近眼、老眼、もうアカン。

レス35
(トピ主2
お気に入り233

生活・身近な話題

赤井めが姉ぇ

レス

レス数35

レスする
  • 遠近は

    近眼でメガネ着用で生活しています

    数年前から、ん?近くが見難いにはじまり
    近くを見るときはメガネを外さないと見難くなりました

    で遠近作りました、お値段については、フレームと込み込み〇〇円、
    薄型でも、遠近でも変わらないという
    売りのお店で作ったのでさほど高額ではなかったです

    でもなんか使いにくいというかですね
    家でだけ使おうと作ったのですが、なんかそちらのメガネにすると
    ふらつく感じがあったり、少し気分が悪くなる気がするような感じがして
    結局使わずじまいです

    翌年ぐらいに、寝る時以外、コンタクトの娘が
    メガネを作ったのですが
    (それまでは度頻繁に変わりめがねの方は作っていなかった)
    その時にも、なんか気分わるくなると言ってましたが
    店員さんの話によると、馴れないとそう言う場合もって
    少しずつ慣らすしか無いといっていて

    遠近も同じように馴れが必要とは言われました

    ただ、私の場合、作って3年ほどたちますが
    老眼が進んでしまったのか
    そのメガネでもすでに近くが見難くなってしまいました

    先日、
    レンズを上に上げれる(下に下げれる?)老眼鏡というのがあったけど
    逆に、上に上げれる、近視メガネはないものか・・・・
    と思います・・・

    そういえば、昔?はメガネにチェーンとかつけてるご年配の方いらしたけど
    最近ってそう言う方みかけないですよね?

    なんかもっとそういうのが流行ればやるのになぁ〜
    なんてとおもうのですが・・・・

    ユーザーID:2029128876

  • 跳ね上げ式メガネフレームは、昔からありますよ

    いまも販売されています。
    跳ね上げ式メガネフレームに単焦点レンズをいれる、という手もありますね。
    ただし機能性重視のフレームゆえデザインが限られます。

    私の父(強度近視。白内障手術済)は、長年家の中では跳ね上げ式メガネをつかっており、老眼に対応する眼鏡はつくっていないようにおもいます。

    メガネチェーンは、コンタクトレンズをつかっていた頃に買いました。
    ポケットのない服のときに、サングラスを下げようとおもって。
    でも靴を履こうと前屈みになると、眼鏡が顔面を直撃するんです。
    そして静止した状態では視界をふさぐ。ぶらさがった眼鏡が邪魔で靴がみえません。
    玄関ドアを開ける前に気が挫けました。
    しずしずと歩かないと胸元で眼鏡がブラブラしますし、そのまま満員電車に乗り込むわけにはいかないし。眼鏡を掛けているとチェーンがちらちらと視界をかすめるのも気になりました。
    メガネチェーンが便利におしゃれに使える生活がどういうものなのか、私には想像もつきません。

    私の矯正視力は両眼視で0.7。普通自動車免許の更新が可能な程度。(裸眼視力は0.07ぐらいかな)
    若い頃は左右の視力差が大きく、厄介なことに利き眼のほうが悪かったこともあり、あまり矯正視力をあげられなかったのです。
    何十年も矯正視力0.7程度で暮らしていて慣れているので、屋外で遠くがみえなくても特に不便は感じません。

    多焦点レンズは、遠視力をあげるにつれて手元用の焦点距離も長くなるそうです。
    どのぐらいの視えぐあいがいいのかは本人にしかわかりませんから、よく考えたうえで、眼鏡店で要望をだしつつ相談する必要があります。

    このまえの新調時には、1時間ぐらいかけて度数をきめました。
    ほかのお客さんがおられず、来られなかったのでよかったのですが、混んでいたら出直したとおもいます。
    そのためにも自宅近所の眼鏡店を利用しています。

    ユーザーID:1068608583

  • いろんなもの使ってますがコンタクトはモノビジョン

    現在68歳。
    遠近両用はメガネとコンタクトの両方使いましたが、今は医師の勧めでモノビジョンです。

    トピ主さんの年齢が分かりませんが、私が医師に言われたのは遠近両用にするなら60歳まで。
    慣れるのに必要な適応能力が60歳を境目にぐっと落ちるそうです。

    私のメガネ歴と言うと、遺伝性近視で子供の頃からメガネ、高校生からはコンタクト併用です。
    40代後半から老眼が出始め、コンタクト+仕事で図面を見る時だけ老眼鏡。
    50代半ばには図面だけでなく字を見る時は老眼鏡必須になりましたが、日常生活ではコンタクトと近視用メガネだけで事足りたので、遠近両用メガネはつくったもののあまり使いませんでした。

    その後、遠近両用コンタクトが出来たと言う事で試してみましたが合いませんでした。常に眩暈がするようで外を歩くのが怖かったです。今のものより性能が悪かったのかもしれませんが、上記60歳説はその時に言われました。

    今は家では矯正視力0.5位の近視用メガネ。本を読むには一番楽です。
    外出時にはコンタクトをモノビジョン(矯正視力1.0と0.5)で使っています。最初から遠近両用の時のような抵抗はなく、すぐ慣れました。

    コンタクト使用中に細かいものを見る時は老眼鏡を併用。
    映画を見る時は効き目用コンタクトを両目で使用。
    メガネで遠くも見たいときは遠近両用メガネ。
    趣味の日本刺繍をするときは裸眼が一番です。

    とにかくこまめにいろんなものを使い分けてます。

    ユーザーID:4810720785

  • 遠近両用今タンクとレンズに1票(3カ月毎に調整します)

    私は近眼用コンタクト+老眼鏡などいろいろためしましたが、加齢とともに近眼用コンタクトも徐々にピントが微妙になりました。

    眼科医の友達に尋ねたところ、老眼が始まったら、コンタクトレンズは1箱分しか買わないようにしているそうです(2Weeksだと3か月分)。

    半年前に初めて遠近両用コンタクトレンズにしたらとても快適になりました。ただ、本当は一年分とか買うほうがお得ですが、ひと箱しか買わないようにし、3カ月毎に調整するようにしています。

    ユーザーID:5212999501

  • 再びありがとうございます。

    トピ主です、こんばんは。
    お付き合い頂いてありがとうございます。
    御同輩の皆様の何刀流もの巧みな使いこなしに感心しきりです。

    今日、トータルアイ検査を受けて、メガネを作りました。
    最初は遠近タイプのレンズを試しました。
    前回と同じく、見え方に少し違和感がありましたが、問題は階段の昇降です。
    昇りは視界良好で快調、降りは殆ど視野がなくなって一歩も動けず。
    店員さんのアシストがあっても恐怖でまともに降りられませんでした。
    目を動かして焦点が合う部分を探るうちに目眩までして、実用性に疑問符。
    中近タイプも同傾向で、多焦点は断念し、近視用に限定したメガネにしました。
    これでやっとコンタクトレンズを外している時の利便性が確保できました。
    ちなみに、裸眼ではどこも見えません。
    新聞を読むにも紙面まで10cmぐらいに接近しないとダメ。

    一方で、皆様の中には遠近両用コンタクトと相性が良い方が複数いらっしゃり、私もチャレンジしたいです。
    頻度は低いものの、ナビを見ながらの車の運転には便利そうですね。
    うまくフィットすれば、終日常用できるかもしれません。
    次の休みに掛かりつけの所に伺おうと思います。

    ユーザーID:9596251434

レス求!トピ一覧