乳癌になってしまいました

レス28
(トピ主3
お気に入り118

心や体の悩み

2児の母

40代です。小学生と幼稚園生の子供がいます。
時短ですが、私なりにバリバリと働いています。

今日、乳癌の告知を受けました。
マンモとエコーだけでの段階での告知でした。
25mmくらい。リンパ節はエコーでは腫れていませんが、癌は複数ありそうです。

手術は病院の都合で少し先になってしまいそうなので、その間に抗癌剤をしようかと、ぼんやりと勧められています。
生検は明日なので、薬の種類とかは決まっていません。

不安で不安で仕方ありません。
何が不安とか、焦点を絞れず、ただただ混乱しています。


本当は、一年も前からしこりに気づいていて、乳腺専門医のいる乳腺クリニックで見てもらっていたのです。良性だと言われ続けていて、油断していました。
でも、癌かもしれないからとにかく取りましょう、転移もしてないから日帰りでキレイに取れますよと言われ。

転移してないって言われても、PETも撮っていないし、セカンド・オピニオンの要請にも取り合ってもらえず、手術の説明書もなし。そんな姿勢に疑問をいだき、死に物狂いで大学病院を受診したら、癌が解りました。

私の通っていたクリニックについて、大学病院の先生から、
「医療界では、誤診で有名なところなんです。手術を執拗に勧められたのは誤診を隠蔽するためでしょう。あそこは絶対に診療情報を公開しないんです、いい加減なことをしているのを隠すためです。信じられないだろうけど、そのくらい悪徳病院です」
と言われて、目の前が真っ暗になりました。

私は今まで、なんて自分の身体を粗末にしたのだろうと。少しでも疑問を持った段階で大学病院に来ていたら、こんなひどいことにならなかったのにと。

どなたか私を支えてください。
今、不安で折れそうで。自分が迂闊だったのは認識しています。でも、厳しいお言葉はご容赦いただけると有り難いです。

ユーザーID:7489517517

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
  • 今が底です

    乳癌患者です。
    そのショック、後悔もよくわかりますよ。でもよくがんばって今の病院にたどり着きましたね。正しい判断です。

    私も48歳で3センチ弱のしこりを自分で見つけて悪性だと診断されました。リンパにも微小ですが転移はありました。でもMRIを撮ったら4センチ以上あったようで、全身の癌を叩く化学療法の効果もわかるから、先に化学療法をしました。手術まで1ヶ月も待てる精神状態ではなかったし。あの選択は私には正しかったと思っています。癌がどんどん小さくなるので勇気が湧きました。そういうメリットもあります。術前でも術後でも生存率は一緒ですけどね。

    もう7年前の夏のことですが、今もホルモン療法は続けています。再発もなく健常者と同じように元気です。

    今は無理かもしれないけど、なったものは元に戻らない、と認めるところから始めましょう。乳がんは診断がやさしくはないのでちゃんとしたクリニックに通っていても見つからないことも多いのです。その前クリニックのことは忘れましょう

    あなたに今できることは、今の主治医を信じて、かつ、まっとうな情報をしっかり取り入れておくことです。乳癌学会、患者さんのための診療ガイドライン、をネットで検索してください。最も新しく信頼できる情報です。

    私はそれをお守りのように読んでは希望と勇気をもらってやってきました。

    乳がんは悲しいことに患者数がとても多い。だからこそ治療法も確立していて、いい薬がたくさんあります。

    今、何もわからない時ですよね。この時期が底です。治療方法が決まったら自ずと前を向けます。

    食を見直す。体内を温める。ゆったり過ごす。笑う(ふりでもいい)など、そういうちょっとした努力が治療をバックアップしますよ。

    しないほうが絶対にいいのは、かなり厳しい状況の乳がん患者のブログを読むこと。今はやめておきましょう。

    心よりエール送ります!

    ユーザーID:9201605069

  • 自分を責めないで

    そのクリニックには怒っていいと思うけど、医療関係者じゃなければ評判が悪いなんてわかりませんよね?それにちょっと疑問を持った段階で大学病院にまで行くなんてあまりないと思うので、過剰に自分を責めないでほしいです。

    私もかつて卵巣を取り、がん治療しました。でも腹痛があったから病院にかかったわけではなく、海外旅行に行く朝、たまたま風邪をひいて診てもらった内科のお医者様が「海外に行くならお腹の具合も診ておこう」と触診して気付いてくれたからです。全く無痛だったので旅行に行き、帰国後に手術したらバスケットボール大で3キロ以上ありました。
    そんなものがお腹にあっても気づかなかったのです。ただ、ダイエットしても体重が減らず、お腹周りがぽっこりしてるな、とは思っていました。

    ガンであったのは不幸ですが、トピ主さんはできるタイミングで行動したと思った方がいいです。過剰に自分を責めないで。

    さて、これからの事は病院からも説明があると思いますが、まずはやらなくてはならないことを書き出した方がいいです。できれば複数人の視点で。
    家庭に関すること、仕事に関すること、お金に関すること。


    手術の時もですが、抗がん剤治療始まると、おうちの事ができなくなると思います。お子さん小さいようなので、誰か日常の事を頼める方がいればいいのですが。

    私は治療当時独身でしたが、トピ主さんにはお子さん達がいる。何としても頑張って乗り越えて下さい。

    大丈夫、できます。

    ユーザーID:3823867831

  • トピ主です。生検を受けました

    今、お2人のレスをいただいています。
    私の気持ちに寄り添っていただいてありがとうございます。すごく染みます。こんなに染みるなんて思いませんでした。
    私が前のクリニックを信じすぎていたことを、責められないだけで、とても救われます。

    一年前からのスナップ写真を見ると、つい、
    「このとき大学病院に行っていたら今頃どうだったんだろう」
    って、そればかり考えてしまいます。
    私が愚かだったとはいえ、命をもって償わなくてはならないほどのミスだったのかと。

    一昨日、生検を受けました。
    痛みも内出血もありますが、こんなの苦しみのうちに入らないです。でも、内出血のあとを見ると、
    「この血液の中にがん細胞があったら、乳腺内に散らかってしまう」
    って妄想して、不安でいたたまれなくなります。

    転移もあるのかないのか まだわからなくて、ちょっとした足の痛みなどが不安を誘います。

    昨日から、胸のしこりに御守りをあてています。
    今日は、主人が平癒祈願に連れていってくれるそうです。

    一週間、食事が喉を通らず、3kg超痩せてしまいました。好きなものも食べられなくて。
    どうしてもふとしたときに涙が出てしまいます。
    子どもたちは気丈に振る舞ってくれていますが、小さな胸を痛めているのが伝わります。本当に申し訳ないです。

    こんなんじゃいけないと、昨日は友人とお茶をしてきました。その時間は少し気持ちが浮上したので、また誰かに会いたいなと思っています。

    ウイッグの無料試着も届きました。
    思ったよりよくできており安心しましたが、これを使わない運命なら良かったのにと、しみじみしてしまいます。

    仕事は来週は休みます。
    ウイッグのこと、
    乳房は再建するかしないのか、
    高額療養費限度額適用症の申請。
    考えなくてはいけないことが沢山あるのに、頭が回りません。生存率の表は、だいたい知っていますが、怖くて見れません。

    ユーザーID:7489517517

  • あるあるです

    私は別の癌でしたけど
    胃腸風邪といわれていました
    でもずっと具合が悪くてある時、自宅の玄関先で気絶してたらしく
    絶対オカシイと家族が言い出して別の病院を受診したら癌で即入院手術でした
    「こんなのがわからないなんて…」と入院先の外科医が呆れていました
    ご自分を責めないで下さいね

    ユーザーID:0928294498

  • 頑張れ!!

    私の妻も去年の秋に3cmの大きさの乳ガンを宣告されました。
    妻も随分落ち込んでいましたが、最近ようやく前向きに治療しています。
    あなたもこれからガンの性質、どの薬が有効か、手術のことなど詳しく説明されて、少しずつ受け入れていけるようになると思います。
    ただ、ネットで調べられてると思いますが、乳ガンの治療はとても進んでいて、薬もよく効きます!
    早く落ち着いて、前向きに治療されるよう応援しています。
    家族の援助は必須です。
    あと、治療前に虫歯の治療などもしておくことなどいろいろ準備があるので、早めにしておくとよいですよ!
    妻は年始くらいには完全に髪の毛が抜け落ち、日々ウィッグをつけて生活してますが
    、頻繁にショッピングに出かけるくらいになりました。
    頑張ってくださいね!!

    ユーザーID:0588027034

  • 2回目です

    この辛さって本当、経験しないとわかりませんよね。

    >「この血液の中にがん細胞があったら、乳腺内に散らかってしまう」
    ちょっとした足の痛みなどが不安を誘います。

    わかります。わたしも同じように思いました。でも、知識が増えるうちにわかってきたことですが、浸潤性乳がんは血行でも広がるので、5ミリ以下の段階から細胞レベルでは全身に広がっているのです。なので内出血で乳腺内に、は全然気にしても仕方のないことなんです。40代の若さで一年前にしこりを感じていて、今3センチ以内でしたらまず遠隔転移はない、スピードの遅いタイプかと思います。私は48歳で3ヶ月で2センチおおきくなりましたから。わたしもね、3ヶ月前に人間ドックで、CTをいい加減な見方する医師にあたったのです。あの時絶対に映っていたはずだと。ほんと、3ヶ月前ならリンパ転移までなかったかもしれないのにって悲しかった。その段階で「悪い運」を使い果たした!と思うことにしてます笑


    乳がんは足にはまず転移はありません。骨転移は腰周りや鎖骨、肋骨が多いようです。

    >子どもたちは気丈に振る舞ってくれていますが、小さな胸を痛めているのが伝わります。本当に申し訳ないです。

    私は子供はいないけど親や主人に辛い思いをさせて申し訳ないと。でも、お子さんたちの存在があなたの免疫を高めます。ごめんなさい、ではなく、ありがとう!といってあげましょう。

    高額療養費限度額は手続き簡単です。すぐにできますよ。

    私は生存率が99%と言われても安心しないです。だって、私のタイプの乳がんは乳がん全体の10%です。そこに入っちゃったら本人には100%です。それにもう一つ希少癌にかかっていますが、それは10万人にひとりです。そんなもんにかかったら%なんてほんと意味ないなーとおもいます。今、生きていることが大事です。明日死ぬかもしれない確率はみな同じですから。

    ユーザーID:9201605069

  • 大丈夫。

    トピ主さん、今は大変苦しい思いをされていると思います。
    でも大丈夫です、何とかなります。

    私も40代、乳がん患者です。
    脇のリンパ転移もあり、39歳で告知→2か月後手術→抗がん剤6か月→抗がん剤治験1年、を経験しました。
    告知のころ不妊治療を開始する予定でしたが、子供は諦めました。

    乳がんと告知されてしばらくは、青い空を見ても泣けました。
    告知される前と後で、周りの景色が変わりました。
    健康な友達を見ては、ああ私はもうあちら側の人間ではないのだと思ったりもしました。

    トピ主さんの不安な気持ち、わかります。
    でも、大丈夫です。大丈夫、何とかなります。

    ところで、世の中の半分は女性ですよね。そして乳がん患者は今や14人に1人と言われています。
    つまり数えきれないほどの人が、世界中で乳がんと戦っています。
    それだけ多くの人が頑張れているんだから、あなたにできないわけがない。絶対に乗り切れます。

    私がトピ主さんにできるアドバイスとしては、「ステージや5年後生存率を調べまくったりしないこと」です。
    5年後生存率が何%であろうと、あなた自身が5年生きているかいないかは、ゼロか100しかない。
    いたずらに怯えるようなデータは見ないことです。
    同じ意味で、「シビアな闘病ブログは読まないこと」です。これはもう絶対です。
    不安や心配なことがあったら、患者会に行きましょう。同時に戦っている仲間に会うと、勇気づけられます。乳がん患者は明るい人も多いですよ。

    一年後はきっと今より元気です。一緒に頑張りましょう!

    ユーザーID:2499345665

  • 大変だと

    私は3年前に乳ガンが心配の姉が検査を1人で受けるのが怖いと言うので、乳ガンの名医が居る有名な一緒に受診した所、私だけ再検査の通知が来て再検査を受けに行った所やはり乳ガンでした。
    私の場合も3年ほどの病院に検診に行っていたので自分がと思いましたが、症状がないタイプでしたがガン細胞かかなり広がっていたのには目の前が真っ暗になりました。
    私も今の病院で毎年検診に行っていた病院名を言った所あ〜みたいな言い方にショックを受けましたが。
    混乱したまま手術を受けて周りは良かったねと言ってくれますがやはり体の負担は多大なのでこれは経験者だけにしかわかりませんよね。
    トピ主さんもまだ頭の整理が難しいと思いますが余り無理しすぎない様に頑張って下さい。

    ユーザーID:2474642872

  • 病棟は明るいです

    私は卵巣癌の疑いで目下入院中、手術待ちの身です。年齢、下の子供たちはトピ主さんと同じぐらいです。若い頃に産んだ長女が今は主人と協力してニワカ主婦をやってくれています。
    私は母を乳癌で亡くしてるので自分も乳癌になる覚悟は20代からありましたが、まさかの卵巣癌。てことはこの先乳癌にもなるだろうから上も下も全て失うの?何度手術するの?仕事は?まだ小さい下の子たちは??と気になることは沢山あります。が、元来ポジティブな性格というか、都合の良い解釈をする人間なので母の頃に比べてビックリするぐらい癌治療は進んでる!事を信じて今は病院の先生、看護師さんを信じてその時を待っています。
    病棟内には抗癌剤治療中と思われる患者さんも沢山いますが、皆さん精力的に散歩(しろと指導される)なさってます。帽子被る人もそうでない人も。そして、洗面所等で笑顔で順番譲って頂いたり。手術前の私を励まして下さったり。見た目的にはどう考えても私の方が元気100倍なのに。病室にも「抗癌剤やったら腸閉塞になっちゃって10キロ痩せたの〜」と明るく教えてくれた先輩患者さんがいたり。なんというか、メソメソしてる雰囲気がありません。
    トピ主さん、変な例えですが手術は案じるより産むが易しな気がしてます。産んでしまったらもうその後は突き進むしか無いのも出産と同じな気がします。どんな子供(病巣)でも、自分の子供なので付き合っていくしかありません。案外大人しいか、凄くやんちゃなのか。なるべく大人しいのを望みましょう、お互いに。

    ユーザーID:7094802399

  • 今年1月乳がん

    を告知されました。
    昨年末に細胞診を受けた結果でした。

    そして転院して初期ということで早速日帰り手術を受けました。

    乳がんはスピードががんの中ではゆっくりということですが、リンパに転移したら嫌だと思い決断しました。

    混乱されているところに申し訳ないですが、日帰りということが
    気になりました。

    一緒に頑張りましょうね。

    ユーザーID:1419361928

  • 今が一番辛いとき

    私は2度の乳がんサバイバーです。

    最初自分でしこりを見つけたときは、血の気が引きました。全然しこりに気がつかず、夫ともレスになっていたので、気づくのが遅れ、見つけたときは自分を責めました。でもね、自分を責めても何もないどころか、ただでさえ動揺している自分に、さらに鞭を打って落ち込みが増すだけです。だから、自分を責めるのはやめましょう。今見つかって良かったと思って下さい。

    いまは自分がどういう状態なのかわからないから、一番辛いときです。自分の癌の進行度や位置やタイプが分かり、治療方法が決まると、落ち着きますよ。そして、よーし生きるぞと思えます。

    今一番重要なのは、自分を労わることです。自分に優しくして下さい。泣いてもいいんですよ。お風呂に入ってゆったりしてね。子供さんと遊んでいっぱい笑って下さい。体を動かすのもいいです。自分の好きなことをして下さい。

    気持ちの持ちようで体調も変わります。明けない夜はないのです。

    お大事になさって下さい。

    ユーザーID:7167246546

  • ありがとうございます 少し食べられるようになりました

    見ず知らずの私のために、皆さまお時間を割いて励まして下さってありがとうございます。
    大袈裟ではなく、何度も読み返して心に刻んでいます。
    特に複数レスをつけてくださった乳がん患者様、親身に寄り添ってくださって感謝しています。
    まとめてのお礼となりますことお許しください。

    皆さまのレスをもとに、頭の中で出来るだけ良い方向へのイメージトレーニングをしています。

    最初は、良性と言われ続け、
    次に悪性だけど日帰り手術で完了と言われ、
    次に、娘結節の疑いがあることから、全摘+抗がん剤を示唆され

    次々と、想像以上に悪い現実を突き付けられて、暗雲の中を転げ落ち続けるような感覚でした。

    皆さま方の励ましのお陰で、戦うんだ、何があっても乗り越えるんだ、という気持ちが少しずつ芽生え、それとともに食事量も僅かに回復してきました。

    次の診察では、生検やMRIの結果を聞くことになりそうです。また、想像以上の展開が待っているのかもと思うだけで辛く、せっかくの前向きな気持ちの芽が摘み取られないよう、祈るような気持ちでいます。

    今日も通院してきました。
    もともと乳腺とは別に持病があり、それが手術などの治療で悪化することもあるものですから、そのコントロールをお願いしてきました。

    ついでにと言ってはなんですが、生検部位がものすごく腫れ上がるので、乳腺科に飛び込み受診してきました。
    運良く、患者待合室に主治医が通りかかり、通路に立つ私を見つけて声をかけてくれ、外来非番だというのにすぐに診察してくれました。
    「うわあどうしたんだろうね、これ。痛いだろうから痛み止めを飲みましょう」
    とのことでしたが、
    体の痛みは、主治医に診ていただけただけで和らいでいくような感覚でした。
    担当スタッフの声かけひとつで、患者がすごく癒されることを、感謝の気持ちと共に伝えたいです。

    ユーザーID:7489517517

  • 支えるほどのことはできませんが

    今が乳がん治療でも1、2を争う辛い時期ですね。お察しします。

    >どなたか私を支えてください。
    まず、最初に言うことは、大学病院の先生の言うことを悪く捉えすぎないことです。大学病院の先生は、その医師が嫌いなんだな、くらいに捉えておくのが良いでしょう。

    ただでさえショックを受けている患者を心配させて後悔させるようなことを言うとは、ちょっと話術が稚拙な先生のようです。まぁ、そこは医師も人の子です。仕方ないとしましょう。

    このクリニックだから早期発見できた、ということはあっても、このクリニックだから発見が遅れた、ということはないと思います。エコーやマンモの画像診断の段階で判別がつくタイミングは、大体どの医療機関でも同じで、それは、定期的な癌検診で見つかるレベルだと思います。トピ主様は、そのくらいのレベルにあると思ってい良いのではないでしょうか。

    また、1年を争う治療であれば、いくら混んでいる手術でも「少し先」にはなりませんよね。1年前に生検をしていたら、と言う気持ちはわかりますが、今が遅すぎと言う段階ではないと思います。

    むしろ、癌検診で引っかかる時期が治療対象の最も多い状態だと思うので、データも豊富でしょう。治療の適期と考えましょう。

    そしてクリニックに不信を持った貴方は転院し、より詳細な状況を知る立場を手にした。貴方は、今のところ、癌治療の勝負に勝っているのです。

    落ち着きましょう。

    今回の勝負でまず先行白星を上げられたのは、ご自身で考えて行動したから、です。これからも考えましょう。

    まずは実績の豊富な「標準治療」の内容をパターン別に理解しましょう。そして、自分にとって最適な治療を探してください。

    ユーザーID:5519941380

  • 直前のトピレスがちょっと気になったので

    2020年2月3日 22:54のトピレスを見ました。

    >最初は、良性と言われ続け

    乳がんって、超初期は良性と区別がつきませんよね。ですから、トピ主様が遭遇した一連の流れは、比較的多くの方が経験されているパターンだと思います。

    超初期に生検まで持ち込めたら良かったのでしょうが、それはそれで、星の数ほどの良性を、多忙な医師がどこまで生検するかと言う問題にもなる。乳腺外科の混み具合を見ると難しそうです。

    ですから、良性と言われても安心せずに定期的に検査を続けたトピ主様は、正解パターンの一つ、と思います。

    ちなみに、MRIは、病気の進行を見ると言うよりは、摘出範囲を決めると言う、診断を下したり癌の進行度を見ると言うよりは、手術準備的な検査です。範囲が広ければ(広がりと進行度は別物らしいですから広いからといって落ち込む必要はないそうです)全摘だし、一部なら温存もあり、それを判断するだけのものだと聞きました。

    針生検の結果は、癌であることがある程度決定しているなら、再発予防薬を決めるためのものと思います。抗がん剤とかホルモン剤、と言うと怖くなりますが、いわゆる予防接種がわりの点滴や、予防薬としての飲み薬を決めるためのものです。手術後の病理結果を待って確定しますが、術前抗がん剤をされる方もいるので、予備検査として当たりをつけるようですね。

    つまり、医者はもう、癌を叩く武器を武器屋で選び始めています。そのための検査が始まっています。

    私もすごく大騒ぎしました。データを見るたび悪化しているような気がしました。が、医者は、「癌のタイプを調べて、タイプに合わせて治療する。それだけだよ。どんな結果が出たってあんたが死ぬわけじゃない。生きるためのより良い手段が選べるようになるだけだよ。」と言っていました。

    本当にその通りなんですけどね。

    ユーザーID:5519941380

  • 皆で頑張りましょう

    私は一昨年の定期検診で良性の手榴があるという結果でした。 しかし気になり最初はトピ主さんの様に小さなクリニックで検査したところ、先生は気になるものがあるから3ヶ月後にまたエコーでみましょう。との事で、それからどんどん不安になってしまい思い切って大学病院へ駆け込みました。
    そしたらエコーの結果でほぼ悪性と先生から言われショックのあまり気を失いかけてしまいました。その時に先生からこれから沢山の検査をしていかなければならないから気をしっかり持ってと言われ、立ち向かって行こうと方向転換しました。
    しかし頭は混乱していたので、精神科とカウンセリングに行きメンタルの方を万全にし手術に挑んで今は無事に過ごしています。手術の四か月後には自分へのご褒美に家族で沖縄に行きました。

    がんと確定したら主治医の先生に任せて後は、時間がある時など温泉やプチ旅行に行き、病気の事を忘れる、脳を楽しい事で麻痺させる事も私には有効な事でした。皆で少しずつ頑張りましょう。
    あとカウンセラーの先生が、がんをやっつけてやろうという思いが大切と言ってました。

    ユーザーID:3118015742

  • ありがとうございます 手術を受けます

    皆さま本当にありがとうございます。
    身体は熱もないし支障なく動けるのに、本当に信じられません。
    トピを上げてから日がたちましたが、何度もいただいたレスを読み返しています。本当にありがとうございます。特に「先行白星を挙げている」というお言葉には涙が出ました。

    生検の結果が出て、来週 手術を受けることになりました。
    範囲が広そうで、全摘です。
    先生が急ごしらえで空けてくださった手術枠なので同時再建は受けられませんが、ありがたく手術を受けたいと思っています。

    今のところ、エストロゲン・プロゲステロン強陽性ということまで解りましたが、
    Her2と間質浸潤の有無については、私は特殊タイプで生検だけでは解らないそうです。手術の検体を検索して最終判定となります。
    遠隔転移はありませんでしたが、リンパはまだわかりません。

    色んな情報を見ては、良い方に考えたい自分と、悪い方を想像してしまう自分がいます。

    手術に不安はありません。
    でも、病理の結果が怖くて不安で仕方ありません。
    ホルモン療法も、副作用を乗りきれる精神力が自分にあるのか自信がありません。

    とりとめなくてごめんなさい。
    私は生きたいのです。親バカですが、こんなに可愛い子どもたちに恵まれて、この子達からこんなにも無償の愛情をもらっているのに、
    もしかしたらこの子達の将来を見届けられないなんて、成長過程を守ってやれないなんて、無念なのです。
    どうか神様、私を守ってください。
    どうか皆さま、私にエールをください。

    ユーザーID:7489517517

  • 手術が無事に終わりますよう…

     お祈りしています。
    お子さんたちも、旦那さまも見守ってくださいます。

    ユーザーID:8060837675

  • 食べて体力を味方に

    同じ2人の子持ち、働く母として、応援させてください!

    私の経験ではないですが義母が婦人科の割と予後の良くないガンでした。ステージ高めで全摘しましたが、術後3年の今とても元気です。
    母はスポーツマンで体力精神力がものすごくあります。同じ入院患者さんでも、体力免疫力のない方は抗がん剤治療にとても時間がかかったと聞いています。
    食べて体力つけて、ご家族と笑い過ごし、免疫力を高めてください!主人はお笑いの動画サイト視聴をやたらと進めていました笑

    また、主さんの治療経験がお子様の自立や人を思いやったり助け合ったりする成長にも繋がることと思います。
    気休めにもならないかもしれませんが、、お母さんがんばれ!

    ユーザーID:7209002430

  • 頑張ってください!

    いよいよ治療ですね!
    私も40代で乳がんを経験した者です。
    まだホルモン治療中です。
    自分の場合、姉が先に乳がんになっていたため、知った時はあなた様より覚悟があったかもしれません。

    でも長期間の副作用で、体調も気持ちも病んでいる感じです。
    再発なく暮らせたとしても、進行してしまった老化は回復しない事を知りました。
    何より辛かったのは、一緒に闘病していた姉が亡くなった事です。
    最初の受診で誤診でした。
    苦労続きの人生だった姉は本当に不憫です。
    両親の世話を助けてもらう事も、これから旅行も一緒に行かれません。

    こんな者もいます。
    どうぞお子さん達の為に、頑張ってください。
    エールを送ります!

    ユーザーID:1020938087

  • 一緒に頑張りましょう

    五年前、乳がん手術を受けました。
    当時、子供は小学生で、この子が18になるまでは何とか生きねばと
    必死の思いでした。

    今はお辛いばかりかと思いますが、お子様のために生きる気力をふりしぼって、病と闘うことだけを頑張ってください。
    あとは何にも考えなくても、しなくてもいいですよ。
    治療以外はお好きなことしてください。
    頼れる人、甘えられる人になんでもしてもらってくださいね。

    私自身、治療はまだ続きますが、当時小学生だった子供は
    あと数か月で18です。

    ユーザーID:9857511123

  • 応援しています

    手術を終えた頃でしょうか。
    お疲れ様でした。

    文字通り身を切るというのは、
    身体的負担もあるでしょうが、
    今まで当たり前の様にあったものが無くなるという精神的な負担もあると思います。

    幸いにも良い病院に巡りあえた様ですので、
    きっと今後も安心して良いサポートが受けられるのではないでしょうか。

    トピ主さんが今後の人生で
    乳がんと良いお付き合いをしながら歩んでいけるよう、応援しています。

    ユーザーID:7775991073

  • 家族のために生きる

    まず、手術の成功をお祈りします。

    2度目の投稿です。

    わたしは2度の乳がんを経て今経過観察中です。最初の乳がんは30代後半でした。わたしは、自分の仕事を優先していたので、子供なしです。でも、乳がん患者さんでお子さんのいらしゃる方、あるいは配偶者への愛の深い方の生命力はすごいです。子供のために生きるぞーーーーー!夫のために生きるぞーーーーー!という方の意欲が免疫力を高めるのかと思います。

    お互い長生きしましょう。

    手術を乗り切って、ホルモン療法、そして必要なら他の治療もしっかり受けて、長生きしましょう。わたし自身は、食べるものに気をつけ、あまりストレスを溜めないよう健康的な生活を送るようにしています。仕事も量は減らしたものの、生きがいとしてやっています。マッサージや、針などもたまに受けます。自分に優しくして下さいね。

    お大事に。

    ユーザーID:7167246546

  • 気持ちで負けないで!

    私も40歳で乳がんが発覚しました。子供も2人います。

    子供たちの成長を見守るために、なんとしても治療をがんばらないといけません。

    そのためにも、気持ちで負けちゃダメです。

    ホルモン療法で副作用が出ても、なんとしてもやりきってやる!
    抗がん剤もやってやる!

    と、治療を始める前に強い気持ちを作ってください。

    やる前から気持ちで負けていたらダメですよ。お互い頑張っていきましょう。

    できることに全力を尽くすことしかできません。

    ユーザーID:4189009805

  • トピ主さんに差し上げたい

    私は自分の子どもが亡くなってしまったのでトピ主さんに私の余命をあげたいです。本当に本当にあげられたらいいのに。手術きっとうまく行きますよ。お子さんたちのためにも頑張ってください。

    ユーザーID:9566266717

  • 応援しています!!!

    経験者じゃないのでアドバイスはできません。すみません。でも応援したくて。
    コメントしていなくても、トピ主さんを応援している方はたくさんいます。
    絶対にお子さんの成長を見届けるんだ!と強い気持ちをもって臨んでください!

    トピ主さんのお話を伺い、改めて、日々の健康管理や検診・セカンドオピニオンの重要性を再認識しました。感謝です。

    ユーザーID:4057587335

  • 追伸(すみません)

    先ほど書き込みした者です。
    とてもセンシティブなトピック内容なのに、
    ぶっきらぼうな書き方になってたかもしれません。
    ご気分を害されていたら、本当にごめんなさい。

    「思考は現実化する」という話、聞いたことありますか?
    絶対大丈夫、治してみせる、
    元気になったら家族と何しようとか、何食べようとか、
    ここ行きたいとか、誰と会いたいとか、
    楽しいこと、未来の元気なご自身を想像してくださいね。
    皆さん仰るように、気持ちってとても大事だと思います。
    あとは外の景色を眺めて元気をもらったり…

    心より応援しています。度々失礼致しました。

    ユーザーID:4057587335

  • 私の知人も

    私の知人も乳癌になりました。
    入院中は暇だから、ポケモンゴーやってたよって。
    ウイッグつけて、明るく振る舞ってました。彼女も高校生の娘も二人いて、頑張ってました。
    大学病院に行かれて何よりでしたね。医学の進歩を期待しましょう。

    ユーザーID:5444801801

  • 皆で頑張りましょう

    私も術後、結果が怖かったです。
    でも今はがん細胞なんてやっつけろ!と頑張ってます。
    先のことは今は考えず今生きている幸せを感じましょう。免疫力も上がるしよい方向に全てが回転していくと思います。

    がんサバイバーの方は私の周りでもたくさんいます。皆で頑張りましょう。
    貴方だけではないので安心して。

    ユーザーID:5463039819

レス求!トピ一覧