母を傷つけてしまうでしょうか?

レス5
(トピ主1
お気に入り21

生活・身近な話題

銀太郎

初めまして、トピ主の銀太郎(37歳♀、妊娠5ヶ月)です。トピを開いていただき、ありがとうございます。

早速ですが、うちの母の事で悩んでおります。うちの母は去年の10月に脳梗塞で右半身麻痺、失語症、高次機能障害となりました。元々リウマチもあり介護認定は要介護4となりました。
母は今はリハビリ病院に入院していますが4月頃に退院する予定です。退院後は私の弟(独身)と実家で2人で暮らす予定です。
私が住んでいる所は実家から歩いて20分かからない所にあり、平日は朝〜18時位まで私が実家に行き、平日の夜と土日は弟が母を見ると2人で話し合って決めました。(父は私達が幼い頃に病死しております)
もちろん行政のサービスもフルに使うつもりです。

私としては仕事もして母の事も見る弟には負担を1番減らしてあげたいと思っております。
そして母は自分の退院後の事をすごく不安がっており、自分の人生に絶望しています。こんな風になって情けないと泣きます。母は施設に入れないでと泣きながら訴えています。そして私と同居したがっています。

元々私と弟は母をいきなり施設に入れる事は考えていませんでしたが、自分が妊娠している為一時的に母は施設に入れるしかないのかと心配になり、母が退院後にお世話になる小規模多機能介護施設のケアマネの方に相談したところ、通いと訪問介護とショートステイで上手く回るようにケアプランを考えてくれるとおっしゃってくれました。

しかし母に、施設には入れないよ、家で暮らすよって言っても私が一緒じゃなきゃいやだと言います。元は強気で勝気な母でしたがこんなに弱気になってしまって相当不安なんだろうと思います。私も母と同居出来たらいいなと思いますがうちの主人の事を考えると申し訳ないと思ってしまいます。


ユーザーID:7469324105

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
  • トピ主です。続きです。

    同居をしなかったら母を傷つけてしまうでしょうか?自分の人生に絶望しているのをさらに追い討ちをかける事になるのでしょうか?
    母は失語症で、施設には入れないでとか同居したいなどは自分で言葉を発した訳ではなく、私達が母の気持ちを代弁してそれに母が頷く、違うと首振るという形で、何日もかかって導き出したものです。母は自分が話したい事が言葉として出てこない、文字も分からなくなって書けませんが、YES、NOの簡単な質問なら答えられます。
    それでも自分の気持ちを10分の1も伝えられていないと思います。私達も母が何を伝えたいのか分からない時が多い気がします。
    それでも母には絶望だけの人生を歩んで欲しくないのです。
    母は私に子供が産まれる事は嬉しいと言っていますが不安の方が大きいようです。
    初めての介護に初めての育児、不安だらけですがなんとか母を支えてあげたいと思っています。
    長く介護を続けるには無理をしない介護をするというのを本で読みました。自分でどこまで出来るか分かりませんが、頑張りたいと思います。
    長くなってしまいましたがここまで読んでくださってありがとうございました。
    何かアドバイス等あれば幸いです。

    ユーザーID:7469324105

  • 妊婦に他人は支えられない

    お母さまが移動するのに銀太郎さんが支えるとか危険すぎる。
    赤ちゃんできれば、そっちのヘルプもほしいくらいてすよ。
    保健センターに確認して、どんなサポートがあるか確認して家事代行とか出産前にできるところは手続きし、出産後なるべく早くファミサポも申込んでくださいね。
    同居はおすすめできません。

    まずは自宅の改装ですね。
    色々言っても行き始めると仲間もできて楽しい場合もあります。
    リハビリのできるデイサービスとショートステイは必須です。もし、銀太郎さんも弟さんもお世話できない事態になって初めて利用では、もっと大変です。
    慣れてもらうしかないです。
    全てを捧げて介護して、親が亡くなった時は仕事もお金もない人もいます。で、ずっとヘルパーさんしています。

    空間認知をやられて、自分の足をどうやって床に着けたらいいのか解らない(当然文字は読めない)レベルでも、病院リハビリで歩けるようになり、他人からみたらスパルタで家計簿つけられるまでに回復した例もあります。
    高次機能障害でも、残った脳で何とかしようとするので回復される方もいらっしゃいます。
    ただ、性格が変わった・起こりっぽくなった・我慢できなくなった・ところかまわず感情表現するようになった等あるようです。

    お母さまのこともご心配かとはおもいますが、まずは自分と赤ちゃんのことを優先してください。
    自分と赤ちゃんのことは自分でする。ヘルプ先相談先をたくさん作っておく
    お母さまのことはケアマネさん中心に多くの他人の手を借りて乗り切る。
    お母さまも、本当は赤ちゃんファーストを望む筈と信じましょ。
    介護って、先が見えないし、いつ終わるかわかりません。
    最初に危篤と言われたのは小学生だったけど亡くなったのは自分の子供が保育園の時とか、子供が赤ちゃんのときから介護にゆっくりと突入して終わったら高校生になっていたとか、ありますから。

    ユーザーID:0487975650

  • 今は仕方がないと割りきって

    主様初めてのお子さんですよね?

    4月には7ヶ月 これからだんだんお腹が出てきます。
    お母様の事ももちろん心配ですが、主様も気持ち的に負担になりすぎないようにお過ごしくださいね。

    介護は訪問などで専門の人に頼るとして、お母様の気持ちのケアが必要ですよね。
    介護の仕事をしていましたが、きっとリハビリよりも、その後自宅に帰った後が一番気持ちが辛い時期だと思います。
    それを乗り越える時間は人それぞれ。
    今まで出来ていたことが出来ない不安と憤りとの葛藤もあるでしょう。
    重度ですので受容するには時間もかかると思います。

    妊娠後期、だんだんと動くのも大変になってきます。
    体と心に負担のない範囲でお話相手になってあげれば良いと思いますよ。
    もし主様とお腹のお子様に何かあれば、自分が無理させたと余計に悪い方にすすんでしまいそうです。

    何もないに越したことはありませんが、出産も命懸け。
    産まれて1ヶ月〜2ヶ月は本来なら上げ膳に据え膳。
    体を休めないといけない時期です。
    この時期にしっかりと体を癒さないと、後々に響きます。
    私も38で出産しましたが、産むまでは大丈夫だろうと思っていても、実際産んだらこんなに大変なことなのかと思いました。

    そして、一緒に暮らしていてもお互いが負担になるような気がします。
    仮に同居なんてしたらご主人が心配です。

    幸い弟さんは独身
    主様のお子様が首が座る3ヶ月頃になれば、毎日でも顔を出しに行けると思います。
    それまでは弟に少し頑張って貰って、臨月から産後落ち着くまではご自身と、今の新しいご家族との関係を一番に過ごしてください。

    もちろん首座り前でも1ヶ月検診の後には外出出来るようになると思うので、ご主人が休みの日にお孫さんを会わせに連れていってあげてください。

    きっとお母様も分かってくださると思いますよ。

    ユーザーID:5212165269

  • つらいですね

    お母さんの望みをなるべく聞いてあげたい気持ちはわかるけど、冷静に考えたらトピ主さんの身体と生活が第一です。

    37才という高齢の部類での出産です。
    今は順調でも何が起きるかわかりません。
    赤ちゃんが生まれれば、その子を中心の生活となり自分の体力回復も必要です。
    一般的に産後は誰かの助けを借りることが多いのに、一人でできますか?
    その上お母さんのお世話はまず絶望的に無理です。

    お母さんは病気で心細いのはよくわかりますが、やはりトピ主さんはあくまでも弟さんの補助、又は施設入居も検討しないとトピ主さん自身がつぶれてしまいますよ。
    これは決して親不孝なことではありません。
    共倒れだけは絶対に避けることです。

    ユーザーID:4025090953

  • 共倒れを避けて

    友達のお母さんですが、施設に入れた時の話です。
    トピ主さんのお母さんと違い、高齢ではありましたが
    わりと娘に頼るタイプ
    1人で家族から離れてがんばるような性格ではなく
    うまくやっていけるか、これで良いのか
    友達はとても心を痛め、自分を責めていました。

    でもお母さんは認知症で、友達は子育て中
    つきっきりで面倒を見れるわけもなく
    どうしても無理になって、苦渋の選択でした。

    入所の際には、立ち会うことも無理
    母が行くのを、見ることなど出来ないほどだったそうです。
    それほど、悩み、苦しんだそうです。

    しかし、施設に入居されたお母様は
    プロの手によって、今までより落ち着いて
    生活できるようになったそうです。
    面会に行っても、帰りたいとは言わず
    安心して暮らしている様子だったそうです。

    こんなふうに、うまく行く例もあるということで
    家にいれば良いわけではないことを知ってください。
    工事機能障害、半身麻痺人のお世話は、家庭より専門家の方が
    対応も慣れていて、本人も楽な面もあると思います。
    共倒れになってしまわないよう
    施設入居をお勧めします。


    知らない所は怖いとか、なんとなくの先入観で
    家に帰ると言っているので
    真に受けずにいることが大事です。
    顔を見て、かわいそうだと思っても
    無理なものは無理と、現実的な線引きをするのは
    至極まっとうなことです。
    出来ないことも、感情だけで引き受けて
    あっちもこっちも不都合が出てくると
    お子さんが1番の被害者になります。

    一時の感情で、自分の体や心の健康を損なっては
    お母さんも、喜ばないと思います。

    家事をして生まれたばかりに乳児を育てて工事機能障害半身障害の大人の世話をして
    と、三役出来る人は、世界中探してもなかなかいないと思います。

    プロに任せ、罪悪感を持たずに
    厳しい現実を切り抜けて欲しいと思います。

    ユーザーID:5286924368

レス求!トピ一覧