有給休暇を取った翌日の朝礼の挨拶

レス18
(トピ主0
お気に入り27

男性から発信するトピ

ジミー

 私の職場では、8:30に全体の朝礼があり、その後、各部署に分かれて部署ごとの朝礼を行います。その時に、各自がその日の業務内容の予定を報告することになっています。その部署ごとの朝礼の時に、有休を取った翌日は、自分の業務内容を報告する前に、「昨日はお休みを頂きありがとうございました」と一言言ってから自分の業務内容を報告する「しきたり」があります。この、「昨日はお休みを頂き」という表現に違和感を覚えるのは私だけでしょうか? かといって、「昨日はお休みを下さり」というのもちょっと大げさな響きがありますし、何と言うのが自然で正しい表現でしょうか?

ユーザーID:4934106307

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
  • 違和感があるなら言わなければ良い

    しきたりと言っても別に強制力はないのですよね。だとしたら「昨日は有休取得でした。」と言ってから業務内容を報告したらどうでしょうか。

    だけど、自分が休んでる間に何かを代わりにやってくれた人がいるのなら、やっぱり「お休みを頂き」でしょうし「ありがとうございました」と言うべきなんじゃないでしょうか。

    こんなどうでもいいことを考えるより、もっと創造的なことを考える方が良いかもしれませんね・・・。

    ユーザーID:4936811457

  • そうかな

    その表現が一番しっくりきます。最初に入った会社は有給取る前日に一人一人に「明日有給頂きますのでよろしくお願い致します。」有給取った次の日は「昨日は休ませて頂きありがとうございました。」とこれまた一人一人に。ベテラン新人関係なくです。

    うんざりな習慣だったのですが非常に社員同士信頼感があり人間関係は良かったです。お互い感謝し合い、助け合う感じが良かったのかあの習慣も無駄ではなかったのかなと。

    ユーザーID:3028496245

  • お休みをいただいていたのは違いない

    お互い様なんだからいちいちありがとうございましたはいらなくない?とか、昨日わたしはお休みでした、でいいんじゃない?という事かと思いきや。

    わかりにくいんですが、お休みを下さって、というのはトピ主さんもお感じのように大げさだし、更には、休みの許可を出した上司以外、言われる筋合いない言葉よね。
    間違いなく休みをいただいていた、だから、
    昨日は休みをいただいていました、で問題はないようにわたしは思うけど。
    で、定休日とかではない以上、トピ主さんがお休みでも全体としては仕事をして回っていた。
    なにかあったら出勤している先輩同僚後輩がフォローしてくださったかもしれないし。
    そう思えば、お休みをいただいて、ありがとうございました、も別に不自然ではないように思えます。

    ユーザーID:0171996017

  • 有給休暇

    「昨日は有給をいただき ありがとうございました。しっかり リフレッシュ出来たので 今日は張り切って仕事に取り組みます」

    で良くね?

    なんだか 時代錯誤てきな考えのある職場のように感じますね。おそらく 有給をあげてあげてるみたいな考え方なのでしょうか。

    有給は権利であり、義務でもある(はず)。

    なので、堂々と明るく 言い切っちゃいましょう。

    少しずつ 職場の雰囲気 変わるといいですね。

    ユーザーID:2703476077

  • まあ

    まあ、何となく違和感には同意する。

    ただ、会社は集団なので、そこの議論の末に旨味があるなら議題にあげてもいいかなとは思うけど、そうじゃないなら定型文で、さらっと済ませるままにしといた方がいい気がします。

    そこにバリエーション持たせると、誰々の言い方はどうとか、仕事や会社の成果に関係のない事で盛り上がりませんか?

    ユーザーID:4513019772

  • 男性から発信するトピランキング

    一覧
  • もしも

    他の人がまとめて 偶然でも 半分以上の人が有休を取ってしまったら……
    なる電話に対応したりするのは トピ主さんですね。
    しきたりというのは便利なものです。
    其れを口にしておけば 場を凌げます。
    おはようございます!だって
    いただきます!だって そうでは?

    下さり〜は確かに大袈裟ですね。

    ユーザーID:9125755077

  • トピ主の分の仕事を誰かが負担したの?

    それなら「お休みをいただき」でもおかしくはないかと思います。
    もしくは「ご迷惑をおかけしました」とか
    「色々代わっていただきありがとうございました」とかかな?


    別に誰かの負担も増えてないし
    トピ主の仕事が滞っただけなら
    「昨日の休んだ分早急に処理します」で良い気がしますけどね

    ユーザーID:6232385317

  • へりくだり過ぎに感じるのかな〜

    私の会社だと、皆、色々な言い方ですね。

    一番は「昨日は休暇を取らせていただいて
    ありがとうございました」かな?
    「休暇を取る」の謙遜なだけで、過剰な
    へりくだりはないので。

    他には「昨日はお休みさせていただいて
    ありがとうございました」というのも。

    私的には、朝礼で1回言えば済むのが
    羨ましいですね。
    ウチの会社は週1朝礼方式なので、その時に
    言えれば1回で済むけど、そうでない時は
    自席についたらソッコーで周りの席を巡って
    上の台詞を一人ひとりに言ってまわらなきゃ
    ならなくて、地味に時間を食うんです…

    ユーザーID:0012707339

  • どういう意味の違和感?

    これはどういう意味で違和感があるという事でしょうか?

    厳密にいえば有休は労働者の権利だし、有休をくれた(認めた)のは会社なので、別に部署の人に貰ったわけでは無い、という意味?

    それとも有給休暇という物質じゃないものに対して「貰う」という表現がおかしいという事?

    それとも何か敬語としておかしい気がするとか、表現が仰々しいとかそういう意味ですか?


    有休は労働者の権利という意味で正確に言えば「昨日はお休みしまして、ご協力ありがとうございました(ご迷惑おかけしました)」でしょう。

    でも実際には一人が休むと周囲は何らかの影響を受ける訳で、みんなの協力を元に取得できたと言えない事もありません。

    だから「休んでも円滑に仕事が回るように協力してもらったおかげで取得できた」という事だからいいんじゃないでしょうか。


    「昨日はお休みを(取った私の分の仕事を担って)頂きありがとうございました」だと思えばいいんじゃないでしょうか。

    つまり「頂く」を「貰う」と考えず、謙譲語の「頂く」であり、実際の行動(仕事を負担してもらう)は省略されていると考えればいかがでしょう。



    私は特に違和感はないですね。
    「お先に失礼します」とかと同じかな。別に定時以降に帰るのに失礼も何も無いので「帰ります」でいいんだろうけど、それじゃあちょっと愛想無いなという感じ。
    あるいは「お名前頂戴できますか」とか。名前に対して「貰う」は変と言えば変だけど、そういう言い方することもある。

    ユーザーID:4694371022

  • 別に「皆さんから頂いたお休み」でもないけど

    別に、職場皆さんからの好意で頂いたお休みを行使したわけではありませんがね(笑)

    でも休暇を取得したのは事実。
    自分が不在だったことで、たとえ僅かでも同僚に負担をかけたり、
    世話をかけたりしたわけでしょ?あなたが知らないだけで。

    絶対に誰にも迷惑かけてない!って言いきれます?
    だとしたら、それは問題ですね。営業日に休んでも誰にも迷惑がかからない存在だとしたら・・・

    違和感あろうが、その御礼のひとことが大事なんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:7793043529

  • 私は辞めました

    昨年10月から暫く隣町の勤務地へ行く事になりました。
    そこは、休暇の翌日に「昨日はすみませんでした」を言うのにビックリしました。
    突発的に休んだり遅刻や早退したら謝るのは分かりますが…そして昼休憩に出る時は「休憩に入ります」って…今時間みんなも休憩でしょ!と思い、元の場所や他の所も一切そんな事を言わないのでビックリしました。
    いちいち面倒だなと思い自分なりにしっくり来ないので年末に辞めました。
    今の職場そんな事は一切言いません。

    ユーザーID:1148602967

  • いつしか誰かが始めた

    私がパートで働いた会社もです。
    たぶん新卒組が丁寧なつもりで言い始めたんだろうなぁ。そういう無駄な習慣て、なぜだか市民権を得て広まるんですよね。
    お休みをいただく、という表現は慣用句みたいなものと思っています。

    ユーザーID:6456372038

  • うちは朝礼ないけど

    休んだ次の日に出勤したら、
    「おはようございまーす!昨日はお休みありがとうございましたー!」
    ってさら〜っと言いますよ。
    みんなが働いてるときに休みを貰ったことには間違いないし、別に違和感も何もない。
    挨拶の一部だと思ってますけど…なんかおかしいの?

    ユーザーID:9877997220

  • あ、ありますねぇ

    私が初めて就職した会社はそういうしきたりがありました。
    「昨日は、御休暇を頂きありがとうございました。」
    そしてお給料日にも 「お給料を頂きましてありがとうございます。」
    という・・・。
    若かったけれど どうも納得いきませんでした

    今は「お休み頂きありがとうございました。」なり
    「お世話掛けました何かありましたか?」
    ですかねぇ。

    ユーザーID:9823748507

  • 別に普通のことかと。

    ザンパノさんのレスがしっくり来るかな。
    そういうもんじゃないですか?
    会社の営業日に休んでいて、なんの迷惑もかけてないと考えるなら、
    その方がものの考え方として問題ありません?

    なんか、今時の人って、権利を行使するのは当たり前のことだから、
    という感覚の人が多いですね。
    そんな程度のことに違和感を感じて退職したという人までいてビックリです。

    物事を柔軟に考えた方がいいですよ。
    そうすると、自分自身のストレスもなくなりますから。

    ユーザーID:6711079205

  • 法的な権利と人間の心情は別の所にある

    ただそれだけの話。

    有休を取る権利があるのだから、休んでいる間に誰かがフォローするのは義務。
    法的構造としてはその通り。
    礼を言う筋合いはない。

    だが人間の心情はそういうものでもない。
    時季変更権を使う程じゃないけど、ちょっと有休使うの遠慮して欲しいって時もある。
    インフルで欠員があるのに、有給取得を強行すれば、残ってフォローする人達が大変な思いをする上に、面白く思わないのも事実。
    そんな時は詫びの一つも言うのが人間関係を円滑にするコツ。
    観光に行ったのなら手土産の一つも持って行く。

    何の問題もなく、残った人が大して負担にならない時もある。
    でも大して負担をかけていないという判断は自分でするものでもない。
    負担がかかった方が思う事。
    一応、詫びておいた方が無難。

    そんな詫びは儀礼的なもの。
    四角四面に考えなくていい。
    こちらが世話をしていても、大して世話になっていなくても、メールの書き出しで「お世話になっております」と書くようなものとでも思っておけばいいんじゃないの?
    定型文を省いていきなり要件から入るのちょっと違うよね。

    朝礼の時、そんな定型文がある会社ってだけ。
    きっと昔、とても迷惑をかけて休んだのに礼も言えない人がいたのでしょう。
    謎の校則みたいなもので、決まりができる時は理由があった。
    時間経過と共に謎になっていくだけ。
    そして「お世話になっております」と同様に定型化されたのでしょう。
    別に気にしなきゃそれでいい内容だと思う。

    ユーザーID:5719157199

  • ローカルルールなんでしょう

    自分の職場では朝礼自体無くなりましたよ。
    有給休暇の際もお礼?は無いですね。

    グループで予定表を共有しているので、休みについてもそこへ書き込みます。

    突発的な病休の場合なら、挨拶はフォローしてくれた人に対してのみしています。

    ユーザーID:5220513550

  • 定型文でしょ。

    別にいじる必要ないと思います。
    有休は権利だし堂々と取ったらいいと思うけど
    やっぱりその分だれかがカバーしてくれてるわけだから
    お礼を言う訳でしょ?なら「お休みを頂き」でいいと思います。

    お礼を言うのだから多少謙譲表現になるのは仕方ないです。
    「昨日は有給休暇でした。みなさんフォローありがとうございます」とか?
    なんか偉そうじゃない?

    ユーザーID:3048856803

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧