降格させられました

レス8
(トピ主0
お気に入り39

キャリア・職場

Yalta

課長代行から一般社員に降格させられました。

今年から課長代理に抜擢され、資格は管理職ではないのですが、課長権限を持って課のマネージメントをする役職をもらいました。
本来課長になるには、ある一定の評価が必要で、その上で職場から推薦され全社の昇格試験を受けます。4月に課長代理になると通常は直近の10月か翌年の10月には優先的に推薦され、合格すれば代理が取れて正式に管理職になります。
私は前の職場で上長に評価されず推薦に必要な評価を得ていなかったのですが、隣の部署の部門長に引っ張られて昨年4月から課長代理に抜擢されました。
その部門長からはうまくチームをまとめていると一定の評価を頂いていたのですが、その方が10月で異動になり、その上の役員が部門長兼任となり、私はその役員の不興を買ってしまったようで、1年限りで解任となってしまいました。役員と面談をして理由の確認をしたところ、いかに私が管理職として力不足かを指摘されました。その方からの質問の受け答え含めた行動でそう判断されたようです。
私がまだ実力不足なのは実感していて、結果的に自分が招いた事なので過去振り返ると反省すべき点はたくさんあります。ただせめて期中に一度でも、自分の改善するべき点、このままでは降格になる、などのフィードバックや警告を頂き、巻き返すチャンスをもらえたら…と思ったのも事実です。自分の考えが甘かったと反省しています。
社内の今までの例を見ても代理職を解任された例はなく、皆もれなく管理職になっているため、社内では前代未聞の措置のようです。それでも実行したと言う事はそれ程私に対して相当負の感情を抱き懲罰的に行ったように感じました。
前部署では後輩が先に抜擢され、悔しい思いを何年か耐えて、ようやく管理職がもう少しの所まで来ていたと思っていた所での突然の宣告で、完全に精神的に参ってしまっています…

ユーザーID:4649094481

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
  • やり直す

    派閥の思惑に巻き込まれたのでしょうか?
    キツいことを言って申し訳ありませんが、前例のない降格って、もう辞めてもいいと言われているようなものに思えます。
    残留となるともう一度課長代理に選ばれて課長になって、というルートを目指すのでしょうが、何年かかかるのでしょうし・・・
    転職活動を始めてみてもいいのではと思います。
    すんなりとは決まらず自分を否定されたような気持ちになるかもしれませんが、客観的に自分のスキルを棚卸しすることにもなります。

    ユーザーID:4243941518

  • トピ主さんの強みを考えてご覧に

    課題は、その役員?上司に勝つことではありませんか。トピ主さんの強みは、上司よりもトピ主さんがお若いと言う事です。と言う事は、上司が先に定年を迎えることになります。

    トピ主さんは、その時笑って(嫌味)上司を送り出せるよう、これからもふてぶてしく勤め続ける事ができるのではありませんか。最後には、トピ主さんに勝ちが回って来ます。

    サラリーマンは、役職を目指すのも一つの目標ですが、なによりも大切なことは、引き続いて働き続ける事です。定年になり、一人の人間になって見れば、役職なんて屁の突っ張りにもならず、何の価値もありません。

    自分の能力に応じた働き方をして、ご自分の人生を生きて行かれたら思います。トピ主さんは、競争意識が強いばかりに、目の前に囚われ自分を見失っていらっしゃるのではありませんか。外の生き方もあるのではありませんか。

    ユーザーID:8777575077

  • 事はもっと重大なのかも

    >私は前の職場で上長に評価されず推薦に必要な評価を得ていなかったのですが、隣の部署の部門長に引っ張られて昨年4月から課長代理に抜擢されました。

    ここが、ちょっと引っ掛かりますね!

    >その部門長からはうまくチームをまとめていると一定の評価を頂いていたのですが、その方が10月で異動になり、その上の役員が部門長兼任となり、私はその役員の不興を買ってしまったようで、1年限りで解任となってしまいました。

    その部門長は、トピ主を部下としてすべてを見ていたわけじゃないのに、よく引き抜く気になったものです。何か、裏(下心)があったのではと勘ぐってしまいます。
    そして、その部門長が異動というのは、トピ主を依怙贔屓で引き抜いたから左遷されたのではないですか?
    結果として、トピ主は降格され、自分自身も「実力不足なのは実感」しているということから見ると、シナリオはそういうふうに見えますよ。

    件の、その部門長は出世して異動したのでしょうか?

    それともほぼ横滑り程度の異動あるいは左遷でしょうか?
    出世異動でないならば、そこにこの「前代未聞の措置」の根源があるでしょう。

    ユーザーID:8890647054

  • 残念ながら

    人事評価が人によって変わるのは当然で、上司との相性はあります。非常に優秀であっても、上司との相性が悪いがために理不尽なほど低評価を付けられることは珍しくありません。

    そうなった場合、以前のあなたのように「彼はそんなにダメですか?だったらウチが引き受けますよ」と他部署の部課長から引っ張られる人もいれば、自ら異動を願い出る人、見切りをつけて転職する人、耐えてスキルを磨いてから転職する人と、その後に選ぶ道は人によってさまざまです。

    ただ一つ言えることは、今ここで腐って仕事がおろそかになったりショックでミスが増えたら、役員の査定は正しかったと証明することになります。そんなメンタルでは管理職は務まりません。「頑張っていれば、それをちゃんと見てくれる人がいる」等とは言いませんが、自分自身のためにも持ちこたえてください。応援しています。

    ユーザーID:1725122778

  • つらさ、とてもよくわかります

    私はそのつらさ、とてもよくわかります。私も前職で課長から一般社員への降格の経験があります。
    ずっと「あの時あんなことをするんじゃなかった」「言うんじゃなかった」とグルグル同じことを考え、寝れなくなり、寝ても途中で起きたりするようになってしまいました。今から思えば、少しうつ状態だったと思います。

    会社にもよると思いますが、一度そのような扱いを受けると、次に代理になるのは更に大変だと思います。
    「一度失敗したのに大丈夫か」と昇進を推薦する側もプレッシャーを受けることになりますので、推薦のハードルも大きく上がる可能性もありますよね。

    私は反省すべきところは反省し、直すべきところを直して、年齢やご経験もわかりませんので何とも言えませんが、転職を検討された方がいいのではないか、と思います。転職する・しないに関わらず、一度転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

    なんか人ごとに思えませんでした。頑張って下さい。

    ユーザーID:1061237361

  • 辛さわかります。

    私も同じ経験をしました。2年前に課長から一般社員に降格させられました。環境が似ていたので投稿してみました。
    私は前店舗で、他の課長職より高い目標を課せられ毎年達成できなかったのですが、それがおかしい、やる気ないみたいな評価を当時の上司から受け、降格になりました。

    結果をだせなかった自分に責任はありますが、このままでは降格対象になるなどの打診もなかったので悔しい気持ちでいっぱいでした。その上司と相性が合わなかったんだと思いますが、大好きな職場、居場所を奪われ、おかしくなりそうでした。
    今は店舗が代わり、上司も代わりました。今度の上司からは、私の働きぶりをみてなぜ課長を降格になったのかわからない、もう一度と嬉しい言葉と高い評価を頂きましたが、仕事が出来るからといって課長職に簡単に戻れるというわけでありません。課長職として働けるのに、情けなくて、ふとしたときに涙がでて止まらなくなって、情緒不安定になります。

    何より残念だったのが前店舗の仲間とも気まずくなり、飲み会の誘いもなくなり、会ったときはお互い気まずい空気になることです。同じ会社のため、仕事で顔合わせをすることがあります。課長として部下に厳しく指導してきた自分自身が、部下と同じ立場になっている現実を目の当たりにしたとき、覚悟していましたが精神的ダメージが大きかったです。
    降格が決まって、仲間に発表される前に退職しておかば良かったと何度も後悔しました。

    今は退職せず、まだ同じ会社で働いています。周囲の気まずさはありますが、2年前よりも泣く回数は少なくなり、周囲を気にしなくても少し働けるようになりました。当時の自分を超えようと前向きに自分にいいきかせ、働いています。
    私もかなり精神的に参りましたが、Yalta様、時間かかると思いますが、今後どのように働いていきたいか、ゆっくり考えて、めげずに頑張って下さいね。応援しています。

    ユーザーID:7292492674

  • ふてくされずに

    他の人から見て「うまく、チームをまとまとめている。」と言われたのなら、自信を持っていいと思います。

    現実に、一般社員に戻ったのならそんなことはないと思うのでしょうが時期が悪いということも有りますでしょうし、景気や世界株安などもあるでしょうし、管理職ばかりをたくさん作れないとか、新入社員を断るから現場が足りなくなるとか、

    わが社は余裕があるので、管理職は多くてもいいなんて言ってて、管理職からリストラってこともあるしね。

    ともかく、どこから何かを言われても、ふてくされずに淡々と柔らかい雰囲気のままやることはやっていきましょう。

    暖かい処遇でないのは貴方だけじゃない。
    でも、ふわっと、もしくは淡々とやることをやって、計画も準備も毎日しているんです。
    お互いにがんばりましょう。

    ユーザーID:5714167050

  • これは相談ですか それとも愚痴でしょうか

    愚痴ならエールのポチを押します。 

    相談なら私の意見を書き込みします。

    私も部門長、事業部長が存在する企業で働いていました。

    執行役が部門長を兼任ですか?
    各部長からのバジェットや経過進捗・企画を含め部門会議で直接指示されているのでしょう

    その執行役が統括課長でもない課長代理級の貴方に不興を買い「代理職」を
    解任ですか?
    しかも、「結果的に自分が招いた事」と認めているのですよね。

    >などのフィードバックや警告を頂き、巻き返すチャンスをもらえたら
    甘いお考えですね
    厳しく言いますが、これからは部門長会議にも参加することも無く、失点の挽回への機会も見込みが少なくなるでしょう。

    ただ、一つ言えるのは、
    どんな境遇に置かれても「今ある仕事に愚直に取り組む」ことです。

    昔、同じ職域にいた友人がこう言ったことがあります。

    てるてるさん、私は「追い出し部屋」に居たことがあります。
    職務は関連会社や他社での仕事探しだけ
    仕事先が見つからなければ期限付きで退職勧奨
    手あたり次第、上司・先輩・後輩、社内の友人に声掛けしました。
    あるとき、わずかな期間共に働いた昔の上司から声かけが入りました。
    私はうれしかったです。
    まるで、天からするすると降りた赤い糸に見えました。
    これを離さない、絶対に離すものかとしがみつきました。

    この友人も職制の階段から落ちた人です。
    その後、紆余曲折があり、再度、事業部にカムバックしてきました。

    主様が同じ道を辿るとは思いませんが、代理職の解任という重みが理解されているのか、気になり書き込みしました。

    「自分のコミットは必ず守る」これを貫けば道は開けると思います。

    ユーザーID:5040139567

レス求!トピ一覧