19歳の老猫が亡くなりました

レス7
(トピ主0
お気に入り7

心や体の悩み

ひろみ

19歳の老猫オスを飼っていましたが、1月18日に亡くなりました。

それまでに何度か原因不明の痙攣なども起こしたり、尿路結石で死ぬ寸前までいったりもありましたが、甦って医師にもびっくりされるほどでした。

痩せ細っていたのにかなり食欲も湧いてよく食べるようになりお腹がプクプク太ってきたなと思っていたのですが

朝ニャーと鳴き声がしてその声で目覚めたのですが、おしっこをしていてそのままハァハァ息苦しそうにして1分もしないまま意識を失くしてしまいました…

腹水になってたのかもです。。

なんで早く病院に行かなかったのか自分に腹が立つのと猫に申し訳なくて申し訳なくて
謝っても謝りきれず…辛くて辛くて写真や動画を見ては泣いてしまいます。。

元気になってきていたのに自分が殺した気になって仕方ありません…

前の日の夜もゴロゴロ喉を鳴らしていて、頭を撫でてまた明日ねと寝たのですが…もっともっと早く気づいてあげられなかったのかなと…

実家で飼っていたのですが、母親がしばらく県外の姉の所に行っていたので年末からそのまま私の元に置いてました。
最期に母親にも生きてる時に会わせてあげられなかったのもすごく後悔してます。
母親は私に看取ってもらえてよかったなと言ってくれましたが…老衰だろうと…
母親も猫は元気に過ごしていると思ってたと思うので…

がんばってここまで生きてきたのに最期にしんだい思いをさせたまま死んでしまったと思うと辛すぎて…

病院に連れて行っていたらもう少し長生きできたかもと…

後悔ばかりで

本当に申し訳なくて辛くて悲しいです。

ユーザーID:1657151747

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
  • 元気になったのに悪化した、のではないです

    人間もそうなんですけど、亡くなるちょっと前の時期、とても元気になることがあります。
    それを、消える前の一瞬ひときわ輝くロウソクの炎に例える人もいます。命の最期の輝きなのです。
    19歳ですよね。他に何かあったかもしれませんが、老衰が主原因と思います。

    病院に連れて行ったら良くなったかといえば、なんとも言えません。むしろ、最期の時に苦痛だけを与える結果になってしまったかもしれないです。
    入院になって主さんの居ないところで亡くなったら、もっともっと可哀そうなことになっていましたよ。

    生き物は、必ず、いつか死にます。
    病院に連れて行ったらもっと長生きできたかも、と考えるのは、ある意味傲慢です。(これがもっと若い猫なら、病院に連れていく選択も間違いではないと思いますが…)

    最期の苦しむ時間が僅かで済んで、良かったと思いますよ。
    お母様に会わせてあげられなかったのは、お母様側の事情なので仕方がないです。

    主さんに看取られて、猫ちゃんにとって幸せな最期だったと思います。

    ユーザーID:7160228670

  • 老衰ですよ

    気にしないでいうのは無理だと思いますがそれが天寿だと思いますよ。
    19年もきちんと飼ってもらえた猫はきっと幸せですよ。

    ユーザーID:3783122101

  • 幸せな猫ちゃんです

    老衰です。
    猫ちゃんは、死期を悟っていたと思います。
    あなたのせいではありません。

    わたしは少し前に、かけがえのない猫を、わたしの判断ミスで、短命で亡くしました。
    死に目にも会えませんでした。

    そんなわたしからすれば、あなたとあなたの猫ちゃんが、とても羨ましいです。

    ……と聞かされたからといって、簡単に気持ちが切り替えられるものでは無いと思います。

    今は、たくさん泣いてください。

    わたしのような者を思い出して、「まだマシだ」、と思ってもらっても構いませんので、トピ主さまが、後悔と自責の念から解放されて、笑顔で猫ちゃんとの思い出を思い出せるようになることを、心から祈っています。

    ユーザーID:9507691496

  • 老衰です

    お母さまには会えなかったけど
    主さんがいて、またお母さんにも可愛がってもらって幸せだったと思います。
    猫ちゃんは感謝してると思いますよ。

    病院に連れて行ったら
    もう少し長生きできたかもしれない
    でも、それは無理に命を長引かせてその分苦しむかもしれない。。

    私も今まで何匹か看取ってきましたが
    高齢の犬や猫の場合は
    病院に連れていくことも負担になりますから
    自然にまかせて、寿命として
    家で看取りました。
    入院させたり、移動中に亡くなったりしたらその方が可哀想ですから。

    高齢のペットの場合はそろそろかなと少し心の準備ができますが
    先日、うちの7歳の猫が突然死しました。
    朝まで走り回ってとても元気だったのにです。
    誤飲したり体が悪かったわけでもありません。
    獣医さんによると猫の突然死は時々見られるそうです。
    でもまだ7歳。今夜は何して遊ぼうかな?とか、自分が死ぬとは思ってない猫は無邪気に過ごしてたはずです。
    それが突然倒れて、、、

    まだまだあと10年は一緒にいられると思ってた
    人間の食べ物が好きで、でも身体に悪いからと与えてなかったけど、こんなに早く死んでしまうなら
    好きな物を食べさせて上げれば良かった
    と色々考えてしまい
    今まで経験したペットとの別れの中で今回が1番辛いです。

    それでも、今までの楽しかった思い出が
    うちの猫も、主さんの猫もいっぱいあるはずだから
    幸せな生涯だったんじゃないかなと思います。

    ユーザーID:7823674234

  • ちゃんとサヨナラできた

    ニャーって鳴いて、目の前で看取れたんですよね。
    猫さん、幸せだったと思います。
    19歳。よく頑張りました。
    私の家にはもうすぐ18歳の猫がいます。
    少しずつ衰えて今はもうほぼ一日寝てばかりです。
    仕事に出かけるときに、帰るまで頑張ってね、っていつも声がけします。

    ユーザーID:1652297228

  • 同じです

    うちも19年で亡くなりました。6年前の2/19です。
    17年めで心臓に血栓が詰まり死にかけ生き返り、その後2年生きましたが最期は眠るように。

    わたしも後悔しました。でも、寿命なのだと、そして、苦しむ姿しんどい姿は見たくないと、それまでは頑張ってほしくて病院で治療してもらっていたが、
    歩けなくなりつつあり
    今までありがとう、もう頑張らなくて良いと言いました。
    そして、それまで苦しそうだったのが嘘のように眠るように旅立ちました。

    何をやってもやらなくても正解はないのだと思います。
    これまで大切に育て過ごされてきたのなら、それで良いのです。
    しばらくはお辛いと思いますがご自分を責めたりすることはないのです。

    ユーザーID:5238170653

  • おととしに虹の橋のたもとに行ってしまった我が家猫は

    我が家へは2,000年にきておととしの夏に虹の橋のたもとへ旅立ってしまいました。
    今思い返せばなのですが、
    家族で”だいぶ辛そうだね”と話していたところ、突然むくっと起きて、
    ”にゃー(お外にだして〜)”と、(居住地では外に出していても大丈夫なところ)
    それで、母が一緒に外にでたら敷地を一回りして帰ってきました。
    その後また調子が悪くなりずっと寝ている日が続きました。
    ある日、あさ兄の部屋から”猫が吐いてるよ〜!”との声。
    ”あぁ、もうだめなのかなぁ〜(涙”と思ってたら、
    外出から帰った父をみて
    起き上がって、”にゃー”と一言発してそのまま眠るように逝ってしまいました。
    父が帰ってくるまで待っていたようでした。

    地域でもかわいがってもらってたのでご近所さんからも、
    ”死んじゃったんだね〜”なんていわれるたびに感謝やらで涙で前が見えなくなったりもしました。

    主様の猫様も看取る人がいて幸せだったと思います。
    今は虹の橋のたもとでのんびりと伸びをしていると思います。

    主様も時々空を見上げてあげてくださいね。

    ユーザーID:6389481459

レス求!トピ一覧