母親の勘、信じてもいいか。

レス107
(トピ主2
お気に入り251

妊娠・出産・育児

どうしても知りたい

時々、育児関係の相談で、我が子の発達障害を疑い相談に行くと「気にしすぎ、様子見ましょう」と言われたけれど、どうしても他の子と違う、と母親の勘を信じて病院に行ったら、あっさり診断がついた…というような例を見かけます。
同様にみなさんからのアドバイスの中に「母親の勘を信じたほうがいい」という文言もよく見かけます。ほとんどの場合、母親の勘を信じて診断を受けたほうがいい、というアドバイスです。

それとは逆に、園や学校、その他の機関で、「お子さんは発達障害かもしれない」と言われたけれど、母親は何の問題も感じておらず、まさに「母親の勘を信じて」、特に対処せずに普通に育てた…という方はいらっしゃいますか?
結果、お子さんはどう成長されていますか?

ユーザーID:1620684450

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数107

レスする
  • 逆の場合はまず観察に行く

    子供か実は困っているのではないか、周囲が実は困っているのではないか、心配になります。

    私なら、何度もその場に足を運んで、こっそりと、周囲のお友達の発達や彼らとの関わり、指導者の指示に対する反応、集団行動の中での我が子の様子を確認すると思います。

    子供にも、外でしか見せない顔はあるでしょうし、周囲と比較することで見えてくることもあります。

    納得行くまで観察してから、己の勘を信じるかどうかを決めます。

    ユーザーID:3007700774

  • 念のため、療育や、リハビリしました

    発達遅延があり
    療育でも、リハビリでも、発達障害だから…という扱いを受けていましたが
    どうも違う気がすると思いつつ
    念のため、検査を受けたり、リハビリしたり
    しかし、専門医は診断をつけませんでした
    私と専門医だけが、疑問に思い
    しかし、念のため、発達障害を前提に育てました
    小学校も支援級に所属だけさせてもらい
    普通クラスにだけ通い
    3年生の時、成績が真ん中くらいになり
    支援級から卒業するため検査したら
    IQが100越えていたので
    支援級をやめました

    勘というか、空気も読めるし、なんか違う感じがするな〜と思いつつ育てました

    ユーザーID:5886992829

  • 発達障害児の親です。

    母親の勘…ですか。
    勘で上手く行くもんですかねぇ。
    周りを見てみると、人それぞれで当てにならないと思っています。
    冷静に見て当てはまる所があれば、しかるべき所で診断を受け、専門家の意見を聞くのが一番だと思います。

    発達障害から目を背けて不登校とか学校で問題を起こしているとかって例はいくらでもあります。
    お話を聞いてると、どう考えたって発達障害だよね、と思うのに親御さんは否定する。
    どうしても障害と言う言葉が受け入れられない、そうではない、といった拘りがそのような親御さんにはおありのようで、その拘りって所が発達障害っぽくて親子でその素質があるんだろうな、と、思います。そういう人に「母親の勘」と言われてもねぇ。信じられます?

    反対に、どう見ても定型発達だよね、と思うお子さんを過剰に心配する親御さんもいらっしゃいます。悲劇のヒロインになりたいのだろうか?かまって欲しいのかな?って思います。発達障害児の中には、外では順応していて家庭で問題を起こすタイプもあるのですが、話を聞いてみるとそうでもない。診断を受けにいっても違うと言われ、納得せず、自分の勘を信じて疑わない。これって親御さんのメンタルの問題かなって見ています。

    なので「勘」より「専門家のみたて」の方が確実。
    冷静に専門家の意見を聞ける人の方が子供の接し方も学び、好ましい関わり方をすると思います。
    勘に頼る人は間違った関わり方をしても気付かないし、結果良くない方向に向かう事が多いと思う。もしくは一見良さそうに見えて、子供の成長と共に問題点が大きくなる。

    専門家に相談する事を「勘」で判断する事自体が不思議です。
    癌であるかどうか勘で判断する人なんていませんよね?
    具合が悪ければ病院へ行って診てもらうのが普通でしょう。
    それとたいして違わないと思います。

    ユーザーID:4782963714

  • 母親が子供を潰した例

    幼稚園や学校の先生はプロです。
    自分の言葉には責任を負わなくてはなりませんので、根拠もなく発達障害を口にしませんよ。
    先生から指摘されたのなら、はぼ間違いないでしょう。
    問題ないわと放置するのは、母親の勘ではなくて現実逃避だと思います。

    うちの子の同級生に、幼稚園や学校から毎年のように発達障害を指摘されていて、特別学級を勧められるほどの状況だった子がいます。
    ご両親は「ちゃんと言い聞かせてます」と言うんですけど、その子は耳で聞くより目で見るほうが理解や学習できる特性があったんです。

    なぜ分かったのかというと、幼稚園のお楽しみ会でやった寸劇。
    「宝物を盗んだら牢屋に入れられた」というシーンがあり、お楽しみ会が終わったあと、その子が「ねえ、なんで牢屋に入れられたの?」と聞いてきたんです。(家が近所で赤ちゃんの頃からよく会ってて、わりと懐いていました。)
    ぬいぐるみが側にあったので、取られたらイヤだよねー、みんな怒るよねー、悪いことなんだよー、悪いことしたから牢屋に入れられたんだよー、と説明しながらぬいぐるみで寸劇したら、「そっか!」と納得した様子。
    なんとそれ以降、オモチャを横取りしなくなったんです。
    それで、目から覚えるタイプなんだと分かりました。

    でも、そのことをママさんに言っても口頭での注意しかしないんです。
    おせっかいですが、その子には大切だと思って3回ほどママさんに言ったら、絶縁されてしまいました。
    可哀想なのはその子です。
    特性に合う指導(ぬいぐるみを使う、イラストを見せる、文字で教える)をすればちゃんと理解できるのに、親のせいで何も覚えられず、結果として嫌われ者になってしまったんですからね。

    その子は授業もチンプンカンプンだったのでしょう。

    高校はペーパーテストがなくて面接だけで合格できる、超がつく底辺高校に行ったと聞きました。

    ユーザーID:7323648585

  • それは見て見ぬふり

    周りに
    あなたのお子さんは検査したほうがいいかもしれない
    と言われたら、
    親なら、動揺して当然だと思います

    動揺もせず、
    絶対に大丈夫
    と言い切るのは不安を消そうとしているからじゃないですか?

    発達障害にかかわらず
    お子さんが。。。
    と第三者から何か言われたら、
    うちの子が何かしてしまったのか?
    と、不安になり動揺し、身構えて当然だと思います

    第三者から子供への指摘を無視できるのは
    見て見ぬふりか
    子供と同じ状況だからだと思います

    ユーザーID:9996748432

  • 友人の話

    幼稚園の先生から1年間発達障害と言われ、嫌がらせをされていました。
    友人はそれこそ母親のカンと、これまでよく心が通じてきたという思いを信じ、病院にいけとしつこく教諭から言われたため診察に連れて行ったら、3月末生まれでそう見えるだけで問題ないと医者に断言されました。この結果を報告しても、教諭は誤診と言い続けたそうです。
    今は小学校中学年になりなんの問題もなく成長しています。

    ユーザーID:6424762268

  • 親の感

    発達障害等にある程度の知識があって自分の信念?があって信じるならそれはいいと思います。


    私の弟夫婦は知識もないのに親が大丈夫と思うなら大丈夫!って言ってて結局就学前に自閉症と診断され今更後悔してます。

    ユーザーID:2934600083

  • 求めてる意見と違いますが

    かかりつけ医や保険センターの職員など複数に相談し「男の子だから。3歳過ぎまで心配しなくていいよ」と口をそろえて言われましたが、何か違うという確信があり自分で予約を入れて(通常は保険センターを通す)、診断が即下りました。結果、超早期に手厚い療育を受けられ今は普通に過ごせています。あの時、周囲の言うことを真に受けなくて本当に良かった。「母親の勘を信じて専門家に見せた」パターンです。

    専門家の診察を受けることがそんなにおおごととは思えませんでした。何もなければ心配して損したわーで終了です。歯科検診に行くのと同じ感覚でした。もし母のカンが外れていても時間は戻せません。「あの時どうして行かなかったんだろう」と悔やみたくないので即行動しました。母親のカンが外れたと判明するのが成長してからの場合もあります。学校にも、はたから見れば発達障害をどうして疑わないんだろうというお子さんが何人かいましたが親御さんは対処せず高学年になって困った事態になっています。

    母親のカンが外れたときに困るのは子供本人です。迷っているなら行ってみてはどうですか。

    ユーザーID:7457033503

  • どちらも

    結果オーライだった事例を読んだだけ
    人それぞれなので、一概には言えないのでは

    ユーザーID:6764354788

  • 長所が見えている場合には

    ASD(自閉症スペクトラム)診断有りの子供がいます。
    1歳台に教えてもいないはずの文字、数字を読み出し、2歳には漢字も読め計算もはじめました。
    その割に幼く、歩く話すの発達は適正範囲後半にギリギリ入る感じで。

    順調に成長した上の子に比較して、天才性と幼さがアンバランスで不可思議な事ばかりで、園の先生は男の子はそんなもんよー。と言いましたが母の感でおかしいと思い受診。
    あっさりASDと言い渡されました。

    実はこの診断した先生もASDらしく、他いくつか児童精神科の病院に行きましたが、ドクターご本人が発達障害の方が多かったです。多分、息子とご自分とを重ね合わせてお話し下さってる様子でした。

    私は初期のころは、障害と聞いて動転してしまい泣いてばかりいましたけど、成長に伴って幼さも落ち着き、頭の良さが際立ってきてこれはこれでありだなと思えるようになりました。

    テレビを見ていて、クイズ番組に出ている方の子供の頃のエピソードを聞くと、息子と同じだなぁと思う事が多々ありますが、堂々と話されている所を見ると病院に行った訳じゃ無いんだろうなと思います。

    悩んで涙した日のことを今思えばバカらしくもありますが、やはり得意不得意が大きく普通の人と若干感じ方が違うので、それを知って寄り添ってやれる事が診断を受けたメリットだったと思います。

    トランプ大統領とやり合う姿が印象的な環境活動家のグレタ トゥーンベリさんも発達障害者のひとりですが、人と同じ事を求めたら今の彼女は無かったと思います。

    ただ、病院や療育に行くと長所が見えづらいお子さんもいらっしゃり、本当にそれぞれ症状が違うので、気にならなくなるまで病院に通うのは有りかなと思います。早く対応して損はないと思います。療育も幼児教室みたいなもんで習い事だと思えばいいですしね。相談できるところがあるのは心強いですよ。

    ユーザーID:7519702281

  • 続き

    >園や学校、その他の機関で「お子さんは発達障害かもしれない」

    園・学校が言うのは障害によるものであろうが性格であろうが実際に困った事態が発生しているからです。「うちの子を障害児扱いした!」という親御さんもいますし、それでも園・学校が障害の可能性を伝えてきた以上はカンに掛けてないでちゃんとした方がいいです。虫歯がありそうですって言われたら歯科に連れていくでしょう?発達検査は何も痛い内容はないし高額な費用がかかるわけでもない(うちの自治体は無料でした)。何も特別なことではありません。「どうしても知りたい」なら調べてみるしか方法はありません。虫歯かもしれないと不安を抱えたまま日々過ごしたくないでしょう。 ちなみに小児科医ではダメです。


    >母親は何の問題も感じておらず
    親御さん自身にも何かあるから感じてないというケースもあります。

    自分のカンを信じて外れたら、その結果は子供自身に還るということを一番に考えましょう。

    ユーザーID:7457033503

  • それは勘でなく耳をふさいでるだけ

    園や学校、その他の機関に言われたのに対して何の問題も感じていないのは
    耳をふさいでいるからですよ。
    それだけ周りに言われてるのに信じないのはおかしいです。
    子供のことを考えたら今後生活しやすいようにすぐ動くべきでしょう?

    実際まわりにそういう方がいましたが話していても
    信じたくない感がすごかったです。
    療育も進められていましたがうちの子は普通だってお断りしていました。
    子供が気の毒です。

    ユーザーID:5504218391

  • 身近の話ですが。

    幼稚園、小学校と見てきましたが、いわゆる多動や学習障害といった何らかの傾向が見られるお子さんに対して、園や学校の先生がその親に言うときはよっぽどのときのような印象を持っています。

    そして素人が見ても明らかに多動であり、言葉もあやしい(会話が成立しない)、理解力がないとわかる子どもの親で、ごく数人は事実を受け入れない、または楽観視しているようです。

    たとえば、うちの子(小学生)の同級生の男の子。
    幼稚園の時から、療育を勧められていました。
    運動会や保育参観などでも周りが唖然とするくらいの多動に独り言や歌を歌ったりとすごかったですが、お母さんはシラーッとした顔してましたね。
    正直、お子さんよりもこの状態で何もしないお母さんの神経の方を疑ってしまうほどでした。

    小学校では個別を勧められたみたいですけど拒否したようで、授業の妨害なども日常茶飯事で担任の先生はもちろん、同級生や親たちからもよく思われていません。

    普通級で過ごさせたいという気持ちもわからなくないですが、素人目にも症状が改善するとは思えないですし、早急にしかるべき専門家に診てもらうべきだとは思っています。

    ユーザーID:2527490341

  • あると思いますよ

    小さい時に障害かもと言われたけれど、普通に育った子はいます。そういう場合は親も忘れてしまうから、わざわざ言う人もいないと思います。
    しかし、大事なことは障害かどうかではなくて、園や学校で問題を指摘されるということは、子どもがうまくいってないというサインなので、困っているなら助けてあげようと親が考えてあげることだと思います。

    ユーザーID:4151503237

  • 自分の子供の体験から

    2才で発達障害かも知れないと言われてときは、初めての子供だったせいか母親の自分は気づいてなかったです。
    それで2才のドリルをやらせてみるとできなかったです。

    ここでまず母親が発達障害を受け入れ
    すぐに動いて、発達障害向け訓練を受けさせました。家でも毎日訓練しました。
    6才まで訓練することが大事なのだそうです。
    4才になったとき、発達障害向けの幼稚園を進められたけど、母親の勘で普通の幼稚園の方がこの子には良いと思ったので、普通の幼稚園に通いながら訓練を6才まで続けました。
    この幼稚園は慎重に選びました。

    その後どうなったかと言うと
    有名大学を出て、有名企業に勤めています。
    小中学校のときは、友達とのコミュニケーションのアドバイスに苦労しました。

    母親の勘も大切ですが、まわりの意見も貴重です。

    ユーザーID:8528448174

  • いくらでも

    そういうお子さんは見かけます。
    年を重ねるごとにあの子やばいねとなってる子がそのうちの大半だと思います。
    私も実際に子供が被害を受けて、黙ってられず、学童で起こったので、何らかの対処をしてほしいとお願いして、学校も巻き込んでようやくその子は通級に通い出しました。

    おそらく、母親の勘というより見て見ぬふり、認めたくない、我が子は普通!という気持ちが勝るのかなと。

    でも苦労するのは結局本人です。

    私の次男は私は最初はやや育てにくいだけと思っていましたが、一歳半検診で長男に障害があるのでという理由でそのままこちらがお願いしたわけでもないのにこちらがお願いしたと言う体で療育へ。
    ただ、やはり育てにくく、やはり何かあるかもなぁと思い、上のこと一緒に受診したら診断はつきました。
    でも、保育園のクラスのお母さんから絶対に診断なんてつくわけないと言われるくらい外面はいいです。

    学校生活は問題なくできてるし、通級は利用せず、デイサービスで済ませているから他の子は気付いてないと思います。
    それにはお薬も飲ませ、デイでもしっかり見てもらってるからです。

    ユーザーID:9378978253

  • お子さんが困る

    子どもに教える仕事をしています。年間200人くらいのお子さんと接します。

    職業柄いろいろなお子さんに会ってきましたが、主さんのおっしゃるような

    園や学校、その他の機関で、「お子さんは発達障害かもしれない」と言われたけれど、母親は何の問題も感じておらず、まさに「母親の勘を信じて」、特に対処せずに普通に育てた

    ということは、「うちの子は普通だ」と感じているということですね。

    子どもと接する機会の多い立場の人から何らかの提言をされたとしたらそれには理由があります。お子さんが困っているから対処したほうがお子さんのためなんですがねえ。

    「まだ子どもだから」という範囲の場合は親御さんに何か伝えることはまずありません。言われるということは何かあることがほとんどです。

    「母親の勘を信じて」普通に育てられたお子さんは、成績が伸びずに思い通りの進路に進めない、社会性がないため友達から嫌われてしまって孤立する、仕事に就いてもうまくこなせなくて叱責されて仕事を辞める、だいたいこの3つのパターンが多いようです。

    だからこそ教育者側はお子さんの将来のために提言するのですがね…。一番困っているのはお子さんご本人であることを理解していただけないとこうなってしまいます。

    一般の母親は多くても4人くらいの子どもを育てただけ。しかも家庭内でしか接していない。
    教育者は年間何十人、何百人の子と接している。この経験の差をわかっていただけないことは多いです。

    1人でも多くのお子さんが適した教育を受けられるように願ってやみません。

    ユーザーID:5879196348

  • あなたは

    教育機関から何か言われた方の親御さんでしょうか?

    だとしたら、
    早く動いた方が良いと思います。
    幼稚園、学校側から言うときは、かなり問題が大きいときです。

    母親って保育士とか、看護師以外、我が子しか知らない人が多いですよね?
    実際、一昔前は、多動は活発な子、喧嘩ばかりする子は、乱暴な子、と言うとらえ方でしたし。

    集団の中で見ていると、やはり問題を抱えているお子さんは、わかるものです。
    そう言われたけれど、国立大、大手一流企業に就職した!!という人も、高知能のアスペルガーだった、と言うケースも有ります。

    知能の高い低い、ではないのです。

    本人が辛い思いをしている、人間関係がうまく築けない、と言うことが問題なんです。
    うちの子は違う!!と貫いて、小学校で不登校になったり、就職でつまずいて、自己否定感にさいなまれたり。

    大事なのは、その子がどう生きやすくなるか、その手立ては?と言うことだけです。
    なんの対処もせずに、ちゃんと自立した大人になった、と言う表面上のことにとらわれて、実は本人がコミュニケーションがうまくいかず、毎日悩んでいた、そんなことだって有るんですよ?

    ここで、対処しなくても、問題なく育った、と聞いて安心したいのでしょうか?

    ユーザーID:2957744008

  • 難しいですね

    私の長女も発達障害かな?と思いながら育ててきました
    幼稚園、小学校の多くでは問題ないと言われましたが、小4の担任にだけ、専門機関への相談を言われました
    専門機関で検査を受けましたが、微妙な判断で、発達障害ではないと思うけれど、先生に指摘されたのは何でだろう…という感じでした
    思えば、私も小4の時の担任も、性格的にとても細かいです
    なので、相性で受け取り方も変化するのだと思います
    中学生の今は勉強は苦手ですが、スポーツと面接の評価が高く、人気の高い高校に進学が決まりました
    発達障害であれば、一般的に面接は苦手だと思います
    また、人より苦手なことが多かったのが、成長につれ随分克服しています
    むしろ得意分野にもなっていることもあります
    ずっと発達障害だと思い、育てにくさも感じてきましたが、育てにくさは案外、母親自身の問題であることも多いです

    母親の勘は、子どもの性格や体質を誰よりも知ってるだけに当たることもあるし、自分自身の感情が深入りするので客観性がなくなり、当たらないこともあるのかな、とも思います

    ユーザーID:4521980982

  • 親の勘と言うより子育てで感じた困り感

    発達障害と言っても、発達がゆっくりだったり
    凹凸があるけれど、発達を辿る道筋は定形発達のお子さんと一緒だと思います。

    なので、小さいうちに分かって療育などフォローを受けて伸びる部分もあれば
    ゆっくりな部分がどこにあるのか?によって
    伸び悩む子が居るなと思います。


    私の場合は、子どもが一歳過ぎから、あれ?と思う事が増えて保健センターに相談したり 保育園での様子を聞いてました。
    まだ、今程発達障害の支援も手厚くない頃です
    結果は、ゆっくりですが様子を見ましょうと言われてました。
    勘と言うより 日常での困り事が多かったのです(本当によく動きまわる 泣き出したら長い間止まらない  言葉のやり取りがちぐはぐなど)
    子どもが3歳で、自分自身が子育ての困り感を感じ。どう支援(子育ても)したら良いか?を知りたかったので専門機関へ
    発達障害 自閉スペクトラムの診断を受けました
    言葉での理解が、特に凹があったので
    集団生活でのサポートが必要だったから早めに分かって良かったです。

    診断がある ないを求めたと言うより
    支援の仕方を知りたかったからですし
    なければ無いなりの親と本人の困り感を相談出来る場を、確保したかったからです。

    因みに、小学生の時に知り合いのお子さんが
    担任から「発達障害じゃないか? 病院へ行っては?」と言われてました。
    私は、その子を知っていたので 個性的な子とは思うけれど、周りをよく見て慎重な子なだけど?とビックリしました。
    親も、育てていて困り感を感じる事は余り無く。
    結局、その先生だけでしたし 受診をすすめた理由も納得いきませんでした。 
    お子さんは、普通に高校へ通ってます。
    しかし多数のお子さんに関わってる方に言われているなら、それは我が子を信じる勘ではなく
    本人の困り感に寄り添ってないだけなのかな
    昨今、支援が充実してきてるのに‥と思います。

    ユーザーID:3616162881

  • 私のいとこがそうです

    いとこの子は幼稚園では教室に入れず毎朝園長室登園。(その後楽しい活動になると教室に行き参加する)
    非常にこだわりが強く、気に入らないことがあると癇癪をおこし泣きわめくので、周囲ははれ物に触る状態でした。
    母親であるいとこは、叱るともっと状態が悪くなるからと子供の言うとおりにするか、優しく諭すやり方。
    ただし、知的には問題なく、計算や書字等も同学年の子より習得が早いくらいで、国旗や力士の名前をすべて覚えるなどしていたので、いとこは頭がいいかわりにちょっと癖の強い子なのだ、という風に言っていました。
    結局小学校に入ってからも、1年生から3時間目登校などが続き、4年生からは不登校に。
    そのまま中学でも断続的な不登校が続き、通信制高校に進学しましたが結局中退し、成人した今は自宅で半引きこもりの家事手伝いという状態です。
    その間、様々なチャレンジや学校からの介入、家庭内暴力等々ありました。
    いとこはおそらく子供が不登校になったくらいからは発達障害の気配を感じていたと思うのですが(学校からの介入があったので当然公的にも言われていたと思うし、周囲も言っていた)、かたくなに認めませんでした。
    この子は「普通」だと。
    産んで育てている自分が1番良くわかるし、これまでにたくさんの子を見ているからこんな子がいるのはよく知っている(いとこはもと保育士)と。
    結局未診断なので、発達障害かどうかはわかりません。
    ただ主さんのおっしゃるケースかなと思いました。

    ユーザーID:9744723436

  • トピ主です。

    初めてトピを上げましたので、お返事いただき嬉しいです。

    いただいたご意見の中に、発達障害を虫歯や癌に例えて、専門家に見せることを迷う必要はない、とおっしゃってくださった方々がおられます。主旨はよくわかります。でも私が心理士の先生に聞いた話だと、「発達障害は、本人と周囲が困っていると感じたら発達障害だし、困っていなければ発達障害とは言えない」「発達検査の数値で決まるわけでもなく、総合的に所見を見ての診断だ」。だから「専門医によっても診断は違うし、もっと言えばその子の今いるコミュニティによっても診断がちがう」と。そんな不確かな診断、癌や虫歯にはありませんよね?だから、なんだかなぁ〜、と思ってしまいます。

    情報が後出しになってしまって申し訳ないのですが、うちの子は「発達障害」という言葉を使われたことは今のところありません。医療機関を受診してないからだけかもしれないのですが。
    ただ、園の先生から加配の申請を打診され、市の心理士による発達検査を経て、今は3対1の加配がついています。他のお子さんに迷惑をかけないようにと加配の申請はしたものの、実際に申請が通ったことは、とてもとてもショックでした。
    ちなみに、心理士が実施したK版発達検査?では、3分野ともに月齢より半年〜1年先の結果(5歳0ヶ月の検査で5歳6ヶ月相当と6歳0ヶ月相当)が出た上、特に凸凹もない、と言われました。ただ、「この数値の凸凹の有無と、発達障害の有無は実は関係ない」とも言われました。
    ますますわかりません。発達障害ってなんなんだ…?と悶々とする日々です。

    ユーザーID:1620684450

  • こればっかりは未来に確証はないからね。

    母親の勘は当たっているのか、周りの意見に耳を傾けて確認はした方がいいのでは?当たっていたらいいいけど、外れていたら手遅れってこともありますよ。

    親戚の子は、普段あまり会わない私から見ても学習障害と多動があるように見えました。小学校の先生から「今から支援級で少しずつ自分のペースで克服していけば、中学校に入る頃には普通級に戻れると思うので、支援級で頑張ってみませんか?」と何度か説得されたそうですが、母親は頑としてうちは大丈夫ですと首を縦に振りませんでした。小学校はそのまま普通級で過ごしましたが、結果中学はやはり支援級になってしまいました。父親が説得したようです。

    中3の中頃、本人の努力もあり勉強面でも下の成績の子に追いついてきた、多動もほぼ見られなくなってきたとのことで、普通級に戻っても大丈夫じゃないかな?というところまできましたが、支援級と普通級は授業のカリキュラムが違うし定期テストなども行わないので、内申点がつかないということで普通の受験が出来ず、結局養護高等学校に行きました。多分普通に受験できていたら一番下の私立(田舎なので私立は滑り止めで偏差値は低いです)には入れたと思います。ここで母親の方はかなり後悔してました。

    本当に何でもなかったらそんなこともあったねで済むけど、万が一何かあった時に後悔するのではないですかね。

    いい方に成長した話がたくさん出てきたところで、その子に当てはまるかと言えば違うかもしれませんのでね。

    ユーザーID:0482104158

  • 周りが大丈夫と言っても、そうかもと思うのが母親の勘

    まわりから指摘されても、我が子は大丈夫!は現実逃避です。
    母親の勘ではありません。

    工夫し、適切な支援を受ければ、周りと同じように過ごすことも可能です。
    受け入れずにお子さんの可能性を無くしていくのが現実逃避です。

    我が子は大丈夫と思うなら、受診して証明すればいいのですよ。
    ほら!大丈夫だったじゃない!と。

    本当にお子様が大切なら、確認するのが愛ですよ。
    受け入れるのは少しずつでいいのです。

    ユーザーID:7971201708

  • 支援センターでいきなり紙をもらいました

    検診に行った時でしたかね

    1人の保健師?さんがいきなり紙を持ってきました。発達障害の紙でした

    は?って思いましたよ
    まだ幼稚園に入る前でしたかね、、確か

    男の子で大人しく、けど私にべったりでもない息子
    ご近所は女の子ばかりでしたので遊ばないし
    本人もあまり外に出ない子でした

    幼稚園入る1年前から体操教室に行かせて体力は使ってました
    あと、姉がいますから姉の遊びに付いて行くなどたまにしてました

    病院には行って無いです

    現在、中学3年、別に変わらないかな(笑)
    男の子の友達は出来ましたよ(笑)
    普通に集団生活も出来てますし、勉強も成績は良い方です
    ちょっと大人びた性格はしてますが
    資質の物だと思ってます
    園も学校も何も言われなかったですね
    小学校は入学前に何かしらの検査があり
    疑いのある子はお知らせされると聞きました
    なので園や小学校から言われたら行くつもりでした

    うちは姉の方が手を焼きましたね

    ちょっと難しい子でした
    小学2年で言葉の教室と言う特別教室の先生に呼ばれてお話しを聞きました

    姉は言葉を受け入れるのに道筋が要る子だと
    例えば、ゴミ捨ててきて、を何故?どうして?となるみたいです
    なので、机を拭きたいから机にあるゴミ捨ててきてくれる?と言えば受け入れれるらしく素直に捨てれると
    しばらくは、公的機関の作業療法士?さんにお世話になりましたよ
    何ヶ月置きに面会してくれて、娘と話をして、私に娘が今こんな感じだと教えてもらい対処して行くって感じでした
    今は高校3年ですが、そんな事無いですよ
    普通に、捨てて、はーいと会話終わりです

    もし、何か言われたのなら行った方が良い
    どんな結果になっても自分の子供を知る大事なチャンスです
    もし、発達障害で親が子供を理解し対処法を知らないとどちらも大変です

    ユーザーID:8142355430

  • 母親の勘とは

     トピ主さんが完全に勘違いされていますね。「母親の勘」とは直感やインスピレーションの類いのものではありません。

     「母親の勘」とは、経時的に我が子を見て、同年代の他の子どもも見て、自分の育ち方を考え、母親のあらゆる経験と知識が積み重なり、これはおかしい、これは困ったと思い至る現象です。
     だから、あらゆる知識経験を積み重ね、学んできた人ほどその勘は精度が高いものとなります。
     どこにも相談せずに母親一人で抱えるより、ありとあらゆる方面から知恵や手を借りたほうがよりよい育ちができるから「相談して」「診断受けたほうがいい」というアドバイスになるのです。

     逆に母親の勘が働かない人は、自分が同じような特性を持って育ったけど周りにうまく助けられて困らなかったか、知識や経験が著しく欠けているか、問題に気づいていても見てみぬふりをしているか、困りごとや危険に対してひどく鈍感かのいずれかです。

     なお、保育園や幼稚園や学校の先生等の客観的な目から、発達障害の指摘を受けるというのは、よほどのことです。やはり、小さい頃からそういう指摘を受け、何の対応もしなかった子は高学年には重大な問題になっている場合がほとんどです。が、小さい頃から困りごとを相談してうまく対応してきていると、高学年や大人になってもうまく自分の特性とお付き合いして生きている場合がほとんどです。

     ちなみにうちには知的グレーの自閉症の子はいますが…本人に分かりやすく生活しやすい関わり方をする程度です。まあ、療育には通ってますけどね。一見すると普通そのものです。下手すると下の子(定型発達)のほうが手がかかることすらありますよ。

     まあ、何を持って普通に育てるというのはわかりませんが、私から見たら、子どもが困っていることを周りから知らされても何も対応しないのは、親としては普通ではないと思います。普通の親なら対応しますから。

    ユーザーID:0184565956

  • 2回目

    トピ主様のレスが反映される前にレスしていましたので。

    加配。簡単に取れませんよ…。
    どこも手が足りない。簡単に加配がつくならどの園でも申請することでしょう。
    それができないのは、そう簡単に加配がつく条件に満たないからです。

    2回目のレスを読んで、やはり、現実逃避していると感じました。
    結局、ご自身に都合の良い言葉のみを押し出しています。園ではどんな風に困っているよでしょうか。

    実際にどんな診断名になるかどうかは関係ありませんよ。
    親として、我が子が生き辛さを感じないように、サポートできる方法を今から知っておくだけのことです。
    発達障害って何?!と思うなら納得するまで調べてください。
    その言葉だけにこだわって、お子様の将来を考えずに逃げ回って、皺寄せが来るのはお子様ですよ。

    ユーザーID:7971201708

  • 念には念を

    発達障害の疑いが少しでもあったら、気を付けといて損はありません。
    親が気になるってことは、はっきり診断が下りるほどでなくても、そう言う性質があるということだと思う。
    発達障害の子への接し方を学んでおくと、子供に響きやすい指示の仕方もわかるし、無駄にイライラしなくなります。

    さて、園や学校で指摘されていても気にせず、自信持ってお子さんを育てられたか方を知っていますが、小さいうちはよそのお子さんとトラブルが多くても何とかなります。
    でも小学校も高学年くらいになると体も大きくなり口も達者になるので、親も手に負えなくなります。

    口だけは一人前だけど、子供同士のコミュニケーションがうまくいかないから、どんどん孤立していってますね。
    そのご両親としては、知的な遅れがないから、うちの子に障害はないという考えのようです。

    勉強はついていけてるけど、友達と深い付き合いができなくて、幼稚な絡み方しかできないから誰にも相手にされないのは本人も分かってるし、この状態を親が見過ごしていると、確実に二次障害につながってると思うのですが、教師の言葉も届かないのではどうにもなりませんよね。

    ユーザーID:6998096270

  • 困っていたら解決する方向へ

    主さんのレス主さんのレス拝見しました。

    主さんがおっしゃる通りです。
    「発達障害は、本人と周囲が困っていると感じたら発達障害だし、困っていなければ発達障害とは言えない」「発達検査の数値で決まるわけでもなく、総合的に所見を見ての診断だ」。だから「専門医によっても診断は違うし、もっと言えばその子の今いるコミュニティによっても診断がちがう」

    要するに、お子さんや周囲が困るなら対策を考えましょうということです。

    そして実際、園から加配を提案されたということは、園でお子さんや周囲が困っていることがあるのでしょう?だったら対策を考えた方がお子さんのためです。

    K式発達検査だけではわからない障害もあるのでしょう。1つの検査だけで診断できるほど単純ではないです。

    私の次男が発達障害なのですが、診断をいただくのにまず「成育歴」「園の先生から見た様子」「親として心配なこと」などを詳しく書いた紙を送付し、それを見ていただいた上で親だけで2時間ほどの面談、別の日に本人と1時間ほどの面談、その結果診断が下りました。このように発達障害の診断はとても慎重に時間をかけて行われるものだと思います。

    発達障害の診断を下せるのは専門の医師だけです。ですからハッキリさせたいなら専門医にかかる他ありません。

    私は我が子の障害を知れて良かったです。無駄に叱らないで済むし対策を講じることもできたからです。今高校1年生ですが、大学合格を目指して勉強頑張っていますよ。本人は教師になって、自分のような障害で悩んでいる子の助けになりたいと言っています。

    ユーザーID:5879196348

  • 加配がついたなら

    本人も何かしら困っていると思うのですけど…。
    例えば色覚障害の人は生まれたときからその見え方なので、自分が他人と見え方が違うと気づかない場合があります。
    で、運転免許を取得しようとして気づくとか、実際にあります。

    発達障害かどうかは置いておき、いま必要なのは、人として生きるスキル…多くの人はすんなりできるけどトピ主さんのお子さんにできないことをどうにか底上げしてあげることですよね。
    療育でも何でもいいので、してあげてください。
    まだまだ変わりますから。
    今は本もたくさん出ているので読んでみてください。
    定型発達の子育てにも役立つことばかりです。

    近所の子は、言葉は悪いですが標準仕様とは言い難く、何度か受診や相談を保護者に提案しましたが、受け入れられず。小1から中3まで、学友に、はずされて過ごしました。
    授業では勉強も理解できず家庭教師に教えてもらっていました(一対一で、当人に解る言葉で伝えてもらえれば理解できる)。
    よくぞ本人も先生方も普通級で頑張った!まわりも頑張った!という感じです。
    高校に入ってから「中学半ばで、この子は普通ではないと納得したけど、今さらどうにかしようという気にならない。おそらく、工場勤めとかならできるから生きていけるとおもう」「実は小学生のときに、先生からも勧められたけど、信じたくなかった。小学生のうちに(専門医に)行っていれば違ったのかねえ」と保護者が言っていました。

    ユーザーID:1831314655

レス求!トピ一覧