10年前に亡くなった母の事を思い出す

レス23
(トピ主0
お気に入り56

心や体の悩み

Jm

自分は、37歳男です。
姉が2人います。

平成23年5月母は肺癌で亡くなりました。


父は自営業でしたがあまり仕事が上手くいっていなかったのに、パチンコ、高級車、浮気などしているような人でした。
それでも母は自分達兄弟3人に普通の人並みの生活をさせてあげようと朝から晩まで働き、手料理をつくり育ててくれました。
母は子供の頃母子家庭で、凄く貧しくて凄く寂しい幼少期だったようで、自分の子供には決してそんな思いをさせたくなかったようです。
こんなダメ親父とも別れなかったのは、母親は幼少期に父が居なくて苦労をしたから
同じ思いをさせたくなかったのでしょう。


自分が結婚し、孫が産まれると凄く喜び可愛がってくれました。
しかし母はボソっと言いました。
『確かに孫は可愛いけど、やっぱり大人になったって自分の子供が一番可愛いよ』って。

そんな母でしたが、
平成23年の正月に癌がみつかり数ヶ月でこの世を去ってしまいました。

約10年経った今でも
自分の部屋に母の写真を置き、毎日顔を合わせています。
今でも時々母の事を思いだし、
37歳の大の大人が
しくしく涙を流してしまう事があります。
この悲しみはいつか癒えるのでしょうか?

特に日常生活に支障などはありませんが、
10年も経って未だにこのような状態ってあるのでしょうか?

2人の姉はそこまで悲しくなる事はあまりないようです。



時々母の夢を見ます。
母がマンションに独り暮らししてる夢なんです。
そこに僕は、大好物だった
母の手作りのだし巻き玉子を
もらいに行く夢です。(笑)

あの世では背負ってきた重荷を全て降ろして、
一人で羽を伸ばしているんですかね!


長文、乱文で申し訳ありません。

ユーザーID:9836580041

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
  • いい息子さん

    私が母親だったら、どんなに嬉しいトピでしょう。

    お母様は幸せな気持ちで、いまもトピ主を近くから見守っていると思います。

    そうやって思い出して泣いてあげてください。

    それが何よりの供養だと思います。

    ユーザーID:3498804894

  • あなたの優しさが

    お母様に伝わっていますし、しくしく泣いている時は、ひゅんっとやって来て、そばに寄り添ってくれています。
    泣いてもいいんです。それだけお母様を大好きだったのだから。

    何年、何十年経っても思い出してもらえるお母様、私はこんな息子に恵まれてなんて幸せな人生だったのだろう…と天国で噛み締めていると思います。

    ユーザーID:0499741991

  • 感動しました。

    本当に母親想いの優しい方ですね。
    あなたのことは、あの世からきっと見守っていらっしゃいますよ。
    ご苦労されたお母様だから、子供たちの幸せを第一に考えられて、
    生活されていたのでしょうね。
    あなたは結婚されて、孫も見せてあげられて本当に良かったですね。
    お母様もきっと安心して逝かれたと思いますよ。

    私にも息子が二人居て、とても優しくしてくれます。
    遠くで仕事してますが、年に3回は帰省して、毎年旅行にも連れて行ってくれます。毎週、電話もしてくれます。本当に息子って可愛いです。
    二人とも独身なので、私は息子のことが心配でたまりません。

    きっと私が死んだら悲しくて、あなたのように写真を見て泣いてくれることでしょう。でも、元気を出して生きて欲しいと願うのが親の気持ちです。
    親の事を忘れるくらい、友人、知人と交わって、充実した人生を送って欲しいと思います。 そして、時たま親のことを思い出してくれたらいいです。

    ユーザーID:1848399225

  • 立派に生き抜いたお母様

    トピ主さんのお母様は大変ご苦労なさった方なのですね。

    お子さんたちに恵まれて精いっぱいの愛情を注ぎ、お孫さんにも恵まれてきっととてもしあわせを感じておられたと思います。

    お母様を思慕する想い、とてもステキで優しいですね。

    もうすぐお彼岸です。菩提寺にお参りなさり、感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。(お願いやお詫びではなくてありがとうの気持ち。)
    お母様を近くに感じられると思います。

    お仏壇は別のところにあるのかもしれませんが、お参りなさるのもいいでしょう。形式的なことですが、それで気持ちが落ち着くかもしれません。

    ユーザーID:3653419358

  • 涙が枯れ果てるまで泣きましょう

    一気に読みました。素晴らしいお母様ですね。トピ主さまも、溢れんばかりの愛情に包まれてお育ちになったのですね。
    大人だから、男だからって泣くのを我慢なさらない方が良いです。
    生活には支障をきたしていないとのこと、良かったです。
    私の父親なんて、祖母(父親の母)が82歳で大往生した後、四十九日が終わってから、仏壇の前で毎晩、泣いていましたよ。父親も姉二人いて末の長男
    です。父親は53歳でしたね。
    身内の突然死や病気が発覚してから短期間でなくなることほど残されたものにとって残酷なことはないですよね。
    少しずーつ、少しずーつ、笑える日が来ますよ。

    ユーザーID:7201043014

  • 何年経っても

    私も母を亡くして16年程たちます。
    今年で37歳です。
    何年経っても悲しみは癒えるとは断言はできないですが、二十歳そこそこの頃はちゃんと親の死を理解して乗り越えてなかったようにおもいます。体も昔から病気をしてましたし、父親ともまぁ色々ありました。勝手に母親の人生は幸せじゃなかったかもと考えたりしてました。花嫁姿も孫の顔も見せる事はできなかったですが、54年間しっかり生きてたんだとおもうです。

    母親が亡くなって私も自分も死んだらって思う事も多かったですが母親を亡くして10年たった頃パニック障害というものになりました。そこから自分の考え方や母親が自分の為に残してくれた物を整理していきました。。これから、今の自分に本当に必要かどうかをみながら。そこからは少しずつ前に進めた気がします。自分を大切にする事は母も大切にしていることなんだと。半分は母親の血が流れてて自分の子供にも母親の血は流れているんだなと。

    母親になってからのしか母の事はわからないけれど若い頃や結婚するまでの事は子供には計り知れないしですし、そこは反省しましたね。親になって親を強く思う事やっぱりあります。抱き締める事もできないですがかわりに子供を抱き締めています。
    動画があればって今ではおもいます。今は声もうろおぼえで。動いてる母を見たいなと思います。

    母がしてくれた事をしてあげる。泣いたっていいんです。何十年たっても親の死は辛いと思うから。私の体験談ですが少しでも参考になれば。きっと私は母に対して後悔とかあったからなんでしょうけど、もっと、こうしていればああしていればと。

    ユーザーID:2152955728

  • 思い出すのが供養です

    トピ主さんのお母様は思い出し線香を上げて手を合わせて貰ってるのですから、きっとあの世で幸せに暮らしています。
    仏壇に手を合わせて拝むのは、よく残された者の心の平安のためと言いますが、私はあの世は必ずあると思っているので、毎日親を思い出してはお経唱えています。意味も分からないけど、それがあの世での親の供養になると信じているから。

    私は親に愛された分の孝行を出来なかったから、追善供養は出来るだけしてます。トピ主さんにお子さんがいれば恩送りすればいいです。可愛がって差し上げてください。私はいないから、今を精一杯楽しむことが親の恩に報いることだと考えています。

    ユーザーID:0309641839

  • 立派なお母さんですね

    息子がいる母親です。自分が死んだ後で、最愛の息子が
    時々自分を思い出してくれる…。最高の幸せですよ。
    それ以上の幸せはありませんから、お母さんの心配を
    する必要はありません。

    母親の望みとしては、トピ主さんやお姉さんたちが幸せに
    暮らしてくれていたら、それ以上望む事はありません。
    思い出してくれなくたって、子供たちが元気で
    暮らしていてれくれれば、十分です。

    お父さんのことでは御苦労されたかもしれませんが、
    3人のお子さんを立派に育てた、立派なお母さんです。
    トピ主さんの悲しみが癒える時が来るかどうかは分かりませんが、
    悲しい時は悲しめばいいと思います。

    ユーザーID:5866497424

  • お幸せですね

    私にも息子がいます。

    私もトピ主様の様に息子に思い出して泣いてもらえたら嬉しいですね。

    私は26年前に父を亡くしましたが何時の頃まで泣いていたか記憶にございません。泣けばいいと思います。私の様に泣かなくなるかもしれませんし、ずっとかもしれない。でもそれがトピ主様なのだから良いと思います。

    ユーザーID:8107504584

  • 一生の宝物

    私は父を17年前に無くしましたが、今でも時々思い出して泣きます。
    親を亡くした寂しさからは、逃れられるわけないです。
    この寂しさを一生連れ添って生きるのだと思っています。
    父との最後の日々は思い出すと涙が出てくるけど、人生で最高の尊い時間でもあります。
    私にとってはこの時間が一生の宝物です。
    この時間が、私の支えてくれています。
    どんなに辛いことがあっても、私には父がいるから大丈夫です。
    父は、自らの命をかけて、私に宝物をくれたのだと思っています。
    だからトピ主さんも、いつでもお母様を思い出して泣いて良いし、
    来もしない癒える日など、もう待たなくて良いですよ。

    私も父の夢を時々見ます。
    父は別荘に一人で住んでいて、私がカップラーメンを差し入れに行く夢です。
    「ママには内緒ね。」
    と父は言い、父の背後には亡くした猫がいて
    「チビくん(猫)、ここにいたの?」
    と言ったところで号泣して目が覚めます(笑

    私はあの別荘に、いつかたくさん土産話を持って行けるように、
    頑張って生きて、良い経験を沢山したいと思っています。

    トピ主さん、応援しています。
    良い人生を!

    ユーザーID:3538985652

  • 悲しい

    >2人の姉はそこまで悲しくなる事はあまりないようです。

    そんな事ないと思いますよ。
    お姉さん達は、年長者としていつだって気丈に振る舞ってきたのではないですか。
    それこそ、お母様が存命の時から、亡くなってしまっても、ずっと。
    悲しみの度合いを、人と比べない方が良いです。
    供養は人により違うのは当たり前です。
    あなたはあなたに出来る供養をしましょう。

    ユーザーID:3703905465

  • 同じです。

    私も10年前の正月に父を亡くしました。
    父の写真とか持ってませんが、よく思い出します。夢にもしばしば登場してもらってます。笑
    主様お若い時亡くされたので、お母様もお若かったのでしょうね。ショックだったでしょうね。
    思い出す時、何故か悲しい気持ちになって涙がでますね。多分、この先も出ると思います。
    でも、素直に涙が出るのもいいかと思ってます。私の場合、父が最初の一番近い身内の旅立ちだったからだと思います。
    今頃、あの世で父の両親や兄弟、親戚ときっと楽しんでると思います。もちろん!背負っていた重荷は全部おろして。

    ユーザーID:4709297382

  • あなたのなかに

    トピ主さんのなかにお母さんが生き続けています。あなたもお母さんのようにご家族思いで奥様やお子さん達をきっと大切にされてるはず。たくさんの愛情で育ててくれたお母さんの魂があなたにもちゃんと受け継がれています。ご自分が家族に優しい気持ちを向けるとき「お母さんが心にいるんだ」と感じませんか。お母さん似の愛情深いトピ主さんに育てられたお子さんもまたあなたの心を受け継いぐ人に成長するでしょうね。「家族を心から大切に思っているのは自分もおばあちゃんからたくさん愛情を貰って育てられたから」と話してあげて下さい。お母さんからもらった優しい心。あなたから子へ子からまたその子へ…ずっとバトン渡すみたいに。人は体がなくなっても心は受け継がれていくものと思ってます。

    ユーザーID:1419324018

  • 愛されて

    育った証拠ですよ。もらい泣きしました。

     私にも息子が二人いますがそれぞれ成人してもかわいいです。でも未婚なので心配です。

     あなたは家族を作り、幸せな姿を見せてあげられて親孝行されました。

     泣いたっていいじゃないの。うちの主人も還暦過ぎてもお母さん大好きですよ。

     わたしだったら、あまり長いこと介護の手をかけさせる位なら、程のいいところで…と考えます。アラカンの今でもいいやとも思っています。ごめんなさいね。

     いい息子さんを持ってお母様は幸せだったはずです。ご家族を大切に。親の恩は奥様、お子さんに返してください。きっとお母様も喜びます。

    ユーザーID:8891460080

  • 思いは届いている

    それほど息子さんに思われて、お母様は幸せだと思います。
    思いは届いているのでしょう。
    あなたが思うように、今は解き放たれたお母様もまたあなたを思っていることでしょう。
    どうぞ、お母様の分までこれからの人生を楽しんで幸せに暮らして下さい。
    それこそがお母様が望んでいることだと思います。

    ユーザーID:2925624967

  • 良いお母様

    だったんですね。

    私も最近父を亡くしましたが、やはり身内は、どんなにしてあげても、もっとこうしてあげれば良かったとか色々後悔したりするもの。

    主のお母様は、若くして亡くなられたようですので、余計に思い出すと辛いのかもしれませんね。

    でも、酷なことを書くようですが、介護を長年されているか方達は、それはそれは疲れることと思います。

    また、身体がお元気な場合で、認知症とかだと、介護の終わりは見えませんので。

    生きていてくれたらとか、周りは親に甘えている時に自分にはもう親は亡かった、とか色々思うこともおありでしょうが親が早くに亡くなるか、長寿かの差はあれど、みんな同じぐらいの辛さで帳尻が合ってるんだと最近は思います。

    嫌な親なら、生きてるときは辛くても、亡きあとはさほどでもない。
    反対に良い親なら生きてるときは幸せでも、亡きあとはとても辛い。

    というようなことを、昔テレビの著名人が言っていました。

    元気出してね。

    ユーザーID:8740773500

  • 親死 子死 孫死

    タイトルはあの有名な一休さんが孫が生まれてめでたいから何か
    一筆書いてくれと頼まれた時に書いた物だそうです。

    頼んだ人は このめでたい時に何て縁起の悪い と怒ったそうです。
    一休さんは では、逆がいいのですか と言われたということです。

    トピ主さまのお母様はまだまだお若かったので、こういう心境には
    なれないと思います、そしていくら長寿でお亡くなりになっても
    寂しい悲しい気持ちは変わらないと思います。

    それでも私は順番の違う死別を経験してから、
    この言葉のありがたみを感じています。

    毎日毎日辛いです。でも生きていかなくてはいけません。

    特定な信心はないのですが、魂の存在は信じています。
    きっとお母様はあなたを暖かく見守っておられると思いますよ。

    ユーザーID:2232568667

  • お気持ち 分かります。

    良いお母さんだったんですよね・・・。

    私の母も23年の7月に亡くなりました、十二指腸癌でした。
    自宅で看取ったので、亡くなった時は疲れ切って涙は出ませんでした。

    今しみじみ思うのは、母以上に信頼出来何でも話せて、全力で愛情をかけてくれる人はいない、と言う事です。
    有難かったなぁ・・感謝しかないです。

    先日、母の夢をみました。シングルで毎日適当な物しか食べていない私の為に、ずしりと重い巻き寿司を手渡してくれました。
    夢なのに本当に重さを感じて、びっくりしました。

    思う事で母と繋がれます、そのままで良いんですよ。

    ユーザーID:7748802717

  • 思い出して貰えるだけで幸せ

    良い息子さんですね。

    毎日でも、夢で会いに行けます。美味しい卵焼きを沢山召し上がれ。

    ユーザーID:9880193315

  • トピ主は母の命を継いだ者、これからも繋げていく者

    トピを読んで書こうと思ったことを『アラカン』様が書いてらっしゃる。
    母の思い、そのもののレスです。

    私はもうすぐ還暦の『あらかんです』です。

    私にも子が二人、男女ですが未婚です。
    結婚や孫を望むのは、私亡き後、子が孤独にならないため。
    貴方は母を安心させて逝かせてあげられた。

    私も苦労して子供を育て上げ、一人前になったときは体がズタボロだった。


    子と孫。
    子のが可愛いという人に理由を聞くと、
    そりゃあ、自分で育てた『我が子』だからと言い。
    孫のが可愛いという人に理由を聞くと、
    皆驚くほど異口同音に「責任が無いから」と言う。
    貴方の母は前者だった。

    私も勿論可愛い孫と遊びたいけど、それは二の次です。

    男だって男の子だって感情はあります。
    泣くななんて感じるなって事でしょうか?
    メソメソして動けないんじゃ困るけど、たまに感傷に浸るくらい良いじゃないですか?
    サッサと逝きたい私だって、子らにたまには思い出して欲しいですよ。
    おかあさーん、なんて泣かれたら一寸嬉しいかな。
    懸命に育てた甲斐があるってもんです。

    今度是非『大好物の母の手作りだし巻き玉子』を再現してみてください。
    妻に作らせるのでは無くご自分で。
    工夫しながら再現していく過程で、母の思いや愛情を再確認出来るでしょう。
    そして妻子に「パパのお袋の味だよ」って振る舞って下さい。
    彼らにはそれが『夫の』『パパの』味として受け継がれていきます。

    命を繋ぎ、魂を継いでいく。
    血だけでは無い、大切な物も受け継いだでしょう?
    貴方の中に母は生きていて、子にも心の糧として受け継がれていきます。

    ユーザーID:5906657356

  • 私の母も

    >『確かに孫は可愛いけど、やっぱり大人になったって自分の子供が一番可愛いよ』って。

    同じようなこと言ってました。
    もう亡くなって20年になりますが...
    私はその時30歳前で未婚でしたが、兄妹の子(孫)を抱く姿を見て聞いた時に帰ってきた言葉です。30近くにもなっているのに、なぜか嬉しかったです。
    その後、突然死しました。
    今でも悲しいですよ。時々思い出します。
    泣こうと思えばいつでも泣けます。

    私もあの世で楽しく過ごしている事を想像しています。トピ主様のお母様も、お祖母様に甘えているのではないでしょうかね。きっと、そうだと思います。

    ユーザーID:5559210263

  • 私も10年経ちました。

    2010年春に母親は癌で亡くなりました。
    母は農家に嫁ぎ舅姑、5人いた小姑達との間で大変だったみたいです。
    みたい。と言うのは母親が亡くなった後、叔母から母親の昔の様子を聞いたのです。
    母親は詳しくはあまり話さない人でしたので、亡くなった後に人づてに聞いた話し、私自身が判っていた母親の苦労を思うと今でも涙が出ます。
    母も私や姉の子供、孫4人に恵まれお祖母ちゃんになりました。
    自分には使わず、孫にお金を出し、孫の成長を喜ぶ晩年でした。
    もっと自分の楽しみにお金を使えば良かったのに。。とも思いもします。
    ひとりの時に涙をするのは、
    母親への供養なのかな。と思える
    ようになっています。

    ユーザーID:2285883372

  • 私も自分の子ども二人が・・・・!

    私は母が亡くなり9年目
    母が生きた人生を幼少の頃から結婚して 私が生まれ 聞かされてましたと言うか私が聞いて教えてもらったのですが!

    昭和3年生まれの母 6人きょうだいの一番上長女として生まれ 幼い頃から家の手伝いや弟や妹の世話などいろんな話を聞きました。
    左官業の父と19才で結婚して 当時は親方として弟子も何人も居て 食事の事から・・大変な苦労もしたようです!
    一度だけ 父と結婚して良かった?に
    当時は好きな人がいたけど その人は結核でお互いをあきらめて お見合いで父と。
    と若い頃の恋の話。


    母は父の看病してるとに「やっと夫婦とは何か分かってきた!」と言ってました。
    結婚して約50年!
    息子を送り 父をそして4人の子を残し亡くなった娘(長女) 母は我子二人に先立たれ 母がなくなる前の看取り介護中の母見て 「お母さんの人生は幸せだった?」と聞きましたが母は今一わからない状態?

    母亡き後 日常の生活でふっと お母さんこんなこと言ってた こんな時はこうするんだと!
    主人は「よく覚えてるなぁ?」と感心されますが 今もふっと母の教え?言葉が
    当時は母が言ってたこと 聞いてなくても
    私の頭の中に残ってたのかと 改めて有難いと
    母から娘に そして今度は私から娘にと思って言ってますが やはり娘は聞いてないみたい?
    いつの日か 私と同じようにふっと!があるだろうと。

    娘は結婚して地元を離れて暮らしてます。
    可愛い孫も二人います。主人に「私はやっぱり娘が可愛い!自分が生み育てた子だから 孫は孫で可愛いけど 孫には娘母親がいる 娘には母親は私だけだから 死ぬまで 死んでも娘や息子の幸せを願う!」 息子も居ますが娘と同じ思いです。子どもたちが白髪頭になってもやはり一番かと それこそ千の風邪にのって子どもたちを見守っていたいです。

    ユーザーID:1971448329

レス求!トピ一覧