お受験はしないけれど進学塾

レス23
(トピ主1
お気に入り20

趣味・教育・教養

低学歴母

レス

レス数23

レスする
  • 高校受験を見据えて対策を

    高校受験に狙いを定めているということですよね。
    でしたら、いわゆる中学受験に特化しているような進学塾には、行かせてもさほどメリットはないと思います。
    どうしても塾をと言うなら、小学校5年くらいから、難関私立、国立、トップ公立高校を狙う子のための塾があるのでそういうところのほうがいいのでは?

    聞くところによると、都立のトップ高から難関国立大学に入るような子は、難関私立や国立を蹴って都立を選んで来たような層だとのこと。

    でも、個人的には小5から高校受験のための塾に行く必要は無いと思ってます。
    経済的な理由なら、大学も国公立を狙ってほしいですよね。でしたら、中学受験をせずに余裕がある小学校時代は、なるべく、図書館などで本を読んだりコンクールに応募したりしながら理科社会の知識や興味を育てたほうがいいと思います。
    と同時に、英語をどんどん先取りさせてはいかがでしょうか。高校受験も大学受験も、文系理系にかかわらず英語の実力が物を言います。

    これもお高い英会話スクールに最初から通わせるよりも、Eテレなどで英検に興味を持たせ、本人にやる気と向上心が出てからその後のことを考えてみるといいかもしれませんね

    ユーザーID:5513119970

  • 無駄です

    進学塾は基本受験対策です。
    公立から高校を目指すのであれば普通の学習塾いいの方がいいです。
    記念受験も意味ありません。
    お子さんが可哀そうです。

    ユーザーID:9090687995

  • おすすめしません

    うちも中学受験する気はなかったのですが、大手塾のお試し模試みたいなのを本当にお試しのつもりで受けさせたら、特待生制度で1年間授業料無しで良いというので、タダならまあ無駄になるものでもないしなんて思って通わせました。

    でもやっぱり受験用の塾は内容も難しいし、親が本気で取り組んで宿題とかスケジュール管理もきちんとできるのでないとダメなんだなということを学んで1年で辞めました。結局子供がかわいそうなんです。何をしに通っているのかという目的意識や合格したら〇〇というモチベーションもなしにやり続けられるほど甘いものではないといいますか。悪くしたらむしろ勉強嫌いにしてしまいかねないですね。ちゃんと6年生まで通ったら費用もかなりになりますし。

    辞めてからは、うちのあたりには補習塾みたいなのはなく受験塾ばかりだったので、通信教育をやらせました。これも(もちろん子供によりますが)親がきちんと見てやって、課題を出すよう働きかけをしないと無意味になりますけどね。

    高校受験からなら小学校のうちはまず毎日一定時間机に向かって学校の課題をきちんとやったり、プリント学習や通信教育をやったりするので十分だと思いますよ。勉強する習慣づくりといいますか。
    そのうえで、中学校に入ったら勉強のやり方を教えてもらうのも兼ねて塾に通うと良いと思います。

    ユーザーID:7396030204

  • 限りある時間とお金は有効に

    塾に通うのはいいと思いますが
    わざわざ私立中学のための記念受験のために通わせるのは
    意味がないと思います

    お月謝厳しいならなおのこと

    そのお金で、私立中学は無理でも私立高校や大学からは考えたほうがいいです
    公文とか通信教育とか今は学びの場がたくさんありますよ

    ユーザーID:1381428998

  • 私立進学出来ないなら、止めてあげて下さい

    我が家は6年の9月で中学受験を止めました。
    受験塾で学んだことは決して無駄ではなかったと思います。
    公立中学でよい成績を維持出来ているのも、勉強のモチベーションがあるのも、受験塾で切磋琢磨して努力をしたお陰だからです。

    ただ初めから私立進学をしない前提で受験塾に通わせるのは、お子さんには酷だと思います。
    周囲の子供たちはみんな私立中学受験を予定していますし、塾からは志望校を出すように言われるでしょう。



    他のレスでもおっしゃってますが、英検取得を目指せる塾はいかがでしょうか。
    あとは学校のカリキュラムをしっかり復習出来る問題集や通信教育などを利用して、小学校の教科書レベルを完ぺきにしておく事ですね。
    また定期的に公開模試を受けるとお子さんのモチベーションに繋がります。


    中学で高校受験の為の通塾、
    高校で大学受験の為の通塾、
    どちらもかなりのお金がかかります。
    お子さんに大学進学を目指させたいなら、掛けるべき時にしっかりお金をかけてあげた方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:9650390904

  • 無駄です

    子供も私も中学受験経験者です。

    高校を見据えるのであれば、中学受験塾は無駄ですね。
    中学受験には特殊算数が要求されますが、中学で習う数学で
    それは解消されてしまいます。

    子供の学力を鍛えるのであれば、いろんな経験をさせてあげること。
    思考能力を鍛えることをしたほうがよいかと思います。

    ただ、計算能力だけは小さいうちから鍛えておいたほうがよいので、公文やそろばんのどちらかはしておくのはとても有効かと思います。

    ユーザーID:1373106648

  • 中学受験塾は必要なし

    私立中学に通わせないと決まっている場合、中学受験の塾はおすすめしません。自分だけ受験をしても通えないのは、お子さんに悲しい思いをさせることになってしまうからです。

    それと、塾は勉強を教えてくれますが、勉強は本人の意志が一番の胆です。勉強を楽しく頑張れる子にすることが、塾に通わせるより重要です。

    もしお子さんが低学年でしたら、他の方もおっしゃるように読書がおすすめです。
    我が家は中学受験をしましたが、低学年は図書館、科学館、沢山通いました。
    児童書や図鑑、宇宙や化学や歴史など好奇心に刺激の種を蒔くことが、その後の学習を楽しむことに繋がると思います。
    塾に通わなくても、パズルのような楽しい算数の問題集などもあります。ボードゲームで頭を使うものもあります。お子さんが気にいるもので、上手くやる、最後までやり遂げる、という達成感を感じられたらいいですね。

    高学年でしたらそれらに加え、学校で英語を習い始めていると思うので、英語もおすすめです。
    公文は幼児から、お母さんが教えてあげられなくても習えるようになっているのでトピ主さんにも負担がなさそうです。

    たまに、塾に入れれば塾がやってくれる、丸投げでいいと思っている人もいますが、小学生の場合、共感してあげることがとっても大事です。どんなことをやっているのかなぁと興味をもってあげて、一緒に楽しんで下さいね。

    ユーザーID:0482950518

  • 何年生か分かりませんが

    6年生だと年間150万位かかるって言われてますよ。
    中学受験用の大手は。


    公立で進学していくのなら、公立中学進学対策の塾に入れてあげるか、英語の塾に早めに入れてあげると中学校生活に余裕が持てると思います。
    お子さんのことを考える気持ち、よく分かります。
    ならば無駄な方向で頑張るのではなく、より効率の良い方法を考えることが重要です。
    私は子供は私立と考えていますが、子供が幼稚園の頃、小学校高学年のお兄さんお姉さんを持つママ友達から公立中学校の情報や高校受験の情報なんかも入ってきました。
    そんなお友達がいるなら情報収集していくと良いと思いますし、公立中学対策の塾なら高校受験の情報も持ってると思いますので、よく相談できる塾を探すのも手だと思いますよ。

    ユーザーID:6984018879

  • 時間もお金ももったいないです

    それなら、池上さんのニュース解説とかEテレの英語番組とかを録画して観る方がずっと役にたちそう。

    英語だけは近くに安くていい先生がいらっしゃれば通うことをおすすめします。

    家族で漢検や数検、文章検にチャレンジするとか(別に受けなくてもOK)
    簡単なドリルをするとか
    新聞を読むとか(まず親が読んで、こんなことが書いてあるよ、とお話してあげる)
    4コママンガを文章化するとか(国語力つきますよ)
    ニュースをみて内容を語り合うとか

    あと、今日学校で習ったことをママに教えてぇとお願いして語らせると、学習が定着しますよ。

    漢字だけとか計算だけとか縄跳びだけとか、何かひとつ得意ができると、他も伸びます。

    ユーザーID:7904758976

  • やる気が出るならいいと思います

    知り合いの子供で、行かないけど私立中を受けてみたいというので、一緒に中学受験用の問題集を解いたことがあります。
    この先必要ない知識問題もありましたが、学校、教科書ではお目にかからない問題をたくさん解いて、楽しそうにしていました。
    無事受かりましたが、普通に公立中に通っています。

    塾に通うかはともかく、普通なら知らない世界を知るのは、いい経験になると思いますよ。

    ユーザーID:0148554307

  • さとさんに同意

    さとさんに同意です。
    公立上位高校を狙う小学生向けの塾があります。

    今の時間のある時に本を読むこと。
    うちの子は低学年からかなりの本を読んできましたが、最近は漫画を覚えてしまったので読書量は頭打ち。そこで英語に切り替えました。
    国語の力があるので英語も真剣です。英語を聞き取る力は単純に聞いた時間に比例します。今のうちに英語でアニメを見ると良いでしょう。「今、ピッツァって聞こえた!」それだけでも十分です。

    中学受験専門の塾はひとまず忘れてください。

    ユーザーID:4128421543

  • 公立から最難関大

    トピ主さん、中学受験用の問題集を書店で見てみましょう。そして、自分でやってみたらいい。

    ほぼ、高校受験には無駄だとわかります。

    普通の問題集では退屈でーというなら、小5用くらいまで中学受験用問題集をやって、公立中学の英語でも先取りしたらいいです。

    高校受験を目指す子は、うちの地域なら小4の終わりくらいから、高校受験の進学塾に通います。
    うちの子供もそうです。そこで、偏差値70以上キープ、トップ公立高校が目指す道で、トップ公立で50番以内なら、東大京大国立医医です。

    高校受験進学塾ですが、最終的にトップ公立に行く子は、入った時からトップグループです。下からジワジワという子は殆どいませんでした。中には中2の終わりからという子もトップ校に行きましたが、その子は入塾前から大手通信教育の一番難しいコースで優秀だったそうです。

    我が家も、幼児教室に始まり家庭学習をきっちりやらせて、入塾当初からトップグループでした。

    高校受験とはいえ、早くから対策している家庭は少なくありません。

    ユーザーID:1210315174

  • いや、みじめでしょ。

    お金がないので私立に通うことはできない…
    周囲は皆、目標を持って中学受験。

    これ、みじめじゃないんですか?

    やる気が出るならいいっておっしゃってる方もいますが、いやいやいや、お子さんの立場に立ってみたらかわいそうでしょ。

    そもそも、金銭的に塾も続けられるか分からないってことですよね??

    何もかもわざわざみじめを実感させる方向に持っていかなくてもいいじゃないですか。

    私立中学はお金に余裕がある人が行かせるところです。
    受験塾はそのための塾です。

    お友達が夢と憧れを持って「どこそこの制服がかわいい」とか「学校がキレイ」だとか言いながらどこ行きたいとか相談し合ってる中、どこにも行けないことをわざわざ実感しなくてもいいじゃないですか。

    勉強は大切です。
    でも勉強するだけなら(させるだけなら)参考書でも家庭教師でもいいはずです。

    身の丈に合った無理のない範囲でやりましょうよ。

    記念受験?合格しても行かせないわけですよね。
    お子さん泣きません?頑張っても、合格しても、行かせてもらえないって…鬼ですか。

    お子さんがかわいそうです。

    ユーザーID:9795723302

  • 中学受験は特殊な勉強

    成績別にクラス分けがされて、深夜まで、小学校では習わない、塾の教科書の勉強漬けになります。そんな生活を、お子さんは望んでいますか。相当キツいですよ。

    それに子供一人では無理です。
    高いお金払っているんだから自分で何とかしなさいという訳にはいかないです。
    親が多少は教えられるか、一緒に考えるか出来なければ続けるのは難しいです。

    それなのに、最初から記念受験のためにだけに通う。
    塾代を払うのが大変。
    そんなに甘く考えていたら、傷つきに行くようなもの。

    少子化の時代、出来る子なら、高校、大学受験からでも良い大学を選べます。
    勉強の習慣をつけさせて、中、高になって、自力で道を切り開いていけるようにさせてあげた方がずっと効率的かとは思いますが。。。

    大手塾は、入学時には生徒は全員ウェルカムですから、どれだけ月謝が高いか、どれだけ高度な学力が求められるか、経験してみても良いとは思います。

    けれど、通わなかったら代わりに海外旅行へ行けたのにというくらい、とても贅沢でヘトヘトになる経験かと思います。

    お子さんがもし中学受験塾で好成績なら、それで中学受験はさせないとは親として言えない程、苛酷な体験ですので、小学校のクラスで一番になる勉強を目指す方がお勧め出来ます。中学受験のための勉強は、それとは全く違う勉強です。

    ユーザーID:5677399687

  • モノを言うのは

    最終学歴。
    今は何事にも変えがたい思い出を作って下さい。
    中学受験する気もないのに
    大切な子供時代を通塾に費やすのは馬鹿げています。
    子供時代の楽しかった思い出が人間を作ります。
    今はその時期でしょう。
    その体験から進路が決まってくるかもしれない。
    中学受験はその進路を逆に狭めるかもしれません。
    だいたい、中学受験させる親って
    あなたみたいなコンプレックス持っている人か
    自分が中学受験していい思いをした人しかいない。
    どちらにせよ、親の視野が狭い場合が結構多いです。
    今は大らかでもいいと思う。
    いい加減な親の管理が子供の可能性を潰さない事もあります。
    中学受験しないのならば。

    ユーザーID:1467941243

  • 中学受験塾ではトピ主さんの希望はかなわない

    私立中に通う子を持つ親として、進学をしない前提で中学受験塾へ通うことはおすすめしません。
    トピにある「学校以外で勉強の知識を増やす」のは博物館や科学館、自治体が夏休みなどに開催する実験や体験教室の方が適していますし、「高校受験へ向けての受験を体験してほしい」なら英検や数検の方が役立ちます。
    役立つ、というのは英検、数検は規定の点数を取れば合格、中学受験は定員に合わせて点数の高い順に合格と違いはありますが、その分英検や数検の方が合格しやすく達成感が得られます。
    この「対策して勉強して合格して達成感を得る」経験こそ、トピ主さんがお子さんに対して望むべきものかと思います。

    そもそも、私立中で低学歴が回避できるとも言い切れません。
    中学によっては系列大学に行くことが大半で、その系列大学にも様々なレベルがあったり、すでに他のレスでご指摘がある通り、公立にも良質な教育を受けられる進学校は十分あっていわゆる高学歴とされる大学に進学する子もたくさんいます。

    我が家が中学受験をしたのは、中学入学後卒業までに転居が決まっていて転校させたくなかったからです。
    中学受験塾は確かに授業も面白く子どもはとても楽しかったと言っています。ですが合格するために(学んだことを身につけて答えさせる)テスト対策にも相当の時間とお金がかかります。
    受験しないから気楽に通えばいいという考えが通用するとも限りません。
    塾内の成績がふるわない場合、お子さんが自信をなくしたり勉強嫌いになる可能性もあります。

    今はまず、学校の宿題で毎日机に向かう習慣を身につけて時間のあるときに科学館などへ行ってみましょう。
    お子さんがそれ以上を学びたがるなら通信教育を始めるか公立高校受験向けの塾に通いましょう。
    中学入学後に勉強が嫌いでない子、体験や検定などを通して学びを楽しめる子に育てるのが大切かと思います。

    ユーザーID:5116840589

  • 今は塾に行かないで・・・

    こんばんは!夏休みの講習会程度しか行かないで大学まで進学しました。
    受験を体験し、落ちたら悔しいことを体験してもいいので中高一貫の公立や国立大学付属中が通える範囲にあれば受けてみてもいいと思います。
    落ちる体験も高校入試の準備に無駄ではないと思います。

    ユーザーID:8457957383

  • トピ主です

    みなさま、たくさんのご意見をありがとうございました。
    とても参考になりました。 勉強イコール進学塾としか考えられない視界の狭さ。他力本願ばかりではためですね。

    小学校から高校受験の進学塾があるとは知りませんでした。検索してみます。
    塾以外の学習法も探して行きます。机の上以外の勉強は小学生だからこそできる勉強なのですね。
     
    周りには、子供には何もしていないという母親に限って、そこそこの大学出身の方がほとんどです。
    私のゴールは記念受験でよくあらば合格でしたが、子供には惨めですね。
    親のコンプレックスを子供に押し付けてたら子供の人生ではなくなりますよね。

    様々なご意見本当にありがとうございました。

    ユーザーID:9607127574

  • 稼ぐ方、教える方の親業も頑張ってください。

    我が家は息子二人が中学受験組、一人が高校受験組です(過去形と現在進行形です)。
    一人だけ高校受験だったのは、彼の精神年齢が非常に幼く、中受はダメージが大きい、と私が判断したから、です。
    それくらい、中受塾の内部競争は熾烈です。

    さらっと中学受験の内情を知りたければ、「二月の勝者」というコミックがおすすめです。
    進学塾の講師側からの視点で、小6の上位クラスから下位クラスまでの生徒とその親たちのそれぞれの事情を描いており、経験者としては「いるいる、このタイプ」とうなずきながら読めます。
    読んだ上で、それでも中受にメリットを感じ、進学塾へ通わせたいなら、「ようこそ課金ゲーの中受ワールドへ」です。

    我が家の中受を避けて高校受験に取り組んだ息子について、ご参考までに…中受についてはキッパリ本人に「あなたは止めた方が良い」と断り、その代わりNHKの基礎英語や漢検、英検など、彼が小四の頃から「親と一緒に」取り組みました。
    中3春まで、本人はマイペースに勉強し、傍らで運動部や生徒会活動にも取り組み、塾に通い始めたのが夏期講習からです。

    親はそれまで、頑張って塾代を貯めてください。

    我が家はどの子も難関校狙いだったこともあり、それぞれ塾代は小6で150万円、中3で100万円、高3で100万円かかっています。
    家庭教師や個別指導は殆ど入れていないので、まあ安い方ではないかと。
    中には特待のお誘いもありましたが、講師と息子との相性を最重視したのと、通塾の時間がもったいないのもあり、基本お断りしました。

    最終的には、志望校(都内の国立中や国立大学)に合格したので、「軍資金を出す側の親は、参謀兼マネージャー業に徹する」で良かったのではと思っています。

    勉強が好きなこと、や、高学歴は、人生で割と役立ちます(「東大卒は最強の資格」と言った某教授がいます)。
    親業、頑張ってください。

    ユーザーID:3942557125

  • 高学歴の親に高学歴の子供

    上記の理由は収入要因(高学歴=高収入)と考えている人が多いですが、私はそれだけではない、と思っています。

    高学歴の人って勉強を「社会に出る前にする期間限定の苦行」と思っていない人が多いと思います。勉強する習慣は一種のスキルだと考えているので、社会人になってからも仕事に必要な知識を身に着けるために勉強します。そういう親を見て育った子供も勉強する習慣はスキルの一つとして考えるでしょう。

    家に帰ってきたら、ソファーに横になってTV見ながら缶ビール飲んで、ご飯食べたらお風呂に入って寝る、話題はサッカーの話と職場の愚痴、というような生活をしている親の子が親に言われて勉強するとなると、それは社会人になるまでの期間限定の苦行と考えておかしくないと思います。

    親の背中を見て子供が育つってそういうところにもあると思います。トピ主さんとご主人さまにはご自分が勉強するための場所はありますか?書斎なんてなかった私の父は寝室の片隅に勉強机があって、夕食後いろいろやっていました。洋裁のプロだった母は食卓のテーブルで洋装の専門雑誌見ながら型紙を引いていました。そんな夫婦の娘である私は国立大学の理系学部を卒業し、大企業に就職しています。

    塾に行くより安上がりに子供に勉強させる良い手法だと思いますが、いかがでしょうか。

    ユーザーID:4526177148

  • 中学受験の下準備のドリルは面白い

    お子さんの年齢がわかりませんが、もし低学年でしたら、思考系のドリルがたくさん出ています。謳い文句に中学受験をめざす、とか書いてありますが、めざさなくても脳トレ目的には面白いと思います。書店で眺めてみてはいかがでしょうか。

    中学受験塾ではなく、高校受験のための塾(知らなかったと言われていますが、余程中学受験熱の高い地域でない限り、一般的には小学生向けの進学塾の対象は高校受験だと思います…)へ行くべき、という点は皆さんがおっしゃっているのに同意ですが、中学受験対策の勉強を家で少しかじっておくのは無駄にはならないと思います。

    というのも、公立小学校中学校では基礎的な事しか習わずにのんびり過ごした後、高校、特に難関大をめざすような進学校に進学すると突然、膨大な量の学習と難問に取り組まなければなりません。高1の壁、というやつです。

    私立の中高一貫ならば受験勉強からスタートしてなだらかな坂道で大学受験まで見据えた教育が受けられるのに比べると、結構厳しいです。

    なので、小学校の間から、少しずつ内容をカサ増ししつつ、難しい問題に馴染んでおくといいと思います。同じ考えから先取りをする人も多いですが、先取りしても基礎的な問題ばかりでは、大して力はつかないと個人的には思っています。

    ユーザーID:3746709189

  • 塾はマイナスあり、でも受験用テキストは悪くない

    ご自身が低学歴コンプレックスをもっておられるとのこと。
    中学受験をすると低偏差値大学への偏見をどうしたってもってしまいます。
    というのも、塾に行くと地頭関係なく小学校内ではできる組になります。やってない子よりは当然できる。
    そうすると勉強できることで優越感を抱いてしまう。塾では劣等生でもね。

    そして、塾では当たり前に国立医大、東大、早慶の言葉が飛び交います。
    どの先生も「やれば狙える、あきらめるな」と言います。

    中学受験でそういう目線になってしまうと、もう大学受験のときに切り替えられません。それで奮闘できればいいんですが、そうもいかない場合。東大じゃなかった、早慶に届かなかった、そういう劣等感を抱えることになる・・・かもしれない。

    ただ、中学受験用の算数とかいいですよ。
    へんに定型を覚えこんでこれはこの式、みたいなやり方をすると全然役に立ちませんが、速さや水量などの変化はグラフに、数量を割合で考えるときは面積図を書いたりして解くのは数学を楽しいと感じる糸口になります。
    大学入試の少しヒントが多い版が中学入試に出たりしますし。意味を考えずに方程式を解くだけの中学数学よりも大学入試に親和性がある。
    難関中学が算数のできる子を望むには将来の思考力がそこで測れるからだと思います。

    読書を幅広くするうえで、中学受験用の社会や理科のテキストやそれにそった資料集を読むのもいいかも。「大学受験で上位を勝負してくる子の基本中の基本はここまでやってる」の目安になります。

    ユーザーID:5791698996

  • それはやめた方がいい

    中学受験の塾にいくのはいいけど
    記念受験で入学する気もない学校に合格したらどうしますか
    もちろん行きませんというのでしょうが、ひやかし合格の向こう側に本気のチャレンジをしている子達がいるということをよーく考えてください

    ユーザーID:6230390816

レス求!トピ一覧