嫁は私だけです。

レス27
(トピ主4
お気に入り305

家族・友人・人間関係

羽子板

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 主です。皆さんありがとうございます。

    早速ご意見ありがとうございます。夫にふんわりとお話します。
    私は20前半で嫁ぎ世間知らずなところもあり実母も義母もそれぞれ田舎で嫁ぎ先の親や兄弟の面倒を看た世代。日本女性の美徳の様に言われ私も育ちました。
    それもあり夫や義兄弟たちは『まさかオレらが。嫁がいるだろ』と平然と話しています。
    とりあえずここ5年は真剣に離婚を悩みました。
    人は心ですね。実母と実兄は、これまでとても大事にいつも優しく私や子どもを大切にしてくれてますので、やはり心から介護したいと願います。

    先日義父が入院し、主人と相談して私達の住む都会のそばのマンションに義父母に引っ越してもらって老後を一緒に、と提案すると義兄弟と義父母から夫は叱られたようです。
    『介護するなら実家に同居しろ。不慣れで知り合いもいない都会に住めとは両親が可哀想だ』と意見でした。おっと、、これは私もビックリしました。
    何故ならば夫はこれまで何度も転職し社会適応が難しく、今は私の経営する会社に勤めています。
    義父母の介護のために遠方の義実家に帰るならば、開業20年の会社を閉じるか社員に託すしかなく、私達夫婦は無職で遠方の義実家に帰らなければなりません。苦労して経営してきた会社は我が子同然なんです。泣。
    そしてまだまだ子の学費もあり、私はこちらに残り会社を続け生活費を稼ぐのが賢明だとその時思いました。実母も軽度の脳梗塞を治療していますので私がここを離れ難いです。

    しかも半年前、義父母同居の義兄が重病になり、、そんな中でも医者から止められてるのに義父と義兄は深い飲酒が辞められず何か事が起きれば夫や私に頼って連絡が来ます。

    独身主義で深酒や趣味、したい事を楽しんで生きてる義兄弟達の老後なんて『もう知らないわ!』と思う反面、義父母からいつも『息子達をよろしく』と言われるたびに冷たくも出来ない、と揺れる50代おばちゃんの私です。

    ユーザーID:0533628943

  • 主です。皆さんの意見、、泣。嬉しいです。

    ありがとうございます。心から感謝致します。

    今回ご相談させて頂いた事で、冷静にこの結婚してからの日々を、思い返す事が出来る機会となりました。

    同じお嫁さんの立場の方、独身の方、夫の立場の方、その他色んな方向からのご意見をこんなに迅速にいただけるなんて、ほんと素晴らしいと思いました。
    自分の甘さもはっきり自覚し、また自分の出来ることの範囲も能力も分かってきました。

    まずは夫と子どもとの生活を大切にしたいと思います。不器用な夫ですが私にはとても優しくいつも支えてくれてます。ここは必守したい。。

    結婚はこんなに大変なものかと、実感もしながらも毎日お仕事を頑張りますね。患者さん達の為に心を込めて全力でお仕事したいと思います。

    独身の方たちの老後問題は、実兄にも当てはまりますが、当人さん達もきっと色々と日々考えておられる事を私は対岸で全く知りませんでした。とても刺さりました。
    周囲のシングルの人たちの、趣味や旅行行った話しや車を買い替えた事、毎週の様に飲み会行ってる事、高そうなバッグやコートを見るたびに私とは世界が違い過ぎて、でも結局家庭のある身寄り(女手のある)に病気の時や老後を頼るんでしょ!と勝手に偏見していました。
    ごめんなさい。。
    ただのジェラシーだった。。
    私は自分の意思で結婚を選び子どもも希望し出産し喜びました。
    なので毎日、1円でも安い卵を買いに走りますし、お刺身やお肉は夕方半額にしか買いに行きません。
    生き方は人それぞれで、なるべく周りに迷惑かけずお互い信頼し、少しずつ助け合って自立して生きていけるといいですね。
    優しい夫の親や兄弟を信じて、行く末を夫を助けながら見守りたいと思います。
    まだまだ子どもで周りに振り回される未熟な50代おばちゃんです。
    50になれば、なんでも迷いなく分かり何でも出来る思っていたのが、全然ですね笑。。
    皆さんありがとうございます。

    ユーザーID:0533628943

  • 涙、、涙。。ありがとうございます。

    皆さま、本当に親身に色々と丁寧に教えて頂いたり、調べていただきありがとうございました。
    家督制度や扶養控除、新しい実子介護文化、田舎の嫁制度。。皆さんの熟知されてるご様子にただただ自分の無知さにおののきました。

    とてもありがたく感動しました。全て頂いた皆さんのご意見や励ましのお言葉はコピーしてパソコンに保存させて頂きました。

    昨夜主人ともよく話し合い、私の思いを伝えました。今までも時々 事が起きれば話してましたが、今回こそはきちんと聞いてくれました。

    主人のご両親は主人の兄弟と話し合って、私は主人の分担分(三等分に近い形が望まれる)の彼の出来ない事や、主人が頼む部分のみをお手伝いしたいと言いました。主人の後方支援要員の立場ですとハッキリ。ヤッタゾ!私はついにヤッタ!皆さん。

    そうなると、主人は親の介護のため1人帰り田舎に一時的に住むことになりそうだな、、と涙ぐみ寂しそうでしたが。そして傭兵の様な修行僧の様な、辛いけど頑張ってみるよと言ってました。(親子関係がかなり良くないので、夫には針のムシロかもしれませんが)。。
    その機会が来た時、私達夫婦にとっても、初めての別居で、お互いの精神的な自立訓練にもなりそうで、良いことかと私は思いました。

     私達は大学卒業前に婚約し、卒業と共に結婚し今までずっと一緒に生きてきました。お互いの親は私達が若く未熟な時から陰ながら応援してくれてました。その背景から精神的にもお互いの親は身近な存在だったんだと思います。

    (次頁につづく)

    ユーザーID:0533628943

  • 主による2ページ目。

    前頁につづく)

    主人は兄弟には、これからの老後についてまずは義兄から順に話したいと言ってくれてます。

    『兄ちゃんは俺の年上だし順ならば俺が施設や病院の手続きするし、後見人として片付けるから。弟は年下だけど、入院や入所費用ぐらいは今から貯めておくよう諭しとくから。』と言ってくれました。
    残るは、墓と仏壇、、両家も親にそれぞれ相談して私達が合葬するか永代供養に出すか、、息子が海外に暮らしても近い将来面倒が無いようにしないとね、と意見が一致しました。両家共、墓じまいは淋しいですが息子とその家族、孫達の幸せには変えられませんね。

    義弟は東京の独身1人暮らしで、毎日奮闘していると聞いてます。家賃も高く転職により収入も上がらず親族もそばにおらず、夜帰っても味噌汁一杯沸かしてくれる人も居ない。。風邪をひくと1人コンビニに行き、食べれる物を探し完治しなくても会社から呼び出しあらば出勤し残業し、、。
    私には体験した事ない自由だけど過酷な生活だそうです。都会では沢山の人がそうだとも聞きました。

    家族ってなんだろう、生きるってなんだろう、、今更、中二病の様な50過ぎのおばちゃんです。

    ユーザーID:0533628943

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧