30歳になる娘が今更反抗期?

レス79
(トピ主0
お気に入り348

家族・友人・人間関係

うすばかげろう

初めて相談いたします。
私には今年30歳になった娘(独身)がいるのですが、ここ数年娘との関係に悩んでいます。
娘とこれからどうしていくのがよいのかわからないので、情けないことですが皆様のお知恵をお借りしたいのです。
娘は既に隣町に就職して一人暮らしをしていますが、時々家に帰ってきます。
親元にいた頃はそうでもなかったと思うのですが、家を出てから、急に私とのやりとりや発言を今更と思われるような昔のことまで持ち出して批判してくるようになりました。服装も、正直趣味が悪いとしか思えないようなものばかり着ています。私が一言言っただけで、逆上して倍は言い返してきます。
家にいた頃は欲しがる服も普通でしたし、しっかり者の娘だったのですが、年々ワガママ放題になってきたようで、どこで育て方を間違えたのでしょう。
先日も、娘を交えた会食の席で、私が発した一言が非常に気に障ってしまったようで、私は自分がなにを言ったか正直あまり覚えていないのですが、その場ではなく後になってからものすごい長文のLINEを送ってきました。娘にとっては自分の意思を無視した無神経な発言だったのだそうです。
ひとまず話を聞こうと対面した際には、高校生の頃から幼稚園の時の出来事まで持ち出して泣かれてしまいました。親として悲しいですし、情けなく、今までの私の子育てを全部否定されたようでとても悲しいです。
もうどう接していけばよいのかわかりませんし、私も辛いので、「これからは距離を置こう。全てあなたの好きにするといい。私は私の何があなたの気に触るのかわからないし、これからも多分直せない。」と娘に伝えました。
すると娘は涙をこぼしながら「結局何もわかってない。昔からあなたは私の話を何一つ聞かない。一方的に話を打ち切って終わり。私の話を聞く気はないし理解する気もない。」と帰ってしまいました。
これからどう接していけばよいでしょう。

ユーザーID:0463104165

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数79

レスする
  • 心から寄り添っていたわって

    泣く程辛かった話をされたら、まずは謝罪ですよ。
    謝りましょう。

    辛い思いをさせてきたのです。トピ主さんにとっては正当な出来事で謝るような事はしていないとお思いでしょう。
    でもそれは自己正当化に他ならないのですよ。

    心から寄り添っていたわってあげて下さい。

    どうして自分がそんな事をしないといけないのか、、そこまでする道理もそもそも無いと思われるのでしたら、処置無しですね。

    ユーザーID:5458524809

  • 娘さんの気持ちわかる気がします

    私も娘さんと同年代です。幼少期の頃からのことまで持ち出してくるということは、相当昔から酷い態度をとってきたのではないですか。
    ただもう大分前のことになりますし、トピ主様は懸命に生きてこられたでしょうし覚えてないかもしれませんね。
    ただ、無意識のところで娘さんを馬鹿にしたり、尊重しないような言動を繰り返してきたのかもしれません。それに耐えてきたのが、爆発してしまったのではないでしょうか。

    もう娘さんも30ですよね。服装の趣味にとやかく言う必要はありません。もしかして個性的だったり、そういう系統の服が好きな方から見たから素敵な服装をされているのではありませんか?ようやく娘さんは自我を手にしたのではないでしょうか。趣味が悪いとか言わないであげてくださいね。お母さんの趣味ではないけどいいんじゃない〜くらいにしてあげてください。

    もともとしっかり者の娘さん。恐らくワガママなんてしてないと思います。ただこの件に関しては遅過ぎる反抗期と言いますか…。
    トピ主様の戸惑いもわかる気がしますが、トピ主様が最後に娘さんに言った言葉が…私はあなたの事をこれからも受け止める気はないよ。疲れるから話は聞かないよ。わかんないし、直す気もないよ。という感じにとれました。

    あ!この人はやっぱり真摯に対応してくれないのか〜と、娘さんは絶望されたかもしれませんね。

    何故このような風に書くかと言いますと、私も同じように実母に対応された経験があるからです。でも母はもう大分歳をとってしまったし、変える気がなければ変わる筈も無いんですよね。ちなみに母は最近ようやく、自分が如何に酷い対応をしてきたかを省みるようになり、言動が変わってきました。

    トピ主様も悩まれてるなら覚えてないとかボンヤリせずに、ご自身の問題に向き合ってください。それが娘さんと向き合うことに繋がります。

    ユーザーID:2304336476

  • 全部忘れて幸せなのね

    ホルモンバランスに振り回される反抗期じゃないよ。
    普通のまともな状態であなたに怒ってるだけ。


    >私は自分がなにを言ったか正直あまり覚えていないのです
    >娘にとっては自分の意思を無視した無神経な発言だったのだそうです。

    ↑うん、これはカクジツニひどいこと言ってるね。あなたが覚えてないってことがその証拠だ。あなた都合か悪いから忘れたね。

    昔のやらかしを全部忘れて無かったことにして
    >今までの私の子育てを全部否定されたようでとても悲しいです。

    とやるのも毒親の黄金パターンだね。

    まあ全部忘れて幸せなんだし、直す気もないし相手の話聞けないんだから、いいじゃん、娘さんとは関わらないで生きていくということで。

    ユーザーID:0936573000

  • あなたに今!やって欲しい事があるから、今!言っている。

    聞く耳を本当に持っていないなぁという印象です。

    『私は自分がなにを言ったか正直あまり覚えていないのですが、その場ではなく後になってからものすごい長文のLINEを送ってきました』その長文のメールに『何を言ったか』は書かれていますよね?それを見ても思い出さないのは相当相手の気持ちを考えない人ですね。

    服はどうしても意見を言ってくる相手に合せるものです。今まではどうしてもあなたの顔を見ながら服を選んでいたのがそこから解放されただけ。実際30代と50代の女性では好みが違って当然です。

    誰だって親に対しては大なり小なり不満を持っています。あなたは持っておられなかったのでしょうか?特に親に従順であった人ほど吐き出せていないのです。私の友人も『親が亡くなる時には全てぶちまけてやる!』って言ってます(もう50代のオバサンですけど)。

    50代のオバサンでさえ吐き出せなかった鬱屈からは逃れられていません。むしろ子供の頃から反抗な方が鬱屈は無いかもしれませんね。

    親としての悲しさや情けなさを分かって欲しいなら、まずは娘さんの鬱屈を今更だと追いやらない事です。娘さんは今更とは思っていません。あなたに今!やって欲しい事があるから、今!言っているのです。

    『もうどう接していけばよいのかわかりません』まずは辛くても情けなくても悲しくても『うん、うん。そうだったの。そう言う風に考えていたの』と受け止めてあげてください。それをして欲しいから、今更でも娘さんは言っているのです。

    あなたが辛いように、娘さんも辛かった。あなたが悲しいように、娘さんも悲しかった。あなたが情けないように、娘さんも情けなかったんですよ。それが子育て中のあなたは受け止められていなかった。それが辛いだろうけど現実です。だから今、受け止めてあげてください。

    ユーザーID:9713799846

  • 拒んできた

    子供のころから、受け入れてこなかったんですね。だから幼稚園のどきまで遡るんですよ。
    「ムリだから、ムリだから」母親のあなたはそう言って拒み解ろうと努力すらしなかった。そういうことですよね?

    ユーザーID:8105098454

  • 娘さんはあなたの思い通りにいかない

    とにかく自分が大事なんだなという印象です。
    同居していた時は、娘さんはトピ主がマインドコントロールして自我というのを抑えていたんです。

    自立して、記憶を反芻しているうちにマインドコントロールが解けて「やっぱり、おかしい。」と気づいただけで、これを反抗期とは呼びません。
    正確には、思春期の反抗期をトピ主が力ずくで押さえていたせいで精神が遅滞してしまったのです。

    反抗期って何の為にあるかご存知ですか?
    子供の自立の一歩なんです。このカリキュラムを無視して一足飛びに大人になったりしません。トピ主の子育てが失敗だったのは事実です。

    子供を親のコントロールで好き勝手した結果です。そして娘さんのSOSを無視するんですか?
    娘さんはお母さんに、ありのままの自分を認めて欲しくて叫んでいるのに……。

    ユーザーID:9087839267

  • 思慮が無い人。

    娘さん、まだあなたに分かって欲しいんですね。
    諦めきれないんですよ、いつかあなたが自分の事を分かってくれる、寄り添ってくれるって信じてるんですね・・・可哀そうに。

    母親が嫌で、もうどうでもいいのなら、実家になんて帰って来ませんよ、あなたと話しもしないし、ラインで長文を送ってきたりしません。
    あなたにはまだチャンスがあるんですけどね・・・それすら気が付かない、いや気が付けない、残念です。

    私は遠の昔に諦めましたけどね、母親と言う呼び名だけの人だって。
    分かってもらおうなんて無理、もう生涯嫌いでいようって。

    でも娘さんはまだそれが出来ないんでしょう、親を見限るのは辛いですから。

    それなのにあなたは早々に白旗を掲げ考えようともしない、深く考える事も無く、分からない、直せない、と本人に無残に口にしてしまう。
    母親としての覚悟も責任も感じられません。

    もう母娘としての関係は解消でしょう、そしてあなたはこの先も何も理解することなく生きて行くんですね。

    仕方ないですよ、親子とは何なのか、どう接してどう声掛けして・・・なんて複雑な思考に及ばないんでしょうから。

    気の毒なのはあなたの方かも知れません。

    せめて娘さんが早く「母親」を諦めて心穏やかに生きていかれる事を願います。

    ユーザーID:5081477026

  • まるで私のことのようです…

    私の母じゃないですよね?笑
    エピソードと娘さんの年齢が違うので
    別の方だと思いますが。

    娘さん、ずっといい子だったでしょう?
    それ、空気を読んで我慢してたんですよ。
    お母さんのいう通りにしなくては
    と思っていたんでしょうね。

    おそらく主さんは、自己中な人なんだと思います。
    自覚なく相手が自分に合わせて当然と思っているタイプ。
    自分が一番正しい、
    いつも自分は家族のことを一番に思っているし、
    自分の時間などを犠牲にして尽くしている。
    だから周りは自分の言うことを聞くのが当然
    だってそれが一番うまく行くんだから。
    と、いう感じなのかなと…。しかも無意識に。

    娘さん、やっと自立して一人の社会人として生きて
    主さんがおかしいことに気付いたんだと思います。
    いままでは家が世界のすべてだったので
    気づけなかったけれど
    外に出て、自分の母を一人の人間として見たときに
    気づくことがあったんだと思います。

    というか、娘さんちゃんと言ってくれてるじゃないですか。

    >結局何もわかってない。昔からあなたは私の話を何一つ聞かない。一方的に話を打ち切って終わり。私の話を聞く気はないし理解する気もない。

    これが全てです。
    ずっと娘さんの気持ちを無視して、
    主さんの考えや思いを優先していたんでしょうね。
    残念ですが、主さんにできることは少ないと思います。
    今は娘さんもまだ幼い部分があり
    主さんにわかってほしいと思っているので
    そんなふうな態度なんだと思いますが
    娘さんがさらに大人になれば、
    主さんのことを諦めてくれると思います。

    ユーザーID:4775920816

  • あなたの価値観を押しつけない

    私の母も同じです。私は隣の県に引っ越してとても自由になれました。

    多分母は私がそのように感じてることは知りません。仲が良いとすら思ってると思います。

    子供も大人になるんです。一人の大人として接してあげないと嫌がられてしまいますよ。

    ユーザーID:4762285868

  • 母親落第

    産まれた時からの母娘としての並んで歩いた道があるなら、きっとあなたは娘さんの手を引いて前に歩くことに一生懸命だったのでしょう。
    でも、少しずつその道がズレて行った。

    子どもの頃の娘さんは、お母さんそっちじゃないよと思っていても、お母さんは聞いてくれない。仕方がないので我慢して一緒に歩いた。
    大人になって、お母さんから少し離れて、やっと言える。お母さんが選んで進んだ道は、お母さんには良くても私には辛かった、と。


    試験に例えると、あなたは落第点です。
    でも、補習を受けたら再試験も可能ですよ、というのが現状です。
    あなたの言う「今更反抗期」が、その「補習受講申込み用紙」です。娘さんは必死で「お母さん、補習を受けてよ」と訴えているのです。

    A.補習を受ける。→ 大変だけれど母親合格への可能性あり。
    B.補習を受けない。→ 楽だけれど母親失格を自分で選択。

    そのうち「補習受講申込み用紙」は突きつけられなくなります。そうしたら不合格は確定です。
    娘さんは「娘」であることをあきらめたという合図です。

    娘さんとどう接するかという視点ではなく、あなたがどう生きるかという問題なのです。

    参考図書として、アガサ・クリスティーの「春にして君を離れ」を推薦しておきます。

    ユーザーID:2254673965

  • ひどいです

    トピックのどこを見ても、娘さんが何を訴えたのかなにひとつ書いてません

    つまりトピ主さんは娘さんの話すことをすべて「取るに足らないこと」としてまともに聞いていないのです

    その上で

    >服装も、正直趣味が悪いとしか思えないようなものばかり着ています
    >家にいた頃は欲しがる服も普通でしたし、しっかり者の娘だった

    トピ主さんは目の前の娘さんを見ず、言葉を聞かず、自分の中にある「こうあるべき理想の娘」だけを見ています

    娘さんをその「理想の娘」として話しかけるから

    >私は自分がなにを言ったか正直あまり覚えていない

    ほどナチュラルに娘さんを決めつけ、自分の思い通りにしようとし、そうでなければその部分を否定する発言をしているのです

    その挙句に

    >「これからは距離を置こう。全てあなたの好きにするといい。私は私の何があなたの気に触るのかわからないし、これからも多分直せない。」と娘に伝えました。

    と見捨てる

    トピ主さんはこれまで、そのままの娘さんを受け入れたことがないのです

    これはひどい

    いいですか、トピ主さんが「いい子・いい娘」と思っていたのは、トピ主さんの頭の中にある、トピ主さんが作り上げた「理想像」

    しかし目の前の娘さんが実際で、全てです

    トピ主さんと趣味が違い、価値観が違っても、それが娘さんなのです

    娘さんを頭から否定せずに、「親」ならまずそれを理解しようと試みてください

    ユーザーID:6803186399

  • トピ主の育て方が独り善がりだったんでしょう

    娘に責められても何を言ったか覚えていない

    こういうところです。
    娘さんのラインにはトピ主自身の発言も指摘されていますよね?
    でも読解力がないから分からない。
    分からないから考えない。
    自分は親だから文句を言われる筋合いはない。
    産んでやった、育ててやったのに何の文句があるんだ。
    文句があるなら話さなけりゃ良い。
    トピ主は、こんな風に考えていませんか?

    こういう考えの親は多いです。
    一昔前、子育てが雑だった時代の考え方ですね。
    子供の感情など無視。
    健康に育てることだけが重視される前時代的子育てです。
    現代の子供の権利も考慮する子育てとは全く違うんです。

    前時代的子育てをした親は、ほぼ子供に疎遠にされ、孫も抱けず、介護も頼めません。
    少子化や非婚率が増えたのはこういう親の子供が結婚出産を避けことも一因でしょう。

    一部、時代の変化を理解して自らを省みることができる親、子供に謝ることができる親は、幸せな晩生を送っていますよ。
    子供世帯も結婚する人が多いです。

    トピ主は岐路にありますね。
    娘さんからは最後通牒が出ている状態です。
    ここで考えるのが嫌、反省するのが嫌と逃げていたら本格的に疎遠にされますよ?
    今は良くても後々行き詰まります。

    子供を持つ世代になり、自分の生育環境を改めて思い返すようになる年頃です。
    当時は親との力の差があって言えなかったことも今なら言えます。
    だから、当時のことを糺弾し説明を求めるんです。
    それを加害者であるトピ主が今更と逃げるのは卑怯ですね。

    子育ての成績は、子供が長じてから判定されるんです。
    親だから満点子育てが出来る訳じゃない。
    勝手に産んで勝手に育てただけで、誰かに確認してはいませんよね?
    子育ての評価をするのは子供自身なんです。

    トピ主の子育ては落第点かもしれませんが、評価に向き合って反省し、詫びる姿勢は必要ですよ。

    ユーザーID:0178156052

  • 文章読んだだけでわかります。

    幼少期から娘さんを傷つけることをされてるんですね、きっと。

    >私が発した一言が非常に気に障ってしまったようで、私は自分がなにを言ったか正直あまり覚えていないのですが

    覚えてないから何も悪くないと思ってらっしゃるんですか?
    娘さんは恐らくお母さまのどういった発言が嫌だったのか説明されてるはずです。
    それを理解もせずに多分直せないって…。

    距離をおこうと本当に思ってらっしゃるなら、とった方がいいんじゃないですか。
    その方が娘さんも心穏やかに過ごせます。

    あと
    >どこで育て方を間違えたのでしょう。

    この書き方とても気に障りますよ。
    「なぜお母さんのところなんかに生まれたんだろう」って言われたら腹立ちませんか?

    ユーザーID:3096275650

  • 同じようなことがありました。

    あれ?これ、私の母が投稿したのかな?と思うくらい、似たことを経験しました。ひと事ではないような気がして、今まで小町は読むだけでしたが初めてコメントさせてもらいます。

    まず、私は、娘さんの気持ちが痛いほどよくわかります。と同時に、ここにコメントをした方々の声に正直安堵しました。レスを立ててくださった貴方にも、感謝しています。ありがとう。

    私の話ですが、母と仲良くしたくて、家族と平和でいたくて、幼少期から合わせて生きてきました。自分の好きなもの、興味のあるものに、母はあまり関心がなく、否定されることもありました。感性が違ったように思います。だから、モヤモヤと、私っておかしいのかなと、不安になることも沢山ありました。生まれてきたことが間違いだったんだと自分を嫌になる時期が、長く続きました。上手に表現できなかった私は、母からしたら、自分の価値観の枠の中に収まってくれない子で、育てるのに悩んだと思いますし、そう言われました。

    私は20代後半ですが、先日同じように、電話で泣きながら自分の気持ちを伝え、さらにLINEでも文は短めでしたが、言葉を添えました。もうとっくに自立していて、いい歳なのに、まだ、母とわかり合いたいと思って、期待していたんです。
    母からは、貴方と同じような返事をされました。

    それからは、距離を置くことを学びました。今までは、心が痛んで、それができませんでしたが、自分を嫌いになる必要ないよな、犠牲にならなくていいよなと、思えるようになりました。

    寂しいものですよ。母からの連絡にも愛想のない返事をするようになり、近づかず、身体の調子を崩したと言われても無反応。

    貴方は、そうなる前に、もう少し、娘さんの気持ちに寄り添ってくださいね。多分、これがラストチャンスですよ。娘さんも立派な大人ですから。

    相槌をうつ、目を見る、肯定的に話す。それが第一歩です。

    ユーザーID:9888930266

  • 反抗期と言えば反抗期

    本来はもっと早い10代の頃に世界が広がり、知識が増え、自立心が高まり、今まで妄信していた親の言う事に疑問を持ち、そこから飛び出そうとするのが反抗期です。

    娘さんはとても大人しく親のいう事に疑問を持たないいい子ちゃんだったのか、トピ主さんと旦那さんが押さえつけていたのかは分かりませんが、10代の頃に飛び出す機会が無かったのです。
    それが今までずれてしまっただけ。

    今までトピ主さんの家の中でそのルールに則って生きてきたけど、一人暮らしすることで初めて自分の事、親の事を客観的に見ることができた。自由を知った。子供時代を振り返る事も出来、嫌の事嫌だと感じていいんだという事が分かったのでしょう。

    反抗期の子供に接する親と同じです。
    相手の言い分を聞き、尊重する。相手の気持ちを受け止める。

    娘さんは同じ人間として接して欲しい、自分を認めて欲しいのです。
    親の言いなりになるいい子ちゃんだけの娘じゃなく。

    普通の中学生の反抗期に関する本とか読んだ方がいいかもね。

    ユーザーID:2961634547

  • 反抗期って…

    反抗期って、娘さんもう30代ですよね?反抗期って、まだ親に頼らないと生きていけない高校生ぐらいまでの子に使う言葉じゃないですか?
    自立したいい大人である娘さんにその言葉を使う事自体が、なんというか「いつまでも子供は自分の支配下にいるべき」という意識が前面に出ている気がしてなりません。
    私も二十歳過ぎて親にその言葉を使われた時は、かなり違和感があり、また腹が立ちました。馬鹿にしてんのか?いつまで支配者の気分なんだ?と。

    主さんは小さい頃から娘さんの意思を尊重してきましたか?心配だから、こうあって欲しいから、などの理由で娘さんのやる事に過度に手出し口出しして、自分の思い通りにしてきたんじゃないですか?そしてそれが娘の為になってると勘違いして満足していた。
    今になって娘さんが幼少期からの不満を爆発させたって事は、そういう事じゃないですか?
    私はなんとなく分かります。うちの母は心配、心配ばかりで私の意思なんか無視して先回りして何でもやって、私のプライバシーに土足で踏み込んで、やめてほしいと言っても「親なんだから心配して当然、子供が傷つかないようにするのが当然だ」と。
    子供は親のペットじゃありません。親と子供は別人格、別の意思を持った1人の他人です。
    その事をうちの母は未だに分かっていないので、アラフォーにもなる私にあれこれ口出ししてきます。もううんざりなんです。
    娘さんがどんな気持ちだったのか、聞いてあげて下さい。その際「でも私はあなたの事を思って…」などの言い訳は一切しないで下さい。
    分からないから放棄ではなく、分からなくても「娘の気持ちを分かろうとする気持ちがある」と示すのが大事だと思います。

    ユーザーID:2063568009

  • 聞く気もないし理解する気もないんですね

    高校生の頃から幼稚園の時の出来事まで持ち出して、
    泣きながらトピ主さんに話したんですよね。
    長いLINEにも書いてありましたよね。
    よく思い出してみれば良いと思います。

    ユーザーID:2466854063

  • 私の場合

    私は60代、孫もいます

    生きにくさを抱えた娘さんが、気の毒です

    私の場合、反抗期が来たのは30代後半でした
    自分の子育て中に、母に違和感を感じて
    距離を置くようになりました

    母は
    自分自身を良い人、正しい人だと信じて
    価値観を娘の私に押し付けました

    トピ主さん、思い当たることは ありませんか?

    晩年の10年間世話をしましたが
    寝たきりになっても、私に小言を言う母でした
    臨終に際して、一粒の涙も出ませんでした

    ユーザーID:3583383679

  • いわゆる毒母なんですよ

    この言葉を聞いて、たぶん今のあなたは、「親の苦労もしらないで何言っているの!」って気分を害されているのでは?
    もしくは、そうだったのかもしれないとすこしはを反省しまた?なら毒母ではないかもしれませんが・・・・
    私の母は、毒母です。あなたと同じで、大人になってからも母の意に沿わない言動や行動をするとグチグチ文句を言ってきたり、意見すると「もういいい!勝手にしろ!知らん」と逆切れ私の意見を全く聞こうとしません。今のあなたと同じです。
    母は、幼少のころから後継ぎだからと弟ばかりかわいがっていました。子供の頃、私のほうが成績がずっと優秀だったのに「弟のほうが自頭は良いだけど」と常に周りに言っていましたし女に学歴は無駄と希望する進学高校にも行かせてもらえず卒業後、就職し結婚資金も全て自分で貯めました。私の子供が進学の時期に「あの時私も○○高校に行って大学いきたかったな」と母に漏らしたところ、母は、大激怒!「私の勧めた高校に行ったから運よく大手の企業に就職でき今の旦那(高学歴)と結婚できたんじゃない、大学いってたらそんなとこにあなたが就職できる訳がない」と言われました。母は、親の言うことを聞いていたから幸せになれたんだと譲りません。私は、自分に自信がなく他人に気を使い、人付き合いも苦手でなぜか生きづらい毎日を送っていました。思春期から鬱病を経験しました。40過ぎてやっとその原因がこの母であったことに気が付きました。
    多くの方が言われているように娘さんの気持ちに寄り添いそのままの彼女を認めてあげてください。あなたの考える幸せが娘さんの幸せではないこと、あなたの好みが彼女の好みではないことを理解してください。そしてまず誤まって「ごめんなさい。あなたを傷つけ、つらい思いをさせたのね」と私が母から聞きたい言葉ですが、ここに相談されたあなたには、脱毒母の要素が十分あると思いますので・・・・

    ユーザーID:8607289430

  • 親が悪いとは限らない

    親子の間でいろいろと感情のもつれはあると思います。でもそれがすべて親のせいとは限りません。
    そろそろ自分の過去に折り合いがつけられるこの頃の反抗は、自分自身の問題を親のせいに責任転嫁している可能性もあります。

    ユーザーID:8233198837

  • 覚えてないって便利な言葉

    40代後半ですが、うちと似ています。
    私には姉がいますが、母は姉の育児で上手くいかず(内向的で友達に苦労)、自分の理想にならない姉に罵倒や暴力がありました。
    私は恐ろしくて、自分が同じにされないために母の味方をしていました。
    友達の事や本当に自分の悩んでる事は見せず、キラキラしてる上手にやっている自分のように見せていたんです。姉のように否定されたら耐えられないし、親の期待通りでいたいから。

    結婚して家を出る時、思ったのは「これで解放だ。これであの人(母)の評価を気にしないで済む」です。
    近いので母はいつでも会いに来て、と言ってたのに私があまりに連絡しないので戸惑ってました。
    その後、子供が産まれると過去の複雑な自分の気持ちが噴出して、母に会うたびにぶちまけました。
    そこでお約束の、主さんのような言葉です。
    そんな昔の事覚えてない。忘れた。
    ですって!
    私の爆発した暴言は止まらず、10年も続きました。姉や父に引かれる様相でした。
    子供が大きくなってきてようやく落ち着きましたが。

    母は覚えてないと言う、母支配のねじ曲がった時代。怒られてるのは姉だったのに確実に私にも影響してました。

    私もこれを消化できなかった反抗期だと思っています。
    主さん、本当に何も覚えてないのですか?

    ユーザーID:1653903131

  • その ”情けなさ” は、ご自分に向けるべき

    多分、どんな話し合いを今後持とうとも、娘さんではなくて、トピ主さんの心には響かないのだろうと思います。

    子どもというものは立場が下のもの。
    自分が正しく、その自分に従わない娘が悪い。

    と、始めからこう思っているから、娘さんがなにか言えば「反抗期」「昔は良かったのに」「我がままで…」という突き放した考えしか出てこないんですよね。

    私は昭和の人間ですので、トピ主さんみたいな考えの大人は沢山みてきました。うちの親も似たようなものでした。だから、何言っても仕方ない。諦めるしかない。違うところをみたり考えたりしたほうが建設的って思いました。

    娘さんに言ってあげたい。「言えば言うほど、嫌な思いをするだけですよ。もうお止めなさい」…ってね。

    ユーザーID:4849143165

  • うちもですけど

    こんにちは。
    私はお嬢様と同年代の三姉妹の次女です。なんだか私の母と似ているなぁと感じレスさせて頂きます。
    母は理想が高く、幼少期なら姉妹三人を理想に近づけようと逐一指導し、行動させようとしていた記憶があります。思うように行かないと怒られたりもしょっちゅうでした。
    因みに三姉妹は皆かなり個性的で、母の思い通りにいかず、姉はお嬢様のように社会に出てから母を罵るようになり、私は中学で反抗期を迎え、家には寄り付かなくなり(高校に入学してからおちち着きましたが、進学と共に一人暮らし)、妹は大学卒業と共に一時期失踪いたしました。母はとても苦悩していました。
    ですが、月日が経つと共に母が私達の為を思い、将来苦労せぬ様に母なりに一生懸命だったのだなぁと気づきました。当時の事を思い返してみても、ズレてたし変わってたなぁと思いますが笑
    主さまは、もう一度お嬢様としっかりと向かい合って話し、もし今わからないのでしたら帰ってこない覚悟で一度離れてみたらいいと思います。
    でも必ず帰ってきます。いつかわかりますよ、社会に出て色んな経験をし、やがて母のこと思い出します。
    うちは今じゃ、旦那交えて月に一度は家族で会ってます。

    ユーザーID:1965110792

  • これが最後の機会

    他の方が既に大方おっしゃってるので同じことを繰り返すのは避けますが、
    娘さんが泣いてあなたに心情をぶつけ訴えている今が最後の機会です。
    今はまだ娘さんはあなたのことを諦め切ってないし見切ってもいない。
    だからこそ訴えているんですよ。

    誇張なく、これが最後の機会なんです。
    あなたがトピのような調子で対応を誤り自分を顧みることを怠り続けると、
    娘さんは程なくしてあなたを人として見限り気持ちを訴えることを止めます。

    そうしたら、あなたはやれやれ静かになったとか思うのかもしれませんが、
    実際には娘さんとあなたの関係は「一生もの」で切れたということです。

    どうしますか?
    トピを見る限り典型すぎて、先行きどうなるかの予想はつきますが・・・

    ユーザーID:2258829125

  • 分かり合えないので距離を置くのが一番娘にとっていい

    そこまで娘さんが曝け出しているのに分からないと言える神経、それが全てだと思いませんか。

    とても身近に似た人がいたので思い出しました。
    分からないって、人間生きていてあると思います?
    分かろうとしないだけだって、気づいてます?

    ここの皆さんが書かれたコメントを読んだところで、きっと開き直っておられることでしょう。そのままでその年まで来てしまったんですから仕方ないことと推察します。

    なのでタイトル通り、距離を置くことが娘にとって一番の名案です。
    そこだけは素晴らしい提案ですね。
    その代わり、今後淋しくなったとか何とか言って連絡取らないでください。
    何だかんだと理由をつけて体よく見捨てたのは、あなたなのです。

    ユーザーID:1274340395

  • 病気の心配はないですか?

    私も過去に母に同じような態度をとるようになったことがあります。
    当時、仕事も恋愛もどん底で、知らない間に躁鬱を発症していました。
    母の全てが気に入らずに反発していました。突き放されたくなくて、支えられたかったので母に甘えていたのかもしれません。

    私はいまお嬢様と同じ30歳で母には厳しく育てて貰い嫌な部分もありますが、30歳にもなって年を取った、しかも離れて暮らす母親とわざわざ喧嘩しようと思いません。本当に嫌なら実家に帰ったりもしませんけどね...

    躁鬱を患ったとき、人格が別人だと母に言われて我を忘れるほど取り乱して怒ったことがありました。それを見た兄弟が私を病院に連れて行ってくれて、鬱が進行して躁鬱にまでなっている最悪な状態だと診断されました。

    完治した今、当時を思い返すと本当に別人のような人格が現れていたなと恐ろしいです。ずっと温厚な性格で優しく真面目なのが長所だと言われていましたが、病気のときは短気で自分を否定されると必要以上に攻撃的になりました。自分ボロボロな気持ちを守ろうと必死だったのです。

    服装も今までに興味がない高級ブランドばかりを着るようになったり、見栄っ張りになり人にご馳走ばかりしたり...。それを否定されるとまた怒りが込み上げてしまっていました。

    特に母に否定されると怒りが倍増していたように思います。母には受け入れ認められたい気持ちがあったからかもしれません。なぜか母には攻撃しがちでした。信頼していたからかも。

    最近、お嬢様になにかありませんでしたか?なんだか少し気になりました。

    素人が病気だと決めつけもできないですし、病気だと決めつけると余計に関係が悪化したりお嬢様を傷付けてしまうかもしれませんので「なんか変だけど大丈夫?」なんて聞き方はしないで欲しいですが、よくお嬢様のお話を聞いてあげて欲しいです。

    ユーザーID:2583751072

  • 毒親だったのかも。

    親にとっては、あなたが良かれと思うことを全部従ってくれて
    いい子だったと思うけど、子どもにとっては、全然想いを
    わかってくれない毒親だった、ということでしょうね。

    昨日、大雨が降りました。
    防水の靴が買ってあるので、玄関にそれを出しておきましたが、
    子どもは、無視。
    普通のスニーカーを履いて、当然びしょぬれになって帰ってきました。

    「だから履いていけばよかったのに。」とわざわざ出してやった
    のに、それを無視した腹だたしさもありましたが
    ふと、自分の子ども時代を思い出し、そういえば
    長靴、絶対嫌で、ずぶぬれになってもスニーカーを
    履いてた自分を思い出しました。

    親にとっては、濡れる冷たい・・と長靴は当然の選択ですが
    子どもにとっては、おしゃれもあったり、脱ぎはきが
    学校ではスマートではないようです。

    そういう親の思いと、子どもの思いがずれること、いっぱいあると思います。

    子どもが自我を出して来たら、それが適切ではないな?と
    思うことでも、子どもなりの考えがあるなら、尊重も大事だと思いました。

    (もちろん、犯罪や、どう考えても道理から外れていることは
    許すことはないのは当然です。)

    トピ主さんの子育ては、そういう親の思いを押し付けすぎたのかもしれません。
    そこをよく考え、歩み寄りたいならお子さんの気持ちを
    聞いて、ここが憤慨だった!と訴えるところは、長靴を例に出したら
    「濡れて寒いと思って履くように言ったけど、おしゃれしたかったんだね、わかってあげなくてごめんね」というべきだと思います。

    ユーザーID:5103726780

  • 反抗期ではなくやっと母親がおかしいと気づいただけ

    今までよっぽど自分の価値観を娘さんに押し付けてきたみたいですね、自分の思い通りの娘は良い娘で、少しでも違うのおかしいですか?

    娘を傷つけても「覚えてない」って都合いいですねー。

    いい加減娘さんは娘さんなりの好み、生き方、考え、ファッションがあると理解しましょう。
    娘さんは30歳になってやっと母親がおかしいと気づいたんですよ。
    まずは傷つけたことを謝る事から始めましょう

    ユーザーID:9248940670

  • やらかしておきながら相手を悪者にするのは、質が悪い

    娘さんの意思を無視した発言を、無意識に発言するトピ主さん。

    多分、子供の頃からずっと娘の感情に興味が無く、娘さんの心を傷つける言葉を「悪気無く」言い続けてきたのでしょうね。

    娘さんは、実家に居た時は不満があっても口に出せずに、ずっと我慢をしていたのでしょう。
    それが、自立をきっかけに、親に自分の意見を言うようになっただけだと思います。

    気になったのは、傷付いていたと泣く娘に対し、加害者であるトピ主さんが被害者面している事です。

    相手を傷つけたのなら普通はまず謝罪でしょうに、全否定されたと被害者面するだけ。
    更には「私の何があなたの気に触るのかわからないし、これからも多分直せない、距離を置こう」と開き直り更に突き放すとは、酷い母親ですね。
    娘さんが貴方に絶望するのが、よく分かります。

    トピ主さんは娘さんに興味が無いようですし、望みどおりにこのまま距離をおけばよいでしょう。
    介護の時だけ擦り寄るのは、止めてくださいね。

    ユーザーID:0056403591

  • 女同士の言葉使いに気を付けて

    おそらくトピ主さんと同世代の息子2人を育てた母親です。
    レスを読んでいて息子で良かったと思いましたよ。

    当然不完全な母であったと自覚していますが、子育て中はこれがベストと不完全な頭を駆使してやっていたと思っています。

    30歳を過ぎてから問題行動を起こした子もおりましたが、親の所為にはしなかった、男だったからなのか?

    言いたいことを言い合える母娘、娘がいないので羨ましくはありますが、どちらも歯に衣着せぬ物言いにビックリします。

    姉とその娘の会話を聞いていて、仕事でまさかこんな物言いはしていないだろうとは思うものの、姉もその娘も長い友人もいないのが理解できたような気になりましたよ。

    母親も娘も境界線がない、第三者はいらないし、入れない感じで・・・
    どちらも必要としているかもしれないが、自立とか孤独とか縁がなく甘えあい持たれ合い。

    私の時代は子沢山で放置児が普通でしたし(田舎でしたので)心の問題なんて意識してさえもらえなかった。そりゃ20歳過ぎてから何かがおかしいと感じ本を読み独学で世の中を学んだようなものです。

    主さんもう娘さんには何もしてやれない、自力で成長してもらわねばなりません。意識してしばらく逢わないようにして、娘さんなしで自分の時間を充実させる努力をしましょう。
    会話が成立するまでは数年要するかもしれませんが、大人同士の会話が出来る時が来ます様に祈ってます。

    ユーザーID:2319689292

レス求!トピ一覧