喪服と礼服の違い

レス12
(トピ主0
お気に入り84

生活・身近な話題

みか

レス

レス数12

レスする
  • 地域性もあるかとは思いますが

    私の周囲では、近所でも仕事関係でも、お通夜には地味めの平服で出るのが普通です。

    喪服や礼服だと、人が亡くなるのを準備して待っていたようだとされて、かえって失礼になるからです。

    でもトピ主さんは礼服でお通夜においでになったのですよね?

    そうした地域で参考になるかどうかはわかりませんが…

    今は、和服の着付けができる人が減っており(葬儀場には着付け係もいるが、お金も時間もそれなりに掛かる)、また、着付けのできる年配のかたでも、洋服の方がラク、という理由から、家族でも、いわゆる礼服で葬儀に顔を出すのが普通になってきています。

    昨年参列した職場関係の葬儀(通夜ではない)でも、喪主である奥様は礼服、参列者の中には「いちおう黒」という人が相当数見受けられました。

    私自身、数年前に、サイズがあわなくなったので礼服を新調したのですが、売場の人から「慶弔どちらにも着回せるデザイン」を勧められました。

    伝統や正当性にこだわる人にとっては不愉快な風潮でしょうが、こういう事は地域性や時代の流れもあるので、身近な人に相談して柔軟に対応すればいいと思います。

    ユーザーID:7710913026

  • どんな黒ですか

    他の方が書いておられるように、喪服は礼服の中の一つのジャンルです。
    売り場の方が礼服と言ったのは、冠婚葬祭すべてに着られます、という意味で言ったのだと思います。
    おそらく黒い礼服ばかりが並んだ中から購入したのではありませんか。
    それならば親族として葬儀に着用できます。
    結婚式に着るようなカラーフォーマルが並んだ中から選んだ黒い服なら、深い黒ではなく墨色だったり光沢があったりラメが入っていたりします。
    そういうものなら、親族どころか他人でも葬儀に着用はできません。

    ユーザーID:6922380040

  • 喪服は礼服のひとつです

    すでに指摘がありますが、冠(成人式)、婚(結婚式)、葬(葬式)、祭(正月やお盆)に着る服が礼服ですので、喪服は礼服のひとつです。

    また、女性の第一礼装は和装(着物)です。礼服がスーツのことであれば、それは略礼装ですから、そもそも格式が違います。

    さらに、喪服として着るスーツは、黒くて光沢が無いものです。これは参列者も着るもので、トピ主さんがいう礼服ではありません。

    トピ主さんは色々勘違いしていますね。

    皆さんが並んでいるときに、光沢の有無が違う人がいると目立ちますから、黒いものを別に購入したほうが無難ですよ。

    ユーザーID:4233661034

  • 違います

    礼服は、戦後日本がまだ豊かではなかった頃に、冠婚葬祭いずれにも着用できるように考えられた服だと聞いています。

    男性はいまでもネクタイを変えれば冠婚葬祭オッケーですね。
    女性でも年配の方ですと礼服だからいいだろうと着ていらっしゃる方もたまにお見掛けしますが、男性と違って女性の場合は喪服感がでちゃいますね。

    購入されたものがどのようなものわかりませんが、女性であれば光沢のない黒い礼服を慶弔兼用で着るのはやめた方がいいです。慶事には慶事らしい服装を。

    ユーザーID:0887750336

  • 喪服でも礼服でも

    黒色ならばどちらでも構わないんじゃないですか?
    逆に礼服と呼ぶ黒色の服は、葬儀、法事以外で着ることはないですよ。

    昔は着物の喪服を着る人(喪主や近い親族)が多かったけど、今はあまり見かけなくなりましたね。
    着付けなどの時間がかかるから、サッと着られる洋装が主流になったのでしょう。

    ただしいくら黒色でもパンツスタイルはNGだそうです。(親族は特に)

    ユーザーID:6993431644

  • 時代の流れで

    テレビ通販でもブラックフォーマル扱っています。一般御葬儀では多様化していますよね。喪服あり、各種アンサンブル、パンツスーツもありです。靴もヒールであったりなかったり。参列する方も、年を重ねていくほど、その時々で着用出来れば助かります。
    我が家も年寄りに喪服は無理なので、黒のゴムのパンツにレースのシャツとジャケットを別々に買い揃えました。履きやすい黒靴とバックも黒布生地のミニショルダーを見つけたので即購入しました。男性の場合は言わば楽ですね。

    ユーザーID:5992651427

  • 時代にもよるらしいですよ

    うちの地域は『喪服』は着物です。
    そして喪服は親族のみしか着ません。
    (私の世代でさえ女紋を入れて嫁ぎ先に持って行くのが一般と言われる田舎)
    喪服は親族だけなので葬儀の時レンタルする人が多いし、最近は家族葬なら洋服を着てる人も増えてるとお手伝い(隣近所で葬儀を手伝う田舎)でもよく聞きます。
    親族は葬儀の時は不用意に物に触れてはならないそうなので着物で大人しく挨拶だけしてると習ってます(うちの地域だけ?)
    洋服は礼服と呼んで喪服とは区別します。
    洋服でも他の地域は喪服と呼ぶのかな?

    先日、主人が新しい葬儀用礼服を購入に行きました(百貨店のそう言うコーナー)が私の中では艶消しブラックで黒ければ黒いほど良いのかと思ってましたが
    「今時はそんなことないし、値段が高くても真っ黒ではないものが売れてるし、形も若い人はシングルが主流」と言われました。
    黒は染めるのが難しいので高級で冠婚葬祭用だったけれど時代も違うしね。と。
    ただ黒いスーツは
    「全然違います。1人だと分からない人もいるかもしれませんがみんなで並ぶと直ぐに違うと分かります」
    と言われ注意されました。
    礼服高いですよね。主人のも7万しました。
    会社で着ることもあるので仕方なく買いましたが主人の体重が増えるのを見るたびに
    「着れなかったらどうしよう」と頭の中に礼服が浮かんできます。
    ちなみに私のは若い頃のでちょっと着るのが恥ずかしくなって来ました。
    そろそろ買い直します。

    ユーザーID:3038995974

  • 気づく人がいるかどうか

    私は、親の葬式の時、それこそ急だったので、たまたま持っていた某ファストファッションの黒のジャケットとスラックスで乗り切りました。
    喪服・礼服じゃないと気付いていた人もいると思いますが、幸い、言われることはなかったです。

    喪服うんぬんは日本の伝統文化ではないですから、どのくらい気にするかは主さんがどのくらいの金額を出せるか次第だと思います。
    女性の場合は、アクセサリー類のほうが問題になるかもしれませんね。

    ユーザーID:6444684358

  • スーパーブラック

    正式な喪服は和服なので、洋装の喪服はそれに代わる格式高い物です。
    スーパーブラックと言われるつや消しの真っ黒。ボタン、レース、ファスナーに至るまでつや消しだけれど白っぽくない。それが喪服。

    礼服は単なる黒い礼装です。でも女性で礼服って必要ですか?慶弔兼用と言われても喪服以外に用途ないですけれどね。
    黒い礼装でも喪服規格で作られているので多少色が違いますが、親族の葬儀でも着用可能です。見比べると多少見劣りするというだけですね。
    スーパーブラックを持ってる人の方が少ないかもしれません。
    スカート丈がふくらはぎよりも上にあるようなら配偶者の葬儀には不釣合いですが、お若い方のようなので考慮する事はないかと。

    ユーザーID:7481719908

  • 着てもいいんじゃないかな。

    でも、黒の礼服は結婚式でも着用可。
    ではありますが、多分、女性はあまり着ないですよね。
    華やかな場に、いくらコサージュや装飾品で着飾っても、
    黒は、、、ね。何となくね。とか。

    だったらあえて親族の時でも着られて、
    悩まずに着られる喪服を買った方が良かったのかな。
    とは、思います。

    私も最近、通夜に出席したのですが、
    手持ちのきつくなった喪服だったので、
    ガードルでがちがちにして、頑張って着ました。

    その時に高いお金(1万くらい)を出しても、
    レンタルの方が楽かも。と思いましたね。
    今では、ネットでもレンタル出来ます。

    やはりきちんとした喪服はお高いです。
    そして、あまり出番がありません。

    あなたが買った礼服も、喪主や親族であったなら、
    また悩むところですが、
    正直、弔問客は喪主や親族の服装を見ていません。

    あの人、親戚なのに礼服着てるよ。非常識だ!とは、
    なりません。

    気にするとしたら、
    周りのうるさい親戚筋ではないでしょうか?
    それは各々の家風のことなので、
    他人からは分かりません。

    私は、礼服を着てもいいんじゃないかなと思いますよ。
    私の家はそこらへんはゆるいと思っているので、
    礼服だからいいじゃん。
    と、私だったら悩まずに着ますけどね。

    ユーザーID:4428683114

  • 解釈が間違っています

    喪服は礼服の中に含まれる一部ですから。礼服は慶事弔事全てを含む幅広いジャンルと考えましょう。
    結婚式に全身真っ黒の喪服を着る人は居ないでしょうし葬儀や通夜に色の入ったドレスを着る人はいませんよね。慶事と弔事でのドレスコードは全く別物だと認識しましょう。
    親族だから他人だからという解釈もおかしいですね。弔事に関しては他人でも黒の喪服が常識です。

    思い出したくもないですが、私の結婚式の時に夫の実の姉2人と夫の兄嫁がどう見ても全身真っ黒の喪服で参列してくれました。首に白いパールのネックレスと胸元にコサージュのみ、ストッキングは辛うじて肌色でしたがね。多分、既に持っていた喪服も少し装飾すれば慶事の服装になると考えていたんでしょうね。私の親や親戚はとても驚いていましたけど。

    慶事と弔事の服装は全く別物ですよ。和装ならば慶事には金糸銀糸の模様が入った留袖、弔事には真っ黒の喪服着物を着用しますからね。

    ユーザーID:7539858789

  • ブラックフォーマル

    女性の喪服ですか?
    それは、和装のつまり、着物のことでは?

    トピ主さんが購入されたいのは、洋服ですよね。
    百貨店のブラックフォーマルコーナーに行けば沢山ありますよ。

    ユーザーID:7073922744

レス求!トピ一覧