派遣の時給交渉術教えてください

レス5
(トピ主0
お気に入り12

キャリア・職場

にゃん

レス

レス数5

レスする
  • 派遣元に交渉する

    私ではありませんが、ずっと派遣で働いている友人は基本最初の契約外の仕事については、一時的には引き受けますが、継続して引き受けることに関しては基本断るというスタンスです。

    つまり、私はそういう仕事もできるけど、今の時給でそれを継続して引き受けるのはおかしいですよねと言うことです。

    今の職場が気に入っているなら、まず新しい仕事を任されてそれがちゃんと出来るという証明が出来たなら、派遣元に契約外の仕事を任されていますが時給をあげてもいたいとはっきり希望を言う事です。

    こういう事は最初が肝心なんだそうです。
    ただし、友人はただ新しい仕事が増えたという事だけでなく
    明らかに仕事量が増えた。責任が増えてわりにあわないと思った場合です。

    >もし失敗したら思うと二の足を踏んでしまいます。

    もちろん、リスクはあります。
    ですが、それでもかまわないと思っていたそうです。
    まぁ出来る人なので辞めても次があるって思っているのもあるのでしょうが。

    なので、だまって新しい仕事を引き受けて継続するのもあなたの自由です。

    ユーザーID:9589447997

  • 客観的にわかりやすく

    元派遣社員、今は派遣から正社員にしてもらえたアラフィフのおばちゃんです。
    派遣時代、時給交渉は何度もしましたよ。

    更新の2ヶ月前くらいから動きはじめます。
    まずは担当さんに連絡をとり、更新時に時給を上げてほしい旨を伝えます。派遣元によっては増えた仕事内容を文書で提出求めてくるところがあったり、面談/ヒアリングだけで派遣先と交渉してくれるところもあったり。

    一緒に仕事をしたことがない派遣元さんに交渉してもらうんだ、というコトを念頭に、新たに増えた業務の概要、難易度、工数、その業務を請け負うことで、どのように貢献できたのか…などなど。誰が見ても聞いてもイメージしやすいように成果をまとめておきましょう。
    他にも、業務に役立つ何かを時間外で勉強しているとか、当初から担当している業務でも派遣先の当初の想定より工数減らしたとか。アピれるものがあったら上乗せでアピってください。

    今後も継続して時給交渉するおつもりなら、業務の詳細を記録として残しておくことを強くオススメします。

    交渉時のスタンスは、ちょっと控え目に。上げてもらって当たり前…じゃなくて、上がったらイイナ♪上げてくれたらモチベーションも上がって、今以上にすっごく頑張れるような気がする!ってノリで。

    私の場合は上記の戦略(?)で失敗したことは皆無でした。

    時給あがると良いですね。遠いところから応援してますので頑張ってください。

    ユーザーID:2538672702

  • プレゼンテーション!

    希望を通すには、納得させられる説得が必要です。職場の方は、トピ主さんがよくやっていることは理解してくれていても、オフィシャルに賃金を上げる(人事と経理に話を通す)には、根拠を示す必要があります。

    私は直接雇用でしたので、契約更新の際に資料を作り「ご相談なのですが」と、仕事先に向けて提示しました。トピ主さんの提示先は派遣会社か派遣先かという判断は必要だと思います。

    資料はA4用紙を縦半分に分けた比較表にしました。もしくは、右左ではなく、前後に分けてもいいと思います。原則は簡潔に理解しやすく。

    【左欄(または先):当初の仕事内容】
    ・営業事務など大まかな枠だけでなく、実際の業務をある程度細分化して箇条書き。
    【右欄(または後):現状の仕事内容】
    ・上記も入れた上で、プラス英語でのコレポン業務、貿易事務的な仕事。多少細分化して具体的に。)
    ・改善した点などがあれば、それも追記。

    補足資料としては、トピ主さんの給与がもしその業務の派遣の標準より低い場合は、厚労省の業種別派遣標準賃金表(名称は違うかもしれません)や、他社同業種での募集賃金が、客観的な資料として使えます。

    これらを示しつつも四角四面に主張するのではなく、職場に感謝を示し、今後もより仕事の質も上げていきたい…などをニュートラルかつ明確に示せれば、評価されるのではないでしょうか。

    ただ、会社側の事情として人件費にも予算があり、トピ主さんの契約更新と予算編成のタイミングによっては、先方が内容自体を了承しても今回の変更は難しい(予算を確保していないので)、などの結果になることもあり得ます。そんな事情で次回に考慮しますと言われたら、それを待つか別を探すかでしょうね。
    このような事情で希望が通らなくても、ご自身がその職場でやってきた業務の棚卸しになり、今後の役にもたつと思います。がんばってください。

    ユーザーID:7125209886

  • 派遣元に言うだけ

    時給交渉して欲しい旨、派遣元に伝えるだけです。業務量が増えたとか範囲が広がったとか理由とともに。
    ただ、職場にもよるけど時期的に来年度の予算取り終わってたら難しいかもしれないですね。
    年度の途中だと難しい(予算決まっている)企業も多くて、4月からの時給交渉を12月くらいにするイメージでしたけど…

    ユーザーID:4230681632

  • 後ほんの少しで還暦の派遣のおばちゃんです

    最初の部署ではじめから難関なミッションを面談時にトップ複数名から言い渡された仕事内容。
    新人の自分が問題解決へ導けるのかというような。
    そこで問題の発生原因と蔓延化した理由を把握し、現状では3年は変化しないと断言。これを派遣営業者からトップへ伝えてもらいました。

    早々に上層部が処断その部署での役目が終わりましたが、そのまま別部署へ異動で、一緒に移動した外国人に、自分が上長から教わったことを教えながらの仕事内容に。
    各自がそれぞれ客先へ出る直前の検品でサイン記載するため、当然、当初の部署よりはるかに責任が重くなります。
    自分が理解して出来ていないと、教えた相手がほとんど日本語が出来ない外国人では当然間違いが起きますから、かなり難易度が高い。

    仕事を覚えながら教えるわけで、しかも上長は私に任せてさっさと帰宅し後は数時間、次の引き継ぎ時間まで私しかその仕事がわかる人間がいない状態になります。
    部署異動になってから4ヶ月後には、派遣元担当者へ現状報告し、時給交渉の前段階を踏んで、翌月、時給が来月から上がる結果を貰いました。

    本来なら、昨年末あたりには二度目の時給交渉が望める状況でしたが、年末に伝染性の病で10日ほど病欠となり、断念。
    その伝染性の病が無ければ、イッキに大台に乗る予定でした。

    年令、社会経験が必須条件、時給が上る可能性は派遣面談時から予想が出来ました。
    一般的では無い、所謂ミステリーショッパー的な部分があり現場の問題を上に告げ口するのが仕事のようなもの。

    新人派遣に職場の方向性をごっそり変えられるわけだから嫌われます。トップはそんなことお構いなしで問題を切り捨て予定だった為、致し方ありません。
    現部署は居なくなるとその日からある業務が止まります。
    無駄を省き効率が上る進言を他部署含んだ上長会議で進言。
    外部からの人間しか見えない客観性で次の時給交渉へ臨みます

    ユーザーID:7330875285

レス求!トピ一覧