子供にネットの恐ろしさを教えるには?

レス19
(トピ主0
お気に入り25

妊娠・出産・育児

トピ主

33歳 11歳の娘がいます。

私の家には共有のPCがあります。
YouTubeは見れますがコメは出来ないとか、他にもかなりガチガチのフィルターをかけてます。子供向け検索エンジンしか出来ないと思ってください。
履歴も見れます(消しても見えます)。基本YouTubeだけで、後は自由研究とかヘアアレンジとかばかりしか見てないみたいです。

娘は自分のスマホが欲しいといいました。友達とLINEしたいし、グループで持ってないのは自分だけだからと。

私はスマホはそろそろ持ってもいいと思いますし、別にネットやYouTube禁止令を出したい訳ではありません。
管理したい訳でもありません。
ただ、学生時代に友達が酷い目にあっていたのでネットの怖さを知っており、娘には顔出しTwitterや変なサイトや詐欺に騙されないようにしてほしいです。
そしてネットとの付き合い方を学んで欲しいと思ってます。

一応教えてるつもりではありますが、ネットの怖さというものをもっと理解して欲しいです。

スマホを持たせる前にネットで恐ろしい目にあっている人の漫画を見せるとかアニメを見せるとかを考えていますがどうしたらいいでしょうか?

一度私が軽く騙して恐ろしい目に合わせるというのも考えましたがやり過ぎですよね?

私から押さえ付けて管理して無理矢理やらせないのではなく、自発的に自衛しよう気を付けようという気持ちを持って欲しいんです。

女の子ですし(男の子ならいいという訳ではありませんが)もしもの事を考えたら取り返しのつかない事になるのが怖いです。

過保護でしょうか?
こんな事をしなくても子供は勝手に学びますし変な事はしないと信じた方がいいですか?

ユーザーID:3757828493

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
  • 質問者さんと一緒です

    >学生時代に友達が酷い目にあっていたのでネットの怖さを知っており

    そう。これです。

    実体験しないと分からないです。

    きっと質問者さんの保護者も、携帯を持たせるときは同じ様に悩んだのかもしれませんよ。

    ユーザーID:0141773343

  • 事例(教材は)いくらでもある

    回答者も悩みましたがこのようにしました。

    リアルな世界でネットを利用した犯罪やトラブル事例はいくらでも見つかりますよね。


    こう行動するとこう考える(悪い)人がいて結果こうなる。

    だからこのような行動をするのはどうなの?って問いかけました。

    もっとはっきり言えば、ネットで個人情報出すと悪い奴らが常に見てて痛い目に合うよと教えました。

    うちはネット視聴制限は一切掛けてませんが子供たちは節度を守って使ってます(ルーターによる時間制限は受験の一時期やりました)。

    良い魔法を有効にするには悪い魔法も知る、これが我が家の方針です。

    ご参考まで。

    ユーザーID:6563145888

  • お子さんを信頼してみては?

    その半分を読んでて、優しいお母さんだな〜、すごいなー!すごい子供思い!!!!って驚いたけど、よくよく考えると、なんだか自分思いのような気もしてきましたね、、、
    もっと信頼したら良いのではないですか?
    子供を。
    そこでなんらかその子が、傷ついたり辛い目にあったとしてもそれはその子がそこでまた何か学ぶでしょうよ。意味のないことなんてこの世には一つもありませんし。
    むしろ携帯を持たせたりスマホとかiPadとか、
    早くから持たせると、それはそれで、後々にパソコンとかに強い子に育ったり、笑 するし、
    そもそもそのお子さんは、スマホが使いたい、とか、遊びたいとかって言うよりも、そこで友人と繋がりたい、っていうのが一番の目的のようですし。親御さんが不安に思うのは、致し方ないことだとは思いますが、そのお子さんの心の安心には変えがたいとも思いますので、スマホというか、ラインをさせてあげても良いのではないでしょうかね。

    ユーザーID:1006464018

  • とにかく話すし禁止はしない

    顔や住所を晒すこと、本当に危険ですよね。
    動画サイトにはそういった教材動画がありますので調べてみてください。

    それと「やっちゃだめ」って言うのは良くないと思うのです。
    だめと言われればやりたくなるのが人間。
    「リスクをすべてわかった上で、それでも晒したいと言うならすればいいと思うよ」
    自分の頭で考えさせて、自分の頭で回避させる必要があると思います。


    デジタルデータ、画像や個人情報をネットに書き込まれれば一生残ります。

    一生晒される不安を抱えながら生きる覚悟をするべきですね。

    ユーザーID:1795177485

  • お母さんも柔軟に

    お母さんがネットは怖いものだと思い込んでいると思われたら、困った時に相談してもらえません。

    お子さんもいずれはお母さんに隠れてネットで男性と恋をしたり、オフ会に参加したり、趣味の友達を作ったりするでしょう。

    お母さんもネットを通じた良い出会いがあることを知っていると分かってもらっている方が、いいと思います。

    ユーザーID:8511632978

  • トピ主さんがせずとも

     ラインでもはじめれば、嫌でもそういう目にあうのでご安心を(笑)大人でもトラブルが起きるんだから、子どもに使わせてトラブルが起きないわけないでしょ(笑)むしろ、学校の先生が介入できる学校の友達間で失敗させたほうがいいくらいです。

     というか、高学年にもなると女子はラインで学校の友達とつながるし、クラスラインもあるところもあるくらいなので、やってない子は疎外感はあるかもしれないですよ。

     もっとも、習い事で多忙とか、放課後忙しい子はそういうツールがなくても気にならないものですけどね。

    ユーザーID:0515839574

  • 我が家の例

    まず、親のお古の端末を家のwifiのみで使用することから始めました。

    渡す際に、時々どんなやりとりをしているかみせてほしい、アプリは親の許可制、使用時間など約束しました。

    また、実際にあったトラブルの事例を経験も交えいくつか伝え、十分に気をつけること、気をつけることの具体例(顔写真、位置情報など)を伝えました。

    それ以降、ニュースでスマホにまつわる事件が起きると、こういう風によからぬ思惑の大人がそれとわからないように近づくことがあるなど話すよう心がけています。

    新しいアプリを入れる際にも、それがトラブルのもとになっていないか調べて、まだ早いと思えばその理由を伝えています。

    2年がたちちゃんと使い方を理解してくれたと思うので、春からは携帯契約のあるスマホにしようと思っています。

    ユーザーID:3495198129

  • ネットも現実も基本は同じ

    顔や個人情報を安易にばらまかない。

    やるべきこと(勉強、手伝い、習い事)はきちんとする。

    友達だから、といって文面や甘い言葉に騙されない。疑問を感じたら断る勇気を持つ。
    図々しくなりすぎたりしない。

    親しい友達でも言葉遣いには気をつける。
    緊急以外の早朝、深夜の連絡は非常識。

    これはネット以外でも、私たちが
    子どもに教育していくなかで教えていくのは普通のことですよね。(少なくともわたしはそう感じます。)

    これを守れるように育てていけば、ある程度は信用します。

    うちは高学年の息子でまだ個人のLINEはしていませんが、わたしのアカウントで親戚や友達とたまにLINEしています。
    いますべて守れているとは思っていませんが、小さい頃からずっと話はしたり、わたしのFacebookで使い方を見せたり、低学年のうちからネットとの付き合い方について書かれたマンガを読んだりして、少しずつ触れさせてきています。

    ネットに興味を持ち始めたのに、親がNGを出して免疫がない子ほど、ハマると依存しがちなので、できる範囲で、ネットの弊害と長所両方話しながら、今のところは上手く付き合っています。

    子どものLINEグループについて、思うのは親が時間も決めず、放置状態になるのがいちばん良くありません。あとメンバーを親がどうこう言うこと。嫌だなと思う子がいても親は批判しないこと。
    このあたりも現実と一緒です。
    子どもには子どもの世界がある、でも目だけは離さない姿勢が大事です。

    ネットさせるさせないよりまず、現実の生活や人間関係のルールがきちんとできているか
    を見てください。問題行動を起こすのは、だいたいネットがなくても意地悪だったりトラブルメーカーです。

    ユーザーID:5570901260

  • 世間は鬼ばかり

    二度目です。
    よい出会いがあるとか子供を信頼して自由にという意見があるようですが、全く違います。

    一度ネットワークに出した情報は永久に消えません。アーカイブとして収集しているサイトや個人がいますので絶対に情報回収できません。

    つまり一度失敗すると二度と復活はないと思ったほうが良いです。

    このデジタルリテラシを教え行動されることを望みます。

    LINEは確かに一般ネットから見えないようですし、設定も現在ではデフォルト非開放となってはいるようで、危険性は減少してはいますが、お友達が他のメディアに流す可能性もあります。

    LINE感覚でTwitterやInstagramを使うと一瞬で取り返しのつかないことになりかねないです。

    危険性は現実社会もネットも同じ。

    悪い人は現実にもネットにもうようよいる、一瞬の間違えが取り返しつかないことに。

    この事実を伝えればよいと思います。

    ユーザーID:6563145888

  • 日常生活の中で

    ネット経由でいろいろ起こってニュースになりますよね。
    その時に原因と対処法、そんな目に合わないように気をつける方法を教えてはいかがでしょうか。「これは女の子が怖い目にあったけど男の子も関係なく気をつけないといけない」と話しています。

    うちは高学年男子ですが、LINEを使っていないのは少数派だそうです。貸与しているパソコンもあるし私のスマホもたまに使っています。フィルターもかけています。検索は子ども向けではありません。

    「窓をひろげて考えよう 」という本は最初に渡しました。
    学校では教えてくれない大切なことシリーズのネットの本も読んでいます。
    あともう一冊、本人が気に入っている新書がありますがタイトルを失念しました。

    それと「禁止している」のではなく「あなたはまだ子どもだから、親としてネットで怖い目にあったり怖いものを見てしまわないように守っている」と伝えています。

    > こんな事をしなくても子供は勝手に学びますし変な事はしない。

    どうでしょうかね・・・。
    同級生の女の子で荒○行動でボイチャしているとか、LINEで知らない人と会話しているなんて聞きますよ。自分の使用としていることが「正しいか、おかしいか」は「おかしなこと」が何かわからないと気づきませんので事例は教えるべきだと思います。

    LINEは子ども本人のアカウントを持っている子と親のアカウントを借りている子がいるようです。夜中までずっとLINEしている子もいるとうちの子が話していました。

    5年生ですか?
    うちは6年生ですが今度小学校でネット安心講座?があるそうです。どんな話を聞いてくるのか気になっています。

    ユーザーID:8403554588

  • 付け足しです

    すいません、子どもがよく読んでいる本のタイトルを聞きました。
    ソーシャルメディア中毒 だそうです。

    それとLINEについては「既読になっているのに返事がない!」という気持ちになりがちだから、やめたほうがいいと話しています。いつかは始めると思いますが、知らないよりはいいと思います。

    ユーザーID:8403554588

  • 恐ろしさ

    >友達が酷い目にあって

    >ネットで恐ろしい目にあっている

    >恐ろしい目に合わせる

    >私から押さえ付けて管理して

    このトピ文を読んだだけで大人の私でも十分恐ろしいですけど。
    恐ろしい目、っていうのが何なのかサッパリわからないので、余計恐ろしいです。
    トピ主さんの言い方、繰り返し方で、怖さが伝わってると思いますけど。

    ユーザーID:0617232603

  • 情報教育はすべきです

    危機感が薄い方がいてびっくりしますが…。
    単純な友人関係のトラブルだけではないのですよね。
    リアルには知らない相手との関わりです。
    恐れていることは実はよくあることです。
    学校でも指導はあると思いますが。

    性別や年齢を偽った相手に騙されて、自分の体が変な気がする。比べたいから送ってと言われて、裸の写真を送ったり…。
    顔を隠しても部屋で、わかったりしますしね。
    そしてネットに出回った写真は一生消えない…。
    遊ぼうと誘われて行ったら男だった…。とか。

    そんなの漫画や映画の世界でしょ。我が子は馬鹿じゃないからそんなことしないわよ。
    は、通じません。

    親が想像する以上に子どもたちは何をするかわかりません。
    知らない人についていってはいけない。これを教えるのと同じです。小さな子に教えなければ、人見知りをしない子ならついていってしまうかもしれない。

    こういう危険があるという事例をそれこそ、ネットで探して見せる、テレビで報道しているのを見せる。情報を与えておくだけでもかなり防げると思います。

    そういう危機感をもつことができるトピ主様のお子様なので、恐ろしい目に合わせなくとも、しっかりと情報を与えておくだけで大丈夫かと思います。
    過保護ではありません。
    子どものために必要な教育です。

    ユーザーID:8357829144

  • 延長

    Netと言っても実社会の一部(延長)だよ。
    実社会で危ないことはどこでもNetでも危ないというだけね。
    例えば、「夜危ない」というのと「昼危ない」というのは基本は同じだけど注意するところが違うでしょ、そういう話ね。
    例えば直接つながっている世界の広さが実社会とNetで違うよね。

    子供さんにはSNS等は「嘘」なので、信用しちゃだめよって教える必要があるよね。
    実社会でも、他人のうわさや伝聞、と同じでしょ、信用しちゃだめ広めちゃだめね。

    まあ、基本的にソースに当たるれ、だけど子もじゃ難しいからね、これも実社会と同じね。

    >学生時代に友達が酷い目にあっていたのでネットの怖さを知っており、
    実社会と同じで、経験がいいんだけどね。
    まあ、親が一緒に経験してみれば。

    ユーザーID:8639727576

  • 情報はどのように盗まれるか、それはどのように利用されるか

    悪意のある人はどのようにネットを利用するのか教えると良いと思います。
    トピ主さんも一緒に勉強しましょう。

    とりあえずの対処としてOSとセキュリティソフトを常に最新ver.にアップデートする。個人情報は断片的なものでも流出させないようにする。自分で気をつけるだけでなくSNSで画像をあげている友達とはSNSでは付き合わない。アカウントの管理を厳重にする、ことは最低限理解させないとダメですね。

    ユーザーID:1019542575

  • 制限あるスマホを持たせる

    タイトルだけ見ると、皆さん危機感しっかり持ってると思ってましたが、けっこう緩いんですね…

    お子さんに持たせるなら、制限が厳しいスマホで、家でも制限しましょう。

    リベンジポルノ、SNSを通じての監禁事件、何気に利用して犯罪に巻き込まれる事件も増えてますよね。

    あとドラッグなどの薬物が低年齢しているのは、ネットで一般の通販のようにぽちっと購入できるからですよ。

    背景から自宅を分析して割り出すとか、詳しい人間だと簡単にできます。

    アカウントは母親に確認をし、作る時は一緒に作るようにしましょう。

    その都度、スマホを抜き打ちで見せてもらうことは約束したほうがいいですね。

    ユーザーID:9478672604

  • 難しいけどある程度は任せようよ

    我が家では、電車に乗って通学するのもあり
    中学生で持たせました。

    教えたのは二つ。

    まずは活字の恐怖です。
    ひとたび活字になってネットに書き込めば本人の意思とは関係なく相手は受け取るということ。
    実際に会っていれば「馬鹿じゃない」も悪口にもジョークにもなることがわかります。言い方・表情・状況で。
    でも、ネットは文字になるのでニュアンスは伝わりにくくなります。
    これで殺人も起きていることを伝えています。

    もう一つは基本的に本人情報がわかることは書かない。載せない。
    例えば写真も位置情報がオンになっていればおおよそのエリアで写真を撮ったことがわかります。
    なので直接自分の個人情報を出さなくても、インスタとかに写真を載せるのは気を付けるよう伝えています。ストーカー被害の事例を出して気を付けるよう約束しています。

    親が子供を守るのは当然ですが、社会(子供の場合は友達関係)との接点を持つのも社会勉強と思います。

    今ではSNSで友達と約束は普通です。
    持っていなければ友達との約束もできません。
    友達同士での行事も知らないままです。

    世の中危険は多々あります。
    それらを親が全部排除はできませんし、しようとすると子供を束縛しすぎます。

    我が家では勝手にパスワードを変更しないこと
    つまりいつでも親は確認できることがスマホを渡す条件です。
    アプリのパスワードは私しか知りません。

    必要なアプリはきちんと私にプレゼンし、これは入れてもいいと思うものしか入れさせません。

    親の見ていないところではスマホ中毒になっているのは頭が痛いですが
    これも成長の一過程と思っています。

    ユーザーID:1979336851

  • 利便性とリスク

    >過保護でしょうか?

     過保護ではないと思います。
     ネット上に書き込む事は、紙媒体の手紙や写真と違う事を教えましょう。
     簡単です。
     
     ネットに書き込めば、誰が(どの機器から)書いたか知られたり、知らない誰かに見られたり、コピーされたり、拡散されたりする「可能性」が有ると考えなさい、と教えましょう。

     お子様には、そうなってもかまわない情報のみ書き込むよう教えましょう。出来れば、具体的な例を出してお子様に考えさせましょう。

     アプリの設定やその他セキュリティ設定はその可能性を減らしているだけです。知識不足や、設定ミスもあります。コンピュータ知識のある悪意ある人もいますし、コンピュータウイルスも存在します。

     最新OS使用や、最新セキュリティ更新はその可能性を減らしているだけで、可能性をゼロにはできません。

     お子様も徐々に、利便性とリスクの兼ね合いを学ばれると思いますが、このご時世、ウソではない程度に少々誇張して話しておく方が良いと思います。

    ユーザーID:9118450933

  • 過保護ではないと思います

    私はネットの怖さを子供に話しましたよ。
    ネットで一度情報が流出したら、データは残ってしまうし、個人や場所の特定もされてしまう。

    ネットに関しては、「子供が成長する段階で自分で知っていけばいい」というものではありません。

    事前に犯罪に発展していった事例を知れば、子供も自衛できると思います。

    ユーザーID:5192784787

レス求!トピ一覧