• ホーム
  • 健康
  • 境界型糖尿病 中だるみです。 喝を入れてください。

境界型糖尿病 中だるみです。 喝を入れてください。

レス11
(トピ主2
お気に入り26

心や体の悩み

ピアノ

御覧くださり、ありがとうございます。50代の女性です。

7年前に境界型糖尿病と診断されました。

ヘモグロビンA1C 6.1 負荷検査は200の少し手前でした。

それまでの暴飲暴食を反省し、三食腹八分、ベジファースト、筋トレ等をしたらすぐに5.6まで落ちました。

だるかったりしていたのが、嘘のように元気になりました!!!

そのまま続ければいいものの、2年前に5.5以下を目指そう
完全な糖質制限をしたところ、ひどい便秘、
そしてものすごく痩せ、脂肪肝になりました。やせすぎで肝臓に
脂肪がついたのです。

慌てて、ゆるやかな糖質制限にしました。

しかしながら、ずっと肝臓の数値はなかなか戻らず、ヘモグロビンA1Cも6.1です。

なんだかこの頃、腹八分もゆるやかな糖質制限も
ウォーキングも筋トレも疲れてきました。

家族に糖尿病で人工透析、合併症の者がいたので、
糖尿病の恐ろしさは十分知っています。


でも、ここ3か月位夕飯後、チーズ、ナッツ等なら血糖値が
あがらないだろう
と、おなか一杯になるまで食べてしまいがちになってます。

糖質の少ないシュークリームやプリン等も以前は全く手を
出さなかったのに、買ってきて食べています。

過食は、すい臓にも肝臓にも胃にも悪いのは分かっています。

でも、なんかもうセーブする生活に疲れてきたのです。


喝を入れていただけませんか。。。。


小町を見ているとすごく頑張ってらっしゃる方が多いですが、
中だるみはありませんでしたか?

セーブする生活を今後も続けていくには、どうしたらいいでしょう。

腹八分におさえられなくなってきている自分に恐怖を感じています。

この本を読みなさい!等もあったら、お願いします。

どうぞよろしくお願い致します。

ユーザーID:9350944001

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
  • 体重計の戒め

    毎日体重を計る。これに尽きます。
    目に見える数字の変化がトピ主さんへの喝になりますよ。

    ユーザーID:7274484462

  • 『一病息災』で、お互いに頑張りましょう。

    60代後半の兼業主婦です。

    6年程前に境界型糖尿病と診断されました。海外なので医療制度が少し違うかもしれません。

    6年前に定期検診で、前年の5.3から5.9に上がって注意されました。私の内科医は、初期の場合は負荷検査はせずA1Cを3ヶ月毎にチェックします。

    直後に6.1まで上がりましたが、頑張った結果 5.7に下がりました。その後検査は6ヶ月毎になり、今は定期検診のみになり、5.7に落ちつiていますが、どんなに頑張ってもそれ以下に下がる事は全くありません。

    また同世代の日本人の親友が糖尿病患者です。

    二人とも元々小柄で痩せ型ですが、私と彼女の体質は違っています。彼女は減食しても体重に変化ない。私は空腹になり過ぎると、低血糖になり震えがくる体質。糖質制限をし過ぎた時ですが、痩せすぎて肋骨が見えるまで体重が落ちて慌てました。

    その後体重を戻し、過度な制限はやめました。正常値にならなくて良い。一生の付き合いなので、境界型で我慢。

    食事制限も慣れ,甘い物は少しだけ食事後に楽しみます。空腹時に食べたら本当に危ないです。

    >ウォーキングも筋トレも疲れてきました。

    私も一人で頑張っていた時は挫折しました。私も親友も兼業主婦ですが、毎日曜の朝一緒に散歩します。情報交換もするし、お喋りが楽しいです。

    筋トレと有酸素運動は、近くのシニアセンターの無料クラスを取っています。通っていると、仲良しさんが出来て、お喋りがまた楽しい。時にはクラス後にお茶をする事もあります

    最後に、頑張っていられる一つの理由です。毎年の健康診断結果が昔より良くなっているのです。コレステロール値や中性脂肪値が下がった。風邪をひかなくなった。去年も一昨年もは一日しか病欠しませんでした。

    私も親友も今座右の銘にしているのが『一病息災』です。

    去年初孫が生まれ、手伝う事も多く、元気で長生きしたいです。

    ユーザーID:9684969843

  • トピ主です。ありがとうございます!

    レス、ありがとうございます!

    もっさん様
    体重ですね!ありがとうございます。
    何年もはかってきたのですが、ここ最近は本当に
    なにもやりたくなく、はかってませんでした。今日からはかります!

    keyココ様
    ありがとうございます!
    「一病息災」。。。。本当にそうですよね。

    お友達がいて、うらやましいです!!!
    そうでした、私、孤独な戦いをしていました。

    あと、境界型なんだ!・・・と腹をくくることが大事だと
    思いました。
    もっとa1cの数字を落とそうと、完璧を目指して
    肝臓の数値まで悪くしてしまった私。

    現在の6.1は高いとは思うけど、これ以上高くならないよう、
    そしてなにもかも完璧を目指さず、
    やっていこうと思えました。ありがとうございます!

    0か100かと考えてしまいがちで、
    こんなにやってるのに、この数値。
    もう全部投げ出したたい!!!!甘いあんこ食べたい(笑)!!!!
    と、本当に投げ出すところでした。

    深呼吸して、
    今日からまたコツコツやっていきます。

    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:9350944001

  • 難しけれど筋肉量を増やす食事と運動

    厳しい糖質制限で痩せると筋肉も多く減らしてやつれた感じになります。
    痩せでも内臓脂肪は多いのでは?
    血液検査、コレステロールや中性脂肪など全身の状態に注意して。
    一生付き合える、家族や友人たちとも一緒に食事が楽しめる無理のない食べ方を。
    脂肪肝には軽い筋トレと有酸素運動の組み合せがいいです。筋トレ(スロートレ)10分とウォーキング6000歩を続けて、楽に感じたら負荷を増やしていく。無理は禁物ですが継続は力なりです。

    ユーザーID:3743334216

  • お酒は

    お酒は飲まれますか?

    私、血糖値が高かったのですが、お酒をやめたら下がりました。

    ユーザーID:0834857544

  • ありがとうございます!トピ主です。

    タンポポさん
    レス、ありがとうございます。
    継続は力。筋トレもウォーキングもやってきたのに、
    この数字。
    もう何もかも投げ出したくなってしまって。

    でも、また一からやろうかなと皆さんの励ましで思えてきました。
    続けることって本当に難しいですよね。。。

    のんさん
    レス、ありがとうございます。
    境界型になった時から、お酒は一滴も飲んでいません。
    肝臓の数値がよくなると、a1c
    の数値もよくなってくるのかな。。。と思います。

    糖質さえなくせば、a1c
    の数値もよくなるハズと完璧を目指しすぎ、肝臓の数値も悪くなりました。
    境界型を受け入れてほどほどに考え、これからの長い人生やっていきたいと
    思います。

    みなさん、本当にありがとうございます。

    ユーザーID:9350944001

  • 私も同じです

    自分のことかと思いました。

    同じような方がいらっしゃると思い、励まされました。
    レスも参考になりました。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:6403142396

  • 一緒に頑張りましょう!

    私は糖尿ではないのですが、太っています。
    秋頃から不安感が増し、こちらで相談させてもらって何とか乗り越えました。
    心の問題だったはずが、体にも不調を感じるようになり、病院へ行きました。
    (まだ経過観察中ですが、内科的には大丈夫なようです。)
    食べられるのに胸が一杯になり食事を取れない日がありました。
    食べ物が喉を通らない感覚があり、一口ごとにすごく噛んでいました。
    食事量も減っていましたが、食事時間は今までの倍かかりました。

    そんな感じで年が明け、病院へ行く日になったので体重を量ったら
    すごく減っていました。その頃から、気分も体調も段々良くなってきました。
    気付かなかったのですが、お腹が空くという感覚を長い間忘れていたようです。
    (いつもお腹いっぱいなのに食べていたみたいです。)
    今は食欲も戻り沢山食べたいところなんですが、腹八分目を心がけています。

    そこで気付いたのが、咀嚼の大切さです。
    たまたま食べ物が喉を通らなくて噛む回数が多くなってしまったのですが、
    噛むことで食べるのに時間がかかり、満腹感が得られるようです。

    制限がある・・・と思うと、よりストレスがかかり食べたくなりますよね。
    好きな物をゆっくり時間を掛けて食べると、自然といつもより少ない量に
    なっているかもしれません。

    私も体重が減って、元気になりました。
    できればこの状態を維持したいと思っています。
    御菓子も大好きですし維持できる自信はないのですが、
    ピアノさんと一緒に頑張りたいと思っています。

    ユーザーID:6684086455

  • 年齢や家系

    57歳女性です。2年前に血糖値が高いことがわかりびっくりしました。やせ型だし運動もしていたので。数値はだいたいトピ主さんと同じぐらいでした。

    それまでも加圧のパーソナルトレーニングを受けてたのですが、健康維持程度の運動だったので、トレーナーさんにたのんで少し筋肉をつけるようなメニューにしてもらいました。そのかいあって1年後にはトピ主さんと同じ数値までさがりました。

    私も多分自分だけで筋トレしていたら続かなかったと思うので、トピ主さんもトレーナーさんについて運動するのはどうでしょう。ちなみに散歩は愛犬がいるので中だるみでも休むことができません…(泣)。

    またご家族に糖尿の方がいらっしゃるとのこと、血のつながりがある方でしたらトピ主さんの血糖値が少々高めなのもしかたがないのかもしれません。私はおそらく遺伝だろうと医者に言われました。

    で、去年トピ主さんと同じまで下がったのですが、それ以上は目指しませんでした。筋肉つけて食事も少し気を付ければまあまあの数値まで下がることがわかったからです。そこで今はそれほどの食事制限はしていません。家系なのでこれ以上頑張っても無理だろうと思って(言い訳1)。でも今年の健康診断でどうなるか。また元の数値に近くなったら考えなきゃなりませんけど。

    それに更年期になると女性ホルモンが少なくなるので血糖値が高くなることがあるようです。だから5.5以下は目指しても苦しくなるだけだと思ってます(言い訳2)

    そこでトピ主さんも今の過食を少しずつでいいから直して、もう一度生活を立て直しましょう。食べ過ぎだと思ったら食後散歩です!そして無理のない程度に頑張ることを目指しましょう。

    私は朝起きてすぐ無塩トマトジュース(リコピン)を飲んでます。ブロッコリーもたくさん食べてお腹膨らませてます。便秘症なので乳酸菌も。だけどたまには暴飲暴食してますよ!

    ユーザーID:4081396235

  • 私も完全に中だるみ…

    わたしも50代女性から、約6年前くらいから、糖尿病と診断され、投薬治療開始して、ずっとa1cは6.0の上限行ったり来たりしています。
    当初は5.6くらいまで下がりましたが、
    だんだん気が緩んできてしまい、
    きちんとコントロールしなきゃという意識が薄れてしまってます。
    母方女性ほぼ全員糖尿病ですが、投薬治療で、なんとか元気で生きてます。

    わたしの場合、甘いものの誘惑に負けてしまいます。
    お酒は飲まないし、脂っこいものも食べない、ご飯も軽く一膳で満足できるのですが、果物とチョコや飴、お煎餅が大好きで。
    気持ちが落ち着いて身体もよく動かせてるときはまあまあ我慢できるのですが、仕事が立て込んできたら疲れたりすると、誘惑に勝てません。
    自分でもどうしてこんなに意志が弱いのか、自己嫌悪なのですが。
    かかりつけの病院の医師もスタッフも皆さん上手な声かけしてくださいます。
    家族は夫だけで健康体、まあまあの間食好きです。

    良い習慣つけの本、糖尿病や健康関連の本も沢山あります。
    私だけが問題はなのです。

    ユーザーID:8195087173

  • ゆる制限で長続き

    ピアノさん、初めまして

    多少は長く生きている爺です。
    食事制限は正しいとしても、人間は不完全でありアマノジャクですから長続きさせるのは大変に難しいです。

    糖質制限などの食事制限を若干ゆるめて、その分、食後のウォーキングで消費するのはどうでしょうか。

    日本で最古の医学書でもある医心方にも、食後はすぐに歩きなさいとあります。

    食事は人間の根幹に関わる大切な事柄であり、それを制限されることは、欲求不満をつのらせます。


    例えば、生活費を切り詰めようとして365日していると、生活も味気の無い乾いたものとなってしまいます。

    そのような場合でも一週間か二週間に一度だけでもプチ贅沢をする日を作っておくと節約も長続きします。

    また、脳内の神経伝達物質であるセロトニンという物質があります。
    セロトニンは、必須アミノ酸であるトリプトファンから作られます。

    トリプトファンは肉や、また大豆のような植物性たんぱく質からも作られます。
    肉だけを食べた場合、トリプトファンの脳内への取り込みは他のアミノ酸によって妨げられ、脳内のセロトニンが不足します。
    セロトニンが不足すると軽いウツ症状になったりします。

    詳しい説明は省きますが、この時にご飯などの糖質があると、トリプトファンがスムーズに脳内で吸収されてセロトニンが作られます。

    つまり、極端な糖質制限ダイエットはウツ傾向を招くという結果になります。

    大豆などには糖質も含まれているため、植物性タンパクからトリプトファンを摂取したほうが良いかもしれません。

    人間は、あまり制限されると逆の方向へと行ってしまいます。
    若干、カロリーがオーバーしても、食後の運動でカバーできます。

    食事が数字の範囲内だったとしてもその後に運動しないよりも、若干は数字を越えても、ウォーキングなどで体を動かしたほうが実は良いのです。

    ユーザーID:5105284320

レス求!トピ一覧