貧困家庭出身、子ども【愚痴】

レス23
(トピ主0
お気に入り55

妊娠・出産・育児

ひつじ

相談と言うよりも愚痴です。
20代後半既婚子なし正社員です。

私は幼少期〜大学進学まで貧困家庭で育ちました。大学時代は奨学金とバイト代で生活費から教習所の費用まで全て自分で賄ってきました。

実家は祖父が要介護状態になったのを機に自営業を廃業、築50年の家屋だったこともあり風呂が壊れても直せず、シンクで髪を洗うこともあるくらいお金がありませんでした。多感な時期にシャワーもろくに浴びれず肩身の狭い学生時代でした。また、バスすら1本あるかないかの片田舎で、最寄りの駅まで車で20分、親が送ってくれなければ高校すら通えなかったため、経済的に逼迫した状況で家の中はピリピリ、ちょっとした事で母親の機嫌を損ねれば学校へ通うこともままならない状況でした。

現在、結婚して仕事も続けていますが、自分の収入があることでようやく人並みの生活を手に入れ、出産後もし働けなくなったらと思うと絶望してしまいます。

また、夫は転勤族であり、彼もまた実家のことで金銭的に苦労しています。早くに父を亡くし、金銭管理が出来ない義母に催促されて多額の援助をしていたため結婚時の預貯金もあまり無かったと聞きました。実家に経済的余裕のある同級生のことをうらめしそうに話すことも1度や2度じゃありません。

そのため、私たち夫婦はあんまりお金を使ってもらってない子ども時代を送ったため、いざ子育て中に大きなお金がかかる節目節目で、ちゃんと快く出してあげられるか自信が無いです。
勿論、自分の子どもには経済的な苦労はさせたくないですが、いざ心の余裕がなくなった時に「あんたにどれだけお金かけてると思ってるの」とがめついことを考えてしまいそうで怖いです。子どもに愛情を持てるか不安です。

まとまりのない文章で申し訳ないです。極貧家庭で育ち、結婚、出産した方の話を聞いてみたいです。

ユーザーID:0200021991

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
  • たぶん半分が貧困家庭育ち

    私の場合の当時、持ち家で住んでる人は同居してる人くらいで他の皆は、市営住宅で共働きの両親達だったきがします
    あの時は、金持ちなんていなかったきがする
    貧困経験の有無で違うのはお金の有り難さや子供が自分に出来ると親に対する尊敬が違う気がします
    あなたの自立は今後の未来にとても訳にたちます
    あなたの判断は間違ってないです

    ユーザーID:8287624102

  • 大丈夫ですよ

    アラフィフです。

    私も、主さんほどではなかってけど、いわゆる貧困家庭出身です。

    ただ高校からバイトをしていたし、当時は私の周りにも貧困家庭はいたので
    そんなに肩身の狭い思いをした記憶はありません。

    >経済的余裕のある同級生のことをうらめしそうに話すことも1度や2度じゃありません。

    わかります。隣の芝生は青いなーって常に思ってました。

    20代までは買い物をするときは、10円単位で差が気になる金銭感覚でしたが
    今はコスト的に価値のあるほうに目が行くようになり、
    100円単位なら気にせずに出せるようになりました。

    主さん、まずは自分の生活を充実させてください。

    無駄遣いではなく、頑張っている自分に、旦那さんに
    ときどきはご褒美をあげましょう。

    生活を充実させる出費は、決して無駄遣いではありません。

    子供への出費もそうです。
    子供の笑顔を見れば、仕事への意欲も出てきます。

    そうすれば、おのずと金銭感覚が研ぎ澄まされて
    払うべきお金と、無駄遣いの差が見えてきます。

    そしてお金を貯める有効手段は、節約よりも昇給です。

    頑張り屋さんの主さんなら、大丈夫ですよ。

    ユーザーID:2688388889

  • いや

    いや、大学受験させてもらってる時点で貧困家庭じゃないでしょ。
    高卒で働いて、家にお金入れてる人だって居るんですから。
    奨学金を自分で払ってる人は世の中に大勢います。教習所しかり。
    大卒で働いてるんだから、今は収入もあるだろうし、自分と自分の子の生活はちゃんとしたらいいだけでは。
    シャワーを修理する自信がない、とはどういう意味なのかわかりません。

    ユーザーID:8830232171

  • 私の母がそうです

    私の60代の母は父親(私の祖父)が働いていなく、母親(私の祖母)が食品工場でパート勤務で姉妹3人という家庭に育ちました。母は高校の時から時計工場で働いたようです。大学も出せないと言われ、18で家を出て、奨学金とバイト代で自力で大学を出ました。当時は教員になると奨学金返済が免除だったため、その理由で教員になりました。大学時代は忙しすぎて体を壊して入院・手術してます。そんな母でしたから、自分のような思いはさせないようにといっぱい働いて、私と兄弟にたくさんお金を使ってくれました。感謝しかありません。若い時に苦労したせいで、今でもいい生き方をしています。だから私は母のことは何があってもこれからも助けるし、幸せにしてあげたいなと思います。

    ユーザーID:5999977870

  • 言ってます。

    40代夫婦でともに貧乏育ち、中学生の息子にあなたにどれだけお金をかけてるか!と言ってます。昔の貧乏話を夫婦で息子に話しています。ダメなんですかね?あなたは一人っ子で恵まれている。羨ましい!と話してます。今は特別裕福でもなく、貧乏でもなくの生活です。
    学費の心配は要らないよ!とは言ってます。

    ユーザーID:2347810602

  • これてって?

    貧困家庭?何がでしょうか?
    貴方はまだまだ恵まれていたと思うんだけど?

    三度の食事は 服? 幼稚園 小中高にかかる
    費用に給食費 制服等や通学の交通等々は?
    大学は入学費用も要りますよね?
    これら全ての事は?

    どこが貧困家庭出身なんですか?
    大学時代いやぁ高校の時もバイトしているしてた人はたくさん居たのでは?
    家計を助けたりしている人も してた人も居たのでは?

    貧困家庭なら高校も大学も行けてないと思いますが? 私の認識不足でしょうか?
    私は昭和30年代の生まれ 当時は上のお下がりの服や持ち物は当たり前でそんな友だちも居ました。
    中学生の時の卒業に 家が貧しくて高校へ行けない友だちも居ましたし 当時は養護施設から通ってる友だちが居ましたが 親が居なくて?卒業と同時に名古屋の美容室に住み込みで行った子が居ました。高校に行きたかった!と言ってましたよ!
    私の父は左官の職人で兄弟も4人 家は裕福ではありませんが 一応高校まで行き 短大や大学は将来就きたい職業の為に勉強をなら行かせてもらえましたが 目標もなくはダメでしたが!

    私は憧れの職業があり 高校卒業して就くことができ充実してました 同じ年の女の子に比べると給料も多かったし 当時の友だちは十数年経った今も続いてますし この2人友だちは私の財産と思っています!

    主さん!上を見ても切りがない!下を見ても切りがない! 貴女が過ごしたその時代は決して貧困家庭でも出身でもないのですよ!

    勉強は机に座ってするばかりが勉強ではありません! 貴方は育ってき家庭の中で勉強もして
    それだけで経験豊富なんですから!
    自分を中心に考えず 世の中広く見てみて こんなに物に溢れた世の中に 自分の置かれた環境に悲しみ 一所懸命 貴女が育ってきた環境よりも頑張ってる人が居るのでは?

    ユーザーID:0818102450

  • 親と子は違う人間

    しかも生きている時代が違う

    親は若くして結婚したので、最初のころは経済的にも大変だっと思います
    食うに困るような生活はしてませんが、当時はお金持ちの部類でなかったことは確か

    自分も親になって分かったことは
    確かに似ているし、価値観も同じではあるけど
    親と子は違う人間であるし、生きている時代が違うから

    同じようにはならない

    とりあえず、出産育児、仕事復帰を終えたので
    仕事していれば経済的には何とかなります

    一時的な収入源も、育休手当があればやっぱり何とかなります

    あなたも私も
    ちゃんと大人になったし

    逆に言えば、そこまでお金をかけなくても
    ちゃんとした大人になることも知っているのは強みだと思います

    いくらお金持ちでもかけようと思えばいくらでもかけられるものです

    今、高校までの教育費は無償です
    病院にかかるのも無償です
    それ以外にもお金はかかるけど、
    こども手当すべてためれば、大学くらいには行けそうです

    贅沢しすぎなければ、お風呂には毎日入れるし
    お腹空かせて飢えることもないし

    見栄を張らなければ
    中古やフリマサイトでいくらでも安く物が手に入ります

    そんでもって
    とにかく今の子供は環境がいいので幸せだろうなと思っています

    ユーザーID:8494598874

  • 大丈夫

    アラフォーのママです。

    私も主さんほどではないですが、貧困家庭で育ちました。小学校の時に父が脳梗塞で4年入院し、亡くなってからは母子家庭。
    母は仕事を掛け持ちながら入院費と生活費を稼いでくれました。
    私も高校からバイトをしていたのでそれ程肩身の狭い思いをしたことはありませんが、友達を羨んだことは数知れず。
    大学も奨学金で行きました。返済、大変でした。
    そんな私も大学卒業後、母となりそしてシングルマザーになり。子供がもうすぐ大学生です。
    生活は楽ではなかったし、子育ては確かにお金がかかります。でも、それなりに楽しく生活出来ています。
    子供は良いよ!と、押し付けるつもりは無いけれど。でも、重荷になるばかりではないから。
    それに、苦労した経験を持つ主さんならお金の有り難みもわかってらっしゃるだろうし。
    考えるより産むが易し!ですよー。

    私こそとりとめの無い文章でごめんなさい。

    ユーザーID:1336437031

  • 貧乏かどうかではなく、愛情があるかどうか。

    貧困であるかどうかは、子供の幸せに関係ないと思う。
    愛情を持って育てられるかどうかが一番大事。

    家の中はピリピリ、ちょっとした事で母親の機嫌を損ねれば学校へ通うこともままならない状況や、「あんたにどれだけお金かけてると思ってるの」とがめついことを考えてしまうことが問題。
    親の育て方の間違いを、自分も無意識で同じ事をしてしまうことは残念ながら良くある。
    それを気を付けることと、それでもやってしまった時は、大いに反省すれば大丈夫だと思うよ。

    ユーザーID:4405940828

  • 私も

    30代前半女性です。
    幼い子どもが1人いて現在第2子妊娠中です。
    正社員で働いています。

    私も貧困家庭でした。
    父は社会性に乏しく仕事を転々としたりパチンコで散財したり会社のお金を使い込んてクビになったり…。

    家はいつも散らかっていました。
    塾や習い事なんてもちろんやった事ありません。
    小学、中学生時代は給食費や集金が払えなくて先生にネチネチ言われてました。
    学校から帰るとサラ金の強面お兄さんに「お父さんいつ帰ってくる?」って聞かれて怯えてました。
    高校はバイトして授業料払っていました(当時は無償じゃなかったので)。
    物心ついた頃からしょっちゅう電話ガス電気(時には水道も)止められてました。
    なのでお風呂入れない事もよくありました。
    大学受験の勉強もリアルにロウソクの火の元でしてました。

    大学は主さんと同様、奨学金+バイトでやりくりしました。国立なので親の収入を申請して授業料半額免除して頂きました。ただ、大学から家を出たので自分の采配でやり繰りできるようになりとても幸せでした。

    私も幼少期は苦労したので余程の事がない限り仕事を辞めるつもりはありません。
    ただ、私は特に悩まず「子どもが欲しい」と思って妊娠しました。なので産んで後悔なんて1ミリもありません。
    子どもは特に不自由もなく生活できていて羨ましいなと思います(笑)
    貧しい思いはさせたくないと半ば意地みたいな部分もありますが。

    以上が私の自分語りです。

    主さんは子どもを作るか悩んでらっしゃるんですよね?
    最終的には自分たちの価値観で決めるしかないとは思いますが、どちらでも正解だと思いますよ。
    主さんが今後ますます幸せに生活できますよう願っております。

    ユーザーID:4254978488

  • 親が使えないと辛い

    働き続けようにも
    「両親に助けて貰う」事が当たり前の人が多い
    子供のお祝い事も
    「祖父母から援助」が当たり前の人が多い
    家建てるのも、車買うのも
    「親から援助」貰ってランクを上げる人もいる

    何一つ期待できない家で
    子供に不自由な思いをさせないようにと言うのは
    余程高収入じゃないとムリでしょう、、、

    ユーザーID:4046750711

  • 旦那が

    旦那が貧困家庭育ちで、いま二歳&ゼロ歳のこどもを育てています。

    旦那は幼少時代の家庭環境に恵まれませんでした。
    お金もなく、愛情もない家庭だったそうです。

    だからこそ幸せな家庭にあこがれ、いまは自分の幼少時代とのギャップに驚きながらも一生懸命子供を愛しています。
    たまに、自分もこんな家庭で育ちたかったとこどもが羨ましくなるらしいです。

    子供にかけるお金のことで口論になったことはあります。
    旦那は子育てに、多額のお金をかけることには否定的です。
    しかし、二歳の娘と出掛けると必ず何かおもちゃのお土産を買って帰ってきます。
    かわいくて買ってしまうそうです。

    自分の経験があれど、目の前の愛しい我が子を見ればお金はかけたくなるみたいですよ(笑)
    心配しないでも大丈夫だと思います。

    ユーザーID:3510862098

  • 似てますが

    母子家庭で貧乏でした。田舎でバスがないとか同じです。高校は雨でも雪でも片道1時間以上かけて自転車で通いました。高校になってガッツリバイトをして、飲食だったので賄いを家に持って帰って母と食べるのが贅沢というか、普通の食卓だと思ってうれしかったですね。
    大学は、アルバイトしながら卒業しました。
    結婚してからも、子供が入院がちで働けなかったり、災害に合ったりで貧乏でした。若かったので、一日一食納豆のトーストだけとかでしのいでました。借金してこなかったので、とりあえず貧乏でも困窮はしなかったかな。
    子供が大きくなって丈夫になり、私もフルタイムで働けるようになってからはかなり生活が楽になりました。

    子供たちには、大学は国公立のみと言って育てましたが、自分が行けなかった予備校とか留学とか必要なものはガツンと出しますよ。旅行も行けなかったので、旅行もよく行きます。

    上の子は院に進学しますが、院は奨学金を借りても給付で返済不要が見込めそうですし、大学は奨学金を借りずに卒業させることができました。もったいないと思ったことはありません。むしろ、学歴は誰にも奪われない財産なので、可能な限り上を目指してほしいですし、そのためにお金を使うのはむしろうれしく思います。

    ユーザーID:9660728330

  • 我が子にはお金かけよう

    貧困家庭なのに、大学進学したんだ。私にしたら、貧困なら高卒後、即就職やと思うけれど。
    奨学金で大学いけるって事は、ちゃんと保証人の欄が埋めれたからですよね。
    貧困と言っても切羽詰まってなさそう。ちゃんとご両親も揃ってらして。

    私は20歳の時には両親すでに他界してましたから、高卒後には就職というレールのみ。
    将来、我が子には自分のような選択肢しかない人生だけはさせないと思い、贅沢せず生活してきました。ただ、大学進学したいなら必死で勉強しろと言い聞かせて育ててきました。勉強は努力すれば、それなりの結果が出せるし、学歴は自分への財産、ブランドにもなりますし。
    3人の子供達は幼稚園から大学まで国公立に。
    さすがに3人となると、私立行かせるのはキツい。そこは、できるだけお金をかけずに。
    と言いながら、自分達が公立しか知らないから。
    自分も主人も高卒です。主人はサラリーマン。
    お互い、裕福な暮らしは知らずに育った者同士。
    だから自分達にはお金かけず、子供達の教育にはお金は使ってきました。
    貧乏で育っても、ちゃんと仕事して、ケチるところはケチる。自分がしてもらえなかった事を子供達にはしてあげれる事が喜びに変わりましたよ。

    大人になり、親になって思うこと。そこそこの学歴の人って親御さんがちゃんとしてるって事。
    我が子には、かわいいのでお金かけたくなりますよ。

    ユーザーID:0242537676

  • バランス感覚は大事かも

    私の親は貧困家庭育ちでした。母はお金がなく高卒、父は国立大学へ行ってましたが家業の倒産で途中退学。幼い弟妹を養うために働いて弟たちは父のおかげで大学出です。

    両親共、学業を途中で断念しなければならなかったので子供へのお金のかけ方は学業だけに偏りました。裕福でもないのに中学受験をして私立へ入れられました。塾や学費は一生懸命払ってくれましたが、それ以外のことには一切お金をかけない。私服を1枚も持たないのでどこへ行くにも制服でした。お金のかかるクラブ活動もできません。

    裕福な家庭の子ばかりの中で私は常に異質でした。子供に良い教育を受けさせたいという強い思いはありがたく思わねばならないのですが、なかなかしんどい子供時代でした。

    何事もバランスだと思います。それぞれ家庭の経済状態は違うけれど、その中でどんな暮らしをするか。無理せず自分達家族に合った生活をすればいいと思います。同じ経済状態の人が多くいる居住地に住むことで子供はそれなりにのびのび過ごすことができると思うんですよね。

    お金の使い方って勉強が必要だと思います。定期的にFPに相談して教育費や生活費のバランスを間違わなければ大丈夫じゃないでしょうか。

    ユーザーID:1631745833

  • 相対的貧困かな

    元々貧乏だったわけではなく、物心ついてから色々ありまして。非課税世帯になりました。

    本当にありがたい話で、給食費が無料になったり、高校や大学も授業料は全額無償で、そういう意味では人生で苦労はしてないです。自転車大好きだったので、どこへでも自転車で行ってました。

    辛かったのは、暖房が十分でなかったこと。家の中にいるのに、凍えるかと思いました。運動して自家発電してました(笑)

    あとは遊べなかったこと。友達と遊ぶのって地味にお金がいるんですよね。当たり前に持っているものを持ってない。服も持ってない。勉強好きキャラで通してましたが、自分の中に足りない部分として一生残る気がします。

    今、まあまあゆとりある生活をしていて、子どもたちには結構お金をかけています。お金のかかることも、子どもがやりたいといえばさせています。基本的には何不自由ない生活です。

    子どもがそれで幸せを感じているかといえば…その生活が当たり前でありがたみは感じていないと思います。それでいいかなと思う部分と、いいのかな?と思う部分と…よくわかりません。

    ユーザーID:1627081505

  • 奨学金でも大学に行けただけマシ。

    うちは大学受験の費用や交通費すら出せない状況でしたから。奨学金がどうこうの前に大学受験そのものが無理でしたね。田舎だから大学は通える範囲になかったですしね。

    ちなみに高校ですでに奨学金だったので、この上更に大学で奨学金を借りるというのもどれだけ借金背負うの?って感じでしたので諦めました。下の弟妹達にもきちんと生活させてあげたかったですからね。

    高校の受験代は先生から借りて、入学にかかる費用は伯母に借りて、初めてのバイト代で返しました。制服は先輩に譲ってもらいました。高校時代のバイト代も自分の学費の他に、生活費、下の子達の学費や給食費に充ててました。今ほど助成制度も充実してなかったですし。父親の年収は給食費の助成を受ける対象の年収よりギリギリ上で助成が受けられませんでした。父親がギャンブルで全部給料を使っちゃう人でしたので、書類上の年収は普通でも家庭内は火の車。母親の給料は父の借金で消えるし。これなら逆に親の年収が格段に低いか、母子家庭とかの方が助成の面でマシだったのに何故か母親が離婚しなかったんですよね。

    お風呂もないから弟や妹をタライに入れて洗ってあげました。よく冷ご飯にお湯をかけた食事だけの日を過ごしました。それでも高校には行けたからまだマシかな?と思っています。

    今は普通に結婚して普通の幸せな家庭を築いています。自分が苦労した分、子供達には好きな選択をさせてあげたいので頑張っています。
    経済面では「私の子に産まれて幸せじゃん」って思うくらい(笑)子供には過度に贅沢させないけどそれなりにはお金をかけてます。夫婦で働いてさえいて自分が過度に贅沢しなければ何とかなるものではないですかね。

    ユーザーID:4654445897

  • 自分と同じ思いをさせたくないから

    貧困家庭ではなかったと思うんだけど、私の親は子供の服などにお金をかけるのを嫌がる人だったのだと思います。

    10歳以上年の離れた従姉のおさがりを着せられていましたが、10年以上も前の服は子ども心にも可愛くは思えず、さらに3歳上の兄のおさがりも着せられていましたが、小柄な兄と大柄な私ではおさがりにならず。私の周りでは、襟にフリルのついたブラウスが流行っていたのですが、私はパッツパツのカッターシャツでしたから。靴もなかなか買い替えてもらえずに小学生で外反母趾になりました。髪もいつもベリーショート(強制)で、可愛いとは程遠い子ども時代でした。みじめでしたよ。

    確かに、大学までの学費はちゃんと払ってくれましたが、切り詰め方が、ね。弁当も、いちおう平成の時代だったというのに、日の丸に近い弁当でした(自分で作ろうにも家に材料も無い)。

    で、今は「あの頃の惨めな思いを、娘にはさせたくない」と思い、プチプラ服ですが本人に買いに行かせて、好みのものを買っているようです。靴も外反母趾にならないように気を付けて買い与えてきました。髪も校則の範囲内で好きにさせているし、ストパをかけたいと言われればそのお金も出してます。お弁当は、冷食を多用してでもそこそこ見栄えのするものを作っています。

    自分と同じ思いをさせたくないと思えば、ちゃんと出してやれると思います。

    「おばあちゃんはこんなにしてくれなかったけどね」と言いたい気持ちをグイっと飲み込んで、子どもの笑顔だけを見るようにしています。

    ユーザーID:8224311083

  • ちょっとずれますが

    ご自分の収入を何とかして手放さないよう、よく考えて工夫した方がいいかなと思います。

    ご主人が転勤族なら、自分が退職して帯同するか、正社員の座を死守するため単身赴任してもらうか、考える時がくるのかも。

    大人2人の生活なら、あまり大した違いはないかもですが、子供がいると全然話が違ってきます。

    子供ってすぐ熱出したり吐いたりするけど、早退や休みを取るのを自分1人でやり続けるのは結構大変。病児保育は枠も少ないし高いし。

    退職して帯同しても、自分の収入が確保できれば、選択肢がずいぶん変わります。

    そういう時、後押しできるご主人かどうか。

    その辺り、よく2人で話し合って。

    ユーザーID:0047330330

  • 言っていい!

    極貧ではないですが、奨学金で大学に行き、在学中から家にお金を入れていました。

    今はお金に困るということはありませんが、子供が何か欲しがるとき、習い事をしたがるときには、園児の頃から、プレゼンさせてます。
    最低10個の理由をあげさせます。
    親を納得させなければ、お金は出しません。
    習い事は中途半端に止めることは許しません。
    子供は小1になりました。
    ガチャガチャもしたことがなく、ゲームもなく、他の家庭との違いにも気付いてます。

    サボる時には「今までいくら使ったと思ってるの。練習しなさい。逃げるのは許さない。やらせて下さいと言い出したのはあなた。」と子供に言ってます。安い硬筆の教室なんですが…
    鬼ですか?でも、お金は無限にあるわけではないので。

    お金を使う=愛情 ではないと思って育てています。
    中学、高校、大学入学の際には、最低限のお金は使いますが、留学や私学希望なら、足りない分は自分で。

    必要最低限出してるなら、それ以上を望んだ時には、いくら遣ったとおもってるんだ!、言っていいですよ。
    うちの子は、お金の価値がわかりはじめ、お月謝を入れる日には、「ありがとう」と言うので、最近は「いくら〜」と言うことも少なくなりました。(思春期には何があるかわかりませんが)

    自分と比べて恵まれているな、ずるいな、と思う時もありますが、子供は可愛いです。

    ユーザーID:0206838743

  • うちも貧困になるのかな

    主さんの場合は多分、家と母親の態度のトラウマがお金に結びついているだけのような気がします。

    やはり母親がピリピリしていなくて、お風呂も壊れたら、「ごめんねー、シンクで悪いけど洗ってくれるー」なんて笑顔で言われたら「はいよー」と主さんも楽天的な感じにはなったと思いますけどね。

    という私の母親は「お金がない、お金がない」が口癖の人でした。父親が自営業でしたので収支があまりはっきりせず、母親も家計のことは出来ず、父親に文句ばかり言っていました。

    そういう母親を見ていたせいか、「お金がかかることは言えないな」と思っていました。塾にも行きませんでした。

    姉も私も高校生からバイトして卒業したら就職していました。ただ、私は親にお金を出すのだけは嫌でしたね。

    母親が給料日に手を出して「お金ちょうだい」ですよ。逃げましたよ。

    なんだろう。母親にはあまり感謝もなかったですね。父親に育ててもらったようなものなので、なんだかんだ父親に、免許代やら結婚式代やら出してもらいました。

    そういう育て方をされると本当に反面教師くらいにならないと子育ては大変ですよ。

    私もつい息子の習い事に「お金かかってるのわかる?」というと、息子は「じゃあ、辞める」となります。私は「そうじゃなくて、頑張ろうでしょう」と言ってしまいます。

    私は働いてないし、家計を任されていないので、食費をやりくりするだけで精一杯。でも母親のように露骨に子供には言いませんよ。

    ただただ、息子達が羨ましい。それだけです。主さんも、お子さんが家のお風呂の苦労しないだけでも羨ましく思うと思います。でもその前にお子さんが欲しいと思うかどうかでしょうね。

    結局はピリピリしていても車で送ってもらえたし、奨学金でも大学へ行けたので良しとしましょうよ。

    私も産んでくれた事だけは感謝していますよ。

    ユーザーID:5748944101

  • まだ心配しないで下さい!

    既婚、子供1人います。お金は母から無い無い!と言われ育ちましたが極貧ではなかったです。

    子供がいないのであればまだどうにでもなります。存在しない子供のことを想像し憂うのは取り越し苦労です。もったいない時間です。

    それほどお金が心配なら子供は諦めたほうが?と思います。

    わたしもお金が心配です、子供を貧乏の巻き添えだけにはしたくないですよね。

    ユーザーID:6534213452

  • 中卒です

    お金がないからと高校の受験すらさせてもらえませんでした。

    中学からお弁当は自分で(だいたい家にはご飯と卵しかないのでほとんどチャーハン)作って持って行き冷蔵庫に何もないと昼は学校のトイレで過ごしたりしていました。
    母は彼氏の家とこっちの家に行ったりきたり
    父も夜中にしか帰ってこない

    電気がよく止まる家だったので蝋燭で過ごすこともありました。
    ブラジャー1枚しかなくそれを毎日使っていて同級生にバカにされたこともありました。
    上靴は破けたら糸で縫ってました。
    中学卒業してすぐ働き始めその後すぐに1人暮らし。

    主人と結婚して子供にも恵まれ私みたいな思いはさせるまいと思いますし
    子供には興味を持ったら学ばせてあげれるくらいのお金は準備しなきゃと貯めています。
    4歳なのでこれから興味があればやらせてみて自分に合ったものを見つけてあげたいです。

    あなたにいくら使ったと思ってるの
    というのは私は言えないです。
    使いたくないのなら私の親みたいに使わなければいいし
    でもそんな親だったら将来子供はその親の隣にはいないでしょうし。
    母はよく誰がここまで食べさせて育ててきたと思ってるんだと言ってました
    もう長らく会ってませんが…。

    私は子供にたいしては多分甘いです。
    でもまだ小さいですがお小遣いをあげてそれを持ってないとお菓子など買えないようにしていて
    そうすると今お金ないから買えないね〜
    で終わるんです。
    内緒で買って後で渡しちゃうんですけどね。
    子供って賢いですよ。

    お金で苦労したからこそ教えてあげれる事ってあると思いますし
    もしかしたらピリピリしながらでも高校まで送ってくれた両親に感謝するかもしれませんし
    こうなるまいと反骨精神で子供と接するかもしれません。
    わざわざ不幸になれなんて思って子育てしないし今から心配してるくらいならきっと大丈夫な気がします。

    ユーザーID:7054550751

レス求!トピ一覧