嫁姑問題はどこで起こっているんでしょうか?

レス455
(トピ主10
お気に入り476

男性から発信するトピ

水草

レス

レス数455

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 思い込みって怖い

    なんとしても「高学歴な家族で夫親との同居は、嫁姑問題は少ない」、「同居は両親を含め家族に良い結果をもたらす」という主張を貫きたいようですが、全く賛同出来ません。

    だったら、どうして高学歴で裕福な方達は、皆同居しないのでしょうか。
    メリットばかりなら、している筈でしょうに。

    結局トピ主さんのように「経済問題で仕方なく同居」という場合が多いのでしょう。
    同居解消が出来ないのなら、上手くやるように努力するしか道はありませんから、端からは円満に見えるのかもしれません。

    そもそも同居なんてしなければ、嫁姑問題は起こりませんよ。
    喧嘩は、一人では出来ませんからね。

    ろくに数字も示さずに自分の思い込みを主張するのは愚かしいし、トピ主さんが現状に引け目を感じている証拠だと思いますよ。

    ユーザーID:9211320556

  • 結論はこういうことかな?

    トピ主さんは既に60歳代で、周りの二世帯同居世帯もおそらく似たような年齢構成なのではありませんか?だとすれば、数十年の同居を耐え抜いてきた世帯ですから、成功例として特徴を世間に公表するのは意味のあることだと思います。ただしそれを一般化してしまうと物言いが多くついてしまうだろうとは思います。

    何十年も同居していて嫁姑問題がある家はそんなに多くはないでしょう。その前に家庭が崩壊するか別居することを選ぶはずです。ましてや社会階層の上の人たちが住む地域なら、子世帯は問題があればいつでも出ていくことが出来ます。

    つまりトピ主さんの話から導き出される結論は、こういうことではありませんか?

    「社会的階層が上でお金もたくさん持っていて何十年も2世帯同居している家では嫁姑問題は無い」

    無いと言い切るのはちょっと言い過ぎかな?でも別居を選択するほどの嫁姑問題が無いのは確かでしょう。

    これだったら多くの人が納得するような気がします。

    ユーザーID:8794377812

  • あらかんです様が、わかりやすく説明してくださいました。

    タイトルの通りです。さすが家族問題の相談に関わっている方だと思います。

    トピ主さんは最初から最後まで「自分のように高学歴の人には嫁姑問題とは無縁だ」と主張したいようですが、嫁姑問題のクッション材になるのは、経済力だそうですよ。経済力があると、別に家を建てることだってできるし、親に頭を下げて頼んでいる育児も家事もヘルパーさんを頼めばいいことです。トピ主さんは、23区内の親の土地に完全分離型の二世帯住宅を建てたけど、結局は親に頼らなければ、自分で土地を購入して家を建てるまでの経済力はなかったのでしょう。

    私は前から、同居が上手くいき嫁姑問題を表面化させないには、嫁姑の互いの気遣いと間に立つ息子(夫)が重要と書いてきました。
    でも嫁姑問題を女性だけの問題、学歴、地域性、経済力の問題と考えるトピ主さんには無理ですね。トピ主さんは、ふきのとうのエピソードにしても、「奥様が義実家と上手くいくための気遣い」と捉えずに「上手くいっている」エピソードと捉えるのだから。

    トピ主さんは高学歴で頭はいいと思いますが、あまり賢くはないようですね。賢い人ならば、嫁姑問題という女性にとって非常に敏感な問題に持論を滔々と語ることはしないし、批判殺到すれば、どの表現がまずかったのかを考え、撤回することは撤回し、すぐに謝罪します。

    自分が実際に体験している事実に裏打ちされていない破綻している理屈だけを、滔々と語られ、非常に不愉快なトピでした。

    ユーザーID:8662831220

  • なぜお子さんは同居しないのか?

    トピ主様が60代なら、お子さんもそろそろ結婚してお孫さんがいらっしゃる頃ではありませんか?お子さん達は、なぜトピ主様と同居しないのでしょう?
    私の勝手な推測ですが、トピ主様はお子さんに同居を拒まれて、その様なトピを立てられたのではありませんか?

    ユーザーID:2051098483

  • 男性から(二度目です)

    トピ主とひとまとめにして私を批判する意見もあるようですが、別に私、トピ主と同意見ではありませんよ。

    検索エンジンに打ち込めば、「嫁姑問題」のヒット数は870万件に届こうという勢い。対する「婿舅問題」は12万件ちょっと、「婿姑問題」は60万件超、「嫁舅問題」は55万件超です。嫁姑問題は「圧倒的にある」と言うべきでしょう。

    ただ、私がネットで目にした数字(国立社会保障・人口問題研究所の調査結果を含みます)では、全体の15〜30%とされる同居率のうち、2〜3割は夫が妻の親と同居する形です。

    つまり同居嫁の数は、同居婿のせいぜい3〜4倍。
    嫁姑問題の話題は、婿舅問題の70倍以上。

    この数字のギャップをどう説明するのですかね。

    私が前のレスに書いた「大量にあることになっているだけ」でしょうか。
    それとも、「男性は同性の姻族と仲良くできるが、女性はできない」でしょうか。

    無理なく説明可能な理屈が他にもあるなら興味深いです。

    ユーザーID:7548442394

レス求!トピ一覧