• ホーム
  • 話題
  • 女性患者の入浴介助に男性看護師!患者は我慢すべきなの?

女性患者の入浴介助に男性看護師!患者は我慢すべきなの?

レス173
(トピ主0
お気に入り309

生活・身近な話題

ゆめ

レス

レス数173

レスする
先頭へ 前へ
121150 / 173
次へ 最後尾へ
  • 言うこと自体はありだと思う

    不満を伝えること、お願いをすること自体はアリだと思います。
    でもそれが叶うかどうかは状況次第でしょうね。
    医療の現場は慢性的に人手不足です。
    また介護、介助に関しては力仕事の部分もあり安全性の面からも力の強い男性のほうが良いという判断もありと思います。
    もちろんトピ主の気持ちも大事だし女性としての感情も理解できるところであり非難されるものではありません。
    ただおかれている状況から我慢するべきことがあるのも現実として受け入れる必要もあります。

    ユーザーID:8877649440

  • じゃなんで逆はいいの?

    いままで女性看護師の方に男性は入浴介助されたり下の世話されたりをずっとしてきましたよね?
    それを男性は喜んでいるとでも?
    女性の尊厳というなら男性の尊厳は?

    トピ主さんの考えでは
    男性の入院患者さんは相応の介助をしていただけないことになりますね。
    絶対数がまだまだ女性のほうが多い職場ですから。

    相手はプロです。仕事です。
    男性の患者さん・女性の患者さんだからなんて思って行っている訳ではありません。男性の看護師だった好き好んで女性の介助をしているわけでもないでしょう。(もちろん逆も)

    産婦人科医の男性がありで男性看護師がなしなんて差別以外の何物でもないです。
    そんな偏見の目をむけられても尚、きちんと介助している看護師さんや、目指そうとしている若者がかわいそうでなりません。

    ユーザーID:1351794977

  • 50代女性です

    私はトピ主さんのお気持ちがよくわかりますし、しかたのない面はあるでしょうが、そういう思いを持つことは当然であり、決してわがままだとは思いません。現実的にはまだまだ難しいと思いますが、ロボットなどを使うことによって将来的にそうなるのがベストだと思います。もちろん、男女を問わずです。

    また、産科医とは違うというのもわかります。産科医は自分で選ぶことができるうえに、医療行為に従事しています。一方、入浴介助などに関しては、自分で選ぶことができず、割り当てられることが多いと思います。また、ほとんどの人にとっては日常生活において自分でできていたことです。その違いは大きいのではないでしょうか。職業差別とは違います。

    裸を見られるということだけではなく、自分でできていたことを他人にやってもらわなければならないことに対して、羞恥心を持つのだと思います。いまはしかたなくても、将来的に改善されることを望むのは当然だと思います。

    ユーザーID:2391135136

  • 勉強になりました

    将来自分も男性看護師に入浴介助をされること知らなかったです。
    私も嫌です。
    美容院でも髪を触られていい人を選びますし誰がシャンプーするかで美容院を変えることになるかも。
    それに普段から病院も自分が通うのに抵抗がないクリニックに通うので近所にあっても車で20−30分のところへ行くことが多いです。
    信頼できるお医者さんがいいので。
    介護が生じる場所では何もかも選べられなくなるんですね。
    介護施設の人不足はわかっているつもりでしたが、そういうことなんですね。

    旦那様の立場の方は嫌じゃないんですか?
    と思いましたがこれもよく考えてみれば自分にできないことをやってもらうのに、性別のわがままなんて言ってられないですよね・・・。

    知らないことを教えてくださってありがとうございます。
    と思うとともに、気持ちはトピ主さんと同じです。

    ユーザーID:2112361014

  • 主張するならば自らも態度で示そう

    重労働であるとか、要員シフトの問題だとか、致し方ない理由があるのに、
    自分からは「順番が後回しになってもいい」とか
    「回数や頻度が少なくなってもいい」などという譲歩案が
    殆ど見られないのが残念。

    結局は自分のわがままにしか受け取られないのがこういった姿勢にあります。

    ユーザーID:9649805286

  • 私も

    なーさんと同じ考えです。

    将来、男性に・・・入浴介助されることもあるのだなと 現在、健康な為、考えてもみなかった。
    トピ主の気持ちとてもよくわかります。

    また、他の方の書かれている事も、もっともな事でわかります。

    とりあえず、気持ちを伝える事はいいと思うのでお話ししてみてはいかがですか?

    ユーザーID:9353156438

  • アシモに介助されたい

    病院も介護施設も人手不足です。
    介助ってだれでもできる仕事ではありません。介助されている人に嫌がられていると思えば優しくなれないでしょう。

    私は66歳ですが、同年代の人と話し合う時、人よりロボットに介助されたいという人が多いです。人だとどうしても匂いがあるので近くに寄られたときに難しいです。特に外国人の場合は。

    もっと、介助用のロボットをたくさん導入して欲しいです。ロボットなら同じ質の仕事をどの人にも提供できます。

    ユーザーID:8001900494

  • 施設によって意識が違うのでしょうね。

    人手不足、重労働、病人はありがたいと思ってケアを受け入れろ的な激しいレスまで。
    確かに、入浴介助は大変な労力を使いますし、その間、他の担当患者に関われないのでチーム内での協力、調整が必要となりますね。

    でも、ありがたいと思え!我儘言うな我慢しろ!とは思えない。
    そこに重点が行く医療スタッフは、職場長や指導者がそういう意識の持ち主なのでしょうね。
    綺麗事と言われても、患者は病人であり自力でお風呂にも入れない辛い立場である事、羞恥心も自尊心もそれは健常人とは変わらないと言う事を忘れてはならないと思います。
    看護論の基礎中の基礎ですよね。
    重労働で大変な職場である事を解ってでの上で選んだ仕事ではないのでしょうか。
    誰もがトピ主様と同じ境遇になる可能性がありますが、どれだけの人がへっちゃらだわ!って思えるのでしょうね。
    トピ主様はきちんと不満を伝えて、できる限り要求が満たされるように相談してみて下さい。

    ユーザーID:6149755819

  • 希望は自由

    ただし、物理的な制約はある。
    限られた時間と人員のなかで、希望を言えば選択肢が狭まるのは当然。

    なので、必ず女性に介助してもらうなら、日時や回数の希望が受け入れられなくても仕方がない(受け入れろってことは、介護する人に負担増をさせろということだから)

    配慮したくても物理的に無理ならば、譲れないところ(同性)のかわりに譲るところ(日時の希望が通らない、入浴回数が減るなど)も考えないとダメなのでは

    じゃないとそのうち「あそこには介助にいきたくない」になりかねませんよ

    ユーザーID:8914589916

  • 10代20代も

    私はもう仕方ないと理解できる年齢だけれど
    10代20代の娘息子はそういう状況になったら辛いだろうなと。

    希望を出せる病院を選べたり、
    個人的に介助者をお願いできる怪我や病気ならいいけれど、
    現状では年齢性別関係なく覚悟が必要なのでしょうね。

    ユーザーID:2742565989

  • 誠実にお仕事をされている看護師さん

    主様や、主様に共感されている皆様のレスを拝見して、
    正直、驚いております。

    お仕事で入浴介助をされているのに、
    そこまで抵抗感を持たれる方がいらっしゃるとは。

    尊厳とありますが、
    誠実な看護師さん達のお仕事に対する尊厳はないのでしょうか?
    汗をかいて、力を使って、入浴介助をされるのは、
    尊いお仕事ではありませんか?

    とはいえ、先日、伯父が入院した時に、担当が男性の看護師さんでした。
    退院時の挨拶で、姪が、
    「私も事故に遭った時に男性看護師さんで、恥ずかしかった!」
    などと言うものですから、
    急に看護師さんの顔が曇って「よく、そう言われるんですよね」と苦笑い。
    ちょっと待った!と、おばちゃん(私)が、
    「仕事に男女はありません。頑張って下さい」
    と、言ったところ、ニッコリと、うなづいてくれました。
    姪は、世間知らずというか、昔から、ちょくちょく、そう言った発言の多い子で、
    すみません。

    不埒な事件も有り、ご心配かと思います。
    その旨は病院や事業者に伝えて良いと思います。
    ※必ず、女性を立ち会わせるなど。

    ちなみに、私は51歳です。
    子供の頃から、病院に掛かっていて、
    医療関係者のプロフェッショナルな姿を見てきています。
    医師・技師・看護師・・・
    どうぞ、誠実にお仕事をされている看護師さんを傷つけないで下さい。

    ユーザーID:5854969246

  • 言ってもいいと思います

    医療従事者です。
    検査だって男性、女性技師を選べるくらいですから言っても全然いいと思います。
    検査の場合も女性患者からのクレームが全国に広まっていったのですよ。
    その時も医者はいいのになぜ技師はダメなのかという話になりましたが、
    結局男性技師の仕事が制限される結果になってしまいました。
    でも病院としては患者さまの安心が第一だと思いますし、理解もできます。
    男性看護師も増えてきていますし、男性、女性でシフトを分けるのは難しいので毎回とはいかないかもしれませんが、是非伝えてください。
    恥ずかしいのは人として当たり前だと思うので、我慢しろはないですよ。

    ユーザーID:5785227963

  • 入浴しない選択もあるのでは?

    女性だから男性看護師が嫌なら、男性の患者さんは?

    男性看護師が嫌なら、女性看護師がシフトで入るまで入浴を待つ、もしくは転院されたらどうしょうか?

    私も女性で、通院入院しないといけませんが、男性だなら嫌、女性が良いなんて贅沢は言いません。

    ユーザーID:4606778913

  • 需要と供給

    需要はあると思います。しかし、保険診療でそれをまかなうには

    ・入浴介助のためにスタッフ増員する人件費が足りない 
    ・機械浴のための設備費が足りない

    など、供給(予算)に難があり難しいと思います。かといって、そういう要望が出るたびに予算を増やして医療保険や税金を増やすわけにもいきませんよね。

    例えば出産では、産院によっては豪華な食事や行き届いたスタッフが期待できますが、あれは保険診療のしばりがありません。

    同様に、快適さを追求するなら、自費で訪問入浴サービスを使えるところ、機械浴設備のあるところなどを探すか、女性看護師に頼める日に清拭で済ませてはどうでしょう。

    単なる寝たきりの入浴も大変ですが、ふらつく人が転びかけたのを支えるには、小柄な女性では無理ですから、安全面を考えたら男性看護師が入るのは仕方ない(でなければ入浴させられない)ということでしょう。だから、入浴しないという選択が妥当で、女性看護師で入浴したいというのは供給の方の条件が合わないと難しいと思います。

    ユーザーID:9067926713

  • う〜ん

    嫌だ嫌だと言ってる人は
    相手が喜んで介助してると思ってるんですかね?
    キツい言い方になりますが、業務としては一番嫌な仕事だと
    思いますよ。男性の介助の方が体力的には辛いけど
    何倍もマシですよ、妙に意識されるぐらいなら。

    お互いに嫌なのだから、本当はそれがマッチングされないように
    業務形態を変えるのがベストだと思いますが
    いかんせん人員が少ないので、それも難しい。

    例えば、そういう将来が嫌だ…と仰ってる方々が
    互助会のようなものを作って、請負でもボランティアでも
    やってみたらどうでしょう?そうすれば将来自分が介助される身に
    なった時にも安心ではないでしょうか。

    ユーザーID:0406082130

  • 空いてる時て

    空いてる時で何時でもいいと伝えてなら、やってくれるかもしれません
    もしくは、やはり清拭でいいと思います。それなら、タオルでやってくれると思います

    ユーザーID:1408108453

  • 50代はまだ若い

    トピ主さんのお気持ちよく分かりますよ。確かに恥ずかしいですよね。普通の感情であり責められることではありません。
    ただ、補助して下さる男性もお仕事ですから、変な感情はないと思いますし、ありがたいですよね。

    でもそこが悩みどころです。誠実に介助して下さる方に対して嫌だと思うことの罪悪感と若い娘ではないのに恥ずかしがることが批判されるのではと思う気持ち。両方あって当然の感情です。悩むのが普通というか、そう思う人は多いと思います。
    それを何を言っているんだと非難する人が怖いです。

    男性が女性から介助されるのはいいのかって問題も、それは長い歴史が当然だと思わせているわけです。男性だって恥ずかしい気持ちがあるのは分かります。でも、半ば今までそうだったから我慢するしかないって気持ちでそうされてきたのだと思います。
    男性の介助者がつくようになったのはまだ歴史が浅いわけで、それに対して違和感や嫌悪感を抱くのは当然でしょう。これから新しい歴史が始まるときです。以前は恥ずかしかったことが、今では当たり前になってきた‥そういう変わり目の時なのだと思いますよ。

    トピ主さん、お気持ちは分かりますが入浴してさっぱりできると思ってここは開き直りましょう。

    ユーザーID:6393512961

  • 訪問入浴サービス、または差額入浴

    長期的には、病室へ理容師さんに来てもらうのと同様、院内で一般の訪問入浴サービスを頼み、そこで同性の人を頼めればいいのではと思います。

    あるいは、差額ベッドと同様、差額入浴システムを作ってもらい、お金を余計に払う代わりに同性看護師の対応にするのもいいかもしれません。

    病院食は国から値段が決められているので無理ですが、病状に直結しない尊厳については、差額を払って快適な環境を揃えられるようにしてもいいかもしれません。

    ユーザーID:4189557410

  • ただの職業差別じゃん

    その屁理屈でいうとすべての男性医師もダメですかね。
    だって粘膜やら内臓、レントゲンも見てもらう。
    夫にも見られてないとこみられるんだもの。
    とっても恥ずかしい。

    男性医師もプロですし
    男性看護師だってプロですよ

    絶対に女性でないとダメというならば、すべてに対応した病院に転院を考えてみてはどうでしょうか

    ユーザーID:2092820846

  • 悲しいですね

    48歳ですけど、50代ってまだ体つきは若いですよね?それで入浴に男姓が付くなんてあり得ることにびっくりしました。
    お腹の大きな妊娠中に、下半身だけカーテンの向こうで医師に診察されるのとは違います。
    意識も体つきも普通の状態で、すっぽんぽんで男姓の前で過ごすってことですよね。

    だって女性は好き好んで男性の裸体の写真をみたりしませんが、男性はします。そういう背景があります。
    もちろん介助の人がそういう目でみていないのはわかりますよ。でもこちらが不快でも我慢するしかないなんて。悲しい現実知りませんでした。

    ユーザーID:8206952665

  • 入浴を控えては

    入院中は必ず介助入浴というわけではありません。自力で入れる人は介助なしで入浴します。

    トピ主さんは、ふらつくから、いざという時に支えられる男性看護師が介助につくのでしょう。つまり、そういう体調なんです。

    入浴するのを控えては。入浴したら病気がグングン治るというものでもないし、体を拭くだけでも過ごせますよ。

    看護師は、皮膚の状態、筋力の低下具合、歩行時のふらつきなど、担当医よりずっとよく観察している専門職です。看護助手ではなく看護師が、それも男性看護師が介助につかないと危険な体調ということで、それでも入浴したいか考えてはいかがですか。

    「その状態で」女性看護師の介助で入浴させろというのは、なかなか難しいと思いました。

    ユーザーID:4189557410

  • うーん

    >だって女性は好き好んで男性の裸体の写真をみたりしませんが、男性はします。そういう背景があります。
    かなり偏った考え方だと思うので、もうちょっと寛容になりましょ。そういうカタにはまっった男女論が世の中を生きづらくしてるかもしれませんよ。男だから女だからじゃなくて、「人」というくくりで考えた方が世の中良くなる可能性が高いと私は思います。

    >悲しい現実知りませんでした。
    トピ主様も、その他の女性も「異性に介助されるのは恥ずかしいことだ」と気づいたんだから、その悲しい現実を知った後からなお、「女性の入浴介助は女性で!」と要望するのではなく「同性介助を目指しましょう」を要望していく方が良いと思うんですよね。 男女は違うから女性は〜という主張はやはり同意出来ないな。

    ユーザーID:2086666749

  • お金で解決できるなら

    お辛いでしょうが、割り切るしかないと思います。
    婦人科の医者は局所にカーテンがあったり布で隠したりしても、お風呂よりも処置はもっとずっと強烈ですよね?!それと比べ物にならないでしょ。女性医でも嫌だから、私は最近子宮癌の検査はしていません。本当にあれは辛いです。
    だけど入浴だったら私は全然OKだなぁ。アラカンだけど、20代でもきっと気にしなかったと思う。相手は仕事でお互い他人だし。

    入院でなくても、マッサージやエステで異性はよくありますよ、海外でもそうだったと思う。
    アカスリなんて男性客に女性スタッフがするのが普通じゃないですか。
    マッサージやエステは男性は嫌だといえば替えてくれる所が多いですよね。指名料取られることなくしてくれましたが。

    高齢者の介護施設でも男性介護士での入浴を嫌がるかと思ったけれど、母は割り切っていましたよ。
    もしどうしても嫌ならば、女性の介護士を雇って風呂だけ介護して貰えば良いのではないでしょうか。
    自宅介護で自分の父親や息子に介護してもらう場面も出てくるかもしれません。知り合いの異性は余計辛いかもしれない。だったら介護サービスを利用して入浴を助けて貰う方法もあると思います。それと同じで、お金で解決すればいいのでは?

    ユーザーID:3235674422

  • 我慢する必要はない

    介護現場にいますが、高齢になっても女性は女性として対応しています。もちろん男性介護士もいます。でも女性利用者さんが男性だからと言う理由で介助拒否した場合はすぐに交代します。一度拒否があると男性は付かないという対応をします。介護現場の場合は男性介護士と知り合いになって仲良くなれば、彼ならいいよと言う状況にもなりますから受け入れてくれるまで気長に待ちます。

    利用者さんの中にはご主人以外の男性に肌を見せたくないという人もいるし、過去に男性から性的ないやがらせを受けてトラウマになっている人もいます。そういう人には配慮して他の女性の希望は聞かないのは不公平です。

    男性職員だけ排泄介助や入浴介助を逃れられるのか?と思うかもしれませんが、相手の身になって考え対応するのが優先されるべきです。中には性別関係なくお気に入りの職員のみを希望する人だっています。看護師を傷つけるなという意見もありますが、介助を仕事としていて色々な人を見ているプロなら傷つけてはいけない相手は職員じゃなく患者の方だと理解しています。

    ユーザーID:1442950805

  • 仕方ないと思います。

    そんなに嫌なら担当看護師の性別を希望できる、スタッフ数に余裕がある病院に変えるか、入浴を我慢するしかないんじゃないですか?

    私は現役の看護師ですが、
    忙しい業務の中でそのような事を言われると
    ”面倒な患者だな"と思います。
    ごめんなさい。でもこれが本音です。

    50代女性の入浴介助を敢えて男性看護師が実施しているんですよ?

    患者の年齢によりますが、
    女性の入浴や更衣の介助は基本的に女性が実施するよう配慮される病院が殆どだと思います。
    50代なら配慮される対象でしょうね。

    そこを敢えて男性看護師が行っているんです。
    女性看護師が実施しようと思えば介助に2人必要ってことです。
    忙しい中で2人も時間が取られるのは困ります。

    もう一度、ご自身の体の状態を見直してみて下さい。

    多くの看護師が、元々は“人のために頑張ろう“と思って看護師になり、仕事を頑張っているのは患者さんのためでもあります。(※そうでない看護師もたくさんいますし、働くのはお給料のためでもあります。)
    ですが、患者さん達が思っている以上に看護師の労働環境は過酷で時間に追われています。だから1人の患者さん中心には動けないんです。

    これを読んで不快な気持ちにさせてしまったらごめんなさい。しかしこれが現実です。

    ユーザーID:6630816779

  • 当たり前の気持ち

    お気持ちは分かります。介護では本来同性介助が基本です。でも、介助と看護は別として、異性介助が常識になっているのかなとも思います。介護の現場では、人手不足でなかなか同性介護ができません。
    異性は嫌なので、女性看護師対応にして欲しいと言ってみていいと思います。
    異性は嫌と思うのは当たり前ですから。

    ユーザーID:9126331378

  • 男性の産婦人科医

    >産婦人科医が男性というのとはまた意味が違うと思う
    どう違うのでしょうか?

    数の話ですか?
    産婦人科医に限らず、医師には男性が多く、看護師には女性が多いと言うイメージはありますが。

    医師や看護師は、男性とか女性ではなく、医師、看護師と言う「存在」だと思ってしまうのがいいのではないかと思います。

    >こちらの恥ずかしいという気持ちはくみ取ってはくれないのか
    あちらにも、男性にせざるを得ない事情があるのだと思います。
    人手が足りないとか、一番の理由は男性は女性よりパワーがあるからではないかと思うのですが。

    風呂場って濡れているので、それ以外の場所より滑って転んだりバランスを崩しやすいです。
    ましてや、トピ主さんはふらつきがあるとの事。
    だから、ふらついた時に転ばないよう、倒れないよう、女性より力がある男性看護師なんじゃないですか?

    介助する当人はどうか知りませんが、異性に風呂の介助をしてもらうのは恥ずかしいと言う気持ちは、現場を仕切っている人間には分っていると思います。

    その上で、患者さんの安全を考えて、男性の看護師なのだと思います。

    トピ主さんはまだお若いですが、高齢者になると転んで骨折して入院や治療の為に動けなくて、治ってからも動けなくなってそこから徐々に弱って何れは死に至るなんて、珍しくもない事ですし。

    私個人の考えですが、尊厳なんて命があってこそ言える事だと思います。
    尊厳より守らなければならないのが命だと思います。

    ユーザーID:3858313476

  • 病院・看護師への精神的圧迫

    希望を言うのは自由ですけどね。。

    病院がまったく配慮していないとでも思っているのですか。

    それでも、忙しい病院、医療崩壊しかけている地域では、配慮を求めることにより病院や看護師を精神的に圧迫することに繋がります。

    希望をかなえたいのなら、配慮する余裕のある病院を探しましょうよ。

    看護師が集まらず、パンクしかけた病院に入院しておきながら「配慮しろ!」は我儘だと思います。

    ユーザーID:9196842157

  • 昔は

    男性の患者から「女なんて信用できない、男の医者に代わってくれ」みたいなことを言われ、裏で泣いている女性医師をよく見たものです。10年以上経験があっても「女」というだけで、研修医に毛が生えた程度の男性の方が信用されるのだから、それは辛かったでしょう。

    今の時代、男性の看護師や介護士が増えたことで当時と同じようなことが起こっているのだと痛感しています。

    もちろん、羞恥心の問題があるのは分かります。が、根本になるのは同じ、職業差別です。男はいいけど女はダメ。その逆も然り。相手をプロとしてではなく、性別で判断してしまう。

    医療はサービスの一種ではあっても、サービス業ではありません。患者はお客様ではなく、患者です。今の時代、病院も患者満足度を重視せざるを得ませんが、それはサービス業の顧客満足度とは違い、医療のレベルや安全性など、本質的な部分であるべきです。

    命に係わる状況なら誰も性別では判断しないのに、命と関係ない部分では様々な要求を求められます。その両方を満たしていたら、どれだけのコストがかかるのでしょう。病院は命に係わる状況を念頭に置いて、限られた人員で最良の体制をとっているのです。

    言ってはいけないのでしょうが、「患者様は神様です」みたいな揶揄が囁かれるのも、「モンスターペイシェント」なんて言葉が生まれるのも、そういう患者が増えたからです。トピ主がそうとは思いませんが、病院の事情も考慮してもらいたいものです。

    ユーザーID:1376590185

  • 感想です

    なんだかちょっと、失望しました。

    尊厳とは、その人の意思や品位が損なわれないこと、当たり前のことが当たり前にできること、屈辱的でみじめな思いを強いられないことだと思います。そして、ケアの提供をする立場の方々は、尊厳について学ばれているはずです。実際、多くの病院の看護部は、患者の尊厳を大切にとか寄り添うケアを重視しますとか、そういう理念を掲げています。
    なのに、ごくごく当たり前の「異性にお風呂の介助をされるのは恥ずかしい」という気持ちが尊重されず、まさに屈辱的でみじめな思いを強いられなくてはならないとは。
    それでいいんですか? 「大変なんだから我慢して」「世話される立場でわがまま言うな」で終わっていいんですか? 現場に各種の事情があるとしても、「恥ずかしい」と思う気持ち自体が理解できないはずはないでしょう。私はむしろ、こういった心の面に寄り添っていける存在であるということこそ、看護師の専門性と理解していたのですが。 

    もちろん、トピ主さんのふらつきは、どうしても男性がケアしなければならない必要性があるようなものなのかもしれません。ですが、それならそうと説明して了解を得るべきです。それが最低限の、本当に最低限の、相手の尊厳に寄り添おうとする姿勢ではないのでしょうか。

    ユーザーID:8467579550

先頭へ 前へ
121150 / 173
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧