコから製菓用にしたら不評

レス5
(トピ主1
お気に入り6

趣味・教育・教養

悩む母

レス

レス数5

レスする
  • 足りないのは、砂糖、粉乳、植物油脂

    初めましてトピ主様。

    製菓用チョコレートに変えたところ、大人には好評だが、子供に不評とのこと。

    おそらく、製菓用チョコレートのダークですから、板チョコに比べカカオマスの味が強く苦いため、お子さんに不評なのだと思います。

    基本的には、板チョコは『砂糖』の割合が最も多く、そのほか『粉乳』や、場合によっては『植物油脂』が配合されています。

    まずは、板チョコの成分表を参考に、砂糖や粉乳を足す、あるいはホワイトチョコレート(これは植物油脂であるカカオバター、砂糖、乳成分でできているから苦くない)を加えて苦味を抑えて見ては如何でしょう。

    もしカカオがどの位苦いかピンと来なければ、

    『99%チョコレート』

    を食べてみてください。

    砂糖、粉乳、植物油脂の重要性がご理解頂けるはずです。

    ユーザーID:7124095512

  • カカオマスは苦いさま どうもありがとうございます。

    大変詳しく、分かりやすくどうもありがとうございました。

    このままどうしようかと、途方にくれておりましたので。

    クッキーやパンに入れたり、ホワイトチョコなど追加したりして
    実験してみます。

    無駄にならずに済みそうです。

    ユーザーID:9877752803

  • 成分

    足りないのは、砂糖、粉乳、植物油脂 カカオマスは苦い様 と同じReなんだけど、

    >チョコを前と同じスーパーの板チョコ

    >ベリーズ 製菓用 クーベルチュール EXダークチョコレート
    の成分を見比べて、足りない物を追加することから始めれば。

    当たり前だけど、追加するのは簡単だけど、混ざってる物から抜くのは至難の業ね。

    ユーザーID:7577734232

  • テンパリング

    市販の板チョコと製菓用の違いには成分以外にテンパリングの工程を経ているかどうかの違いがあります。
    製菓用はテンパリングを自分でするものですよ。
    いや、きちんとやってます、ということならスルーしてください。

    ユーザーID:7057210387

  • 後は引く勇気

    トピ主様、お返事ありがとうございます。

    蛇足かもしれませんがもし今後、レシピに材料を足しても上手く行かなかった場合に備え、もう一つご提案いたします。

    トピ文に、

    〉大人には買ったケーキみたいと褒められましたが

    とありますから、味が今までよりも『濃厚』で『香り高く』、『苦み走った』大人の味わいになっているものと思います。

    一般的な板チョコのカカオ成分は20〜40%(製品によりけり)ですが、今お使いの製菓用チョコレートは62%、おおよそ1.5倍〜3倍のカカオ成分を含んでいます。

    先にご提案した方法は、材料を追加して『苦味』とバランスを取る方法です。

    ss様のレスにもありますが、材料を『足す』方が簡単なので、まずこちらをご提案しました。

    しかし、子供の方が味覚も臭覚も敏感なことが多いので、もしかすると、そもそもお子さんには

    『味が濃すぎる』

    可能性もあります。

    この場合、材料を足しても状況は改善しません。

    むしろ材料を『引く』(減らす)必要があります。

    材料を追加してもあまりお子さんの反応がよくない場合は、一度チョコレートを引いてみる(減らしてみる)事も検討してみては如何でしょうか。

    もし、『チョコレート沢山あるのに使う量を減らす!?』と、思われたなら、そちらに関しては、いろいろコーティングしてみては如何でしょう。

    材料の温度が40℃を超える焼き菓子以外のチョコレートは、本来はしゃしゃり部様のレスにもあるように

    『テンパリング』

    が必要なのですが、融かす時に少量のサラダ油を混ぜて

    『コーティングチョコレート』

    にしてしまえば、面倒なテンパリングも必要ないので、いろいろ使えます。

    こちらも蛇足とは思いますが、ご参考までに。

    ユーザーID:7124095512

レス求!トピ一覧